“盆栽×テクノロジー”人とのコミュニケーションが可能な「BonsAI」

20.March.2018 | FASHION / MUSIC

テクノロジーを使って未来をひきよせるモノやコトを開発するプロジェクト“TDK Attracting Tomorrow Project”。

 

img_150456_1

TDKの最先端技術や製品を用いて、人間とコミュニケーションをとることができる新しい盆栽である「BonsAI」(盆栽+AI)が始動された。

 

img_150456_3

img_150456_4

そして、対話する、水をねだる、といった「BonsAI」の全貌を特設サイトで公開。また、同時に「BonsAI」がお寺に行き、縁側でお坊さんと人生について語る…という、コンセプトムービーも公開中だ。

 

 

 

盆栽の新たな世界に触れてみよう!

 

 

■Information

TDK Attracting Tomorrow Project #2 BonsAI お寺篇

公開URL:https://youtu.be/yorTP2be1Ws

メイキング動画URL: https://youtu.be/kkmpcVdINGs

RELATED ENTRIES

  • 夏の京都を涼しく過ごす、おすすめ新緑スポット4選

    09.August.2019 | FEATURES / SPOT

    京都といえば紅葉された自然を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は夏の京都も涼しげでとっても素敵です。夏休みは緑豊かな京都の新緑スポットでゆったり過ごしてみませんか。

    今回はまっちゃんさんがInstagramで公開している新緑フォトと共に観光名所をご案内します。

     

    祇王寺

    祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵です。アクセスは京都駅からJR嵯峨野線に乗り、嵯峨嵐山駅でおりて徒歩20分となります。「平家物語」で、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られています。

    若竹が流れる音やひぐらしの鳴き声など、五感で夏を体感することができるスポットです。

     

    祇王寺
    住所:京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
    URL:http://www.giouji.or.jp/

     

    あだしの 念仏寺

    あだしの 念仏寺は1200年の歴史があるお寺です。最寄り駅は祇王寺と同じく嵯峨嵐山駅です。夏には念仏寺境内の西院の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事の千灯供養が8月23日・24日に開催されます。千灯供養とともに行われる「愛宕古道街道灯し」(あたごふるみちかいどうともし)では大小さまざまな行灯が街道沿いに並び、古き良き街並みをやさしい灯りがつつみ込みます。

     

    あだしの 念仏寺

    住所:616-8436 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

    URL:http://www.nenbutsuji.jp/index.html

     

    伏見港公園

    伏見港公園は体育館や相撲場もある大きな公園で、ハイキングコースもあります。アクセスは京阪中書島駅南改札より徒歩3分の場所にあります。海はありませんが、かつて運河があり、その船の港があったことから「伏見港」と呼ばれています。自然もたくさんあるのでゆったり公園をお散歩するのも楽しそうですね!

     

    伏見港公園

    住所:京都市伏見区葭島金井戸町
    URL:http://www.kyoto-park.or.jp/fushimi/

     

    閑院宮邸跡

    1710年に東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立された、閑院宮家の屋敷として使われていた建物です。アクセスは地下鉄「丸太町駅」下車3分となっています。明治10年の東京遷都まで閑院宮家が実際に住んでいましたが戦後に公園として解放され、現在は写真や絵などの展示を行なっています。桃林があり、桃の名所としても知られており、春の人気スポットですが夏の閑院宮邸跡も緑が豊かで静かな時を過ごせます。こんなに立派なお庭を見れて入場料は無料!あまり人に教えたくない名所です。

     

    閑院宮邸跡

    住所:京都府京都市上京区京都御苑3

    URL:https://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/index.html

     

    まっちゃんさんのインスタグラムでは他にも様々な京都のスポットが写真で切り取られています。ぜひ京都観光の前にチェックしてみて。

     

    Photo:@macchan358

  • カラフルな風鈴がお出迎え!福岡・如意輪寺(かえる寺)の「風鈴祭り」

    13.July.2019 | FEATURES / SPOT

    福岡は日本だけでなく、海外からも旅行客が多く訪れる人気観光地。特に中国や台湾、韓国の方が旅行をしているのをよく見かけます。

    買い物スポットや博多グルメはもちろんのこと、福岡には絶対に訪れたい!ステキな観光スポットがたくさんあるんです。

     

