ユニクロが英国立近代美術館テート・モダンとグローバルパートナーシップ締結

29.June.2021 | FASHION

ユニクロが、英国ロンドンの国立近代美術館テート・モダンと、3年間のグローバルパートナーシップを締結したユニクロとテート・モダンとのコラボレーションは、2016年に「UNIQLO Tate Lates*」というイベントシリーズから始まり、この成功を足がかりに、新たなパートナーシップでは、ファミリー層向けのアートプログラムおよび、テート・モダンの所蔵アート作品にインスパイアされたオリジナルデザインのUTコレクションの共同開発を通じて、あらゆる人に広くアートの魅力を届けることを目的としている。テート・モダンとのコラボレーションによるUT商品は、2022年にグローバルで発売予定。



株式会社ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井 正 コメント

「2021年は、ユニクロが英国に初出店してから20年の記念すべき年です。また英国は、ユニクロが海外初進出を果たした特別な地でもあります。この節目の年に、世界有数の近代美術館であるテート・モダンと、再びパートナーシップを締結できることを光栄に思います。テート・モダンとの新たなパートナーシップは、Made for Allという両者共通の理念に基づくものです。あらゆる人の生活をより豊かにするというユニクロのLifeWearにも通底するこのコンセプトを通して、すべての人にアートに触れるよろこびを提供することを目指しています。「UNIQLO Tate Play」プログラムを通じて、多くのご家族がアートを楽しまれることを願います。」

グローバルパートナーシップに基づき始動する新たなファミリー向けプログラムUNIQLO Tate Playは、7月24日(土)を皮切りに、テート・モダンを象徴するスペース タービンホールで定期開催。さまざまなアートと遊びの要素を兼ね備えたワークショップを通じて、あらゆる年代の子どもと大人がともにアートに触れ、学び、成長できる場を提供する。

UTは、2007年にユニクロのグラフィックTシャツブランドとしてスタートして以来、アートや映画、音楽、マンガなど世界中のあらゆるカルチャーをキュレーションし、グラフィックTシャツの枠を超えてリリースしてきた。”WEAR YOUR WORLD”をキーワードに掲げ、人それぞれの個性を自由に表現するためのLifeWearとして発信し続けている。年間1000種以上という、世界有数の柄の多様さを誇るUTから発売される2022年以降テート・モダンとのコラボレーションアイテムをお楽しみに!

RELATED ENTRIES

  • 全世界850万人動員、展覧会「ゴッホ・アライブ」名古屋・神戸にて開催決定

    05.October.2022 | SPOT

    2022年冬、2023年春に日本初上陸となる、新感覚の没入型展覧会「ゴッホ・アライブ」の開催が名古屋・神戸にて決定した。

     

    本展は、真っ暗な広い展示室に設置された様々な大壁と床に大迫力の“ゴッホ”が投影される新感覚のゴッホ展。まるで自分が作品に溶け込んでいくかのような感覚を五感で体験することができる。

     

    ゴッホ・アライブは、最新技術のマルチチャンネル・モーショングラフィックスと映画館品質のサラウンド音響、そして高精細のプロジェクターを組み合わせている。

    世界を巡回し850万人以上を感動させた展覧会が、日本初開催。来場者をオランダ、パリ、アルル、サン=レミ、オーヴェール=シュル・オワーズを巡る旅に誘い、世界で最も有名な画家、フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を称える。

     

    体を包み込むような迫力のクラシック音楽が流れる中、ゴッホ作品3000以上の画像が、壁や柱、床などありとあらゆる場所に最大40台のプロジェクターで映し出される圧巻の展示空間では、鑑賞順路はなく、新たな角度から作品の隅々に触れることができる。

    ゴッホの芸術、生涯、時代背景を新しい形で感じることができる、今までにない展覧会となっている。展示室はすべて撮影可能。

    自分だけのゴッホをカメラにおさめてみてはいかが?

