2019年限定カラーモデル「aibo チョコ エディション」SONYから発売

26.January.2019 | FASHION

ソニーは、自律型エンタテインメントロボット“aibo”「ERS-1000」の発売から1年を迎え、新しい仲間として、2019年限定の特別カラーモデル「aibo チョコ エディション」を2019年2月1日(金)より発売する。本モデルは2019年1月23日(水)よりソニーのインターネット直販サイト「ソニーストアオンライン」およびソニーストア直営店舗にて注文の受付を開始した。

 

「aibo チョコ エディション」は、濃淡の2色の茶色と白色のコントラストがチャームポイント。やんちゃさや快活さを感じさせる、親近感あふれるユニークなデザインに仕上げられた。本商品を2019年2月14日(木)までに注文すると、特別色のつけかえ用「しっぽ」がもれなくプレゼントされる。aiboのかわいさに癒されてみて♡

RELATED ENTRIES

  • 話しかけると振り返る!ピカチュウのロボット「ねえ HelloPika」登場

    11.June.2018 | ANIME&GAME

    話しかけると応えてくれる”ポケットサイズ”のピカチュウのロボット「ねえHelloPika(ハロピカ)」が、8月4日(土)より登場。全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて発売される。

    「ねえ HelloPika(ハロピカ)」は、リアルなピカチュウを作りたいという思いから開発されたロボット。「ねえ、ピカチュウ!」と呼びかけるとピカチュウが振り向いてくれる、かわいい様子を再現している。今後は韓国・中国・香港・台湾・シンガポール・マレーシア・タイ等、9つのアジアを中心とした国と地域にて順序販売される予定だ。

    話しかけると振り向いて、「ピカピカ」、「ピカピ!」などピカチュウが話をする他、

    こちらの声に反応して、歌う・わざを出す(10万ボルト)・イヤイヤ・うなずく・笑うなどたくさんの仕草を披露。頬を光らせたり、横腹をつつくと笑ったり、実際にピカチュウと戯れているような反応が可愛く、何度も話しかけたくなってしまう!

    音に反応して遊べるので、子どもから大人まで、世代や言語を超えて遊べるのも大きな特徴。体長約10cmとポケットにも入るサイズで、両腕はクリップのようにひっかけられるように工夫されている。


    シャツのポケットやバッグの縁にひっかけて、愛くるしいピカチュウのロボットと一緒にお出かけしてみては?

     

    ■Information「ねえ HelloPika(ハロピカ)」
    発売日:2018年8月4日(土)取扱い場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップなど
    希望小売価格:2,990円(税抜き)
    商品サイズ:約W5×H115×D45(mm)
    対象年齢:3歳以上
    商品サイトURL:www.takaratomy.co.jp/products/pokemon/hello_pika/index.html

     

  • 居酒屋ロボットが活躍中!シアトル「JUNKICHI Robata Izakaya」

    07.May.2018 | SPOT

    アメリカ・シアトルにオープンした「JUNKICHI Robata Izakaya」では、ジャパン・カルチャーを発信するコミュニケーションロボット「Sota(ソウタ)」がお店に登場!

     

    main

    「Junkichi Robataya Izakaya」は、日本でポピュラーな”炉端焼き”スタイルの居酒屋。本場の味へこだわりを持つと同時に伝統的な炉端焼きのスタイルを反映させており、大きな人気を博している。

     

    今回導入されたサービスは、来店した人が「炉端焼き」のストーリーやJapanese Bar「居酒屋」の楽しみ方・厳選された食材・コダワリの備長炭・日本酒のインフォメーションなど、日本文化を楽しく知ることができるというもの。卓上ロボット「Sota」がテーブルの上に複数台設置されている。

     

    sub2sub3

    AI機能によって、カメラが捉えた来店客の特徴や性別・年齢を認識。常連度判定を行う機能を搭載した卓上ロボット「Sota」が、自動解析したデータを基に「ジャパン・カルチャー」の音声インフォメーションを行う。

     

    sub6

    セリフを喋らせる事もでき、「もう一杯いかがですか?」などのレコメンドや「お誕生日おめでとう」などのサプライズ演出も可能。

     

    Junkichi Robata Izakaya アメリカ シアトル 居酒屋ロボット

    COOL JAPANを象徴する日本アニメの世界から出てきたような愛嬌のあるロボットを利用した楽しみと、新たな体験ができる「Junkichi Robata Izakaya」に足を運んでみては?

     

    ■Information

    Junkichi Robata Izakaya

    住所:224 Broadway East Seattle, WA 98102

    営業時間:11:00-23:00 日曜:11:00-21:00

    URL:https://junkichiusa.com/about

  • 法被を着た「Pepper」が日本語・英語・中国語で浅草周辺をご案内!