    今回は、九州の観光スポットをインスタグラムで紹介しているRieさんのPostからオススメの観光スポットをご紹介!今回ピックアップしたのは如意輪寺(かえる寺)の風鈴祭り。ステキな写真と共に、アクセス方法や見どころをチェックしてみてくださいね。

     

    今回紹介するのは如意輪寺。通称かえる寺と呼ばれ、たくさんのかえるが境内に設置されている珍しいお寺です。場所は福岡県小郡市となり、福岡の中心地”天神”から西鉄天神大牟田線に乗り、「三沢駅」で降りて徒歩15分の場所にあります。

    数千体ものかえるがいると言われている、如意輪寺(かえる寺)。設置されているかえるグッズの多くは住職自身が集められたそうです。

    こんな風に写真映えするカエルも!工夫しておもしろい写真を撮ってみてください。御朱印にかえるのイラストが入ることもあるそうですよ。

    かえるももちろんですが、6月から9月までの間に開催されている「風鈴祭り」がとってもカワイイのです。

    入り口から既にたくさんのカラフルな風鈴が。

    階段は風鈴のトンネルに。暑い夏も涼やかな気持ちになれそうです。

    たくさんの風鈴ももちろんですが、カエルにも注目を!あちらこちらにかえるがいるの分かりますか?

    こちらの風鈴は1個500円で販売しており、願い事をして奉納することができます。ただし、風鈴の持ち帰りはできないのでご注意を!

    如意輪寺が創立したのは729年。如意輪観音は全国的にも珍しい立像となっており、福岡県の文化財にも指定されています。カワイイだけじゃなく、昔から地域の人に愛されてきた、歴史あるお寺なんですね♪

    9月まで風鈴の音色に心が穏やかになる、福岡の如意輪寺(かえる寺)。Rieさんのようにぜひ浴衣姿でお出かけしてみては?

     

    この他にもRieさんのインスタグラムでは九州地方の観光地がたくさん紹介されています。九州地方に旅行を考えている方は、ぜひ事前にアカウントをチェックしてみてくださいね!

     

    Photo by Rie

  • まだ間に合う!京都観光にオススメの紫陽花スポット4選

    05.July.2019 | FEATURES / SPOT

    毎年梅雨の時期に咲く紫陽花。色とりどりの花が綺麗で梅雨の憂鬱な気分を楽しくさせてくれます。今回は観光スポットとして人気の京都で、オススメの紫陽花スポットを紹介。

    紫陽花は見頃の時期が比較的短いので、紫陽花が咲いている今のうちに京都観光を楽しみましょう!

    今回はまっちゃんさんがInstagramで公開している紫陽花フォトと共に観光名所をご案内♡

     

    東福寺塔頭勝林寺

    座禅や朝粥体験も行なっている東福寺塔頭勝林寺。こちらは今の時期、土日限定の花手水を行っています。お寺や神社で手などを清める時に使う手水舎に、花を浮かせて装飾する花手水。勝林寺では釈迦の誕生を祝う春にも花手水を行なっており、そちらも有名です。今の時期は紫陽花。毎週どのような花が浮かんでいるのか楽しみですね!花手水は実施されない時期もあるので、開催時期はオフィシャルサイト等で確認してください。

     

    ▼東福寺塔頭勝林寺

    住所: 京都市東山区本町15-795
    TEL:075-561-4311

    公式サイト:http://shourin-ji.org/

     

     

    柳谷観音

    平安時代より天皇家公家を初めとする眼病に悩む人々に信仰されてきた柳谷観音。西の清水とも呼ばれており、古くから京都の人々に愛されていました。

    パステルカラーの紫陽花が浮かぶ花手水。とってもかわいくて、豪華です。

    こちらの写真は庭園にある花手水。こちらも大きな紫陽花が浮かんでいて存在感がありますね。

    平安時代から続くこちらは庭園の作りはとても美しく、その中に咲く紫陽花が有名です。6月8日~7月7日まであじさいウイークも開催されており、たくさんの人が紫陽花を鑑賞しに来ます。

