GINZA SIX屋上庭園で初のイルミネーション「Roof Star Garden」開催

02.October.2019 | SPOT

銀座エリア最大級の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」で、2019年11月26日(火)~2020年2月24日(月・休)まで、イルミネーション「Rooftop Star Garden(ルーフトップ スター ガーデン)」が開催されます。

 

地上約56m、銀座で “最も星に近い” 場所に位置する屋上庭園を、無数の星が降り注ぐ空間に演出。GINZA SIXでのイルミネーション開催は初となり、華やかな銀座の夜の街並みに輝きを添えます。

「Rooftop Star Garden」は、GINZA SIX ガーデン内の「水盤エリア」と「森エリア(2カ所)」において、“星”をモチーフにした光の演出を実施予定。

水盤エリアは「Ryusei–流星-」をテーマにLEDを使用した奥行きを感じられる演出。モニュメントとなる147本のLEDの柱が設置され、“流れる星”や“星のまたたき”などをイメージした星の輝きを表現します。

水盤エリアをはさむように設けられた2カ所の森エリアでは、様々な場所から放たれたレーザーの光がクリスタルを通して拡散され、無数の星が降り注ぐ空間に。360度見渡す限り星に包まれた小宇宙の中を回遊することができます。

 

満天の星が光り輝くGINZA SIXガーデンで、ここでしか体感できないクリスマスを楽しもう。

 

*画像はイメージです

RECOMMENDED ENTRIES

  • 表参道ヒルズ、今年の”クリスマスイルミネーション”は水槽に囲まれた独創的なクリスマスツリー

    18.September.2019 | SPOT

    表参道ヒルズでは、11月13日(水)~12月25日(水)まで、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019(表参道ヒルズ クリスマス 2019)」と題したクリスマスプロモーションを展開。期間中、本館吹抜け大階段では、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、アートやデザインの視点を取り入れたイルミネーションを実施する。

    表参道ヒルズでは2017年よりアートの視点を取り入れたクリスマスイルミネーションに取り組んでいる。この冬のクリスマスイルミネーションはコンテンポラリーデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用。同デザインスタジオは、日常の中に潜む事象や驚きを表現し、見る人に新しい視点と価値を提示するような作品をミラノ・サローネなど国内外で発表している。今回、表参道ヒルズでは「水」の特性を活かし、表情が変わり続ける独創的なイルミネーションが楽しめる。

     

    期間中、本館吹抜け大階段には約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリーが登場。天井部には、水槽をイメージしたゴールドのフレームをオブジェとして装飾し、吹抜け空間全体をダイナミックに彩る。

    大小異なるサイズの水槽に入っているのは、「吸水性ポリマー」。 この「吸水性ポリマー」は透明度が非常に高く、水中では水の屈折率と近い屈折率を持ち、水と一体化し見えなくなる特性がある。そのため、水槽内の水量が増えるにしたがい「吸水性ポリマー」の輪郭が消え、水槽の奥にあるクリスマスツリーもくっきり見える。

    各水槽の水量が音楽にあわせて順々に変化していくのと共に、LEDライトで光り輝くクリスマスツリーも、はっきりその姿が浮かび上がったり、モザイク調に見えたりと刻々とその見え方が変化する。瞬間ごとに変化し続けるクリスマスツリーは、時間を忘れてその変わりゆく様子をずっと見つめていたくなるような、幻想的な美しさ。

     

    さらに30分ごとに実施する約5分間の特別演出では、音と光の演出と共にクリスマスツリーの見え方がダイナミックに変化する。今年のクリスマスは、見る場所や時間によって表情がさまざまに変化する水の魔法にいざなわれるような神秘的なイルミネーションを、表参道ヒルズで楽しんで。

  • 軽井沢星野エリアの”クリスマス”は心あたたまるイベントが盛りだくさん

    06.September.2019 | FOOD / SPOT

    星野リゾートが運営する自然と文化を愛する人々が集う場所「軽井沢星野エリア」は、2019年11月16日~12月25日に「軽井沢星野エリアのクリスマス2019」を開催する。

    今年のクリスマステーマは「幸せが灯る街」。幸福をもたらすといわれる「やどりぎ」を象ったイルミネーションをはじめ、クリスマスを待ち望む「アドベントナイツ」など、訪れる人々が幸せな気持ちになり、心あたたまるクリスマスイベントが開催される。

