長野「ホテルグランフェニックス奥志賀」大自然を一望できる “空中露天風呂”オープン

12.March.2019 | SPOT

ホテルグランフェニックス奥志賀が、大自然を一望できる“空中露天風呂”を新たにオープンした。

地上4階に位置するホテルの“空中露天風呂”では、まるで名画の一場面のような豊かな自然を味わうことができる。夜はきらめく満天の星空を眺めながら優雅にお風呂を楽しむことも可能。また女性が特にゆっくり過ごせるよう、女湯がより広々とした空間になっている。展望浴場内にはこの他にも内風呂と窓付きのサウナを用意しており、さまざまな角度から絶景を楽しめる。

“空中露天風呂”のお湯は、天然温泉で例えると“ラジウム泉”に近い湯質を再現。

再現するにあたり世界中の鉱石を吟味し、厳選。オーストリア・ザルツブルグ州の世界的に有名な温泉保養地バドガシュタインで産出された鉱石と、効能が認められた医薬部外品認定鉱物を合わせて使用している。ラジウムにより血行を良くして新陳代謝を促し自然治癒力を高める効果が期待できるのが特徴。

奥志賀渓谷にはイワナの原種が生息しており、その原種を守るために温泉水を川に放流することはできない。そこで、ホテルでは奥志賀の生態系へ配慮し、身体にも効果的な「自然鉱泉」を取り入れ、他には類のない“空中露天風呂”をつくった。

 

空中露天風呂に浸かりながら、雄大な景色を楽しもう。

RELATED ENTRIES

  • 「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯」を佐賀・御船山楽園で常設オープン

    17.November.2020 | SPOT

    アート集団チームラボは、歴史と森のサウナ・廃墟のアート群・お茶をセットで体験する「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯」を、九州・武雄温泉の御船山楽園で2020年11月10日(火)に常設オープンした。サウナは、サウナシュラン2019・2020の二年連続で日本一のグランプリを獲得した「御船山楽園ホテル らかんの湯」。温冷交代浴で脳を開き、遺跡が点在する森にある廃墟のアート空間に佇むことで、長い時間と世界に再びつながる、「歴史と森のサウナとアートの新しい体験」だ。サウナで五感を呼び覚ますことで、普段の感覚では気が付かない体験を得ることができる。

     

    歴史と森のサウナとアートの新しい体験

    樹齢3000年の神木の森の中に、1300年前に行基*1 が彫った五百羅漢の洞窟がある。その横にある歴史と森のサウナ(温冷交代浴)で脳を開き、どこまでも広がっていく身体感覚で、遺跡が点在する森の中の廃墟のアート群の中で佇む。 心と身体と環境が、自分という存在の全体性であることに気付き、歴史と自然の一部となり、長い時間と世界に再びつながる。

     

    「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯」展では、御船山楽園ホテルや御宿竹林亭の宿泊客以外にも、サウナとアートの新しい体験ができる、御船山楽園ホテル「らかんの湯」日帰り入浴とチームラボによる廃墟のアート群*2 のセットチケットを、1日40名限定で販売している。また、入浴なしで作品だけ見ることができるチケットも販売。

     

    *1 日本に現存する最古のサウナの一つである「塚原のから風呂」は、後に奈良の大仏を造った行基が、人々の病気を治すことを誓願し建立した。行基は全国を修行しながら人々のためにサウナを造っていったと考えられている。

    *2 森と庭でのアート展「かみさまがすまう森」の作品群は見られません。

    廃墟の湯屋にあるメガリス/Megaliths in the Bath House Ruins
    teamLab, 2019, Interactive Digital Installation

    グラフィティネイチャー – 廃墟の湯屋に住む生き物たち、レッドリスト / Graffiti Nature – Living in the Ruins of a Bathhouse, Red List
    teamLab, 2017-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    地下道の奥の廃墟に舞う群蝶、超越する空間 / Butterflies Dancing in the Depths of the Underground Ruins, Transcending Space
    teamLab, 2019, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke, Autumn Mountain
    teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    現代アートを楽しみながら、御船山楽園で日本の歴史を感じさせるサウナをゆっくり堪能しよう。

