米津玄師、自身初のアリーナツアーで17万人以上を動員

12.March.2019 | MUSIC

2019年3月11日、米津玄師が「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」の国内ファイナル公演を幕張メッセにて開催した。
この日のライブは、17万人以上を動員した自身初の全国アリーナツアーの国内最終日。
そこで見せたのは、「自分にとっても大きく、環境が変わっていく一年だった」と彼自身もMCで語った2018年を経て、それでも変わらぬ彼のアーティストとしての美学の真髄を見せるようなステージだった。

ライブは「Flamingo」からスタート。
見たこともないような三角形のステージと、同じく三角形の大中小、三連のトラスに、淡いピンクのカラーが写しだされるなか、躍動的なグルーヴで会場に熱気を生むと、続く「LOSER」で米津は前方に歩み出て、花道からオーディエンスを見下ろし、力強く鼓舞しながら歌う。

さらに「砂の惑星」では花道をステージ狭しと歩きまわり、気迫に満ちた叫び声を響かせた。
「今日は楽しい日にしましょう。よろしくお願いします」と告げ、アコースティック・ギターを抱えて「飛燕」を披露。つづく「かいじゅうのマーチ」は古代の壁画のような映像、そして「アイネクライネ」では大きな扉の前に、ハートやスペードなどの記号が映し出された。

セットリストはアルバム「BOOTLEG」収録曲を中心に、過去作からのナンバーを織り交ぜた構成。単に曲を並べるだけでなく、彼の音楽性をさまざまな角度から紐解き、ストーリー性と共に見せていくような構成だ。


それを強く感じたのは中盤のパートだった。カラフルなグラフィックの「春雷」から「Moonlight」では満月の映像をバックに男女2名のダンスパフォーマーが踊るのを前に、ストリーテラーのように歌う米津。スモークがたちこめる中、「fogbound」に続き「amen」では、暗転した中に響く荘厳な鐘の音から、一転してダークな世界に突入する。三角形のステージと頭上トラスの間をうごめくパフォーマーの前で歌う米津は、神聖さと同時に怖さすら感じさせる存在としてみえ、曲が終わると大きな拍手がおきた。

「Paper Flower」ではダンサーのシルエットが浮かび上がる。息を呑むような演出で、米津の切実な歌声に胸があつくなる。彼の音楽世界のより深く、より純度の高い部分に誘われていく。


続く「Undercover」でそのムードが一転した。ドラムパフォーマンス集団「鼓和 -core-」が登場し、米津と共に花道を歩く姿は圧巻の迫力。そして会場が色とりどりの光に包まれた「爱丽丝」から「ピースサイン」「TEENAGE RIOT」と、バンド編成の躍動感あふれる演奏とを響かせる。

終盤、米津は自分の思いを語りかける。ドラマ主題歌となり ”自分でも想像しなかったような広がり方をした” という楽曲「Lemon」をきっかけに、大きく環境が変わった2018年を振り返り、「変わっていこうという気概を持つ人間は美しいと思うし、変わっていくというのは自分が音楽を作っていくうえでの基本理念」と語った彼。それでも「自分のことを海を渡る大きな船だとするならば、その船から誰も落としたくないと思う」と率直な思いを語る。沢山のオーディエンスが集まったことに「こんなに嬉しい、有り難いことはないと思う。こういう美しい光景がいつまでも続いていけばいいなと思います」と感謝を告げた。

本編ラストのパートは「Nighthawks」「orion」「Lemon」の3曲。レモンの香りが漂うなか、白い光に包まれ、力強くも優しい歌声で伸びやかに歌い上げ米津はステージを降りた。

大歓声と拍手に迎えられ、再びアンコールに登場した米津。まずは、「ごめんね」を披露。
この曲は米津が初めてライブのために書いた曲であり、サビの部分を「一緒に!」と言い、お客さんと合唱する姿からは笑顔が溢れ、パフォーマー全員が高らかに舞い踊り、シャボン玉の泡が舞い上げられる、祝福感と高揚感に満ちたパフォーマンスだった。