     

    やどりぎイルミネーション

    16店舗が立ち並ぶハルニレテラスの街並みには、窓枠や軒下にガーランドを飾り、木々の枝にはやどりぎを象った球状のイルミネーションが灯る。やどりぎは、軽井沢野鳥の森でも多く見られ、冬でも枯れることなく緑の葉を保つことから、西洋では「不死・不滅」の象徴とされている。やどりぎの下を通ると幸福が訪れるといういわれもあり、家族や恋人など大切な人と、やどりぎのイルミネーションを探す時間も楽しみのひとつ。

     

    やどりぎ点灯式

    やどりぎイルミネーションが灯る中で行われるのが、大切な人とクリスマスを祝う「やどりぎ点灯式」。やどりぎに見立てた風船を持ちながら、集う人々皆でカウントダウンを唱えると、風船が一斉に光る。クリスマスソングを歌うミニライブも開催。

     

    軽井沢星野エリア「軽井沢ホテルブレストンコート」のクリスマススイーツ

    軽井沢星野エリア「軽井沢ホテルブレストンコート」のクリスマススイーツのデザートコース「エピソード・ド・ノエル」は、ひと皿ごとにクリスマスのエピソードを表した全4品。

     

    このほかにも、ホットチョコレートバー&焚き火でスモアづくりや、キッズアドベント、インスタ映えするフォトスポット、豪華なクリスマスケーキなど、楽しいコンテンツが盛りだくさん。今年の冬は軽井沢星野エリアで楽しい時間を過ごしてみては?

  • 東京ディズニーランドのクリスマスで大切な人と特別な一日を過ごそう♡

    12.August.2019 | FOOD / SPOT

    東京ディズニーランド®にて、11月8日(金)から12月25日(水)の48日間、スペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」が開催されます。

    ディズニー・クリスマス・ストーリーズ

    「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」は、ディズニーの仲間たちが大切な人たちと一緒に過ごすクリスマスの物語が綴られた、ファンタジックで楽しいパレードて。
    クリスマスらしい衣装に身を包んだディズニーの仲間たちが、それぞれのクリスマスのストーリーをゲストに届けます。サンタクロースに扮したドナルドダックがデイジーダックや甥っ子たちと一緒に家族で楽しく過ごす物語から始まり、ミッキーマウスとミニーマウスが仲間と一緒に楽しむクリスマスなど7つの物語。

    途中、パレードが停止すると、鐘の音が響きわたりクリスマスパーティーがスタート!パレードルートに雪が舞うなか、ゲストはディズニーの仲間たちと一緒に心あたたまるクリスマスをお祝いします。

     

    デコレーション

    ワールドバザールには高さ約15メートルの大きなクリスマスツリーが登場。夜にはクリスマスツリーの明かりと映像が連動して変化する演出で、音楽と光に包まれるロマンティックな雰囲気を楽しめます。
    シンデレラ城前のプラザでは、ディズニーの仲間たちが楽しむクリスマスをデザインしたデコレーションや、クリスマスのギフトに囲まれたダンボやプーさんのデコレーションも登場。ほかにも、各テーマランドにはクリスマスカラーに彩られた装飾が施され、東京ディズニーランドならではのクリスマスを楽しむことができます。

     

    スペシャルグッズ

    グラスセット 2,200 円(税込)

    ソリに乗ってクリスマスのパークを楽しんでいるミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、レトロなタッチでデザインされたスペシャルグッズが約65種類登場します。
    家でもクリスマス気分を楽しめるクッションやグラスなど、どこか懐かしさを感じるデザインのグッズでノスタルジックなクリスマスを演出します。
    ※スペシャルグッズは11月1日(金)より先行販売します。詳細は後日、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトにて公開!

