NAKED 「TOKYO」をテーマにしたアート展を台北市で開催

09.May.2018 | SPOT

アート展「TOKYO ART CITY BY NAKED in TAIPEI」が、2018年6月30日〜9月16日の期間、台北市に所在する華山文創園區にて開催される。

 

本展は、東京のライフスタイルをNAKEDがアート空間として凝縮した体験型アート展。2016年には渋谷ヒカリエ、2017年には東京ドームシティで開催された。

TOKYO ART CITY BY NAKED in TAIPEI2

海外初進出の舞台は台湾。台北市の中でもアートの発信地であり、これまでジブリ立体造型物展やGeGeGe 水木しげるの妖怪楽園などの展示を行ってきた華山文創園區での開催となる。

TOKYO ART CITY BY NAKED in TAIPEI4

上野 TOKYO ART CITY BY NAKED in TAIPEI

今回は、新宿・渋谷スクランブル交差点・上野・お台場など7つのスポットに新たな演出を加えバージョンアップ。今回は前述のエリアに加え、ファッションとスイーツの流行発信地・原宿エリアが初登場!東京の多面性を全8スポットで表現する。

TOKYO ART CITY BY NAKED in TAIPEI

また、台湾限定演出として台湾スイーツとのコラボ企画や、日本人アーティストやDJによるナイトイベントなども予定している。

 

台湾に足を運んだ際は是非訪れてみて!

 

 

■Information

TOKYO ART CITY BY NAKED IN TAIPEI

会場:華山1914文創園区 東2C、東2D館

期間:2018/06/30(土)〜2018/09/16(日)

開館時間:10:00〜18:00

入場料:前売券250元/枚(5/8〜6/29) 、当日券 350元/枚 (6/30-9/16)

※夜の特別イベントなどによって、営業時間と入場料は変動する可能性があります。決定次第、公式HPにてお知らせいたします。

 

チケット:http://bit.ly/2riIfjR

 

オフィシャルHP:http://www.tokyoartcitybynaked.com.tw/

 

RELATED ENTRIES

  • 「東京卍リベンジャーズ 初原画展 〜渋谷 黄塔 決起集会〜」タワレコ渋谷店で開催

    17.September.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    タワーレコード渋谷店8 階の催事スペース「SpaceHACHIKAI」では、講談社のマンガ誌「週刊少年マガジン」で連載中の人気マンガ『東京卍リベンジャーズ(トウキョウリベンジャーズ)』19 巻発売を記念したオリジナル展示会「東京卍リベンジャーズ 初原画展 ~渋谷 黄塔 決起集会~」を2020年9 月26 日(土)から10 月18 日(日)にかけて開催する。

    連載史上初となる今回の展示会では、作品制作の裏側が垣間見える直筆モノクロ生原画や迫力満点のカラー複製原画をはじめ、記念撮影にぴったりなキャラクターのパネルなどを展示。また、北村匠海主演で近日公開となる実写映画『東京リベンジャーズ』に関連した展示も予定している。

    東京卍リベンジャーズ × TOWER RECORDS OSMO スタンプ(22 種) 各909 円+税

    東京卍リベンジャーズ モノクロ複製原画 30,000 円+税(送料込み)

    そして会場内では「原画展オリジナルグッズ」を販売、10 月からはタワーレコードとのコラボグッズも発売される。また、版上サイン入りのモノクロ複製原画の受注販売も実施!