MCでは「今回のツアーは終わるけれども、また近い内にやるんで。決まってないけど。そのとき、またみんなで会いましょう。今日はどうもありがとうございました」と告げて「クランベリーとパンケーキ」を披露し、ラストは「灰色と青」。

壮大な水面の映像をバックに、今はもう会えない友人へと向けたこの楽曲を高らかに歌い上げる米津の歌声は、ライブという日が終わってしまっても、それぞれの思いが繋がっていく事を感じさせる、そんな風に響いていた。
ツアーはこの後、彼にとって初となる上海、台北の公演に続く。それでも、彼の言う「美しい光景」の一つの到達点を見せられたような一夜だった。

 

Text   柴那典
Photo   立脇卓、太田好治

RELATED ENTRIES

  • 米津玄師、2020年アリーナツアー開催!各都市の駅デジタルサイネージでライブ情報解禁

    14.August.2019 | MUSIC

    米津玄師、待望の2020年アリーナツアーが決定し、全容が発表となった。ツアータイトルは「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」、2020年2月から4月まで、全国10会場20公演、自身最大規模のツアーとなる。

    8月12日の早朝、突如として、今ツアーの会場となる各都市の駅デジタルサイネージ(和歌山のみイオン店内)に、未解禁のライブ映像が映し出された。音はないながらも、臨場感あふれるライブ映像が4面、同時に複数のサイネージで流れると、そこが駅である事を忘れてしまうかのような「興奮(=HYPE)」を覚える迫力。その映像の上には、「ツアータイトル」と、「その地区の開催日程・会場」が明記され、運良く目撃された方々の興奮が溢れ、各地の画像がネットに拡散。「米津さんのツアー」がツイッターのトレンド入りするなど賑わいを見せた。

    このツアーのチケット最速先行は、9月11日リリース「馬と鹿」の初回特典として、抽選応募券が封入されることが決定。チケットの申し込みは9月10日(火)10:00から9月15日(日)23:59までとなり、「馬と鹿」の全形態の初回プレス分に封入となる。

     

    約1年ぶりのライブ決定となるツアー。進化し続ける米津玄師の「今」を体験しに、是非ライブに足を運んでもらいたい。

  • 米津玄師、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌「馬と鹿」を先行配信

    13.August.2019 | MUSIC

    TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』主題歌となっている「馬と鹿」が2019年8月12日(月)0時より先行配信された。

    「馬と鹿」はドラマ主題歌として書き下ろされた最新楽曲で、7月7日(日)ドラマ初回放送時に事前告知なしでドラマ内で楽曲を解禁。ストーリーのクライマックスを力強く盛り上げる「馬と鹿」はドラマ視聴者のみならず多くのユーザーの間で話題となっており、待望の先行フル配信決定となる。

    Photo by Jiro Konami

    また、9月11日には「馬と鹿」シングルCDも発売。数量限定となる「ノーサイド盤」や「映像盤」を含む3形態でのリリースになり、「映像盤」には「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」ライブティザーとして「Lemon」のライブ映像など全11曲、約18分の映像を収録する。楽曲のみならず目でも楽しむことができるシングルCDを是非ともチェックしてもらいたい。

  • 米津玄師、2色の石の間に佇む「馬と鹿」最新ビジュアル公開!シングルの全収録内容も決定

    30.July.2019 | MUSIC

    米津玄師が9月11日(水)にリリースする最新シングル「馬と鹿」に先駆けて、最新のアーティストビジュアルを公開。合わせてCD収録内容および映像盤DVD収録内容の詳細が発表された。

    「馬と鹿」最新アーティストビジュアルは、2色の石が混ざり合うことなく左右に分かれ、その間に佇む米津に光が差す、ノーサイドの精神を感じさせる写真。撮影は、写真家・小浪次郎が手がけ、米津の髪は淡い水色へと変化をしている。

