京都・鴨川で楽しむ京野菜のイタリアン「MERCER BRUNCH TERRACEHOUSE KYOTO」

31.August.2019 | FOOD / SPOT

昼は焼き立てのフレンチトーストのブランチ、夜は「高級食材をカジュアルに食す」というテーマを追求したイタリアンを提供する「MERCER BRUNCH TERRACEHOUSE KYOTO(マーサー ブランチ テラスハウス キョウト)」では、夜のメニューを一新。“ステーキ&京野菜イタリアン”をテーマにした新しいディナーメニューを発表する。

先斗町の新たなランドマーク的存在となるデザイナーズビル3F・4Fに位置するメゾネット大型店舗。鴨川沿い、三条大橋の目の前という絶好のロケーションで、鴨川や東山三十六峰が一望できる。鴨川最前列の絶景テラス席は、カップルや女子会、海外からの観光客に人気が高い。

オマール海老グリルとビスクオムレツ 2,400円(税抜)

ボッタルガをまぶした鮮魚と万願寺唐辛子のソテー 1,800円(税抜)

そしてこの度、17時からのディナータイムにて、新メニューを発売。フィレ肉、神戸ビーフ、オマール海老などの高級食材と、栄養豊富な京野菜をふんだんに使った、「オマール海老グリルとビスクオムレツ」や、「ボッタルガをまぶした鮮魚と万願寺唐辛子のソテー」などの、”ステーキ&京野菜イタリアン”が楽しめる。好きなメイン料理が選べる「プリフィックスディナーコース」もスタート。

料理と併せて楽しむドリンクは、多彩なテイストのウイスキーやワインをメインに、フレッシュな素材を贅沢にたっぷり使用したこだわりのモヒートや、生搾りの果実を使ったフルーツカクテルなど、女性に人気のメニューも多数提供。大人の夜デートにもぴったり!京野菜×イタリアンのコンビネーションをぜひ堪能してみて。

RELATED ENTRIES

  • 女子旅にオススメ!1棟貸しの京町家宿「京の温所 丸太町」が京都・御所南エリアにオープン

    01.April.2020 | SPOT

    京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 丸太町(きょうのおんどころ まるたまち)」が、京都・御所南エリアに2020年4月25日(土)オープンする。

    「京の温泉」の7軒目となる「京の温所 丸太町」は、最大4名まで泊まることができる一棟貸しの宿。肌や髪にやさしい人工炭酸泉のお風呂や軟水シャワー、広々としたメイクアップコーナー(洗面)を備えた女性のグループ旅行におすすめの宿となっている。

    市内観光にも便利で、伝統的な景観が色濃く残っているエリアにある明治時代(推定)に建てられた京町家を、建てられた時代のままの雰囲気を残しながら、現代生活に寄り添った“住まい”へとリノベーション。

    ラウンジスペース ソファは“石庭”になぞられて配置

    2階のベッドルームと和室をつなぐラウンジスペースにはユニークな丸型ソファを設置した。襖を開けるとひと続きの部屋のようになり、旅の時間と空間を仲間と共有することができる設計になっている。

    お風呂 人工炭酸泉のヒノキ風呂

    アメニティ

    丸い形のヒノキ風呂は、湯上り後もポカポカと温かさが続く人口炭酸泉で、シャンプーなどのアメニティは女性に人気のブランド「THREE」が用意されている。

    メイクアップコーナー(洗面)4人が並んで使うことができる広さ

    メイクアップコーナーは4人が並んで使える広さで、透明感のある肌色に見えるミラーや照明にもこだわった。

    また、和室やメイクアップコーナーには色鮮やかなアートピースを飾り、彩りを添えている。美しさと機能性にこだわった「京の温所 丸太町」で、ワンランク上の女子旅を楽しんでみては?

