お台場・バーチャリンクにてPlayStation®VRバイオハザード7体験版のVRプレイ実施

10.December.2017 | SPOT

12月14日(木)の「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション」発売を記念して、まったく新しい集団体験型VRアトラクションを展開する「コニカミノルタ VirtuaLink in DiverCity Tokyo Plaza」とのコラボレーションが決定した。

 

期間内に「VirtuaLink(バーチャリンク)」で通常のVR体験をした方対象に、体験版「バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~」をVRでプレイすることができる。

2

バーチャルとリアルをつなぐだけではなく、人と人の心までもつなぐ、まったく新しい集団体験型VRアトラクション「VirtuaLink(バーチャリンク)」。

あなたにとって大切な家族や友人とも、そして初めて出会う人たちとも、VRの世界でシンクロする。今までにない感動を体験し、共有することは、お互いの絆を一層深めることにつながるはずだ。

3

人気のVRアトラクションのひとつ、「ワンダーポッド」は、最大36人で同時プレイが可能な、協力プレイ型VRアトラクション。2人乗りの宇宙船(ポッド)に乗って、宇宙空間で起こるさまざまなミッションを協力しながらクリアしていく。頭の向きで視点を動かすことによって操作ができる。お互いに協力しあうことができればすてきな宇宙を体験することができますが、うまく連携がとれないと…。体験の最後には、結果に応じた成績が表示される。協力プレイで、好成績を目指そう。360度、足元にも広がる美しい宇宙にも注目だ。

 

今回のコラボレーションでは、「バイオハザード7」を象徴するキャラクター、“ジャック・ベイカー”の等身大フィギュアが「VirtuaLink」フォトスポットに登場する。

1

 

全世界400万人が震撼した圧倒的な没入感をお台場で体験しよう。

 

■Information

バイオハザード7 × コニカミノルタ VirtuaLink期間限定コラボレーション

開催日時:2017年12月9日(土)~2018年1月31日(水)

時間:10:00~21:00

コラボサイトURL:

http://www.capcom.co.jp/game/content/biohazard/info/event/3324

 

備考:整理券制となります。受付にてお問合せください。

「VirtuaLink」における通常のVR体験は有料となります。※1名様 1,500円(税込)

「VirtuaLink」を安全にお楽しみいただくため、利用制限及びご注意事項を設けております。

公式サイトにて予めご確認の上、ご来場くださいませ。

URL:https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/

 

コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ

住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ 2F

営業時間:10:00~21:00

料金:1名様 1,500円(税込)

 

RELATED ENTRIES

  • バイオハザード:インフィニット ダークネス、主要4名のキャラクターアートが解禁

    08.July.2021 | MOVIE

    全世界でシリーズ累計出荷本数1億1千万本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』が、シリーズ初の連続 CG ドラマ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」として、2021年7月8日(木)より、Netflix にて全世界独占配信される。

     

    本作は『バイオハザード 』シリーズの人気キャラクターレオン・S・ケネディと、クレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品となっており、今回、レオンとクレアに加え、新キャラクターのジェイソン、シェンメイの4名が描かれた最新のスペシャルキャラクターアートが解禁された。

    ハイクオリティのフル3DCGによって圧倒的な映像美を見せ、物語の一端が垣間見えるスペシャルキャラクターアートに仕上がっている。

     

    いよいよ配信まで一週間。本作で重要な鍵を握る4名の活躍はもちろん、五感に訴えるフル3DCGアニメーションの圧倒的な映像美にも注目が集まる本作。かつてない壮大なスケールで送る新たなエンタメ超大作をぜひ体感して欲しい。

     

    ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • 3周年を迎えた東京チームラボボーダレスに世界につながった新作登場

    09.June.2021 | SPOT

    東京・お台場の森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスが、2021年6月21日(水)でオープン3周年を迎える。世界のさまざまな地域で展示されているチームラボの作品とつながる2作品「世界とつながったお絵かき水族館」と「空間を越えて共有する巨石」が新たに加わった。世界中の展覧会とリアルタイムにつながり、刻々と変化する新作で、よりボーダレスな体験ができる。

     

    森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス

     

    世界とつながったお絵かき水族館 

     

    この水族館は、みんなが描いた魚たちが泳ぐ水族館。
     
    紙に自由に魚の絵を描く。すると、描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な水族館で、みんなが描いた魚と共に泳ぎだす。泳いでいる魚は、触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げだす。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできる。
     