    また、未定となっていたM3楽曲のタイトルが「でしょましょ」に決定。映像盤DVDに収録される「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserの収録曲も決定し、今なお数々の記録を打ち立てている「Lemon」の貴重なライブ映像をはじめ、「Flamingo」や「TEENAGE RIOT」など最新シングル曲を含む全11曲、約18分に凝縮されたワンマンならではの世界観を楽しめる映像となった。

    「馬と鹿」が主題歌となる「ノーサイド・ゲーム」も、楽曲と共に是非チェックしてもらいたい。

     

    Photo by Jiro Konami

  • 米津玄師が「パプリカ」をセルフカバー!NHK”みんなのうた” にて放送

    18.July.2019 | MUSIC

    米津玄師がNHK「みんなのうた」8-9月のうたとして「パプリカ」をセルフカバーすることが決定した。合わせてFoorinの最新アーティスト写真も公開となった。「パプリカ」は2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として、2018年7月に発表。

     

    Foorin「パプリカ」ダンスミュージックビデオ

    米津玄師が書き下ろした「パプリカ」は、オーディションによって選ばれた小学生5人組ユニットFoorinが歌唱、ダンスの振付を辻本知彦、菅原小春が担当しており、Eテレの多くの番組とのコラボレーションをはじめ、全国各地の子どもたちとともにパプリカをおどるイベントを定期的に開催し、関連動画のYouTube総視聴回数は1億7,000万再生を突破するなど、子供たちの間で今最も人気のあるキッズソングとして認知されている。

    今回はプロジェクトが2年目に突入することを機に、作詞・作曲・プロデュースを担当した米津自身がセルフカバーを制作。映像は、Foorin「パプリカ」のシングルジャケットを描いた、加藤隆が手がける事に決定した。楽曲は8月1日(木)10時55分よりNHK総合「みんなのうた」にて初回放送されることが決定している。

    また、合わせてFoorinの最新アーティスト写真が公開となった。今までの赤色をメインとした衣装から心機一転、パプリカの「黄色」をメインカラーとし、広大な青空と海をバックに、ちょっぴり成長した、元気な表情をみせる新ビジュアルとなった。

    奇しくも米津玄師・アーティスト写真と同じ海岸で撮影されたアーティスト写真は、結成後1年が経ち、可愛らしくもどこか逞しくなった5人の成長を感じさせる、元気いっぱいな写真となっている。

     

    今や日本中の子供たちに愛される楽曲に育った「パプリカ」をどのように米津玄師が歌うのか。是非とも8月1日の初回放送をチェックしてもらいたい。

  • 米津玄師、新曲がドラマ「ノーサイド・ゲーム」主題歌に

    08.July.2019 | MUSIC

    米津玄師TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(毎週日曜21:00~)に書き下ろし新曲「馬と鹿」を主題歌として提供することが決定。昨日の第一話にて楽曲のオンエアと共に発表された。

     

    「馬と鹿」は初回放送を迎えた「ノーサイド・ゲーム」放送終盤、突如として米津の歌声が聞こえてくることで初めて解禁

     

    これまで主題歌を起用して来なかった日曜劇場・池井戸作品が、ドラマのシーンと完全にシンクロした米津楽曲を予告なしに起用することで、第1話終盤の重要な1シーンに、より深みと感動を持たせることに成功した。

    photo by 山田智和

    このドラマ演出にSNS上は即座に「本当に驚いた!素敵な七夕の夜になりました!」「米津さんの美しい声が聞こえた瞬間に鳥肌たちました。」「曲とシーンが素晴らしくマッチ」いった驚きと喜びの声で一色に。トレンドランキングも「#ノーサイド・ゲーム」が一位を獲得するなど大きな反響をもたらした

     

    また米津本人もtwitterで、TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。「馬と鹿」という曲です。大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。どうかよろしくお願いします。」と楽曲に対してコメントを出し、楽曲に対する想いを語った。

    「ノーサイド・ゲーム」TBS日曜劇場数々のヒットドラマの原作を提供した池井戸潤の同名書き下ろし新作が原作。上司が主導する企業買収に異を唱えたエリートサラリーマンが工場の総務部長に飛ばされ、巨大赤字を抱えた企業ラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務することに。出世の道を断たれたサラリーマンが再起を賭け戦っていく姿を描く。

