山口県の国宝 瑠璃光寺五重塔、絶景ライトアップ「山口ゆらめき回廊」開催

22.September.2020 | SPOT

山口県が誇る国宝瑠璃光寺五重塔にて、雪舟生誕600年記念イベント「山口ゆらめき回廊」を、2020年9月26日(土)、27日(日)、10月10日(土)、11日(日)の4日間開催する。1442年頃落慶し、全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、室町中期における最も秀でた建造物と評されている国宝瑠璃光寺五重塔は、その美しさで日本三名塔の一つに数えられる。

今回開催される「山口ゆらめき回廊」は、国宝瑠璃光寺五重塔がある山口市香山公園の散策路に約1,000個のキャンドルが灯され、公園全体が幽玄の光に包まれる特別演出イベント。ライトアップされた五重塔の下、園内を巡る散策路にキャンドルが揺れる幻想的な景色を満喫できる。多くの人が観覧できるよう動画も撮影し、山口県広報広聴YouTubeにて公開予定だ。

 

2020年は、同じ時代に活躍し日本の水墨画の基礎を築いた画僧・雪舟の生誕600年の節目の年。30歳半ばのころ、大内氏の遣明船で明(中国)に渡るため山口を訪れた。1483年再び山口に戻り、雲谷庵を拠点として1506年に数え年87歳で生涯を閉じるまで、数多くの傑作を残している。

 

雪舟も眺めたであろう当時の瑠璃光寺五重塔に思いを馳せながら、コロナ禍でも、特別な灯りと幻想的な風景を、旅気分を自宅で楽しもう。

RELATED ENTRIES

  • 世界初!ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「マリオ・カフェ&ストア」オープン

    20.October.2020 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、任天堂のキャラクターとその世界をテーマにした世界初*の壮大なエリア『SUPER NINTENDO WORLD』を2021年春に開業予定。待望の新エリア誕生に先駆け、2020年10月16日(金)から「マリオ・カフェ&ストア」をオープンした。

    「M」と「L」のネオンサインなど、マリオとルイージのイメージカラーである「赤」と「緑」があしらわれた店舗。オープンには、マリオとルイージも駆けつけた。

     

    限定フード&グッズをラインアップ

    ハテナブロックや土管をはじめとした、ゲームでもお馴染みのコースをイメージした壁面や、マリオの世界では欠かせない“キノコ”をイメージしたカラフルなテーブルなど、マリオの世界が再現された店内。

    マリオとルイージの帽子をモチーフにしたパンケーキ・サンドや、マリオとルイージのヒゲがついたフルーツ・クリームソーダなど、SNS映え間違いなしのメニューや、「WHOSE CAP?(誰の帽子?)」と描かれたデザインが特徴的なシリーズのグッズなどが数多く登場。食べて、飲んで、撮って・・・と、カフェ体験を楽しんだり、アイコニックでおしゃれなグッズのショッピングに夢中になったりと、大人から子どもまで誰もが大満足できる新店舗だ。

     

    来年春には『SUPER NINTENDO WORLD』も開業予定。リアルな場所で体験できるマリオの世界にぜひ足を運んでみて。

    *合同会社ユー・エス・ジェイ調べ

     

    © Nintendo.

  • 「市原ぞうの国」がぞうの魅力溢れる動物園へリニューアル!2021年春オープン

    20.October.2020 | SPOT

    “国内最多のゾウが群れで暮らす動物園”「市原ぞうの国」では、ゾウがより楽しく暮らすことができ、リフレッシュできる住環境の整備を進めるため開園以来初となる大規模リニューアルを行うことを発表した。2021年春、今よりももっと楽しいぞうの国へと生まれ変わる準備を一部営業を続けながら進めている。

    千葉県のほぼ中央に位置する市原ぞうの国には、国内最多飼育数のゾウ12頭をはじめ、レッサーパンダ、ビーバー等約80種類の動物たちが暮らしている。ぞうの背中に乗ることが出来る「ぞうさんライド」や鼻にぶら下がることができる「ぞうさんリフト」など、ぞうと触れあうことができる様々なアトラクションを開催。また、カピバラ、カバなど園内にいるほとんどの草食動物たちに直接エサをあげることができ、より身近に動物たちとのふれあいができる。2005年夏に公開された映画「星になった少年」は市原ぞうの国の園長、坂本小百合氏が原作者であり、映画のモデルとなったアジアゾウのランディも暮らしている。