     

    スペシャルメニュー


    大切な人と一緒に楽しめる、心あたたまるスペシャルメニューが約15種類登場します。器のパンからとろけたチーズがあふれ出ているシーフードクリームブレッドや、赤いバンズと白いチーズでクリスマスカラーに彩られたホットドッグなど、家族みんなで楽しめるさまざまなメニュー♡パレードに登場するディズニー映画「美女と野獣」をイメージしたメニューなど、ディズニーらしいクリスマスを演出します。
    ※スペシャルメニューは11月1日(金)より先行販売します

     

    クリスマスはディズニーランドで特別な一日を過ごそう♡

RELATED ENTRIES

  • 和菓子ブランド「宗家 源 吉兆庵」が運営する新感覚カフェレストラン「K. MINAMOTO」銀座にオープン

    16.October.2019 | FOOD

    宗家 源 吉兆庵は、カフェレストラン「K. MINAMOTO」を10月19日(土)より宗家 源 吉兆庵 新本社ビル「THE HOUSE」 にオープンする。

    「K. MINAMOTO」は、宗家 源 吉兆庵が 10月3日(木)に移転オープンしたばかりの新本社ビル「THE HOUSE」の2階から5階にオープンするカフェレストラン。全体コンセプトを「ギンザ ハレフルーツ」とし、果実を日常的に食べる人が少なくなった現代において、“ささやかなハレの日の楽しみ”に銀座で果実を楽しむ贅沢を提案する。国産干柿をまるごとひとつ使用した和菓子「粋甘粛」など、創業以来果実を使用した創作和菓子を提供する「宗家 源 吉兆庵」ならではの、新感覚のカフェレストランとなる。

    ローストビーフサンドイッチ(果実のスープ付) 2,420円(税込)

    海老のレモンクリームフェデリーニ(果実のスープ付)1,650 円(税込) 

    すべてのメニューに果実を使用し、果実より果実らしい味に仕上げるためのシンプルな調理や、果実の魅力的な色・形・模様・テクスチャーを伝える大胆な盛り付けにこだわっている。使用する果実も、国産のものを中心に自信を持って提供できる品質の果実を選び抜いて提供する。

     

    またドリンクは、果実をピュレやシロップ状にしたり、あるいはそのまま入れたりなど、あらゆる調理法で果実をドリンクに取り入れることで、「果実×ドリンク」の可能性を最大限に引き出して提供。 

    スモークサーモンと果実のサラダ、 じゃがいものガレット添え(果実のスープ付) 1,980円(税込)

    秋の果実プリンアラモード 1,760円(税込)

     スタッフは、提供する商品や使用されているフルーツに対して豊富な知識を持っている。また、非日常の居心地のよい時間と空間を演出し、丁寧でありながらもフレンドリーで、気軽に話しかけられる雰囲気のサービスを提供。 

     

    フルーツの魅力を存分に楽しめる新感覚のカフェレストランを満喫してみて。

     

  • 京都・伊藤久右衛門が贈る抹茶クリスマス!濃厚ケーキ2種がオンラインショップで販売

    13.October.2019 | FOOD

    京都・宇治 伊藤久右衛門は、オリジナルクリスマスケーキ「いちご抹茶アイスケーキ・プレミアム」と「宇治抹茶チョコレートケーキ ショコラ・テ・ベール」をオンラインショップにて販売開始する。

    「いちご抹茶アイスケーキ・プレミアム」は、質の高い抹茶を贅沢に使用したアイスクリームに、後口の良い純白のクリームと4種のベリー(練乳いちご・赤すぐり・ブルーベリー・ラズベリー)をあしらったクリスマス限定のアイスケーキ。サイズは、大人数でも楽しむことができる6号サイズのドーナッツ型。抹茶アイスクリームには、たっぷり6粒分のカットいちごを入れ、爽やかな甘酸っぱさと食感がアクセントに。最後のひとくちまで食べ飽きることなく楽しめる。

    独創的な絞り方をしたクリームの上に、2種類のベリーをあしらった「宇治抹茶チョコレートケーキ ~ショコラ・テ・ベール~」の土台には、抹茶スポンジケーキとあずき入りの抹茶ムースを敷きつめている。抹茶とベリーという大胆な組み合わせは、甘い・ほろ苦いだけでなく、もうひとつ新鮮な「驚き」を加えたいと職人が試行錯誤の中で見つけたもの。ベリーの酸味が、抹茶の風味やチョコレートの甘さにマッチする。クリスマス限定の特別な抹茶チョコレートケーキを楽しもう。

  • 冬の風物詩「第25回 神戸ルミナリエ」作品テーマ決定!ぬくもり感じる”白熱電球”が復活

    09.October.2019 | SPOT

    神戸ルミナリエ組織委員会は、今年12月6日(金)から12月15日(日)まで開催する 「第25回神戸ルミナリエ」の作品テーマを、「希望の光に導かれて、25年」(Da 25 anni, guidati dalle luci della speranza)に決定した。