  • THE NORTH FACEが長野県「ANA ホリデイ・インリゾート」とマウンテンリゾートを共創

    14.November.2020 | SPOT

    ブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」は、2020年7月に長野県大町市に開業した「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」とコラボレーションし、自然の中でのアクティビティ体験を通じて地球環境を身近に考えるきっかけをつくる、新しいマウンテンリゾートの形を共創する包括的な取り組みを開始。コラボレーション施策の第一弾として美しい山々に囲まれた大町市の環境を活かし、これからの新しい働き方を模索する方やその家族を対象に「THE NORTH FACE」の契約アスリートが監修するアクティビティが体験できるプランを実施する。

    「THE NORTH FACE」は、立山黒部アルペンルートで働くスタッフのオリジナルユニフォームを提供しており、隣接する長野県白馬村では、豊富なアイテムを揃え四季を通じてアウトドアアクティビティの魅力を発信するショップ「THE NORTH FACE GRAVITY HAKUBA(ザ・ノース・フェイス グラビティ ハクバ)」を展開するなど、この地域において親和性の高い取り組みを以前から行っている。一方で「ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」は、豊かな自然に恵まれた長野県大町市に位置し、雄大な自然の中での滞在が可能な日本屈指のマウンテンリゾート。ブランドコンセプトのひとつとして、人と人とのリアルヒューマンコネクションを重視しており、サービスを通じて笑顔を増やし、この地域のハブスポットとしての機能を担うべく運営している。

     

    THE NORTH FACE×ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」

    今回のコラボレーションでは、家族が自然の中で過ごす新しいライフスタイルの提案をはじめ、1年を通じ多種多様なアクティビティに適したフィールドが整っている大町市の豊かな自然環境でのアウトドアアクティビティの提供、その体験を通じて地球環境について考えるきっかけをつくるなど、多くの価値を提供していく。また、ホテル内で使用するものやワークショップで使用するアイテムなども自然環境へ配慮し組み合わせ、大町市で活動する企業や団体とのサステイナブルな取り組みも継続的に実施。一連の活動を通じ豊かなフィールドを持つ大町市の地域活性化・環境保全も推進していく。

     

    ワーケーションプラン

    都会の喧騒から離れた空気や水の澄んだマウンテンリゾートでの滞在に、北アルプスの自然の中で楽しめる特別なアクティビティの要素を加えることで、非日常のレジャー体験や体力向上のだけでなく、その前後の仕事の効率性、創造性やモチベーションを向上させ、オンオフともに充実する「well-being」を実現するワーケーションプラン。ホテルは、館内のどこからでも外の森を見渡せる設計になっており、自然を感じられる快適な環境のもと、リラックスしながらワークできるスポット(Wi-Fi、電源スポット完備)、オフタイムのリフレッシュメント(露天風呂、スパ、フィットネス等)も豊富だ。今後、ウィンターシーズンを見据えたファミリー向けの共創プランも計画をしており、子どもと一緒に楽しめるスノーハイク、ファミリースキーやスノーシュー体験などのプラン展開も予定している。

     

    長野県の自然に囲まれ、様々な体験を通して多くのことを学ぶことができるワーケーションプラン。仕事や学校のリフレッシュに最適なプランをぜひ活用してみて。

  • 静岡県熱海市に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」を開業

    07.November.2020 | SPOT

    UDS株式会社は、2020年11月1日(日)、静岡県・熱海市小嵐町に企画、設計、運営を手がける温泉宿「SOKI ATAMI」(そき あたみ)を開業する。

     

    「SOKI ATAMI」は、品川駅から新幹線で約40分、熱海湾を望む豊かな緑に囲まれた「熱海の奥座敷」と呼ばれる熱海市小嵐町に開業。施設名称の「SOKI」は、素(す)の器(うつわ)から由来。ありのまま(=素)の飾らない本質を追求し、その土地の自然や風土、素材を嗜む場所(=器)としての宿を目指す。

    熱海は、江戸時代に徳川家康が湯治に訪れたのをきっかけに病気や怪我の療養の場として栄え、日本を代表する湯治場・温泉地として愛されてきた。「SOKI ATAMI」では、日本で古くから親しまれてきた湯治の文化を紐解き、温泉に浸かり、地域の文化と食を感じながら、心身ともに養生できる現代の温泉宿を提案していく。