    また、毎月17日には押し花で御朱印帳を装飾する体験イベントも開催している、お花好きは絶対訪れたいスポットになっています。

     

    ▼柳谷観音

    住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2

    TEL:075-956-0017(受付時間 午前9時~午後5時)

    公式サイト:https://yanagidani.jp/

     

     

    善峯寺

    春に咲くしだれ桜が、JR東海のCM「そうだ、京都行こう」にも使われた事で有名な善峯寺。急な斜面に約八千株の紫陽花が咲きます。写真は紫陽花を見上げるように撮っていますが、坂の上から紫陽花越しに京都市街を一望することもできるんです。その景色は圧巻!

    善峰寺は紫陽花だけでなく、さつきや百日紅など、様々な花が咲いています。紫陽花の時期が終わってしまっても楽しめますね。

     

    善峯寺

    住所:京都市西京区大原野小塩町1372

    TEL:075-331-0020

    公式サイト:http://www.yoshiminedera.com/index.html

     

     

    丹州観音

    関西で最も古いあじさい寺として有名な丹州観音。観音様の霊力で眼病が治り、再び光明を得たお礼にと、七色に変化する光の花である紫陽花を数本植樹されたのがあじさい寺のはじまりとされていて、100種1万株の紫陽花が咲きます。

    紫陽花の時期は寺茶屋も営業しており、紫陽花をみながらコーヒーやお茶を飲むことができます。

     

    ▼丹州観音

    住所:京都府福知山市観音寺1067

    TEL:0773-27-1618

    公式サイト:http://www.tanba-ajisaidera.com/keidai/index.html

     

    まっちゃんさんのインスタグラムでは他にも様々な京都のスポットが写真で切り取られています。ぜひ京都観光の前にチェックしてみて。

     

    Photo:@macchan358

  • 宿坊予約サイト「テラハク」でお寺に泊まる宿泊体験を楽しもう

    20.July.2018 | SPOT

    ポータルサイトおよび宿坊予約サイト「テラハク」を運営する株式会社和空は、宿坊施設「和空 三井寺」の宿泊予約受付を2018年8月1日より開始する。

    和空では「お寺に泊まる」という体験を、一般の方により身近にするための事業を行っている。従来、宿坊は主に僧侶や神職・参拝者のための宿泊施設だったが、現在では訪日旅行客など一般の方の宿泊も受け入れるようになった。

     

    時代の変遷とともに宿坊の活用も広がっており、宿泊に加え坐禅や写経など寺社文化ならではの体験ができる場所も増えてきている。また、異文化体験の貴重な場ともなっており、海外からの宿泊者は年々増加している。

     

    そして今回、滋賀県「三井寺(正式名称:園城寺)」の境内にある僧坊「妙厳院(みょうごんいん)」を改修・整備した宿坊施設「和空 三井寺」の宿泊予約受付を開始する。琵琶湖を望む三井寺は、滋賀県大津市に広大な敷地を有する天台三総本山のひとつである天台寺門宗の総本山で、古くから「近江八景」の一つとして知られている。

     

    お寺に泊まり、日本ならではのユニークな宿泊体験を楽しんでみては?

     

    ■Information
    和空 三井寺

    住所:滋賀県大津市園城寺町246

    予約受付開始日:2018年8月1日(水)※予定

    宿泊開始日:2018年8月1日(水)※予定

    予約方法: 宿坊予約サイト「テラハク」や、楽天LIFULL STAYの民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」および国内外の提携済み宿泊予約サイトより予約可能

     

    テラハク公式サイト:https://terahaku.jp

     

  • トリップアドバイザーが日本の人気観光スポット ランドマークランキングを発表

    26.May.2018 | SPOT

    旅の泊まる・遊ぶ・食べるが見つかる世界最大の旅行サイト「TripAdvisor®」。サイトの口コミをもとに、最も高く評価された世界の「ランドマーク(歴史的建造物や遺跡などの観光名所)」をランキング化した「トラベラーズチョイス™ 世界の人気観光スポット2018ランドマーク編」が発表された。