    中でも、マグロは、この作品の空間を超えて、世界の他の場所で行われている展覧会の「お絵かき水族館」や「スケッチオーシャン」まで泳いでいく。また、世界の他の場所で今描かれたマグロが、目の前の「お絵かき水族館」の海の中に泳いで来ることも。

     

     

    空間を越えて共有する巨石 

     

    上海にあるチームラボボーダレスの世界の中を浮遊する巨石。巨石は上海のチームラボボーダレスの通路を浮遊し壁の中にめり込んでいく。そして、ミュージアムという物理空間をも超えて、東京にあるチームラボボーダレスの世界に、めり込んだ分だけ壁から姿を表す。
     
    東京の壁から顔を出した巨石に人々が触れると、巨石は青く光る。その光は、上海の壁にめり込んでいる巨石まで流れていく。上海でめり込んでいる巨石に人々が触れると、巨石は赤く光り、その光は、こちら側の巨石まで流れ込んでくる。巨石に赤い光が流れ込んだ時、それは、上海で誰かが、巨石の反対部分に触れているということだ。

     

    世界中の展覧会とつながるチームラボボーダレスへ足を運んでみては?

     

    teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art International.

  • お台場エリアを色鮮やかに彩る「イルミネーションアイランドお台場2020」開催

    13.December.2020 | SPOT

    お台場エリアの商業施設や宿泊施設、交通機関や公園など全23の施設が参加し、様々なイルミネーションを一斉点灯する「イルミネーションアイランドお台場2020」を、2020年12月11日(金)~12月25日(金)まで開催する。
    「イルミネーションアイランドお台場2020」は、”ツナゲルアカリ” をコンセプトに、昨年参加10施設を23施設エリアに増やし、それぞれが個性豊かで色鮮やかなイルミネーションを展開。また、はじめて公園内のライトアップを行う。新型コロナウイルス感染対策を講じたうえで、コロナに立ち向かうすべての人への感謝を込めて、心を明日へとツナゲルアカリでまち全体を照らしていく。
    *施設によって開催期間・点灯時間に違いがあります

     

    参加施設(一部紹介)

    デックス東京ビーチ

     

    3階シーサイドデッキシーサイド広場イルミネーション冬バージョン

    お台場海浜公園に面し、東京湾の美しい景色が望めるシーサイドテラス。アートスポットODAIBAを中心に、レストスペースや植栽が広がる居心地の良い空間がイルミネーションで彩られる。レインボーブリッジや都心の夜景とイルミネーションのコラボレーションを堪能しよう。
    開催期間:2020年11月14日(土)~2021年2月14日(日)

     

    ダイバーシティ東京プラザ

    フェスティバル広場のカラフルな大階段を、2021年1月31日(日)までの期間限定で16時から点灯中。
    開催期間:通年開催 *通年は17時から点灯

     

    ヴィーナスフォート


    チームラボ《呼応する生命の樹》©チームラボ

    光の球体が集まってできた、巨大でインタラクティブな光のツリー「チームラボ:呼応する
    生命の樹」が登場。
    開催期間:2020年11月20日(金)~2021年2月上旬予定

     

    パレットタウン大観覧車


    直径100m、地上115mの大観覧車は東京名所が一望できるお台場のシンボル。
    開催期間:12月1日(火)~12月25日(金)

     

    自由の女神像


    レインボーカラーをイメージしたライトアップによる色合いと雰囲気の変化を楽しもう。
    開催期間:12月11日(金)~12月25日(金)

     

    ARTBAY HOUSE


    アーティスト松尾高弘による「PRISM / GLOW」展を開催。プリズムアートの光に包まれた煌びやかな空間を体感しよう。
    開催期間:11月27日(金)~12月25日(金)

     

    東京国際クルーズターミナル


    5mの華やかなツリーを設置!
    開催期間:11月27日(金)~12月25日(金) *除外日あり

    お台場エリアを彩るイルミネーションでホリデーシーズンの華やかなひとときを過ごそう。

  • 東京・お台場「チームラボボーダレス」が冬の景色に

    17.November.2020 | SPOT

    東京・お台場の「地図のないミュージアム」森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)に、今の季節だけ見られる、冬の景色が登場した。境界なくつながっていく世界は1年を通して移ろい、クリスマスや、冬の季節とともに変化した作品を体験することができる。

     

    お絵かきクリスマス

    12月はクリスマス期間限定で、「学ぶ!未来の遊園地」内に、みんなが描いた絵によってクリスマスの街ができていく「お絵かきクリスマス」が登場。紙にクレヨンで描いたサンタクロースは、命が吹き込まれ、ソリに乗ってやってくる。

     

