澤野弘之と酸欠少女・さユりのコラボ楽曲がスマホゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」主題歌に決定

22.December.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

「機動戦士ガンダムNT」「進撃の巨人」などアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之。多忙を極める中、SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動も展開しており、先月28日にリリースされた最新シングル「narrative/NOISEofRAIN」はiTunesチャート総合3位、オリコンCDシングル週間ランキングTOP10入りを果たすなどのヒットとなった。

そして本日、そのSawanoHiroyuki[nZk]名義にて、2.5次元パラレルシンガーソングライター酸欠少女・さユりをゲストボーカルに迎えた楽曲「ME & CREED <nZkv>」が、2019年リリース予定のスマートフォン向けアプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」の主題歌となることが発表された。

「ME & CREED <nZkv>」は澤野弘之が劇伴音楽を担当したTVアニメ「青の祓魔師」の劇伴テーマ曲「祓魔師強奏曲 第一楽章:ME & CREED」を、今回のスマートフォン向けアプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」にあわせてゲストボーカルにさユりを迎え、新たなアレンジと歌詞で生まれ変わった1曲。2018年12月22日より同楽曲を使用したスマートフォン向けアプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」のトレーラーがYOUTUBEにて公開中なのでぜひチェックしてほしい。

さらに、さユり参加の「ME & CREED <nZkv>」も収録した、SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)の通算3枚目のオリジナルアルバムが2019年3月6日にリリースされることもあわせて発表された。前作「2V-ALK(ウォーク)」から約1年半ぶりとなるニューアルバムは「R∃/MEMBER(リメンバー)」と題され、さユりに加え、LiSA、西川貴教、Uru、ASCAなど、超豪華なゲスト陣が参加となっている。アルバムにはさらなる豪華ゲストの参加があるとのこと。

 

なお、2019年3月6日・7日にはアルバムタイトル「R∃/MEMBER」を掲げたSawanoHiroyuki[nZk]ワンマンライブもTOYOSU PITにて開催される。

RELATED ENTRIES

  • 酸欠少女さユり、TVアニメ「イエスタデイをうたって」第二弾主題に決定

    19.May.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2020年4月4日(土)深夜1時30分よりテレビ朝日の新・深夜アニメ枠「NUMAnimation」にて放送中のTVアニメ「イエスタデイをうたって」第二弾主題歌アーティストとして、酸欠少女さユりが決定した。書き下ろしの新曲「葵橋」を第7話以降の主題歌になる。

    アニメ第7話から採用される第二弾主題歌に、女性シンガーソングライターのさユりが歌う書き下ろしの新曲「葵橋」が決定。楽曲のタイトルである「葵橋」とは、新宿駅の隣に大正時代まであった路面電車の駅名だ。歌詞の冒頭が“新宿駅のホーム”となっており酸欠少女さユりとしては珍しい歌詞の世界観につながる具体的なタイトルとなっている。

     

    「葵橋」について:さユりコメント

    原作を読み、“愛とはなんぞや?“をキーワードに「葵橋」を作りました。
    「葵橋」は、何気ない日常の曲で、普段はささやかすぎて通り過ぎてしまう日常の何気なさを、どのように丁寧に言葉で表現出来るだろうか、そんな思いで作っていきました。
    タイトルの「葵橋」なんですが、大正時代に新宿近辺にあった駅の名前なんです。
    目の前にある景色と、目には見えない過去や記憶その両方が混ざり合って出来ている日常の手触りを楽しんでもらえたら嬉しいです。

     

    このほか、公式サイトでは、制作の舞台裏や最新情報などさまざまなコンテンツを発信中。ぜひあわせてチェックしてみて。

  • SawanoHiroyuki[nZk]、TVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」OPテーマに決定

    14.February.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    「進撃の巨人」、「機動戦士ガンダムUC」など数々のアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける劇伴作家・澤野弘之。アーティストに楽曲提供も行っており、SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動を展開するなど、その活動は多岐に渡る。 

    自身の作家活動15周年を記念し、選りすぐりのボーカル楽曲を収録したベストアルバム「BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2」の発売を2020年4月8日に控える中、4月より放送開始のTVアニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These」の新オープニングテーマをSawanoHiroyuki[nZk]が担当することが発表された。

     