    アンコールワット

    本年で6回目となるこのランキングでは、世界中で文化・歴史的な背景を持つ759の名所が選ばれた。その中で世界の1位に選ばれたのは、昨年に引き続きカンボジアの「アンコールワット」。日本からは、京都府の「伏見稲荷大社」が4年連続で日本の1位に。世界では24位、アジアでは5位にランクインしている。

     

    ランキングに初登場したのは全部で7か所あり、世界ランキングでは「旧市街」(チェコ共和国)や「ロンドン塔」(イギリス)。アジアでは「グラッドワーラ バングラサヒブ」(インド)、「スーパーツリーグローブ」(シンガポール)。日本からは広島県の「厳島神社」が初登場した。今回は日本のランキングから人気観光スポットランドマークを紹介。

     

    日本のランドマーク トップ10

    (※括弧内は前年度順位。「初」はランキング初登場)

    1位 (1) 伏見稲荷大社/京都府

    2位 (2) 金閣寺/京都府

    3位 (6) 原爆ドーム/広島県

    4位 (5) 浅草寺/東京都

    5位 (8) 東大寺/奈良県

    6位 (3) 清水寺/京都府

    7位(10) 姫路城/兵庫県

    8位 (4) 明治神宮/東京都

    9位 (9) 東京都庁舎/東京都

    10位「初」厳島神社/広島県

     

    ※ランキングURL

    https://www.tripadvisor.jp/TravelersChoice-Landmarks-cTop-g294232

     

    伏見稲荷神社 京都伏見稲荷神社 京都

    4年連続で1位に選ばれたのは京都の伏見稲荷大社。何重にも続く赤い鳥居が美しい。

     

    金閣寺 京都

    2位は同じく京都の金閣寺。黄金に輝く優雅な姿は圧巻。

     

    原爆ドーム 広島

    3位は広島の原爆ドーム。貴重な歴史的遺産で、平和の象徴にもなっている。

     

    詳細情報は下記URLでもチェックできるので、旅行に行く際の参考にしよう!

     

    ■Information

    トリップアドバイザー日本公式サイト

    www.tripadvisor.jp

  • 大阪・阪急うめだ本店が盆栽展を開催。現代的なセンスの「新しい盆栽」を提案

    22.May.2018 | SPOT

    アートを鑑賞するようにその造形美を楽しむドライ盆栽から、四季を楽しむミニ盆栽、 手入れが簡単な水栽培のアクア盆栽、インテリア感覚の苔テラリウムまで。現代的なセンスで作られた様々な盆栽が阪急うめだ本店に登場する。

     

    大阪・阪急うめだ本店   盆栽展

    ドライ盆栽ミニサイズ(高さ約12×幅約8cm)

    3,564円(税込)

    ドライ盆栽は、 ドライ加工した植物を使って盆栽の世界を表現した一点物のアートピース。

     

    大阪・阪急うめだ本店   盆栽展

    アクア盆栽

    各14,580円(税込)~

    土を使わず、 水で育てる「アクア盆栽」。 お手入れは週に1回の水替えだけ。

     

    大阪・阪急うめだ本店   盆栽展

    苔盆栽 はりねずみ

    子7,020円/親10,800円(税込)

    青々と茂った苔を背負った手のひらサイズの可愛い苔盆栽。 富山の鋳物メーカー「能作」とのコラボレーションから生まれた。

     

    大阪・阪急うめだ本店   盆栽展

    盆栽クッキー(大)14,040円~

    ※写真はイメージです。 実際の商品とはデザインが異なる場合がございます。

    素材は砂糖、 バター、 小麦粉、 卵…見て楽しく、 食べておいしい、 五感を使って楽しめるアート作品。

     

    大阪・阪急うめだ本店   盆栽展

    盆栽プラモデル「ザ・盆栽」

    日本の伝統文化のひとつである盆栽を1/12スケールで再現したプラモデルキット。 完成したキットはハサミで剪定し、 好みの盆栽に仕上げることができる本格派商品。

     

     

    日常に癒しと創造性を与えてくれる「新しい盆栽」をゲットしよう!

