初音ミク・リラックマが日本画に。新宿高島屋で展示会開催

13.January.2018 | SPOT

豊和堂と日本美術コレクションを中心とした細見美術館(京都)が、RINne Associe(リンネ・アソシエ)というチームを発足。

新宿高島屋11階催事会場にて、「ぼくらが日本を継いでいく」展を開催する。

img_146830_1

初音ミク×若冲鶏 illustration by iXima (C) Crypton Future Media, INC.

img_146830_2 img_146830_3

2015年の琳派ブームに続き、2016年は伊藤若冲がブームとなった事からも、近年、日本文化を見つめなおす動きが高まってきている。

今展は、「日本の文化」に関心のある若者達によって継承してほしい、という作家の想いにより、「ぼくらが日本を継いでいく」というタイトルとなった。

img_146830_5

これを具現化するため、日本画と新しい文化である「マンガ・アニメ」をコラボレーション。細見美術館・館長の細見 良行氏監修のもと、所蔵している琳派や若冲の作品などと人気キャラクターを組み合わせ、豊和堂の絵師が日本画の手法で描かれた。

img_146830_6

物販コーナーでは、オリジナルのポストカード、クリアファイルをはじめ、会場限定の商品も販売。

日本画×アニメキャラクターのコラボレーションを見逃さないで。

■Information

会場:新宿高島屋11階特設会場

会期:2018年1月10日(水)~16日(火)

営業時間:午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)

     ※1月12日(金)・13日(土)は午後8時まで(午後8時30分閉場)

      最終日16日(火)は午後5時30分まで(午後6時閉場)

URL:http://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/bokuraga.html

RELATED ENTRIES

  • 青森県「弘前さくらまつり2021」と桜ミクコラボの限定グッズ受注販売開始

    14.May.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    アニメやゲームコンテンツなどのキャラクターグッズを販売するキャラアニが、「弘前さくらまつり2021」と「桜ミク」コラボによる描きおろしイラストを使用したオリジナルグッズを2021年5月10日より「キャラアニ.com」にて受注販売の受付を開始した。

     

    「弘前さくらまつり2021」×「桜ミク」ラインアップ

     

    クリアファイル 全4種 各450円(税込)

     

    タペストリー 全4種 各3,500円(税込)

    アクリルスタンド 全4種 各1,500円(税込)

    ホログラムトレーディング缶バッジ 全4種 1ピース550円(税込) ※ブラインド仕様のため、絵柄はお選びいただけません。

    リバーシブルブランケット 全2種 各5,500円(税込)

    マフラータオル Art by iXima 2,000円(税込)

    はっぴ Art by iXima 6,000円(税込)

    てぬぐい Art by Mamo 1,000円(税込)

    モーテルキーホルダー Art by iXima 1,500円(税込)

    湯呑 全4種 各1,700円(税込)

    フラットポーチ Art by iXima & Mamo 2,500円(税込)

    ドラムバッグ Art by iXima 6,500円(税込)

    フルグラフィックTシャツ Art by もりちか 5,500円(税込)

    フルグラフィックジップパーカー Art by へちま 9,900円(税込)

    ファッションマスク Art by iXima 2,200円(税込)

    デスクマット Art by iXima 3,300円(税込)

    下川原焼 鳩笛 2,200円(税込)

    オルゴール「春を待つ人」PolyphonicBranch feat.初音ミク

     

    「弘前さくらまつり2021」と「桜ミク」コラボグッズは、「弘前さくらまつり2021」期間より青森県弘前市内にて先行販売された商品。iXima、Mamo、へちま、もりちか(敬称略)4名のクリエイターによる「弘前さくらまつり」のための「桜ミク」描きおろしイラストを使用したグッズが盛りだくさん。会場に来られなかった人はこの機会にオンラインでの販売を利用することができる。


    津軽藩政時代以来200年以上、素朴な土人形として受け継がれてきた下川原焼土人形。この青森県の伝統工芸品である下川原焼土人形の鳩笛と桜ミクのコラボレーションアイテムが登場。素朴で温かみがある鳩笛が優しい音色を奏でる。下川原焼土人形は江戸時代の後半に九州筑前で陶磁器作りを習得してきた初代高谷金蔵が、津軽藩に抱えられて下川原に窯を築いたのが始まりとされる。