    「市原ぞうの国」は、”日本一多くのゾウが暮らす動物園”として子供から大人まで多くの人々が来園。今回のリニューアルでは、老朽化が進んでいたゾウ舎の新設をはじめ、ゾウの運動場、ゾウの水遊び場の整備など、これまで以上にゾウの魅力が見る人に伝わる動物園づくりを目指す。

    「動物と人との心地よい距離感」「動物たちの豊かな表情」といったこれまでこだわりを持って作り上げてきたものを体感できる場所づくり、訪れた人がエントランスを抜け“トビラを開けたらゾウがいる!”光景が目に飛び込んでくる体験ができる施設になる予定だ。

    さらに、ゾウ達が大好きな水遊び場「エレファント スプラッシュ」をクラウドファンディングによって進めるプロジェクトを2020年10月27日(火)よりスタート。発案のきっかけは、1歳と2歳の子ゾウ達「ら夢」と「もも夏」が、2頭で水遊びをしている姿に夢中になる来園客を見て、もっと楽しい姿を見てもらえたらと思ったことからプロジェクトをスタートすることになった。プロジェクトに協力すると、「リニューアル記念ぞうさんと一緒に夜桜パーティ参加券(お土産付き)」、「ゾウに体の上をまたがれる券」など、ゾウが大好きな人に嬉しいリターンメニューが9種用意されている。プロジェクトの締め切りは、2019年に誕生した「ら夢」2歳の誕生日である2021年1月15日(金)。リターンメニューは今後も順次追加される予定だ。

     

    リニューアルによって、ゾウの魅力が今まで以上にたっぷり詰まった場所に生まれ変わる「市原ぞうの国」。春のオープンが待ちきれない。

  • 山梨県 富士河口湖町にて「第22回 富士河口湖紅葉まつり」開催

    19.October.2020 | SPOT

    山梨県の一般社団法人富士河口湖町観光連盟は、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ富士北麓地域全体の観光業を支援するため、「第22回 富士河口湖紅葉まつり」を開催する。

     

    新型コロナウイルス感染症拡大の影響でインバウンド需要の大幅な落ち込みとコロナ禍の長期化を見据え、改めて国内旅行者へ焦点を当てたイベントを都心から近く様々なアクティビティが楽しめる富士河口湖町から発信。ウィズコロナの時代において「新しい生活様式」にも最適な旅のあり方を推進していく。

     

    感染症対策として、来場者には新型コロナウイルス接触確認アプリのダウンロード提示、入場時の検温、マスクの着用、会場内に設置されているアルコールでの手指消毒をお願いするほか、フェイスシールドと除菌おしぼりの配布がされる。新しい旅のエチケットは、私たち旅行者だけでなく観光地の人々や観光事業者も守ることになる。安心で安全な旅行を楽しむ為に是非協力してほしい。

    気になるイベント内容は、メイン会場である「もみじ回廊」で日没(午後4時半頃)から午後10時まで、ライトアップを実施。ライトに照らされた色鮮やかな紅葉の中に浮かび上がる幻想的な富士山の姿が楽しめる。また観光名所として知られる約1.5kmのもみじ並木(もみじ街道)では紅葉越しの富士山を見ることも。周辺は飲食、特産品、農産物やクラフト市などの出店でも賑わう。

    紅葉まつり会場から車で約15分、写真撮影のスポットとして有名な「紅葉トンネル」もおすすめの一つ。

     

    色鮮やかな紅葉に染まる河口湖へ足を運んで。

  • 東京ミッドタウンのイルミネーションを堪能!「MIDTOWN WINTER MOMENTS」開催

    18.October.2020 | SPOT

    東京ミッドタウンは、2020年11月19日(木)から2021年2月28日(日)の期間、冬の季節を楽しむイベント「MIDTOWN WINTER MOMENTS(ミッドタウン ウインター モーメンツ)」を開催する。

     