     

    館内は、レセプション棟と全室温泉付きの客室棟、里庭を併設したレストラン棟から構成される。都会の喧騒から離れた自然の中で、心身を整え自己免疫力を高める養生体験を用意。

     

    客室

    客室は、熱海湾を望む部屋や、奥座敷らしい緑や星空が望める部屋など、10タイプ全54室。全室に温泉を備えている。

    「素空間」をテーマにした客室はアーティゾン美術館などを手掛けてきたTONERICO:INC.がインテリアデザインを担当。約40㎡から約65㎡で最大4名まで利用可能な、自然素材を取り入れた温もりのある空間デザインになっており、温泉露天風呂を設けた客室も用意されている。

     

    部屋では、静岡県産の煎茶と季節茶に合わせて、地元來宮神社にお供えされ、健康長寿・無病息災の利益があるとされている「麦こがし」をつかったお菓子が味わえる。

    また敷地内の「里庭」で育てたハーブの蒸留水と檜を使った自然由来の香りのサシェ(匂い袋)づくりなど、部屋でリラックスした養生を楽しめるセルフケアアイテムや体験も!

     

    大浴場

    外気を感じながら温泉を楽しむことができる大浴場を用意。保湿・保温効果が高く、美肌効果や疲労回復が期待できる。

    湯治の効果を高め四季を感じられるよう、地元で採れた柑橘類や和漢植物を使った季節湯を提供。女性浴場に設置された伝統的な湯治の一つであるスチームサウナは、老廃物の排出を促すデトックス効果や保湿効果、温熱効果による安眠効果が期待できる。

     

    茶寮

    熱海湾が一望できる最上階の茶寮からは、年間を通じて開催される熱海湾の海上花火が眺められる。

    メニュー例 季節の養生茶のコース 3,000円 和漢ジントニック 1,200円(税別)

    漢方家 杉本格朗氏(杉本薬局3代目)が監修し、自然治癒力を高める効果が期待できる和漢植物と静岡県産のお茶で体を整える「季節の養生茶」や、熱海の特産である橙(だいだい)を使った果実酒など、心と身体を整えられるメニューを提供。

     

    食事処

    メニュー例 朝食 : 季節の養生御膳 夕食 : SOKIコース、鍋コース、料理長お任せコース

    食事処では、地元の漁師や農家など顔の見える生産者から直接仕入れる旬の食材を炭火の炉を構えたオープンキッチンで仕上げる臨場感とともに味わうことができ、朝食は、昔からの知恵として親しまれてきた東洋の自然哲学に基づいた五行説や和漢を取り入れ、1日のはじまりから身体を整えられる。

    インテリアデザインは「界ASO」や「二期倶楽部」などを手掛けてきたage co.ltdが担当。中央に炭火の炉を構え、天井高約4.5mのダイナミックかつ開放感のある空間で食事を楽しめる。

     

    里庭

    レストラン棟から見える「里庭」では、 伊豆半島で栽培が盛んな柑橘類をはじめ、和漢でも使われるビワやナツメなどの果樹、季節ごとの野菜、様々な種類のハーブなどを栽培。滞在中には里庭を散策し、四季折々の変化を楽しめる。

     

    地域の豊かな自然や文化にふれながら、あるがままの自分を取り戻せる、ゆっくりとしたひと時を過ごしてみては。

  • 「界 ポロト」星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」として2022年1月開業予定

    21.October.2020 | SPOT

    日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、北海道・白老(しらおい)町と2018年6月28日に締結した「パートナーシップ協定書」に基づき温泉旅館を開業し、その施設名称を「星野リゾート 界 ポロト」に決定した。

     

    界 ポロトは、星野リゾートが全国で16施設を展開する温泉旅館ブランド「界」として19軒目、北海道では占冠村にある「リゾナーレトマム」、旭川市にある「OMO7旭川」に続き3軒目。界 ポロトは、2022年1月に開業を目指しており、設計は建築家の中村拓志(なかむらひろし)氏が手掛ける。 