     

    今年の「弘前さくらまつり」のために制作されたテーマ楽曲「春を待つ人」がオルゴールの曲目に起用された。また楽曲と同じくこのお祭りのために描き下ろしされたiXima作、桜ミクのイラストを本体の艶やかな紅色が、より際立たせる貴重なフォトフレームタイプのオルゴールになる。正面にはスイッチが付いており演奏の一時停止が可能。一つずつ日本の職人の手により製作され、オルゴールが趣深い音色を奏でる、この機会にしか手に入らない特別な限定品となっている。

     

    弘前さくらまつり2021の臨場感が味わえる「桜ミク」コラボのアイテムをゲットしてみては?

     

    Art by iXima / Mamo / へちま / もりちか © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

  • 手塚治虫の人気作品コラボアイテムが世界6カ国のAmazonにて登場

    13.May.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    グッズの企画、製造、販売を行うスペースエイジが、手塚プロダクションのライセンスの下、人気作品、「鉄腕アトム」、「リボンの騎士」、「ブラック・ジャック」のオリジナルデザインTシャツ、長袖Tシャツ、パーカー、トレーナーを日本に続きアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアでの販売を開始した。

     

     

    2020年10月にAmazonが開始したサービス「Merch by Amazon」(マーチバイアマゾン)を通じて製作、Amazonプライム対象商品として販売しする。日本での先行販売が好評な中、2021年4月22日(木)よりアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの世界6カ国でも販売が開始。Amazonでしか手に入らない手塚治虫の人気作品の魅力あふれるファッションアイテムをゲットしてみては?

     

    (C)Tezuka Productions

  • ポカリ新作WEBムービーに「初音ミク」など豪華バーチャルキャラ参加

    12.May.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    大塚製薬株式会社は、ポカリスエット・アンバサダーのバーチャルシンガーとLeo/needメンバーによる、夏に向けた汗をかけるカラダづくりの大切さを呼びかけるWEBムービー「ネツナレろ!」篇を、2021年5月6日(木)より、大塚製薬公式YouTubeチャンネルで公開した。

     

     WEBムービー「ネツナレろ!」篇の見どころ

    外出控えで汗をかく機会が減り、暑さに慣れないまま夏本番を迎える方が多いことが懸念される今年。汗は蒸発するときに体の熱を奪うため、熱中症にならないためには、上手に汗をかける体づくりが鍵のひとつになる。

    本作に登場するのは、「元気に夏を迎えるために、汗をかく習慣をつけて暑さに慣れておくこと=”ネツナレ”することが大切」と、初音ミクに導かれる星乃一歌たちLeo/needのメンバー(「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」より)。ミライアカリ、富士葵、YuNiなどポカリスエット・アンバサダーとともに、元気いっぱいにバンド練習を始める。夏に向けた“ネツナレ”への取り組みを、前向きに応援してくれるWEBムービーだ。

     

    音楽は、「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」のためにOrangestarが書き下ろした楽曲、「霽れを待つ(はれをまつ)」。どこか寂しくもまっすぐ進もうとする歌詞が共感を呼び、2021年4月時点で190万回再生を記録している人気楽曲だ。

     

    「ネツナレろ!」篇 30秒

     

     

    フォロー&リツイートキャンペーン

    動画公開と同日から、Twitterでフォロー&リツイートキャンペーンも実施。汗で失われる「水分+電解質」補給ができるポカリスエット(500ml)が7本入った、汗をかくアクティブな活動をサポートする「7DAYS POCARI BOX」(非売品)が抽選で200名に当たる。プロジェクトセカイに登場するキャラクターからの、夏に向けたカラダづくりを応援するメッセージ付きだ。

     

    応募方法

    STEP1:Twitterでポカリスエットの公式アカウント「@pocarisweat_jp」をフォロー。

    STEP2:公式アカウントが投稿したハッシュタグ「#ネツナレろ」のついたキャンペーンツイートをリツイート又は引用ツイートを投稿。

    対象期間:5月6日(木)5月~19日(水)