    ファーストシーズン「邂逅」オープニングテーマ・セカンドシーズン「星乱」エンディングテーマに引き続き、NHK版の新オープニングテーマも手掛ける。ゲストボーカルには「UNIDOTS」のボーカルとして活動し、SawanoHiroyuki[nZk]の1stシングルより参加しているmizukiを迎える。 

    そして「銀河英雄伝説 Die Neue These」の新規PVでは、「CRY」の楽曲の一部が公開されているので、是非チェックして欲しい。尚、新エンディングテーマはELISAの「光の星」が決定している。 

     

    「銀河英雄伝説 _Die Neue These 」PV 

    ラインハルトVer:

    ヤンVer.:

     

    澤野弘之コメント

    再び「銀河英雄伝説 Die Neue These」のオープニングテーマとして楽曲制作できた事を嬉しく思います。 

    今回は信頼するmizukiさんをゲストボーカルに迎え、彼女の歌声のおかげで「Binary Star」「Tranquility」とはまた違う力強く壮大な世界観にして頂き、僕自身凄く思い入れ深い楽曲になりました。ぜひ作品の世界と共に楽曲「CRY」のサウンド、mizukiさんの歌声を楽しんで頂ければ幸いです。 

    そして、「銀河英雄伝説 Die Neue These」の一視聴者として僕自身も作品を楽しみたいと思います。 

     

    mizuki(UNIDOTS)コメント

    今回、SawanoHiroyuki[nZk]プロジェクトを通じて「銀河英雄伝説 Die Neue These」に関わることができ、大変光栄に思います。映像と楽曲「CRY」が重なった瞬間、心が沸き立つのを感じました。この壮大な音楽と、詩と歌が、回を重ねるごとに作品とリンクしていく事を想像して、すでにわくわくしております。澤野さんが生み出した、鋭くも切ない「CRY」。この曲が「銀河英雄伝説 Die Neue These」のオープニングテーマとして皆様に愛されるよう心から願っております。

     

    ©田中芳樹/松竹・Production I.G

  • 澤野弘之、ベストアルバム収録内容解禁!プロメア・ガンダム・進撃の巨人など代表的なボーカル楽曲も収録

    31.January.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    『プロメア』『機動戦士ガンダムUC』『進撃の巨人』など数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之。数々のアーティストに楽曲提供も行っており、SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動を展開するなど、その活動は多岐に渡る。

     

    作家活動15周年を記念し、先日発売が発表されたベストアルバム「BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2」の収録内容が解禁された。『プロメア』『機動戦士ガンダムNT』『進撃の巨人』など、澤野弘之が手掛けた劇伴作品より代表的なボーカル楽曲をはじめ、西川貴教、Do As Infinity、Aimerらのアーティストへの楽曲提供・プロデュース作品も収録。

    加えて今作ではSawanoHiroyuki[nZk]として初となるベスト盤もDISC2として収録されることが決定。初回生産限定盤には、CD初収録の楽曲を収録したボーナスDISC、2019年12月1日にBillboard Live TOKYOにて開催されたプレミアムライブ「SawanoHiroyuki Billboard Live 2019」のライブ映像を収録したBlu-rayが同梱される。アルバム特設サイトもオープンしているので、是非チェックして欲しい。

    さらに、「澤野弘之 LIVE “BEST OF VOCAL WORKS[nZk]”」と題し、6月6日(土)、7日(日)に豊洲PITでのワンマンライブの開催が発表された。『BEST OF VOCAL WORKS [nZk] 2』を掲げた本公演では、6日(土)”Side SawanoHiroyuki[nZk]”、7日(日)” Side 澤野弘之”と公演タイトルが異なっており、それぞれコンセプトの異なったライブが期待できる。1月31日(金) 12:00 〜 2月16日(日) 23:59  まで、澤野弘之オフィシャルファンクラブ【-30k】にてチケット最速先行受付が行われているので確認しよう。

  • さユり、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期EDテーマ「航海の唄」MVフルver.公開

    23.November.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    11月27日(水)発売のニューシングル「航海の唄」が、毎週土曜夕方5:30〜読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて放送中の大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期エンディングテーマとして高い支持を受け、アメリカのソニー・ミュージックのメジャーレーベル、ソニー・ミュージックマスターワークス傘下のミランレコーズから世界デビューも発表されるなど話題の”酸欠少女”さユりが、11月27日(水)午前0時に「航海の唄」MV(フルレングスver.)を公開することが発表された。

     