    物販購入特典 東京卍會 會員カード風 名刺サイズカード *画像は11 種のうちの2種です。
    さらに、会場物販1,000 円(税込)購入ごとに「名刺サイズカード」11 種をランダムで先着プレゼント。

     

    累計発行部数500 万部を突破し、2021 年にはアニメ化が決定している『東京卍リベンジャーズ』の世界を堪能できる、注目の展示会をお見逃し無く。

  • ロサンゼルス 米アカデミー博物館オープン記念企画展として「宮崎駿展」を開催

    13.September.2020 | ANIME&GAME / MOVIE / SPOT

    「アカデミー賞」を主催するアメリカの映画芸術科学アカデミーによる「アカデミー映画博物館」(Academy Museum of Motion Pictures)が、アメリカ・ロサンゼルスに2021年4月30日(日本時間2021年5月1日)にオープンする。

    Photo by Joshua White
    JWPictures/©Academy Museum Foundation

    この開館を記念し、館内のMarilyn and Jeffrey Katzenbergギャラリーにて「宮崎駿展」が開催されることが分かった。本展は、「スタジオジブリ」の企画制作協力で、北米で初めて宮崎駿監督に焦点を当てた回顧展となる。キュレーションは、アカデミー映画博物館キュレーターのジェシカ・ニーベル氏とアシスタント・キュレーターのJ・ラウル・グズマン氏が担当する。


    『となりのトトロ』(1988)イメージボード 宮崎駿
    © 1988 Studio Ghibli 


    『千と千尋の神隠し』(2001)スチール写真 宮崎駿
    © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

    今回の「宮崎駿展」では、宮崎駿監督の長編アニメーション作品『となりのトトロ』(1988年)、アカデミー賞受賞作品である『千と千尋の神隠し』(2001年)などから、海外初出品のものを含む、オリジナルイメージボード・キャラクターデザイン・絵コンテ・レイアウト・背景画・ポスター・セルなど約300点以上をダイナミックに展示し、フィルムクリップの大型投影など臨場感たっぷりの環境の中、半世紀を超える宮崎駿監督のキャリアを振り返る。

     

    「宮崎駿展」概要

    ツリートンネル 


    『となりのトトロ』(1988)スチール写真 宮崎駿
    © 1988 Studio Ghibli

    『となりのトトロ』に登場する4歳の“メイ”の後を追って、宮崎駿監督の魅力的な世界へいざなう「ツリートンネル」ギャラリーに入っていく。

     

    クリエイティング キャラクター 


    『魔女の宅急便』(1989)スチール写真 宮崎駿
    © 1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

    「ツリートンネル」をくぐり「クリエイティング キャラクター」ギャラリーに移動すると、宮崎作品の主人公たちの映像がマルチスクリーンで上映されている。『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』(1989年)や『もののけ姫』(1997年)などのキャラクターデザイン原画をはじめ、海外未公開の作品も含めて、キャラクターがどのようにして誕生したのかを紹介する。 

     

    メイキング 


    『風の谷のナウシカ』(1984)イメージボード 宮崎駿
    © 1984 Studio Ghibli・H

    スタジオジブリの共同創設者である故・高畑勲監督と共に、長期にわたり取り組んだ作品をはじめ、初期の作品を中心に紹介する。アニメーターとして参加した高畑勲監督のTVアニメシリーズ『アルプスの少女ハイジ』や初監督作『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)などを観ることができる。 

     

    また、『風の谷のナウシカ』(1984年)のスペシャルトリビュートでは、宮崎駿監督のキャリアやスタジオジブリの設立に、いかに重要な作品だったかが強調されている。

     

    クリエイティングワールド 


    『千と千尋の神隠し』(2001)背景画
    © 2001 Studio Ghibli・NDDTM

    宮崎駿監督の幻想的な世界を彷彿とさせる「クリエイティングワールド」ギャラリーでは、宮崎作品にもよく登場する、美しい自然や平和な環境と、労働や技術が支配する産業の世界とのコントラストを総合的に捉えている。『天空の城ラピュタ』(1986年)のオリジナルイメージボードや、その後のジブリ作品のアートワークなど、宮崎駿監督のイマジネーションを垣間見ることができるコンセプトスケッチや背景画を鑑賞することができる。『千と千尋の神隠し』の有名な湯屋や『崖の上のポニョ』(2008年)の水中世界、『紅の豚』(1992年)や『風立ちぬ』(2013年)などの“飛行”をテーマにした作品のように、宮崎駿監督の美術設定における、複雑な垂直構造の魅力に焦点を当てた展示となる。