    キャンペーンサイト:https://pocarisweat.jp/action/pocarimiku/netsunarero/

     

     

    出演キャラクター

    日本の暑い夏を乗り切る上で欠かせない情報を全世界に発信するため、世界的にもファンの多い初音ミクをはじめ、MEIKOやミライアカリ、YuNi、富士葵、星乃一歌といった人気のバーチャルタレント達が2019年12月からアンバサダーに就任。

     

    この企画は、「beyond2020」に登録された文化プログラムの一つとして水分補給の大切さや熱中症対策に重要な情報をお届けする活動だ。

     

    Leo/need from プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク

    iOS/Android向けゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」に登場する、幼馴染バンドユニット。様々なすれ違いを乗り越え、ギター兼ボーカルの星乃一歌、キーボードの天馬咲希、ドラムの望月穂波、ベースの日野森志歩の4人で活動をしている。 6月9日(水)には、Leo/needの楽曲を収録した初のシングルがリリースされる。

     

    Leo/needが歌うWEBムービー「ネツナレろ!」をぜひ聴いてみよう!

     

    © SEGA / © CP / © CPM / © Mirai Akari Project / © YuNi / © Fuji Aoi

  • 地上100mで楽しむスイーツ「和 –なごみ–」登場

    11.May.2021 | FOOD / SPOT

    小田急ホテルセンチュリーサザンタワー内、サザンタワーダイニングとラウンジ サウスコートでは、2021年6月1日(火)から9月30日(木)までの暑い季節限定でサザンタワー名物 ふわふわ淡雪スイーツ 「和 -なごみ-」 を提供する。

     

    サザンタワー名物ふわふわ淡雪スイーツ 「和 -なごみ-」1,470円/テイクアウト 700円

     

    淡雪のようにふわっとした食感が楽しめるかき氷、「サザンタワー名物ふわふわ淡雪スイーツ」が夏季限定で再登場する。今回ご用意するのは、抹茶の上品な味を堪能できる和テイストの「和 -なごみ-」。

     

    くちどけの良い抹茶の氷を食べ進めると、中から求肥(ぎゅうひ)や冬瓜のシロップ煮、黒豆きなこのアイスクリームが顔を出す。たっぷりのせた練乳のエスプーマと一緒に頬張ると、心なごむ香りとやさしい味わいが口いっぱいに広がり、味の変化が楽しめる。

     

    また、「和 -なごみ-」はテイクアウトメニューとしても販売。

    氷の中には黒豆きなこのアイスクリームとザクザク食感を楽しめる米のシリアルが。麩にチョコレートをコーティングした“お麩ショコラ” と黒蜜を表面に添え、テイクアウト用にアレンジしている。

     

    ふわふわ淡雪スイーツの「和 -なごみ-」でクールダウンしよう。

  • アーティスト・キース・ヘリングの生涯を称える展覧会が山梨県で開催

    10.May.2021 | FASHION / SPOT

    アメリカ人アーティスト、キース・ヘリングの多岐にわたる活動を絵画、映像、写真などから考察する展覧会「Keith Haring: 360°」が山梨県の中村キース・ヘリング美術館で2021年5月15(土)から2022年5月8日(日)までの期間中に開催する。

     

    キース・へリングは1980年代初頭、ニューヨークの地下鉄構内の空き広告スペースにチョークで描いた「サブウェイ・ドローイング」によって一躍有名になった。1981年の初個展以前よりクラブやシアター など画廊以外の場所でも自らキュレーションをして展覧会を開催するなど、その活動は多岐に及ぶ。そして「ドクメンタ7」(1982年)や「ヴィネチア・ビエンナーレ」(1984年)といった主要な国際展にも選出されるようになり、アーティストとしての地位が確立されていった。1990年エイズによる合併症のため31歳の若さでこの世を去ったが、没後30年を経た今でもその人気は衰えることがない。シンプルで明るい印象が強いヘリングの作品だが、子どもたちへの支援、反戦・反核、人種やセクシュアリティーに対する差別撤廃、 HIV・エイズ関連のアクティビズムなど、問題提起が多く含まれている。また美術史への深い洞察やテクノロジーの強い関心など、空間軸や時間軸にとらわれない眼差しで世の中を描写した。

