HMV record shop 渋谷オープン7周年記念独自企画盤アナログレコードリリース

28.July.2021 | MUSIC / SPOT

アナログレコード専門店「HMV record shop 渋谷」が、2014年8月のオープンから7周年を迎える。このたび、オープン7周年を記念し、独自企画盤アナログレコード14タイトルを発売する。

摩訶不思議アドベンチャー/ロマンティックあげるよ 7inch 2,200円(税込)/テレビまんが「ドラゴンボール」ヒット曲集 LP 4,400円(税込)/ドラゴンボールZ 「CHA-LA HEADCHA-LA/でてこい とびきりZENKAIパワー!」7inch 2,200円(税込)

Hubert Laws ,Eloise Laws 「Family(「バードランド 」愛の テーマ)」7inch 2,090円(税込)/HIROSHI FUJIWARA& K.U.D.O. PRESENTS 「Michael Jackson/Jackson 5 Remixes」LP 3,850円(税込)/角銅真実 「oar (リプレス)」LP 3,850円(税込)/守家巧トリオ 「Waiting in Vain feat. Ernest Ranglin/Burnin and Lootin」10inch 2,420円(税込)/TOSHIO MATSUURA GROUP 「PINA」12inch 2,530円(税込)

MAYER HAWTHORNE 「Rare Change/Only You」7inch 1,980円(税込)/DJ KAWASAKI 「ONE WORLD」LP 4,180円(税込)/FROMM 「Aliens (with Kim Feel)/Hold Me Like It’s Forever(with Car, the garden)」7inch 1,980円(税込)/CHEEZE 「LOSER/Today’s Mood」7inch 1,980円(税込)/Choi Jungyoon 「Dance With Me Baby/Delete You」7inch 1,980円(税込)

LEARNERS  「TEENAGE KICKS (2ndプレス/ジャケ違い)」7inch 400枚限定1,650円(税込)

とんだ林蘭デザインLUCKY7 GIRL Tシャツ ホワイト/グレー 各3,080円(税込)

とんだ林蘭デザインLUCKY7 GIRL スリップマット 2,200円(税込)


「HMV record shop 渋谷」は、1990年代に”レコードの聖地”と呼ばれた渋谷・宇田川町に、アナログレコードの専門店として、日本国内でのレコードの再評価に先駆け 2014年8月2日(土)にオープン。オープン以降、中古レコードだけでなく、独自企画盤のレコードやレコード関連グッズなどの販売、店内でのイベント開催など独自の企画を多数実施している。

 

「HMV record shop 渋谷」のオープン7周年を記念して、発売する独自企画盤アナログレコードには、TVアニメ「ドラゴンボール」放送開始35周年を記念したレコード3タイトルやHMV限定販売となるLEARNERS(ラーナーズ)の400枚限定7インチレコードなど、14タイトルがラインナップした。7月28日(水)よりHMV record shop、及び、HMV&BOOKS onlineなどで順次発売開始。

また、毎年恒例となった、東京を拠点に活動するアーティスト・とんだ林蘭とのコラボグッズの発売も決定。今回は、”7周年”にかけて、ラッキーセブンを配したレコードガールの描き下ろしイラストを使用したTシャツとスリップマットがラインナップする。数量限定での販売となるので、お見逃しなく。さらに、7月22日(木)からはHMV record shop 渋谷にて新着中古レコードのセールも開催中。

オープン7周年記念スペシャル企画やコラボが目白押しのHMV record shop 渋谷へ足を運んでみては?