    「僕のヒーローアカデミア」は、コミックスのシリーズ累計発行部数2400万部を突破している週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作とした、日本のみならず海外でも熱狂を呼んでいる大人気TVアニメ。

     

    「航海の唄」のMV(フルレングスver.)は、この「僕のヒーローアカデミア」の世界とシンクロし、かつデビューシングル「ミカヅキ」と1stアルバム「ミカヅキの航海」とひと繋ぎとなった”それでも”の先の未来への希望と覚悟のストーリーを、主人公の少年の覚醒と、その背中を押すさユりが、現実と精神世界でクロスオーバーした、今までのさユりMV と違った新しいアプローチで描いた躍動感のある映像になっている。

     

    さユり「航海の唄」ミュージックビデオ(フルレングスver.)映像 YouTubeプレミア公開

     

    そして、この「航海の唄」MV(フルレングスver.)を、11月27日(水)午前0時よりYouTubeプレミア公開することも決定。本日よりプレミア公開カウントダウンが始まる。YouTubeプレミア公開には、映画やテレビ番組のプレミア上映のように視聴者が新作動画を同時に見て楽しめる機能があり、誰でも無料かつリアルタイムでチャットをしながらミュージックビデオを観ることができる。

     

    また、CD の予約会が開催中。CD発売後のリリースイベントの日程も決定した。それぞれ特設ページで詳細をチェックして、ぜひ各会場に足を運んで欲しい。

  • さユり、アニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期EDテーマ「航海の唄」が全世界配信決定!

    14.November.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    新曲「航海の唄」が毎週土曜夕方5:30〜読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて放送中の大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期エンディングテーマに決定し話題となっている”酸欠少女”さユりが、アメリカのソニー・ミュージックのメジャーレーベル、ソニー・ミュージックマスターワークス傘下のミランレコーズから世界デビューすることが発表された。

     

    ソニー・ミュージックマスターワークスと言えば、過去に宇多田ヒカルがBillboard Hot 100初登場98位を獲得したシングル「Face My Fears」をリリースした名門レーベルであり、今回さユりはそのマスターワークス傘下のミランレコーズから全世界配信することになった。また、アメリカのソニー・ミュージックからリリースする日本人メジャーアーティストは、宇多田ヒカル以来となる。

     

    現在先行DL配信中(日本のみ)、そして先日YouTubeにて公開された「航海の唄」のMV(short ver.)が世界からもたくさんのリアクションのある中、「航海の唄/ About a Voyage」World Edition EP (4曲入り)としてミランレコーズよりNY時間11月29日(金)午前0時から全世界配信(日本を除く)される。

     

    「僕のヒーローアカデミア」は、コミックスのシリーズ累計発行部数2400万部を突破している週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作とした、日本のみならず海外でも熱狂を呼んでいる大人気TVアニメ。さユり自身、LA・ドイツ・香港・台湾など、ライブを中心に海外での活動の場を広げてきたが、このヒロアカ第4期のために書き下ろされた「航海の唄」で、 “酸欠少女”さユりがいよいよ世界に羽ばたくこととなる。

     

    「航海の唄」は、日本では11月27日(水)にシングルCDとしても発売され、そのCD の予約会が開催中。またリリースイベントの日程も発表されたので、それぞれ特設ページで詳細をチェックして、ぜひ各会場に足を運ぼう。

     

    ミランレコーズ代表 JC Chamboredon コメント

    「今回、私とミランレコーズのチームは、高い評価を受けているJ-popアーティスト、さユりの初めての海外における正式なEP『About A Voyage』をリリースすることが出来、とても光栄に思っています。私たちにとって今回、彼女が歌う非常にエネルギッシュな、僕のヒーローアカデミアの最新エンディングテーマ曲をリリース出来ることが素晴らしい機会であるということはもちろんのこと、彼女の歌う他の美しいオリジナル楽曲を皆さんとシェアし、彼女の幅広い才能とユニークなエッジを世界中の音楽ファンに紹介する事が出来る事に、とりわけワクワクしています。」

    さユり コメント

    「アメリカのソニー・ミュージックのメジャーレーベル、ソニー・ミュージック マスターワークス傘下のミランレコーズから、私の曲が全世界配信されるということで、とても嬉しいです。世界には行ったことのない場所がたくさんあるけれど音楽という形で旅が出来るような気持ちでわくわくしています。色んな人へ届いて欲しいです。」

  • さユり、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期EDテーマ「航海の唄」のMV公開

    28.October.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    現在放送中の大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期エンディングテーマに決定し話題の”酸欠少女”さユりの新曲「航海の唄」が、10月26日(土)に先行DL配信スタート。そしてさらに「航海の唄」のミュージックビデオ(short ver.)がYouTubeで公開された。

     

    「航海の唄」は、コミックスのシリーズ累計発行部数2400万部を突破している週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作とした、日本のみならず海外でも熱狂を呼んでいる大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期EDテーマとして書き下ろされた楽曲。

     

    「航海の唄」MV(short ver.)

