2,600本の桜がお出迎え!青森県・弘前最大のまつり「弘前さくらまつり」

02.April.2019 | SPOT

青森県弘前市は「弘前さくらまつり」を2019年4月20日から5月6日まで開催する。毎年200万人以上の観光客で賑わう弘前最大のまつりで、会場となる弘前公園内には、52種類、約2,600本の桜が咲き誇る。

開催期間中は、中濠観光舟や桜守による鑑賞ツアーなど桜にちなんだ特別な催しも開催される。

 

弘前観桜会記念日提灯行列

弘前観桜会が始まった5月3日を記念するパレードを開催。今年は新たな時代の幕開けを祝い、弘前らしい提灯行列を行う。

実施日時:5月3日(金・祝) 10:00~

実施コース:弘前公園内追手門~東内門付近

 

和装で観桜会

昨年も大好評だった和装で観桜会を今年も開催。さくらまつり期間中に和装で来園し、指定の場所で優待チケットを受取ると、本丸・弘前城植物園の入場が無料となる。

実施期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

チケット配付場所:さくらまつり本部(二の丸)、四の丸案内所

弘前公園中濠観光舟

普段見ることのできないお濠からの桜。和船と船頭によるお濠めぐりを楽しめる。

運行期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

運行時間:9:00~17:00※最終乗船は16:30まで (ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)

 

桜守による特別サクラ鑑賞ツアー

桜守(樹木医)が、弘前公園のサクラの見所を案内、解説する。

実施日:4月30日(火・祝)、5月2日(木・祝) 13:30~(90分程度)

募集人員:1回40人(先着順)

参加料:無料(ただし、園内有料区域への入場料が必要)

花筏(はないかだ)

満開を迎えたのち、桜が散り始めたお濠では、SNSで話題の花筏が楽しめる。大量の花びらが水面を覆いつくしてしまうため、桜のじゅうたんとも呼ばれている美しい景色が望める。

 

お花見と合わせて、桜にちなんだイベントにもぜひ参加してみて。

RELATED ENTRIES

  • 星野リゾート 界、雪国の冬の風物詩を楽しむ「かまくら体験」青森・長野で開催

    17.November.2019 | SPOT

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2020年2月1日~29日、雪国ならではの非日常体験を提供する、界 津軽・界 アルプスの2施設にて「かまくら体験」を開催する。

     

    津軽「こぎんかまくら」で楽しむ こぎん尽くし体験 

    南津軽・大鰐に位置する青森県の温泉旅館「界 津軽」では、「こぎんかまくら」で楽しむこぎん尽くし体験を開催。

    Koginデザイナーの山端 家昌(やまはた いえまさ)氏がデザインした「こぎん燈籠」に沿って進んでいくと、かまくらに辿り着く。約50個の燈籠は、小さいものから大きいものまであり、それぞれに「花こ(津軽弁で花)」や「こごり(津軽弁で雪)」など、さまざまな津軽こぎん刺しのもどこ(模様)が施されている。美しい雪景色と、こぎんの幾何学模様のコラボレーションを楽しもう。

    かまくらではゆったり過ごせるよう、地元の洋菓子店が作った、こぎん模様のかわいらしいチョコレートを提供。また、青森県が生産量全国1位を誇るりんごを使ったホットカクテルを提供。お酒が苦手でも楽しめるノンアルコールカクテルも用意されている。

    かまくらの中では、津軽こぎん刺しのもどこで神経衰弱をする「こぎん合わせ」を楽しめる。「こぎん合わせ」は界 津軽のスタッフが考案したオリジナルのカードゲーム。こぎん刺しは津軽地方に伝わる刺し子技法だ。農民の着物が麻布に限られていたため、農家の女性達は荒い布目を糸で埋め、擦り切れを予防し、保温性を高める工夫をしていた。ゲームをとおして、寒い冬を快適に過ごす津軽の人々の暮らしの知恵に触れることができるのも魅力的。

     