    (Hiroshi Nakamura&NAP)

    世界的にも珍しい植物由来の有機物を含有する「モール泉」が湧出する白老温泉。界 ポロトは、野鳥等も生息する北海道の天然林に囲まれたポロト湖畔に面し、全客室レイクビューとして、宿泊施設からでも四季折々に色づく景色を楽しむことができる。

    界 ポロトは、白老町及び隣接する民族共生象徴空間「ウポポイ」の関連団体と連携をとりながらアイヌ文化を尊重し、ゲストがアイヌ文化や異なる民族との共生を体感することのできるよう、こだわりのおもてなしを提供していく。

     

    民族共生象徴空間「ウポポイ」

    2020年7月12日、北海道白老町のポロト湖畔に誕生する民族共生象徴空間「ウポポイ」が開業した。ウポポイは、存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展の拠点となるナショナルセンター。主な施設としては、「国立アイヌ民族博物館」と「国立民族共生公園」がある。国立アイヌ民族博物館は、先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館で、アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介する。国立民族共生公園は、多様なプログラムを通じてアイヌ文化を学ぶことができるフィールドミュージアム。ユネスコ無形文化遺産に登録されているアイヌ古式舞踊の上演、木彫や刺しゅうなどの製作体験、食や伝統芸能体験などのアイヌ文化を体感することができる。

     

    設計は建築家・中村拓志氏が担当

    設計は建築家の中村拓志氏が手掛ける。ポロトとはアイヌ語で大きな湖を意味し、界 ポロトは、この湖を敷地内に大胆に引き込んだ湖上の建築。白樺林のロビーでは湖から樽前山へと続く雄大な風景がゲストを出迎える。ラウンジではアイヌの人々の生活の中心であった囲炉裏の火を眺めながらゆったりとくつろいでほしい。湖に浸かっているかのような露天風呂は、モール泉を心行くまで満喫でき、「ココロカムイ」(温泉の神)に感謝を捧げる神聖な空間に。アイヌの人々の暮らしや自然観、家族観から学び、現代にあった新しい形で再現したデザインとなっている。

     

    豊かな自然とアイヌの文化を体験し、学ぶことができる「界 ポロト」。開業する日が待ち遠しい。

  • 手塚治虫「火の鳥」と道後温泉本館がコラボ!オリジナルアニメの多言語字幕スタート

    17.October.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    愛媛県松山市・道後温泉では、道後温泉本館の保存修理工事の期間中、営業しながら工事を行っていること、期間中も入浴を楽しめること、この期間にしかないプレミアムな魅力を「日本文化の再生」をテーマに全国に発信する「道後REBORNプロジェクト」を展開中。「道後温泉本館」は時代を超えて人々を癒し続けてきた命の泉、「火の鳥」は時空を超えて人類を導く永遠の生命の象徴として、手塚治虫のライフワークといえる「火の鳥」とコラボし、手塚プロダクションによるオリジナルアニメーションの制作や、プロジェクションマッピングを連夜開催している。

    2019年3月に予告編が公開され、5月には道後温泉に伝わる玉の石伝説をモチーフにしたプロローグ「大国主と少彦名」と西暦596年の聖徳太子の来浴伝説をわかりやすく楽しめる第1話「聖徳太子、来浴」を公開。続く2020年2月には明治時代を舞台に正岡子規と夏目漱石が連れ立って道後温泉本館を訪れたという有名なエピソードを題材に、二人の熱い友情とそれを見守る火の鳥の物語が描かれた第2話「子規と漱石」を公開した。すでに公開されている第1話の多言語版が好評ということもあり、10月1日より第2話の英語、韓国語、中国語(簡体、繁体)字幕版もYouTubeで公開された。

     

    現在製作中だという第3話「そして、未来へ」は舞台を未来に移し、ファンタジーの世界感をアニメで表現。火の鳥の力で道後温泉を守ってきた人々がタイムスリップを起こす。カギになる人物は、道後が生み出した偉人の一遍上人。それまでの型にはまらず民衆の救済を説いた一遍上人役の声優を、俳優の板尾創路が務める。

