「小田原提灯」の幻想的な灯りで風情を愉しむ、箱根の夏を体験しよう

22.April.2016 | SPOT

神奈川県・箱根湯本にある「星野リゾート 界 箱根」では、2016年6月1日から8月31日まで、歴史ある「小田原提灯」で回廊をライトアップ、涼しい箱根の夏の宵を彩るイベントを開催する。

 

江戸時代から宿場町として賑わっていた箱根。東海道の旅人に重宝されていたのが「小田原提灯」だ。

コンパクトに畳めるよう胴の部分が蓋に収まる形状が特徴となっており、大正時代に懐中電灯が普及するまでは日本人の生活の必需品として使われていた。

 

現在は作り続けている店が2軒しかない希少な伝統工芸品となっている。小田原市では毎夏「小田原提灯まつり」が開催されるが、「界 箱根」では今年で3回目となる「小田原提灯ライトアップ」を開催。数少ない職人のひとり、山崎 勇さんが手掛けたオリジナル提灯が、涼やかな避暑地・箱根の夏を彩る。

 

提灯ならではの優しい灯りで、夏の夜を情緒を愉しもう。

 

 29767_ZhmmRUfuRV

 

 

■Information

期間:2016年6月1日~8月31日

時間:18:00~22:00

オフィシャルサイト :http://kai-hakone.jp/miryoku/2016summer.html

 

*天候により開催できない場合がございます。

RELATED ENTRIES

  • 「リラックマ クリームソーダ」がホテル「マホロバ・マインズ三浦」に登場

    27.September.2022 | FOOD / SPOT

    2022年6月に30周年を迎えた、神奈川県・三浦半島随一の規模を誇る温泉リゾートホテル 「マホロバ・マインズ三浦」は、開業以来喫茶やパーティー会場として親しまれて来た「ロイヤルサロン大和」を、この夏カフェ「Rita Cafe(リタカフェ)」にリニューアル。
    このRita Cafe(リタカフェ)にて、2022年9月23日(金)より「オリジナル クリームソーダ」の販売を開始する。

     

    リラックマ 三浦の海のクリームソーダ/コリラックマ すいかのクリームソーダ

     

    リラックマルーム(ベッドルーム兼リビング)

     

     

    「リラックマ 三浦の海のクリームソーダ」、「コリラックマ すいかのクリームソーダ」と名付けられた2つの商品は、現在予約の取りづらい人気の客室としてSNS等で話題の「リラックマルーム」「コリラックマルーム」に関連して発売されるのでこちらもお楽しみに!

  • 相模湖の森の光り輝く遊園地に、「すみっコ」たちが登場

    09.September.2022 | ANIME&GAME / SPOT

    サンエックス株式会社は、首都圏から車で1時間のアウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(神奈川県相模原市)にて、2022年11月12日(土)~2023年4月2日(日)の期間に、「すみっコぐらし」初のイルミネーションイベント「すみっコぐらしイルミネーション」が開催されることを発表した。

     

    世界初!光り輝く「すみっコぐらし」のテーマエリア

    全長250mの「虹のリフト」にのり、イルミネーションの上空を空中散歩。降りたった山の先に、「すみっコぐらし」のテーマエリアが広がり、光り輝くイルミネーションとすみっコたちが、ゲストを待っている。

     

    描きおろしイラストによるグッズのほか、コラボメニューも登場

    本イベントでは、特別描き下ろしイラストも登場。さがみ湖イルミリオンをイメージし、遊園地でイルミネーションをたのしむすみっコたちの姿がかわいく描かれている。本イラストをあしらった、さがみ湖イルミリオンでしか手に入らないオリジナルコラボグッズのほか、園内レストラン「ワイルドダイニング」では、オリジナルノベルティ付きコラボフード・ドリンクメニューも登場予定。

     

    すみっコたちのかわいらしさと、関東最大級600万球の光の輝きが織りなす、すみっコぐらしイルミネーションをぜひ楽しみたい。コラボレーションの詳細については、順次発表予定という。

  • おふろcafé併設温泉旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」が神奈川県・湯河原町にオープン

    29.March.2022 | FOOD / SPOT

    万葉集にも詠まれるほど歴史が古く、夏目漱石、芥川龍之介などの文豪に愛された神奈川県の湯河原温泉に位置する温泉旅館「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」が3月のグランドオープンを記念して、宿泊料がお得なモニタープランの「お試しチルパック」を限定で販売中。日帰りで温泉と食事を楽しむことができる「gensen cafe」も併設している。

     

     

    温泉道場は、埼玉県を中心に「おふろcafe(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行っている。

    いつも頑張っている自分へのご褒美に「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」で至福のひと時を過ごしてみては?

