アートと伝統が交差する唯一無二の展覧会「PARCOのKYOTO展」開催決定

15.November.2018 | SPOT

2018年11月22日(木)~12月3日(月)までパルコミュージアムにおいて、様々な分野で活躍するアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする展覧会「PARCOのKYOTO展」が開催される。

遥か昔から日本の都だった京都は、長い時が磨いた「モノ」や「ヒト」「コト」といった文化を育て、様々な名品や日本ならではの価値観を生んできた。本展は、最先端の感性の中心地TOKYO、そして伝統のものづくりの粋を極めるKYOTOを軸とし、次代へ継いでいく新しい伝統を創り出そうという試み。

監修は、骨董からサブカルチャーまで精通し、雑誌・テレビなどで懐石料理や美術の監修などを行う茶人・木村宗慎が担当。京都の匠の技と伝統の心、そして現代の最先端の感性が融合した革新の世界を表現する。

さらに、京都 SOUVENIR STORE(入場無料)も同時開催。風呂敷・手ぬぐい・ポチ袋など京都の定番かわいいモノや最新のこだわり京モノをラインアップ。

 

「匠の技と伝統の心」と「現代の最先端の感性」が融合して、どんな革新が起こるのか?「進化する伝統」の世界を体験しよう!

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US