    アルプス 童心に返って雪国の暮らしを楽しむ「信州かまくら雪ん子体験」

    長野県・大町温泉の温泉旅館「界 アルプス」では、童心に返って雪国・信州ならではの暮らしを楽しむ「信州かまくら雪ん子体験」を開催。

     

    雪深く寒さ厳しい信州では、暮らしの知恵として、蓑(みの)や半纏(はんてん)などを防雪・防寒具として身につけていた。界 アルプスでは、そんな信州の文化を感じつつ、童心に返って遊べるように「雪ん子」の装いを貸し出。思いっきり遊んでいると、いつの間にか寒さを忘れている、そんな不思議な感覚を懐かしく思いながら雪遊びを楽しむことができる。

    かつての日本家屋では、家族や親戚、友人が集う場として囲炉裏があった。界 アルプスのパブリックスペース・土間にある囲炉裏にも、薪が燃えるぱちぱちという音や、火の温かさ、かまどからあがる湯気の香りなど、穏やかでゆったりとした時間が流れている。冬の期間は、昔ながらのあたためアイテム「お汁粉」と「カイロ」を用意している。

     

    かまくらをとおして雪国の文化や情緒に触れる冬ならではの体験を楽しんでみては?

  • 桜約2,600本・楓約1,000本の紅葉を青森県・弘前城で楽しむ!「弘前城 菊と紅葉まつり」

    13.October.2019 | SPOT

    青森県弘前市では、弘前の四季を彩る祭りのひとつ「弘前城 菊と紅葉(もみじ)まつり」を、2019年10月18日〜11月10日まで開催する。

     

    「弘前城 菊と紅葉まつり」は、1962年から秋の祭りとして開催。弘前公園内を鮮やかに染め上げる約1,000本の楓と、春にはピンクに染まった約2,600本の桜が織りなす紅葉は、秋の弘前の風物詩となっている。

    「弘前城 菊と紅葉まつり」開催期間中の日没後、弘前城天守や城門など、弘前公園内各所をライトアップ。ライトアップにより木々や城跡の景観が映えるのはもちろん、濠の水面に映る姿も深みを増し、弘前公園の美しさをより一層際立たせる。

     

    さくらの名所・弘前城で秋ならではの魅力を楽しんでみて。

  • 青森県つがる市から日本初「メロン工房」東京・神楽坂にオープン

    24.June.2019 | FOOD

    青森県つがる市は、つがる市の特産品の一つである“メロン”に特化した日本初のメロン工房「果房 メロンとロマン」を、市のアンテナショップとして7月7日(日)東京・神楽坂にオープンします。

     

    「果房 メロンとロマン」は、フルーツ・メロン離れが起こっている日本において「メロンのことをもっと好きになってもらいたい」という想いから生まれた、日本初のメロン工房。

    メロンの工房は、年間の収穫量10,400t(全国4位)を誇る青森県内においてその約7割を生産するつがる市ならではのアンテナショップとして運営。メロンを通じてつがる市を広く知ってもらうことを目的としている。

    メロンのフルーツサンド

    現在流行中のフルーツサンドの中でも珍しい、メロンのみを使用した「メロンサンド」。レーズンパンを使用し、大人向けの奥深い味わいに仕上げている。

    ふわふわムースのメロンかき氷

    メロンの果汁が入った氷を削り出した ふわふわかき氷の上に、更に100%果汁で作ったエスプーマ(泡)がたっぷり乗っている。

    贅沢メロンパフェ

    フルーツメニューの王道「メロンパフェ」には惜しみなくたっぷりと3層にフレッシュメロンを使用。


    また「五感でメロンを体験する工房」として、視覚「オリジナルメロンink」/聴覚「ロマンを聴かせたメロン」/触覚「メロンを感じるコースター」/味覚「食べ比べメニュー「メロンテイスティング」」/嗅覚「フレーバーウォーター飲み比べ「メロンフレーバーテイスティング」」が体験できる、これまでにない新しい形のアンテナショップとなっている。さらにショップ内では、大人がちょっと感動するムービー「女の子とメロン」の上映予定。

     

    メロンの魅力に存分に触れられる、新感覚のアンテナショップに足を運んでみよう!