    今年は“ANOTHER WORLD”をコンセプトに、さまざまな別世界を表現したコンテンツが登場。スノードームなどの新しいイルミネーションや、期間限定で登場するクリスマスツリーに加え、例年より早くクリスマスシーズンからアイススケートリンクがオープンし、日中から夜にかけて丸一日楽しむことができる。

     

    MIDTOWN WINTER LIGHTS

    冬の散策を幻想的な光の世界で。まばゆい灯りがきらめくイルミネーション。
    今年のイルミネーション「MIDTOWN WINTER LIGHTS(ミッドタウン ウインター ライツ)」では、プラザエリアからガーデンエリアまで、さまざまな灯りの演出で幻想的な別世界を表現する。景色を眺めるだけではなく、光と遊べる体験型のイルミネーションも新たに登場。クリスマスの期間限定コンテンツと合わせて、“冬の散策を楽しむ空間”となっている。

     

    光の散歩道〜光の世界〜

    きらきらと輝くゴールドのイルミネーションが街の木々を彩る。今年は昨年よりも輝きを増したゴールドのライトで、装いも新たに散歩道を演出。まるで光の世界に入り込んだかのようなきらびやかな灯りに包まれて、ロマンチックな冬の夜を過ごしてみては。

     

    SNOW LIGHT GLOBE〜雪の世界〜

    幻想的に光り輝く、高さ約3m、直径約4.5mの大きなスノードームが初登場。ドームの中では、きらきらした雪が舞い降りてくる様子や、ゆらめくオーロラ、氷のプリズムなど、ある冬の一日を追うように景色が変化する様子を光で表現。絶え間なく移り変わっていく演出は、見る人を別の世界に誘う。

     

    STEP LIGHT〜カラフルな世界〜

    冬の散歩のアクセントとして、鮮やかなネオンカラーに光る体験型のイルミネーションが新たに登場。円盤状のライトの上でステップを踏むたびに光が色とりどりに変化し、自由に遊ぶことができる。ゴールドにきらめくイルミネーションの下で、カラフルに彩られた世界を体験してほしい。

     

    期間:2020年11月19日(木)~ 2021年2月28日(日)
    時間:17:00~23:00 ※プラザ周辺は24:00まで
    場所:ミッドタウン・ガーデン (光の散歩道はプラザ1F、外苑東通り沿いも点灯)

     

    MIDTOWN ICE RINK 〜氷の世界〜

    東京ミッドタウンの冬の風物詩、「MIDTOWN ICE RINK(ミッドタウン アイスリンク)」が今年は11月からオープン。都内の屋外スケートリンクでは最大級かつ、本物の氷の上でスケートができるイベントは今年で12回目となっており、子供や初心者からリピーターまで、毎年多くの人が来場している。日中は冬の澄んだ空気の中で滑走する開放感を、夜はライトアップされた氷が幻想的な空間でのナイトスケートを楽しんでほしい。

     

    期間:2020年11月19日(木)~ 2021年2月28日(日)
    時間:11:00~21:00(受付20:00まで)
    *11月19日(木)は17:00オープン、1月1日(金・祝)は休館日
    *荒天時や当日の気温により、営業時間や開催内容が予告なく変更・中止になる場合があります。
    場所:芝生広場
    滑走料:大人(高校生以上) / 平日 2,000円、土・日・祝日 2,500円
    小人(中学生以下) / 平日 1,500円、土・日・祝日 2,000円
    *貸靴料込、館内で利用できるカフェチケット付

     

    ミッドタウンのクリスマスツリーたち

    東京ミッドタウンのガーデンエリアや館内では、クリスマスまでの期間限定で楽しむことができるコンテンツが登場。よりいっそう気分が高揚するシーズンに、さまざまな種類のクリスマスツリーでゲストを迎る。
    期間:2020年11月19日(木)~ 12月25日(金)

     

    プレゼントのなる木〜空想の世界〜

    プレゼントが実る不思議なクリスマスツリーがミッドタウン・ガーデンに初登場。ツリーを育てているのは漢字の「木」の形をした木の木サンタ。ツリーに実った25個のプレゼントは木の木サンタに育てられ、12月からは毎日1個ずつ緑から赤へと色を変え、クリスマスに向けてカウントダウンしていく。
    時間:17:00~23:00
    場所:ミッドタウン・ガーデン

