日本人初の快挙!リナ・サワヤマ、最新アルバムが全英初登場3位を獲得

30.September.2022 | MUSIC

ロンドンを拠点に世界的に活躍する新潟県出身のシンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール(Hold The Girl)』を2022年9月16日にリリース。同作品は全英アルバム・チャートで初登場3位を記録し、リナ自身にとって過去最高実績となった。

 

日本人アーティストが全英アルバム・チャートで3位を獲得したのは、同チャート史上初の出来事。日本人アーティストとして史上最高位の記録も打ち立てたリナは、自身のSNSでもファンに向けて「私の音楽を買ったり、ストリーミングしてくれた皆さん、本当に本当にありがとう」と喜びの気持ちを表していた。

 

この他にも、アルバム『ホールド・ザ・ガール』のアナログ・レコード週間売り上げ枚数は全英初登場1位を獲得しているほか、日本のiTunesおよびApple Musicアルバム・チャートのオルタナティブ・ジャンルでは共に1位を記録した。

 

また、リナは最新アルバム『ホールド・ザ・ガール』を引っ提げたジャパンツアーを2023年1月に行うことも決定している。東京・名古屋・大阪の3都市を巡るこのジャパンツアーは、リナ自身初の単独来日公演となる。

 

RELATED ENTRIES

  • リナ・サワヤマ、Spotifyグローバルプログラム「EQUAL」の10月度日本&グローバルアンバサダーに同時選出

    17.October.2022 | MUSIC

    ロンドンを拠点に世界的に活躍する新潟県出身のシンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール(Hold The Girl)』を2022年9月16日(金)にリリースした。同作品は全英アルバム・チャートで初登場3位を獲得し、日本人アーティストとして歴代最高位を記録している。

     

    そんなリナ・サワヤマが世界で活躍する女性たちに焦点を当てたSpotifyのグローバルプログラム「EQUAL」の10月度の日本およびグローバルアンバサダーに同時選出された。同プログラムがローンチして以降、日本およびグローバルの「EQUAL」プレイリストの月間アンバサダーに同時選出されるのはリナ・サワヤマが初めてとなる。

     

     

    リナ・サワヤマがプレイリストカバーを飾る「EQUAL Japan」と「EQUAL Global」のプレイリストが展開されるほか、ニューヨークのタイムズスクエアの屋外広告でもプレイリストカバーが展開予定となっている。

     

    リナは最新アルバム『ホールド・ザ・ガール』を引っ提げたジャパンツアーを2023年1月に行うことも決定している。東京・名古屋・大阪の3都市を巡るこのジャパンツアーは、リナ自身初の単独来日公演となる。

  • リナ・サワヤマ、「Hurricanes」MV公開&「This Hell」スタジオ・パフォーマンス映像を公開

    28.September.2022 | MUSIC

    新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール(Hold The Girl)』を2022年9月16日(金)にリリース。既に多くの海外メディアが絶賛コメントを寄せており、リナがカバーを飾った音楽メディアNMEからは「今年最高のイギリスのポップアルバム」と高く評価されている。

     

    そんな最新アルバム『ホールド・ザ・ガール』収録シングル「Hurricanes」のミュージック・ビデオが公開となった。楽曲名を彷彿させるようなハリケーンが吹き荒れる中でバンドを従えて力強いパフォーマンスを披露しているのが印象的なビデオとなっている。

     

    Rina Sawayama – Hurricanes (Official Video)

    https://youtu.be/LbB1Qtq3FHY 

     

    さらに、同アルバムからの1stシングルにしてファンからの人気も高い楽曲「This Hell」のスタジオ・パフォーマンス映像も公開となった。ダンサー、バンドと共に披露する迫力ある映像に仕上がっている。

     

    Rina Sawayama – This Hell (Live) | Vevo Studio Performance

    https://youtu.be/7cilizyYBdQ 

     

