総合上半期ソング・チャート1位は米津玄師「Lemon」2019年上半期チャート発表!

08.June.2019 | MUSIC

「ビルボードジャパン」が、2019年総合上半期チャートの受賞楽曲・アーティストを発表した。(集計期間:2018年11月26日~2019年5月26日)

2019年上半期の総合ソング・チャートBillboard JAPAN Hot 100は、米津玄師「Lemon」が2018年上半期と年間に続き、総合首位を獲得した。本楽曲の今年度上半期の総合ポイントは2018年度上半期を上回っており、Billboard JAPAN史上初となる2年連続HOT100首位に期待がかかる結果となった。そして2位はあいみょんの「マリーゴールド」、3位はDA PUMP「U.S.A.」が獲得した。


総合アルバム・チャートBillboard JAPAN Hot Albumsは、星野源の「POP VIRUS」が首位を獲得。本作は初週で281,039枚という好スタートを切った後、メディア露出も後押しし年明け以降もロングセールスを記録。ダウンロードとルックアップ(PC等によるCD読み取り数)でそれぞれ1位となり、総合アルバム・チャートを制した。続く2位はONE OK ROCK「Eye of the Storm」、3位は乃木坂46「今が思い出になるまで」が獲得した。

そしてBillboard JAPAN Top Artistsは、あいみょんが獲得。あいみょんは、JAPAN Hot 100で100位中8曲、JAPAN Hot Albumsでは3タイトルがチャートインという存在感を示し、総合ソング・チャートと総合アルバム・チャートのポイントを合算したアーティスト・ランキングで自身初の首位を獲得した。

 

その他、今年の上半期を語る上で欠かせないポイントとして、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットによる、クイーンのリバイバル・ヒットが挙げられる。クイーンは、デジタルとフィジカルの両領域でシェアを広げており、国境と世代を超えたムーヴメントを巻き起こした。今年の下半期には、どんなヒット曲が生まれるのか引き続きBillboard JAPANチャートに注目しよう。

RELATED ENTRIES

  • 米津玄師「馬と鹿」100万セールス突破!”旅するデカジャケ”はラグビーW杯決勝の地へ

    31.October.2019 | MUSIC

    米津玄師の「馬と鹿」がCDとダウンロードのセールス合計、110万セールスを突破。デジタルランキングでは10週1位を記録した。

     

    リリースから2ヶ月半以上経ってもその勢いは増しており、11/4付Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で10度目の1位を獲得、CDセールスは491,836枚、デジタルでは689,497ダウンロード(2019年10月27日までの累計、ビルボードジャパン調べ)と合計110万セールスを突破するという大きな結果を残し、MVは4600万再生を超え、幅広い世代に支持されてロングセラーとなっていることを示した。

    「馬と鹿」はラグビーをモチーフにした日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲。ラグビーワールドカップの盛り上がりと共に試合後やラグビー関連のニュースで度々使用されるなど、楽曲の認知度は着実に拡大。日本代表の福岡堅樹選手がツイッターで米津玄師に向けて「いつもありがとうございます!本当に力をもらっています」とコメントするなど、楽曲は一般層だけでなくアスリートにまで届いており、その広がりはより大きなものとなっている。

     

    先日行われたラグビーワールドカップ準々決勝 日本vs南アフリカ戦においても、試合終了後、激闘を戦い抜いた日本代表がスタンドの観客へ感謝の意を表し、それに応えるスタンドの全てのファンが奮闘を称えるという感動的なシーンにおいて「馬と鹿」がスタジアム中に響き渡り、会場の観客のみならずテレビでその瞬間を目撃した日本全国の視聴者の心を強く揺さぶる、今大会のハイライトとも呼べるワンシーンを演出した。

     