     

    サンタツリー〜ミニチュアの世界〜


    小さなサンタクロースのオーナメント約1,800体で飾られる高さ約4mの「サンタツリー」が、今年も吹き抜けの大空間に登場する。
    時間:11:00~24:00
    場所:ガレリア1F ツリーシャワー

     

    Choose! Choose! AR tree 〜オリジナルの世界〜

    今年はおうちで楽しめるコンテンツも登場。スマートフォンのカメラの中に、自分だけのクリスマスツリーがAR(拡張現実)として出現する。お好みのオーナメントやインテリアを選んで飾りつけるARツリーは、1,000通り以上の組み合わせが可能。普段の部屋とは異なる、クリスマスの世界を楽しもう。さらに東京ミッドタウン内でしか入手できない限定アイテムも。街の中に隠されたスペシャルアイテムを探してみて。
    *詳細はイベント特設サイトをご確認ください。(11月上旬公開予定)

     

    今年のウインターシーズンは、開放感のあるミッドタウン・ガーデンで、特別な冬のひとときを過ごしてみて。

  • 星のや沖縄、温かいプールで特別な時間を過ごせる「星空ホットプール」を開催

    17.October.2020 | SPOT

    沖縄県・読谷村の滞在型リゾート「星のや沖縄」では、2020年12月1日(火)~2021年2月28日(日)の間、冬の星空の下で温かいプールが楽しめる「星空ホットプール」を開催する。

     

    冬でも15℃を下回ることが少ない沖縄の温暖な気候。寒さから屋内に籠りがちな季節も、沖縄では屋外でも心地よく過ごすことができる。記念日やイベント事が多いこれからの時期だからこそ、開放的な場所で大切な人と過ごすかけがえのない時間を楽しんでほしいという思いから「星空ホットプール」の開催が決定した。

     

    星のや沖縄の屋外プールは加温することができるため、冬でも快適に利用できる。波音が聞こえるインフィニティプールで温かい水中に身体を預けて漂えば、海や空と一体になる感覚が味わえそう。さらに、沖縄は全天88の星座のうち80以上の星座を観ることができる星空観察にも最適。冬の夜は空気が澄んでいて、星も一層きれいに見える。温かいプールに浮かんで星空を眺めて過ごす、非日常の時間を体験してほしい。星空ホットプールの3つの魅力を紹介しよう。

     

    ランタンが灯る幻想的な景色

    日没をすぎるとプールサイドにランタンが置かれ、暖かい光に照らされる。プールに光が揺れる幻想的な景色の中で、特別なひとときを過ごしてみて。

     

    プールサイドでホットカクテルを楽しむ

    ランタンが灯る時間に合わせて、プールではバータイムがスタート。南国らしいフルーツをベースにしたリフレッシュドリンクや、身体が温まるホットドリンクを揃え、プールサイドで過ごす時間に彩りをそえる。

     

    星空を眺めながら波音を聴く「浮遊浴」

    波音が聞こえるインフィニティプールでは、水中で楽に身体を浮かせることができるポールの貸し出しも。浮力のあるポールを背にあてて漂うように浮かべば、心地よい浮遊浴が楽しめる。頭上に広がる澄んだ星空と波の音、体温に近い水の温度が、深いリラックスへと導く。

     

    また、隣接する国内最大規模の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」では波が輝く新感覚のイルミネーション「イルミーバンタ」も開催される。バンタカフェの前に広がる海がライトアップされ、波が青白く輝き、刻一刻と光が形を変える、幻想的な景色を鑑賞できる。通常夜は営業していないカフェエリアもライトアップされるので、日中とは異なる雰囲気のバンタカフェを楽しんで。

     

    さらに、散策をより楽しめるように、ランタンの貸し出しと、フルーツを使った期間限定スイーツの販売も。お気に入りの席を見つけて、自然の美しさを照らし出すライトアップを堪能してほしい。

     

