20周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATION活動の軌跡を追う 

19.June.2016 | MUSIC

【MOSHI MOSHI pick up artists!】

今年で結成20周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)、通称アジカン。「COUNTDOWN JAPAN 15/16」では、12月28日のEARTH STAGEでトリを務めるなど、デビュー以来、日本のギターロックシーンをけん引し続けている彼らも、今年で結成20周年となります。これまでの偉業を振り返ってみましょう。

 

実は脱サラしていた アジカン活躍の軌跡

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーは、ギターボーカルの後藤正文(ゴッチ)、ギターの喜多建介、ベースの山田貴洋、ドラムス伊地知潔の4人。1996年に大学の音楽サークルで出会い、結成されました。

 

2002年11月には、初の正式音源となるミニアルバム「崩壊アンプリファー」をリリース。同アルバムに収録されている「遥か彼方」が、アニメ「NARUTO-ナルト-」のオープニングテーマになり、一躍注目を集めることになります。そして2003年4月23日には、キューンレコードから「崩壊アンプリファー」が異例ともいえる、再リリース。同年、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONICに出演。11月19日に、1stフルアルバム「君繋ファイブエム」をリリース。翌年10月20日に発売した2ndアルバム「ソルファ」が、アルバム・チャートでグループ初となる1位を記録します。

 

日本のロックシーンには欠かせない存在となったアジカンも、大学卒業後にはいったん、サラリーマンとして就職しています。それというのも、収入が不安定なフリーターよりも、音楽活動に集中できると思ったからなのだとか。堅実な判断力も素晴らしいですが、そんな経験を経ているアーティストの楽曲には、一種の“深み”があるように感じてなりません。

 

アジカン流の歌詞はどうやって作られる?

さて結成当初のオリジナル曲は、全英語詩だったいいます。アジカンといえば、キャッチ―なメロディーと、絶妙な日本語の歌詞。ちょっと意外です。

 

ほとんどのアジカンの作詞作曲を手掛けているのが、後藤正文。ゴッチは、無料で配布している新聞「THE FUTURE TIMES」の編集長を務め、過去に「Weeklyぴあ」でコラムを連載、それらをまとめた書籍が発売されるなど、文筆業でもいかんなく才能を発揮しています。

 

ライブでも、ど定番のナンバー「リライト」」の歌詞の冒頭を引用してみましょう。

 

<軋んだ想いを吐き出したいのは存在の証明が他にないから

掴んだはずの僕の未来は「尊厳」と「自由」で矛盾してるよ

 

歪んだ残像を消し去りたいのは自分の限界をそこに見るから

自意識過剰な僕の窓には去年のカレンダー 日付けがないよ>

 

「リライト」はサビにも、「起死回生」や「全身全霊」といった、語感の強いリリックが意識的に使われていて、韻を踏む言葉の妙も感じられます。

 

そもそもゴッチはメロディーが出来てから、リズム感にはまる母音などを考えながら、作詞をしていくのだとか。特にアジカン独特の世界観はこの言葉探しで紡がれる、リリックから生み出されているといっても過言ではありません。

 

まだまだ止まらない、アジカンワールド

またCDジャケットのイラストも、アジカンの世界観を盛り上げている要素の一つ。手掛けているのは、現在国内でも有数の人気イラストレーターである中村佑介です。楽曲が新しくリリースされる際、ジャケットについてもファンからの期待度は高いようです。

 

2016年3月16日には、セルフカバーとなる最新シングル「Re:Re:」が発売されました。巨大なフェスの会場でも、なんなく観客で埋め尽くす彼ら。バンドの存在が大きくなっても、あくまで自然体でいるところも魅力なのかも知れません。これからもさらなる活躍に期待し、引き続きアジカンワールドを堪能することにしましょう。

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AKG/

 

ライター:石水典子(SHUTTER)

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US