    また、リナ・サワヤマが最新アルバム『ホールド・ザ・ガール』を引っ提げたジャパンツアーを2023年1月に行うことも決定。東京・名古屋・大阪の3都市を巡るこのジャパンツアーは、リナ自身初の単独来日公演となるのでお見逃しなく。

     

  • リナ・サワヤマ、セカンドアルバム発売&初の来日ツアーが決定

    22.September.2022 | MUSIC

    新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール(Hold The Girl)』を9月16日(金)にリリース。過去1年半に渡ってライティングとレコーディングが重ねられた本作は、カントリー、エレクトロ、R&B、フォーク、メタル、ロックなど無数のサウンドを取り入れたポップ・ミュージックに仕上がっており、過去との折り合いをつけ、未来へと歩む喜びを表現したリナのパーソナルな成長を大胆かつ赤裸々に綴る作品となっている。また、Rolling Stone、The Times、DIY、The Mail On Sundayなど既に多くの海外メディアからも絶賛のレビューが寄せられており、The Timesは「現代のポップスターの中で、リナ・サワヤマは確実に突出している」とコメントしている。

     

    そんな新作アルバムをリリースしたばかりのリナ・サワヤマが2023年1月にジャパンツアーを行うことが決定した。東京・名古屋・大阪の3都市を巡るこのジャパンツアーは、リナ自身初の単独来日公演となる。サマーソニック2022でのパフォーマンスも大きな話題を呼び、「来年1月に戻る」ともかねてから公言していたため、彼女の来日ツアーは多くのファンに強く心待ちにされていること間違いない。

  • リナ・サワヤマ、今週発表のニュー・アルバムより新曲「Hurricanes」を解禁

    16.September.2022 | MUSIC

    新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが2022年9月16日(金)リリースのセカンド・アルバム『Hold The Girl(ホールド・ザ・ガール)』より、最新シングル「Hurricanes」をリリース。さらに、スタジオで同曲のライヴを披露したパフォーマンス映像も公開となった。

     

    最新シングル「Hurricanes」は、アンセミックなポップ・ロック調の楽曲となっており、人生の試練に打ち勝ち、楽しむことについて歌った内容となっている。

     

    同曲を収録した約2年半ぶりとなるニュー・アルバム『ホールド・ザ・ガール』は2022年9月16日に発売が決定しており、その後「Hold The Girl Tour」と名付けられたワールド・ツアー開催を控えている。リナは先日SUMMER SONIC 2022に出演するために来日した際も2023年1月にツアーで日本戻ってくると公言しており、日本での来日公演の詳細にも注目が集まっている。

     

  • ロンドン拠点の日本人シンガー、リナ・サワヤマが新曲「Hold The Girl」MV公開

    05.August.2022 | MUSIC

    新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが来たるセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール』よりタイトルトラックにして3曲目となる先行曲「Hold The Girl」を先日リリース。同曲のミュージック・ビデオが公開となった。

     

    Rina Sawayama – Hold The Girl

     

    ブルガリアで撮影された「Hold The Girl」のビデオでは、古びた家から逃れようとするリナが、目に見えない力によって何度も家に戻される様子が描かれている。「Hold The Girl」の楽曲の中でリナは「Sometimes I just wanna run away, leave behind the old me, start again / 時々、無性に逃げ出したくなることがある 古い自分を置き去りにして、やり直したい」と歌っており、過去の自分を見つめ直し、向き合おうとする楽曲のメッセージがビデオの中で表現されていることが伺える。「Hold The Girl」はセカンド・アルバムのために書いた最初の曲であり、リナがセラピーに行ったことなどがきっかけで誕生した楽曲と語っている。

     

    そんなセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール』は2022年9月16日(金)に発売されることが決定しており、リリースを記念しリナから発売決定コメントが到着した。ビデオの中でリナは、とてもパーソナルで自身の人生に大きな影響を与えたポップソングを集めたアルバムだと語っている。

     

    リナ・サワヤマ、新作『ホールド・ザ・ガール』発売決定コメント

     

    『ホールド・ザ・ガール』日本盤CDは未発表音源「フレイバー・オブ・ザ・マンス(デモ)」が追加収録された全14曲構成となっており、先着限定の購入者特典も決定。

    さらに8月3日(水)には、リナ・サワヤマのファースト・アルバム「SAWAYAMA」が、日本限定となるデラックス・エディション-来日記念盤としてリリースされた。ファースト、そしてセカンド・アルバムともに要注目の作品となっているので手に取ってみてはいかが?

