w-inds.、3年ぶりオリジナルアルバム「20XX “We are”」ついにリリース

29.November.2021 | MUSIC

ダンスボーカルグループ、w-inds.の約3年ぶり14枚目のオリジナルアルバム「20XX “We are”」が2021年11月24日(水)にリリースされた。

オリジナルアルバムとしては『100』以来、実に約3年ぶりの作品で、2人体制になった新生w-inds.としては初めてのオリジナルアルバムだ。

新生w-inds.のはじまりの曲となった「Beautiful Now」、そして9月に先行配信され、イス座りダンスも注目を集めた「Strip」、10月に先行配信され初のリリックビデオを公開した「Little」、DA PUMPとLeadが参加した今シーズンのクリスマスソング大本命曲「The Christmas Song(feat. DA PUMP & Lead)」ほか全10曲収録の、橘慶太が全曲プロデュースを担当した現在進行形のw-inds.を詰め込んだ充実作になっている。
制作期間にコロナ禍も重なったことや、20周年を迎え次への新たなスタートを飾るアルバムということもあり、いままでのw-inds.の作品の中でも一際2人の心情やメッセージが込められた、心に響く作品になった。

今回アルバム全曲解説のオフィシャルインタビューの音声がw-inds.のYouTube公式チャンネルで公開された。インタビュアーは三宅正一が務め、早くも次の作品を匂わせる発言もあり、ファンならずとも注目のインタビューになっている。インタビューを見て、改めてアルバムを聴いてみよう。

 

アルバム全曲解説インタビューby三宅正一
w-inds. Official Interview about 『20XX “We are”』

https://youtu.be/7MQTcXN_PMM

アルバム「20XX “We are”」は11月23日(火)付のオリコンデイリーアルバムランキングでも4位を記録。20年を経てさらに進化するw-inds.の音楽が改めて脚光を浴びている。
「20XX “We are”」CDの外貼りシールを無料アプリ『COCOAR』で読み込むと、初回限定盤Blu-ray/DVD収録『Document of 20XX ”We are”』ダイジェスト映像&アルバムトレイラーが視聴できるという仕掛けもあるので、是非店頭にも足を運んでみてほしい。


また、11月27日(土)20時には、「The Christmas Song(feat. DA PUMP & Lead)」のミュージックビデオもプレミア公開されるので、こちらも見逃せない。

 

The Christmas Song (feat. DA PUMP & Lead) / w-inds.(Official Music Video)*11月27(土)20時プレミア公開
https://youtu.be/3uE9FhIv-dU


更に、12月29日(水)にはw-inds. Online Show「20XX”We are”」が開催される。国内外で大反響を巻き起こした、アニバーサリーイヤーを象徴する3月14日(日)デビュー20周年記念日の伝説的なOnline Showから約9ヶ月。w-inds.が提示する次なるOnline Showはw-inds.ファンでなくとも全音楽ファン必見と言える。アルバムを聴き込んで、年末はw-inds.のパフォーマンスを堪能してほしい。

 

RELATED ENTRIES

  • SILENT SIREN、ベストアルバム「SILENT」「SIREN」 全64曲分の楽曲解説を公開

    13.December.2021 | MUSIC

    SILENT SIRENが2021年12月15日(水)にリリースする初のオールタイムベストアルバム『SILENT』、『SIREN』全64曲分の楽曲解説を特設サイトに一挙公開した!長年サイサイの側で執筆を担当してきたライター阿刀“DA”大志氏による渾身の書き下ろしレビューとなっており、ファンのみならず11年間のサイサイの歴史を振り返ることができる。

     

    トレーラー映像

     

    既に残りわずかとなっているファンクラブ3,131セット完全生産限定スペシャル・コンプリートボックス『SILENT SIREN PREMIUM BOX〜11年分詰め込みました〜』は3つのGOODSに加えて、メンバー発案の特典が続々と発表されているが、今回さらに追加で発表されたのは、ボックスの中に「ハズレ無し!サイサイお楽しみくじ」がもれなく封入されているとのこと。景品は特設サイトをチェックしてみてほしい。

     

    そして活動休止前のラストツアーとなる「SILENT SIREN 年末スペシャルLIVE TOUR 2021『FAMILIA』」の各地サポートメンバーが発表された。

    サイサイのサウンドプロデューサーでデビュー前からメンバーと苦楽を共にしてきたクボナオキが今回はギタリストとして全箇所ステージに立つ他、サポートドラムとして福島・大阪公演にはTHE BACK HORNの松田晋二、名古屋・東京公演には渡邊悠が出演。豪華な面々が出演する。