 

RELATED ENTRIES

  • フランス人アーティスト・ジャン・ジュリアンが「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」メインビジュアル担当

    10.September.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷PARCOが、昨年好評を博したART企画「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」を、2021年9月17日(金)より開催する。今年はフランス人アーティスト、Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)がメインビジュアルを担当し、渋谷PARCO 2Fの「NANZUKA 2G」と4F「PARCO MUSEUM TOKYO」にて展覧会を実施。

     

    「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」内容

     

    『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』Martin Margiela: In His Own Words

    © 2019 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata Productions

     

     

    「#ホテルカワシマ」

     

     

    Kensaku Kakimoto Exhibition 時をかけるCollaboration with Luke Bubb, Piotr Stopniak

     

    物百×くらちなつきPOP UP

     

     

    大河紀の個展「GOOD BOY, もっと酔い」

     

     

    一乗ひかるの展示「CHIDORI ASHI」、モチーフは“お酒に浮かれた人たち”

     

     

    日々の揺らぎを描き出す、榎本マリコの個展『モーメント』

     

     

    オザキエミによる個展「Good something for you」

     

     

    青山哲士の作品展「21XX A Future Odyssey ~百年後のいつか~」

     

     

    「VOILLD」×FACE氏によるエクスクルーシブなコラボ商品を販売

     

     

    小見山峻 写真展『風が応える』by MIDORI.so Gallery

     

     

    A group exhibition ‘’ DONOKO? ‘’ Portrait series Curated by TOKYO URBAN ART

     

     

    “Welcome back to your “Home Position” – 「好き」で選ぶアートをインテリアに



    8F「WHITE CINE QUINTO」ではマルタン・マルジェラを追った貴重なドキュメンタリー映画「『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』Martin Margiela: In His Own Words」を公開。8F「ほぼ日曜日」ではお笑いコンビ・麒麟の川島明がホテルの支配人になる、というテーマの体験型展示会「#ホテルカワシマ」が開催される。期間中は館内放送の声が川島の声に変更し渋谷PARCO館内に響く。

    また、GALLERY等の対象店舗で配布している「ART PASSPORT」には、館内各所のART イベント情報が記載されている他、ART PASSPORTだけのお得な特典も。ジャン・ジュリアンのインタビュー記事も掲載されているので、お見逃しなく!

     

     

     

     

    Jean Jullien Exhibition「PAPER PEOPLE」/「POCKET PARENTS」

    ©Jean Jullien Courtesy of NANZUKA

    ©Jean Jullien Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

    ©Jean Jullien Photo by Shigeru Tanaka Courtesy of NANZUKA

     

     

    4F PARCO MUSEUM TOKYOで行われるJean Jullienの「PAPER PEOPLE」は、ペラペラの紙状のアーティストが、創作活動を行う様相を表したインスタレーション形式の展覧会。日本の漫画文化にも造詣の深いジュリアンならではの、コミカルでユーモアに満ちた感性を本展の幹として持ち込みながら、何気ない日常の素晴らしさを再認識させる美しい情景を描き出す。彼の故郷ブルターニュの美しい海、風に揺られる麦畑、魚や動物などの生物たち、庭から見える何気なく美しい風景、子供のオモチャなど、ジュリアンの描く作品の1点1点から、みずみずしいストーリーを読み解くことができる。こうした作品は全てコロナ禍に見舞われたこの1年間で生まれ、本展では、およそ50点程度もの大小様々なペインティングが一堂に会して展示予定。また、本展覧会に合わせて、シルクスクリーンのEdition Print作品「PAPER PEOPLE」を限定販売する。

     

    また、2F  NANZUKA 2Gで行われる新作個展「POCKET PARENTS」では、「PAPER PEOPLE」とはまた別の視点で作られた作品を通じて、ジュリアンの家族、また彼自身が親としての経験をもとに、歳を重ねることや、増してゆく責任をユーモラスに物語として展開していく。ジュリアンはインタビューの中で、あるものを違う媒体で表現するビジュアルトランスレーションについて、「原作とはまた違ったものが新たに作り出されることが興味深い」と言及。本展「POCKET PARENTS」では小さな銅像と、その息子のキャラクターが登場し、様々な媒体によって制作された作品で世界観を伝える。

     

    それぞれの個性に触れる渋谷パルコアートウィークへ足を運んでみては?