    「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、大震災の起こった平成7年の12月に初めて開催された。以来、震災の記憶を後世に語り継ぐとともに神戸の希望を象徴する行事として、また神戸の冬の風物詩として定着し、昨年は約343万人もの来場者が訪れた。

    ぬくもりを感じさせる”白熱電球”が復活

    かつて外国文化の玄関口として栄え、いまはセンスの良いお店が建ち並ぶ仲町通りの作品の総延長は約270m。玄関作品の「フロントーネ」は高さ約22mの巨大な3連の門状で、京町筋交差点までの約50mに渡り光の壁掛け「スパッリエーラ」を配置する。その東側には明るく鮮やかな回廊状の作品「ガレリア」が続く。第25回の特別な演出として、伊藤町筋から東のブロックを「メモリアルゾーン」とし、 第一回に使用していた白熱電球による壁状の作品を展開する。

    高さ約21m、ルミナリエ史上最大級のドームを設置!

    東遊園地の広場には、毎年設置している光の聖堂(カッサアルモニカ)を大きく包み込む、 高さ約21mに至る巨大なドーム状の作品を初めて設置。慰霊と復興のゾーンでは、今回初めて「1.17希望の灯り」を高さ約4mのアーチで飾る。

     

    花時計広場には、藤棚に沿って点滅する光の壁掛け「スパッリエーラ」を展開。この作品は音楽に合わせて光が躍動するように点滅を繰り返す。 このほか、来場者を会場へ誘導する小作品やフォトスポット作品も設置する。

     

    震災語り部ブースの開設

    今回はじめて作品を置く東遊園地の「慰霊と復興のゾーン」に、阪神淡路大震災1.17希望の灯りとの協働による「震災語り部ブース」を開設。 神戸ルミナリエの開催が、今回25回目を迎えた。1995年の阪神淡路大震災を経験していない世代の来場も増えるなかで、神戸ルミナリエがなぜ始まったのかなど本来の趣旨や、震災の経験者の話をリアルに伝え続けるため「震災語り部ブース」が開設されることとなった。

    【作者 -ダニエル・モンテベルデ メッセージ】 

    25年目となる今年もまた、この神戸は賑わいます。通りを埋め尽くす人々、空を見つめ、点灯の鐘の音を待つ人々。 25年前の記憶と、失った人々の思い出を胸に。 私たちの子供や、次の世代を担う若者に、私たちの物語、 そして私たちの夢と希望を伝えるために。 震災から復興したこの神戸を、誇りに思うために。 

     

    兵庫、日本、そして全世界に向け、神戸ルミナリエの灯火が、今年も点灯します。 この光は皆さん一人ひとりの献身、努力、そして愛の象徴です。このルミナリエの光が、私たちの心に永遠に輝き続け、世界への希望のメッセージとなりますように。 

  • 銀座でカジュアルに本格派の和食を楽しむ「SHARI(シャリ)」オープン

    06.October.2019 | FEATURES / FOOD

    銀座駅、東銀座駅から徒歩圏内の銀座五丁目に新しくオープンするホテル『三井ガーデンホテル銀座五丁目』2Fに、本格派の和食や神戸牛のステーキ、小鉢を詰めた御膳ランチが食べられるレストラン「SHARI(シャリ)」がオープンします。

    銀座の小料理屋、というと敷居の高いイメージがありますが、SHARIのランチ定食は1,200円〜となっており私にも手の届く価格設定!カジュアルに本格的な和食を楽しめる穴場スポットです。

    店の中へ入ると、店内は木材と黒を貴重にしており、やはりここは銀座のオトナな雰囲気。カウンター席もあるので、1人でゆっくり贅沢したい気分のときにも良さそうです。

    店内にはショップインショップとして、神戸牛のステーキを楽しむことができる個室「鉄板焼みたき」もオープン。鉄板を囲む6席だけの”大人の空間”が広がります。

    SHARI御膳 3,000円(税別)

    今日食べたのは、ランチタイムに提供されるSHARI御膳。小さな小鉢が6つ付いてくるSHARI御膳は、少しづつ色々な料理を楽しむことができます。見た目もカワイイ♡

    肉も魚もめいっぱい楽しめる御膳。肉は国産牛のステーキで、柔らかい肉と濃厚なソースが口の中いっぱいに広がります。お刺身は季節によって魚が変わるそう。3種の魚が入っていて大満足でした。

    他にも揚げ物、煮物、冷菜がついてきたほか、ご飯と味噌汁、デザートも付いてきます。どの小鉢もしっかり盛り付けられており、かなりボリュームがありました。銀座のこの立地で、シックでオシャレな店内で、見た目が可愛くて、おいしい料理が食べられるなら、この金額は高くない!

