岡山県・津山市に重要文化財を再生した芸術文化の交流施設が誕生

04.October.2018 | SPOT

岡山県北部の山間に位置する津山市にアートギャラリー「PORT ART&DESIGN TSUYAMA(ポート アート&デザイン津山)」が2018年10月6日にオープンする。

1920年に竣工した市指定重要文化財である旧妹尾銀行林田支店の建築空間を活用し、芸術文化の交流拠点としてオープン。赤レンガ壁に囲まれた歴史ある建築は、神社仏閣を想わせる木造の本館・レンガ造の倉庫・石造りの重厚な金庫・レンガタイルが敷かれた中庭など、約100年前の往時の面影を今に伝えている。

 

その魅力ある空間で、地元作家の作品を紹介する企画展や市民ギャラリーの展示会を行うとともに、作家とのワークショップ体験やアートイベントの開催など、楽しく参加できるプログラムも展開予定。

本館棟(ラウンジ)

寺院建築風の外観を持ち、主用材に栂や欅をふんだんに使用した特長ある建物。玄関及びギャラリーとして解放しているので自由に中を見学することができる。銀行当時から使われていた欅の一枚板カウンターも見所の一つ。本館棟脇にはコーヒースタンドも設置されており、中庭や本館ラウンジで語らい休憩もできる。

レンガ棟(レンガギャラリー1・2、ホワイトギャラリー)

レンガ棟は、3部屋に分かれており、貸しギャラリー・ワークショップスペースなどに活用される。また、ショップスペースを設け地元作家の作品や地域産業プロダクトの展示販売も計画している。

「みなと」のような日常のなかに多様な交流が生まれ、外の文化の受容(import)と内の文化の発信(export)の二面性が互いに循環し合い、新しい出会いや思いがけない物語が生まれる楽しさを共有できる場にぜひ足を運んでみよう。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US