    呼応するランプの森

    「呼応するランプの森」では、12月~1月には氷の洞窟の光の色彩を表現した「氷洞(アイスケイブ)」、1月には真赤な炎の光の色彩を表現した「Flame」が登場する。

     

    増殖する無量の生命

    10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく巨大な花「増殖する無量の生命 – A Whole Year per Year」に、冬の花々、テンナンショウの実(12月)や寒菊(1月)、ケマンソウ(2月)が登場。来場者が触ると、花の方から倒れかかるように折れ曲がり、朽ちていき、そしてまた新しい花々が生まれる。10万本の花々が一斉に散る時、一面が散りゆく花びらで覆われ、朽ちていく姿が最も華やかで美しい瞬間だ。

     

    地形の記憶

    分け入ることのできる高低差のある空間で、悠久の里山の景色を描いている作品「地形の記憶」に、12月から、粉雪や吹雪、寒椿やスイセン、ムクドリや梅など、冬の景色が広がる。

     

    EN TEA HOUSE 幻花亭

    また、会場内のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」はお茶をテーマにした作品空間で、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができる。12月までは菊、シクラメンなど、1月~3月には水仙、梅など、冬の花々が登場。凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)から茶の木が生え茂っていく作品「茶の木」には、12月末まで限定で、茶の花が咲く。

     

    今年の冬は、季節にあわせて変化し続けるチームラボの幻想的なアートを見に行こう!

  • お台場ヴィーナスフォートに光のツリー「呼応する生命の樹」登場

    14.November.2020 | SPOT

    チームラボは、お台場ヴィーナスフォートのオリーブ広場にて、光の球体が集まってできたインタラクティブな光のツリー(高さ8m・直径6m)「チームラボ:呼応する生命の樹」を2020年11月20日(金)~2021年2月7日(日)まで展示。オリーブ広場を人々の存在によって変化するインタラクティブな光の空間に変える。

     

    呼応する生命の樹 / The Tree of Resonating Colors of Life

    作品: https://www.teamlab.art/jp/w/tree-of-resonating-colors-of-life

     

    映像:

    光の球体の集積によって形作られた立体のツリー。
    光の球体は、音色に合わせて色が変わっていく。
    人が叩くと、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、そのまわりの球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせていき、まわりの球体も連続的に呼応していく。

    クリスマスシーズンにぴったりの光り輝く巨大なツリーに足を運んでみて!

  • 「バイオハザード」実写映画リブート版、ついに制作開始

    11.October.2020 | ANIME&GAME / MOVIE

    全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」。この度、実写映画のリブート企画がついに始動した。

    「バイオハザード」映像化の新しい企画としては、既に報じられているNetflixの実写ドラマシリーズ、及びCGアニメーションシリーズに続く、完全新作の劇場長編映画となる。本作は全世界興行収入総額12億ドルを超える前作の大ヒット実写映画シリーズから一新、ゲーム「バイオハザード」の世界観に重きをおいた完全に新しい映像作品となる予定だ。
    本作を制作するのはコンスタンティン・フィルム。脚本・監督には「海底47m」等のヨハネス・ロバーツを迎え、新たな作品世界の始まりを描く。

     

    物語は、1998年の運命の夜、ラクーンシティで繰り広げられる。ゲームでおなじみのキャラクター達には魅力的なキャストを起用。クレア・レッドフィールド役にカヤ・スコデラリオ、ジル・バレンタイン役にハナ・ジョン=カーメン、クリス・レッドフィールド役にロビー・アメル、アルバート・ウェスカー役にトム・ホッパー、レオン・S・ケネディ役にアヴァン・ジョージア、ウィリアム・バーキン役にニール・マクドノーが決定している。

     

    脚本・監督 ヨハネス・ロバーツ コメント

    私がオリジナルのゲーム第1作目と第2作目をプレイした当時に味わった心の底からの恐怖を、今回の映画で再現したく思っていると同時に、寂れたアメリカの小さな町で起こる現実味ある人間ストーリーを描く事で、現代の観客にとって、身近で共感できる作品にしたいと思っております。

     

    プロデューサー ロバート・クルツァ― コメント

    数十のゲーム作品、6作の実写映画、そして数百ページにもわたる関連作品を経て、1998年に立ち戻り、洋館とラクーンシティの隠された秘密に迫りたいと思いました。

     

    日本での配給はソニー・ピクチャーズエンタテインメントとなり、劇場公開は2021年を予定。続報に期待が高まる!