  • 世界遺産・二条城で夜のお花見を楽しむ。夜桜を彩るプロジェクションマッピング開催

    18.March.2020 | SPOT

    花の体感型イマーシブアート展「FLOWERS BY NAKED 2020 −桜− 世界遺産・二条城」が、2020年3⽉20⽇(金・祝)~4月12 ⽇(日)の期間、世界遺産・元離宮二条城にて、「二条城桜まつり2020」の夜間イベントとして開催される。

    「FLOWERS BY NAKED」は、五感で楽しむ花の体感型イマーシブアート展。世界遺産・二条城では2018年、2019年と秋の紅葉シーズンで開催していたが、春に本展を京都で開催するのは初となる。唐門など重要文化財でもある建造物、そして二条城に咲き誇る50種類もの「夜桜」とコラボレーションし、”桜”をテーマに新しいお花見体験を届ける。

     

    「Prologue」

    本展の始まりを象徴するモニュメントである「NAKED BIG BOOK」では、アーティスト 村松亮太郎と写真家 レスリー・キーによるコラボレーション作品を展示。レスリー・キーが切り取った「静的」な表現である写真に封じ込められたパワーを、村松亮太郎が「動的」に表現した、新しい写真のアート。

     

    重要文化財 唐門 「立春」

    重要文化財である唐門の壮大な建造物に、春が訪れ、始まりを告げるさまをプロジェクションマッピングで表現。

     

    内堀「Flowers Wall 〜SAKURA〜」

    二条城ならではの、お堀を使った雄大な桜のプロジェクションマッピング。桜とともに、景色が移ろっていく。

     

    清流園「桜の雫」

    本物の桜に包まれながら、春の香りを封じ込めたシャボン玉が「桜の雫」のように舞う、幻想的な空間。立命館大学とのコラボレーション作品も。

     

    イベントではコロナウイルスほか感染症対策として、消毒液の設置や状況に応じたスタッフのマスク着用等、感染症対策に努めて実施される。来場の際はせきエチケットや手洗い等、通常の感染対策を行って出かけよう。

  • 神楽坂「AKOMEYA TOKYO in la kagū」1周年を記念した商品を発売

    16.March.2020 | FASHION / FOOD / SPOT

    2019年3月末にオープンした「AKOMEYA TOKYO in la kagū(アコメヤ トウキョウ in ラカグ)」がオープンから1年を迎える。そこで2020年4月8日(水)より1周年を記念し、よりゲストに楽しんでもらえるような新たな商品展開。パワーアップする新たな「AKOMEYA TOKYO in la kagū」をチェックしよう。

    旗艦店である「AKOMEYA TOKYO in la kagū」が1周年を迎え、商品ラインナップも新にパワーアップ。昨年末、渋谷に登場した「AKOMEYA食堂」のオープンや、新鮮野菜の取り扱い、AKOMEYA TOKYO初となるお洋服の取り扱いもスタート。

     

    1F

    “食の館”としてスタートした、AKOMEYA TOKYO in la kagūは、さらに暮らしに寄り添えるようにバリエーションを増やした。

     

    4月1日オープン!AKOMEYA食堂 神楽坂 

    季節の小鉢膳 ¥2,200(税抜)

    鶏と野菜の黒酢あん御膳 ¥1,500(税抜)

    羽釜炊きの白ごはんと共に、こだわりの調味料や食材を使った「季節の小鉢膳」やニッポンの食卓に馴染みのある「定食メニュー」をカジュアルなセルフスタイルで。

    スイーツ ¥700(税抜)~

    AKOMEYA食堂 神楽坂はティータイムに楽しめるスイーツも登場する。神楽坂散策や買い物途中のひとやすみに、ぜひ立ち寄ってみて。(AKOMEYA厨房の営業は3/29(日)まで。3/30(月)・3/31(火)は改装に伴いお休み。)
    https://www.akomeya.jp/shop/pg/1lakagukouji

     

    香り高い燻製商品集合

    特別な製法でしっかりと香り付けた、こだわりの燻製アイテムを20種類以上一挙にラインアップ。カシューナッツ・ピスタチオ・スパイスやコーヒー豆は、素材に熱を入れず味を活かしたまま燻製加工を行い、さらにドラム型燻製機を使って攪拌(かくはん)燻製することで素材一粒一粒まで煙をいきわたらせまんべんなく香り付けを行った。さらに醤油・オイル・ドレッシングは、非常に小さな煙の気泡を液中に放出。気泡の内側燻蒸することで自然な燻香を液体全体にいきわたらせる。どれも芳醇な燻製の香りを楽しむことができる。

     

