佐賀県伊万里市「つつじ祭り」開催

04.May.2018 | SPOT

佐賀県伊万里市にある竹の古場公園では、2018年5月5日に「竹の古場つつじ祭り」を開催!

佐賀県伊万里市「つつじ祭り」3

日本の4大都市・福岡の近くに位置する佐賀県。九州地方はとても遠いイメージがあるが、成田空港から飛行機で5000円ちょっと、2時間かからずに行くことができる。イベント内では、バーベキューも楽しめる。地元名物つつじ餅のほか、うどん、、新茶、ビールなど屋台の出展も。

佐賀県伊万里市「つつじ祭り」2

特設ステージでは明星太鼓演奏、琉球太鼓,ビンゴゲーム、カラオケタイム等大人から子供まで楽しめるコンテンツが盛りだくさん!

佐賀県伊万里市「つつじ祭り」

園内の展望所からは伊万里湾をはじめ、いろは島や、玄界灘に浮かぶ壱岐・対馬を望む事もできる。

もちろん、1万株のつつじが並ぶ光景は圧巻。家族で是非訪れてみてはいかが?

 

 

■Information

つつじ祭り

住所: 伊万里市東山代町滝川内1690 竹の古場公園

日時:2018年5月5日(土)

営業時間:10時~15時

 

シャトルバス運行状況

TEL: 0955-21-1605

 

URL:http://www.city.imari.saga.jp/11411.htm

 

RELATED ENTRIES

  • JAPAN CULTUREを世界へ!音楽祭“OMOTENASHI MATSURI”配信決定

    27.May.2020 | MUSIC

    “日本を訪れる人々にジャパンカルチャーを体験してもらう“ “日本独自の音楽カルチャーを世界に届ける”などのコンセプトをもとに昨年発足した、日本の音楽とDJカルチャーを融合させるプロジェクト「OMOTENASHI BEATS」。

    そんな「OMOTENASHI BEATS」が新たに立ち上げる、日本のカルチャーシーンの最先端をインターネットで全世界へ発信する新たなDJパーティーイベント「OMOTENASHI MATSURI」が2020年6月7日(日)にライブストリーミング配信プラットフォームTwitchにて開催することが決定した。

     

    本イベントの視聴は完全無料とのことで、インターネットを通して世界中の人々が気軽に参加し、一緒に盛り上がることができる。

     

    OMOTENASHI MATSURI / Official Trailer 

    本イベントの出演者は、40年のキャリアを誇るレジェンドDJ「TRF」のリーダー“DJ KOO”。
    アニメ「頭文字D」の主題歌をはじめ数々のヒット曲に携わってきた元「m.o.v.e」の“Motsu”。
    「ラブライブ!サンシャイン!!」でお馴染みの声優ユニット「Aqours」のメンバーでもある声優“小宮有紗”。
    男性声優12人によるラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」の毒島メイソン理鶯役を務める声優“神尾晋一郎”。
    声優とアイドルの活動を両立するユニット「i☆Ris」のメンバー“澁谷梓希”。
    メディアミックスプロジェクト「D4DJ」の犬寄しのぶ役を務める声優“高木美佑”。
    「D4DJ」の三宅葵依役も務め、アニソンDJとしても活躍中のコスプレイヤー“つんこ”。
    楽曲制作からパフォーマンスまでセルフプロデュースで活動する「kolme」のメンバー“MIMORI”。
    SNSから誕生した次世代を担うマルチタレントでDJとしても活躍中の“あさにゃん”。
    「機動戦士ガンダム 40th Anniversary BEST ANIME MIX」のプロデュースや、アニソンDJシーン&文化を牽引し続けるアニソンDJの“DJシーザー”。

     

    視聴無料のイベントとは思えない豪華過ぎる10組の出演者となっている。中でも、“神尾晋一郎”とkolmeの“MIMORI”は本イベントがDJとして初の出演とのことで、どのようなパフォーマンスをするのか期待が膨らむ。

     

    ライブやイベントの開催自粛が多発しエンタメ不足でストレスを抱えている人は、Stay Homeの中でクラブ気分を味わってみてはいかが?