  • DA PUMPとLeadが参加し話題!w-inds.「The Christmas Song」先行配信スタート

    25.November.2021 | MUSIC

    ダンスボーカルグループ、w-inds.が2021年11月24日(水)リリースのオリジナルアルバム「20XX “We are”」から、DA PUMPとLeadが参加した「The Christmas Song(feat. DA PUMP & Lead)」を先行配信リリースした。

    w-inds.がデビュー当時にライブのオープニングアクトを務めた先輩DA PUMPと、w-inds. 1st tourでオープニングアクトを務めた盟友Leadとの20周年ならではの胸熱コラボでリリース前から大きな話題になっていた楽曲。三組が縦横無尽に絡み合うホームパーティーのような和気あいあいとした雰囲気で、今年のクリスマスソングの大本命曲になりそうだ。配信ジャケットはDA PUMPのU-YEAHが手掛け、それぞれが歌うパートはそれぞれが作詞も担当している。

    そして「The Christmas Song(feat. DA PUMP & Lead)」のミュージックビデオも完成した。アルバム「20XX “We are”」リリース後の11月27日(土)20:00にプレミア公開される。

     

    The Christmas Song (feat. DA PUMP & Lead) / w-inds.(Official Music Video)
    https://youtu.be/3uE9FhIv-dU  *11月27日20:00プレミア公開


    さらに12月29日(水)にはw-inds. Online Show「20XX”We are”」が開催される。国内外で大反響を巻き起こした、アニバーサリーイヤーを象徴する3月14日(日)デビュー20周年記念日の伝説的なOnline Showから約9ヶ月。w-inds.が提示する次なるOnline Showはw-inds.ファンでなくとも全音楽ファン必見と言える。2021年の年末は形を変えながらも進化を続けるw-inds.のパフォーマンスを堪能してほしい。
    アルバム発売がすぐそこまで迫るw-inds.に改めて注目しよう。

  • MAN WITH A MISSION、約3年半ぶりオリジナルアルバムトラックリスト&アートワーク公開

    04.November.2021 | MUSIC

    MAN WITH A MISSIONが2021年11月24日(水)にリリースするオリジナルアルバム「Break and Cross the Walls I」の収録トラックリストおよびアートワークが公開となった。

     

    Break and Cross the Walls I初回生産限定盤

    Break and Cross the Walls I 通常盤

     

    通算6作目となるオリジナルアルバムは約3年半ぶりの待望のオリジナルフルアルバム。当初2枚組作品として構想され、制作をスタートさせていたが、長引くコロナ禍の影響を受ける音楽シーンや、活動を後押ししてくれるファンたちに少しでも早く新たな作品を届けられたらとすべての完成を待たず急遽2枚連続のアルバム編成に変更。来春には続編となる「Break and Cross the Walls Ⅱ」の発売も決定している。

     

    11月24日(水)発売の「Break and Cross the Walls I」には現在、好評放送中のTVドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」主題歌「Remember Me」をはじめ、人気TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマ「Merry-Go-Round」や映画「ゴジラvsコング」日本版主題歌「INTO THE DEEP」、2020 NHKサッカーテーマソング「Change the World」などの既発曲7曲に加えて、アルバム新曲として「yoake」、「Thunderstruck」、「Break and Cross the Walls」、「Between fiction and friction Ⅰ」、「クラクション・マーク」、「Subliminal」、「Anonymous」の7曲が加わった強力盤。ブラックとホワイトのツートンカラーの空間に降り立った狼5匹と白黒の対局となるチェスを象徴的に用いたジャケットアートワークも公開された。また、今月末、10月30日発刊の「ROCKIN’ON JAPAN 2021年12月号」には5匹揃が巻頭表紙に登場。最速インタビューが公開され、アルバムの全貌が届けられそうだ。

     

    なお、MAN WITH A MISSIONは11月30日(火)の横浜アリーナを皮切りに2年振りとなるアリーナツアー“MAN WITH A MISSION Presents「Merry-Go-Round Tour 2021」”を開催。現在、チケット一般発売に先駆け、10月25日(月)までオフィシャルHP先行を実施中。バンド結成当初の2010年から2013年日本クラウン在籍時に発表された楽曲を中心にセットリストを構成する「Day1:Songs of Innocence」と、2013年から今日に至る最新楽曲までを網羅した「Day2:Songs of Experience」と公演日ごとに異なるコンセプトが発表されており、改めて狼たちの魅力を体感できるツアーになるだろう。この機会にぜひこちらもチェックしてみては?