  • スマホケースなどで大人気L.A発CASETiFY東日本初店舗が渋谷PARCOにオープン

    06.September.2021 | FASHION / SPOT

    カスタムできるスマートフォンケースやアップルウォッチバンドが海外セレブや国内外の著名人・インフルエンサーの中で話題となり、SNS投稿から人気に火が付いた、L.A発グローバルライフスタイルブランド「CASETiFY(ケースティファイ)」が、2021年9月10日(金)に東日本初となる常設店「CASETiFY STUDiO」を渋谷PARCOにオープンする。

    今回オープンする「CASETiFY STUDiO」は、その場でCASETiFYのシグネチャーであるカスタムケースを作れるだけでなく、人気のプリントデザインを取り揃え、店内にはプロモーション動画が流れる特大LEDパネルを設置。今回のオープンに際し、2020年に発売され大好評のうちに完売した「Yu Nagaba x CASETiFY コレクション」が渋谷PARCO限定でリストックされる。この商品は最新機種に対応しているだけでなく、インパクトケース 、ウルトラインパクトケース、ウォーターボトルやAirPodsケースなどでコレクション初登場となるカラーを取り揃えた。オープン以降、目玉コラボや、新型iPhone対応ケースなども続々と登場予定だ。

     

    また、CASETiFYのサスティナブルな社会の実現を目指す取り組みの一貫で発表された商品を、実際に手にとって体験できるよう、店内に特別ディスプレイを設置する。ここでは堆肥化可能で、生分解性のあるコンポスタブルケースや、ウォーターボトルなどを展示。さらにパッケージにリサイクル素材を使用した3層構造プロテクションマスクもチェックすることができる。

     

    渋谷PARCO店では、ルクア大阪店に続き、使わなくなったケースを新たな製品に生まれ変わらせ、プラスチック廃棄物を削減する取り組みである「RECASETiFY」を実施し、店頭にある「RECASETiFY」のボックスにケースを戻した人には、次回の買い物が15%オフになるクーポンを提供し、使わなくなったケースを安全に処分し、リサイクル、寄付することで廃棄物のない未来を目指す。

     

    お気に入りの一点を見つけてスマートフォンやアップルウォッチを自分らしくカスタマイズしてみては?

     

  • 和歌山の魅力を発信するイベント「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」開催

    03.September.2021 | FEATURES / SPOT

    アソビシステム株式会社は、文化庁主催「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」を2021年10月3日(日)に渋谷キャストにて開催する。

     

    「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」は、2021年10月30日(土)〜11月21日(日)の期間で行われる和歌山県で開催される文化芸術活動の発表・競演・交流などを行う国内最大の文化の祭典「紀の国わかやま文化祭2021(第36回国民文化祭・わかやま2021、第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会)(以下:国民文化祭)」を広く知っていただくために開催されるイベント。渋谷・原宿の中心に位置する商業施設渋谷キャストをイベント会場とし、新型コロナウイルス感染症の防止対策を徹底しながら、タレントゲストによるトークショー、物産品販売ブースなどを展開する。

     

     

    渋谷の街全体で「国民文化祭」をPR!

    イベント会場とする渋谷エリア最大のメディアである「SHIBUYA TELEVISION」と全面的にタイアップ。和歌山県制作の国民文化祭PR動画が渋谷エリアの8箇所の街頭ビジョンで9月27日(月)から10月3日(日)の1週間の間放映される。また、渋谷にある飲食店では、和歌山の食材を使った期間限定メニューの提供を行うなど、渋谷の街でまるごと和歌山キャンペーンが実施される。

     

     

    イベントオリジナルグッズ「和歌山パンダマスクカバー」を来場者限定でプレゼント!

