ドクダミを練り込んだ「毒饅頭」熱海温泉の新名物として販売開始

15.August.2018 | FOOD

解毒作用がある和漢として有名なドクダミを練り込んだ「熱海温泉 毒饅頭」が8月8日(水)より販売開始した。

生地に練り込んだドクダミは全国各地から採取し、最も餡と生地に合った兵庫県産無農薬栽培が探し出された。生地には、生産量が少なく高価な鹿児島県と宮崎県産の本葛を混ぜている。こし餡は小豆餡で、美味しいと言われる小豆を日本全国から取り寄せたのちに北海道産のものが選ばれた。

パッケージの化粧箱は、和の香りただよう桐の木箱。高級家具の代名詞でもある桐を使い、三重県の匠が木製品専門製造工場でゆっくり丁寧に木箱をつくっている。大自然で育った桐1本1本の個性を活かすため、木箱1つ1つに異なる木目が持たせてあるので、まったく同じデザインの木箱はこの世に存在しない。

また、大吉が確定した御神籤が桐箱の中に入っているので小さな幸せを手に入れることもできる。滑らかな桐の木箱の表面には、書道家 武田双雲氏の書が2色で印字されている。

 

細かな所までこだわり抜かれた毒饅頭はお土産にもぴったり。ぜひ試してみてほしい。

 

■Information

熱海温泉 毒饅頭

内容量 :4個

賞味期限:販売から7日間

保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存

価格  :1,389円税別(1,500円税込)

包装  :木箱、和紙、熱海の思い出

URL  : http://izuhanto.co.jp

 

RELATED ENTRIES

  • かわいすぎて食べられない♡映画『アナと雪の女王2』より 食べマス“オラフ”の和菓子登場

    17.November.2019 | FOOD / MOVIE

    キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ「食べマス」から、11月22日(金)公開予定のアナと雪の女王最新作『アナと雪の女王2』より“オラフ”をモチーフとした「食べマス/アナと雪の女王2 オラフ」が、劇場公開同日の2019年11月22日(金)より全国のセブン-イレブンにて販売開始となります!

    「食べマス/アナと雪の女王2 オラフ」は、 “オラフ”の全身を和菓子で表現した商品。「食べられるマスコット」の名の通り、斜め上をじっと見上げ、ちょこんと座る“オラフ”の愛嬌たっぷりの表情や愛くるしい姿が全長約40mmの練り切りで再現されています。驚きなのは、からだに入った雪の結晶までも正確に再現されていること!味は、今作の映画で描かれる季節の秋にちなんだ“メープル味”。どんな世代の方にも食べやすく繊細な味わいも魅力です。

    数量限定の商品なので気になる方は早めにチェックしてみてくださいね♡

     

    ©️Disney

  • 箱根小涌園ユネッサン、“エヴァンゲリオン”とコラボした真っ赤な「セカンドインパクトの湯」登場

    14.November.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    全天候型の温泉アミューズメントパーク、箱根小涌園ユネッサンでは、2020年1月10日(金)~6月30日(火)に開催するイベント「箱根小涌園ユネッサン」×「エヴァンゲリオン」に合わせ、エヴァンゲリオンの世界感と自慢の温泉をWで楽しめる「セカンドインパクトの湯」が登場する。

    本イベントは、小田急グループが開催する「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」との共同開催として、水着で遊べる温泉「ユネッサン」(水着入浴エリア)内で開催する第1弾のイベント風呂であり、劇中内で重要なシーンである未曾有の大災害「セカンドインパクト」を洞窟風呂とウォータースライダーで感じられ、ファン心をくすぐるイベント風呂となっている。

    さらに館内・館外各所でもエヴァンゲリオンの世界感楽める装飾を実施。各コンテンツは、特設サイトで発表される予定。ぜひチェックしてみて!