     

    スカイビュー インスタレーション

    本展の見どころとして、宮崎作品のもう一つのモチーフとなる「ゆったりとした時間を過ごしたい」「一休みしたい」「考えたい」「夢を見たい」という思いを表現したスカイビュー インスタレーションでは、ゆっくりとした時間を過ごしてみてほしい。

     

    トランスフォーメーション

    ここでは、宮崎作品の登場人物やストーリーが目覚ましい変容を遂げていく様子など、映画の世界観を体感できる。例えば、『ハウルの動く城』(2004年)では、主人公たちが様々な感情とともに肉体的な変容を遂げ、『風の谷のナウシカ』では、人間が自然界に及ぼす様々な影響を、異様で想像力豊かな方法で表現している。 

     

    マジカルフォレスト

    宮崎作品に登場する巨大で神秘的な木は、夢と現実の狭間で、別の世界への扉を開いてくれる。本展の最終ギャラリーでは、『もののけ姫』に登場する森の精霊“コダマ”たちや、自然描写を中心とした、宮崎作品のイメージボードや背景画を展示。「マジカルフォレスト」ギャラリーから再び通路を進んでいくことで、宮崎駿の想像力豊かな世界から博物館に戻れるようになっている。

    Nicolas Guerin

    スタジオジブリ 代表取締役プロデューサー 鈴木敏夫氏 コメント

    アカデミー映画博物館の開館記念の展覧会に、宮崎駿展を開催いただけること、大変光栄に思います。宮崎の才能は、見たものを記憶する力です。頭の中の引き出しから記憶を引っ張り出したりし、オリジナリティの強いキャラクター、風景、建物を作り上げて来ました。今回の展示では、宮崎駿の創作活動の全てを見ていただければ幸いです。開催にあたり、ご尽力いただいたすべての方々に感謝いたします。 

     

    アカデミー映画博物館 館長 ビル・クレイマー氏 コメント

    これまでの宮崎作品を網羅した展示と共に、私たちの新しい施設である「アカデミー映画博物館」を立ち上げることができ、これ以上の喜びはありません。国際的なレジェンドであり、卓越したキャリアを称えることは、私たちの門戸を開くにふさわしいものであり、アカデミー映画博物館の世界的な広がりを示すものです。

     

    アカデミー映画博物館 キュレーター ジェシカ・ニーベル氏 コメント

    宮崎駿監督には、人生の曖昧さや複雑さの中で、私たちがどのように人生を捉えているのかを感じ取ることができる際立った能力があります。宮崎作品の熱烈なファンはもちろん、作品をあまり知らない人も魅了できるような展覧会を、「スタジオジブリ」とのコラボレーションで開催でき、大変光栄に思っています。

  • 佐賀 武雄温泉「御船山楽園」のデジタルアート展に”秋”の作品登場

    10.September.2020 | FASHION / SPOT

    チームラボが、九州・武雄温泉の御船山楽園で開催中のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」のランプの作品に、今の季節だけ見られる色「山の紅葉」が登場した。秋の「かさねのいろめ」の8色でランプが輝く。

    森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke, Autumn Mountain
    teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    ​「森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉」では、日本に近代以前から伝わる配色法「かさねのいろめ」を、ランプが強く輝いている時と輝きが弱くなった時に当てはめた。
    ランプは、秋の「かさねのいろめ」である、初紅葉(はつもみじ)、青紅葉(あおもみじ)、青朽葉(あおくちば)、黄紅葉(きもみじ)、黄朽葉(きくちば)、朽葉(くちば)、赤朽葉(あかくちば)、紅葉(もみじ)の8色で輝く。

