岐阜県・飛騨古川で200年以上続く幻想的な冬の行事「三寺まいり」開催

16.January.2019 | SPOT

岐阜県飛騨市では、毎年1月15日に「三寺(さんてら)まいり」が行われる。会場となる飛騨古川の市街地では、たくさんの和ろうそくや雪像ろうそくの光が町中を照らし、幻想的な雰囲気の中、全国から恋のご利益を願う全国から多くの人で賑わった。

「三寺まいり」は飛騨市に200年以上も前から受け継がれている伝統行事。宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲び、命日の前夜1月15日に円光寺、真宗寺、本光寺の3つのお寺を巡拝。独経・説法を受けた事が始まりとされている。また、明治・大正時代に野麦峠を越えて信州の糸引き工場に出稼ぎに行った娘達が正月の帰省時に晴れ着姿で瀬戸川べりを巡拝。男女の出会いの場となったことから、いつしか「恋愛成就のお参り」として知られるようになった。 女性の方は晴れ着のレンタルを利用して、着物でお参りを楽しむことも可能。

三寺まいりのもう1つの醍醐味、食と特産品の屋台が並ぶ「門前市」も毎年大賑わい。岩魚の塩焼きや鶏ちゃんから揚げ、飛騨牛串焼きなど、地元食材を使った郷土色満載のグルメが目白押しだ。また、地元フレンチの名店「ビストロ・シェ・ボア」が飛騨牛カレー生産から販売まで6次産業化を進める「蔵樹LABO」からは「野菜スープ」で初出展。加えて米・食味分析鑑定コンクール国際大会で金賞を受賞したお子寝の試食ブースが昨年に引き続き設けられた。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US