  • ポーラ美術館史上最大の超大型展覧会!「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」開催

    16.March.2022 | FASHION / SPOT

    2002年9月6日に開館したポーラ美術館は、開館以来、ポーラ創業家二代目の鈴木常司が戦後約40年をかけて収集したコレクションを公開し、これを基盤としてさまざまな企画展を開催。そして、2012年の開館10周年を機に、森の遊歩道の整備と開放、野外彫刻の設置、現代美術ギャラリーの開設、体験型の展示の開催、ラーニング・プログラムの実施など、その活動を広げてきた。近年では従来のコレクションに加えて、20世紀から現代までの美術の展開を跡づけるために重要な作品の収集を行っている。本展覧会は、鈴木常司が収集したコレクションと、近年新収蔵した作品を合わせて紹介する初の機会となる。

     

    クロード・モネ《睡蓮》 1907年 油彩/カンヴァス 93.3 x 89.2 cm

     

    本展を企画するにあたり、主要なテーマを「光」とした。クロード・モネをはじめとする印象派の画家たちは光の表現を追究しているが、ゲルハルト・リヒターやケリス・ウィン・エヴァンスなどの現代の作家たちの作品にも、光への強い関心をうかがうことができる。本展覧会では、ポーラ美術館のコレクションの「現在(いま)」を紹介するとともに、美術館の未来とコレクションの可能性を探っていく。

     

    従来のコレクションを拡充し、近代と現代をつなぐ新収蔵作品を一挙初公開

    ロベール・ドローネー《 傘をさす女性、またはパリジェンヌ 》 1913 年 油彩/カンヴァス 123.5 × 90.3 cm

     

    鈴木常司のコレクションは西洋・日本とも19-20世紀の近代絵画が中心となっているが、新収蔵作品はこれを拡充するものと、従来のコレクションにない、近代と現代をつなぐ戦後の日本や欧米の絵画、そして同時代の作家たちの作品であり、そのほとんどが初公開となる。

    ポーラ美術館全館と森の遊歩道を会場とした、館史上最大の超大型企画

    フェルナン・レジェ《鏡を持つ女性》 1920年 油彩/カンヴァス 55.6 x 38.7 cm

    ヴィルヘルム・ハマスホイ《陽光の中で読書する女性、ストランゲーゼ30番地》1899年 油彩/カンヴァス 46.2×51.0 cm

     

     

    本展覧会では、従来のコレクションと新収蔵のコレクションをできるだけ多く展示するため、館内の5つの展示室、2017年に新設された現代美術を展示するアトリウム ギャラリー、ロビー空間、森の遊歩道にいたるまで会場とする。ポーラ美術館開館以来、最大規模となる超大型企画だ。



    印象派から現代へ―。「光」にまつわる作品がラインナップ

    ゲルハルト・リヒター《抽象絵画(649-2)》 1987年 油彩/カンヴァス 200.7 × 200.8 cm © Gerhard Richter 2021(20102021)

     

    「箱根の自然と美術の共生」を設立のコンセプトとするポーラ美術館にとって、「光」は建築や照明デザイン、そしてコレクションの重要なテーマ。移ろう光を絵画に描き留めようとしたモネやルノワールら19世紀の印象派の画家たちの作品から、シャイン(光=仮象)を表現し続けるゲルハルト・リヒター、光の色そのものを写し撮る作品を展開する杉本博司、ネオン管を用いたケリス・ウィン・エヴァンスの作品まで、印象派から現代までの「光」にまつわる作品を数多く紹介する。

  • 「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」×「さがみ湖プレジャーフォレスト」コラボイベント開催

    25.October.2021 | ANIME&GAME / MOVIE / SPOT

    神奈川県相模原市のアウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」は、2021年10月23日(土)から2022年1月11日(火)までの期間限定で、11月5日(金)に公開される「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」とのコラボイベント『すみっコぐらしフォレスト~魔法の森のゆうえんち~』を開催する。

    缶バッジイメージ

    コラボアトラクション バンピーカート

     

    オリジナルグッズ

    アクリルキーホルダー全 5種 650円(税込)

    缶バッジ全6種ランダム 520円(税込)

    金平糖 600円(税込)

     

    コラボメニュー

    魔法使いのオムナポリタン 1,400円(税込)

    みんなでキャンプだ!すみっコぐらし ラーメン 1,400円 (税込)