    小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    また、会場内のティーハウス「幻花亭」では、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができる。季節限定9月はベニバナ、ナデシコ、エゾギクが、10月はコスモス、キンモクセイ、菊が登場する予定だ。

    増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
    teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

    廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins 
    teamLab, 2019, Interactive Digital Installation

    1時間を通して、1年間の花々が咲いては散り、変化していく作品「増殖する生命の巨石」、「廃墟の湯屋にあるメガリス」でも、秋の花・彼岸花やコスモスを見ることができる。

    サウナとアートの新しい体験ができる御船山楽園ホテル「らかんの湯」の日帰り入浴と「チームラボ かみさまがすまう森」のセットチケットを、1日40名限定で販売中。温泉とアートが楽しめる武雄温泉で秋の行楽を満喫しよう。

  • 京都 世界遺産・二条城にて「アートアクアリウム城〜京都・金魚の舞〜」を開催

    10.September.2020 | SPOT

    京都市及びアートアクアリウム城実行委員会は、2020年10月14日(水)~12月7日(月)まで、世界遺産「古都京都の文化財」を構成する代表的文化財である元離宮二条城にて「アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」を開催する。

    「アートアクアリウム」はアートアクアリウムアーティストの木村英智氏が手掛ける“アート・デザイン・エンターテイメント” と “アクアリウム”が融合した、日本が世界に誇る独自の水族アート展覧会。2020年8月には、東京・日本橋で初の常設「アートアクアリウム美術館」が開館した。

    「アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」は、「アートアクアリウム」でも唯一の屋外展示で、京都が誇る伝統をモチーフにした作品の中で金魚や鯉が泳ぐ〝和の世界”が、艶やかに広がる。

     

    展示コンセプト

    江戸幕府の初代将軍・徳川家康が築城し、江戸時代を象徴する重要な歴史をもつ二条城。アートアクアリウム城も、江戸時代に花開いた和の文化無しには語ることができない。室町時代に日本に渡来し江戸時代にはブームとなった金魚と、日本出自の観賞魚として江戸時代に誕生した錦鯉。観賞魚にとっての「至高の晴れの舞台」が二条城を舞台とし、「江戸時代」という共通のテーマを背景に、京都の美術や工芸をモチーフに取り入れた空間造形に溶け込む。

     

    今回の見どころは、二条城が擁する国宝の二の丸御殿の歴史的意義および重要文化財の障壁画を中心とした「京都の美術」をモチーフにした作品や、二の丸庭園や城内を彩る季節の花や風景をモチーフとした作品、通常は見られない夜の二の丸御殿のシルエット・非公開の二の丸御殿中庭との融合など。さらに着物をはじめ京都が誇る日本の伝統工芸品を新たな形で昇華させ、歴史的アートと現代アートが織り成すコラボレーションが、壮大で見ごたえのある「真の日本の美」を表現する。

     

    西日本初登場 ロータスリウム/Lotusrium

    夏の季語でもある花「蓮」をモチーフとした荘厳な作品。蓮は大きく美しい花を咲かせるために濃い泥水を必要とし苦境や困難を乗り越え花を咲かせる。美しい命の象徴としての「蓮」と「金魚」が、華麗で優美な世界観を表現。

     

    二条城を代表する花をモチーフ サクラリウム/Sakurarium

    巨大な桜の花に形どられた作品。中に泳ぐのは桜錦、桜東錦、桜琉金など、「桜」を冠した金魚達。桜色に照らされながら、ゆらゆらと泳ぐ。

     

    二条城の歴史的意義を象徴する大作 大政奉還金魚大屏風Taisei Hokan Kingyo Large Byobu

    大政奉還は日本の歴史においてさまざまな影響を与え、芸術の世界も大きな転換期を迎えた。【大政奉還金魚大屏風】では、日本の美術史の移り変わりを表現したプロジェクションマッピングによる動く屏風絵を屏風型のアクアリウムに投射し、その中を金魚が優雅に泳ぐ。映像は、大政奉還の時期とその前の時代、後の時代という3つの時代の美術の変遷というテーマで創られた。二条城の重要文化財・狩野派の障壁画に見る、大政奉還がもたらした日本の芸術への影響が理解できる幅約5.4mにも及ぶ18 連【ビョウブリウム】による超大型作品。