    この「馬と鹿」の大ヒットを記念しスタートした”旅するデカジャケ”企画は、巨大な「馬と鹿」のCDオブジェが日本各地を巡る内容で、 9月13日(金)に渋谷スクランブル交差点からスタートし、福岡・大阪・名古屋・北海道・西東京と1ヶ月以上に渡って各地を巡り、展示を実施。フォトスポットとなるだけでなく、ラグビーワールドカップでの熱戦を見守りながら旅を続けている。

     

    各地を巡る旅の最終地点となったのはラグビーの決勝戦が行われる横浜国際総合競技場のある神奈川県・横浜市。ファンゾーンが設置されるなどラグビー熱の高まるみなとみらい駅前「MARK IS みなとみらい」にて決勝戦を迎える選手たちにエールを送る。

     

    ラグビーワールドカップの数々の熱戦を日本各地で見守ってきた”旅するデカジャケ”。ついに最後の試合となる決勝戦を“馬と鹿”“旅するデカジャケ”と共に見届けてもらいたい。

  • 米津玄師「馬と鹿」6週連続ダウンロードチャート1位獲得!旅するデカジャケ 次の開催地は名古屋

    29.September.2019 | MUSIC

    米津玄師ニューシングル「馬と鹿」が止まらない。

     

    9/23付Billboard JAPAN総合チャート「JAPAN HOT 100」において「総合1位」を達成し、”ソロアーティスト史上最高ポイント”となる42,603ptを獲得、9/23付オリコン週間シングルランキングにて自己最高記録となる41.2万枚のセールスを記録した「馬と鹿」だが、デジタルランキングでは、9/30付Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”および 9/30付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで1位を達成。これで「6週連続1位」を獲得したこととなり、記録を伸ばし続けている。

    また、合わせて、シングル発売後2週目となる9/30付Billboard JAPAN総合チャート「JAPAN HOT 100」では総合2位を獲得。ラジオチャート2週連続1位、動画再生数1位、ダウンロードチャート1位という全3冠を獲得するなど幅広い面で「馬と鹿」が広まっていることを証明する結果となった。

     

    さらに、巨大な「馬と鹿」CDが各地を巡る“旅するデカジャケ”企画の次なる目的地が決定。大阪の次は名古屋にて実施が決定となり、開催場所が発表となった。随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて情報を発信していくため、こちらもチェックしよう。

  • あいみょん、青空の下で撮影された 新曲「空の青さを知る人よ」MV公開

    20.September.2019 | MUSIC

    シンガー・ソングライター・あいみょんが2019年10月2日(水)に発売する9thシングル「空の青さを知る人よ」のミュージックビデオが公開された。

    今回の楽曲のミュージックビデオは映画「満月の夜なら」のMusic Videoを手掛けた映像制作チーム・The 16.がディレクションを務めている。

     

    撮影は、青空広がる快晴の中オールロケで実施。あいみょんのシンガー・ソングライターとしての原点である路上に立ち返り、ギターを弾いて歌う素朴な姿が描かれた。「空の青さを知る人よ」の楽曲の世界観がモノクロとカラーの世界の中でシンプルかつどこか切なさ含んだ形で存分に表現されている。本映像の完成に際してあいみょんとThe 16.よりコメントも届いているのでぜひチェックして欲しい。

     

    先週9月13日(金)からは「空の青さを知る人よ」の先行配信もスタートし、各サイトにてチャート上位を獲得中。映画の本編映像を使用した特別版のミュージックビデオも既に公開中。

    10月2日(水)には9thシングル「空の青さを知る人よ」のCD発売、10月11日(金)には映画「空の青さを知る人よ」の公開と、自身最大規模となるワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-」がスタートする。今後のあいみょんにも引き続き注目して欲しい。

     

    あいみょんコメント

    何故か気ままに歌う少年になりたくなりました。

    とても空と太陽が似合う楽曲なので、

    晴れて良かったなあ、としみじみ。

    The.16との久しぶりのMV、

    晴れて、解禁です。

     