     

    主演は池井戸作品初出演となる大泉洋が務め、松たか子や上川隆也を筆頭に豪華俳優陣が脇を固めることでも大きな話題になっている、今クール大注目のドラマだ。

     

    誰しもが予想しなかった形で発表された「馬と鹿」。早くもベールを脱いだ米津玄師の最新楽曲をドラマと共に楽しんでもらいたい。

  • 米津玄師「Lemon」徳島県・大塚国際美術館にて特大ジャケットの陶板展示が決定!

    05.July.2019 | MUSIC / SPOT

    数々の記録を更新し続ける米津玄師「Lemon」。2018年3月リリース作品として、2018年の上半期ランキング、年間ランキングを席巻してきたが、今年、2019年上半期ランキングにおいても1位を獲得し、アーティストランキングと合わせて計25冠を達成した。MVは、日本人アーティストとして初の4億再生を突破し、今もなおその記録を更新中である。

    photo by 山田智和

    米津は今なお広がり続ける「Lemon」について、「ありがたいことです。とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです。」とコメントしている。

    今回は「多くの方々からLemonを大切に育てて頂いた事への感謝の形」として、米津自身がイラストを描いたジャケットそのままに、特大サイズの「Lemon」スペシャル陶板を製作。7月30日より、大塚国際美術館にて展示されることが決定した。

    陶板は、退色劣化しないため2000年先の未来までこのままの色と形を残すことができる。ぜひ足を運んでみてほしい。

  • 米津玄師「Lemon」MVが4億再生突破!

    17.June.2019 | MUSIC

    今年に入ってもなお上半期ランキングの首位を記録する、米津玄師「Lemon」。そのミュージックビデオが、6月16日20時28分、YouTubeでの再生回数が4億回を突破した。

     

    米津玄師 「Lemon」Music Video

    昨年2018年1月クールのTBSドラマ「アンナチュラル」主題歌として書き下ろされた「Lemon」のMVは、2018年2月27日午前8時に公開され、驚異的なスピードで数々の記録を残してきたが、今回、「MV公開より475日」で、4億再生の大台を突破するという大偉業を成し遂げた。前回の「3億再生」という数字も、日本で公開された映像としては前代未聞であったが、独走状態で大きな結果を残し続けている。

    「Lemon」は、トータルセールス300万枚を突破。2019年上半期総合ソング・チャート「Billboard JAPAN Hot 100」にて、2018年上半期と年間に続き、「史上初めて3期連続での首位」獲得したことも発表されその他の2019年上半期でも続々とランクイン。

    photo by 山田智和

    また、その他米津玄師のMVでは「Lemon」4.0億再生、「打上花火」2.7億再生、「アイネクライネ」2億再生、そして1億再生超えタイトルは7作品(Lemon、打上花火、アイネクライネ、LOSER、orion、ピースサイン、灰色と青(+菅田将暉))。

    YouTubeチャンネル登録者数は381万人と日本人アーティストして圧倒的な1位を誇っており、チャンネルの総再生回数は18億回越えと驚異の数字を打ち出し、日々更新中である。

  • 米津玄師「海の幽霊」デイリー・ウィークリーランキング共に2019年最高記録樹立!

    12.June.2019 | MUSIC

    6月3日(月)0時より配信開始となった米津玄師の新曲「海の幽霊」が6月17日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングおよびBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”にて1位を獲得し、デイリーだけでなくウィークリーでも2019年リリース楽曲として最大ヒットソングとなったことが明らかとなった。

     

    「海の幽霊」はミュージックビデオ1,000万回再生を“自身最速”となる4日と12時間で突破。配信初日のデイリーチャートは驚異の26冠達成、6月3日付オリコンデイリーデジタルシングル(単曲)ランキングでは51,967DLを売り上げ、デイリー1位を獲得するなど圧巻のチャートアクションを見せた。