     

    他にも、二条城に縁のある新作が登場予定。初の屋外開催となるアートアクアリウム展示会をお見逃しなく。

  • 『TVアニメ「鬼滅の刃」全集中展』北海道・サッポロファクトリーにて開催決定

    09.September.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    2020年10月17日(土)~11月8日(日)の期間、サッポロファクトリー3条館3階にて『TVアニメ「鬼滅の刃」全集中展』を開催する。

    2020年5月に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて完結を迎えた人気漫画「鬼滅の刃」は、コミック累計発行部数が8,000万部を超え、社会現象となるまでのヒットを続けている。その人気を押し上げたのは2クール、全26話で放映されたTVアニメとなり、幅広い層に支持を得た。

     

    本展は、TVアニメ「鬼滅の刃」“竈門炭治郎 立志編“の振り返りと、2020年劇場版「鬼滅の刃」無限列車編へと続く内容。鬼殺隊の新人隊士となって、TVアニメ「鬼滅の刃」にまつわる映像・制作資料等を通じ、“鬼と鬼殺隊の戦いの歴史”を追体験できるイベントとなっている。展覧会オリジナルグッズも多数用意され、TVアニメ「鬼滅の刃」の世界を存分に楽しんめる空間になりそうだ。

     

    チケットは全日日時指定制で9月15日(火)17:00よりローソンチケットにて第一次抽選受付開始となる。チケットをゲットして鬼滅の刃の世界を体感しよう!

  • 展示会「スヌーピー・ファンタレーション」あべのハルカス近鉄本店にて開催

    26.August.2020 | FASHION / SPOT

    あべのハルカス近鉄本店では、チャールズ M.シュルツの約50年にわたる新聞掲載コミック「ピーナッツ」の人気キャラクター「スヌーピー」の展覧会を開催する。


    本展のテーマは、スヌーピーと科学の原理や技術の進歩を活用した「サイエンスアート」。最先端ロボット技術を駆使した1970年代のディスコダンスを踊るダンシングスヌーピーや、27年前日本で作られアメリカに渡ったカラクリオブジェ、4コマコミックを約5,000枚使用したモザイクアートなどの作品を展示し、スヌーピーがサイエンス芸術とコラボレーションした魅力ある展示を楽しむことができる。

     

    愛知工業大学とのコラボレーション

    約3年の歳月をかけて愛知工業大学の学生と作り上げた「スヌーピーロボ」と、「不思議なお絵かきゾーン」にある参加型の展示に注目!

    スヌーピーロボゾーンにて、ディスコダンスを踊る「ダンシングスヌーピー」と可愛いポーズをとる「ファニースヌーピー」2体のロボットを実演展示。

    不思議なお絵かきゾーンでは、お絵かきシートに自分で描いた絵が、立体で動きながらスクリーンに映し出される。

     

    モザイクアート&凱旋オブジェ

    ピーナッツコミック約5,000作品を使って描かれた視覚モザイクアート作品。

    27年前に本展示会プロデューサー大谷芳照氏が日本で制作・展示の後アメリカに寄贈されたカラクリオブジェ。1時間おきに可動する。

    1950年代最初に登場した小さな子犬のスヌーピー、二足歩行で歩くスヌーピー、アポロ計画で宇宙まで行ったアストロスヌーピーなど、スヌーピーの進化を表現した立体作品を展示。

     

    展覧会オリジナルグッズ(一部)

    ちょっこりさん 各1,100円


    フラットバッグS 各1,650円


    ロゴキーホルダー 1,320円

    50年の歴史を持つスヌーピーとサイエンスのコラボレーションを体感しよう!