     

     

    Photo by ©︎Makoto Murata

    Untitled (Figure Balancing on Dog), 1989

    Untitled (KH.200), 1982, The Museum of Art, Kochi

    My Town, Peace I–IV, 1987, Tama City Cultural Foundation

    Nakamura Keith Haring Collection

     

    本展のハイライトとなるのは、彫刻作品「無題(犬の上でバランスをとる人)」(1989年)だ。へリングの彫刻 といえば、まるで二次元から飛び出てきたような平面的な形が組み合わさったフィギュアで、目を引くようなビビットな作品が代表的だが、本作は生のアルミ素材が渋い輝きを放つ。見る角度で異なる像が現れ、人が犬の上に乗って無邪気に遊んでいるようにも見え、作品タイトルの通り、なんとかバランスをとっているように見えるかもしれない。人間と動物との共 存関係や、その像のポーズは測り知れない未知の社会に対する不安を思い起こさせることもあるだろう。

     

    また、本展ではアーティストであり美術ジャーナリストの村田真が1982年12月から翌年1月にかけ てニューヨークでヘリングに密着取材した際の一連の写真群を初公開する。そのほか、防水布にペイントを施した絵画作品「無題(KH.200)」(1982年/高知県立美術館蔵)、東京都多摩市で約500人の子どもたちと描いた壁画「マイ・タウン」、「平和I-IV」(1987年/多摩市文化振興財団蔵)、そしてアムステルダムで制作され、新たに当館コレクションに加わった全6点の版画シリーズ「バッド・ボーイズ」(1986年)も披露される。本展ではヘリングの多角的な芸術性と社会への深いメッセージを360°のアングルで再考する。

     

    わずか31年という短い生涯にすべてを表現し、希望と夢を残していった1980年代のニューヨークアートのレジェンド、 キース・ヘリング。 中村キース・ヘリング美術館は、八ヶ岳の美しい自然の中で静かに彼と向き合い、大都市ニューヨークで生まれたヘリングの芸術とそのエネルギーを感じる事が出来る世界で唯一の美術館だ。2007年の開館当初よりグローバル社会におけるジェンダー の平等や文化活動の継承と発展、環境問題などを含む人類の本質的な役割を念頭に運営しており、展示空間は文化や宗教、人種や性別を超えて自由な心の解放を祈願したヘリングの芸術概念と精神性に満ち溢れている。

     

    360度からキース・ヘリングの作品を体験する展覧会へ足を運んでみては?

  • 原宿で泊まれるアート展や家具店監修の宿泊プランが誕生

    07.May.2021 | FASHION / SPOT

    渋谷区を中心にMOSHIMOSHIROOMS等のユニークな民泊プランなどを手がけるロクヨンが、ブランドやアーティストのファンが泊まってその世界観及び作品を堪能、そして体験できる新しい事業をスタートした。

    事業開始にあたってロクヨンは所有するマンション「Yados神宮前」の大規模リニューアルを実施。202号室では各界若手アーティストが月替わりで出展する「原宿夜ふかしアート展」、301号室においては家具店が始める民泊「セカイクラス」の運用が始まった。

     

    Yados神宮前202号室 「原宿夜ふかしアート展」

     

    リビングルーム

    ベッドルーム

    アーティストルーム

     

    出展予定アーティスト

    CHiNPAN

    4月23日(金)~5月30日(日)

    2008 年 国立新美術館「アジア創造美術展」への入選をきっかけに水墨画家としてのキャリアをスタート。「融合」をテーマに、紙だけに留まらず水墨表現の可能性を追求している。店舗内装やファッション、音楽関連のビジュアル制作等、幅広く活躍中。

     

    BANBU

    6月10日(木)~7月19日(月・祝)