    The Hive and Barrowの野菜

    2010年、英国より千葉県へ移住した「The Hive and Barrow」のご夫婦。農業経験なしで山を切り開き、豊かな自然の中で育った無農薬の野菜を多品種で作っている。 目の覚めるようなきれいな色合い、そして香り高い野菜たちは二人に大切に育てられている証拠。この美味しい新鮮な野菜を毎日販売するほか、フレッシュな野菜をそのまま使った絶品フムスや、スープベース、ピクルスなどの加工品も販売する。

     

    2F

    日本の暮らしと雑貨をテーマに、もっと暮らしが豊かになる、笑顔が増えるアイテムをラインアップ。”えらぶたのしさ”を届ける。

     

    日々の暮らしを彩る洋服たち

    トレンドに左右されない、上質で洗練された日々の暮らしの服飾。日本製を中心に、作り手のこだわりを感じるブランドを展開。AKOMEYA TOKYOのお福分けのこころをテーマに、着ることで幸せを感じる、好きな自分になれるスタイルを提案する。

    取り扱いブランド
    Alwel/ANSPINNEN/Catworth/dahl’ia/fruits of life/JOHN SMEDLEY/les Briqu’a braque/MANTERO/MATRIOCHIKA/NAPRON/R&D.M.Co-/Yarmo

     

    日本のアクセサリー

    日本各地の伝統・技術を結晶させた、アクセサリーブランドを集めた。職人達による丹念で丁寧なモノづくり。既成概念にとらわれない自由な発想で、日々の生活に寄り添うアクセサリーを生み出していく。

    取り扱いブランド
    HARIO Lampwork Factory/NAGAE+/TRIPLE O

     

    4月8日(水)からは1周年キャンペーンも実施。 AKOMEYA TOKYO in la kagūで3,000円(税込)以上購入した人に、限定のかや生地ふきんをプレゼント。無くなり次第終了となるので気になる方は早めの来店を!

     

    さらにパワーアップした「AKOMEYA TOKYO in la kagū」で、自分好みの”日本の良いもの”を探してみて。

  • 資生堂パーラーの新店舗「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」がウィズ原宿にオープン

    15.March.2020 | FOOD

    資生堂パーラーは、2020年4月25日(土)に原宿駅前の複合施設『WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)』の8階にレストラン&ラウンジ「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」をオープンする。

    旬の食材で季節を彩った 五種の創彩

    メインディッシュ


    「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」では、100余年の歳月をかけ銀座の地で培ってきた伝統の西洋料理に新しい息吹を吹き込み、日本の感性で旬の食材の味・香り・彩りを存分に引き立てたメニューをプリフィックススタイルで、ソムリエ厳選のワインやこだわりのお茶などとともに楽しむことができる。明治神宮の杜の眺望と、シェフとソムリエが創り上げる五感に響くひと皿ひと皿の美しいハーモニーが、大切な思い出のワンシーンを彩ること間違いなし。

    メインダイニング

    ディナー杜のイメージ(シェフのおすすめメニュー)12,000円(税込)

    内装のデザインコンセプトは“森”。力強い大地に根付いた大樹の森林の中で清々しい空気に包まれ、やさしい木漏れ日を浴びているかのような、ゆったりとくつろげる空間は広がる。

     

    インテリアデザインは、京都迎賓館の設計にも携わった建築家の浦一也(うらかずや)氏が担当。ラウンジの木漏れ日を演出した壁面のガラスアートは自然から喚起される豊かな感性を素材と光の中に見出し「小さな自然」を表現するガラスデザイナーの板橋一広(いたばしいっこう)氏が担当した。

    ラウンジ

    ガーデンテラスと赤坂方面を望む大きなカウンター席のある赤を基調とした力強い大地をイメージしたラウンジも併設。
    スイーツやドリンク、アペタイザーなど、待ち合わせや食事の後でもカジュアルに楽しむことができる。

     

    歴史ある「資生堂パーラー」の料理を、流行の発信地・原宿でぜひ堪能してみて。

  • 人気焼肉店「ふたご」が京都・東山に肉づくしのコースを提供する「肉割烹ふたご」オープン

    14.March.2020 | FOOD

    国内外に74店舗飲食店を運営する株式会社FTG Companyは、新業態「肉割烹ふたご」を2020年3月27日(金)京都・東山にグランドオープン。「THE JUNEI HOTEL 京都」内に併設するレストランとして、和牛本来の旨味・美しさを最大限に引き出した、割烹仕立ての肉尽くしフルコースを提供する。※2020年2月末現在