     

    © 2020 Peanuts Worldwide LLC

  • 「五等分の花嫁展 MAKEOVER」原稿展示、シーン再現などパワーアップし東京凱旋

    22.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    作品連載完走記念「五等分の花嫁展 MAKEOVER」を2020年8月15日(土)~8月30日(日)池袋サンシャインシティワールドインポートマートビル4F展示ホールA、11月26日(木)~12月6日(日)大阪南港 ATCミュージアムにて開催する。

    東京会場の様子をレポート

    入口は原作者・春場ねぎ先生によるメッセージと直筆のサインで来場者をお出迎え。その先には会場でしか見ることができない、五つ子たちのメッセージと特別な映像が放映されている。ぜひ会場でチェックしよう。


    また作中に登場する様々な聖地を振り返る展示エリアや春場ねぎ先生のインタビューとともに、貴重なキャラクターの設定イラストを見ることができるエリアも。

    さらに描き下ろしイラストの等身大パネルとともに写真を撮れるフォトスポットや物語終盤のターニングポイントでもある「日の出祭」の原稿や圧巻のドレスを展示。

    春場ねぎ先生のメッセージの通り、「五つ子と過ごした日々のアルバム」のような展示内容となっている。

     

    尚、来場者には入場特典として描き下ろしミニ色紙を一枚プレゼント。開催日によって絵柄が異なるので要チェックだ。


    また物販コーナーではこの凱旋展覧会のために春場ねぎ先生が描き下ろしたイベントビジュアルを使用した記念グッズをはじめ、各五つ子グッズ5点がセットになった商品やスタンドタイプのかわいいデフォルメマスコット「カラコレDX」などファン必見の新グッズが販売。

    最新情報は特設サイトをチェックしよう!

    ©春場ねぎ/講談社

  • 「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」大阪あべのハルカス美術館で開催中

    19.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    2020年8月30日(日)まで、あべのハルカス美術館で開催中の「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」。フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914~2001)が生みだした「ムーミン」シリーズの多彩なアートと奥深い物語の魅力を、約500点の展示品で紹介している。閉幕後は札幌、熊本、静岡へ巡回する予定で、関西で見られるのはラストチャンス!残り2週間となった展示会の見どころをチェックしよう。

    2,000点以上の作品を所蔵する世界で唯一の「ムーミン美術館」から、日本では見ることのできない選りすぐりのコレクションが展示されているほか、1945年から四半世紀にかけて紡ぎ出された9つの小説や、絵本「ムーミン谷へのふしぎな旅」に描かれたさまざまなシーンを原画やスケッチで楽しむことができる。また、作者トーベが最後まで愛し、手元に残しておいたイースターカードやアドベントカレンダーなど、ムーミンキャラクターズ社が所蔵する貴重なコレクションも!さらに、浮世絵とムーミンを並べた展示は、日本とフィンランドの国交樹立100周年を記念したコラボレーション展示となっている。

     

    世界中で愛され続ける「ムーミン」と、その仲間たちの魅力がたっぷりとつまった「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」に遊びに行けばムーミンたちの新たな表情に出会えるかも。是非足を運んでみて。

  • 「モネとマティス」展の海外借用作品がさらに追加!箱根「ポーラ美術館」

    16.August.2020 | FASHION / SPOT

    神奈川県箱根町「ポーラ美術館」で開催中の「モネとマティス-もうひとつの楽園」展に、2020年8月8日(土)からモネの作品8点、マティスにまつわる作品6点の合計14点が展示に加わった。

     

    6月1日(月)の開幕時点では、新型コロナウイルス感染症の影響により、約20点の海外借用作品の展示を延期せざるを得ず、展示内容を変更して開催してきた「モネとマティス-もうひとつの楽園」展。 このたび、マルモッタン・モネ美術館(フランス・パリ)から《藤》、モビリエ・ナショナル(フランス・パリ)からマティス原画のタペストリー《リュートを持つ女性》など、展覧会を構成する重要な作品の数々が日本に到着し、新たに展示した。