     

  • ポケモン25周年記念!世界のアーティストが集結した「Pokémon 25: ザ・アルバム」配信開始

    27.October.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    Pokémon 25周年を記念したグローバル・ミュージック・プログラム、P25 Musicの集大成とも言えるアルバム「Pokémon 25: ザ・アルバム」がデジタル・リリースされた。アメリカ出身のケイティ・ペリーやポスト・マローンを始め、コロンビア出身のJバルヴィン、フランス出身のルアンなど、Pokémonを愛する世界各国のビッグ・アーティストがオリジナル楽曲やカバー曲を提供している。日本からも、数多くのアーティストを手掛けるプロデューサー、Yaffleが参加しDaichi YamamotoとAAAMYYYをフィーチャーした楽曲「Reconnect (feat. Daichi Yamamoto & AAAMYYY)」を提供しているのも話題だ。

     

    Jバルヴィンの楽曲「テン・クイダード」のミュージック・ビデオも初公開された。ニューヨークで撮影された同ビデオでは、ピカチュウやリザードンなど、Jバルヴィンが特に好きだというポケモンと共演している。

     

    「テン・クイダード」ミュージック・ビデオ

     

    また「Pokémon 25: ザ・アルバム」の日本盤CDの詳細も明らかに。2021年11月17日に発売される日本盤CDには、新世代ヒップホップシーンの注目ラッパーである空音と、一躍時代を代表するアーティストとなったyamaが共演を果たしたYaffleプロデュースによる、もう1つの楽曲「Grown (feat. 空音 & yama)」がボーナストラックとして収録される事が決定した。楽曲「Grown (feat. 空音 & yama)」と「Reconnect (feat. Daichi Yamamoto & AAAMYYY)」は『ポケットモンスター 赤・緑』のゲーム音源をサンプリングしており、ゲームのどの場面から、どの音源が使用されているのかにも注目が集まる。

     

    CDにはポスター型ブックレットと、初回生産分限定でピカチュウのオリジナル・ステッカーが封入される。

     

  • 大滝詠一、佐野元春、杉真理のユニットアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』発売40周年記念版リリース決定

    25.October.2021 | MUSIC

    1982年3月21日に大滝詠一の主催する《ナイアガラレーベル》から発表されたアルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』の発売40周年を記念して、『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition』が、2022年3月21日(月)にリリースされることが決定した。

     

    『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 40th Anniversary Edition』 Trailer

     

    伝説のバンド はっぴいえんど(細野晴臣・大瀧詠一・松本隆・鈴木茂)は解散後、メンバーそれぞれが新たな活動を初める。大瀧は1975年、アーティスト名を”大滝詠一”に改名し、自身のみならず新しい世代の魅力的なアーティストも紹介すべく、彼の名字“大きな滝”から発想した《ナイアガラレーベル》を設立。その第一弾として山下達郎・大貫妙子・村松邦男らによる《シュガー・ベイブ》のシングル『DOWN TOWN』、およびアルバム『SONGS』を発表した。そして、作品は昨今もCity Popのルーツとして国内外で注目され、日本のロック史に燦然と輝く名盤として聴かれ続けている。

     
    続く1976年には、大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次というそれぞれがプロデューサー&ソロアーティストとしても活動する3人が持ち寄った楽曲で構成された企画アルバム、『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』を発売。レーベルとしてのカラーがより鮮明なものとなった。


    1981年に歴史的名作アルバム『A LONG VACATION』を発表した大滝は、CMソングの依頼をきっかけに『NIAGARA TRIANGLE』の第2弾を構想する。そこで、それまでの人脈など“縁”で繋がり、当時大きな注目を集めていた佐野元春と杉真理に参加を要請。NIAGARA TRIANGLE名義のシングル盤『A面で恋をして』をリリースすると瞬く間にスマッシュヒットを記録した。半年後の1982年3月21日には、アルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』も発売。40年を経た現代でもCity Popの代表作として高く評価されている。



    『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 VOX』は完全生産限定BOX仕様となっており、CD3枚+Blu-ray Audio Disc+豪華ブックレット+復刻キーホルダーに加え、1982年のオリジナル盤リリース時に宣伝用として制作され、当時でも入手困難だったプロモーション用7インチレコード3枚組が完全復刻され同梱される。この3枚組7インチレコードは、メトロポリス・マスタリングのティム・ヤングによる2022年版最新カッティングが施されている。

     
    同時発売される12インチのアナログレコードは、国内最高峰のSony Music Studios Tokyoによる2022年版最新カッティングで、重量盤12インチ2枚組仕様。『NIAGARA TRIANGLE Vol.2 VOX』に収録される楽曲情報や、通常盤CDの仕様などの詳細な商品情報は今後順次発表される予定なのでお楽しみに!