  • チームラボフォレスト 福岡が秋の景色に。期間限定で公開中

    29.September.2022 | FASHION / SPOT

    アート集団チームラボによる福岡市の常設ミュージアム「チームラボフォレスト 福岡 – SBI証券」(以下、チームラボフォレスト)が、2022年9月23日(金)から秋限定の空間に変化。動物たちが住む森の木々は紅葉し、高低差のある立体的な世界には秋の花々が咲き渡る。

     

    チームラボの作品は、季節によって変化することも特徴のひとつ。本展においても、実際の季節とともに移ろう作品が、今の時期だけ秋の装いへ。スマートフォンを片手に探索し、様々な動物を捕まえて観察する《捕まえて集める森》では、現実の時間の流れの中で、森と海の景色が変化します。9月23日(金)からは、森の木々が紅葉する秋の景色も。

    高低差のある立体的な世界《うごめく谷の、花と共に生きる生き物たち》には、秋の花々でできた生き物たちが生息し、《花と共に生きる動物たち II》の動物たちを形作る花も、秋の花々に変化。花々は、誕生と死滅を永遠と繰り返し続けながら、生き物や動物を形作り続ける様子を楽しむことができる。

    ほかにも、季節ごとに色を変えながら空間の中を群蝶が舞う作品《群蝶、儚い命》や、降り注ぐ光の粒が地層模様を描く《ふわふわな地形のつぶつぶの地層》などの作品も、期間限定で秋の様相に変化。ぜひ、今しか会えない秋の景色を満喫してみては。

  • 光のアート×日本三景・松島の国宝瑞巌寺『NAKED夜さんぽ™️』

    28.September.2022 | FASHION / SPOT

    株式会社ネイキッドが、2022年10月29日(土)~11月23日(水・祝)の期間、日本三景の一つである松島に立地する寺院、瑞巌寺にて、『NAKED夜さんぽ -松島・国宝 瑞巌寺-』を実施する。

     

    『NAKED夜さんぽ™️』とは、クリエイティブカンパニーNAKED, INC.が展開する、温泉地や観光地周辺のナイトエコノミー活性化を目的とした新企画。今回は、東北有数の観光地である日本三景松島エリアに立地する奥州随一の禅寺「瑞巌寺」にて、『NAKEDディスタンス提灯®︎』を展開する。同作品は、地面に広がる光の輪でソーシャルディスタンスを自然と保ちつつ、自身も光の演出に加わることができる参加型アート。夜間でも観光客が楽しめるような演出を提供する。瑞巌寺に所縁のある椿と蓮、また月の名所でもあるため、夜空をイメージした星のデザインの全3種を展開予定という。

     

    また、和紙でできた花のオブジェとおみくじが一緒に楽しめる、『NAKED花みくじ™️』も実施される。おみくじについているお花のオブジェは、花を木の枝に結んで、参加型アートとしても楽しめる。お花のオブジェごと持ち帰れば、記念のお土産にもぴったり。

     

     

    同イベントは、期間限定で開催される。拝観料や開催時間など詳細はウェブサイトにて。

  • チームラボ、山梨・山中湖畔で期間限定の光のアート展を開催

    15.September.2022 | FASHION / SPOT

    アート集団チームラボは、山梨県、山中湖の湖畔にて、山梨日日新聞創刊・山日YBSグループ創業150周年記念 「チームラボ 山中湖 呼応する生命とお絵かき水族館」を、2022年10月28日(金)から11月13日(日)までの期間限定で開催する。同会場では、「夕焼けの渚 紅葉まつり」も同時開催される。

     

    チームラボ《自立しつつも呼応する生命》©チームラボ

    チームラボ《お絵かき水族館​​》©チームラボ

     

    《自立しつつも呼応する生命》と《お絵かき水族館​​》が展示される予定。《自立しつつも呼応する生命》は、湖畔に並ぶ光のovoid(卵形体)が、人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、立ち上がりながら光の色を変え、色特有の音色を響かせる。光と音は周辺のovoidにも次々と呼応する様子を感じることができる。

     

    《お絵かき水族館》は、来場者が紙に描いた魚たちが、目の前で泳ぎ出す作品。泳いでいる魚に触れると、触れられた魚がいっせいに逃げ出したり、エサ袋に触ると、魚にエサをあげることもできるなど、自分のアクションによって変わるアートを楽しむことができる。

     

  • ホテル雅叙園東京にて映画「線は、 僕を描く」劇中に登場する水墨画公開

    09.September.2022 | FASHION / SPOT

    日本美のミュージアムホテル「ホテル雅叙園東京」は、 2022年10月1日(土)から11月27日(日)までの期間限定で、 映画とのタイアップ企画「線は、 僕を描くat百段階段~色彩空間で観る水墨画の世界~」を、 館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催する。

     

     

    彩色木彫を配した漁樵の間

     

    砥上裕將画 葡萄図

    アトリエ風景(東宝提供)

     

     

    2020 年「本屋大賞」3 位、 2019 年TBS「王様のブランチ」BOOK 大賞を受賞した青春芸術小説「線は、 僕を描く」。 全国の書店員から絶賛されている本作が、 『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした制作チームにより実写映画化し、 10月21日(金)より公開する。 その映画とのタイアップ企画として、 1935年に建築された東京都指定有形文化財「百段階段」を舞台に、 水墨画の技法をはじめ、 映画で登場するさまざまな作品が展示される。文化財「百段階段」の色鮮やかな部屋だからこそ際立つ、 白と黒で描かれる水墨画の世界を堪能してみては? 