  • 水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」東北に初上陸

    11.June.2019 | FOOD / SPOT

    昨秋、銀座にオープンした行列のできる食パン店「銀座に志かわ」は、6月27日(木)に東北初出店となる青森県弘前市に10号店をオープンする。

    「銀座に志かわ」の商品は「水にこだわる高級食パン」1種類。ほんのりとした甘さやモチモチした食感を堪能するには購入1日目の生食が一番。また、その後の経過時間と共に生食とは違った「水にこだわる高級食パン」を楽しむこともできる。水分が1日目よりかは減少した2日目以降はトーストにすると、外はカリッ、中はふんわりした生食で得られないような香ばしさを加えた楽しみを増やすことができる。

     

    また、和の食材との相性が抜群!きんぴらごぼうやなす味噌などの和惣菜、奈良漬けなどのお漬物や佃煮、いかの塩辛や明太子、酒盗といった酒の肴にもよく合う。

     

    お酒にもおすすめ。ワインなら、やや酸味がある軽めの赤やロゼ、重めの白。そして、スパークリングワインにも合う。日本酒なら微発泡もしくはにごり系、スパークリング日本酒がおすすめ。カクテルなら桃、びわ、柚子など果実を使ったものと相性が良い。食パンというと朝食のイメージが強いが夜にも食べられる食パンとなっている。

    手作りにこだわりながら「誰が、どこで作っても、美味しい食パン」を基本コンセプトに職人の技術や勘を数値化。スタッフは気温、湿度などに応じて吸水率や発酵時間を調整するなど日々の徹底した数値管理を元にパンを製造し「銀座に志かわ」の品質を保っている。この1種類の大事な味、食感をどの店舗で購入しても同じ商品として提供するために、独自の育成システムと技能評価システムを確立。各店舗の研修スタッフを短時間でパン職人に成長させることに挑戦している。

    食パン製造の規範に革命を巻き起こし、これまで敬遠されてきたアルカリイオン水を仕込み水に使用。この常識を覆した方法により、これまでに実現できなかった、絹のように柔らかい、ほんのりとした甘みのある唯一無二の食パンが出来上がった。昨今の食パンブームの波にも乗り、各店舗の前には長蛇の列。

    食パン1本(2斤)がしっかり入る4色の専用風呂敷も販売(1つ1296円(税込))。従来の食パンにはなかった新しいニーズの開拓に取り組んでいる。またアツアツのパンの蒸気が籠らないように、上が大きく開くタイプのパン保存袋を使用し、手提げ紙袋の底にはポール紙を入れて型崩れを最小限に防ぐなど、細かいところまで気を配り、最高の状態で焼きたての美味しい食パンを提供するように努力している。

  • 350本の藤の花と5000株のツツジが見頃!栃木県・あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語」

    16.April.2019 | SPOT

    あしかがフラワーパークでは、2019年4月13日(土)より「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」を開催する。

     

    期間中は藤の花をはじめ沢山の花々が咲きそろい、百花繚乱の園内となる。特に大藤については1週間前後という限られた短い期間しか見れないので、一見の価値あり。

    樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤など350本以上の藤が咲き誇る。咲く藤色の順番としては、うす紅、紫、白、黄色の順番で約1ヶ月間。

    CNNより、映画アバターの魂の木の様な幻想的な光景が広がると称賛され「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれた。

    うす紅藤(さくら色の目映い藤)

    例年見頃:4月中旬~4月下旬頃

    大藤(栃木県指定天然記念物)

    例年見頃:4月下旬~5月上旬頃

    5,000株以上のツツジ

    例年見頃:4月中旬~5月上旬

    ツツジの仲間は世界中に分布し、園芸種も含めると1,000を超える品種が存在。明るい日差しの中、鮮やかな色彩の花が豊かに咲き誇る姿は眩しいほど。

    さらに、2018年4月にはあしかがフラワーパーク駅が開業し、あしかがフラワーパークまで徒歩3分と更に便利になった。

    連休中は、家族や友達と一緒に絶景を心ゆくまで楽しもう!