  • 名古屋から約30分!”戦国時代パレード”が楽しめる 一宮「木曽川町一豊まつり」

    01.September.2019 | SPOT

    愛知県名古屋市から車で約30分の場所に位置する一宮市木曽川町では、2019年9月15日(日)に「第36回木曽川町一豊まつり」を開催します。

    安土桃山時代の武将として名高い”山内一豊”の生誕の地である一宮市。「木曽川町一豊まつり」では、木曽川町の銀座通りで行われる、甲冑に身を包んだ一豊公とその妻お千代の”戦国時代パレード”が、毎年特に賑わいを見せています。

    子どもが楽しめるアニメショーや、ミニライブを無料で観覧することができるのも嬉しいポイント。販売ブースで行われる鮎のつかみ取り・塩焼き、乗馬体験、楽市楽座も楽しめます。

     

    秋のおまつりが楽しめる「木曽川町一豊まつり」に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

  • 原宿「東郷神社」で民間企業主催”夏祭り”開催!東京五輪音頭や話題のグルメ登場

    14.August.2019 | BUSINESS / SPOT

    株式会社グローバルプロデュースは、8月23日(金)に原宿の名所「東郷神社」にて、初の民間企業主催「原宿夏祭り2019」を開催。古き良き日本文化と最新トレンドを融合させ、イベントのプロフェッショナル集団が大人の特別な夏祭りへ変貌させる。

    夏祭りではキッチンカーや屋台も複数出店予定で、猛暑に嬉しい富士山の天然水を使ったふわふわかき氷「氷屋bebe」や、鹿児島産の上質な茶葉を使った日本茶と生タピオカをトッピングしたタピオカ日本茶ラテ「一千花」が登場。その他にも今話題のグルメ店が複数出店予定となっている。更に豪華絢爛なやぐらも組み「原宿盆踊り2019」を開催。「東京五輪音頭-2020」も参加者全員で楽しめる。

    また本イベント内にて、おもてなしのプロフェッショナル集団「東京美人Project」の初お披露目も行われる。「知性×品格×おもいやり」を持った輝く日本女性が集結し、司会・通訳・アテンド・日本文化普及等、世界へ強く柔軟な女性をアピール。総勢100名のプロフェッショナル集団が、増加し続ける訪日外国人に対して最上級のおもてなしサービスを提供していく。当日は選抜されたメンバーが登壇する予定となっている。

  • カラフルな風鈴がお出迎え!福岡・如意輪寺(かえる寺)の「風鈴祭り」

    13.July.2019 | FEATURES / SPOT

    福岡は日本だけでなく、海外からも旅行客が多く訪れる人気観光地。特に中国や台湾、韓国の方が旅行をしているのをよく見かけます。

    買い物スポットや博多グルメはもちろんのこと、福岡には絶対に訪れたい!ステキな観光スポットがたくさんあるんです。

     

    今回は、九州の観光スポットをインスタグラムで紹介しているRieさんのPostからオススメの観光スポットをご紹介!今回ピックアップしたのは如意輪寺(かえる寺)の風鈴祭り。ステキな写真と共に、アクセス方法や見どころをチェックしてみてくださいね。

     

    今回紹介するのは如意輪寺。通称かえる寺と呼ばれ、たくさんのかえるが境内に設置されている珍しいお寺です。場所は福岡県小郡市となり、福岡の中心地”天神”から西鉄天神大牟田線に乗り、「三沢駅」で降りて徒歩15分の場所にあります。

    数千体ものかえるがいると言われている、如意輪寺(かえる寺)。設置されているかえるグッズの多くは住職自身が集められたそうです。

    こんな風に写真映えするカエルも!工夫しておもしろい写真を撮ってみてください。御朱印にかえるのイラストが入ることもあるそうですよ。

    かえるももちろんですが、6月から9月までの間に開催されている「風鈴祭り」がとってもカワイイのです。

    入り口から既にたくさんのカラフルな風鈴が。

    階段は風鈴のトンネルに。暑い夏も涼やかな気持ちになれそうです。

    たくさんの風鈴ももちろんですが、カエルにも注目を!あちらこちらにかえるがいるの分かりますか?

    こちらの風鈴は1個500円で販売しており、願い事をして奉納することができます。ただし、風鈴の持ち帰りはできないのでご注意を!