    イベント当日に来場頂いたお客様限定で、アソビシステムがプロデュースしたイベントオリジナルグッズ「和歌山パンダマスクカバー」をプレゼント。※数量限定

     

     

     

    和歌山の魅力を感じられるイベント「紀の国わかやま文化祭2021 in 渋谷」にぜひ足を運んでみて。

  • 国⺠的アーティスト・ゆずと総勢 24 名の作家による「ピクセルアート」特別企画展開催

    02.September.2021 | FASHION / SPOT

    アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)」がプロデュース参画する、「YUZU × Shibuya Pixel Art 『YUZUTOWN Special Exhibition』」が、2021年9月15日(水)から9月30日(木)までの期間限定で、渋谷二丁目のオルタナティブスペースelephant STUDIOで開催。

    世界最大級のピクセルアートコンテスト&フェスティバル「SHIBUYA PIXEL ART」は、ピクセルアートの芸術的な側面にスポットを当て、1990年代後半に“ビットバレー”と呼ばれた渋谷を舞台に、2017年から毎年開催されている芸術祭。今回、コロナ禍の人々の気持ちに寄り添い、渋谷から勇気を届けることをテーマに行われる「Shibuya Pixel Art Reboot」のメインイベントとして、国民的アーティスト「ゆず」の最新アルバム「YUZUTOWN」と今春開催されたオンラインライブ「YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN / ALWAYS YUZUTOWN」のオマージュ企画「YUZUTOWN Special Exhibition」が開催される。日本を代表するファンタジーRPGのドット絵を手掛けた渋谷員子や、MoMAに永久収蔵されている“emoji”の生みの親 栗田穣崇、「YUZUTOWN」のアルバムジャケットを手掛けたeBoyなど、総勢24名の作家によるピクセルアート作品を展示販売、会期終了後にはデジタル作品のNFTオークションを実施する。

     

    アニメーション、ゲーム、彫刻、絵画など様々なレイヤーを用意し、ピクセルアートの奥行きを感じられる企画展「YUZUTOWN Special Exhibition」へ足を運んでみては?

  • カフェ&ギフトショップ「Disney HARVEST MARKET By CAFE COMPANY」がプレオープン

    18.August.2021 | FOOD / SPOT

    ⼈にも社会にも地球にもヘルシーな「未来へつなぎたい『⾷』」を、ディズニーの世界観を通じて、おいしく、楽しく、提案する「ヘルシーテイメント」にフォーカスした新店舗のカフェ&ギフトショップ「Disney HARVEST MARKET By CAFE COMPANY」が、2021年8月12日(木)より、完全事前予約制でプレオープンした。

     

    メニュー 一例

    アフタヌーン ティーパーティー ¥3,200/1名様 *注文は2名〜
    季節のフルーツ、パンケーキ、オープンサンド等とドリンクがセットになったアフタヌーンティーセット。

     

     

    写真下から:おとぼけバリスタのカフェラテ ¥770/陽気な農園主のジャンボマッシュルームバーガー ¥2,530/ほくほくドギーポテト カレー風味 ¥935/キュートな料理研究家のピンクベリーパンケーキ ¥2,200/おしゃれパティシエのダブルベリーグラス ¥1,980/うっかりフィッシャーマンの全粒粉カルボナーラ ¥2,200

     

     

    メニューには、ミッキーマウスやミニーマウスをはじめとするキャラクターの世界観やストーリーを反映し、大人も子供も楽しめるデザインを施している。また、「Japan Local」というコンセプトのもと、日本の四季を感じられる限定メニューや、日本ならではの季節行事をイメージしたメニュー表なども登場予定。日常的な「食べる」という行為に、ディズニーの世界観を通じた「エンターテインメント」を掛け合わせ、「おいしく、楽しい」食体験を提案する。

     

     

     

    Oh!みやげ 〜GOODS EXPERIENCE〜

    カフェに併設するギフトショップでは、「お土産」から着想した「oh!みやげ」を合言葉に、日本各地の信頼できる作り手と共に作るここにしかないオリジナル商品や伝統工芸等のセレクト商品を取り揃え、自分や相手を思いながら、選ぶ楽しみ、買う楽しみ、贈る楽しみ、使う楽しみがぎゅっと詰まった体験を提供していく。

     

     

    ディズニーの世界観を通じて「ハーベスト」な体験を

    店名に冠した「ハーベスト」は「収穫」を意味する。ウッドやグリーンを基調とした店内では、ただ新しいモノを多用するだけではなく、まだまだ使用可能な廃材も使用。

     

     