  • 新元号「令和」を祝う”ねんりん家”紅白バームクーヘン発売

    06.April.2019 | FOOD

    バームクーヘンブランド「ねんりん家」は、新元号「令和(れいわ)」を掲げた期間限定「新元号バーム」を発売した。

    新元号バーム 1,188円(税込)

    令和バームには新元号が書かれた特別な掛け紙を用意。上品で華やかな桜色のパッケージにおめでたい赤色の二重丸の掛け紙、縁起の良いデザインが特徴。

     

    ​木の年輪のように見えることから、「繁栄」や「幸せを重ねる」などの意味を込めて慶事の贈り物として選ばれているバームクーヘン。ねんりん家史上初の、おめでたい紅白バームは、平成から令和へ2つの元号を2つの円で表現した、今しか味わえないバームクーヘンだ。

    内側は、カステラのようにふっくらと焼きあげた定番のたまご風味のバームクーヘン。外側は、桜葉香るシロップをとけこませた桜色のバームクーヘン。2つの味わいが1度に楽しめるのは今だけ。さらに円(縁)が重なっておめでたいバームクーヘンをぜひ味わってみて。

  • 桜を愛でる限定パフェ!「花の宴」茶寮都路里 祇園本店で提供

    03.April.2019 | FOOD

    茶寮都路里(さりょうつじり)は、4月1日より祇園本店限定メニュー「花の宴」を提供する。

    花の宴 1,451円(税込)販売期間:2019年4月1日(月)~30日(火)※予告なく終了時期が変更となる場合があります。
    提供店舗 :茶寮都路里 祇園本店

    桜のアイスや、ふわふわの桜クリーム、桜クッキーで爛漫と咲き誇る桜をイメージした和風パフェ。桜柄の抹茶クッキーの扇が添えられている。春らしい一品を楽しもう。

  • アドベンチャーワールド ジャイアントパンダ”永明”とお花見イベント開催

    30.March.2019 | SPOT

    アドベンチャーワールドでは、2019年3月28日(木)~4月3日(水)までの期間限定で、春の特別イベント「ジャイアントパンダ「永明(えいめい)」とお花見」を開催する。

     

    「永明」が暮らすブリーディングセンター屋外運動場前にお花見観覧エリアを設置。あたたかな春の訪れを感じながら、「永明」とともにお花見を楽しむことができる。現在パーク内の桜は、つぼみが膨らみ始めている。パークの桜の満開予想は、3月30日頃。

    あたたかな春の日差しの中、愛くるしいパンダの姿ときれいな桜の景色に癒されてみてはいかが?

  • 辻利 京都店から「さくらと苺」の春限定メニュー 今年も登場

    28.March.2019 | FOOD

    宇治の老舗「辻利 京都店(きょうとみせ)」では、2019年3月1日(金)から2019年5月15日(水)まで、毎年人気の春限定メニューを発売。

    辻利ソフト 春のパルフェ 620円(税込 670円)(写真右)

    もっちりしたさくらあん、白玉、カットいちごを、お店一番人気の濃厚な抹茶のソフトクリームにトッピングした贅沢なパルフェ。

    京ラテ スムージー さくら苺 Sサイズ540円(税込583円)/Lサイズ590円(税込637円)(写真左)

    もっちりしたさくらあんとほろにがい抹茶スムージーにいちごをトッピング。見た目もかわいく食感も楽しい抹茶スムージー。

    京ラテ さくら Sサイズ440円(税込475円)/Lサイズ490円(税込529円)(写真中央)

    ほんのり桜が香る春色の抹茶ラテ。濃厚な抹茶にふんわり甘いさくら味の牛乳を合わせました。優しい味わいが広がる。

     

    辻利の抹茶を贅沢に使った春らしいメニューで、観光の途中にほっとひと息ついてみてはいかが?

  • 星野リゾート青森屋にて夏季限定「にんにく茶屋」登場!