     

    ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Netflix 全世界独占配信!『バイオハザード』フル3DCGアニメーション制作決定

    29.September.2020 | ANIME&GAME

    全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』が、シリーズ初の連続CGドラマとして制作される事が決定。Netflixにて2021年全世界独占配信される。

     

    2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、更なる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出すー。

    1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、来年25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。今なお進化を続けるシリーズの歴史に新たな名を刻む本作のタイトルは「BIOHAZARD:Infinite Darkness(バイオハザード:インフィニット ダークネス)」。製作・原作監修には数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。

     

    本作は人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。ダイナミックなアクションシーンに、サスペンス要素も加わった誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描く。

     

    本作の制作決定に合わせティザービジュアルとティザーPVも初解禁!ティザービジュアルでは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿が描かれている。

    さらに、一緒に解禁となったティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや、暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿が。漂う埃の1つ1つ、緊張感のあるキャラクターの表情など実写と見紛うばかりのハイクオリティな映像で、冒頭から「緊迫感高い!」「ヘッドホン着用で恐怖倍増!」と本作への期待感を煽る。

     

    ティザーPV

    今度の敵は誰なのか?サブタイトル『Infinite Darkness』の指す意味とは?今後のNetflix 全世界独占配信『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の続報に期待が高まる!

     

    ©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

  • 東京・お台場「チームラボボーダレス」が”秋”の景色に。秋限定作品公開

    16.September.2020 | SPOT

    アート集団チームラボの東京・お台場の《地図のないミュージアム》森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス(以下、チームラボボーダレス)に、9月から、今の季節だけ見られる、秋の景色が登場した。境界なくつながっていく世界は1年を通して移ろい、季節とともに変化した秋の作品を体験することができる。「呼応するランプの森」では、10月から秋の色でランプが輝く「山の紅葉」が登場する。

    9月の花 

    10月の花

    増殖する無量の生命 / Proliferating Immense Life – A Whole Year per Year
    teamLab, 2020, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    現実世界と同じ時間の流れの中で、1年を通して、咲いていく花々が移り変わっていく。花々は誕生と死を繰り返しながら、増殖していく。増殖しすぎると、一斉に散って死んでいく。
    また、人々が花々にふれると、花々は散って死んでいく。

     

    10万本まで増殖し、一斉に散り朽ちていく巨大な花「増殖する無量の生命 – A Whole Year per Year」に、秋の花々、ひおうぎ(9月)や彼岸花(10月)が登場。来場者が触ると、花の方から倒れかかるように折れ曲がり、朽ちていき、そしてまた新しい花々が生まれる。10万本の花々が一斉に散る時、一面が散りゆく花びらで覆われ、朽ちていく姿が最も華やかで美しい瞬間。

    棚田の稲穂 

    紅葉
    地形の記憶 / Memory of Topography
    teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    分け入ることのできる高低差のある空間で、悠久な里山の景色を描いている。現実の時間の流れと共に、作品世界は移ろっていく。春まだ小さく青々しい稲は、夏頃には大きく成長し、秋頃には黄金色になるだろう。

     

    悠久の里山の景色を描いている作品「地形の記憶」では、9月から、黄金色の稲穂が広がる棚田や飛んでゆく赤とんぼの群れ、紅葉など、様々な作品に秋の景色が広がる。

    呼応するランプの森 – ワンストローク、山の紅葉 / Forest of Resonating Lamps – One Stroke, Autumn Mountain
    teamLab, 2016, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    人がランプの近くで立ち止まり、じっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせ、その光は最も近い2つのランプに伝播する。伝播した光は、同じように音色を響かせながら、最も近いランプに伝播し連続していく。伝播していく光は、必ず、全てのランプを1度だけ輝かせ、必ずはじめのランプに戻ってくる。

     

    「呼応するランプの森」は、10月から秋の色でランプが輝く「呼応するランプの森 – ワンストローク、山の紅葉」に。

    小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々 / Flowers Bloom in an Infinite Universe inside a Teacup
    teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    一服の茶を点てると、茶に花々が生まれ咲いていく。器を手に取ると、花は散り、器の外へと広がっていく。花々は茶がある限り無限に咲いていく。器の中の茶は、花々が咲き続ける無限の世界となる。

     

    会場内のティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」はお茶をテーマにした作品空間で、お茶に季節の花々が咲き続ける無限の世界をそのまま飲むことができる。9月は紅花、ナデシコ、エゾギク、10月はコスモス、キンモクセイ、菊など、秋の花々が登場する。