    クロード・モネ 《藤》1919-1920年 油彩/カンヴァス マルモッタン・モネ美術館
    Musée MarmottanMonet, Paris ©Musée Marmottan Monet, Paris, France / Bridgeman Images原画:アンリ・マティス 

    タペストリー制作:モーリス・コシ 《リュートを持つ女性》1947-1949年
    ウール モビリエ・ナショナル Mobilier national, Paris © Mobilier national / Isabelle Bideau

     

    No.35 クロード・モネ《睡蓮》1907年 油彩/カンヴァス サン=テティエンヌ・メトロポール近現代美術館
    Musée d’Art Moderne et Contemporain de Saint-Étienne Métro-Pole
    Yves Bresson / Musée d’Art Moderne et Contemporain de Saint-Étienne Métropole


    No.80 アンリ・マティス《光の縞模様のある室内》1942年 油彩/カンヴァスマティス美術館、ル・カトー=カンブレジ
    Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis
    Photo Musée départemental Matisse, Philip Bernard

    作品の展示期間は、2020年8月8日(土)~11月3日(火・祝)まで。箱根にお出かけの際は、ポーラ美術館でパリのアートに想いを馳せてみては。

  • 実写映画『弱虫ペダル』公開記念!漫画「弱虫ペダル」展示イベントを渋谷パルコで開催

    15.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    株式会社パルコは、2020年8月14日(金)公開予定の実写映画『弱虫ペダル』の公開を記念して、漫画「弱虫ペダル」の展覧会「弱虫ペダル ART&MOVIE EXHIBITION」を渋谷パルコB1F GALLERY Xにて8月21日(金)〜8月31日(月)の期間限定で開催する。

    展覧会では、漫画原作のカラー・モノクロ原画の展示と実写映画の衣装や小道具の展示を実施。漫画原画の展示は主人公の高校2年生インターハイシーズンの原画をメインに展示される予定だ。

    また、映画展示では、鳴子章吉役である坂東龍汰氏が撮影中の合間に自身で撮ったオフショット写真も展示し会場を彩る。作品の裏側も垣間見える展示になりそうだ。

    アクリルキーホルダー(カプセルトイ) 400円(税込)


    ポケットTシャツ 4,400円(税込)


    ブランケット 4,180円(税込)


    また本展覧会では展覧会記念グッズも販売する。展覧会記念グッズは、漫画原作のアートワークを使用したグッズを約10アイテム。さらに8月25日(火)より、PARCO ONLINE STOREでも並行してオンライン販売される予定なので、会場に行けない人もサイトをチェックしてみてほしい。

    ©️2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©️渡辺航(秋田書店)2008 

  • Ginza Sony Park、夏限定アイテム&人気の「あんペーストかき氷」が今年も登場

    15.August.2020 | FASHION / FOOD / SPOT

    都会の中にある実験的な公園 Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)の最新情報を紹介。夏らしいアイテムやフードが登場する。

    トラヤカフェ・あんスタンド

    あんペーストかき氷[抹茶白玉羊羹]レギュラー 901円/スモール841円(すべて税込)

    PARK B3/地下3階・ PARK GL/地上

    販売期間:~2020年9月29日(火)

    たっぷりのあんペーストと、こだわりの自家製蜜を合わせたトラヤカフェ・あんスタンド限定のかき氷。特製羊羹と白玉を贅沢に添えた。抹茶羊羹は、宇治抹茶を使い、もちっと程よい食感に仕上げている。

    あんペーストかき氷[コアントローとコーヒー]540円(税込)PARK B3/地下3階

    販売期間:~2020年9月17日(木)