     

    歴史と伝統、文化の薫り漂う優雅な京都・東山区に誕生する「THE JUNEI HOTEL 京都」は、全11室(バンブースイート1室)の観光型スモールラグジュアリーホテル。”竹に抱かれ、月光満ちる空間での滞在” をコンセプトに、人と人の縁を象徴する竹と、京都・東山のなだらかな山並みを煌々と照らす月に囲まれており、デザイン性の優れた、美しい竹の伝統工芸品を用いた内装や客室は、優しさと安らぎの空間を提供する。

    店内内観

    そして、首都圏を中心に展開している「大阪焼肉・ホルモン ふたご」の新業態として、「肉割烹ふたご」が「THE JUNEI HOTEL 京都」にオープン。和モダンを基調とした店内は、全て半個室と個室に。日常と非日常をつなぐ特別なプライベート空間では、最高ランクの和牛と旬の素材を生かした、割烹仕立てのフルコースを楽しむことができる。

    お品書き *月ごとにメニューは変更となります

    「肉割烹ふたご」のコンセプトは「落ち着いた大人の“IKI”」。“IKI”という音には「粋」「息」「意気」「活」などの意味が込められている。「肉割烹ふたご」では、ひとりひとりの心の中に息づく“IKI”を楽しめるおもてなしのひとときを提供していく。

    フォアグラと和牛フィレの一口丼

    和牛リブロースと京野菜のしゃぶしゃぶ

    割烹仕立てのコースメニューでは、四季折々の滋味溢れる京野菜や芳醇な旬の食材を使用し、多彩な調理法で肉本来の旨味・味わいを引き出す。

    和牛サーロインの炭焼き

    最高ランクの和牛の中から、サーロイン・フィレ・タン・リブロースなど希少部位を贅沢に使用し、日本食として代表的な、焼肉・しゃぶしゃぶ・すき焼き、全てを一つのコースに盛り込んで、和牛の魅力を全て堪能できる「肉割烹」に仕上げた。

    京都の季節が移ろうように、毎月変わるコースメニューで繰り広げられる匠の“IKI”。「肉割烹 ふたご」で心ゆくまで堪能しよう。

  • 地元の人しか知らない ”京都” の穴場スポットで楽しむ「ホタル観賞ミニツアー」

    13.March.2020 | SPOT

    ホテル「The GrandWest Arashiyama(ザ グランドウエスト アラシヤマ)」では、2019年に好評だったホタルの観賞ツアーを2020年も開催決定。開催日は2020年5月29~31日までの3日間で、3月から予約受付を開始する。前年はホタルを見たことがなかった、外国人のゲストから特に好評だったこの企画。ツアー当日は日没後に地元の人しか知らない京都のホタルが見られるスポットへ、ホテルスタッフがミニツアーとして案内する。

     

    ツアーを始めるきっかけは、京都在住のスタッフが近くの寺でホタルを見つけたこと。そのスタッフはそれまでホタルをみたことがなく、京都へ移住してきて初めて野生のホタルを見つけた瞬間だった。現在、野生のホタルは年々減少しており、ホタルは初夏の風物詩というイメージはあっても「本物は見たことない」という人も増えている。そんな現代で、ふわふわと光りながら飛ぶその幻想的な光景に心打たれたスタッフが、ぜひとも京都に訪れたホテル宿泊のお客様にもこのすてきな日本の風物詩を感じてもらいたい。そんな強い思いから、ミニツアーを開催した。

     

    2019年はホタルをみたことがない小さな子どもを連れた家族をターゲットとして、3日間開催したが、結果として、予約受付後すぐに全日程予約がいっぱいになり、8割が外国からの宿泊客の予約という想定外の結果となった。参加者からは、「ホタルのことはアニメやゲームで見たことがあったので、子どもも大人も存在は知っていた。でも中国では本物のホタルを見られるところは本当に少ないので、実際に見たことがなかった。」という声が多く聞かれた。