    11.February.2018 | SPOT

    東京メトロでは、春節や花見の時期に合わせて、観光客への案内を強化するため、多言語で案内が可能な「Pepper」を2月15日(木)から4月10日(火)まで浅草駅に配置する。

     

    d20053-323-629751-0

    「Pepper」は、上野駅で2016年12月1日(木)から2017年3月31日(金)まで試験配置した利用実績を考慮し、訪日外国人の利用が多く、駅周辺案内が多く見込まれる浅草駅に配置駅を変更。

     

    d20053-323-261878-1

    案内施設は、駅社員へのヒアリングをもとに、案内する機会が多い「雷門」「浅草花やしき」「東武浅草駅」「都営浅草駅」の4箇所を選定し案内の強化を図る。

     

    対応言語は、日本語・英語、中国語(簡体字)の3言語で、法被姿の「Pepper」が、浅草らしい雰囲気で観光客をお出迎えする。

     

    「Pepper」に会いに浅草へ足を運ぼう。

     

    ■Information

    浅草駅における「Pepper」期間限定配置の概要

    配置期間:2018年2月15日(木)から2018年4月10日(火)まで

    配置時間:10:00~17:00

    配置場所:銀座線浅草駅 雷門改札口付近

     

    東京メトロ:http://www.tokyometro.jp/index.html

     

  • ロボット×AIで未来はどう変わるのか?渋谷「AI×ロボティクス展示 in Sony Square Shibuya Project」

    19.August.2017 | SPOT

    渋谷モディ1階のソニーの情報発信拠点“sony quare hibuya roject(ソニースクエア渋谷プロジェクト)”が、2017年9月2日(土)より、「AI×ロボティクス展示 in ony quare hibuya roject」を開催する。

     

    世界でいち早くAI×Roboticsの可能性に着目したソニーは、1999年に家庭用エンターテインメントロボットAIBOを発売。

    その後、ロボットで培われたAIの要素技術を進化させ、様々な商品、新しい体験を産み出し続けている。さらに、AIシステム自身が成長する枠組みや深層学習にも着手した。

     

    _DSC0517 copy

     

    今回は、過去、現在のソニーの活動を展示し、実際に体験することで、「AI×ロボティクス」で広がる未来の可能性を感じられる空間が登場。また、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」のワークショップも実施する。

    展示品

    175_sony50-43945_retouched

    《AIBO》環境によって心が変化するエンターテインメントロボット

    触覚・聴覚・視覚・平衡感覚を備え、感情や本能、学習・成長機能により自分で考えて動くことができる自律ロボットとして話題になった。

     

     

    139_130514_QRIO_006_0408_retouch

    《QRIO》二足歩行の可能性を追求したヒューマノイドロボット

    二足歩行ロボットの可能性を追求したロボットとして誕生。高度な運動性能とともに、人とのより豊かなコミュニケーションを実現した。

     

     

    main_03 copy

    《Xperia Smart Products》新しいコミュニケーションの形を提案

    耳に装着することでハンズフリーでのコミュニケーションや情報収集をサポートする『Xperia Ear』や、プロジェクターで 映し出されたスクリーンに直接触れたり、音声で操作することが出来る、『Xperia Touch』。新たなコミュニケーションを提案するXperiaスマートプロダクトを、実際に試す事ができる。

     

     

    DSC01193 copy

     

    渋谷モディで最新テクノロジーを体験して。

     

     

     

    ■Information

    「AI×ロボティクス展示 in Sony Square Shibuya Project」

    場 所:渋谷モディ 1 階(東京都渋谷区神南 1-21-3)

    開催期間:9月2日(土)~9月20日(水)予定

    営業時間:11:00~21:00

    ※年中無休、但し8月23日と1月1日、及びイベント準備期間は除く ※情報は下記サイトで更新いたします。

     

     

     

    ・「KOOV」ワークショップ

    ※一般向けと親子向けでは、制作物が異なります。

    【日時】

    「一般向け」

    9月6日(水)19:00~20:00

    9月13日(水)19:00~20:00

    9月15日(金)19:00~20:00

    9月16日(土)18:00~19:00

    9月17日(日)18:00~19:00

     

    「親子向け」

    9月9日(土)11:30~12:30

    9月10日(日)11:30~12;30

    9月16日(土)11:30~12:30

    9月17日(日)11:30~12:30

    詳しくはWEBサイトをご確認ください。

     

    HP:http://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/

     

    関連記事:ホログラムコミュニケーションロボットを妻にできる時代が遂に到来

     

    関連記事:敏腕ロボットたちが出迎える「変なホテル」が舞浜にオープン

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US