    The 16.コメント

    今回は路上に立ち返ります。あいみょんがギターを弾き歌うことで場を変えていく強さを見てください。

  • 米津玄師「馬と鹿」41.2万枚のセールスを記録!”旅するデカジャケ”次回の開催地も決定

    17.September.2019 | MUSIC

    9月11日にリリースを迎え、主題歌を務めた日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」が感動的な最終回を終えたばかりの米津玄師「馬と鹿」。9月23日付オリコン週間シングルランキングにて自己最高記録となる41.2万枚のセールスを記録したことが発表となった。ソロアーティストの初週40万越えは2006/6/12付で記録した山下智久「抱いてセニョリータ」以来なんと13年3ヵ月ぶりの記録更新となり、令和の時代にまた新たな記録を打ち立てる結果となった。

     

    ダウンロードチャートも「馬と鹿」は快進撃を続けており、9月23日付「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」では週間売上7.4万DL(74,178DL)を記録し、1位を獲得。これで8月12日から先⾏配信を開始して以来、「5週連続での1位」獲得となり、「Lemon」と併せ、先週9月16日付で記録した歴代1位の 「同一アーティストによる通算2作の連続1位記録」を、5週連続に自己更新した。

    「ノーサイド・ゲーム」では、大泉洋演じる君嶋GM率いる社会人ラグビーチーム「アストロズ」が、廃部の危機という逆境に立ち向かいながら、宿敵サイクロンズとの最終決戦へ向かう。チームの精神的支柱である浜畑選手は怪我を顧みず自身の選手生命を賭して試合に挑み、激戦の末にラストプレーでトライをもぎ取り勝利を掴み取った。選手たち、スタッフ、サポーター、チームに関わるすべての人々が一丸となり、優勝というただひとつの目標のために全身全霊を懸けて挑む姿が描き出されたその試合において、皆の気持ちを鼓舞するかのように主題歌「馬と鹿」が熱く鳴り響いた。この圧倒的な熱量を湛えた描写のドラマに対して、最終回の感動と余韻がいまだ抜けないなか、たくさんのコメントが寄せられている。

     

    また、巨大な「馬と鹿」CDが各地を巡る“旅するデカジャケ”企画の次なる目的地が決定。福岡の次は大阪にて実施が決定となり、開催場所が発表となった。随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて情報が発信されるので、こちらもチェックしよう。

  • 米津玄師「馬と鹿」”旅するデカジャケ”全国各地を駆け巡るキャンペーン始動!台風15号被害エリアのツアー応募期間延長も決定

    13.September.2019 | MUSIC / SPOT

    遂に今週リリースを迎えた米津玄師ニューシングル「馬と鹿」。オリコン週間デジタルシングルランキング4週連続1位、9月10日付オリコンデイリーシングルランキングにて初日24万枚と自身新記録を更新するなど破竹の勢いを続ける「馬と鹿」の大ヒットを記念し、”旅するデカジャケ”と称し、「馬と鹿」通常盤を模した巨大CDオブジェが、渋谷スクランブルに姿を現した。

    9月13日(金)朝10時、見慣れた渋谷スクランブル交差点に突如として巨大な「馬と鹿」のCDが出現。渋谷スクランブル交差点に臨むSHIBUYA TSUTAYA1Fに設置された巨大な「馬と鹿」CDは全長1.5メートル、重さ120kgのデカジャケットとなっており、道行く人の背中を、そっと押すような優しい眼差しでそびえたっている。SHIBUYA TSUTAYAでの展示は9月15日(日)20時まで。

    また、今回のこの“旅するデカジャケ”は渋谷を皮切りに、来週は福岡、それから各地へと駆け巡ることが決定。開催場所は随時twitterアカウント「@tabi_dekajake」にて発表していくため、こちらもチェックしてもらいたい。