  • ロンドンを拠点に活躍するリナ・サワヤマが未発表音源を含む新作アルバムリリース

    01.August.2022 | MUSIC

    新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマが、2022916日(金)発売のセカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール』よりタイトルトラックにして3曲目となる先行曲「Hold The Girl」をリリース。オーディオ・ビデオも同時公開となった。

     

    Rina Sawayama – Hold The Girl (Official Audio):

     

     

    ニュー・シングル「Hold The Girl」についてリナは次のように語った。

    「『Hold The Girl』は2020年末にアルバムのために書いた最初の曲で、セラピーに行ったときに新たな発見を得て、この曲を書こうと思ったの…それがきっかけだった。スタジオに入ってこの曲について書く前は泣いていたの。」

     

    セカンド・アルバム『ホールド・ザ・ガール』は、当初9月2日(金)発売予定だったが、9月16日(金)に発売日が変更。先行曲「This Hell」や「Hold The Girl」を含む本編13曲に加え、日本盤ボーナス・トラックとして、未発表音源「フレイバー・オブ・ザ・マンス(デモ)」が追加収録された全14曲が収録された作品となっている。さらに“リナ・サワヤマから日本のファンへのプレゼント”としてCDショップ別にオリジナルポスター特典などの購入者特典も決定。全ての特典が先着順となっている為、お見逃しなく。詳しくは、ユニバーサル ミュージックジャパンのリナ・サワヤマの日本公式HPから確認することができる。

     

    8月に開催されるSUMMER SONIC 2022での来日、そしてパフォーマンスも決定しており、大きな注目を集めるリナから目が離せない。

  • リナ・サワヤマ、1st Album「SAWAYAMA」の日本限定盤CD+Blu-ray をリリース

    16.June.2022 | MUSIC

    ロンドンを拠点に世界で活躍する日本人シンガー・ソングライター リナ・サワヤマが、1st Album「SAWAYAMA(Deluxe Edition) – 来日記念盤-」を2022年8月3日にリリースする。

     

    The 1975、Pale Waves、Wolf Aliceなどを擁する『Dirty Hit』からリリースされたデビューアルバム「SAWAYAMA」は、瞬く間に世界中で話題となり、各メディアからも高評価を得ている。Rolling Stoneは「音楽のスリリングなアドベンチャー」と、New York Timesは「ストリーミング時代の創造的な音楽モデル」と称賛した。BBCは「SAWAYAMA」をアルバム・オブ・ザ・イヤーに選出し、「他に類を見ない魅力的なアーティストであり、注目を集めるに値するアーティストです。」とコメントした。

     

    その他、Consequence of Sound、NPR、Paste Magazine、Rough Trade、Uproxxなど数多くのメディアで、アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

     

    リナ・サワヤマ コメント 

    このアルバムは、最終的には家族とアイデンティティに関するものです。2つの対立する文化(私にとってイギリス人と日本人)の文脈で、自分自身を理解することをについてテーマに掲げています。 ステレオタイプの内外で気楽にいられる場所を見つけ出し、最終的には、欠点も何もかも隠さず、ただ自分自身でいることに居心地の良さを見出します。

      

    VOGUE JAPAN「Women of the Year 2019」やSpotify Japanの「Early Noise 2020」への選出、東京オリンピック閉会式ではElton Johnを迎えた「Chosen Family」が使用され、この夏には『SUMMER SONIC 2022』への出演も決定するなど、日本国内での注目も益々高まる彼女。