     

    レディース御膳 2,600円(税別)

    野菜と魚を中心に楽しみたい方にはレディース御膳がオススメ。季節のお刺身2種と焼き魚、揚げ物や茶碗蒸しと、4種の惣菜が付いてきます。

    そしてご飯は炊き込みごはんとロール寿司。もちろんSHARIと同じくデザートも付いてきます。

    ディナーはお造り、天ぷら、焼き物など日本料理全般を提供しており、コース料理もあります。「鉄板焼みたき」のコース料理は12,000円〜。神戸牛のステーキはもちろんのこと、素材にこだわった料理を楽しむことができます。

     

    朱 1,000円(税別)

    夜訪れる方にオススメなのは、和風カクテル。こちらは歌舞伎の隈取をイメージしており、黒七味・日本酒・トマトジュースのブラッディマリー「朱(しゅ)」。コップのフチに付いた黒七味と一緒にいただくドリンクはスパイシーでさっぱりとした味わいです。

    オリジナルのカワイイグラスにもぜひ注目してみてください。

     

    リーズナブルなランチから、高級食材を使ったディナーコースまで、様々な使い方を楽しめるレストラン「SHARI」。華やかな見た目の本格和食で、”ハレの街”銀座をめいっぱい楽しもう。

     

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • 光と音楽の祭典「ウインターイルミネーション2019-2020」埼玉・東武動物公園で開催

    03.October.2019 | SPOT

    東武動物公園では、2019年10月26日(土)~2020年2月11日(火祝)の期間、約300万球のLEDによる「ウインターイルミネーション2019-2020」を開催する。

    また、今シーズンは、人気男性ヴォーカリスト「天月-あまつき-」とのコラボレーションイルミが登場し、光と音楽の融合が楽しめる。LEDビジョンを使用したショー演出「ライブイルミネーション」にて、天月-あまつき-のミュージックビデオやここでしか見ることのできないオリジナルムービーを上映するほか、約50mの光のトンネルでは、天月さんをイメージした装飾とともに、楽曲に合わせて光が動くイルミネーションを満喫できる。 その他、コラボ企画の詳細は後日発表される予定なので、楽しみに待とう。

    大型LEDビジョン「イルミネーションショー」 【場所:ハートフルガーデン前】

    関東最大級の大型LEDビジョンでは、光と音楽と映像が融合した「イルミネーションショー」が開催される。音楽に合わせたCG映像がビジョンに映し出され、その前に装飾されたイルミネーションとも連動。今年は新たにフルカラーレーザーを追加し、「天月-あまつき‐ライブイルミネーション」を含め、よりダイナミックかつ幻想的な3種のショーが登場する。

    ハートフルガーデン 【場所:ハートフルガーデン】

    総面積8,000 m²を超える「ハートフルガーデン」では、光の花々やイルミネーションで光輝くフラワートピアリー(造花で作った動物や乗り物)が迎えてくれる。

    劇場型プロジェクションマッピング 【場所:イベントステージ「東武動物公園HOLA!」】

    約1,300名を収容できる全天候対応型の大型イベントステージ「東武動物公園 HOLA!(オーラ)」では、ステージ壁面や天井全体に映像を投影し、備え付けの座席で鑑賞でいる“劇場型プロジェクションマッピング”を実施。

     

    今年の映像は、ミュージカルをテーマに「ようこそ、アニマル歌劇団へ」と題したエンターテインメントショーをお届け。様々な動物たちが登場し、歌やダンスを披露する物語は、まるで本物のミュージカルを見ているような興奮やワクワクを体感することができる

    ※プロジェクションマッピングは、11月30日(土)から開催。

    桜イルミネーション 【場所:東ゲート前 白鳥の池】

    東ゲート正面にある白鳥の池では、池を取り囲むソメイヨシノに光の花が咲き、桜色の大パノラマが目の前に広がる。

     

    遊園地イルミネーション 【場所:遊園地各所】

    遊園地内は、ライトアップにより日中とは違った煌びやかなアトラクションとともに、かぐや姫や人魚姫、シンデレラといった「世界の童話」をテーマとしたフォトエリアが登場。