    Ⓒ五十嵐大介/小学館

    そして、6月17日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングが発表され、「海の幽霊」は126,715DLを売り上げ、ウィークリー1位を獲得。この数字は2019年リリース楽曲のウィークリーダウンロード数としては最高となり、1位を記録した。<オリコン調べ(6/17付︓集計期間:6月3日〜6月9日)>

     

    オリコンデジタルランキングが発表された2017年12月11日以降1位を獲得した楽曲は「LOSER」「Lemon」「Flamingo」に次いで4曲目となり、歴代1位タイの快挙となった。

    photo by 山田智和

    Billboard JAPANにおいてはダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”のみならず“JAPAN HOT 100”総合チャートでも「海の幽霊」が1位を獲得。CDリリースがない中での総合ランキングでの1位獲得で、改めて本作がいかに多くの方々に愛される楽曲となっているかを示す結果となった。

     

    先週末にはいよいよ主題歌を務める映画「海獣の子供」が公開スタートに。日本最高峰の「音」と「映像」の融合に、SNS上では未だかつてない「映画の体験」を賞賛する声が溢れており、楽曲のみならず映画もさらに話題になっていくことは間違いない。是非、劇場でチェックしてほしい。

  • 総合上半期ソング・チャート1位は米津玄師「Lemon」2019年上半期チャート発表!

    08.June.2019 | MUSIC

    「ビルボードジャパン」が、2019年総合上半期チャートの受賞楽曲・アーティストを発表した。(集計期間:2018年11月26日~2019年5月26日)

    2019年上半期の総合ソング・チャートBillboard JAPAN Hot 100は、米津玄師「Lemon」が2018年上半期と年間に続き、総合首位を獲得した。本楽曲の今年度上半期の総合ポイントは2018年度上半期を上回っており、Billboard JAPAN史上初となる2年連続HOT100首位に期待がかかる結果となった。そして2位はあいみょんの「マリーゴールド」、3位はDA PUMP「U.S.A.」が獲得した。


    総合アルバム・チャートBillboard JAPAN Hot Albumsは、星野源の「POP VIRUS」が首位を獲得。本作は初週で281,039枚という好スタートを切った後、メディア露出も後押しし年明け以降もロングセールスを記録。ダウンロードとルックアップ(PC等によるCD読み取り数)でそれぞれ1位となり、総合アルバム・チャートを制した。続く2位はONE OK ROCK「Eye of the Storm」、3位は乃木坂46「今が思い出になるまで」が獲得した。

    そしてBillboard JAPAN Top Artistsは、あいみょんが獲得。あいみょんは、JAPAN Hot 100で100位中8曲、JAPAN Hot Albumsでは3タイトルがチャートインという存在感を示し、総合ソング・チャートと総合アルバム・チャートのポイントを合算したアーティスト・ランキングで自身初の首位を獲得した。

     

    その他、今年の上半期を語る上で欠かせないポイントとして、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットによる、クイーンのリバイバル・ヒットが挙げられる。クイーンは、デジタルとフィジカルの両領域でシェアを広げており、国境と世代を超えたムーヴメントを巻き起こした。今年の下半期には、どんなヒット曲が生まれるのか引き続きBillboard JAPANチャートに注目しよう。

  • 米津玄師「海の幽霊」MV歌入りカラオケ配信、JOYSOUNDにて開始!映画「海獣の子供」コラボルームも

    04.June.2019 | ANIME&GAME / MOVIE / MUSIC

    配信が開始となった米津玄師「海の幽霊」のミュージックビデオが本人の歌声入りで楽しめる「本人歌唱映像」として、6月7日(金)より8月6日(火)まで、JOYSOUNDにて期間限定にて配信されることが決定。米津本人の歌唱入りMVがカラオケ店舗にて配信されることは初めてとなり、大音量・大画面にて「海の幽霊」の世界観を存分に楽しむことができる。