    また、8月7日からスタートした「道後REBORN2020キャンペーン」は、道後温泉から「再生」や「癒し」のメッセージ、医療従事者への「感謝」や「エール」を伝えるため、「青の火の鳥」が登場。さらに道後温泉本館の北側に設置していたウォールアートも「時代を超えるMESSAGE」をテーマに一新。原作「火の鳥」の有名なセリフを描き、「今」を生きる私たちへ時代を超えたメッセージを伝えてくれる。設置されているオリジナル漫画パネルは、道後温泉本館から約200mの距離にある新たな温泉施設、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の回廊で新たなフォトスポットとしても人気を集めている。

     

    今後も様々な期間限定コンテンツを発信し続ける「道後REBORNプロジェクト」。今しか見ることができないプレミアムなコンテンツに注目してみて。

     

    ©手塚プロダクション/松山市 2020
    ©TEZUKA PRODUCTIONS

  • 東京 下北沢に箱根の温泉が楽しめる旅館「由縁別邸 代田」オープン

    26.September.2020 | SPOT

    UDS株式会社は、2020年9月28日(月)、東京・世田谷代田駅前徒歩1分、下北沢駅徒歩8分の立地に温泉旅館「由縁別邸 代田」を開業する。

    「由縁別邸 代田」は歴史ある日本家屋や緑が残る穏やかな環境に佇む、35室の客室と、箱根の温泉が楽しめる露天風呂付き大浴場、割烹、茶寮、SPAからなる温泉旅館。

     

    丁寧なしつらえの落ち着いた空間や、お風呂、食事といった旅館の魅力を、現在のニーズに合わせて編集して提供。コンパクトで機能的な客室やホテルスタイルを取り入れた接客、上質ながら手に届きやすい価格帯で、東京における旅館滞在の新しい選択肢を提案していく。
    さらに宿泊だけでなく、日帰りでも利用できる温泉旅館として、まちを訪れる多くの人に、そして地域の人たちに、日常からひととき離れたくつろぎの時間を届ける。

     

    デザイン

    「由縁別邸 代田」は、まちに昔からありまちの景色の一つになっている屋敷の佇まいを目指して、土地に由縁のある素材を組み入れながらデザイン。共用部では築100年以上の歴史ある世田谷の茅葺屋敷より譲り受けた建具や景石などを取り入れて、地域の歴史や記憶を纏った空間に。日本建築の歴史と技術を感じる建具と、現代の技術による木天井や左官壁、石床などを重ね合わせ、上質な和の世界を表現している。

     

    客室

    客室は19㎡~32㎡の7タイプ35室。土間で靴を脱いで上がった先には板間と畳間が広がる。客室には周辺のまちあるきにも利用できる雪駄と浴衣、そして地元店の菓子とお茶を用意している。

    温泉露天風呂付き大浴場(1階)

    箱根「小田急 山のホテル」の自家源泉「芦ノ湖温泉 “つつじの湯”」から運ぶ温泉露天風呂が楽しめる大浴場。浴槽の前に広がる庭と、富士山の水音のBGMとともに過ごす癒やしの時間は格別!女湯では、オリジナルアロマによるミストサウナ、男湯ではドライサウナと巨大な石から削り出した浴槽の水風呂が楽しめる。大浴場は飲食とのセットで、日帰りで利用することも可能だ。

     

    割烹/茶寮(1階)

    代田の地で晩年を過ごした歌人 斎藤茂吉。その料理歌集「つきかげ」から命名した「割烹 月かげ」と「茶寮 月かげ」を設けた。世田谷に100年以上前に建てられた屋敷から譲り受けた建具・景石を活用した落ち着きのある和の空間で、食事や飲み物を楽しめる。

     

    割烹 月かげ

    世田谷周辺農家の野菜をはじめ、日本各地の生産者を訪ねて出会った自然の恵み豊かな日本各地の旬の味を、和食一筋の板前が真心を込めて届ける。料理を彩るのは日本の風土から生まれた酒。唎酒師の店長が、日本酒はもちろん日本ワインもお料理に合わせたペアリングを提案する。

     