    公開されたMV(short ver.)は、「僕のヒーローアカデミア」の世界とシンクロし、かつデビューシングル「ミカヅキ」と1stアルバム「ミカヅキの航海」とひと繋ぎとなった”それでもの先”の未来への希望と覚悟のストーリーを、名も無き少年を主人公とした、今までのさユりMV と違った新しいアプローチで描いた躍動感のある映像になっている。

    また、期間生産限定盤の「僕のヒーローアカデミア」アニメ描き下ろしジャケットも解禁。ED映像でも印象的に描かれている4期のキーパーソンである少女・壊理(エリ)と、彼女を救おうとする主人公・デクの姿が描かれた、ヒロアカ4期の大切な想いとシンクロしたオリジナル絵柄になっている。

     

    「航海の唄」は、11月27日(水)にシングルCDとしても発売され、そのCD の予約会が開催中。予約会特設ページで詳細をチェックして、ぜひ各会場に足を運んで欲しい。

  • アニメ「僕のヒーローアカデミア」第4期EDテーマ、さユりの新曲「航海の唄」に決定

    26.August.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    1stアルバム「ミカヅキの航海」がオリコンアルバムチャートデイリー1位、ウイークリー3位を獲得、RADWIMPS・野田洋次郎、楽曲提供&プロデュースによる「フラレガイガール」やMY FIRST STORYとのコラボ曲「レイメイ 」も話題になるなど、10代〜20代の男女を中心に絶大な人気を誇る2.5次元パラレルシンガーソングライター”酸欠少女”さユり。新曲「航海の唄」が、大人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」の第4期シリーズのエンディングテーマに決定したことが発表された。

    TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」は、コミックスのシリーズ累計発行部数2300万部を突破している週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による大人気コミックを原作とした、日本のみならず海外でも熱狂を呼んでいる話題作。

     

    この大人気TVアニメ”ヒロアカ”の第4期シリーズが2019年10月12日に(土)より、毎週土曜夕方5:30〜読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネットにて放送がスタート。そのエンディングテーマとなる「航海の唄」は、「僕のヒーローアカデミア」のために書き下ろされた楽曲で、1stアルバム「ミカヅキの航海」から現在までのさユり自身の歩みと、”それでもの先”の未来への希望と覚悟を歌った、「僕のヒーローアカデミア」の世界とさユりの”今”と覚悟がシンクロした楽曲となっている。

     

    新曲「航海の唄」は、11月27日(水)にシングルCDとして発売することも決定!シングルCD の予約会も10月19日(土)より開催が決定、詳細は後日発表されるので楽しみに待とう。

    さユり 「僕のヒーローアカデミア」コメント

    私にとってヒロアカは、自分の内側にある小さな想いを確かな力に変えてくれる、お守りのような作品です。

    私もそんな曲を歌いたいと思いながら『航海の唄』を作りました。

    進んでいく物語と共に楽しんでもらえるEDテーマであります様に。

  • 澤野弘之、映画「銀河英雄伝説 Die Neue These」EDテーマに決定!

    12.July.2019 | MOVIE / MUSIC

    映画「プロメア」「機動戦士ガンダムNT」「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」など数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける劇伴作家・澤野弘之。SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動も展開している。

     

    本日、SawanoHiroyuki[nZk]名義にて、シンガーソングライターAnlyをゲストボーカルに迎えた楽曲「Tranquility(トランキュリティー)」が9月27日より劇場上映となる「銀河英雄伝説 Die Neue These」セカンドシーズン「星乱」のエンディングテーマとなることが発表された。

    「銀河英雄伝説 Die Neue These」と澤野のタッグはファーストシーズン「邂逅」に続き、2度目となる。「邂逅」でオープニングテーマとなったSawanoHiroyuki[nZk]:Uru「Binary Star」は引き続き、オープニングを担当する。

