山田孝之、初のシングルファザー役!原作・重松清による小説「ステップ」映画化決定

20.November.2019 | MOVIE

「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた小説家・重松清。その温かな眼差しゆえに映像化のオファーも絶えない中、連載終了から約十年の時を経て、累計発行部数8.5万部を超える「ステップ」がついに映画化!結婚3年目。30歳の若さで妻に先立たれた主人公・健一とその娘・美紀が、彼らを取り巻く人たちとの交流の中で成長していく姿を描いた感動作。亡き妻を想い続け、不器用ながらも一歩一歩、ゆっくりと歩んでいく「のこされた人」の10年間の足跡は、誰もが心の奥底にある<家族>や<命>に関する経験を刺激し、共感を呼び、胸を打つー。

主演を務めるのは、数々の映画やテレビドラマなどへ出演し、実力、個性、人気ともに群を抜く存在感を放ち、名実ともに日本が世界に誇るカメレオン俳優と言っても過言ではない山田孝之。本年ではNetflixで配信中のドラマ「全裸監督」での怪演が記憶に新しく、エキセントリックな役柄のイメージが広く浸透しているが、久しぶりに実年齢とも重なる等身大の男性、しかも初のシングルファザー役で、娘を育てながら自身も成長していく様を体現。亡き妻への想いから男手1つで娘を育てることを決断し10年間歩み続ける役は、山田本人も「(撮影は)とっても大変な1ヶ月間だった」とコメントする通り、彼の新境地とも言える作品となっており、俳優としての底力をあらためて証明する一本となった。

そんな主人公・健一や娘・美紀を温かい眼差しで応援する登場人物には、豪華俳優陣が集結!健一をまるで血の繋がった実の息子のように見守り、“本当の家族とは”ということを身をもって伝えていく義父に國村隼。夫とともに、健一と美紀をやさしくサポートする義母を余貴美子が熱演。

 

健一が悩みを相談する同僚役には、意外にも山田とは初共演となる広末涼子。さらに娘・美紀が通う保育園の先生役に伊藤沙莉、亡き妻・朋子の面影があるカフェの店員役に川栄李奈が演じる。そして健一の娘・美紀役は、オーディションで選ばれた中野翠咲、白鳥玉季、田中里念が2歳~12歳までの3つの年代を演じるほか、岩松了、日高七海、角田晃広、片岡礼子など個性豊かな共演陣が物語を彩る。

 

監督は、『虹色デイズ』『笑う招き猫』『大人ドロップ』などを手がけた飯塚 健。山田孝之とは『荒川アンダー ザ ブリッジ THEMOVIE』(2012年公開)、「REPLAY&DESTROY」(2015年/TBS)以来、本作が3度目のタッグとなる。企画を温めるうちにいつしか健一の年齢に追いついていた山田にこの役を託し、単なるシングルファザーと父娘の一時的な奮闘記ではなく、妻の面影とともに家族を築いていく一人の男の生き様を長い目で見つめたドラマとして作り上げた。

 

本作は本年5月に約1か月間をかけ、都内近郊を中心に千葉や静岡などで撮影が行われ、公開は2020年4月3日(金)より、全国で上映予定。期待が高まる!

RELATED ENTRIES

  • 山田孝之主演の映画『ステップ』主題歌が秦 基博の書き下ろし新曲に決定

    04.December.2019 | MOVIE / MUSIC

    「とんび」「流星ワゴン」など、大切なものを失った家族が再生していく姿を描いてきた小説家・重松清。その温かな眼差しゆえに映像化のオファーも絶えない中、連載終了から約10年の時を経て、「ステップ」が待望の映画化!山田孝之を主演に迎え、2020年4月3日(金)より全国公開する。この度、本作の主題歌が秦 基博の書き下ろしの新曲「在る」に決定した。

    本作の主題歌「在る」の作詞作曲を手掛けたのは、数々の名曲を世に送り出し続けるシンガーソングライターの秦 基博。制作陣は、極上のメロディと繊細かつ伸びやかな歌声、リスナーに優しく寄り添う歌詞で絶大な支持を集める秦こそ、主題歌にふさわしいと熱烈オファー。秦がこれを快諾し、本作を鑑賞した上で書き下ろした新曲「在る」を主題歌として制作する形で、念願のコラボが実現した。完成した楽曲は、“大切なものを失った者たちが新たな一歩を踏み出すために、背中を押してくれる”珠玉のバラード。本曲は本日12月4日より先行配信、12月11日発売のアルバム『コペルニクス』に収録されている。