  • RADWIMPS、ニューアルバムのタイトルが「FOREVER DAZE」に決定

    18.October.2021 | MUSIC

    メジャーデビュー15周年を迎えたRADWIMPSの11月23日(火・祝)にリリースするニューアルバムの収録内容詳細が発表になった。コロナ禍における音楽制作の中で生み出された楽曲たちを詰め込んだ最新作のタイトルは「FOREVER DAZE」。“永遠の揺らめき”という意味合いをもつ今作は、ボーダーレス、ジャンルレスなコラボレーションや実験的な要素が散りばめられ、音楽的な挑戦と希望に満ち溢れたアルバムとなりそうだ。 

     

    約3年ぶりとなるオリジナルアルバムには、先行リリースされていた「夏のせい」「鋼の羽根」「TWILIGHT」(『ONE PIECE』コミックス100巻・アニメ1000話記念映像作品“WE ARE ONE.”主題歌)、「うたかた歌」(映画『キネマの神様』主題歌)、「SUMMER DAZE 2021」ほか新曲を含む全14曲を収録。「猫じゃらし」をフルオーケストラヴァージョンにリアレンジした「犬じゃらし」、映画『天気の子』の主題歌「グランドエスケープ」も、RADWIMPSオリジナルヴァージョンとして収録される。 また今作には「うたかた歌」で共演した菅田将暉のほか、Awich、iriがフィーチャリングアーティストとして参加している(なお、収録を予定していた「ココロノナカ (Complete ver.)」は未収録となる)。 

     

    同時に公開になったジャケットビジュアルは、現代芸術家/AIアーティストの岸裕真氏とタッグを組み、人種や性別を超えた様々なバックグラウンドを持つ15歳の男女のポートレートを撮影し、その画像を学習させたAIによって生成されたもの。タイトルにもある「DAZE」=揺らめきを加えて生成された、AIならではの抽象的な肖像は、メジャーデビューから15年の時を経てなお、多種多様な楽曲を奏でながら進化し続ける今のRADWIMPSを象徴する鮮烈なジャケットビジュアルとなっている。 

     

    グランドエスケープ[Official Live Video from “15th Anniversary Special Concert”] 

     

    さらに、昨年11月にメジャーデビュー15周年を記念して横浜アリーナにて開催された特別公演「15th Anniversary Special Concert」から「グランドエスケープ」のライブ映像がオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。この横浜アリーナ公演の模様は、最新アルバムの【15th Anniversary Box(初回限定盤)】【完全受注生産限定15th Anniversary Box(GOODS付)】に付属するBlu-ray/DVDに収録されている。

     

    アルバムの詳細とあわせて、ライブ映像もチェックしてみて。

     

     

  • GARNiDELiA「オトメの心得」MVを公開!アルバムの先行配信もスタート

    18.October.2021 | MUSIC

    MARiAとtokuによる二人組のユニットGARNiDELiA(ガルニデリア)が2021年11月17日(水)に、ポニーキャニオン移籍後初となる5枚目のオリジナルアルバム『Duality Code』から「オトメの心得」のMusic VideoをYouTubeにて公開した。

    この曲はテレビ東京他で放送中のTVアニメ「大正オトメ御伽話」のオープニングテーマソングとなっており、同時に同曲の先行配信もスタートしている。

     

    GARNiDELiAとしては珍しくブラスバンドをフィーチャーしたポップチューン。アニメの世界観に合わせて大和撫子の献身的な恋心を歌い上げている。Music VideoではMARiAがプロデュースを行った大正浪漫漂うレトロモダンな和装姿で、ビックバンドを従えた優雅なダンスホールでの演奏シーンが印象的な作品となっている。

     

    「オトメの心得」Music Video

     

    GARNiDELiAは2021年にポニーキャニオンに移籍後、それぞれのソロワークスの発表を経てユニットとしては約1年ぶりのアルバムリリースとなる。タイトルに「Duality=二元性」と名付けられた通り、あらためてGARNiDELiA二つの才能と信念で形成された原点に帰りつつ、新たなスキルを詰め込んだ12年目の口火を切る作品となった。