  • 触れると色が変化するツリー「チームラボ: 呼応する生命の樹」お台場ヴィーナスフォートに登場

    18.November.2019 | SPOT

    お台場ヴィーナスフォートは、2019年11月30日(土)より、昨年好評を博した「チームラボ: 呼応する生命の樹」をはじめ、様々なクリスマスコンテンツを展開する。

    <チームラボ: 呼応する生命の樹>teamLab, The Tree of Resonating Colors of Life, 2018, Interactive Installation, Endless, H: 8000 mm W: 6000 mm D: 6000 mm Sound: Hideaki Takahashi© teamLab

    館内オリーブ広場には、アート集団「チームラボ」が創り上げる「チームラボ: 呼応する生命の樹」を展示。光の球体が集まってできた、巨大でインタラクティブな光のツリーによって、今年もオリーブ広場が人々の存在によって変化するインタラクティブな光の空間へと姿を変える。

    また、噴水広場の天空から雪が舞い降りる、毎年人気の降雪イベント「SNOW WISH」を今年も開催。今回は「VenusFort Illumination 2019-2020 -Grateful Harmony-」とコラボレーションし、心温まる幻想的な演出でクリスマスムードを盛り上げる。

    さらに、豪華賞品が当たる「CHRISTMAS抽選会」や、大人数でクリスマスを楽しむのにぴったりな「VenusFort PARTY MENU」のほか、お得に買い物が楽しめる「VenusFort “BLACK FRIDAY”Market」なども開催。

     

    ここでしか体験できない、遊び心溢れるヴィーナスフォートならではのウィンターイベントを満喫しよう。

  • ”ドラえもん”オフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」ダイバーシティ東京プラザにオープン

    31.October.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    世代を超えて世界中から愛されている「ドラえもん」の世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」が2019年12月1日に東京お台場のダイバーシティ東京プラザにオープン!

     

    「ドラえもん未来デパート」は、物販だけでなく、作品に登場するひみつ道具を使用しているかのような感覚を味わうこともできる体験型店舗。店内は大きく3つのゾーンに分かれ、年齢や性別を問わず誰でも楽しめる。

    まずはエントランスでドラえもんがゲストをお出迎え。エントランスを抜けると、ひみつ道具の性能を体験できる!?アトラクションゾーン「ひみつ道具ラボ」が広がっている。

     

    ひみつ道具ラボの次は、世界に一つだけのオリジナルグッズを作ることのできる、カスタマイズゾーンへと続く。カスタマイズゾーンでは、自分だけのオリジナルアイテムが作れるので、家族や友人など、大切な人とのお揃いアイテムが楽しめる。

     

    そしてショップ(物販)ゾーンには、ここでしか手に入らない「ドラえもん未来デパート」限定商品を始め、数々のドラえもんグッズがズラリ!オリジナルグッズやひみつ道具ラボ、カスタマイズゾーンについては、追って詳細が知らされるとのこと。続報を楽しみに待とう!

  • 東京の夜景を独り占め♡お台場「東京トワイライトプールプラン2019」

    27.June.2019 | SPOT

    グランドニッコー東京 台場にて、お台場から見ることができる美しい東京の夜景とともに、ゴージャスな夜をプールで楽しめる夏限定の「東京トワイライトプールプラン 2019」が今年も登場。

    今年の「東京トワイライトプールプラン 2019」は、チキンと野菜のオーロラソースのミニドッグや、バーベキューソースのスペアリブなど、写真を撮りたい場面が増えそうな豪華なフードメニューと、高品質のシャンパーニュとして世界トップクラスの航空会社やホテルでも選ばれている「ジャカール」をフリーフローで楽しめる贅沢なプランです。

     

    お台場からだけ望むことができる東京の美しい夜景に包まれたテラスプールで、シャンパーニュや美味しくて映える華やかなフードとともに、お友達同士やカップルで贅沢なトワイライトタイムを楽しもう。

  • お台場のデジタルアートミュージアム「チームラボ ボーダレス」から夜入場でお得な「ナイトパス」登場

    17.May.2019 | SPOT

    森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビルディング デジタルアートミュージアム エプソン チームラボボーダレス)」は、境界なくつながっていく世界と季節の移ろいを体験できる「地図のないミュージアム」。5月下旬まで、春限定のデジタルアートを体験できることも話題だ。

     

    そんな同ミュージアムが、2019 年 7 月 13 日(土)~9 月 1 日(日)の期間限定で、平日の開館時間を週末と同じ21:00まで延長することを決定した。また、同期間のみ18:00から入館できる「ナイトパス」が枚数限定で発売され、夜の時間帯にも文化・芸術をより身近に感じられる。

     

    この機会に、自らの身体を使って探索しながら他者と共に新しい体験を創り出していく“ボーダレス”な世界を体験しよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US