    27.March.2019 | FOOD

    「星野リゾート 青森屋」に、2019年6月1日から8月31日までの間、夏に収穫期をむかえる”にんにく”でもてなす「にんにく茶屋」が登場。

     

    にんにく茶屋は、にんにくを愛する「にんにくじいじ」とじいじを支える「にんにく娘」が営む茶屋。にんにくの匂いの強さに応じてレベル分けした「にんにく和菓子三点盛り」を楽しめる。

    茶屋の主人であるにんにくじいじは、愛情をこめてにんにくを作っている。にんにく娘は、じいじを支えるため、茶屋の手伝いを一生懸命している看板娘。にんにくを愛する2人は、遠路はるばる青森にまで来てくれたお客さまに、旅の疲れを癒してほしいという思いから、照明からクッションまでにんにくをモチーフにした設えの茶屋を作り、出迎える。

     

    青森県は、国内産にんにく生産量の約70%を占める日本一のにんにくの生産地。冬に厳しい寒さが続く青森では、雪の下で糖分を蓄えて育つため、糖度が高く風味豊かなにんにくが収穫できる。収穫期の6月頃になると、畑では掘り起こす前からにんにくの匂いが漂う。

    匂いの強さを3段階にレベル分けしたにんにく和菓子茶屋では、夏に収穫期を迎えるにんにくを使用した和菓子を提供。和菓子は3種類あり、にんにくの匂いの強さに応じてレベル分けをしている。食べ比べをすることで、にんにくの匂いの強さを改めて知ることができる。

     

    ~にんにく和菓子三点盛り~

    大福:レベルー臭(いちくさ)

    シロップ漬けにした丸ごとのにんにくを白あんで包んでいる。シロップ漬けにんにくは匂いが控えめで甘みがある。後味にふんわりとにんにくの匂いを感じる大福。

    羊かん:レベル二臭(にくさ)

    ペースト状にした黒にんにくをあんこに練り込んでいる。黒にんにくは、にんにくを発酵熟成させたもので、プルーンのような味と酸味が特徴。羊かんの甘さと黒にんにくの風味がクセになる。

    団子:レベル三臭(さんくさ)

    にんにくは細胞が傷つくと匂いが強くなると言われている。団子には、すりおろしにんにくを練りこんでいるため、ひとくち目で鼻に抜ける辛味と強烈なにんにく臭に驚く。それでも、もうひとくち食べてみたくなる団子となっている。

    さらに、にんにくが大好き!にんにくをとことん突き詰めて楽しみたい!という挑戦心の強い方に向け、にんにくを煮出したにんにく茶を提供。にんにくの匂いが気になってしまう、という方にはお口直しにりんごジュースを提供している。安心してにんにく和菓子を楽しめるのも嬉しい。ぜひにんにくの魅力に触れてみて!

     

  • 関西のお花見におすすめ「桜イベント」3選

    25.March.2019 | FEATURES / SPOT

    関西では桜が開花してきているところもちらほら。今年はどのようにお花見シーズンを満喫しようか考えている方もいるのでは?そこで今回は関西で開催されるおすすめの「桜イベント」をご紹介します。

     

    関東のおすすめ「桜イベント」まとめはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/183080

     

    京都府立植物園「桜ライトアップ2019」

    京都府立植物園では、2019年3月25日(月)~4月7日(日)に「桜ライトアップ2019」を、4月19日(金)~4月21日(日)に園職員による「桜散歩」を実施。京都府立植物園の桜の特長は、なんといっても長い期間にわたって桜の開花を楽しめるところ。多くの桜の名所で観賞されるソメイヨシノは4月初旬の1週間程度が見頃とされていますが、早咲き・遅咲きと多品種を保有していることで、3月中旬から4月下旬まで鑑賞を楽しむことができるのが嬉しいですね♩

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/163320

     

    ▶️桜ライトアップ2019

    日時:2019年3月25日(月)~4月7日(日)

    日没後(午後6時30分頃)~午後9時(入園は午後8時まで)

    ※通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長
    料金:通常の入園料のみ

     

    桜散歩

    日時:

    2019年4月19日(金)午後1時~1時45分

    2019年4月20日(土)午後1時~1時45分、午後5時~5時45分

    2019年4月21日(日)午後5時~5時45分

    ※4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。
    料金:通常の入園料のみ

     