    東武動物公園で、子どもから大人まで楽しめるロマンチックなひとときを過ごしてみて。

  • リサ・ラーソンとのコラボカフェ「LISA LARSON Fika TOKYO」銀座にオープン

    27.September.2019 | FOOD / SPOT

    この度「ひつじのショーンカフェ(2017〜)」や 「はらぺこあおむしカフェ(2018)」「レオ・レオニカフェ (2019〜)」​などのキャラクターカフェを手掛けてきたサンデーブランチは、​リサ・ラーソンとのコラボカフェ「LISA LARSON Fika TOKYO(リサ・ラーソン フィカ トーキョー)」を​オープン。スウェーデンの人気陶芸作家、​リサ・ラーソンの愛らしい作品たちが、お皿の上に登場する。

    マイキープレート

    ​人気の猫・マイキーは、​味もからだにもやさしい 「アーモンドミルクライス」​に。

    ライオンプレート

    丸みのあるフォ ルムが可愛らしいライオンは、​作品そのものを型取りした立体ご飯で登場! ​

    ベイビーマイキーのガトーショコラ

    味のある陶芸作品のようなケーキ​「ベビーマイキーのガトーショコラ」は胡麻入りガナッシュやココアパウダーで仕上げている。

    ボブプレート

    リテンキャットプレート

    スウェーデンの家庭料理である​ミートボールや代表的なスイーツ「セムラ」​をアレンジしたメニューも用意されている。

     

    どれを選んでも​心ときめく発見があり、まるでアート作品を食べているかのような気分が楽しめる。席は予約の方が優先されるので、予約をお忘れなく。

  • 福岡市のイルミネーション「青の洞窟 FUKUOKA」に絶品コラボメニュー登場

    25.September.2019 | FOOD / SPOT

    2019年9月16日(月・祝)から2019年10月6日(日)の期間、福岡県福岡市の中洲懸橋にてイルミネーションイベント「青の洞窟 FUKUOKA」が開催されている。

    九州一の繁華街・中洲に位置する中洲懸橋に、「青の洞窟」が「青い滝」となって出現。 特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博 多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックな30分間のクルージングが楽しめる。

    また、期間中は中洲懸橋周辺も「青の洞窟」の世界観を表現したイルミネーションで彩られるほか、クルーズ船内にて日清フーズ「青の洞窟」ブランドの「青の洞窟 ボロネーゼ」が食べられる。乗船すると記念に「青の洞窟」オリジナルポストカードもプレゼントされる。

     

    さらに福岡県福岡市の中洲懸橋の周辺の複数店舗でタイアップを実施。日清フーズ「青の洞窟」ブランド製品を使ったコラボレーションメニュが味わえる。イルミネーションを見ながら美味しいご飯を食べて癒されみて。

  • 特別な秋のひととき「銀座で触れる、茶の湯の心」東急プラザ銀座で開催

    22.September.2019 | FOOD

    「東急プラザ銀座」では、2019年9月26日(木)〜10月27日(日)の期間、銀座の秋の風物詩「銀茶会」に合わせて、茶の湯の心をテーマとした施策「銀座で触れる、茶の湯の心」を開催する。夏の第1弾に続き東京藝術大学との共同プロジェクトや、日本文化を牽引する“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示を通して、日本のおもてなしを感じられる特別イベントとなる。

    東京藝術大学との共同プロジェクト第2弾では、国内外で活躍している書家・金澤翔子の“書“と”茶の湯“にまつわるインスタレーションを東京藝術大学がプロデュースし、花鳥風月の美しい季節感がただよう箱庭のような「床の間」を表現した作品の数々を館内の所々に展示。さらに10月27日(日)の銀茶会当日には、秋をテーマにした名曲の演奏とともにお点前を体験できる特別な野点を、屋上KIRIKO TERRACEにて開催する。

    また、6階KIRIKO LOUNGEでは、定期的に開催している「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM」の一環として、“とらや”の和菓子を取り上げた企画展示「TOKYU PLAZA GINZA × Bunkamura SPECIAL PROGRAM〜とらや 和菓子の原理展〜」を開催。会期中、隣接する「数寄屋橋茶房」では江戸時代後期にすでに作られていたという伝統的な茶菓子、柿を模した「木練柿」と、栗と砂糖、寒天を煉り上げて作った「栗ごよみ」、2種類の和菓子とドリンクがセットになった特別メニューも用意される。