    温かい「星空ホットプール」と幻想的な景色を楽しめる「イルミーバンタ」で特別な冬の思い出作りを。

  • 茨城の二大景勝地「筑波山」「霞ヶ浦」エリアでトライアルツアーを開催

    17.October.2020 | SPOT

    茨城県では2018年度から3ヶ年計画で「筑波山・霞ヶ浦広域エリア観光連携促進事業」を実施し、筑波山・霞ヶ浦周辺エリアの魅力発掘と発信に関する様々な施策に取り組んでいる。その一環として、昨年度に引き続き筑波山・霞ヶ浦周辺エリアでの一般向けのトライアルツアー「Mount Tsukuba PLAY2020」を特別開催することが決定した。

     

    筑波山について

    首都圏から茨城県への観光の玄関口でもある筑波山は、独特の双峰の山容が美しく日本百名山の一つに数えられる県内有数の景勝地。年間を通じて多くの登山客やアウトドアファンが訪れる。国定公園にも指定されている山中には個性豊かな登山コースが10コースあり、四季折々の貴重な自然を楽しむことも。また、中腹には筑波山そのものをご神体とする筑波山神社があり、古くからの山岳信仰を今に伝えている。

     

    霞ヶ浦について

    琵琶湖に次いで日本で2番目に大きな湖で、自然が多く残る雄大な景色が地元で深く愛されている。また、湖岸から筑波山方面へとつながるサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」がナショナルサイクルルートに指定されるなど、近年はサイクリストを中心に人気。

    秋の行楽・紅葉シーズンを迎える11月の週末を中心に、地域の魅力を堪能しながらロングライドを楽しめるサイクリングツアーをはじめ、キッズプログラムや親子向けコンサートなど、さまざまなアクティビティプログラムやガイドツアーを実施。オンラインで参加予約を受け付けている。

     

    プログラム一覧(予定)

    筑波山&霞ヶ浦1泊2日スポーツ体験ツアー

    筑波山&霞ヶ浦の自然の中で楽しむ、専門ガイド同行の茨城県内小学生対象のスポーツ体験ツアー。筑波山登山や、日本で2番目大きい湖・霞ヶ浦に注ぐ桜川でのカヌー体験など、充実のプログラム。

     

    湖畔の小さなまちで過ごすフォトジェニック旅

    かすみがうら市在住の“スローフォトグラファー”atacamakiさんと出かける、カメラ女子のための2日連続開催の撮影旅行。霞ヶ浦湖畔周辺の美しいフォトジェニックスポットをレンタサイクルでめぐりながら、プロに写真のいろはを学び、写真の楽しみを満喫できる特別プログラム。

     

    つくば森のごろんコンサート

    森の中に寝転んで楽しめる、音楽と自然を堪能できる親子のためのコンサート企画。森林インストラクターであり森のシンガーソングライターとして活躍する山田証さんによる生演奏を、落ち葉の上に寝転んで聴いたり、一緒に歌ったりと、自由なスタイルで楽しもう!

     

    筑波山を望むのんびり小貝川と下館まち巡りサイクリング

    絶景スポット・母子島遊水地から望む「逆さ筑波」をはじめ、茨城県南西部の話題のスポットを地元ガイドと自転車でめぐる、約37kmの中距離サイクリングツアー。のどかな景色が広がる小貝川沿いをゆったり走る、サイクリングビギナーにもおすすめのプログラム。

     

    霞ヶ浦・北浦・つくばを巡るロングライドツアー

    「サイクリング」と「クルージング」を組み合わせた、霞ヶ浦を舞台にした新たな自転車の楽しみ方「サイクルーズ」。船に自転車を積み込みクルージングしたあとは、自転車で豊かな自然や地元のおいしいものを満喫! 2日連続開催で行う総走行距離100kmのサイクリングツアー。

     

    筑波山・霞ヶ浦の自然の魅力を秋の行楽で満喫しよう!