     

    さらにこのアルバムをリリース後12月5日よりCLUB CITTA‘を皮切りに全5箇所に及ぶ全国ツアー「GARNiDELiA stellacage tour 2021→2022 “Duality Code”」を開催することも既に発表されており、アルバムと合わせてGARNiDELiAワールドを堪能できる一年となりそうだ。

     

  • w-inds.、オリジナルアルバム「20XX “We are”」のアートワークを公開

    28.September.2021 | MUSIC

    ダンスボーカルグループ、w-inds.が2021年11月24日(水)に発売となる14枚目のオリジナルアルバム「20XX “We are” (トゥーオーダブルエックス ウィーアー)」のアートワークを公開した。

     

     

    どこか日本ではないような雰囲気の場所で撮影された2人の写真からは、激動の20年を経て、なおも進化を続けるw-inds.の洗練された気品と風格が漂う。アルバムの内容に、さらに期待が膨らむアートワークとなっている。

     

    オリジナルアルバムとしては「100」以来、実に約3年ぶりの作品であり、千葉涼平と橘慶太の2人になった新生w-inds.としては初めてのオリジナルアルバム。「Beautiful Now」ほか全10曲収録予定で、前作に引き続き、橘慶太が全曲プロデュースを担当する。収録楽曲は追って発表される。引き続きアルバムの続報を待とう。

    そしてアートワーク公開からちょうど一週間後の9月24日(金)21時に、w-inds.のYouTube公式チャンネルでは謎の動画のプレミア公開が設定された。果たして何が公開されるのかは明らかになっていないが、こちらもチャンネル登録のうえ、リマインダー設定をお忘れなく。

     

    9月24日(金)21:00公開動画


    ポニーキャニオンの特設販売サイトでは、80ページに渡る撮り下ろしスペシャルフォトブック、さらに初CD化となるインストベストアルバム「20XX “THE BEST”INSTRUMENTAL」を付属した「Special Box盤」の予約受付も行っている。こちらは完全受注生産で10月8日(金)23時59分までの予約受付となっているので、手に入れたい方は早めにチェックしておこう。

     

  • ソニーミュージックが誇る名曲・名演を収めたシティ・ポップ・コンピ発売

    20.September.2021 | MUSIC

    大滝詠一やRainych(レイニッチ)の初CD化音源2曲も収録した、70年代~80年代のシティ・ポップの定番曲と90年代以降のネオ・シティ・ポップとも言うべき名曲をコンパイルした2枚組CDが2021年10月27日(水)に発売決定。

     

    この作品はソニー・ミュージックダイレクトの新レーベル「ALDEIGHT」初のコンピレーション盤で、ソニーミュージックが誇る新旧名曲群より近年シティ・ポップとしても国内外で注目を集めている楽曲を2021年の最新リマスター音源で2枚組全31曲収録したもの。

     

    この中には今年の3月21日に発売された大滝詠一「A LONG VACATION 40th Anniversary Edition」のプロモーション用に制作され、間もなく700万再生突破となるミュージック・ビデオに採用されたカウントから始まるバージョンの「君は天然色(40th Anniversary Version)」や、YouTubeで人気を呼び、今年の8月28日に7inchで発売されたインドネシア在住のシンガー、Rainych(レイニッチ)と evening cinemaによる山下達郎「RIDE ON TIME」のカバーの2曲の初CD化音源が含まれている。

     

    Disc-1には70年代~80年代の定番曲を、Disc-2には90年代以降の現在のネオ・シティ・ポップとも言われているシーンに繋がる近年再評価の高い名曲を網羅。昨今のブームを総括するようなシティ・ポップ・コンピレーションアルバムの決定版とも言える作品だ。

     

    ジャパニーズシティ・ポップ入門編としても永久保存盤としても手元に置いておきたいCDをお楽しみに。

  • 20周年のw-inds.、約3年ぶり14枚目のオリジナルアルバムを発売

    20.August.2021 | MUSIC

    デビュー20周年を迎えたダンスボーカルグループ・w-inds.が、2021年11月24日(水)に14枚目となるオリジナルアルバムをリリースすると発表した。

    アルバムのタイトルは「20XX “We are”(トゥーオーダブルエックス ウィーアー)」。オリジナルアルバムとしては「100」以来、実に約3年ぶりの作品。2人体制になった新生w-inds.としては初めてのオリジナルアルバムだ。「Beautiful Now」ほか全10曲収録予定で、今作も前作に引き続き、橘慶太が全曲プロデュースを担当する。