    茶寮 月かげ

    かつて茶畑が広がり茶業が盛んだった代田の歴史と文化を背景に、お茶にこだわって展開。地元「しもきた茶苑大山」セレクトのお茶を、「おいしく淹れること」にこだわって現代作家と開発したオリジナルの茶器で用意する。2煎目、3煎目と変わっていくお茶の味わいをゆっくりと楽しんで。*2020年1月現在

     

    SOJYU spa

    全身マッサージや、オリジナルアロマオイルを用いたトリートメントを宿泊の客室にて提供。感覚を研ぎ澄まし、本来の自分に戻ることのできる余白の時間を過ごすことができる。2021年の春には宿泊者以外も利用できる「SOJYU spa」が離れにオープン予定。

     

    下北沢徒歩圏内の旅館「由縁別邸 代田」で都会の中で和を感じてみて。

  • 栃木県日光市にホテル「ふふ日光」開業

    15.September.2020 | SPOT

    カトープレジャーグループは、熱海・河口湖・奈良に続き4施設目ふふブランドとなる「ふふ 日光」を、栃木県日光市・田母沢御用邸付属邸跡地に2020年10月2日(金)に開業する。

     

    歴史と文化が香る日本リゾート

    神聖な空気が漂うこの地は、明治時代から由緒ある場所として、現代に続いてきた。エントランスを入るとクラシック音楽が心地よく流れ、天井の高い木造建築から、柔らかさと心地よさが感じられる。その佇まいは、外壁の陰影や照明の温かさ、おごそかに光る金属の装飾が、静かで落ち着いた雰囲気の中に緊張感を演出している。

     

    優雅で気品あふれる味わい

    料理、器、共に日本の様式美を意識し、淡い光でおもてなし。四季折々の食材と栃木にまつわる食材を随所に取り入れるだけでなく、江戸時代に「日本三大珍味」といわれた雲丹、唐墨、このわたや「世界三大珍味」キャビア、フォアグラ、トリュフを使い、優雅で気品あふれる日本料理に仕上げる。日本人が好む繊細な味わいを丁寧で美しく表現することにより、和洋折衷の驚きの中にどこか懐かしさも感じられる「ふふ 日光」ならではの日本料理と鉄板焼きを楽しもう。

     

    源泉は田母沢温泉 ふふ日光の湯

    全てのお部屋にしつらえられた温泉や大浴場は、日光の大自然を全身に感じられ、露天風呂では力強い田母沢の木々や川のせせらぎ、鳥のさえずりを感じられる。四季で表情を変える風呂からの景色は絶景!

     

    「ふふ日光」で日光の伝統と美を感じてみて。

  • 佐賀 武雄温泉「御船山楽園」のデジタルアート展に”秋”の作品登場

    10.September.2020 | FASHION / SPOT

    チームラボが、九州・武雄温泉の御船山楽園で開催中のアート展「チームラボ かみさまがすまう森」のランプの作品に、今の季節だけ見られる色「山の紅葉」が登場した。秋の「かさねのいろめ」の8色でランプが輝く。

    森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke, Autumn Mountain
    teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    ​「森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉」では、日本に近代以前から伝わる配色法「かさねのいろめ」を、ランプが強く輝いている時と輝きが弱くなった時に当てはめた。
    ランプは、秋の「かさねのいろめ」である、初紅葉(はつもみじ)、青紅葉(あおもみじ)、青朽葉(あおくちば)、黄紅葉(きもみじ)、黄朽葉(きくちば)、朽葉(くちば)、赤朽葉(あかくちば)、紅葉(もみじ)の8色で輝く。

    小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    また、会場内のティーハウス「幻花亭」では、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができる。季節限定9月はベニバナ、ナデシコ、エゾギクが、10月はコスモス、キンモクセイ、菊が登場する予定だ。

    増殖する生命の巨石 / Ever Blossoming Life Rock
    teamLab, 2017, Digitized Nature, Sound: Hideaki Takahashi

    廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins 
    teamLab, 2019, Interactive Digital Installation

    1時間を通して、1年間の花々が咲いては散り、変化していく作品「増殖する生命の巨石」、「廃墟の湯屋にあるメガリス」でも、秋の花・彼岸花やコスモスを見ることができる。