  • すみっコぐらし「しろくま」「ぺんぎん?」が”食べマス”和菓子に!全国のファミリーマートで販売

    08.November.2019 | FOOD

    キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ「食べマス」初登場となる大人気の「すみっコぐらし」より、“しろくま”と“ぺんぎん?”をかたどった「食べマス すみっコぐらし」が、2019年11月12日(火)より全国のファミリーマートのチルドデザートコーナーにて販売となります!

     

    「すみっコぐらし」のキャラクターより、さむがりでひとみしりの“しろくま”と、自分がペンギンなのか自信がない“ぺんぎん?”を和菓子で表現した今回の商品。すみっこが大好きな2匹らしく、ちょこんとした姿がなんとも可愛らしい♡

    「食べられるマスコット」の名の通り、2キャラクターそれぞれのチャームポイントをぽってりとした“練り切り”で表現しています。“しろくま”は白いからだにピンクの耳、“ぺんぎん?”は黄緑のからだに白いおなか、黄色い足とくちばし。どちらもからだの前で両手を合わせ、つぶらな瞳ですみっこに佇んでいる様子を再現しています。

    中の餡の味は和菓子ならではの繊細な味わいを残しつつも、彼らの色合いにちなんだみるく味(しろくま)、りんご味(ぺんぎん?)の2種類。味だけでなく見た目も楽しむことができ、思わず2体揃えて写真に収めたくなります!

     

    数量限定の商品なので、気になる方は早めにゲットしてみてくださいね♪

     

    (C)2019 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • 日本土産にもぴったり!きんつば”中田屋”から「ハローキティ きんつば」誕生♡

    05.November.2019 | FOOD

    中田屋は、サンリオとのコラボ商品「ハローキティ きんつば」を、11月1日(金)より販売開始します。

     

    中田屋の代名詞でもあるきんつばは、大粒でふっくらとした大納言小豆と優しい甘さの餡が薄衣をまとった、小豆のおいしさを味わえる一品。きんつばを愛してやまなかった創業者の、餡へのこだわりを受け継いで、今も変わらぬ味を守りながらひとつひとつ丁寧に作られています。

     

    創業85周年を迎えた今年、外国の方や若い年齢層の方など、新たな出会いを未来に繋げていきたいという想いのもと「ハローキティ」とのコラボが実現しました。

    ハローキティの好物、ママの作ったアップルパイをイメージした「きんつば あっぷるぱい」は、青森県産「ふじ」のシャリっとした食感を残した白あん仕立ての餡に、シナモン風味の薄い衣を塗り焼き上げています。

    甘酸っぱくフルーティーな餡が特長の「きんつば みっくすべりー」は、ストロベリー・ラズベリー・ブルーベリーと白小豆のつぶあん仕立ての餡に、薄い衣を塗り焼き上げています。

    個包装のパッケージデザインは、中田屋の創業者・中田憲龍がデザインした「龍」のイラストと、ハローキティが可愛らしくコラボレーション。中田屋の象徴である龍にちょこんと乗ったハローキティや、龍に変身した本商品オリジナルのハローキティが登場します。

    外包には、「日本古来の文化を、現代のエコ文化に繋げるライフスタイル」をめざして、風呂敷を採用。丈夫で軽いアムンゼン生地で、様々な用途に繰り返し使用することができます。また、内包に紙の簡易トレーを用いることで、無駄なゴミの量をできるだけ少なくしています。さらに、この風呂敷を直営店にご持参いただくと、ハローキティ きんつば リフィル(各3個)が詰替えで販売されます。

     

    この機会に、日本らしいきんつばの味わいを楽しんでみてくださいね。

  • かぼちゃを顔にかぶったリラックマ&コリラックマがハロウィンの”食べマス”和菓子に!