    まほうのブルームーンサンデー 700円 (税込)

     

     

    本イベントは、「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」の公開を記念し実施するもので、スイーツや園内マップ、風船などの遊園地らしいアイテムを手に持った描き下ろしのすみっコたちが登場する。



    期間中は、園内に隠れた魔法使いたちを探す「魔法の森シールラリー」や、すみっコたちで賑やかに装飾されたカートに乗って、約5分間の冒険を楽しむコラボアトラクションが登場。この他にも、缶バッジやアクリルキーホルダーなどのオリジナルグッズやノベルティ付きのコラボフードも販売される。
    さらに、隣接するアウトドア施設「PICAさがみ湖」でも、シールラリーとオリジナルタオルが付いた宿泊プランが登場するなど、1日を通して楽しめる内容となっている。



    この秋はさがみ湖プレジャーフォレストで、「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」の世界観をたっぷりと堪能してみては?

     

    ©2021 日本すみっコぐらし協会映画部

  • 『LOVOT Cafe』1周年記念のデザートプレートやグッズが期間限定で登場

    07.October.2021 | FASHION / FOOD / SPOT

    次世代ペット家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」をフィーチャーした『LOVOT Cafe』は、2021年10月3日(日)に1周年を迎えた。1周年を記念したキャンペーンや様々なアイテムが登場する。

     

    期間限定「らぼらぼアニバーサリーデザートプレート」10月31日(日)まで注文可

    秋の限定メニュー「らぼらぼチキンプレート~キノコのおろしソース~」11月30日(火)まで注文可

    コースター/ポストカード/クリアファイル

    LOVOTカフェオリジナル ラバーコースター/LOVOTカフェオリジナル スマホケース

    LOVOTカフェオリジナル トートバッグ/LOVOTカフェオリジナル Tシャツ (ヒト用・ユニセックス)

    LOVOTカフェオリジナル マルチケース/LOVOTカフェオリジナル ハンドタオル

    LOVOTカフェオリジナル チャーム付きボールペン/LOVOTカフェオリジナル マグカップ

    LOVOTカフェオリジナル アメリカンクッキー/LOVOTカフェオリジナル ナチュラルプレート

    LOVOTカフェオリジナル 缶バッジ

     


    1周年を記念し、限定の特別なデザートプレート「らぼらぼアニバーサリーデザートプレート」が登場。可愛い『LOVOT』の顔のケーキをメインに、ミニロールケーキ、ミニカップケーキ、バニラアイスとフルーツがのっている。『LOVOT』のケーキはミルクチョコムースの中にコーヒームースとチョコシュトロイゼル入りの甘すぎない大人な味に仕上げた。また、「らぼらぼチキンプレート~キノコのおろしソース~」など、秋の限定メニューも充実しており、そちらも見逃せない。さらに、10月1日(金)以降に来店した人には、今回のために描き下ろした限定ノベルティが先着でプレゼントされる。10月1日(金)から10月15日(金)までは先着でコースターとポストカード、10月16日(土)以降に来店した人にはクリアファイルをプレゼント。プレゼントはワンオーダーした人のみ対象となる。

     

    「LOVE is here」をテーマに、1周年を記念した店頭販売限定グッズも多数ラインナップ。『LOVOT Cafe』で1周年を記念したメニューや限定グッズをお楽しみに。

     

  • 箱根ロープウェイ早雲山駅と桃源台駅にヤマハのストリートピアノ「LovePiano」登場

    02.September.2021 | MUSIC / SPOT

    ヤマハミュージックジャパンの、カラフルなペイントをしたヤマハのアップライトピアノ「LovePiano」が、2021912日(日)から925日(土)の期間限定で、箱根ロープウェイの早雲山駅2階「cu―mo(クーモ)箱根」と桃源台駅1階イベントスペースにて設置が決定した。期間中は、誰でも自由に弾くことができる。「LovePiano」は、デザイン違いで15号機の5種類あり、今回設置されるのは1号機(早雲山駅)と2号機(桃源台駅)。

     

     

    LovePiano1号機

    LovePiano2号機

     

     

    箱根ロープウェイは、早雲山駅から桃源台駅までの全長約4kmを約25分間で結ぶ交通機関。富士山や芦ノ湖、大涌谷噴煙地を間近に望み、ロープウェイならではの景色を楽しめることで人気を博している。早雲山駅では、今年318日(木)から331日(水)にも“LovePiano”を設置し、多くの人で賑わった。

     

    ヤマハミュージックジャパンは、ピアノを身近に感じて親しんもらうための活動を推進するプロジェクト「LovePiano」で、駅や空港、商業施設などのオープンスペースにピアノを設置している。これまで、JR新宿駅やJR品川駅、JR札幌駅、東京湾アクアライン・海ほたるパーキングエリア、大阪国際空港(伊丹空港)など60か所以上で展開した。

     

    なお、箱根ロープウェイと小田原市とのコラボレーションにより、202195日(日)から917日(金)の期間中に、小田原三の丸ホールと小田原地下街「ハルネ小田原」うめまる広場にも“LovePiano”が設置されるのでこちらもお楽しみに。

     

    個性溢れるストリートピアノ「LovePiano」であなただけの音色を奏でてみては?