    メニュー表には、ミッキー&フレンズなどをイメージしたデザインに日本文化や自然のモチーフを組み合わせ、日本の四季を表現している。

     

    また、店内奥には、ミッキーマウスをイメージした高さ2.7mの真っ白なスタチュー(像)を配置した。スタチューは、四季に合わせて装いやディスプレイを変更し、店のシンボルとしてゲストを迎える。今後、スタチューが身につける手ぬぐいやマフラー等と同じデザインを採用したオリジナル限定グッズの販売も予定している。

     

    BGM

    カフェで過ごすひとときにぴったりな、時代を超えて愛される楽曲を集めた店内BGMを作成。シャーマン兄弟やアネットなど往年のディズニー・レジェンドの楽曲をはじめとする、1950年代以降に⼈気を博した「Disneyland Records」や「Buena Vista Records」より発売された幻のレコード商品などから楽曲を選出し、さらにミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックなどの仲間たちが歌うレアトラックスも収録したプレイリストとなっている。

     

     

    ディズニーの世界観を通じて表現される「ヘルシーテイメント」を体験しよう。

  • 日本のサステナブルに触れるマーケット・エキシビション「Meguriwa展」開催

    12.August.2021 | FASHION / SPOT

    日本のサステナブルを発信するプロジェクト「Meguriwa (めぐりわ)」が、2021年11月12日(金)と11月13日(土)の二日間限定でマーケット・合同展示会イベントを開催する。会場予定地は、渋谷駅南街区の、再開発で賑わいを見せるエリアに、時を忘れたかのようにひっそりと佇む邸宅。伝統的な和の雰囲気と西洋のモダンな様式が混在し、どこか懐かしさを感じる空間が広がる。

     

     

    間伐材をつかった商品や、売り上げの一部をつかって環境保全活動を行うプロダクト、再生デニムなど、循環型のモノヅクリにとりくむ全国のつくりて、企業が手掛ける作品、商品、素材が一堂に会する。人間は社会構造が大きく変化するうねりの中で、「無目的な自然(気候変動、ウィルスや地震など)」と共生を続けなければならない。そこで、Meguriwaは、自然との境界をつくらず、自然を恐れ感謝する「当たり前の経済」を再考すべき今、「サーキュラー・バイオエコノミー」が社会に示せるビジョンは大きいと考える。

     
    古来の営みと変わることのなく「地球に生きること」に向き合い、共に学び、楽しみながら未来をつくる場になってほしいとの想いが込められた本イベントでは素材の商談ができる素材展示も同時開催。さらに、オンラインセミナー「めぐりわのまなびば」が、事前イベントとして1ヶ月前より毎週で開催される。

     

    モノヅクリをとりまく地域文化を表現するイベントへ足を運んでみては?

     

  • ネイキッドの体験型感染症対策アート展が 渋谷ヒカリエで期間限定開催中

    07.August.2021 | SPOT

    クリエイティブカンパニー「ネイキッド」が、AIなどのテクノロジーとアートと占いが融合した体験型アート展「NAKED URANAI」を、2021年8月27日(金)まで東京・渋谷ヒカリエにて開催中。本展の中で、手指消毒をアート体験化した「NAKEDつくばい」の12星座ver.、抗ウイルス作用が期待される天然アロマを用いたエリア「CLEAN JUNGLE」で、感染症予防対策をアート化している。

     

     

     

    注目エリア

    占法:西洋占星術

    占法:タロットカード

    占法:夢診断

    占法:数秘術

     

     

    昨年の「二条城夏まつり2020」より、NAKEDは、感染症予防対策のアート化に取り組んでいる。以前、厳しい状況が続くなか、渋谷ヒカリエホール ホールBにて開催中の「NAKED URANAI」にて、日時指定券による入場者数の大幅な上限管理、30分後の除菌清掃・換気などの通常の感染症予防対策に加え、体験したくなる感染症予防対策アートを組み込んでいる。