    現在24 歳、国内のアートの専門学校を卒業後、カナダ、ニューヨークへのアート留学を経て東京を中心に活動。三つ目の青いキャラクターモチーフを反復し使用するカラフルでキャッチーなグラフィックで、現代の多様性を訴える。

     

    「民泊×アーティスト」 泊まれる個展

    202号室では「夜ふかしアート展」として1~2か月毎にイラストレーター、動画クリエイター、フォトグラファー等のアーティスト、クリエイターとコラボし、各々のファンに向けた期間限定の宿泊空間を提供。お気に入りのアーティストの個性溢れる非日常的な空間で作品を楽しみながら、鑑賞だけではない宿泊ゲストが主体となって作品や空間作りに参加できるよう、アーティストと共に空間をデザインする。

     

     

    Yados 神宮前301 号室 「セカイクラス」 

    民泊×ファニチャー

    左官や漆喰によって作り出される、極限まで削ぎ落とされたジャパンブラックな空間。そんな閑かな空間に、世界中から集められたヴィンテージ家具やアートが配置され、“世界の暮らし”に触れ合うことのできる空間が誕生する。展示されている家具や雑貨、アートなどは全て購入可能で、実体験を通じた新しい小売の提案も行う。家具やアートは定期的に入れ替えを行い、常に新たな発見を楽しめる空間となっている。

     

     

    アーティスの世界観が広がる宿泊で作品を独り占めしてみては?

  • ゴッホの世界を表現したネイルアートシールが新登場

    06.May.2021 | FASHION

    フェリシモが展開する、ビンテージのマインドを受け継ぐデイリーウェアファッションブランド「MEDE19F(メデ・ジュウキュウ)」が、海外からも注目を集めるネイリスト大森莉紗による描きおろしネイルアートがセルフで再現できるネイルシールシリーズ第6作目の新作となる「ゴッホの世界をまとうネイルシール」を発表し、2021年4月19日(月)よりウェブ販売を開始している。

     

    19世紀に活躍したオランダ生まれのポスト印象派を代表する画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。その絵画からインスパイアされたネイルアートを、ネイリスト大森莉紗がデザインは、「ひまわり」「ローヌ川の星月夜」などをイメージした3種類。はっと心をとらえる色彩にゴールド調箔をきかせたデザインが、夏の着こなしに小さな華やぎをもたらしてくれること間違いなし。つめの先や根もとに寄せてあしらったり、マニキュアのカラーと合わせたりと、テクニック不要でさまざまなアレンジが可能で、つめのサイズや形も選ばない。

     

    指先に広がるゴッホインスパイアのアートを纏ってみては?

  • 日本初の建築好きのためのミュージアム型カフェが東京・新宿にオープン

    06.May.2021 | FOOD / SPOT

    ホテル事業などを行うBancが、建築好きのためのミュージアム型カフェ「アーキテクチャカフェ棲家」を2021年4月28日(水)よりグランドオープン。

    店舗内観

    建築模型(落水荘)

    チョークアーティスト・わかいみすずさんによるアートペインティング

     

    店内展示の建築模型一覧

    サヴォア邸 Villa Savoye(ル・コルビジェ)
    落水荘 fallingwater(フランク・ロイド・ライト)
    リゴルネットの住宅 casa Ligornetto(マリオ・ボッタ)
    スカイハウス sky house(菊竹清訓)
    ボルドーの家 Maison a Bordeaux(レム・コールハース)
    マリンレジデンス「ケモスフィア」 Malin Residence”chemosphere”(ジョン・ロートナー)
    イームズハウス Eames House(チャールズ&レイ・イームズ夫妻)
    シルバーハット(伊東豊雄)
    フィッシャー邸(ルイス・カーン)
    マイラム邸(ポール・ルドルフ)
    グラスハウス The Glass House(リナ・ボ・バルディ)
    鉄の家 Steel House(隈研吾)

     

    提供メニュー一例 

     

    ミホ・シェフ・ショコラティエ
    プレミアム ガトーショコラ 1,200円/生ショコラ マルブレ1,000円/生ショコラ ダミ 450円

     