  • 神在月に運気をアップ!島根県 松江市をめぐる“縁結び旅”

    15.October.2020 | SPOT

    島根県 松江市では、 “新しい宿泊観光“を楽しんでもらいたいという思いから、「Re Happy!キャンペーン」をスタートした。旧暦で10 月は「神無月」と言われるが、出雲地方では、日本全国から神々が集まるため、唯一「神在月」と呼ぶ。神々の集う国・島根県松江市の、運気をアップさせる「縁結び旅」を紹介しよう。

    店舗:お濠と白鳥

    運気と気持ちを上げる縁結びをモチーフとした見た目が可愛いスイーツや、地元の名産を使用したスイーツなどを楽しみながら旅をスタート。

    松江城の敷地内 興雲閣

    松江城周辺には、写真映えするような昔ながらの家屋が多いので、散策しながら自分にとってナンバー1のフォトスポットを見つけてみて。

     

    ハートの絵馬

    そして、「八重垣神社」の縁の遅速を占う「鏡の池の縁占い」、松江神社の「ハートの絵馬」など、「縁」に繋がるパワースポットにも注目してみてほしい。

    玉造温泉

    1日の終わりは、旅館へ宿泊し美肌効果のある玉造温泉で美しさを磨きつつ、体をリラックス。松江市にはエンターテイメントが豊富な旅館が多く、湯に浸かりながら花火をスクリーンで鑑賞できたり、美酒を堪能することができる。

     

    ひとり旅はもちろん、カップルなどで松江市の縁結びにゆかりのあるスポットを巡って、幸せの絆がより深まるステキな旅を過ごしてみて。

  • 宮崎県「フェニックス・シーガイア・リゾート」冬空に舞う“雪花火”を開催

    14.October.2020 | SPOT

    「日本でいちばん“美味しい”リゾートへ」をブランドスローガンに掲げているフェニックス・シーガイア・リゾート(以下シーガイア)では、「冬のリゾートステイ」と題して、心と身体があたたまる“美味しい”体験を用意する。

     

    シーガイアの雪花火

    今年新登場の「雪花火」。ほとんど雪が降らない宮崎県で、まるで雪が降っているような真っ白な打ち上げ花火を計26日間実施。また、雪花火を真横に鑑賞することができる宿泊プランも登場する。客室から真横にあがる迫力満点の花火を楽しもう!

     

    期間:12月4日(金)~2021年2月27日(土)
    *期間中の金・土曜日 及び 1月10日(計26日間)
    時間:20:00~(約3分間)
    宿泊の予約はこちら:https://bit.ly/3lurZWK

     

    イルミネーション「Starlight Winter ~星と光の特等席~」

    シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに隣接する宿泊者専用のガーデンエリア「THE LIVING GARDEN」には約30,000個のLED照明やランタンが灯り、リゾート感あふれる空間に“きらめき”が加わる。大小2つのガーデンプールには、水面から少し高い位置にLED照明が設置され、宮崎の澄んだ夜空から舞い降りた星をイメージした光が水面に映り、浮遊感のある幻想的な景色が広がっていく。

     

    期間:11月1日(日)~2021年2月28日(日)
    場所:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート「THE LIVING GARDEN」
    時間:日没後~23:00
    料金:無料 ※シェラトン宿泊者専用

     

    あったかメニューで愉しむリゾートステイ

    THE LIVING GARDEN 水辺のガゼボ

    焚き火のスモア

    シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート宿泊者専用ガーデンエリア「THE LIVING GARDEN」内にある「焚火のリビング」や「水辺のガゼボ」では、焚き火とともにスイーツやホットカクテルを提供。焚き火で炙ったフワフワのマシュマロを、オリジナルナッツや塩チョコレートと一緒にクラッカーに挟んで召しあがれ!

    幻想的なイルミネーションを眺めながら、期間限定の美味しさを堪能しよう。

     

    日時:11月6日(金)~2021年2月28日(日) 19:30~23:00(LO 22:30)※水曜・木曜定休
    場所:KUROBAR(テイクアウト専用)

     

    宮崎県のリゾート施設ならではの”冬の過ごし方”を体験してみて。

  • 栃木県あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭~Flower Fantasy2020~」開催

    13.October.2020 | SPOT

    栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」では、2020年10月17日(土)~2021年2月7日(日)の期間、500万球を超えるイルミネーションイベント「光の花の庭~Flower Fantasy2020~」を開催する。

     