    郷愁の秋風を感じながら、東急プラザ銀座で芸術の秋を堪能しよう。

  • GINZA SIX 辻利 銀座店 が秋を彩る期間限定メニュー「モンブラン パルフェ」発売

    20.September.2019 | FOOD

    京都 宇治の老舗、株式会社辻利の店舗「辻利 銀座店(ぎんざみせ)」では、2019年9月18日(水)から2019年10月31日 (木)まで、秋の限定メニュー「モンブラン パルフェ」を発売しています。

     

    京都 宇治の老舗「辻利」が“抹茶の新感覚体験”をテーマに贈る、関東唯一の店舗「辻利 銀座店」にて、秋季限定メニューとして登場したのが「モンブラン パルフェ」。香り高いフランス産のマロンクリーム、辻利自慢の宇治抹茶を使用した抹茶ソフトクリーム、ふんわりとした口当たりの生クリームを楽しむことができ、秋を堪能できる贅沢なパルフェです。

     

    辻利の抹茶を贅沢に使った特別メニューを楽しみながら、ショッピングの合間にほっとひと息。秋の味覚を堪能しよう♪

  • 表参道ヒルズ、今年の”クリスマスイルミネーション”は水槽に囲まれた独創的なクリスマスツリー

    18.September.2019 | SPOT

    表参道ヒルズでは、11月13日(水)~12月25日(水)まで、「OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS 2019(表参道ヒルズ クリスマス 2019)」と題したクリスマスプロモーションを展開。期間中、本館吹抜け大階段では、「水の魔法にいざなわれるクリスマス」をテーマに、アートやデザインの視点を取り入れたイルミネーションを実施する。

    表参道ヒルズでは2017年よりアートの視点を取り入れたクリスマスイルミネーションに取り組んでいる。この冬のクリスマスイルミネーションはコンテンポラリーデザインスタジオ「we+(ウィープラス)」を起用。同デザインスタジオは、日常の中に潜む事象や驚きを表現し、見る人に新しい視点と価値を提示するような作品をミラノ・サローネなど国内外で発表している。今回、表参道ヒルズでは「水」の特性を活かし、表情が変わり続ける独創的なイルミネーションが楽しめる。

     

    期間中、本館吹抜け大階段には約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7mのクリスマスツリーが登場。天井部には、水槽をイメージしたゴールドのフレームをオブジェとして装飾し、吹抜け空間全体をダイナミックに彩る。

    大小異なるサイズの水槽に入っているのは、「吸水性ポリマー」。 この「吸水性ポリマー」は透明度が非常に高く、水中では水の屈折率と近い屈折率を持ち、水と一体化し見えなくなる特性がある。そのため、水槽内の水量が増えるにしたがい「吸水性ポリマー」の輪郭が消え、水槽の奥にあるクリスマスツリーもくっきり見える。

    各水槽の水量が音楽にあわせて順々に変化していくのと共に、LEDライトで光り輝くクリスマスツリーも、はっきりその姿が浮かび上がったり、モザイク調に見えたりと刻々とその見え方が変化する。瞬間ごとに変化し続けるクリスマスツリーは、時間を忘れてその変わりゆく様子をずっと見つめていたくなるような、幻想的な美しさ。

     

    さらに30分ごとに実施する約5分間の特別演出では、音と光の演出と共にクリスマスツリーの見え方がダイナミックに変化する。今年のクリスマスは、見る場所や時間によって表情がさまざまに変化する水の魔法にいざなわれるような神秘的なイルミネーションを、表参道ヒルズで楽しんで。

  • 話題のイルミネーション「青の洞窟」福岡で”クルージング”として初登場

    10.September.2019 | SPOT

    「青の洞窟 FUKUOKA」実行委員会は、地域活性化プロジェクトの一環として、博多のまちの魅力を世界に発信するとともに、環境にやさしいまちづくりの活性化を目指して、2019年9月16日(月・祝)から2019年10月6日(日)の期間、福岡県 福岡市の中洲懸橋にてイルミネーションイベント「青の洞窟 FUKUOKA」を開催する。

     