  • Essentials with a Point of View「Uniqlo U」 2022年秋冬コレクション発売

    08.September.2022 | FASHION

    アーティスティック・ディレクター、クリストフ・ルメール率いるパリのデザインチームが生み出すUniqlo U。2022年秋冬コレクションは、「シーズンを通して着続けられる、ひとつのスーツケースに収まるほどコンパクトなワードローブ」がテーマ。必要最小限でありながら、私たちの生活を豊かにする機能性と汎用性に優れたアイテムが揃う。

     

    実用性を兼ね備えたポケッタブルロングコートや、ワークウェアから着想を得たユーティリティショートブルゾンなど、シンプルなデザインを異なるサイズで着こなすことで、スタイリングの幅が広がる。ボクシーなシルエットとゆとりのあるプロポーションはボディタイプを選ぶことなく、様々なアイテムとのコーディネートを可能に。

     

    ウィメンズは、様々なライフスタイルの中で快適に、着まわしやすいようデザインされた。機能性に富んだステンカラーコート、柔らかな肌ざわりのウールニットやメンズウェアにインスパイアされたシャツ。クラシカルなハイウエストジーンズは、丸みのあるレッグラインでモダンな印象を与える。

     

    メンズのラインナップには、シティライフやアウトドアに対応する汎用性の高いアイテムが揃う。ウール、フランネル、コットンジャージー素材を採用したトップスは、ボクシーなシルエットがレイヤリングの 楽しさと着心地の良さを叶える。チノパンツにはワークウェアのテイストに加え、ワイドテーパードの シルエットを採用。クラシカルでありながらUniqlo Uらしいデザインに仕上がった。明るいイエローオークル、パープル、洗いざらしのようなレッド、温かみのあるホワイトといった新色がコレクション全体にアクセントを加える。


    “Essentials with a Point of View” 「意思あるデザイン」がつくるワードローブ、それが今シーズンのUniqlo Uが目指すものづくり。

     

    ミニマルなコレクションの可能性を広げるジェンダーレスなラインアップをチェックしてみて。

  • パルコのカルチャーフェスティバル「P.O.N.D.」今年も開催決定

    07.September.2022 | FASHION / SPOT

    株式会社パルコは、アート、ファッション、エンターテインメント、テクノロジーなど、多様なカルチャーが混ざり合う、フレッシュなクリエイターの祭典〈P.O.N.D.〉を渋谷パルコにて開催する。

    1969年の創業以来、パルコが取り組み続けてきたインキュベーションの一環として、〈P.O.N.D.〉には「Parco Opens New Dimension」、常に“新しい次元を切り開いていくイベントでありたい”という想いが込められており、今年が3回目の開催となる。

    2022年のコンセプトは「IN DOUBT/見えていないものを、考える。」
    不確実であり、多面的な視点を求められる現在、日常生活で手に取る情報や自分の思考は、ほんの一つの側面に過ぎない。流れてくる情報と、自分の見えているものが、大きく異なることもあるだろう。つねに選択し、真偽を確かめ、自分の中で再定義することが求められる今、カルチャーイベント〈P.O.N.D.〉が問いかけるのは、目の前のものに疑問を持ち、余計なフィルターを外すことで、新たな解釈が生まれるのではないか、ということ。イベントでの鑑賞体験がきっかけとなり、一人一人の目に変化が生まれることを目指していく。

    渋谷PARCO全館がアートのエネルギーに包まれる11日間。意外な場所にもアートが出現するので、館内をぐるりと巡りながら鑑賞を楽しもう。

  • 「泊まれるギャラリー」がHOTEL SHE, KYOTOに期間限定オープン

    05.September.2022 | FASHION / SPOT

    アートのサブスクリプションサービス「Casie(かしえ)」を運営する株式会社Casieは、ホテル「HOTEL SHE, KYOTO」とコラボレーションし、2022年9月17日(土)から10月16日(日)の期間限定でアート展示「GALLERY HOTEL SHE,」を開催する。

     

     