    如意輪寺が創立したのは729年。如意輪観音は全国的にも珍しい立像となっており、福岡県の文化財にも指定されています。カワイイだけじゃなく、昔から地域の人に愛されてきた、歴史あるお寺なんですね♪

    9月まで風鈴の音色に心が穏やかになる、福岡の如意輪寺(かえる寺)。Rieさんのようにぜひ浴衣姿でお出かけしてみては?

     

    この他にもRieさんのインスタグラムでは九州地方の観光地がたくさん紹介されています。九州地方に旅行を考えている方は、ぜひ事前にアカウントをチェックしてみてくださいね!

     

    Photo by Rie

  • 日本三大阿波踊りのひとつ「南越谷阿波踊り」開催

    21.June.2019 | SPOT

    日本三大阿波踊りのひとつ「第35回南越谷阿波踊り」が今年も前夜祭・8月23日(金)、8月24日(土)、 25日(日)の3日間、東武スカイツリーライン「新越谷」駅、JR武蔵野線「南越谷」駅周辺にて開催される。

     

    本場徳島、高円寺に次ぐ規模を誇り、参加連(踊りのグループ)は地元越谷を中心に約80連・踊り手は延べ6,500人にのぼる。

     

    南越谷阿波踊りは、本場徳島でもトップクラスの招待連による卓越した踊りが味わえる。また、踊り手と観客との距離が近く、臨場感や熱気を肌で実感できるのも特徴。

    照明や音響を駆使した「舞台踊り」や屋外の特設会場で行われる「組踊り」は阿波踊りをじっくり観賞できると人気。さらに、こども阿波踊り教室やコンテストも開催。例年約75万人もの見物客を動員するまでに成長した、埼玉県内でも有数の夏祭りを思う存分楽しもう!

  • 佐賀県「大聖寺」5000株が咲き誇る”あじさい祭り”開催

    02.June.2019 | SPOT

    佐賀県武雄市北方町の杉岳山の標高350メートルにある大聖寺(だいしょうじ)は、日本三大不動尊のひとつ。そんな大聖寺では、毎年6月上旬から7月上旬にかけて、約70種類・約5,000株の紫陽花が咲き誇り雲海も見れることから、別名「天空のあじさい寺」とも呼ばれている。そこで6月8日(土)~6月30日(日)の期間、「あじさい祭り」が開催される。あじさい祭りの期間中は出店(9:00~17:00)が並ぶ。

    また大聖寺では、マキの木では全国一の古木といわれる樹齢500年以上のイヌマキや、モチの木とカシの木が一緒になった「夫婦円満・縁結びの木」も見ることができる。

    色とりどりの紫陽花を見に、ぜひ遊びに行ってみよう!

  • 10万本のつつじが咲き乱れる「小室山公園夜つつじ散歩」開催

    30.March.2019 | SPOT

    2019年4月20日(土)~2019年5月6日(月・祝)のGW期間中に開催される「第48回小室山公園つつじ祭り」は、広大な園内に40種類約10万本のつつじが赤い絨毯のように咲き乱れる。

    必見なのが、園内中央付近にある「つつじのトンネル」。人間の背丈以上の大きなつつじが、両側から覆い被さるように生えている。普通のつつじは見下ろすが、ここでは見上げて眺めることができる。また、夜間はライトアップされ、特別リフトを運行するので、山頂からつつじ園と星空を眺める昼と夜の違った楽しみ方ができる。

     

    さらに、ご当地グルメ模擬店や各種イベントも開催される。美味しいだけではなく、可愛くて思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックなスイーツ、グルメに出会えるお店がたくさん並ぶ。

    インスタ投稿2万件超「熱海プリン」
    土日は2,000本以上を売り上げるという、牛乳瓶のようなレトロな容器の中に入った人気のプリン。じっくりと丁寧に蒸しあげたやわらかさが特徴となっている。


    いちご好きにはたまらない七滝茶屋の「いちご三昧」
    フローズン状態のいちごを砕いて、オリジナルソースとバニラアイス&ホイップクリームを乗せた「クラッシュドストロベリー」と、しぼりたての「いちごジュース」、果肉入り&自家製いちごソースの「いちごゼリー」の3種のセットメニュー。

     

    GWは伊豆でゆったりと過ごそう!