    京都府立植物園

    住所:京都市左京区下鴨半木町
    料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
    TEL:075-701-0141

    京都府立植物園公式サイト:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

    CAFETEL 京都三条 for Ladies「SAKURA ROOM」

    女性専用宿泊施設CAFETEL(カフェテル)京都三条for Ladiesにて、「SAKURA ROOM」の予約が開始されました。春の陽気をイメージした淡い色合いのリボンカーテンや、さくらのフレグランス、お花の冠などが揃えられており、思わず写真を撮りたくなるような空間が演出されています。お部屋からは、京都の景色を代表する鴨川を望むことができるので、お部屋の中でお花見が楽しめちゃいます!

     

    ▶️CAFETEL 京都三条 for Ladies SAKURA ROOM

    宿泊日:2019年3月10日(日)~4月30日(火)(予定)

    室数:各日限定1室

    料金:15,000円~・3名1室 ※税サ込。宿泊税は別途。料金はご宿泊日により異なります。

    URL:https://cafetel.jp/

    桜300本が楽しめる 大阪ひらかたパーク

    ひらかたパークでは3月下旬から4月上旬にかけ、園内の桜が見ごろを迎えます。桜の品種はソメイヨシノを中心に八重桜など約300本。中でも、観覧車「スカイウォーカー」へ続く坂道は桜並木となっており、満開の時期には桜のトンネルを、散り際には道に敷き詰められた桜のじゅうたんを楽しむことができます。アトラクションに乗りながら眺める桜は、まさに遊園地ならではの楽しみ方ですね!

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/185350

     

    ▶︎ひらかたパーク

    住所:大阪府枚方市枚方公園町1−1
    休園日:3月13日~6月26日の水曜日
    ※3月27日(水)・4月3日(水)・5月1日(水)は除く

    営業時間
    平日:10時~17時
    土日祝・3月25日(月)~4月5日(金)10時〜18時
    4月27日(土)~5月6日(月・休):10時~19時

    入園料金:おとな(中学生以上)1,400円、こども(2歳~小学生)800円

    URL:http://www.hirakatapark.co.jp/

     

    いかがでしたか?桜をさまざまな角度から楽しんでみてくださいね。

  • 「江戸ワンダーランド日光江戸村」で江戸時代のお花見体験

    23.March.2019 | SPOT

    風情ある商家街散策、粋な江戸人との心の触れ合い、百花繚乱の江戸文化体験 ――。江戸時代をまるごと体験できる「江戸ワンダーランド日光江戸村」が今、力を入れている新たな文化体験「食」。昨年より、江戸料理に精通する料理研究家・冬木れい氏を監修に迎え、四季に応じた本格的な江戸料理を期間限定で提供してきた。

    そして今春、咲き誇る桜を眺めながら豪華な江戸花見料理が味わえる、江戸ワンダーランドならではのイベントを開催。期間中は様々なシチュエーションでの江戸の花見を再現。

    青空の下、堀端で行楽花見弁当を食すもよし、料理屋で豪華花見膳を味わうもよし、蛤や筍など旬の食材をお供に花見酒に酔うもよし…、江戸時代さながらのお花見を体感することができる。

    また、江戸ワンダーランドには桜への深い想い入れも。

    江戸に本来あった風景を取り戻すことを目的とした「EDO-SATOYAMAプロジェクト」の一環として、昨年は環境保護活動家のC.W.ニコル氏の指導のもと、近隣の保育園児とともに桜苗木を植樹。今年も同氏が参加し、保育園児と肥料や水遣りなどの育樹を行い、地元の子供たちの成長とともに次世代に美しい里山を残すべく取り組んでいる。

    江戸ワンダーランドが目指すは“テーマ”パークならぬ“カルチャー”パーク。これまで培ってきた様々な江戸文化を背景に、本格的江戸料理と桜舞う春のイベント「春の宴 ~江戸の花見~」。

    和装に着替えて江戸人になりきり、情緒溢れる本格的な「お江戸の花見」体験をしてみては?

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US