    14.October.2019 | FOOD

    キャラクターをモチーフにした和菓子シリーズ「食べマス」から、「リラックマ」と「コリラックマ」をかたどった和菓子「食べマス リラックマ ハロウィン2019」が、2019年10月15日(火)より全国のローソン(ローソンストア100を除く)にて販売となる。

    「食べマス リラックマ ハロウィン」は、どこから食べるか悩んでしまうほど、かぼちゃを顔にかぶった「リラックマ」と「コリラックマ」が愛らしい商品。

    食べられるマスコット「食べマス」の名の通り、リラックマたちの可愛い顔やつぶらな瞳などのパーツを繊細な技術により全て和菓子の“練り切り”を用いて表現している。また中身の餡は、秋らしさとリラックマの大好物を組み合わせた、パンプキンプリン味(リラックマ)とメープル味(コリラックマ)で、子どもでも食べやすい味と和菓子のしっとりとした口当たりの良さが楽しめる。

     

    おやつにはもちろんハロウィンパーティのデザートとして楽しんでみて♪

     

    ©️2019 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

    ※画像はイメージです。

    ※画像は実際の商品とは多少異なる場合があります。

    ※のどにつまらせないようご注意ください。

    ※最新の情報は、バンダイキャンディホームページをご覧ください。

    ※「食べマス」は株式会社バンダイの登録商標です。

  • 全国の星野リゾート「界」で日本の秋を満喫!紅葉が満喫できる温泉旅2019

    03.October.2019 | SPOT

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2019年秋、紅葉に酔いしれる温泉旅を提案。ゆったり温泉に浸かって紅葉を愛でるぜいたくな時間に、旬の食材や伝統工芸品など地域の個性をかけあわせることで、ひと味違う秋の体験を提供する。

    【対象施設】界 箱根、界 仙石原、界 阿蘇、界 アルプス、界 鬼怒川、界 津軽、界 川治

     

    日本の秋を満喫。紅葉に酔いしれる温泉旅2019

    また、各施設の紅葉にまつわる温泉旅を紹介する動画「日本の秋を満喫。紅葉に酔いしれる温泉旅2019」を公開した。

    今回は、各施設の体験内容の一部をご紹介。

     

    幻想的な景色が広がる「紅葉ライトアップ」| 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

    例年の紅葉見頃:11月下旬〜12月上旬

    箱根の玄関口・箱根湯本に佇む「界 箱根」では、2019年9月6日〜12月7日、半露天風呂の目の前に広がる紅葉をライトアップ。箱根エリアは標高差があるため、長い期間にわたって紅葉が楽しめる。 まるで一枚の風景画のような幻想的な雰囲気の中で湯浴みを満喫しよう。

    【ライトアップ:16:00~翌1:00】

     

    温泉旅館で秋を描く宿泊プラン「紅葉アート温泉」| 仙石原(神奈川県・仙石原温泉)

    例年の紅葉見頃:11月中旬~下旬

    仙石原温泉の湯浴みと箱根仙石原の四季を楽しむことができる「界 仙石原」では、2019年 9月1日、温泉旅館で秋を描く宿泊プラン「紅葉アート温泉」が登場。

    客室に用意された移動式の画材セットを使い、テラスや露天風呂など、いつでも気の向くままにアートを表現できる。 客室から見える紅葉の風景から秋を感じ取り、それを表現することで心身ともにリフレッシュしよう。

     

    紅葉アート温泉
    期間:2019年9月1日~11月30日 チェックイン

    料金:43,400円~ (2名1室利用時 1名あたり、税・サービス料別)

    含まれるもの:宿泊、夕食、朝食、画材セットレンタル、美術館チケット

    予約:https://kai-ryokan.jp/sengokuhara/

     

    プライベート感たっぷり「おこもり紅葉温泉」| 阿蘇 (大分県・瀬の本温泉)

    例年の紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

    阿蘇・くじゅう国立公園内に位置する「界 阿蘇」では、10月1日~31日、原生林に囲まれた離れの客室で温泉と紅葉、湯上がりの時間を満喫するプログラム「おこもり紅葉温泉」を開催する。