     

  • 初音ミクの派生キャラクター「桜ミク」が弘前さくらまつり公式応援キャラに就任

    08.March.2019 | SPOT

    2019年4月20日~5月6日まで開催される「弘前さくらまつり」公式応援キャラクターに、世界的に人気のキャラクター初音ミクの派生キャラクター「桜ミク」が就任した。

    日本有数のさくらの名所と知られる弘前公園。園内には、52種・約2,600本のさくらあがり、毎年4月下旬から5月上旬まで開催される「弘前さくらまつり」には、200万人以上の観光客が訪れる。2020年、弘前さくらまつりは開催100回目となるメモリアルイヤーとなる。

    「桜ミク」と日本有数のさくらの名所である弘前公園のさくらとの親和性が高いことから企画が実現。弘前公園のさくらの絶景をメインビジュアルにした「弘前さくらまつり」ポスターに掲載されるほか、4月1日号「広報ひろさき」の表紙を飾る。

    また、弘前さくらまつり期間に合わせ、4月20日からオリジナル絵はがきがもらえる観光スタンプラリーも開催される。

     

    楽しいコンテンツが盛りだくさんの弘前さくらまつりに参加しよう!

  • 自然とアートが融合する「チームラボ かみさまがすまう森 」今年も佐賀・御船山楽園で開催

    01.March.2019 | SPOT

    チームラボが毎年行うアート展「チームラボ かみさまがすまう森」が、今年も御船山楽園で開催されることが決定した。チームラボにとってライフワークである御船山楽園での展覧会は、今年で5年目を迎える。毎年夏から秋にかけて行われる本展は、2019年7月から10月31日まで開催予定。


    圧倒的に長い時間の中で形作られた巨石や洞窟、森。そして、そこにそれぞれの時代ごとに人々が意味を見出しては、千年以上ものあいだ、自然と人の営みが延々と続き、積み重ねられてきた場所こそが遺産と考えるチームラボ。本展においてチームラボは、御船山楽園の巨石や洞窟、森、もしくは古くから続く庭そのものの形をそのまま使用している。

    御船山楽園は、九州・武雄温泉に1845年に開園した、国登録記念物の名勝地。今年もその50万平米の大庭園が、「自然が自然のままアートになる」プロジェクトの作品群と人々の存在によって、変容し続ける空間に。

    敷地の境界線上には、日本有数の巨木である樹齢3000年以上の武雄神社神木の大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。そのことからわかるように、古来より大事にされてきた森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。庭園と自然の森との境界は曖昧で、回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、けもの道に出くわしたりする。


    巨石や洞窟、森、もしくは古くから続く庭そのものの形をそのまま使い、そして自分を超越した長い時を持つその存在に「連続する生命」の意味を見出すことを目的に活動を行っている。

     

    主な展示作品

    小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and Boats – Mifuneyama Rakuen Pond
    teamLab, 2015, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahash

     

    生命は連続する光 – ツツジ谷 / Life is Continuous Light – Azalea Valley
    teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

     

    増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
    teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

     

    かみさまの御前なる岩に憑依する滝 / Universe of Water Particles on a Sacred Rock
    teamLab, 2017, Digitized Nature

     

     

    岩壁の空書 連続する生命 – 五百羅漢 / Rock Wall Spatial Calligraphy, Continuous Life – Five Hundred Arhats
    teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

     

    夏桜と夏もみじの呼応する森 / Resonating Forest – Cherry Blossoms and Maple
    teamLab, 2017, Interactive Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

     

    抽象と具象 – 森の入口 / Abstract and Concrete – Forest Entrance
    teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

     

    グラフィティネイチャー – 廃墟の湯屋に住む生き物たち / Graffiti Nature – Living in the Ruins of a Bathhouse
    teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

     

    小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
    *「EN TEA HOUSE – 幻花亭」にて体験いただけます。

     

    森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke
    teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
    *御船山楽園ホテル内にて体験いただけます。

    ほか多数の作品、および新作の展示も予定なので気になる人は是非会場に足を運んでみて。

  • 東京タワーとともにお花見を楽しむ「桜まつり 2019」開催

    24.February.2019 | FOOD / SPOT

    東京プリンスホテルは、2019年3月16日(土)から4月14日(日)の期間で桜にちなんだメニューが楽しめる「桜まつり 2019」を開催する。

     