    期間中、HOTEL SHE, KYOTOの宿泊者は、チェックイン後にホテル内に今回特別にアレンジされた一室のギャラリーにて展示されているアート作品からお気に入りの一枚を選び、宿泊する客室に飾り、プライベートな空間で一晩じっくりと鑑賞することができる。アートを飾って客室で過ごす時間になぜその絵を選んだのかを考えたり、魅力を感じるポイントを一緒に宿泊する人と語り合えるように、捉え方が自由な作品を中心にキュレーションする。

     

    本企画の実施背景として、「アートを美術館などで観ることはあっても、自ら好きな作品を選んで飾るという体験をする機会はなかなかありません。宿泊体験を通して、『自分でアートを選び、飾る』という能動的にアートに関わる体験を提供し、暮らしの楽しみの1つの選択肢になることを目指します」という思いが込められている。

  • 日本画家・上村松園などの珠玉の作品が奈良県・松伯美術館にて展示

    01.September.2022 | FASHION / SPOT

    近鉄グループの文化事業である「松伯美術館」では、2022年9月6日(火)から11月27日(日)までの期間限定で、展覧会「松伯美術館コレクション2022 本画と下絵から知る上村松園・松篁・淳之展」を開催する。本展覧会では、約2年ぶりの展示となる上村松園「花がたみ」「楊貴妃」をはじめとする当館所蔵の珠玉の作品の本画とともに、その下絵・縮図・素描があわせて展示される。

     

     

    上村松園「花がたみ」1915

    上村松園「花がたみ(下絵)」1915

    上村松園「楊貴妃」1922

    上村松園「鼓の音」1940)

    上村淳之「四季花鳥図」2010)

     

     


    当館では、松園・松篁の下絵・縮図・素描など貴重な資料が多数保管されている。松園は、縮図で学んだものが身について、構図を選び取り、着物の柄まで細心の注意を払ってした下絵を作っている。それらを、本画とともに鑑賞することで、そこに込められた強い思い、後ろに流れる遠大な時間を感じることができる。また、松篁・淳之が、写生によって対象への理解を深め、心の中にイメージを育み、そして、構図を試行錯誤して下絵を作り、一つの作品に結実させていくさまを垣間見ることができる。一幅の宇宙に、理想の世界を生み出そうとした三代の制作の過程を展観しよう。

  • サントリー美術館、京都・智積院の誰もが知る障壁画群を初めて寺外で公開

    31.August.2022 | FASHION / SPOT

    サントリー美術館は、2022年11月30日(水)から2023年1月22日(日)までの期間限定で「京都・智積院の名宝」を開催する。

     

    国宝 楓図 長谷川等伯 六面のうち四面 桃山時代 16世紀

    智積院蔵 【全期間展示】



    京都・東山に建つ智積院は、弘法大師空海(774〜835)から始まる真言宗智山派の総本山で、全国に末寺約3,000を擁する。高野山中興の祖といわれる興教大師覚鑁(かくばん)(1095〜1143)の法統を受け継ぎ、後に隆盛を極めた紀伊国根来寺(ねごろじ)山内で室町時代中期に創建された。

     

     

    弘法大師像 一幅

    室町時代 文安元年(1444)

    【展示期間:11/30~12/26】

    京都府指定有形文化財 興教大師像 一幅

    鎌倉時代 13世紀

    【展示期間:11/30~12/26】

    国宝 桜図 長谷川久蔵 五面のうち四面 桃山時代 16世紀

    【全期間展示】

     


    天正年間には豊臣秀吉政権の下で一旦衰退するが、その後、徳川家康の寄進を受け、江戸時代初期には現在の地に再興を遂げた。この地には元々、秀吉の夭折した息子・鶴松(つるまつ)(棄丸(すてまる))の菩提を弔うために建てられた祥雲寺があり、長谷川等伯(1539〜1610)と息子・久蔵(きゅうぞう)(1568〜93)が描いた名高い金碧障壁画群も、智積院による手厚い保護を受けて今日まで大切に守り伝えられてきた。
     

    国宝 金剛経(部分) 張即之 一帖

    南宋時代 宝祐元年(1253)

    【全期間展示(場面替あり)】

    重要文化財 孔雀明王像 一幅

    鎌倉時代 14世紀

    【展示期間:12/28~1/22】

    重要文化財 瀑布図(滝図) 一幅 宋時代 13世紀

    【展示期間:11/30~12/26】

    婦女喫茶図 堂本印象 四面 昭和33年(1958)

    【全期間展示】

    本展は、国宝「楓図」「桜図」など、誰もが知る障壁画群を初めて寺外で同時公開し、桃山時代の絢爛豪華な抒情美にふれる貴重な機会となる。また、国宝「金剛経」や重要文化財「孔雀明王像」の他、仏堂を荘厳(しょうごん)する仏教美術の貴重な優品や、近代京都画壇を代表する堂本印象(1891〜1975)による「婦女喫茶図」に至るまで、智積院が秘蔵する多彩な名宝が一堂に公開されるので、この機会にぜひ足を運んでみては?