    客室の露天風呂から、淡い黄色に染まるミズナラやもみじの鮮やかな赤など、鮮やかな紅葉が楽しめる。また、かぼすとゆずの香りを楽しめる「柑橘の変わり湯セット」を用意。かぼすの緑色やゆずの黄色といった色彩も満喫できる。

    湯上がりには、客室で本格的なコーヒーを飲みながら温泉の余韻を堪能しよう。

     

    期間:2019年10月1日~31日チェックイン
    料金:46,480 円~(2名1室利用時 1名あたり、税・サービス料別)

    含まれるもの:宿泊、夕食、朝食、変わり湯セット(1客室につき1セット)、コーヒー豆、阿蘇の湧水ペットボトル、各種レンタル(風呂用枕、防水ブックカバー、コーヒーミル、ドリッパー)

    予約:TEL(界予約センター:0570-073-011)

     

     

    この他にも、「界」では美しい秋の季節を満喫できるプランが多数登場。詳細は公式サイトでチェックしてほしい。

  • インスタ映えテラスプール・ミシュランレストラン監修のレストランも!福岡「都ホテル 博多」

    24.September.2019 | SPOT

    「都ホテル 博多」が、2019年9月22日(日)より、グランドオープン。オープンを記念し、本ホテルの詳細を紹介するレポートが公開された。

     

    九州の雄大な自然をイメージした滝が目印の、都会的な外観 

    「都ホテル 博多」は、博多駅筑紫口を出るとすぐ前方に見える。地下からは駅直結でアクセスでき、利便性の高い立地となっている。地下にはカフェ、コンビニエンスストアやレストランが入り、宿泊客も一般の方も利用できる。 

    外観は、全面ガラス張りのキューブ型のデザインが特徴的。日中には日の光が、夜間には 168本のLEDでライトアップされ、都会的な雰囲気を演出する。屋上に流れる“滝”は、九州の雄大な自然をイメージ。一目でわかる個性的なデザインで、博多の新たなランドマークになることが予感される。

    ロビーには、“インスタ映え”ドリンクとフードを楽しめるカフェラウンジ 

    3階のフロント・ロビーは清潔感と開放感のある空間で、スタッフが温かく出迎えてくれる。受付カウンターの他には、宿泊客以外も利用できるカフェラウンジ「CAFÉ EMPATHY」が。こちらのカフェラウンジは、「THE RAIL KITCKEN CHIKUGO」やシェアオフィスやホテルなどのプロデュースで知られる、トランジットジェネラルオフィスがプロデュースと運営を手がけている。

    カフェではハーブティーやフレーバーラテなどのドリンクメニュー、九州の食材を使用した軽食メニューなどを取り揃え、 14時30分からはオリジナルのアフタヌーンティーも提供。“インスタ映え”間違いなしの、上品で可愛らしいドリンクやフードは、女子会にもおすすめ!カラフルな色のフレーバーラテは、全4種類ありテイクアウトも可能。その中のひとつ「ビーツラテ」は、ビーツ由来のピンク色が特徴的で、ほんのり甘くまろやかな味わいが楽しめる。また、フランス・パリ生まれの「KUSMI TEA」も取り扱っており、スタンダードなブラックティー&シトラスの「アナスタシア」やノンカフェインのフルーツティーなどを楽しむことができる。

    贅沢なときを過ごせるゆったりとした客室 

    5階から12階は、客室フロア。客室のタイプは大きく分けて4種類で、ツインとダブルを用意。どの部屋も機能的で心地よく、ゆとりのある空間となっている。

    自分へのご褒美や大切な人とのひとときに、少しだけ贅沢な時間を過ごしたい方におすすめの「デラックス」ルームは、2人で宿泊しても十分な広さ。シンプルで落ち着いたデザインで、ゆったりとした時間を満喫できる。ベッドの足周りにもスペースがあり、横になってテレビを観たり話したりしながらリラックスできるのも楽しみのひとつ。また、客室の空調、照明などをすべてタブレットで操作できたり、レストランの混雑状況をTVのモニターで確認できたりと、便利な仕様も魅力的だ。

