2,600本の桜がお出迎え!青森県・弘前最大のまつり「弘前さくらまつり」

02.April.2019 | SPOT

青森県弘前市は「弘前さくらまつり」を2019年4月20日から5月6日まで開催する。毎年200万人以上の観光客で賑わう弘前最大のまつりで、会場となる弘前公園内には、52種類、約2,600本の桜が咲き誇る。

開催期間中は、中濠観光舟や桜守による鑑賞ツアーなど桜にちなんだ特別な催しも開催される。

 

弘前観桜会記念日提灯行列

弘前観桜会が始まった5月3日を記念するパレードを開催。今年は新たな時代の幕開けを祝い、弘前らしい提灯行列を行う。

実施日時:5月3日(金・祝) 10:00~

実施コース:弘前公園内追手門~東内門付近

 

和装で観桜会

昨年も大好評だった和装で観桜会を今年も開催。さくらまつり期間中に和装で来園し、指定の場所で優待チケットを受取ると、本丸・弘前城植物園の入場が無料となる。

実施期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

チケット配付場所:さくらまつり本部(二の丸)、四の丸案内所

弘前公園中濠観光舟

普段見ることのできないお濠からの桜。和船と船頭によるお濠めぐりを楽しめる。

運行期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

運行時間:9:00~17:00※最終乗船は16:30まで (ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)

 

桜守による特別サクラ鑑賞ツアー

桜守(樹木医)が、弘前公園のサクラの見所を案内、解説する。

実施日:4月30日(火・祝)、5月2日(木・祝) 13:30~(90分程度)

募集人員:1回40人(先着順)

参加料:無料(ただし、園内有料区域への入場料が必要)

花筏(はないかだ)

満開を迎えたのち、桜が散り始めたお濠では、SNSで話題の花筏が楽しめる。大量の花びらが水面を覆いつくしてしまうため、桜のじゅうたんとも呼ばれている美しい景色が望める。

 

お花見と合わせて、桜にちなんだイベントにもぜひ参加してみて。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US