     

    ホタルは水がキレイなところでしか生息できないため、日本を含め世界中の市街地で見ることが難しくなっている。京都も年々見ることができる場所は減少しており、昨年の同じ場所で見られるとも限らない。自然豊かな京都の新たな一面を、国内外の人たちに今年も「ホタル鑑賞ミニツアー」を通じて発信していく。

  • 京都のオススメ ”桜” お花見スポット 7選

    10.March.2020 | FEATURES / SPOT

    暖かい日も増え、どんどん春が近づいてきています。今回は、桜の季節ならではの京都絶景スポットを、まっちゃんさんがInstagramで公開しているフォトと共にご紹介。京都旅行でどこの桜スポットを訪れるか、ぜひ参考にしてみてください。

     

    祇園白川

    町家が並び、石畳の道では舞妓さんに出会うことも。祇園白川は京都らしさを存分に楽しめるエリアです。
    桜の時期にはライトアップもあり、白川の音を聞きながら桜を心ゆくまで眺めてみてください。

     

    ▶祇園白川

    住所:京都市東山区の白川南通沿い(川端通〜巽橋のあいだ)

    最寄り駅:京阪電車「祇園四条」駅 徒歩5分/京阪電車「三条」駅 徒歩10分/阪急電車「河原町」駅 徒歩10分

    ライトアップ期間:2020年3月27日〜4月5日 18:00〜22:00 予定

    Official site:http://gion-yoisakura.com/

     

    京都府庁旧本館正庁

    国の重要文化財にも指定されている「京都府庁旧本館正庁」。創建時の姿をとどめている現役の官公庁建物としては日本最古の建物です。中庭には大きなしだれ桜があり、訪れた人々を魅了します。西洋近世の大邸館のような外観と桜が並ぶ様子は圧巻です。

     

    ▶京都府庁旧本館正庁

    住所:京都府京都市上京区 薮ノ内町

    公開日:火曜日〜金曜日、土曜日(第1週、第3週、第5週)*祝日及び年末年始を除く

    公開時間:10時〜17時

    最寄り駅:市バス「府庁前」「烏丸下立売」 徒歩5分/地下鉄「丸太町」駅 徒歩10分

    Official site:https://www.pref.kyoto.jp/qhonkan/

     

    正寿院

    ハートの猪目窓が人気の正寿院。桜の季節はハートの窓が桜色に染まります。夜にはライトアップも実施していますが、事前申し込み制となっており、抽選で当選した人のみが参加可能。今年の申し込み情報はオフィシャルサイトでチェックしてみて。

     

    ▶正寿院

    住所:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149

    拝観時間:9:00〜16:30 *4月〜9月

    拝観料:500円 *お茶とお茶菓子付き

    最寄り駅:京阪・JR「宇治」駅・近鉄「新田辺」駅から京阪宇治バスに乗って維中前下車。コミュニティバスに乗車し、「奥山田」 徒歩10分

    Official site:http://shoujuin.boo.jp/

     

    背割堤

    1.4kmの桜が並ぶ「背割堤」エリアは人気のお花見スポット。「さくらであい館」の展望塔から見る約220本の桜並木はここでしか見られない絶景です。満開の時に桜の下を歩くとまるで桜のトンネルを歩いているかのよう・・・!ロマンティックな気分が味わえるお花見スポットです。

     

    ▶背割堤

    住所:京都府八幡市八幡在応寺地先

    最寄り駅:京阪線「石清水八幡宮」駅 徒歩10分

    Official site:https://www.city.yawata.kyoto.jp/0000000479.html

     

    伏見十石舟

    伏見十石舟は、江戸時代の運搬船を再現した船。弁天橋のたもとから出発します。自然豊かな京都が感じられる船旅で、ゆっくりと桜を鑑賞してみてください。伏見十石舟は運行期間が限られているので、オフィシャルサイトをチェックしてから出かけよう。

     

    ▶伏見十石舟

    住所:京都府京都市伏見区南兵町247

    運行期間:オフィシャルサイトをチェック

    最寄り駅:京阪本線「中書島」駅 徒歩5分

    Official site:https://kyoto-fushimi.or.jp/ship/

     