    ミシュランレストラン監修のレストラン・バーと、“大人女子会”におすすめのテラスプール 

    最上階の13階には、「都ホテル 博多」の見どころのひとつである、レストラン「SOMEWHERERESTAURANT & BAR」がある。“どこか素敵な場所”がコンセプトのオールデイダイニングで、ディナーメニューは、東京・西麻布の ミシュラン1つ星レストラン「Crony」のシェフ・春田理宏氏が監修。地元福岡や九州の食材を使った“イノベーティブ”な料理で、メニュー名から一筋縄では想像できないサプライズの詰まったメニューを展開する。ワインは、「Crony」 のソムリエ・小澤一貴氏がセレクト。天井まで届くガラス張りの空間で、堅苦しくなく気軽に、遊び心溢れるディナーが味わえる。 

     

    一般の方も利用できる朝食メニューでは、種類豊富な洋食ブッフェを用意。焼き立てのパンや、オムレツ・エッグベネディクト・目玉焼きから好きなものを選ぶとその場で調理してもらえる卵料理など、充実した内容。 和食派の方は、ブッフェの代わりにオリジナルの和御膳を楽しむこともできる。ガラス張りの窓から降り注ぐ朝の光の中で、優雅なひとときを過ごそう。

    レストランの横に併設されるSPAでは、天然温泉のプールやジェットバス、足湯が楽しめる。宿泊客はオープニング特典で3月31日まで無料で利用可能。水着の貸し出しも行っているので、気軽にナイトプールを楽しめる。夜になると、13階の高い場所から博多の街を一望できる。プールサイドで流れる九州の雄大な自然をイメージした“滝”は、夜になると美しくライトアップされ、華やかに空間を彩る。

     

    また、プールサイド専用のメニューはテラスからも注文でき、プールサイドでカクテルや軽食を楽しめる。22時30分まで開放しているので、夜の“大人の女性”の女子会におすすめのスポット。ライトアップされたおしゃれな空間で“インスタ映え”写真を撮影すれば、素敵な思い出を残すことができる。室内には、大浴場やサウナもあるので、ゆったりと入浴したい方にはこちらもおすすめ。

     

    優雅な滞在を、「都ホテル 博多」で楽しんで。

  • 特別な秋のひととき「銀座で触れる、茶の湯の心」東急プラザ銀座で開催

    22.September.2019 | FOOD

    「東急プラザ銀座」では、2019年9月26日(木)〜10月27日(日)の期間、銀座の秋の風物詩「銀茶会」に合わせて、茶の湯の心をテーマとした施策「銀座で触れる、茶の湯の心」を開催する。夏の第1弾に続き東京藝術大学との共同プロジェクトや、日本文化を牽引する“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示を通して、日本のおもてなしを感じられる特別イベントとなる。

    東京藝術大学との共同プロジェクト第2弾では、国内外で活躍している書家・金澤翔子の“書“と”茶の湯“にまつわるインスタレーションを東京藝術大学がプロデュースし、花鳥風月の美しい季節感がただよう箱庭のような「床の間」を表現した作品の数々を館内の所々に展示。さらに10月27日(日)の銀茶会当日には、秋をテーマにした名曲の演奏とともにお点前を体験できる特別な野点を、屋上KIRIKO TERRACEにて開催する。

    また、6階KIRIKO LOUNGEでは、定期的に開催している「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM」の一環として、“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM〜とらや 和菓子の原理展〜」を開催。会期中、隣接する「数寄屋橋茶房」では江戸時代後期にすでに作られていたという伝統的な茶菓子、柿を模した「木練柿」と、栗と砂糖、寒天を煉り上げて作った「栗ごよみ」、2種類の和菓子とドリンクがセットになった特別メニューも用意される。