    ひとつは、昨年から各地で人気の手指のアルコール消毒をアート化した「NAKEDつくばい」。元来、茶室に入る前に手を清める機能であった「つくばい」を現代版にNAKEDがアレンジした。アルコール消毒液とともに、本展では占いにちなみ、12星座のいずれかが自分の手のひらにプロジェクションマッピングされる。もうひとつは、抗菌・抗ウイルス作用が期待される天然アロマのティーツリーなどを使用した「CLEAN JUNGLE」。占い体験前に、天然アロマやミストで身を清めるエリアとして構成されている。

    ニューノーマル時代に適応したアート体験を創出するネイキッドの活躍から目が離せない。

     

  • クレヨンしんちゃんチョコビのパッケージでおなじみ「ワニ山さん」の日が誕生

    05.August.2021 | ANIME&GAME / SPOT

    「クレヨンしんちゃん」に登場するしんちゃんの好物「チョコビ」のパッケージでおなじみのピンクのワニ「ワニ山さん」がフィチャーされた「ワニ山さんの日」制定を記念した授与式が2021年8月2日(月)に「チョコビのおみせ in SHIBUYA109渋谷店」で実施された。

     

     

    チョコビ チョコレート味

    チョコビ いちご味

    キャンペーン賞品 ラバーマスコット

    授与式は「チョコビのおみせ」の初日オープンを盛り上げるべく、オープン前に実施。「チョコビのおみせ」は、「チョコビ」の発売15周年を記念し企画した、期間限定で実施するポップアップストアで、授与式には、しんちゃんや、しんちゃんの好物「チョコビ」のパッケージでおなじみのワニ山さんが登場した。「チョコビのおみせ」は、「チョコビのおみせ in SHIBUYA109渋谷店」を皮切りに全国6カ所で順次開催される。「チョコビ」やワニ山さん、そしてワニ山さんの格好をしたしんちゃんのオリジナルグッズを数多く発売中なのでお見逃しなく。


    また、お菓子の「チョコビ」シリーズでは、9月1日(水)よりオリジナルデザインのぷっくり半立体形状が可愛いラバーマスコットが当たる「チョコビ15周年記念 ぷっくりラバーマスコット大当たりキャンペーン」が実施される。キャンペーン対象商品を購入し、大当たりが出ると、ぷっくり半立体仕様のラバーマスコットを全3種類のデザインから1つゲットすることができる。ラバーマスコットは、オリジナルの描き起こしデザインが可愛らしい全3種類の展開を予定。ここでしか手に入らない記念アイテムなのでお楽しみに!

     

     

    イベントレポート

    授与式には、しんちゃんと、「チョコビ」のパッケージでおなじみのワニ山さんが登場。二人は証書を受け取ると、仲良くカメラにポーズを決めた。

    授与式の後、しんちゃんとワニ山さんはさっそく店内でグッズをお買い物。自分たちのイラストが描かれたオリジナルグッズを手に取り、終始楽しそうにチョコビのおみせで買い物を楽しんだ。

    オープン早々、オープンを待ちわびた人々が来店。多くのオリジナルグッズに目を輝かせながら、楽しそうにショッピングを楽しんだ。カラフルでポップな外観にも注目が集まり、記念写真を撮る人も。

     

     

    ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2021
    ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

  • 渋谷パルコDwiky KA展を記念した日本人アーティストらとのコラボ実現

    01.August.2021 | FASHION / SPOT

    パルコが、インドネシア ジョグジャカルタをベースにアンダーグラウンドな音楽、アーティストやアパレルとのコラボレーションなどフリーフォームに活動を続けるアーティストDwiky KA(ドゥイキー・KA)の個展を渋谷PARCO地下1階GALLERY Xにて2021年7月30日(金)から8月9日(月・祝)までの期間限定で実施している。

     

     

    DwikyKA x HYSTERIC GLAMOUR

    DwikyKA x BiSH

    DwikyKA x 河村康輔

    DwikyKA x 河村康輔

    Dwiky KA x Tappei レジャーシート

    展示物(Robot)

     