    京都府立伏見港公園

    公園の景色を楽しみながら散歩できる「ウォーキングコース」がある伏見港公園。桜の季節には満開の桜を楽しみながらのお花見ウォーキングがオススメです。

     

    ▶京都府立伏見港公園

    住所:京都府京都市伏見区葭島金井戸町

    最寄り駅:京阪本線「中書島」駅 徒歩3分

    Official site:http://kyoto-park.or.jp/fushimi/

     

    伏見出会い橋

    映画「君の膵臓を食べたい」に使われたことで話題のスポット・伏見出会い橋。川に映る桜並木がとってもキレイなスポットです。昔ながらの景観が残るスポットで、情緒あるお花見を楽しんでみては?

     

    ▶伏見出会い橋

    住所:京都府京都市伏見区北浜町911

    最寄り駅:京阪本線「中書島」駅 徒歩9分

     

    いかがでしたか?京都でお花見をする際の参考にしてみてください。

    まっちゃんのInstagramでは他にもたくさんの京都情報が発信されています。京都旅行の参考にしてみてください。

    Photo:まっちゃん

  • 京町家を再生したラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU京都」室町通にオープン

    09.March.2020 | SPOT

    都市型ラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU京都(ザ ヒラマツ 京都)」が、2020年3月18日にオープンする。

    コンセプトは「京都をしつらえる」

    「思うように気ままな過ごし方が叶う場所」。「しつらえる(ゲストを迎える側がお客様を大事に思い、整えていく)」という言葉の意味に想いを込めて、新しいホテルを、ひらまつならではの解釈で“しつらえ”た。

     

    室町通に江戸時代から残る京町家を再生

    「THE HIRAMATSU京都」は京都市のほぼ中心に位置し、烏丸御池駅徒歩3分というロケーション。古くから商いの中心地として栄えてきた室町通に面している。この由緒正しき土地に敬意を評し、江戸時代から残る京町家の意匠を崩すことなく、現代のホテルの快適さを併せ持つホテルとなった。

     

    現代の名工「中村外二工務店」

    江戸時代から残る京町家を進化させるため、京都を知り尽くした名工「中村外二工務店」に建物の総合監修を依頼。そのまま残すもの、組み直すもの、新しく加えるもの、素材の一つひとつにこだわり尽くした匠の技が活かされた建物となっている。

     

    「THE HIRAMATSU京都」で、古き良き京都を感じてみて。

  • 京都 銀閣寺に ”桜” をコンセプトにした「すみっコぐらし堂」オープン

    05.March.2020 | FOOD / SPOT

    「桜×すみっコぐらし」をテーマにした常設店舗「銀閣寺すみっコぐらし堂」が、京都・銀閣寺にオープンする。

    銀閣寺が創建されたのは1490年。室町時代の後期に栄えた東山文化を代表とする建造物となっており、1994年には世界遺産にも選ばれている。金閣寺と並ぶ京都を代表する観光スポットとしても有名だ。

    メガネケース(メガネ拭き込み)1,500円/コンタクトケース1,100円/ミニタオル600円/ぶらさげぬいぐるみ1,100円/プリントクッキー1,000円 *すべて税別

    そんな銀閣寺にオープンする「銀閣寺すみっコぐらし堂」は、桜をメインコンセプトとした和雑貨をはじめ、すみっコぐらし限定商品や、すみっコぐらしライセンスグッズを販売するグッズショップになる。

    すみっコぐらし焼きテイクアウトカップ6個入り300円/すみっコぐらし焼きおみやげバッグ12個入り700円/たぴおかドリンク全3種500円/ソフトクリーム全3種500円 *すべて税別

    またテイクアウトでは、ふわふわであま~い、すみっコぐらしのベビーカステラやテイクアウト限定グッズ、タピオカドリンク、ソフトクリームを販売する。

     

    さらに店内にもすみっコぐらしの装飾を施し、癒しと憩いの空間を演出。観光の定番スポットに登場する「銀閣寺すみっコぐらし堂」で限定グッズを手に入れよう♪

     

    ©2020 SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • 京都水族館、西日本最多 ”約20種” のクラゲを展示する「クラゲワンダー」公開