    サウナとアートの新しい体験ができる御船山楽園ホテル「らかんの湯」の日帰り入浴と「チームラボ かみさまがすまう森」のセットチケットを、1日40名限定で販売中。温泉とアートが楽しめる武雄温泉で秋の行楽を満喫しよう。

  • 静岡県熱海市に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    05.September.2020 | SPOT

    2020年11月1日(日)、静岡県・熱海市小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI」(そき あたみ)がオープンする。

     

    温泉宿「SOKI ATAMI」は、品川駅から新幹線で約40分「熱海の奥座敷」と呼ばれる熱海市小嵐町に開業。熱海の湯治場・温泉宿の本質的な価値や体験を再考し、都会の喧騒から離れた自然の中で、気張らずに、あるがままの自分を取り戻す、これからの滞在スタイルを提案する。

     

    あるがままの自分を取り戻す、無為自然に過ごす宿

    緑に囲まれた海を一望できる立地に広がる、レセプション棟と客室棟、レストラン棟からなる温泉宿。敷地内にある「里庭」では、伊豆半島ならではの柑橘類をはじめ、地域の生活や風土に根付いてきた農作物や植物を栽培し、施設内でゲストに提供していく。

     

    Guest Room 

    客室は約40㎡から約65㎡の最大4名まで利用可能な全54室。すべての部屋で温泉を楽しめるのが特徴だ。TONERICO:INC.をインテリアデザイナーに迎え、「素空間」をテーマに自然の素材を取り入れた、温もりのある空間をデザインした。

     

    Tea Salon & Bar

    熱海湾が一望できる最上階の茶寮では、静岡県内で生産されたお茶や、季節に合わせて体を整える和漢植物を使ったメニューなどを楽しめる。テラスからは、年間を通じて開催される熱海湾の海上花火大会も観覧可能!

     

    Public Onsen

    大浴場では、四季の移り変わりを感じられる季節湯など、さまざまな温泉の在り方を提案していく。泉質は、疲労回復だけではなく、保温・保湿効果も⾼く、美肌効果が期待できる弱アルカリ性硫酸塩・塩化物温泉。湯治の蒸気湯から着想を得たスチームサウナを、女性専用で用意した。

     

    Dining Room

    レストラン棟は、さまざまな旅館や飲食店を手がけてきたage co.,ltdがインテリアデザインを担当。料理長自ら地域をめぐり、その日獲れた魚や野菜など地元の生産者から直接仕入れる旬の食材を楽しんで。

     

    都会の喧騒を離れて、熱海の自然や四季を感じながらゆったりとした時間を過ごしてみては。

  • “日本一の星空” 長野県阿智村にて「天空の楽園 雲海Harbor」開催

    02.September.2020 | SPOT

    長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会は、2020年10月25日(日)から2020年11月23日(月)までの期間中、富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらにて、遠く南アルプスまで広がる雲海と、日本一の星空を楽しむことができる「天空の楽園 雲海Harbor」を開催する。

    自然豊かな信州阿智村にある富士見台高原ヘブンスそのはら。全長2,500m、高低差600m、 所要時間約15分のゴンドラと、展望台リフトを乗り継ぎ、標高1,600mの展望台へ。そこ には遠く南アルプスまで広がる “雲海”。天空の楽園と呼ぶに相応しい感動の絶景を体感することができる。

    そして、もう一つの魅力は ”星空”。環境省が実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)にも選ばれた満天の星空を、晴れた日には見ることができる。 星が瞬く静寂の夜から、暖かな光が辺り一面を包み込む朝へと移りかわる姿、10月から山々を紅く 染める紅葉、11月には南アルプスの冠雪。多くの感動の瞬間に出会える特別営業となっている。

     

    この時期ならではの長野県阿智村の魅力を「天空の楽園 雲海Harbor」で感じてみて。

  • 予約制で三密回避!癒やしの庭園 長野「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」

    27.August.2020 | SPOT

    長野県大町市にある「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」は、新型コロナウイルス感染拡大対策を実施し、三密を回避した予約制で2020年のお盆期間中も休まず開園する。

