蜜がたっぷり入った幻のりんご「こうとく」数量限定で販売開始

10.October.2018 | FOOD

「味の農園」は、2018年11月10日(土)頃まで“阿部さんが作る幻の蜜入りりんご「(大玉)蜜女王こうとく」”の予約を受付中。なお、限定数に達し次第予約は終了となる予定だ。

「こうとく」は、東光という品種の自然交雑により1985年に青森県で生まれた品種。

香り高く、果汁も蜜入りも多いりんごながら、1個の大きさは「ふじりんご」と比べるとかなり小ぶりで150g~180g程度、女性の手のひらにすっぽり収まるサイズ。そのうえ色付きもあまり良くないため、当初は「小玉で見た目が悪いりんご」と市場から低く評価された。

また品質にバラつきが出やすいことから、生産者からも敬遠されて収穫量が激減し「幻のりんご」として水面下に30年以上埋もれてきた。

その「こうとく」が脚光を浴びることとなったきっかけは、なんといっても「蜜入りの良さ」。

蜜入りりんごとして有名なのは「ふじりんご」だが、その蜜の量は多くても果肉の30%程度。対して「こうとく」は多いもので80%にもなり、テレビ等で取り上げられると一躍有名になった。また、蜜の量のインパクトに加え、香り高さ・食感の良さもあり、一度食べたら忘れられないりんごとして人気が高まっている。

「味の農園」は、そんな山形県天童市の果樹農家である阿部さんの栽培する「こうとく」を、生産者限定品として販売。阿部さんは長年かけて独自に開発した栽培方法で、近年「大玉こうとく」が収穫できるようになり、今までの小玉りんご「こうとく」という常識を覆した。

「こうとく」の大玉は、希少性が高く、蜜の量も通常のサイズに比べると多い傾向がある。

蜜は、その見た目からハチミツのような「甘さ」と思われがちだが、実は砂糖の甘さを100とすると、蜜は60くらい。それほど甘さ自体を左右するものではないのだ。

りんごの蜜の味を表現するなら「爽やかな甘み」。蜜入りであるほど「さわやかな甘さのリンゴ」と言える。「こうとく」のその爽やかで甘~い味は、思わず笑顔になる贅沢すぎる蜜の甘みそのもの。今の時期しか味わえない特別なりんごをぜひ味わってみてほしい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US