  • 金太郎の故郷神奈川県南足柄市の廃校がキャンプ場になって再開

    21.May.2021 | BUSINESS / SPOT

    社内運動会の企画・運営を行う運動会屋が、神奈川県南足柄市の旧北足柄中学校跡地をキャンプ場としてリノベーションをし、新規事業をスタートした。同中学校は、2010年3月に廃校となり、南足柄市が学校活用事業について検討を開始、運動会屋は2020年12月に第1優先交渉者の権利を得て、市と利用方法を検討し、今年5月にキャンプ場「CAMPiece(キャンピース)」として事業を開始。

     

    CAMPieceイメージ

    CAMPiece俯瞰

     

    南足柄市は金太郎のふるさととして知られ、歴史のある大雄山最乗寺をはじめとする歴史スポットや、様々な観光施設が散在している。CAMPieceを訪れた人が南足柄の大自然にふれあい、また地域の人々との交流、さらに南足柄市の町おこしとなるよう、地域産業の活性化、観光増進、雇用機会の創出の拠点を目指す。

  • 箱根湯本 梅雨シーズン限定あじさい尽くしの宿泊プランが誕生

    16.May.2021 | SPOT

    箱根の玄関口・箱根湯本に佇む全室リバービューの温泉旅館「星野リゾート 界 箱根」が、2021年6月12日(土)から7月4日(日)までの梅雨のシーズンに期間限定で、客室であじさいを愛でられる宿泊プラン「あじさい尽くし滞在」を提供する。

     

    特徴

     

    客室の縁台にあじさいが登場

    界 箱根に一室しかない「箱根寄木の間 せせらぎ縁台付き和室」は、地域の文化を存分に感じられる「界」のご当地部屋のひとつ。箱根寄木細工を用いて客室をしつらえている。客室の窓先から須雲川に迫る縁台を囲むようにあじさいが花開き、川のせせらぎとともに、目の前に望む湯坂山の眺めと合わせて堪能できる。

     

    箱根寄木細工とあじさいを組み合わせたアクセサリーキット

    客室に、箱根寄木細工とあじさいの花びらや花弁を組み合わせて作る「アクセサリーキット」を用意。箱根寄木細工の工房「露木木工所」と作成したオリジナルのズク(木を寄せ合わせた模様のブロックを薄く削ったもの)と、あじさいのパーツを組み合わせて、浴衣に合わせたかんざしやピアスなど夏らしいアクセサリーを作ることができる。

     

    茶室であじさいの和菓子とあじさいかき氷を提供

    客室には、あじさいと箱根寄木細工の掛け軸をしつらえた茶室があり、この茶室にて、あじさいを模した練り切りなどの和菓子を抹茶とともに楽しむことができる。提供には、箱根寄木細工の甘味盆と抹茶椀を用意。また、一呼吸おいた後、色鮮やかな青紫色のあじさいを、ゼリーやシロップで表現した界 箱根のオリジナルかき氷「あじさいかき氷」も提供され、あじさいをテーマにした甘味を堪能することができる。

     

    初夏に見頃を迎える、神奈川・箱根を代表する花といえば「あじさい」。この時期、小田原駅から強羅駅を結ぶ箱根登山電車は「あじさい電車」の愛称で親しまれ、車窓からは、色とりどりのあじさいを見ることができる。新型コロナの対策を講じたうえで、初夏の箱根の風物詩ともいえるあじさいを存分に堪能してほしいという想いのもと、2020年にスタートした期間限定プランを、2年目の今年も提供する。あじさい尽くしの期間限定宿泊プランをお見逃しなく。

     

  • 横浜で「my route」が「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」と初コラボ

    12.February.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    株式会社アットヨコハマは、横浜の地域振興発展のために、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」とコラボレーションし、スマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route」を使ったダウンロードキャンペーンを展開する。本キャンペーンでは、2021年2月8日(月)から2021年2月28日(日)までに、「my route」をダウンロードし、アプリ内フォームから応募すると、抽選で横浜市在住の25組50名に、「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の招待券をプレゼントする。