    今期は新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症拡大防止策の観点から開催日を例年よりも1週間繰り上げ、来園者の分散を図っての開催となる。また、入園時のマスク着用や手指消毒、検温の為のサーマルカメラの導入など感染予防対策を徹底して実施されるので、来場者は安心してイルミネーションを楽しむことができそうだ。

    あしかがフラワーパークのイルミネーションイベントは今年で19回目の開催となり、2017年にはさっぽろホワイトイルミネーション、ハウステンボス光の王国とともに『日本三大イルミネーション』に認定された。また、イルミネーションアワードでは2016年から2019年までの期間、4年連続でイルミネーション部門ランキング全国第1位を獲得している。

     

    イルミネーションのみどころを紹介しよう。


    奇蹟の大藤

    新型コロナウイルスの影響で春に見る事ができなかった大藤をイルミネーションで再現。

    光の睡蓮

    夏から秋にかけて見頃を迎える睡蓮の花を、細部までこだわり再現させた「光の睡蓮」。水辺に浮く様は、まるで花の妖精たちが集まってくるような錯覚を感じさせられる輝きを放つ。

    光のバラ園

    バラをイメージしたイルミネーションがパノラマに広がり、園のコンセプト「光の花の庭」に相応しいスポット。赤を中心とした華やかな「光のバラ園」を今期は医療従事者の方たちに感謝の意を示すブルーライトアップする特別演出も実施する。


    光のふじのはな物語

    4月中旬から5月中旬にかけて園内にある、うす紅藤(さくら色)、大藤(紫)、白藤(白)、きばな藤(黄色)の4色の藤が、まるで絵巻物のように移ろいながら咲く姿をイルミネーションで表現。水面に映りこむ幻想的な姿も同時に楽しんで。

    スノーワールド

    11月下旬〜12月下旬にかけてのクリスマスシーズンにはサンタクロースも登場し、子どもたちにはプレゼントも用意される。

     

    「あしかがフラワーパーク」で、ロマンティックなイルミネーションの世界を体験してみて。

  • 東京スカイツリー®で“劇場版「鬼滅の刃」無限列車編”公開記念ライティングが決定

    13.October.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    東京スカイツリーでは、”劇場版「鬼滅の刃」無限列車編”が2020年10月16日(金)に公開されることを記念して、特別ライティングを点灯するほか、東京スカイツリー天望デッキには、「鬼滅の刃」キャスト陣の直筆サイン入りフォトスポットを展示する。

     

    “劇場版「鬼滅の刃」無限列車編”公開記念 特別ライティング

    煉󠄁獄杏寿郎の呼吸や刀の「炎(ほのお)」とLiSAが歌う主題歌「炎(ほむら)」をイメージした特別ライティングを点灯する。

     

    点灯日時
    2020年10月16日(金)17:45~24:00
    2020年10月17日(土)17:45~22:00
    2020年10月18日(日)17:45~22:00

     

    「鬼滅の刃」キャスト陣の直筆サイン入りフォトスポット

    直筆サイン入りフォトスポット ©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable ©TOKYO-SKYTREE

    東京スカイツリー天望デッキには、竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門󠄀禰󠄀豆子役の鬼頭明里、我妻善逸役の下野紘、嘴平伊之助役の松岡禎丞ら、「鬼滅の刃」キャスト陣の直筆サイン入りフォトスポットを期間限定で展示する。

     

    設置期間:2020年10月12日(月)~12月22日(火)
    設置場所:東京スカイツリー天望デッキ フロア350
    *天望デッキへの入場で観覧可能

     

    この機会にぜひ東京スカイツリーに訪れてみて。

  • チームラボ、マイアミの体験型アートセンター「Superblue」のオープニング展に参加

    12.October.2020 | SPOT

    アート集団チームラボが、ジェームズ・タレル、エス・デブリンと共に、フロリダ州マイアミの新たな体験型アートセンター「Superblue Miami(スーパーブルー マイアミ)」にて2020年12月22日(火)より開幕するオープニング展に参加することが決定した。

     