    Ⓒ五十嵐大介/小学館

    また、JOYSOUND直営店では、映画「海獣の子供」とのスペシャルコラボルームをオープン。6月7日(金)から7月31日(水)までの期間中、全国6店舗にて実施される。コラボルームでももちろんミュージックビデオを鑑賞することができ、360℃海の世界に囲まれた環境で、「海の幽霊」の世界観を体感することができる。

    photo by 山田智和

    さらに、特設ページにて「海獣の子供」原作者・五十嵐大介と主題歌・米津玄師のスペシャル対談記事が掲載開始。日本有数のクリエイターが結集して制作された「海獣の子供」へのそれぞれの想いを読み解くことができる対談となっているので、合わせてチェックしてほしい。

  • 菅田将暉 米津玄師プロデュースの新曲「まちがいさがし」MV公開

    04.June.2019 | MUSIC

    2019年5月14日にリリースした米津玄師 作詞・作曲・プロデュースの新曲「まちがいさがし」が各所配信ストアにて1位を席巻し、デイリーチャートとウィークリーチャート併せて50冠を達成するなど、音楽アーティストとしても大きな注目を集めている菅田将暉。

    新曲「まちがいさがし」のミュージックビデオが解禁となった。監督は映像クリエイターの林響太朗が担当している。約30名に及ぶ演奏者に囲まれ、その真ん中で歌う菅田の姿に、共鳴するように光が呼応していく空間演出で、楽曲の感情やメッセージを力強く表現した作品となっている。

    まちがいさがし ミュージックビデオ

    併せて本日より、Apple MusicやLINE MUSIC、Spotifyなどでストリーミング配信も解禁となった。

    2019年7月10日(水)には、2nd アルバム「LOVE」のリリースも発表されており、そのアルバムを引っ提げたツアー開催も決定。順次各プレイガイドにてチケット予約受付がスタートしているので合わせてチェックしてみてほしい。

     

    菅田将暉コメント

    米津玄師と林響太朗という同世代の若き天才と出会うことができて幸せです。撮影がとても楽しかったです。

    「まちがいさがし」の曲のテーマでもある、生きていくなかでいろいろなものを探していく日々の美しさと孤独の部分が表現されていて、綺麗で美しい作品になりました。“音楽”というものがしっかりと伝わっていくと思いますし、シンプルな創りだけれど、美しく気持ちのいい出来上がりになっていると思います。

     

    林響太朗コメント

    彼を思い作り上げたこの曲と、彼への想いもこめて歌い上げたこの心地の良い関係性から生まれる音楽。

    そこには優しくて、力強い映像が映し出されると良いのではと考えました。

  • 米津玄師 × 映画「海獣の子供」原作者・五十嵐大介スペシャル対談を公開

    03.June.2019 | MOVIE / MUSIC

    ミュージックビデオ1,000万回再生を“自身最速”で突破した、米津玄師の「海の幽霊」がついに配信開始となった。ジャケットは五十嵐大介が書き下ろしたことでも話題に。

    Ⓒ五十嵐大介/小学館

    今までの全作品、ジャケットは米津自らイラストを描いていたが、今回初めて、五十嵐に依頼することとなった。

    また、映画「海獣の子供」公開を記念し、原作者・五十嵐大介と、主題歌・米津玄師のスペシャル対談が特設サイトにて合わせて掲載開始された。

    photo by太田好治

    この対談は、映画の中でも登場する「新江ノ島水族館」にある「相模湾大水槽」をバックに実施。

    かねてから原作のファンである米津玄師と、五十嵐大介の時を経て実現した貴重な対談は、出会いから「海獣の子供」に対する想い、楽曲の制作秘話まで多岐に及んだ。

    一つの芸を極めようとする二人のクリエイターの対談は、映画や楽曲ファンのみならず、これから芸の道を志すクリエイター志望の若者にとっても見逃せない対談となっている。

    photo by 山田智和

    米津玄師が何を思い、どんな出逢いがあって「海の幽霊」を作り上げたか。是非楽曲を聞きながら対談を読み、深淵なる美しい音楽の世界にどっぷりと浸かってもらいたい。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US