    麻布十番の甘味処「天のや」監修 玉子サンド 750円

     

    「アーキテクチャカフェ棲家」は、日本初の建築模型を間近で楽しめるミュージアム型カフェ。建築好きが集い語り合える空間を目指し、美しい建築物のリアルな模型を用意した。ル・コルビジェや隈研吾をはじめとする世界の名建築家が手がけた近代建築の模型全12点を各テーブルに展示している。その建築模型は全て、テレビチャンピオン模型優勝者の林洋平によって完全再現されたものとなっている。

     

    店舗が位置する東京・新宿三丁目は、カフェ需要の高いエリア。天井が高くゆったりとしたスペースを持つ店内は、建築好きの人以外にも居心地の良い空間となっている。店内では、コーヒーや紅茶、ソフトドリンク、アルコールの他、ショコラティエールの斉藤美穂が主宰する「Miho Chef Chocolatier(ミホ・シェフ・ショコラティエ)」の生ショコラやガトーショコラ、麻布十番の甘味処「天のや」監修の玉子サンド、棲家オリジナルのフルーツサンドも提供され、午後18時からのバータイムには照明が落ち、アートとお酒を楽しめるナイトミュージアムに様変わりする。

     

    また店内には、建築士や不動産のスペシャリストが常駐しており、建築や不動産に関する相談が可能。建築家やインテリアデザイナーの作品集を見ることもでき、個人ではなかなか接点を持つのが難しい建築家やインテリアデザイナーとのマッチングをサポートし、理想の家づくりを実現する手伝いを行う。

    さらに、グランドオープンを記念して、“子どものためのジャングルジム”をテーマとする第1回建築模型コンテストが開催される。長引くステイホーム期間において、子どもが家の中で楽しく過ごすための遊具・ジャングルジムを募集し、模型が作れる人であれば、誰でも応募可能で。一次選考通過した作品は店内に展示するとともに、最優秀賞受賞者には30万円の賞金を贈呈する。

     

    建築模型ファン必見のくつろげるカフェへ足を運んでみては?

  • 桜ミク×イラストレーターしらび描き下ろしアイテムの受注を開始

    27.April.2021 | ANIME&GAME / FASHION

    株式会社アルマビアンカは「コラボレーションによる新たな価値の創造」をコンセプトにしたグッズを企画販売するサイト「ARMA BIANCA」にて「桜ミク」と×イラストレーター「しらび」の描き下ろしアイテムの受注を2021年4月15日(木)より開始した。

     

    AMNIBUS STOREで開催された「『桜ミク』 POP UP SHOP in AMNIBUS STORE/新宿マルイ アネックス」描き下ろしイラストの桜ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITOをメインにデザインした商品の登場。

     

    商品 一部紹介(全て税抜)

    トレーディングアクリルキーホルダー 単品 650円/BOX 5,850円

     

    カバンや小物につけたり、部屋に並べて飾ったり、キャラクターとの日常が楽しめる。

     

    予約購入特典 

    当商品を1BOX注文ごとに、予約購入特典として「描き下ろしイラスト 集合 Art by しらび ホログラムアクリルキーホルダー AMNIBUS/ARMA BIANCA限定特典」を付属する。

     

    ジップパーカ 各5,980円

     

    シンプルなプルオーバータイプで、ルームウェアから外出着としてまで幅広く使える。日常使いからイベントなどの特別な日の1枚まで、様々なシーンで活用できる。

     

    モバイルバッテリー 各4,500円

     

    軽量でコンパクトなため、出かける際などに使えるアイテムだ。

     

    チェンジングマグカップ 2,980円

     

    温度に反応する特殊なインクを使用しており、マグカップに温かい飲み物を入れると、絵柄が変化する。

     

    動画

     

    わっぱ弁当箱 5,480円

     

    天然木ならではの自然な木目で、手触りの良い質感で木の香り漂うアイテム。

     

    がま口ポーチ 1,800円

     

    金具が大きく開き、中身が取り出しやすいため、小物の収納などに使える。

     

     

    しらびが描き下ろした「桜ミク」のアイテムをゲットしよう!