    なお今作CD「馬と鹿」には全形態共通初回特典として「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」チケット最速先行シリアルナンバーが封入されている。応募期間は9月15日(日)23:59まで。このツアーは米津玄師自身最大規模となるアリーナツアーで、10都市20公演にて開催される。

     

    また、「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」ツアー応募期間について、先日の台風15号によって大きな被害を受け、現在も停電の復旧作業が続いている千葉県からの申込みに関して、「応募期間延長」を実施することを決定。対象エリアの方の応募期間は9月19日(木)23:59まで。詳細は封入されているツアー申し込みサイトで確認してほしい。

  • あいみょん、映画「空の青さを知る人よ」映像を使用した特別版MVをYouTubeプレミア公開

    12.September.2019 | MUSIC

    シンガー・ソングライター あいみょんが、10月2日(水)にCD発売する9thシングル「空の青さを知る人よ」より、表題曲「空の青さを知る人よ」のミュージックビデオを9月13日(金)23時にYouTubeプレミア公開することが決定した。

     

    今回公開するMVは主題歌を務める映画「空の青さを知る人よ」の本編映像を使用した約3分間の特別版のMVとなっている。

     

    YouTubeプレミア公開とは、映画やテレビ番組のプレミア上映のように、視聴者が新作動画を同時に見て楽しめる機能。今回のYouTubeプレミア公開中の23時からの”約3分間”はあいみょん本人もチャットに参加することが決定。本人とともにMVの公開を迎えることが出来る貴重なタイミングになるので、ぜひあいみょんYouTubeチャンネルをチャンネル登録して、プレミア公開を楽しみにしていて欲しい。

     

    9月13(金)0時からは「空の青さを知る人よ」の先行配信がスタート、さらには同日テレビ朝日系「ミュージックステーション」にも出演が決定しているあいみょん。9月13日(金)はあいみょん尽くしの1日になることが間違いないのでぜひチェックしてほしい。

  • 米津玄師 ノーサイド・ゲーム主題歌「馬と鹿」大泉洋×米津玄師 スペシャル対談が実現

    11.September.2019 | MUSIC

    オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングでは4週連続1位を記録し、MVの再生回数も1,000万回再生を突破するなど、期待値が高まる中リリースされた米津玄師の「馬と鹿」。大泉洋とのスペシャル対談が公開された。

     

    この対談は、「馬と鹿」が主題歌となっている日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の主演を大泉洋が務めていることから実現。数々のドラマや映画に出演し、お茶の間の顔として活躍する大泉洋と、数々の音楽作品を世に届け続ける米津玄師の対談はドラマの話だけでなく、自身のルーツや物づくりの考え方まで、多岐に渡った。ジャンルが違うながらも日本のポップカルチャーを牽引する2人の対談を見逃さないでほしい。

    また、今夜「NEWS ZERO」にて米津玄師によるインタビュー番組も放映が決定。内容は「馬と鹿」の歌詞に込めた思いや、今の社会に対して抱く危機感など、今しか聞くことができない貴重な本人インタビューとなっているので是非チェックしてもらいたい。

     

    いよいよフィナーレを迎える「ノーサイド・ゲーム」。第9話では、大泉洋演じる君嶋は最も信頼していた上司に裏切られ、宿敵サイクロンズとの優勝決定戦を目前にして再び廃部の危機という最大の窮地を迎える。しかし、君嶋のGM就任時には頼りなかったアストロズの選手たちの成長に支えられ、暗躍していた黒幕・脇坂常務との戦い、そして2年越しの悲願であるプラチナリーグ優勝をかけた最終決戦に臨む。どのような結末を迎えるのか、今週末9月15日(日)に放送される最終話をぜひご覧いただきたい。