    郷愁の秋風を感じながら、東急プラザ銀座で芸術の秋を堪能しよう。

  • 箱根七湯「そこくらの湯 つたや旅館」老舗旅館型のゲストハウスがオープン

    21.September.2019 | SPOT

    宿泊施設「そこらくの湯 つたや旅館」が、2019年11月26日(火)箱根町底倉に開業します。江戸時代から続く温泉の歴史を継承しつつ、古旅館をリニューアル。新しいカタチの老舗旅館型ゲストハウスとして営業します。

    都心から電車で90分、江戸時代より伝わる”箱根七湯”の一つでもある”底倉温泉”。源泉は効能の高さから、多くの武将たちに愛されたと言われています。創業当時は「蔦屋旅館」という屋号で、地元の人々はもちろん東京から来る人々にも重宝される旅館として有名でした。この歴史ある底倉温泉と蔦屋旅館が「そこくらの湯 つたや旅館」として11月26日に装い新たにオープンします。

    施設は築29年の古旅館をリノベーション。開業から29年の年月を経た旅館の風情を残しつつも、傷んだ部分を改修、ノスタルジックな老舗旅館型ゲストハウスとして蘇らせます。部屋は広めの旅館タイプ6室、コンパクトな籠床(かごどこ/ゲストハウス)46室。また、川を眺め、湯上りのひと時に想いを馳せるスペースや、出逢ったばかりの人々がテーブルを囲み交流ができるラウンジスペースも用意されています。露天風呂・内風呂は男女各一つずつ、長期滞在もできるよう自炊スペースやコインランドリーもバッチリついています。

     ”温泉で交流を楽しむ”をコンセプトにゲストが思い思いの時間を過ごせるレトロな空間。昔ながらの炬燵や棚など、日本の古具をリメイクしたオリジナルの家具が配置されます。日本文化を継承した懐かしさを残しつつも、現代アート作品が融合する空間になりました。

    老舗温泉旅館とゲストハウスの良さが融合されているので、外国からの旅行客にも快適に古き良き日本のカルチャーを楽しんでもらうことができる「そこくらの湯 つたや旅館」。

    都会の喧騒を離れて、箱根の温泉で日頃の疲れを癒やしてみては?

  • 草津温泉に行ったらエメラルドグリーンの「草津温泉プリン」がおすすめ!

    11.September.2019 | FOOD / SPOT

    日本三名泉の一つ、群馬県・草津温泉で初めてのプリン専門店「草津温泉プリン」が2019年8月24日(土)にオープンした。草津温泉独特の湯もみに着想を得て生まれた、驚くほどになめらかな食感のプリンや、湯畑の色をイメージしたプリンなど、温泉のイメージをとことん反映した商品・店舗作りを行っている。

     

    草津温泉で湯上りぽかぽかの利用客に美味しいプリンを味わってもらい、群馬や草津に詰まった魅力を伝えたい、そんな思いで草津温泉初のプリン専門店「草津温泉プリン」はスタートした。一つ一つのプリンを店内工房で職人が作り、さながら草津温泉名物の「湯もみ」のように温度管理にこだわった製法により、特別なめらかな舌触りに仕上げている。

     

    また、できる限り地域素材を使って地域の生産者にも貢献したいという思いから、プリンづくりに重要な原材料の一つである牛乳は群馬県の榛名牛乳を用いている。群馬県を中心とした地域での自然の中で太陽の光をたっぷりと浴び、美味しい牧草を食べて育った健康な乳牛から絞られる牛乳の美味しさを最大限に生かしたプリンを製造している。

    湯畑プリン

    草津温泉の湯畑をイメージした、エメラルドグリーンのジュレが特徴の当店の看板商品。湯畑カラーのジュレの正体は湯上りに飲みたくなるサイダーの味で、意外にもプリンとの相性がばっちり。

    湯もみプリン

    「草津温泉プリン」の代表商品で、草津温泉に湧き出る熱いお湯を冷ます「湯もみ」の様子から着想を得て開発した、とろけるようになめらかなプリン。生クリームをふんだんに使用し、アクセントとしてマダガスカル産の最高級バニラビーンズを加えている。