    Superblue Miamiは、メガギャラリー「ペース」による新アート事業「Superblue」が展開する施設。Superblueは、体験型アート展の企画・プロデュース・拡散を目的とした新たなアートプロジェクトで、体験型アートの概念を拡張するアーティストたちの実践の場として立ち上がった。Superblueのアートセンターは、複数の大規模でインタラクティブな作品を長期的に展示することで、来場者を一度の訪問で様々な新しい世界へと誘うことができるという。12月22日にマイアミでSuperblue初のアートセンターがローンチするにあたり、チームラボは、体験型の作品で知られるジェームズ・タレル、エス・デブリンと共に、そのオープニングを飾る。

     

    「Every Wall is a Door」展は、チームラボの複数の作品による質量と境界の無い世界、ジェームズ・タレルの光を用いた没入的な代表作《Ganzfeld》、そしてエス・デブリンによる新しい没入型の空間作品を、2022年まで長期的に展示する。

     

    チームラボ「teamLab: Between Life and Non-Life」

    グループ展においてチームラボは、独自の展示コンセプト「teamLab: Between Life and Non-Life」(意:生命と非生命の間)のもと、複数の作品を展示。生命と非生命の間の曖昧さ、人と自然の関係性を問う。

    憑依する滝、Transcending Boundaries / Universe of Water Particles, Transcending Boundaries
    teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    花と人、コントロールできないけれども、共に生きる – Transcending Boundaries, A Whole Year per Hour / Flowers and People, Cannot be Controlled but Live Together – Transcending Boundaries, A Whole Year per Hour
    teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    アーティスト、プログラマー、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家などで構成された学際的集団チームラボは、その集団的創造によって、認知の境界を超え、時間の連続性を示し、自分と世界の新たな関係性を模索している。本展の多くの作品は、人々のふるまいの影響を受けながら永遠に変化し続け、今この瞬間の絵は二度と見ることができない。このアプローチは、鑑賞者と鑑賞者同士の関係性を作品に不可欠な要素として投げかけ、鑑賞者の集団的な存在を創造のポジティブな手段として肯定し、様々なパーツが影響し合いひとつの世界となる自然そのものを比喩している。
    ーSuperblue

     

    生命と非生命の間の曖昧さ、人と自然の関係性を問う作品の数々を体感しよう。

  • 神奈川県「さがみ湖イルミリオン」に『ポケモンイルミネーション』エリアが新登場

    11.October.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    神奈川県相模原市アウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」では、関東最大級600万球のイルミネーションイベント「さがみ湖イルミリオン」を、2020年11月14日(土)から2021年4月4日(日)の期間、開催する。

     

    さがみ湖イルミリオンとは

    アウトドアリゾート施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの冬季イベント「さがみ湖イルミリオン」。都心から約1時間という立地でありながら、関東最大級600万球を使用して、他にはない斜面の高低差を生かし、自然と一体になった幻想的な光景を満喫できるイルミネーションだ。最新技術の導入やエリアリニューアルにより年々進化を続け、2018年には全国約5,500名の夜景鑑賞士が選ぶ「関東三大イルミネーション」に認定された。

     

    今年で12回目を迎える「さがみ湖イルミリオン」の今年の見どころは、人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の世界観を再現した新エリア『ポケモンイルミネーション』!
    たくさんの野生のポケモンが生息する世界を「さがみ湖リゾート」の森や草原、池といったバラエティ豊かな山頂エリアのなかで再現し、カラフルなイルミネーションで輝かせる。光の森の中で暮らすピカチュウたちや、焚火で暖を取りながら眠るヒトカゲ、カレーを囲んでキャンプを楽しむポケモンたちなど、ここでしか見られないフォトスポットが盛りだくさんとなっている。

    その他にも、約10種類の多彩なエリアで構成された広さ40,000㎡のイルミネーションエリアでは、600万球の圧倒的なスケールのイルミネーションが、エリアごとにカラフルに色分けされて幻想的に光り輝く。さらに、全長250メートルのリフトにのってイルミネーションの上空を空中散歩する「虹のリフト」や標高370mにそびえる「光のかんらんしゃ」など、起伏に富んだアウトドアリゾートならではの「空から眺めるイルミネーション」も充実!

     

    さがみ湖リゾートでは、「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿って、広大なフィールドの中で徹底した予防対策をしており、ゲストが安心して過ごせる空間となっている。
    今年の冬はここでしか見られない絶景を堪能しよう!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US