     

    「Chosen Family(with Elton John)」Performance Lyric Video

     

    「SAWAYAMA(Deluxe Edition) – 来日記念盤-」は、ボーナス・トラック「Tokyo Takeover」を含む「SAWAYAMA(14曲収録)」に、SEKAI NO OWARIのグローバル・プロジェクトであるEnd of the Worldによるリミックスやアコースティック音源、前述のElton Johnとのコラボ作品など13曲が収録されたDisc.2を加えた計27曲収録の2枚組。Blu-rayには、Music Videoが収録されている。 9月2日には、2nd Album「Hold The Girl」のリリースも発表された。

     

    グローバルに活躍するリナ・サワヤマの日本での活動に期待が高まる。

     

  • リナ・サワヤマ、英「Radio 1’s Big Weekend 2022」より新曲「ディス・ヘル」のライヴ映像公開

    02.June.2022 | MUSIC

    先日、待望のニュー・アルバム「ホールド・ザ・ガール(Hold The Girl)」を2022年9月に発表するとアナウンスした新潟県出身、ロンドンを拠点に世界的に活躍する日本人シンガー・ソングライター、リナ・サワヤマ。そんなリナが英BBC Radio 1主催の音楽フェス<Radio 1’s Big Weekend 2022>に出演し、アルバムからの新曲「ディス・ヘル(This Hell)」を披露したライヴ映像が公開となった。

     

    Rina Sawayama – This Hell (Big Weekend 2022):https://youtu.be/42iGscAMjTo 

     

    さらにリナは、新曲「ディス・ヘル」のリリック・ビデオを公開。アルバムのクリエイティブを取り入れたクリエイティブに仕上がったビデオとなっている。

     

    Rina Sawayama – This Hell (Official Lyric Video):https://youtu.be/yZKThkBA42M

     

    リナは2022年8月開催のSUMMER SONIC 2022に出演が決定しており、8月20日(土)東京、8月21日(日)大阪への出演がそれぞれ決まっている。

     

    新曲「ディス・ヘル」はリナ・サワヤマ所属のレーベル「Dirty Hit」とユニバーサル ミュージックジャパンによる新たなパートナーシップのもとリリースされている。

     

  • リナ・サワヤマ、エルトン・ジョンがパーソナリティを務めるラジオに出演

    18.June.2020 | MUSIC

    リナ・サワヤマが、先日エルトン・ジョンがパーソナリティーを務めるApple Musicのラジオ番組「Rocket Hour」に出演した。

    番組内でエルトン・ジョンは、「君と話せて嬉しいよ。今のところSAWAYAMAは、今年リリースされたアルバムの中でいちばん気に入っているアルバムなんだ。」「本当に君と話したかった、君にとても魅了されているよ。」と、絶賛した。

     

    Rocket Hour:

    https://music.apple.com/jp/curator/rocket-hour/993269779

     

    エルトン・ジョンは続けて、「SAWAYAMA」収録曲の「Bad Friend」についても、「マドンナが気に入るはず」とコメントしている。

    2020年4月17日に、UKの名門レーベル「Dirty Hit」からデビューアルバム「SAWAYAMA」をリリースしたリナ・サワヤマ。

     

    「Dirty Hit」との契約を発表した際には、レーベルメイトとなったThe 1975のフロントマン「マシュー・ヒーリー」から「We are so excited!!」とメッセージが届き、国際女性デーには「レディー・ガガ」本人がキュレーションした「Apple Music」のプレイリスト「Women of Choice」に「STFU!」「Cherry」の2曲が選出された。

     

    欧米にとどまらず、日本でも、毎日放送(MBS)「情熱大陸」への出演を機に、「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」を、綾瀬はるかや冨永愛、黒柳徹子らと並んで受賞し、以前から交流のある「水原希子」からもコメントが寄せられるなど、国内外から注目を浴びている。

     

    本ラジオ番組のアーカイブは、Apple Musicで誰でも聴くことができる。

     