  • 米津玄師、MV「馬と鹿」が1,000万再生突破

    10.September.2019 | MUSIC

    米津玄師のMV「馬と鹿」が1,000万再生を突破した。

    「馬と鹿」MVは、山田智和氏が監督を務め、屋上からはじまり、たくさんのエキストラの中で、米津自身が地に足をつけ立ち上がる姿が強烈なインパクトのある映像となっている。YouTubeのコメント欄には、さまざまな感想が溢れ、解釈がもりあがると共に、海外からのコメントが圧倒的に多く、多くの人の心に届く作品となった。

     

    「馬と鹿」Music Video

    ニューシングル「馬と鹿」発売はいよいよ今週9月11日となり、主題歌となるドラマ「ノーサイド・ゲーム」も遂に9月15日、最終話を迎える。

  • 米津玄師「馬と鹿」 MV解禁!上映会では鏡に取り囲まれた空間で映像作品と来場者が一体化

    04.September.2019 | MUSIC

    9月11日シングル発売、オリコンデジタルチャートで3週連続1位と発売となる米津玄師の最新シングル「馬と鹿」。9月2日(月)に行われた「鏡の上映会」にてミュージックビデオが公開された。

    ミュージックビデオ先行視聴会「鏡の上映会」は表参道ヒルズ スペースオーにて開催された。

    入り口には「馬と鹿」JKT写真が描かれた巨大看板が掲示され、来場者を出迎える。その後さまざまな形のウォールミラーで飾られた通路を抜けると、そこには壁全面、鏡に周囲を囲まれた異空間が。来場者たちの姿が乱反射する独特な空間の中、固唾を飲んでその時を待ち焦がれていると、突然「馬と鹿」のイントロが流れ出し、今まで鏡だったはずのエリアに突如として巨大な「馬と鹿」のMVが映しだされた。

    壁全面に施された鏡に映像が反射することで、自身がMVの登場人物になったかのような錯覚を覚えると共に、まるで万華鏡の世界に飛び込んだかのような神秘的な映像体験に、会場は驚きと興奮の声にあふれた。

     

    「馬と鹿」Music Video

     

    ミュージックビデオの監督は「Lemon」「Flamingo」も手がけた山田智和氏が務めた。生き抜く上で不可欠な”衝動”や”情熱”が、120人にのぼるキャストと共に力強く表現された鮮烈な映像は、一度見たものの心を惹きつけて離さない、これまでのどの映像作品とも全く異なる形で楽曲の世界観を表現した、圧巻の作品となっているのでぜひチェックしてほしい。

     

    米津玄師の最新シングル「馬と鹿」はいよいよ来週9月11日に発売。日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』は今週末、第9話セミファイナルとなり、宿敵サイクロンズに惜敗したアストロズにとって、リベンジを期す2年目のシーズンが幕を開け、物語はいよいよ佳境を迎える。来るべきシングル発売日と、ドラマ最終話まで、心待ちにしていてほしい。

  • 米津玄師「馬と鹿」映像盤収録「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE映像一部解禁

    29.August.2019 | MUSIC

    米津玄師の、9月11日発売「馬と鹿」CD映像盤に収録される「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserの一部が楽しめる映像が解禁となった。

     

    「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaser

    この映像は、最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」会場となる各都市の駅サイネージ132面にて放映され、音がないながらも臨場感あふれるライブ映像に多くのユーザーが「興奮」し話題となっていた作品。米津としては、貴重なライブ映像となる。

     

    そして今回「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserには「Flamingo」「TEENAGE RIOT」「ごめんね」など最新シングル曲だけでなく、ダンサーや鼓笛隊を率いた演出で話題となった「amen」「Undercover」、そして「Lemon」の貴重なライブ映像が収録。

     

    「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」CD3形態全てに2020年2月より始まる10か所20公演となる最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」のチケット最速先行抽選応募券が封入となる。応募は、9月15日(日)までとなるので、是非この「最速先行」のチャンスを逃さず、ライブに足を運んでもらいたい。

    「馬と鹿」先行配信がオリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングにて2週連続1位を獲得するなど大きな盛り上がりを見せている中でのライブ映像解禁。「映像盤」は初回生産限定盤となり、なくなり次第終了となるため、早めにチェックしよう。

  • 米津玄師ニューシングル「馬と鹿」商品写真&店舗特典発表!