     

     

    Art by しらび © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

  • マークジェイコブスにアートを提供する日本人アートダイレクターの個展開催

    26.April.2021 | FASHION

    ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストア「BOOKMARC(ブックマーク)」にて、90年代後半からストリートファッション、ビデオゲーム、ミュージックシーン等にポップなアートワークを提供し続けて来た田中秀幸の個展を、2021年4月30日(金)から 5月12日(木)までの期間中に開催する。

     

     

    今回、田中秀幸によるマークジェイコブスのニューライン、Heaven by Marc Jacobs へのコントリビュートを記念する展示となる。Heavenに提供したアートワークの原画を中心に、田中がデザインを手がけたアニメキャラ「スーパーミルクチャン」の限定スペシャルアート本も限定発売。

     

    パワフルでキュートなアートで魅了する個展へ足を運んでみては?

     

  • 金沢で開催される日本唯一の工芸フェア開催決定!出展ギャラリー募集開始

    26.April.2021 | FASHION / SPOT

    ”工芸”に特化した日本唯一のアートフェア「KOGEI Art Fair Kanazawa 2021」が、2021年11月26日(金)から11月28日(日)の3日間に、ハイアット セントリック金沢で開催決定。開催決定に伴い、出展ギャラリーの募集も開始する。

     

    KOGEI Art Fair Kanazawa 2019の様子

    「KOGEI Art Fair Kanazawa」は、2017年から石川県金沢市で実施されている、工芸に特化したアートフェア。新進気鋭の若手作家の作品から世界で活躍する作家の作品まで、国内外のギャラリーが一堂に集結する。日本独自のファインアート「KOGEI(工芸)」の魅力を、茶の湯や禅、能楽など、様々な伝統文化が日常に根付く金沢のまちなかより発信してきた。本アートフェアでは、より暮らしに近い空間の中で芸術性、創造性の高い工芸作品をじっくり手に取ってもらうために、ホテルの客室を使った展示方法を採用している。


     5回目の実施となる「KOGEI Art Fair Kanazawa 2021」では、ホテル「ハイアット セントリック 金沢」と初のコラボを実施。ハイアット セントリック 金沢は、金沢を満喫する旅の拠点として2020年8月にオープン。館内には多くの地元作家の作品が展示されるなど、石川の文化の発信地としても親しまれている。

     

    日本唯一の工芸に特化したアートフェア「 KOGEI Art Fair Kanazawa 2021」をお楽しみに!

  • チームラボがサウジアラビア・リヤドにて開催される展覧会に参加

    26.April.2021 | FASHION

    アート集団チームラボが、サウジアラビアの首都であるリヤドにて、ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館の元シニア・キュレーターであるSusan Davidsonと、サウジアラビアの現代アートシーンに精通しているRaneem Zaki Farsiがキュレーションする画期的なライト・アートの展覧会「Light Upon Light: Light Art since the 1960s」に参加する。King Abdullah Financial District Conference Center (KAFD)にて、2021年6月12日(土)まで開催中。

     

    © Noor Riyadh

     

    展示作品

     

    花と人 – A Whole Year per Hour by teamLab, 2020.

     

     

    チームラボはこの展覧会で、「花と人 - A Whole Year per Hour」を展示する。1時間を通して1年間の花々が移り変わっていく作品で、あらかじめ記録された映像を再生しているのではなく、コンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、永遠に変化し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

    本展覧会は、リヤドの街中で開催される光とアートの祭典「Noor Riyadh(ヌール・リヤド)」の企画の一つ。Noor Riyadhは、Riyadh Art(リヤド・アート)が主催し、今年から毎年開催される予定だ。リヤドの街が壁のない展示空間となり、情報化時代のクリエイティブな原動力を示す。街中に数々のパブリックアートが展示され、画期的なライト・アートの展覧会「Light Upon Light: Light Art since the 1960s」や、トーク、ワークショップ、イベントなどの多彩なプログラムで構成されており、目が離せない。

     

    チームラボの画期的な作品をお楽しみに!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US