    大人のかき氷:あんペーストかき氷[コアントローとコーヒー]が登場!濃いめのハワイコナコーヒーにオレンジのリキュールを加えた、爽やかで夏らしい味になっている。

    あんペースト[ラズベリー]864円(税込)PARK B3/地下3階

    販売期間:〜2020年8月下旬(予定)

    季節限定であんペースト[ラズベリー]が登場!こしあんにラズベリーを合わせ、隠し味に黒糖をイン。

     

    THE CONVENI

    CHECKER SHOPPER BAG 7,700円(税込)PARK B1/地下1階

    THE CONVENIでは、ショッパーバッグを発売中。バッグ内側に、薄いPVC加工を施しているため汚れに強く、防水効果も!チェッカー柄の上にTHE CONVENI GINZAの3段ロゴをプリントし、サイドにピスネームを挟み込み、内ポケットもついている。

     

    銀座の公園でアート散策

    SHUN SUDO「ART IN THE PARK」

    左:NAIJEL GRAPH 右:SP. by yuko mohri(8月26日まで)

    Ginza Sony Park は、SHUN SUDOのウォールアート「ART IN THE PARK」や、NAIJEL GRAPHの作品の中でも最大のアート作品など、気軽にアートに触れることができる場。

    BOTTEGA VENETA ‘THE CHAIN’ 展示イメージ

    展示期間:2020年8月16日(日)〜8月30日(日)

    そんな Ginza Sony Park 地上フロアに、期間限定で新生ボッテガ・ヴェネタの象徴的なモチーフであるチェーンを巨大化させた‘THE CHAIN(ザ・チェーン)’のインスタレーション展示が登場。世界各国を巡回する ‘THE CHAIN’ はそれぞれの街に芸術的なアプローチでフォトジェニックな空間を演出。世界的なコロナ禍、チェーンから連想する「力強さ」「繋がり」のメッセージも込めての展示となった。

     

    Ginza Sony Park 2nd Anniversary


    私企業がつくるユニークな「都市の中の公園」として銀座の街に新しいリズムを生み出しているGinza Sony Parkは、2020年8月9日(日)に開園2周年を迎えた。2025年完成予定の「Ginza Sony Park 最終形」に向けて工事が再開される来年2022年9月までの残りの期間にも期待しよう。2020年8月16日まで、2周年記念ステッカーを配布中だ。

     

    銀座に出かけた際は、地下までゆったりと空間の余白が広がる園内に涼みに立ち寄ってみて。

  • 六本木ヒルズ展望台「約束のネバーランド展」の描きろしキービジュアル公開

    11.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、2020年12月11日(金)から、「週刊少年ジャンプ」で6月に完結した大人気漫画作品『約束のネバーランド』(集英社刊)の展覧会「連載完結記念約束のネバーランド展」(以下、約ネバ展)を開催する。その開催に先だち、展覧会の描きおろしとなるキービジュアルが公開された。


    また、本展のために描かれる「約ネバ展」描きおろし特別エピソードの制作が決定!19ページにわたる、ファン待望の完全新作エピソードが本展にて公開される。

    さらに、描きおろし特別エピソードの制作を記念し、展覧会招待券が抽選で当たる【「約ネバ展」描きおろしエピソード大予想!!Twitter キャンペーン】を8月11日(火)10:00 ~ 9月14日(月)23:59で実施!

    Twitterで東京シティビュー(TCV)の公式アカウントをフォローし、「#約ネバ展」、「#約ネバ展描きおろしEP大予想」を付けて、4つの選択肢の中から展覧会のために描きおろされるスペシャルエピソードの内容を予想して投稿しよう。正解者の中から抽選で5組10名様に展覧会招待券がプレゼントされる。キャンペーンの詳細は、特設サイトをチェックしてみてほしい。

     

    約束のネバーランドの特別エピソードが公開される「約ネバ展」をお見逃しなく!

    ©白井カイウ・出水ぽすか/集英社

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US