    基博 コメント

    誰か“が”いたこと。誰か“と”いたこと。

    その人が、自分が、存在するということ。

    その意味を考えながら作った曲です。

    映画と共に、この楽曲が皆さんに届けば幸いです。

     

    飯塚 健監督 コメント

    映画を観終えて、初めて聴く歌声。秦さん以外には考えられませんでした。頂いたデモは、映画のカットを一つ一つ、隅々まですくい取って書かれたものでした。無理に進まなくてもいいんだ。ゆっくりでいいんだ。止まってしまった時間を肯定してくれる、背中にそっと寄り添ってくれる歌でした。二時間の旅を締めくくるに相応しい歌を書いて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    ©️2020映画『ステップ』製作委員会

  • 山田孝之「Bilibili World 2019上海」参加で約3000人が熱狂

    08.October.2019 | MOVIE / SPOT

    俳優・山田孝之が中国の映像配信プラットフォーム「bilibili(ビリビリ)」(中国サービス名:哔哩 哔哩)が主催する大型イベント「Bilibili World 2019上海」に参加した。

    10月4日(金)〜10月6日(日)に中国・上海で開催された本イベントには3日間で延べ15万人の動員を記録。日本のアニメやドラマのブースも出店され、ジャパニーズコンテンツの中国での人気の高さが垣間見えた。4日(金)に山田は約3000人を収容するメインステージに登壇し、プレミアムトークショーを開催。会場にはこれまで山田が演じてきた映画、ドラマのキャラクターコスプレに扮した人々が多数詰め掛けていた。山田が本イベントに参加した理由として、自身が出演した作品がビリビリを通じてたくさんの方に評価されたことを目にしたため、「中国の応援してくれている方と直接、コミュニケーションをとってみたい。」と話し、約40分のトーク ショーを楽しんだ。

    イベントでは司会者からのQ&Aや、山田にまつわる中国語のキーワードが画面に投影され、推測するゲームなどを実施。特に中国で山田の愛称として親しまれている「熊猫」(日本語訳:パンダ)は、そう呼ばれていることを知っていたようで即座に答えていた。また事前に中国で唯一のSNS「ウェイボー(Weibo)」で募集した質問では「ウェイボーアカウントを開設して欲しい。」という要望が届けられ、 「(赤⻄)仁に教えてもらおうかな。」と開設への期待を持たせるコメントも。午後には山田の5年間に密着したドキュメンタリー作品 「No Pain,No Gain 完全版」の一部も上映。上映後には約100名とのQ & Aにドキュメンタリー作品の監督を務めた、牧有太(テレビ マンユニオン)と共に登壇し熱烈な中国のファンとのコミニケーションを図った。

    また山田孝之ファンであることを公表している中国の人気俳優・尹正が本イベントに参加できず嘆く内容と山田の魅力を売り込む内容のウェイボー投稿をしたところ、 「ウェイボー」話題ランキングで1位を獲得。投稿を受けて山田からサイン、メッセージ入りの色紙を届けた。

    【尹正post】*意訳
    誰か山田さんに好きだと伝えて欲しい。彼は素晴らしい演技をする。 彼の百獣の王(クローズZERO|芹沢多摩雄)も良かった。もちろんウォーターボーイズも良かった。 全裸監督も、白夜行も、猿(信⻑協奏曲|豊臣秀吉)も良かった。 ビリビリワールドと山田さんの成功と健康を祈っている。
    ここからは売り込みさせてください。@bilibiliworld @STARDUST_PROMOTION 彼は山田孝之。愛称はパンダ。シリアスもコメディーも恋愛もアクションも何でもできる万能な役者。 まさに(クローズzeroの)芹沢そのものだ。この人のファンになって損はないよ。

    10月12日〜25日は山田がプロデューサーを務めた映画『デイアンドナイト』と、5年間を追いかけたリアルドキュメンタリー映画『TAKAYUKI YAMADA DOCUMENTARY「No Pain, No Gain」』が東京・UPLINK渋谷で再上映される。期間中は作品にまつわる様々なゲストが登壇予定。上映時間、ゲストの詳細は映画『デイアンドナイト』公式サイトを確認しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US