    ホテルの位置する芝公園エリアは桜の名所として知られ、毎年多くの人がお花見に訪れる。桜の見頃に東京を訪れる訪日外国人を含む観光客に“東京ならではのお花見”を楽しんでもらえよう、お花見を盛り上げるメニューが用意された。

    開放的なテラスレストラン「カフェ&バー タワービューテラス」では、彩り鮮やかなオードブルやステーキ、手毬寿司など、春らしい華やかなメニューの数々をお重に詰め込んだお花見小箱を用意。目線の高さに広がる桜と、間近にそびえる東京タワーのコラボレーションとともに楽しもう。

    ランチ「お花見小箱“SAKURA”」(2段重) ¥6,000

    ディナー「お花見小箱“YOZAKURA”」(3段重) ¥9,000

    時間:ランチ12:00NOON~3:00P.M.、ディナー 5:00P.M.~9:30P.M.

     

    夜桜和牛鉄板焼き&シーフードバーベキューセット 1名さま¥10,000

    時間:5:30P.M.~9:30P.M.

    「ビアレストラン ガーデンアイランド」では、桜の下でバーベキューを楽しめる。夜桜を眺めながら、和牛サーロインや伊勢海老など、ホテルならではの食材を使用したバーベキューを堪能しよう。飲み放題もついてくるのでお得なプランとなっている。

     

    美桜御膳 ¥5,000

    時間:11:30A.M.~2:30P.M.

    ※土休日5:00P.M.まで

    一面の大きな窓から桜と東京タワーを望む「和食 清水」では、春らしい彩り豊かな和食膳が用意される。

                        桜華コース ¥8,000
                      時間:5:00P.M.~9:30P.M.

    中国料理「満楼日園」では、窓外に広がる桜を愛でながら味わう春の食材を使用した中国料理コースを用意。


       料金:ランチ 平日:¥3,500 土・休日:¥4,000、ディナー 平日:¥6,000 土・休日:¥6,500

             時間:ランチ:11:30A.M.~3:00P.M.、ディナー 5:30P.M.~9:30P.M.

    「ブッフェダイニング ポルト」では、桜と東京タワーをご覧いただける店内で春らしいブッフェ料理を用意。

    Bloom‐ブルーム- ¥4,000
    時間:5:00P.M.~9:00P.M.

                  桜スイーツプレート 単品¥1,500 ドリンクセット¥2,100
                         時間:11:00A.M.~9:00P.M.

    「ティーサロン ピカケ」では春らしい色合いのパスタや春の食材を使用したサラダ、ローストビーフなど華やかな彩りのディナーコースや見た目も可愛らしい桜スイーツ4種類を楽しめるスイーツプレートを提供。

    雪桜 ¥1,800

    Spring Fizz ¥1,800
    時間:5:00P.M.~0:00MID.

    「メインバー ウインザー」では桜をイメージした華やかなピンク色が愛らしい2種類のカクテルが用意される。

    料金:1名さま¥5,800

    平日:5:00P.M.~12:00MID.

    土曜:3:00P.M.~12:00MID.

    休日:3:00P.M.~11:00P.M.

    「カラオケルーム ペトレア」では桜にちなんだ華やかなメニュー、カラオケ、飲み放題がセットになったパーティープランが楽しめる。

    ホテル周辺 お花見MAP

     

    東京タワーとともに桜を堪能する、都心ならではの特別なお花見を体験しよう!

  • 国内2019年ランタン系イベント開催情報まとめ

    22.February.2019 | SPOT

    空に打ち上がるスカイランタン、巨大なランタンオブジェ、提灯のように吊るされたカラフルなランタンなど、1年を通して開催されるランタンイベント。特に2月、3月の開催が多く、多くの来場者で賑わっている。阪急交通社が、そんなランタン系イベントの開催情報をまとめたページを昨年に続いて公開した。「はなまき星めぐりの夜(岩手県)」「新潟津南スカイランタン(新潟県)」において貸し切りイベントの開催も予定している。

     

    ランタンは英語の「lantern」からきていて、手で提げるランプを指すことが多く、提灯もlanternと訳される。ギリシャ語でたいまつを意味する言葉が語源とされ、ランプも語源は同じとのこと。

     