  • 8月末で閉館、お台場チームラボボーダレスが「虎ノ門・麻布台プロジェクト」に移転

    26.August.2022 | FASHION / SPOT

    2022年8月31日(水)で閉館する東京・お台場の「森ビル デジタルアート ミュージアム: チームラボボーダレス」が、2023年に竣工・開業予定の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」に、移転オープンすることが決定した。新しいミュージアムでは、チームラボボーダレスのコンセプト「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」をさらに進化させ、来場者を新しい体験に導く。

     

    「チームラボボーダレス」 東京 虎ノ門・麻布台プロジェクト © チームラボ

     


    チームラボボーダレスは、境界のないアート群による「地図のないミュージアム」として、2018年6月に東京・お台場にオープンした。初年度の年間来館者数は、単独のアーティストのミュージアムとして世界最多規模となる約230万人を記録。世界160以上の国と地域から来館した。また、2019年の来館者数において、単一アート・グループとして、世界で最も来館者が多い美術館として世界記録に認定された。さらに、米国の国際的なニュース雑誌、TIME誌の「世界で最も素晴らしい場所 2019年度版(World’s Greatest Places 2019)」に選出されたほか、第25回ティア・アワード(Thea Awards)にて、「優秀功績賞(Thea Awards for Outstanding Achievement)」を受賞するなど、国内外において権威ある賞を多数受賞してきた。

    更に、お台場でスタートしたチームラボボーダレスは、2019年には、上海でも「teamLab Borderless Shanghai」としてオープン。今後は、ハンブルクやジッダでもオープン予定で、世界中に境界のない世界の体験を広げていく。チームラボの更なる活躍から目が離せない。

  • チームラボ、拡張したソウルのペース・ギャラリーにて個展を開催

    23.August.2022 | FASHION / SPOT

    アート集団チームラボは、ソウルのペース・ギャラリーにて、個展「teamLab: Massless Suns」を2022年9月2日(金)から10月29日(土)までの期間限定で開催する。本展は、国際的なメガギャラリーPACE(ペース)が、ソウルの展示スペースを拡張するにあたり、そのオープニングを飾るもの。国際アートフェア「フリーズ」のソウル初開催と同時にオープン。本展でチームラボは、物質的な境界面のない光の球体と闇の球体が、無数に空間を埋め尽くす新たな作品『質量のない太陽と闇の球体』を公開。

     

     

    質量のない太陽と闇の球体

    Dissipative Figures – Human

    Dissipative Figures – 1000 Birds


    今回初めて公開される『質量のない太陽と闇の球体』は、無数の光の球体と闇の球体からなる空間。1つ1つの光の球体は、光が凝固したかのように、空間上にはっきりと知覚できるにも関わらず、物質的な境界面がないことから、身体では知覚することができない。じっと見ていると、闇が凝固したかのような、青紫色の闇の球体も現れはじめる。来場者が光の球体に触れようとすると、球体は強く輝き、周辺の球体も、次々と呼応し、連続していく。存在とは何かを問う本作品は、作品はそれ自体では存在できず、環境がつくる現象が、作品の存在を生み出していくのだ。そして、それは物理空間には存在せず、認識上に存在する。

     

    永遠の今の中で連続する生と死 II

    Waves of Light

    呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset

     


    ペース・ソウルは今年3月、体験型、没入型、インタラクティブな作品に特化した展示スペースを新設。同スペースでは、「質量のない太陽と闇の球体」はじめ、人や鳥の群れが周囲に散逸するエネルギーを描いた新たなシリーズ「Dissipative Figures」、花が誕生と死滅を永遠に繰り返していく『永遠の今の中で連続する生と死 II』、波を線の集合で表現した『Waves of Light』など、複数の作品が展示されるのでお楽しみに。

     

    また、新たにオープンする屋外の中庭では、風や雨、来場者のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容する作品《呼応する小宇宙 – 固形化された光の色, Sunrise and Sunset》を展示します。「固形化された光の色」と名付けられた新しい概念の色、61色で変化する本作は、環境と人々を作品の一部にしていきます。

     

     © チームラボ

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US