    今回の個展開催にあたり、コラボレーショングッズならびに展覧会オリジナルグッズが登場。2019年渋谷PARCOグランドオープン時に実施したイベントYAGIBOY(音楽やフリーマーケット等の複合イベント)では同イベント主宰の一人であるオカモトレイジ(OKAMOTO’S/YAGI)がInstagramで見つけオファー、メインヴィジュアルを作成した。今回は絶妙なポップさと毒々しさを独自に作品に落とし込み、センスが詰まった空間を展開する。

     

    コラボレーショングッズや展覧会オリジナルグッズも特異でフリーキーなアイテムの数々がラインアップ。HYSTERIC GLAMOUR、韓国のbalansa×YAGIとのブランドコラボ、河村康輔、Tappeiら日本人アーティストとのコラボ、さらには楽器を持たないパンクバンドBiSHとのコラボも実現した。Dwiky KAのシルクスクリーン作品、立体作品等も会場にて販売する。

     

    海外からの注目も集める次世代アーティストのコラボをお見逃しなく!

  • 廃棄物で表現するアートで社会課題の解決を目指すプロジェクト始動

    29.July.2021 | FASHION

    「ひと と 地球 の未来を描く」をビジョンに掲げ、コンサルティング・物販・飲食事業を通して、様々な社会課題の解決を目指すInnovation Designが、渋谷スクランブルスクエア14階で展開するおみやげを通して社会課題の解決を目指す「haishop」にて、2021年7月21日(水)より「Art For Social Change 」と称したプロジェクトを始動、廃棄物由来の素材から作るアート作品を募集する。

     

    環境省によると、令和元年度の全国のごみ総排出量は4,274万トン(東京ドーム約115杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は918グラム。廃棄物は輸出できないため、島国である日本では、約20年後の日本を考え、今、行動を起こすことが必要と考えている。

     

    そこで、haishopは、「販売中止になった洗剤のキャップ」や「プラスチックチップ」など様々な廃棄物から生まれたマテリアル素材の販売を行い、購入者と共に廃棄物の在り方の新たな可能性を探っていた。そんな中、アクリル製品を製造・成型する際に余ってしまう部材の購入者が、廃棄物を見事にアートとして蘇らせた。その出会いだけに留まらず、その他も沢山の人から同様の話を聞いた経緯から、今回、プロジェクトを本格的に始動することが決定した。多くの人たちと共にアートの力で社会を変えるメッセージを届けたいという想いを大切に、プロジェクト名を「Art For Social Change 」と称した。

     

    “モノが生まれる”までは容易にイメージできるが、”モノを使ったあと”の想像は実はとても難しい。最終処分場の残余容量が年々少なくなっている今、日本に暮らす全ての人がモノを大切にし、寿命を伸ばすアイディアを見出し、新たな循環型社会を構築することが世界でも重要課題だ。このプロジェクトでは、そのようなメッセージを少しでも伝えていきたいと考えている。

     

    本プロジェクトの参加条件は、「本プロジェクトの想いに賛同してくれる人」「haishopで販売するマテリアルを使用すること」のみ。プロのアーティストだけでなく、未就学児でも、学生でも、社会人でも、老若男女問わず誰もがアーティストとして自分の作品を世に送り出すことができ、販売することができる。様々な社会問題がある今、1人でも多くの人が現状を認識し、そして行動を起こしていく事が大切だと考える。販売することで、”作った人” ”購入した人”は勿論のこと、haishopに来て作品を見た全ての人が、循環型の社会について真剣に考え、行動を起こす一歩を踏み出す「きっかけ」となることを願い販売される。

     

     

    実績

    haishopでは、新渡戸文化小学校の4年生の児童と共に、廃棄物由来の素材を使用し” おみやげ “というテーマで作品を作ってもらい、児童が生み出した作品の販売を行っている。売上は、新渡戸文化小学校へ戻し、子供たちと共に新たな循環を生み出す活用方法を考えていく。

     

    新渡戸文化小学校の児童の作品販売の様子

    洗剤のキャップから生まれたマラカス

     

    みんなで取り組むリサイクルアートであなたのアイデアを表現してみては?