    澤野弘之コメント

    今回「銀河英雄伝説 Die Neue These」のエンディング楽曲で再び作品に参加出来た事を光栄に感じています。ボーカリストのAnlyさんと初めてご一緒させて頂き、彼女の歌声がサウンドに厚みや力強さを広げてくれるレコーディング現場はあっという間の時間でした。

    楽曲のメロディとサウンドが「銀河英雄伝説 Die Neue These」の物語・世界感とリンクして楽しんで頂ければ幸いです。

    Anlyコメント

    SawanoHiroyuki[nZk]プロジェクトに参加させて頂き心から光栄に思います。レコーディングが終わった今もまだ夢心地です。初めて楽曲を聴いた時に私の頭の中には宇宙が広がりました。掴めそうで掴めない大切なものを追いかけているような切なさ、どんな逆境の中でも心の根っこにある少年心は失いたくない。そんな力強い気持ちを感じました。楽曲にもパワーを頂き、私は久しぶりに全身で歌ったような気がします。『銀河英雄伝説』の世界をエンディング曲と共に楽しんで頂けますようにと願っております。そして澤野さんと私を繋いでくれた全ての縁に感謝します。

     

    そして同時に9月14日に上海メルセデスベンツアリーナでのワンマンライブ「SawanoHiroyuki LIVE[nZk] in Shanghai 2019」の開催も発表された。海外でのワンマンライブは昨年の上海東方芸術センター公演に続き、2度目の開催となる。ゲストボーカルとしてAimer、mizuki(UNIDOTS)、mpi、Gemie、Tielleが参加する。澤野弘之にとって過去最大規模のワンマンライブ、こちらも注目だ。

  • 澤野弘之、SawanoHiroyuki[nZk]名義のアルバムでAimerと3年ぶりのコラボレーション

    22.February.2019 | MUSIC

    数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之とAimerのコラボレーションが再び実現した。「機動戦士ガンダムUC」「甲鉄城のカバネリ」などのアニメ作品を通じて数々のヒット曲を輩出してきた澤野弘之とAimerだが、完全新作でのコラボレーションは2016年5月発表の「ninelie(ナインリィ)」以来となる。

    「i-mage(イマージ)」と題された新曲は、澤野弘之のアーティスト活動となるSawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義で2019年3月6日にリリースされる通算3枚目のオリジナルアルバム『R∃/MEMBER(リメンバー)』に収録される。SUGIZO、ポルノグラフィティ・岡野昭仁、スキマスイッチ、LiSA、西川貴教、Uru、さユりなど超豪華なゲスト陣の参加が発表されている中、最終ゲストとしてAimerが参加することとなった。2019年3月6日・7日にはアルバムタイトル「R∃/MEMBER」を掲げたSawanoHiroyuki[nZk]ワンマンライブもTOYOSU PITにて開催され、Aimerも出演を果たす。

     

    Aimerコメント

    わたしの“強さ”の原点を創ってくださった澤野さんと、こうして再びご一緒できてとても光栄です。今だから歌える歌で、この曲「i-mage」に臨みました。そしてこの曲は澤野さんへのリスペクトを込めて、ボーカル&アレンジを新たに、わたしのアルバム『Penny Rain』にも「i-mage <in/AR> 」として収録させていただきました。立ち止まらずに先へと、いつも音楽で鼓舞してくださる澤野さんに、感謝しています。ぜひ両方とも聴いて、どちらも楽しんでもらえたら嬉しいです。

     

    澤野弘之コメント

    [nZk]プロジェクトのスタートはAimerさんと制作した「UnChild」からでした。楽曲・ライブなどを通して色々な事に挑戦し進化し続けるボーカリスト、その姿勢に僕自身多くの事を教えて貰っています。

    そんなAimerさんと再び楽曲制作でき、出会った頃とはまた違う可能性を感じさせて貰いました。スタジオで鳴り響くAimerさんの歌声は、楽曲の歌詞やメロディにより物語性を強く押し出してくれ、改めて彼女のヴォーカリストとしての凄さを体感する現場でした。