    激動の20年を経て、2人でのw-inds.として歩み始めた彼らの新作タイトルにある“We are”の意味とは。アルバムの続報を楽しみに待っていてほしい。

    アルバム「20XX “We are”」のリリース発表とともに予約受付もスタート。ポニーキャニオンの特設販売サイトでは、80ページに渡る撮り下ろしスペシャルフォトブック、さらに初CD化となるインストベストアルバム『20XX “THE BEST”INSTRUMENTAL』を付属した「Special Box盤」の販売も決定した。こちらは完全受注生産で10月8日(金)23:59までの予約受付となっているので、早めにチェックしておこう。

  • Mr.ChildrenのNew Album『SOUNDTRACKS』全曲配信スタート

    19.February.2021 | MUSIC

    Mr.Childrenが、昨年12月に発売した20枚目のオリジナル・アルバム『SOUNDTRACKS』を2月14日(日)から全曲ダウンロード・サブスクリプション配信をスタートした。

    Mr.Children 『SOUNDTRACKS』

     

    『SOUNDTRACKS』は、40万人を動員したDOME TOUR 2019 “Against All GRAVITY” 終了後の2019年7月より” 新しい音楽の可能性” と“刺激” を求め、Seal, U2, Sting, Sam Smithを手掛けたグラミー受賞エンジニアSteve Fitzmauriceと共に、ALBUM 制作を開始。RECORDINGは数多くの世界的名盤が録音された、RAK Studios(London)、Sunset Sound(LA)にて全曲を録音。何度も海を渡る中、Steve Fitzmaurice、Simon Haleを中心にした才能溢れる音楽家やSTAFF たちとのかけがえのない出会いを余すことなく音楽に閉じ込めるために、メンバーは、一音一音に魂を込めた歌を、演奏を、各楽曲に刻み込んだ。マスタリングは、Sterling SoundのRandy Merrillが担当。全曲海外レコーディングで制作したMr.Childrenを愛するすべての人々に聴いてもらいたい最高のアルバムとなった。

    Mr.Children待望のNew Albumを是非チェックしてみては?

  • w-inds. ベストアルバム「w-inds. Best Album『20XX “THE BEST”』」の新ビジュアル公開

    26.December.2020 | MUSIC

    2021年3月14日(日)にデビュー20周年を迎えるダンスボーカルグループw-inds.の、同3月14日(日)に発売となるベストアルバムの詳細及びビジュアル写真が公開された。

    千葉涼平と橘慶太の2人体制になって初めての新曲「Beautiful Now」を12月2日(水)に配信リリースしたw-inds.。新たな一歩を踏み出した彼らへの期待が高まる中、デビュー記念日となる来年3月14日(日)には20周年を飾るベストアルバムがリリースとなる。
    そのベストアルバムの詳細、ジャケット、新ビジュアルがオフィシャルサイトおよび20周年特設サイトで公開された。

    ベストアルバムのタイトルは「w-inds. Best Album『20XX “THE BEST”』」。デビューシングル「Forever Memories」から最新デジタルシングル「Beautiful Now」までの全シングル曲47曲をCD3枚に収録する。
    加えて、初回限定盤とPCSC盤のSpecial Disc(CD)には、主要音楽ストリーミング配信サービスでのストリーミング再生数を集計(期間:2020年11月26日〜2021年1月25日)し、シングル曲を除いた上位曲をCDの収録時間の許す限り収録する。
    さらに初回限定盤とPCSC盤には、メンバーが過去のライブツアーごとに選んだベストライブアクトをまとめたBEST LIVE SELLECTION DVDが入る。まさにw-inds.のデビューからの歩みがぎっしり詰まった記念碑的な内容になりそうだ。

    さらに12月26日(土)からは、過去のライブ映像作品がデジタルリリースされる。第一弾として「w-inds. 1st Live Tour “1st message”」「w-inds. “THE SYSTEM OF ALIVE”Tour 2003」「w-inds. “PRIME OF LIFE”Tour 2004」「w-inds. Live Tour2005“ageha”」の4作品が配信される。

     

    年末年始は初期のw-inds.のライブ映像作品を観ながら、最新曲「Beautiful Now」のミュージックビデオやコレオビデオで進化を続ける現在のw-inds.のダンスにも注目してみよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US