     

  • パリの雰囲気を再現したMAPP_×伊藤敦志コラボアートワーク出現

    20.July.2021 | SPOT

    東京都渋谷区に位置する複合文化施設「Bunkamura」が、2021年7月1日(木)より、「Bunkamura Bon Bon -Bunkamuraフランス月間2021-」をマンスリーテーマに、フランスの文化・芸術を楽しめるコンテンツを発信している。今回は、パリに訪れたような気分になれるアートワークを手掛けたグラフィックデザイナーの伊藤敦志からのコメントや、パリの風薫るカフェ「ドゥ マゴ パリ」の夏の新メニューなどを紹介する。

     

    Bunkamura館内の様子

    Bunkamura館内の様子

    フランスの魅力がたっぷりつまった個性あふれる「ワゴンショップ」開催期間:7月10日(土)~7月18日(日)

    パリ気分を高めるバイオリンとアコーディオンのデュオ「シエスタ」の演奏 開催日:7月17日(土)、18日(日)

     

     

    プロジェクションマッピングをはじめアートの概念を変えるアートプロジェクトを手がける集団「MAPP_(マップ)」とのコラボレーションによるアートワーク「PLAYTIME」が開催中。グラフィックデザイナーの伊藤敦志がデザインを担当し、 「MAPP_」が手がける、パリを感じるプレイグラウンドがBunkamura館内に出現している。フランス・パリの雰囲気を感じるフォトスポットとしても楽しむことができる。また、芸術と食を楽しむ空間でパリの文化を感じられる「ドゥ マゴ パリ」のディナーメニューがリニューアルし、7月12日(月)より夏の新メニューが登場した。パリのビストロ定番料理に加え、旬の魚介や夏野菜を盛り込んだ季節のメニューを堪能できる。カジュアルなアペタイザーから、ボリュームたっぷりのメイン料理まで豊富に取り揃えられている。

     

    伊藤敦志からのコメント

    「壁や柱、エレベーターなどに等身大のイラストを描いて、Bunkamura館内に架空のパリをデザインしました。気軽に海外旅行ができない世の中ではありますが、ほんのひととき、懐かしいパリを探索して写真を撮ったり、楽しい旅行気分を味わっていただけたら嬉しく思います。」


    パリの街並みを感じることができるアートワークやイベントをチェックしてみては?

  • ルイ・ヴィトン期間限定メンズ・ストアが渋谷メンズ店に登場

    14.July.2021 | FASHION / SPOT

    2021年7月5日(月)より、ルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店 2階にオープンしている期間限定メンズ・ストア「テンポラリー・レジデンシー」。その空間は、ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクターとしてデビューした2019春夏コレクションのセットを彷彿させるレインボーカラーで統一されている。

     

    ルイ・ヴィトンのシューズパッケージを重ねたようなウォールデザインや、レインボーネオンカラーが印象的な大型のLV シグネチャーなど遊び心溢れるデザインが随所に取入れられ、ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトン メンズの世界観が存分に表現されている。

    「テンポラリー・レジデンシー」は、「ルイ・ヴィトン:ウォーク イン ザ パーク」と題してグローバル展開される一連のメンズ・ファッションイベントの1つであり、パリのポン・ヌフ、ニューヨークのソーホーに続き、日本では初となる取組みとなる。このユニークな空間では、メゾンのアイコンを間近で体験し、クリエイティブな進化の過程を心と体で感じることができる。これはまさに、ルイ・ヴィトン メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローがメゾンのために考案した、既存のコンセプトやアイコンをさらに掘り下げて体験することができる試み。ヴァージル・アブローの作品の中心にあるインクルーシブな価値観に根差し、彼とコミュニティの間に存在する相互的な繋がりが体現されている。

     

    レインボーで彩られた期間限定のルイ・ヴィトン「テンポラリー・レジデンシー」へ足を運んでみては?

     

     

    (C)LOUIS VUITTON_TOMOYUKI KUSUNOSE

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US