    エルトン・ジョンとリナ・サワヤマの放送に、是非耳を傾けてみてほしい。

  • リナ・サワヤマ、シングル「Bad Friend」をリリース!90年代カラオケ風のリリックビデオも公開

    17.April.2020 | MUSIC

    The 1975擁するUKの名門レーベルDirty Hitとの契約で話題のリナ・サワヤマが、2020年4月17日(金)にリリースされるデビューアルバム「SAWAYAMA」から、最後の先行シングル「Bad Friend」をリリースした。

     

    Bad Friend Spotifyリンク:https://open.spotify.com/track/3ttyus5nSqQCs9SWMBxDxj?si=DTadSCZaQua4es3Pd-mTnA

     

    こちらは、アルバムの中で、最も本人の思い入れの強い楽曲とのこと。滑らかなボーカルと生き生きとしたポップを通して彼女の過去の友情との闘いを回想している。日本では、J-WAVE「SONAR TRAX」、InterFM897「New Fire!!」にて、既にパワープレイが開始されており、その期待度の高さが伺える。

     

    リナ・サワヤマ コメント

    「この曲は、アルバムにおける私のお気に入りの曲です。この曲はかつて私の大親友だった人にインスパイアされた曲で、20代前半の時に友達との関係から逃げてしまったことで、自分自身の自信の無さについて見直すきっかけになったことを書いています。誰もが “バッドフレンド” になりうるけど、なんでそうなっちゃうんだろう? 」
     

    併せて、本曲のリリースと同時にカラオケ風のリリックビデオも公開された。

    こちらは、90年代の日本の情景を連想させるような仕上がりとなっている。

     

    リリックビデオ

    また、イギリスと北米における新たなツアー日程も発表された。

    9月にイギリスで4公演を行い、その後、10月28日に行われるロサンゼルス公演からアメリカ・ツアーを開始。ポートランド、シカゴ、トロント、ボストンなどを経て、11月16日に、ニューヨークでツアーファイナルを迎える予定だ。

  • リナ・サワヤマ、LGBTQ+の友人にささげる新曲「Chosen Family」リリース

    03.April.2020 | MUSIC

    シングル「XS」が、Spotify上で100万回以上再生されるなど本拠地イギリスを中心に、世界中から熱い視線を浴び続ける次代のシンガー・ソングライター「リナ・サワヤマ」が、2020年4月3日に新曲「Chosen Family」をリリース。こちらの楽曲は、既に譜面と歌詞が公開されており、ファン独自の解釈で演奏された音源と映像を募集する企画も行われている。彼女のYouTube Cannnel「Rina TV」では、リナ本人が、今作の演奏方法などについて語る動画も公開する予定だ。

    「Chosen Family」は、ロンドンのアート・コレクティヴ「PC MUSIC」のメンバーでもあり、Carly Rae JepsenやCharli XCXなどを手掛けるDanny L Harleがプロデュース。Ellie GouldingとのコライトやSam Smithとのスタジオワークで知られるJonny Latimer、そしてリナ本人の共作。このパワフルなバラードは、彼女がLGBTQ +ファミリーに贈る感情的な叙情詩になっている。

     

    そのインスピレーションについてリナは、以下のように語っている。

     

    「”Chosen Family”は私にとって、とても特別な曲です。”選ばれた家族”という概念は、奇妙なものです。LGBTQ+の人々は、しばしば家から追い出されたり、家族・友人・コミュニティから疎外されます。これは信じられないほどの痛みを伴う経験で、彼らは新しく”選ばれた”家族を見つけることで状況を改善します。

     

    『’We don’t need to be related to relate, we don’t need to share genes or a surname’ (共感のための共感はいらない 苗字や遺伝子を共有しなくたっていい)』という歌詞は、相違を感じている全ての人が、彼らが愛されていると感じることができる、”選ばれた家族”を見つけるための招待状です。