    [nZk]始動の際に背中を押してくれたAimerさんに、再び背中を押して貰えたような楽曲「i-mage」、皆さんにも楽しんで頂けたら幸いです。

  • 2,000人が熱狂!劇伴作家・澤野弘之、上海での初単独海外公演が大盛況

    07.December.2018 | MUSIC

    先月11月30日に公開となった「機動戦士ガンダムNT」や、「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」など、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之。SawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動も展開しており、先月11月28日にはLiSA、西川貴教らをゲストボーカルに迎えたニューシングル「narrative/NOISEofRAIN」をリリース。オリコンCDシングル週間ランキングTOP10入りを果たしたほか、iTunesチャート総合3位、mora総合1位を記録するなどの大ヒットとなっている。

    多忙を極める中、劇伴を担当したアニメ作品と共に海外でも高い人気を博している澤野弘之。12月6日(木)には初の海外単独公演“澤野弘之 LIVE [nZk] in Shanghai”を開催した。チケット即日完売。先日リニューアルを果たしたばかりの上海・東方芸術センターには約2,000人ものオーディエンスが来場し満員御礼となった。

    ライブでは澤野作品でおなじみのAimee Blackschleger、mpi、Gemie、Tielleら4人のボーカリストが入れ替わり立ち替わりで参加。「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」「キルラキル」などなど、澤野弘之が担当したアニメ作品の劇伴テーマおよび主題歌の数々を披露した。アンコール含め全22曲のパフォーマンスを終え、澤野弘之の初の海外公演は大盛況の後に幕を閉じた。

     

    勢いに乗る澤野弘之のこれからの活躍にも目が離せない。

  • 澤野弘之ワンマンライブのゲストボーカルに西川貴教、LiSA、Aimerらの参加決定

    16.November.2018 | MUSIC

    「機動戦士ガンダムUC」「進撃の巨人」など、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家であり、2018年12月6日(木)には初の海外単独公演を上海の東方芸術センターにて開催するなど、グローバルに活躍中の澤野弘之

     

    澤野弘之はSawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でアーティスト活動もしており、LiSAをゲストボーカルに迎えた「機動戦士ガンダムNT」主題歌「narrative」と、西川貴教をゲストボーカルに迎えた「NOISEofRAIN」を収録したシングルを11月28日にリリースするなど注目を集めている。

    2019年3月に、SawanoHiroyuki[nZk]名義で約1年ぶりとなるワンマンライブ“R∃/MEMBER(リメンバー)”を開催するが、未発表となっていたゲストボーカル陣が発表された。

    Aimer

    LiSA

    西川貴教

    これまで数々のコラボレーションをしてきたAimer、そしてmizuki(UNIDOTS)、Gemie、Tielleら、SawanoHiroyuki[nZk]プロジェクトでおなじみの面々に加えて、前述の最新シングルでコラボレーションを果たしたLiSA西川貴教も初参加する。

     

    超豪華なゲストボーカル陣となったSawanoHiroyuki[nZk]ワンマンライブ“R∃/MEMBER”は、11月28日発売の最新シングル購入者を対象に、チケット最速先行申し込みが実施される。

  • ガンダムの主題歌を担当するSawanoHiroyuki[nZk]、約1年ぶりとなるワンマンライブを開催

    21.October.2018 | MUSIC

    『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』『進撃の巨人』などなど、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家であり、今年12月6日(木)には初の海外単独公演を上海の東方芸術センターにて開催するなど、グローバルに活躍中の澤野弘之。

    そんな多忙な澤野弘之はSawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義でのアーティスト活動も展開しており、自身が劇伴音楽も担当する『機動戦士ガンダムNT』の主題歌を担当することが10月16日に発表されたばかり。主題歌「narrative」には、アニソンシーン・ロックシーンを問わず、そのライブパフォーマンスが注目を集めている”ロックヒロイン”・LiSAがゲストボーカルとして参加するなど、注目を集めている。

     

    そして、そのSawanoHiroyuki[nZk]のワンマンライブ“R∃/MEMBER(リメンバー)”が来年3月6日・7日の2日間にわたって豊洲PITにて開催されることが発表された。SawanoHiroyuki[nZk]名義でのワンマンライブは今年2月以来となり、約1年ぶりの開催となる。ゲストボーカルの発表は後日となっているが、SawanoHiroyuki[nZk]のここ数作のコラボレーションを見る限り期待は膨らむばかりだ。

     

    チケットの申し込みは前述のSawanoHiroyuki[nZk]:LiSA「narrative」を収録した11月28日発売の最新シングル購入者を対象とした最速先行申し込みが実施されるのでお見逃しなく!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US