原宿に複合型ショップ「base yard tokyo」オープン

03.October.2018 | FASHION

原宿・神宮前に「base yard tokyo(ベースヤードトーキョー)」が、10月5日(金)にオープン。CIAOPANIC(チャオパニック)、Kastane(カスタネ)、mystic(ミスティック)、WHO’S WHO gallery(フーズフーギャラリー)、CIAO PANIC COUNTRY MALL(チャオパニック・カントリーモール)が出店する複合型ショップ。これまでの複合型ショップとは一線を画した、シームレスな売り場配置に加え、ファッションだけでない新しいモノ・コトを提案できるスペースを常設する。

「フロントヤード」と称した1Fエントランス付近では、プロモーションスペースとして原宿から新しいカルチャーを発信。オープン当日からの1カ月間は、雑誌『Lillou』と連動し、原宿にフィーチャーしたイベントが開催される。「バックヤード」と称した2F奥のスペースでは、約1万冊の漫画を取り揃え、音楽・映像なども含めた日本ならではのストリートカルチャーを発信。

オープンを記念して10月5日にはカルチャー動画メディア『lute』と、lute×baseyard Opening Partyを開催し、FNCY・ミツメの2アーティストによるライブを行う。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US