    私は今、家族だと思っているクィアな友達にこの歌を捧げます。私は彼らをとても愛していて、彼らがいなければ、今自分が生きていると思えないので、心からに彼らに感謝しています。 」

     

    ドキュメンタリー番組への出演を機に、「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」を受賞し、注目を集め始めている彼女。本日より、デビュー・アルバム「SAWAYAMA」(日本では4月22日にリリース)のプレオーダーと先行配信がスタートしている。このアルバムは、リナの最もパーソナルな音楽を網羅している。以下は「SAWAYAMA」に向けた彼女の言葉だ。

    「このアルバムは、最終的には家族とアイデンティティに関するものです。2つの対立する文化(私にとってイギリス人と日本人)の文脈で、自分自身を理解することをについてテーマに掲げています。 ステレオタイプの内外で気楽にいられる場所を見つけ出し、最終的には、欠点も何もかも隠さず、ただ自分自身でいることに居心地の良さを見出します。」

     

    日本で生まれたリナと彼女の家族は、彼女が5歳のときにイギリスに移住した。

    10代の頃、彼女は音楽と学問への愛を発見し、のちにケンブリッジ大学に進学。異なる人種間の文化の違いと排他性に気付き始める。これらの経験により、リナは自分のアイデンティティを切り開き、彼女の文化と西洋の生活を結び付け、彼女独自のポップなスタイルを定義するアーティストへと進化した。

     

    このデビュー作は「The 1975」擁する、今を時めく気鋭レーベル「Dirty Hit」からリリースされる。日本人としては異例なことだが、彼女にとっては、普通のことなのかも知れない。「The 1975」のフロントマンである「Matthew Healy」は、リナがレーベルメイトになる際、奇しくも「ファミリー!」という趣旨のメッセージを贈っている。彼女自身、異国の地で生きる日本人として、音楽を通じ、(決して多くは語らないが)並々ならぬ想いで「特別な家族」を得て来たのかも知れない。

     

    これは、そんな彼女のセカイと向き合う作品だ。

  • 水原希子やThe 1975が称賛!リナ・サワヤマが、日本向けに新たな動画を公開

    31.March.2020 | MUSIC

    先日の国際女性デー。レディー・ガガ本人が選ぶ”Apple Music”のプレイリスト『Women of Choice』(他には、Charli XCX、Grimes、HAIM、ROSALÍA、St.Vincent、TOKiMONSTA、きゃりーぱみゅぱみゅなどが選出)に、ロンドン在住の日本人アーティスト「リナ・サワヤマ」の楽曲「STFU!」と「Cherry」が2曲選出された。

     

    レディー・ガガは、その説明文でリナについて、「ルールにのっとってプレイすることを拒絶する、実験的で先見性のあるポップ」と評している。

    2019年11月に、Dirty Hitとの契約を発表すると、レーベルメイトとなったThe 1975のフロントマンMatthew Healyから「ファミリー!」とメッセージが届くなど、海外での注目度が、目下急上昇中のリナ・サワヤマ。

    その人気は、国内でも徐々に高まりつつある。発端となったのは、昨年のMBS(TBS系全国ネット)TV番組「情熱大陸」への出演。さらには「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」を受賞。その勢いのまま、「Spotify」がその年に躍進を期待するネクストブレイクアーティスト「Early Noise 2020」にも選出された。

     

    そんな中、日本国内に向けたイントロダクション動画「Who is RINA?」が公開された。

    旧知の仲であるモデル/女優の水原希子は、リナについて「大胆な彼女の存在は音楽を通して世界中の人々に自分らしく生きることの大切さを届けている」とコメントを贈っている。

     

    4月22日には、自らのファミリーネームを冠した1stアルバム「SAWAYAMA」をリリースすることが決定。本人は、今作品に関して「聴く人にとって、真新しい経験であってほしいと思っているし、人をどこかに運んでいけるものになってほしいと願っている。」と語った。

     

    彼女のすべては、まだ、始まったばかりだ。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US