    「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」は、ヘアケアブランド‘La CASTA’のブランドコンセプト「植物の生命力と癒し」をそのまま生かした、美と癒しの庭園。ガーデン内に流れ落ちる北アルプスの天然水の滝、四季折々の花々や樹々の間をゆったりと散策すれば、ラ・カスタの世界観である自然の恵みの素晴らしさや、植物のエネルギーなどを、五感を通して体感することができる。

    シーズンガーデンが目の前に広がる「ヒーリング カフェ」は、オープンカフェとなっており、季節の花々を愛でながら癒しのカフェタイムが楽しめる。夏のオススメメニューはライムの酸味にレモングラスが爽やかに香るさっぱりと飲みやすいハーブソーダ「ハーブコーディアル‘ライム&レモングラス’」と、口に入れた瞬間やさしいハーブの香りが広がるガーデンオリジナルのジェラート「オリジナルジェラート‘カモミール ミルク’」。

    さらに、庭園以外にも体験教室も併設!La CASTA Factory内の「アロマの体験工房」ではアロマテラピーを応用し、好きな香りを自身で調合し、世界に一つだけのオリジナル製品を作ることができる。

     

    三密を回避しながら、長野県の自然に囲まれた穏やかな時間を過ごしてみては。

  • 神戸の夜景を楽しむ!温泉大浴場付き絶景グランピング「グランドーム神戸天空」

    25.July.2020 | SPOT

    兵庫県神戸市「みのたにグリーンスポーツホテル」内に、グランピング施設「GLAMP DOME (グランドーム)神戸天空」が2020年8月7日(金)誕生する。
    自然も豊富に残る神戸箕谷エリアに位置し、神戸・三宮から約20分とアクセスの良さも抜群。大自然を照らす夕陽・神戸の夜景を全室から楽しむことができる希少な立地に大型のドームテントを配置。
    他では体験できないようなラグジュアリーなキャンプを体験することができる。

     

    プライベートBBQスペース完備の全天候型の大型ドームテント

    直径7mの半円形型大型ドームテントを採用。室内にはエアコンを完備しており、オールシーズン快適に過ごすことができる。また、全室個別BBQスペースを完備。他のゲストと接触せず、プライベートな滞在を楽しんでほしい。

     

    希少価値の高い源泉かけ流し風呂「銀河の湯」

    地下1,200mから湧き出す天然温泉「銀河の湯」を併設。大型の温泉露天風呂の他に、つぼ湯、うたせ湯、内湯大浴場、かけ流し源泉浴、寝湯、水風呂、サウナなど様々な種類のお風呂を楽しむことができる。
    泉質は、pH値が7.5以上だと美肌の湯といわれるが、銀河の湯の源泉はpH値8.5と肌にも非常に良い温泉となっている。

     

    グランピング施設では初の「温泉足湯-Bar」

    自社源泉の温泉を活用した足湯を楽しみながら、バーを楽しめるスペースを用意。
    セルフ方式で好きな飲み物を楽しむことができる。
    時間:19:00~21:00
    その他にもキャンプファイヤー、プライベートドーム限定の専用ファイヤーピットなど、様々な設備を取り揃えている。

    神戸エリアのハイクオリティな食材を使用したグランピングBBQ
    神戸牛、地元農産物、海産物を使用した贅沢なグランピングBBQを提供。
    メニュー
    ・黒毛和牛のステーキ
    ・国産牛の燻し焼き
    ・日替わりスキレット
    ・アクアパッツァ
    ・デザートスキレット
    ・バゲット
    また、キャンプの楽しみである食事を自分たちで作る「素泊り・食材持込み」でBBQを楽しむことも可能。

     

    初心者でも安心のホテル並みのアメニティ

    グランドーム神戸天空ではホテル並みのアメニティを用意している。タオル、歯ブラシ等はもちろんのこと、作務衣、ドライヤーなど手ぶらで宿泊可能。全室WIFI、コンセントなども完備しており、不便さを感じることはない。

     

    また、オープンに伴い、全国のグランピング施設・リゾートヴィラに特化した予約サイト「Resort Glamping.com(リゾートグランピングドットコム)」にも掲載が開始、予約が可能となる。ぜひ神戸の夜景をラグジュアリーなグランピングで楽しんでみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US