    23.August.2019 | MUSIC

    TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌として話題を呼び、8月12日(月)0時より先行配信開始となった米津玄師の「馬と鹿」。8月26日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングにて16.5万DL、Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”にて17.2万DLと共に1位を獲得、2019年初週DL数最高記録をマークし、2019年最大ヒットソングとして大きな盛り上がりを見せている。その「馬と鹿」を表題曲とするニューシングルのパッケージ商品写真が公開となった。

     

    今作もすべて米津玄師のイラストによって構成されており、「ノーサイド盤」「映像盤」「通常盤」の3形態でのリリースとなる。

    「ノーサイド盤」は真っ白なパッケージとなり、特殊加工によってレザーの手触りを再現し、シルバーの箔押しがされたジャケットに、ピクチャーレーベルディスクCD が収納。同封されるホイッスル型ペンダントは、マットな白の塗装がされた金属製ホイッスルに、馬と鹿のイラストが刻印され、白レザー調の紐が通されたペンダント。ファッション的なアクセントだけでなく実際に音が鳴る仕様となり、小ぶりながらも重量感のあるアイテムだ。

    「映像盤」は三面折り畳み式の紙ジャケに、ピクチャーレーベルディスクCDとDVDを収納。DVDには「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」LIVE Teaserとして「Lemon」の貴重なライブ映像など全11曲、約18分のライブ映像と、「海の幽霊」MVが収録される。

    3形態全てに2020年2月より始まる10か所20公演となる最新ツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」のチケット最速先行抽選応募券が封入となる。米津玄師のライブを見たことがない方も、この「最速先行」のチャンスを逃さないでもらいたい。応募は、9月15日(日)まで。

    また、合わせて「購入者店舗特典」が、「ラバーバンド」に決定。こちらは、各店舗「先着」にてプレゼントとなり数に限りがあるので、早めに予約してほしい。ECの場合は、「特典あり」の商品を選択しよう。

     

    いよいよCDパッケージの全貌が明らかになり、リリースまでの期待感が高まる「馬と鹿」。既に全国で予約が殺到している「ノーサイド盤」「映像盤」は初回生産限定盤となり、なくなり次第終了となるため早めにチェックしてもらいたい。

  • あいみょん、映画「空の青さを知る人よ」劇中主題歌に加えED主題歌に決定!シングルも発売

    21.August.2019 | MUSIC

    シンガーソングライター・あいみょんが、10月11日(金)公開の映画「空の青さを知る人よ」エンディング主題歌を新たに務めることが明らかとなった。今回あいみょんは、既に発表されていた劇中主題歌「空の青さを知る人よ」に加え、エンディング主題歌として「葵」を書き下ろし。映画「空の青さを知る人よ」においてW主題歌を担当することが決定した。

     

    さらにはW主題歌を収録した9thシングル「空の青さを知る人よ」を10月2日(水)に発売することが決定。

     

    あいみょん – 空の青さを知る人よ【very short movie】

    今回の作品情報解禁に合わせ、新アーティスト写真と表題曲「空の青さを知る人よ」のサビが視聴できるvery short movieも解禁された。アーティスト写真とvery short movieは過去作に続き、とんだ林蘭がアートワークを務めている。

     

    今回のシングル購入者には、先日の即日全公演ソールドアウトを受け決定したワンマンツアー「AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-」追加公演の東京・国立代々木競技場第一体育館、大阪・大阪城ホール公演のチケット先行抽選受付シリアルコード封入も決定。

    初回プレス分のみの封入となるのでこちらもぜひチェックして欲しい。(申込期間:2019年10月2日(水) 12:00 〜 10月15日(火) 23:00)

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US