    風呂マージュ

    なめらかなプリン生地をベースにクリームチーズを流し込んだまろやかな味わいが特徴のフロマージュ(=チーズケーキ)。厳選した濃厚クリームチーズを使用するだけでなく、チーズと相性の良いいちごジュレを加えており、甘酸っぱさが程よいアクセントを生み出す。

    湯畑ソフト(ミルク、湯畑、ミックス)

    草津温泉の流れ落ちる湯畑をイメージしたラムネ味の「湯畑ソフト」、バニラに榛名牛乳を混ぜ合わせた「ミルクソフト」、それらをミックスした「ミックスソフト」の3種類の食べ歩き用ソフトクリームも販売。湯上りのぽかぽかした状態で食べると、非常にさっぱりとして気持ちの良い味わいに。

    さらに温泉地ならではの仕掛けとして、店頭では蒸篭も設置しており、今後は蒸篭で蒸したプリンなども販売できるよう準備を進めている。草津温泉に旅行に来た人が温泉や食べ物を楽しむだけでなく、その思い出もしっかりと残せるように、スプーンは湯もみに使われるような木のスプーンを採用。店頭にはフォトスポットも用意している。

     

    こだわりがたくさん詰まった特製プリンを是非お試しあれ!

  • カナヘイの小動物”ピスケ&うさぎ”が和菓子シリーズ「食べマスモッチ」に登場

    08.September.2019 | FOOD

    キャラクターをモチーフにした和菓子「食べマス」のシリーズで、もち生地の中に餡やクリームを包んだ「食べマスモッチ」第5弾として、LINEスタンプ等で人気のカナヘイの小動物”ピスケ&うさぎ”をモチーフにした「食べマスモッチ カナヘイの小動物 ピスケ&うさぎ」が登場。2019年9月10日(火)より全国のローソンのチルドデザートコーナーにて販売される。

    食べマスモッチ カナヘイの小動物 ピスケ&うさぎ 2個入り 280円(税込)

    真面目な性格の鳥「ピスケ」と、おちゃらけた性格の「うさぎ」。どちらも「食べられるマスコット」の名の通り、すべて食べられる素材でできている。

    今回は、ぷにぷにのもち生地を使って表情豊かな2匹を再現。ピスケは白い生地に黄色のくちばし、うさぎはピンクの生地に立体的な耳が特徴。どちらも丸くて赤いほっぺはそのままに、表情はかわいらしいにっこり顔からちょっと変わった表情まで、シークレット各1種を含めてそれぞれ10種類ずつラインナップ。組み合わせはランダムで全100通りにものぼる。どの表情のピスケ&うさぎたちに出会えるかは店頭でのお楽しみ。

     

    もちもちっとした食感と中に入った餡の味わいがマッチした一品で、ピスケは「メープル味」、うさぎは「いちごみるく味」を採用。日頃のおやつにはもちろん、SNS投稿にもおすすめの商品をお試しあれ!

     

    ©️kanahei / TXCOM

  • 山梨県「みはらしの丘 みたまの湯」夜景100選と日本夜景遺産にダブル認定

    07.September.2019 | SPOT

    山梨県市川三郷町にある日帰り温泉施設「みたまの湯」が、温泉施設として全国初の「夜景100選」・「日本夜景遺産」にダブル認定された。

    みたまの湯は、甲府盆地南端の丘の上に建ち、露天風呂から北側に180度の甲府盆地の大パノラマが見渡せる、眺望が自慢の温泉。大半の建物が南向きの為、特に夜景は煌びやかで眩しい光が差し込む、まさにダイヤモンドを散りばめた宝石箱の様。そんな夜景を見ながら、ゆったりと湯船に浸かることができる。

    また、昼間には正面に八ヶ岳連峰の山々、さらに西側には日本で2番目に高い南アルプスの北岳を眺めることもできる。

    とっておきの絶景と極上の温泉を是非体験してみて!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US