    29.February.2020 | SPOT

    大規模リニューアルしている京都水族館のオープンが、2020年4月29日(祝・水)に決定した。

    リニューアルでは、広さ約350㎡、全長約40メートルのクラゲエリアが誕生。展示エリアの名称を「クラゲワンダー」に決定し、アカクラゲやパシフィックシーネットルなど西日本最多となる約20種、5,000匹のクラゲを展示する。

    ミズクラゲが姿を変化させて成長する過程を展示する約10個の水槽から始まり、直径約6.5メートル、約1,500匹のミズクラゲが漂う360度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」へ。

    パノラマ水槽では、アーチ状の入り口を潜り抜けると360度水槽に囲まれたミズクラゲの空間を体験することができる。

    また、飼育スタッフが日々行っているクラゲの繁殖や研究のようすをゲストが間近で観察できる「京都クラゲ研究部」を開設。普段じっくり見ることができないバックヤードでの飼育のようすを、飼育スタッフとの会話を通じて楽しむことができるほか、体験プログラムなども予定している。

     

    新しくなる京都水族館で、クラゲの魅力を感じてみて。

  • 京都・伊藤久右衛門の抹茶スイーツでひと足早い春を味わう「さくら抹茶スイーツプレート」

    28.February.2020 | FOOD

    江戸後期創業、京都・宇治 伊藤久右衛門が、新作メニュー「さくら抹茶スイーツプレート」を2020年2月21日(金)より販売する。

    さくら抹茶スイーツプレート 単品 1,690円(税込)、お茶セット 1,990円(税込)

    さくら抹茶パフェ 単品 1,290円(税込)、お茶セット 1,690円(税込)

    季節限定の「さくら抹茶だいふく」「宇治抹茶さくら生チョコレート」「つぶつぶ苺抹茶ロールケーキ」に抹茶チーズケーキと抹茶生チョコレート、ミニパフェを一度に楽しめる、春の新作メニューが登場。ミニパフェには、桜色の白玉と桜あんをあしらい、隠れスイーツとして抹茶のガトーショコラを忍ばせた。また、毎年人気の「さくら抹茶パフェ」も2月21日より提供開始。

     

    抹茶スイーツたちが織りなす、ひと足はやい春を京都・伊藤久右衛門で堪能しよう。

  • 京都国立博物館にて”花”がテーマの大規模プロジェクションマッピング開催

    23.February.2020 | SPOT

    2020年3月6日(金)〜15日(日)の期間、京都国立博物館で開催される「光と食のアンサンブル2020 〜花宵の宴 Directed by NAKED〜」にて、ネイキッドが光の演出を手がける。

    「灯り」をテーマとする『京都・東山花灯路-2020』の関連イベントとして京都国立博物館で開催される「光と食のアンサンブル2020 〜花宵の宴 Directed by NAKED〜」は、華やかな光の演出の中で、京の匠の味を楽しむ特別な夜を体験できるイベント。


    ネイキッドは、”花” をテーマに、光や音、プロジェクションマッピングなど京都国立博物館の庭園全体を活用した演出を行い、夜の京都の新たな魅力を生み出す。10〜15分おきに行うショータイムでは、120年以上の歴史を持ち重要文化財である明治古都館の壁面へ、博物館に収蔵されている友禅染の着物などを取り入れた大規模なプロジェクションマッピングを実施。明治から令和の時代の流れを見守ってきた明治古都館が、いつの時代も美しい”花”をモチーフにそれぞれの時代をめぐるストーリーを、光や音とともに空間全体で演出する。
    庭園全体もライトアップし、フォトジェニックなスポットが多数登場。普段見ることのできない春の息吹を感じられるナイトイベントを光で表現した。また、京都東山文化を継承しながら250年以上もの歴史をもつ「御庭 植治」とコラボレーションをした作品も初披露。東山文化を取り入れた作品にネイキッドが演出することで、本イベントの象徴ともなるフォトスポットを創り出す。

     

    さらに、会場では、京都の食の匠が手がける食ブース(有料)も登場。ここでしか味わえない限定メニューを手軽に楽しむことができる。

    京都国立博物館を会場に「光の演出」と「京の食文化」が融合した本イベントで、新しい京都の魅力に触れてみては。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US