日本ならではの惣菜パン!コメダ珈琲店から新宿中村屋とコラボした「カツカリーパン」登場

13.January.2019 | FOOD

全国のコメダ珈琲店で、2019年1月15日(火)から「カツカリーパン」が期間限定で販売される。

カレーパンとはカレーがパンに包まれており、パンを焼いたり、揚げたもの。 パンの中に入ったカレーはキーマカレーや、ビーフカレー、ゆで卵入りなど、それぞれの商品で特色がある。
日本ではとても人気がある惣菜パンなので、パン屋さんはもちろん、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも販売されている。最近は日本ならではの惣菜パンとして、外国人にも人気だ。

「カツカリーパン」 880円(税込)/920円(税込) 

厳選した香辛料を使用したカリーソースと、サクサク食感カツとの相性が抜群の「カツカリーパン」。「コメダ珈琲店」と人気カレーパンを製造・販売する「新宿中村屋」の共同開発によって生まれた。一人で食べても、シェアして食べても満足なボリューム!ホットでスパイシーな今だけの味わいを、ぜひ楽しんでみて。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US