    イルミネーションイベント「青の洞窟」は、2014年に東京・中目黒で「Nakameguro 青の洞窟」として初めて開催され、人気を博した。2016年からは、渋谷に場所を変えて復活し、2018年の「青の洞窟 SHIBUYA」には約280万人超の方が足を運んだ。さらに、2018年2月には初の地方開催として「青の洞窟 SAPPORO」、2018年9月には「青の洞窟 OSAKA」が行われ、東京のみならず国内外の方から愛される定番のイルミネーションイベントとなった。

    そして今回、九州初の「青の洞窟」として「青の洞窟 FUKUOKA」を開催。「青の洞窟 FUKUOKA」では、九州一の繁華街・中洲に位置する中洲懸橋に、「青い滝」となって出現。特別な装飾を施したクルーズ船で「青い滝」が流れる橋をくぐり、福博であい橋からキャナルシティ・博多湾までの名所を巡る航路で、幻想的でロマンチックなクルージングが楽しめる。

     

    また、期間中は中洲懸橋周辺も「青の洞窟」の世界観を表現したイルミネーションで彩られるほか、クルーズ船内にて日清フーズ「青の洞窟」ブランド製品を使ったパスタメニューも堪能できる。話題のイルミネーションにぜひ足を運んでみて。

  • 東京駅「グランスタ」豪華なクリスマスケーキが盛りだくさん♪

    08.September.2019 | FOOD / SPOT

    東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」および改札外「グランスタ丸の内」にて、2019年11月5 日(火)~12月25日(水)の期間、「グランスタ クリスマスフェア」が開催されます。

     

    グランスタ×東京ステーションホテル

    グランスタと東京ステーションホテルがコラボレーション。ホテルオリジナルクリスマスケーキが初登場します。

    「ノエル」東京ステーションホテル 6,200円(税込)※限定1日10台

    2012年の保存復原工事完成まで東京駅丸の内駅舎を支えていた松の杭をモチーフにしたマロンケーキ。和栗のスイートポテト生地の上に、マロンムースとコーヒークリームを重ね、その上に2種のマロンペーストを使い、木の年輪を表現しています。

    「ビュッシュ・ショコラ・ヴァニーユ」東京ステーションホテル 5,500円(税込)※限定1日10台

    口どけの良いショコラムースとヴァニラクリームの中に、甘酸っぱいキルシュ漬けのグリオットチェリーとソテーした洋梨を閉じ込めて。グリオットチェリーを上にもあしらった、上品な見た目とリッチな味わいのケーキです。

     

    「東京駅丸の内駅舎」モチーフ

    東京駅ならではの限定ケーキも登場します!今回紹介するケーキ以外にも、”新幹線”をモチーフにしたケーキも登場します。

     

    「駅舎のフルーツケーキ」コロンバン 4,320円(税込) ※限定100台 ※JR東日本商品化許諾済

    駅舎ドームをモチーフにしたグランスタ限定のスペシャルなクリスマスケーキです。手土産にも喜ばれそうですね。

    「クーポラディトーキョー」カファレル 3,780円(税込)※限定50台 ※デザイン監修中のため、実際の商品と異なる場合があります。

    東京駅丸の内駅舎南北ドームの内側をモチーフとしたクリスマスドルチェ。歴史ある美しいモチーフの華やかさと、クリスマスの華やかさのイメージを合わせてドルチェで表現しています。

     

    「Suicaのペンギン」ケーキ

    食べるのがもったいないくらい愛くるしいSuicaのペンギン ケーキが今年もパワーアップして登場です。

    「Suicaのペンギンアーシ テクスチュール」ダロワイヨ 5,400円(税込) ※限定100台

    かわいらしいSuicaのペン ギンを模したケーキ。 ムースショコラとトンカ豆風味のクリームが組み合わせてあります。子どもも大喜びなケーキですね♡

    Suicaのペンギンチョコラズベリー フェアリーケーキフェア 490円(税込)※限定1日30個

    チョコクリームにチョコをかけ、Suicaのペンギンをデコレーション。ガトーショコラの中にはラズベリージャムが 入っています。大きいケーキは食べきれない!という方にぴったりなサイズですね。

    まだまだ豪華でバラエティ豊かなケーキが盛りだくさん。数量限定のケーキもたくさんあるので、気になるケーキがある方は早めにチェックしてみてくださいね。

     

    ©Chiharu Sakazaki/JR東日本/DENTSU Suica by JR東日本 Suica

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US