    ただ、同じ「ランタン」を冠したイベントでも、ランタンを空に打ち上げたり、提灯のように吊るしたり、地面に置いたり、巨大な造形物にしたりと様々。宗教的な意味合いを持つものから、楽しむために企画されたものなど開催の由来もそれぞれ違いがある。

     

    北海道のイベント

    「第17回たきかわ紙袋ランターンフェスティバル」

    開催予定日:2019年2月23日

    会場:滝川駅前からベルロード周辺

    住所:北海道滝川市栄町2丁目8-9

    滝川市民による手作りの紙袋ランターンは、それぞれ異なる絵柄、飾りつけがされていて、見ているだけで明るい気持ちにさせられる。

     

    岩手県のイベント

    ★阪急交通社貸切企画あり

    「はなまき星めぐりの夜」

    開催予定日:2019年2月3日(日)、2月11日(月・祝)、2月14日(木)

    貸切イベント開催日:2019年2月17日(日)、2月24日(日)、3月3日(日)

    会場:鉛温泉スキー場

    住所:岩手県花巻市鉛中平36-1

    花巻温泉郷に宿泊する方を対象とした冬限定のイベント。

     

    東京都・大阪府のイベント

    「七夕スカイランタン祭り」

    開催予定日:2019年7月6日(土)、7日(日)

    会場:大阪会場 東京会場

    住所:近日公開

    東京と大阪で同時開催される、2日間で1万個のランタンリリースにチャレンジするイベント。

     

    新潟県のイベント

    「つなん雪まつりスカイランタン」

    開催予定日:2019年3月9日(土)(前夜祭8日にもランタンイベントあり)

    会場:ニュー・グリーンピア津南

    住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成12300

    新潟県の津南町では2011年に発生した東日本大震災からの復興の願いを込めて2012年からスカイランタンの打ち上げを始めた。今回のスカイランタンイベントでは前夜祭は約1000個、本祭は約2000個のランタンを打ち上げ予定とのこと。

     

    津南では阪急交通社貸切企画も!「新潟津南スカイランタンフェスティバル」

    開催予定日:2019年3月17日(日)、3月21日(木・祝)、22日(金)

    会場:ニュー・グリーンピア津南

    住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成12300

    幻想的なスカイランタンの他、松明滑降や花火、どんと焼きなどの企画も。

     

    長崎県のイベント

    「長崎ランタンフェスティバル」

    開催予定日:2019年2月5日(火)~2月19日(火)

    会場:長崎新地中華街、中央公園、唐人屋敷会場他

    住所:長崎県長崎市各所

    長崎新地中華街の人たちが中国の旧正月(春節)を祝う行事から現在の規模まで拡大し、毎年100万人以上が訪れるフェスティバル。

     

    沖縄県のイベント

    「琉球ランタンフェスティバル2018-2019」

    開催日:2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)

    会場:体験王国むら咲むら

    住所:沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1

    大河ドラマのセットを利用したテーマパーク「体験王国むら咲むら」では、「琉球ランタンフェスティバル2018-2019」を開催。中華ランタンや和紙燈籠などが灯され、幻想的な雰囲気に。

     

    気になったランタンフェスティバルがあれば、思い出作りに参加してみよう!

  • 2月〜3月が見頃!梅のお花見を楽しむ 茨城県「水戸の梅まつり」

    17.February.2019 | SPOT

    春の訪れを告げる「水戸の梅まつり」が水戸市偕楽園で開催される。

    120年以上の歴史を持つ「水戸の梅まつり」。会場の偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに、日本三名園のひとつに数えられる梅の名所だ。

    広大な園内には約100品種3,000本の梅が植えられており、早咲き・中咲き・遅咲きと、長い期間にわたって観梅を楽しめるのが特徴。2月下旬から3月にかけての「水戸の梅まつり」を皮切りに、桜、つつじ、秋には萩、初冬には二季咲桜と、花々が季節を届けてくれる。


    2015年には「近世日本の教育遺産群 -学ぶ心・礼節の本源-」として、日本の文化・伝統を守る「日本遺産」に認定。開催期間中は、偕楽園の雰囲気にぴったりな野点茶会から幻想的なライトアップ、花火大会など趣向を凝らしたさまざまなイベントが催される。

    水戸は東京からも日帰りで行けるので、興味のある人は是非足を運んでみて!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US