    「my route」は、「あらゆる移動手段の検索」と「交通機関利用の予約・決済」サービスの提供により、シームレス、かつ“密”のない安心・安全な移動を実現するスマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービスだ。また、アプリと連携して、地域の店舗、イベントなどのスポット情報を提案する横浜独自のポータルサイト「@YOKOHAMA」を開設し、地元事業者ならではの横浜の多彩な魅力をアプリ内で発信している。

     

    本キャンペーンは、さらに横浜を知ってもらい、観光を盛り上げていきたいという想いから、横浜の地に新しくできた話題の施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」とコラボレーションした。「my route」内のフォームから応募した横浜市在住の人の中で、抽選で25組50名に招待券をプレゼントする。

    「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の招待券が当たる「my route」のコラボキャンペーンに応募しよう。

  • 海と桜の絶景が広がるお花見宿泊プランがリゾナーレ熱海から期間限定登場

    09.February.2021 | SPOT

    熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ熱海」が、2021年3月21日(日)から4月5日(月)の期間中、オーシャンビューのテラスでお花見する宿泊プラン「海と桜のプライベートお花見ステイ」を提供する。

    海と桜が織りなす景色を独り占めするテラス付きの客室「テラスリビングコーナー」

    桜スイーツツリー イメージ

    月明かりに照らされた海と夜桜鑑賞

    2020年春は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、人混みの中桜の下で宴会を楽しむイメージがあるお花見の開催は、数多くの場所で控えらたことを受け、海と桜がつくる景色を完全プライベートな空間で楽しみ贅沢なお花見を体験してほしいと考えから、「海と桜のプライベートお花見ステイ」の実施が決定。本プランは、当ホテルで最も桜が綺麗に見える客室「テラスリビングコーナー」にて、日中は、目の前に広がる相模湾が見せる青色と桜のピンク色が織りなす景色を、夜には客室に用意されたピンク色のロゼスパークリングワインを片手に、リゾナーレ熱海オリジナルデザインの線香花火をしながら夜桜鑑賞を楽しむことができるプラン。また、客室に用意された「桜スイーツツリー」は、桜の木をモチーフにデザインされており、まるで桜の花のようにピンク色のパッケージのお菓子がツリーに並び、お花見気分をさらに盛り上げる。テラスに置くと、海と桜が織りなす景色を桜の木さながら再現することができる、本プランならではのグッズ。この春はオーシャンビューのテラスで体験するプライベートお花見を堪能してみては?

  • 東京・青梅を舞台に、ミレニアル世代が創る“暮らしや人との結びつきを大切にした新しいマイクロツーリズム『Made in OME』がスタート

    29.January.2021 | SPOT

    青梅は電車で新宿から約1時間。ハイキングや川遊びはもちろん、江戸時代から受け継がれてきた宿場町としての風情や人情味ある魅力的な街。

     

    株式会社まちの駅青梅が中心となり、あたらしい青梅を創る“Made in OME“事業をスタート。“Made in OME“事業はミレニアル世代や暮らしや人との結びつきを大切にしたい人々の視点で青梅の魅力を磨き上げ、新しい青梅の観光コンテンツを創出し、あたらしい青梅ファンの獲得を目的としている。

    事業の第一歩として、ミレニアル世代のアソビシステムの矢部ユウナ(DJ/YouTuber)・MIOCHIN(イラストレーター/ライバー)をナビゲーターに、生産者や製造者と共に青梅の産品を使ったスイーツ(バウムクーヘン、ロールショコラ)などの商品開発を目的としたワークショップを実施中。
    その様子などは矢部ユウナ・MIOCHINのInstagramでライブ配信を行っている。※詳細は“Made in OME“のホームページをご覧ください。

    矢部ユウナ


     
    MIOCHIN

    さらに、2月21日(日)には一般の方を対象にモニターツアー(参加費無料)を実施。このモニターツアーでは、参加者が青梅の自然や歴史を感じられる生産現場(藍染め工場、小澤酒造など)を訪れ観光体験をし、生産者・製造者との対話を通じて青梅の文化・商品に触れることができる。ツアー終了後には、参加者の感性・観点で意見をもらうことで、新たな青梅の観光コンテンツ作りに役立て行く予定だ。

    同日の夕方からは青梅市民が参加し、青梅の観光課題や魅力を探るフォーラムの実施も予定している。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US