2019年・外国人旅行者に人気の「冬の旅行先ランキング」発表

09.January.2019 | SPOT

数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイト Booking.com。同サイトが、2018年から2019年にかけた「平成最後の冬休み」を日本で過ごした外国人旅行者に人気の都市ランキング(*)と、訪日外国人の日本での過ごし方を分析し発表した。

東アジア ー 自分の国から近い九州・沖縄が人気

韓国・香港・台湾など、日本から近い国々からは、距離が近い九州や沖縄が人気。その中でも韓国からの旅行者は特に、由布や別府、熊本など九州の温泉地を好んでいる傾向に。ただ観光地にいくだけではなく、“温泉“というアクティビティを楽しむ人が増えている。

台湾旅行者のランキングでは、20位までに沖縄が3都市もランクイン。台湾から沖縄までは直行便で1時間程度と、その手軽さも人気要因の一つと考えられる。

東南アジア ー 冬に行くなら寒さを楽しみたい

タイやシンガポールなど一年を通して気温が高い東南アジアの人々は、日本の冬を楽しむことができるような寒い地域への渡航が多いということがわかった。北海道などの著名な観光地はもちろん、高山などの豪雪地帯にも足を運んでいる傾向が。雪は東南アジアでは絶対に味わうことができないからこそ、人気を集めていると推測ができる。また、富士山が美しい富士河口湖など、日本らしい景色が楽しめる旅行先も人気。

欧米圏 ー ウィンタースポーツと世界遺産の二極化

欧米圏からの旅行者の間では、10位までは東京・京都・大阪・北海道などの日本の観光地として著名な地域が人気。そんななか、興味深いのは成田がランクインしていること。成田空港は欧米からの飛行機の離発着が多いため、空港からのアクセスがよい成田市での宿泊者数が多いことが予想される。

また、11位以降はアメリカ・イギリスと、フランスで特徴が大きく分かれる結果に。アメリカやイギリスからの旅行者には、ニセコや白馬などのスキーやスノーボードにぴったりの旅行先が人気。ヨーロッパのアルプスでは味わうことができないような「JAPOW」と呼ばれるパウダースノーを目当てにしている旅行者もいるほど。

一方のフランスからの旅行者は、11位以降もウィンタースポーツを楽しむような渡航先は少ないようだ。アートの街として知られる直島や奈良・日光・宮島など世界遺産がある街がランクインしており、人気であることがわかった。観光庁の発表によると、フランス人は「7~90日間」の長期滞在者が95%と大半を占めている。このことからも、長期滞在し、地方の世界遺産などを巡っていることが推測できる。

 

*ランキング結果は、ブッキング・ドットコムを通して2018年12月28日~2019年1月6日にチェックイン予定の予約状況をもとに作成したものです。2018年12月28日時点の予約状況のため、実際の宿泊数とは異なる場合がございます。

 

ランキングを参考に、まだまだ続く冬の旅行計画を立ててみてはいかが?

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US