星野リゾート青森屋にて夏季限定「にんにく茶屋」登場!

27.March.2019 | FOOD

「星野リゾート 青森屋」に、2019年6月1日から8月31日までの間、夏に収穫期をむかえる”にんにく”でもてなす「にんにく茶屋」が登場。

 

にんにく茶屋は、にんにくを愛する「にんにくじいじ」とじいじを支える「にんにく娘」が営む茶屋。にんにくの匂いの強さに応じてレベル分けした「にんにく和菓子三点盛り」を楽しめる。

茶屋の主人であるにんにくじいじは、愛情をこめてにんにくを作っている。にんにく娘は、じいじを支えるため、茶屋の手伝いを一生懸命している看板娘。にんにくを愛する2人は、遠路はるばる青森にまで来てくれたお客さまに、旅の疲れを癒してほしいという思いから、照明からクッションまでにんにくをモチーフにした設えの茶屋を作り、出迎える。

 

青森県は、国内産にんにく生産量の約70%を占める日本一のにんにくの生産地。冬に厳しい寒さが続く青森では、雪の下で糖分を蓄えて育つため、糖度が高く風味豊かなにんにくが収穫できる。収穫期の6月頃になると、畑では掘り起こす前からにんにくの匂いが漂う。

匂いの強さを3段階にレベル分けしたにんにく和菓子茶屋では、夏に収穫期を迎えるにんにくを使用した和菓子を提供。和菓子は3種類あり、にんにくの匂いの強さに応じてレベル分けをしている。食べ比べをすることで、にんにくの匂いの強さを改めて知ることができる。

 

~にんにく和菓子三点盛り~

大福:レベルー臭(いちくさ)

シロップ漬けにした丸ごとのにんにくを白あんで包んでいる。シロップ漬けにんにくは匂いが控えめで甘みがある。後味にふんわりとにんにくの匂いを感じる大福。

羊かん:レベル二臭(にくさ)

ペースト状にした黒にんにくをあんこに練り込んでいる。黒にんにくは、にんにくを発酵熟成させたもので、プルーンのような味と酸味が特徴。羊かんの甘さと黒にんにくの風味がクセになる。

団子:レベル三臭(さんくさ)

にんにくは細胞が傷つくと匂いが強くなると言われている。団子には、すりおろしにんにくを練りこんでいるため、ひとくち目で鼻に抜ける辛味と強烈なにんにく臭に驚く。それでも、もうひとくち食べてみたくなる団子となっている。

さらに、にんにくが大好き!にんにくをとことん突き詰めて楽しみたい!という挑戦心の強い方に向け、にんにくを煮出したにんにく茶を提供。にんにくの匂いが気になってしまう、という方にはお口直しにりんごジュースを提供している。安心してにんにく和菓子を楽しめるのも嬉しい。ぜひにんにくの魅力に触れてみて!

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US