     

     

    ■Information

    #盆栽 (ハッシュタグ・ボンサイ)

    会場:阪急うめだ本店 9階 アートステージ

    開催期間:2018年5月23日(水)~28(月)※最終日は午後6時終了

     

    阪急うめだ本店

    住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

    営業時間:日曜日〜木曜日 10:00〜20:00

         金曜日、土曜日 10:00〜21:00

    TEL:06-6361-1381

    URL:https://www.hankyu-dept.co.jp/

  • お経や修行体験ができるフェス「向源」中目黒・目黒で開催

    23.April.2018 | SPOT

    日本の伝統文化を体験できる超宗派寺社フェス『向源』が2018年5月5日(土)東京・中目黒 正覚寺、5月6日(日)目黒の三ヶ寺(目黒不動 瀧泉寺・五百羅漢寺・蟠龍寺)にて開催される。

     

    img_154472_11

    超宗派寺社フェス『向源』は、今に伝わる多様な文化の根底にある本質に触れてもらうことを目的としたフェス。毎年規模を拡大しながら、2018年で8回目を迎える。

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

    5月5日(土)中目黒の正覚寺では、正覚寺本堂で聞く20代・30代の若手落語家による向源寄席や、3つの宗派のお坊さんがお経を唱える声明公演等の聴く体験、寺社フェスならではの修行体験や御朱印帳作りなどの体験型ワークショップが開催される。

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

    5月6日(日)は会場が目黒の三つの寺に別れる。(目黒不動 瀧泉寺・五百羅漢寺・蟠龍寺)目黒不動 瀧泉寺では仏像仏画について語るトークショー、五百羅漢寺では住職と一緒に哲学を学ぶ体験、蟠龍寺では生け花、書道、ヴィオラのライブなど、それぞれ特色のある体験講座を開催予定だ。

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

    また、2018年はチケットを購入していない人の入場も可能。境内テントエリアでの無料体験がある他、境内に設置されるケータリングカーで軽食等も楽しめる。

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

    さらに、テレビ等で活躍する怪談和尚こと三木大雲さんを中目黒正覚寺に招いて、「東京向源前夜祭 怪談和尚のコワ~イはなし」と題した怪談説法を開催。

     

    お経 修行体験 フェス 向源 目黒 中目黒

    楽しいイベントが盛りだくさんのフェスの詳細情報については向源公式サイトをチェックしよう。

     

     

    ■Information

    超宗派寺社フェス『向源』

    会場:正覚寺・目黒不動 瀧泉寺・五百羅漢寺・蟠龍寺

    日時:2018年5月4日(金)前夜祭 19:00~21:00

            中目黒 正覚寺

           ・2018年5月5日(土) 9:00~20:00

            中目黒 正覚寺

           ・2018年5月6日(日) 9:00~19:00

            目黒 三ヶ寺[目黒不動 瀧泉寺・五百羅漢寺・蟠龍寺]

    参加費:入場 無料

           各種講座 2,000~6,500円(税込)

    定員:講座によって異なります

    申込方法:オンラインチケットアプリ「Peatix」

    アクセス:正覚寺 東京都目黒区中目黒3丁目1-6

           目黒不動 瀧泉寺 東京都目黒区下目黒3丁目20-26

           五百羅漢寺 東京都下目黒3丁目20-11

           蟠龍寺 東京都目黒区下目黒3丁目4-4

    URL:http://kohgen.org/

  • 東急プラザ銀座に盆栽アートを展示「あてやかモノガタリ。」

    22.April.2018 | SPOT

    東急プラザ銀座は、今年で開業3年目。毎回異なるアーティストを起用し、そのアーティストの世界観を反映した館内イベントやキャンペーンを展開する「あなたモノガタリ。」を季節ごとに実施する。

     

    東急プラザ銀座_外観(昼)

     

    「あてやかモノガタリ。」キャンペーンビジュアル

    その第一弾として4月23日(月)から5月13日(日)までの期間、型破りなパフォーマンスで盆栽の新しい可能性を開拓する異色の盆栽師・平尾成志を起用した「あてやかモノガタリ。」を開催。

     

    平尾成志_BONSAIアート_04

     “あてやか(貴やか)“とは、上品な・気品のある・優雅な・ありのままの美しさといった意味を持つ古語。イベントでは、期間中「BONSAI MEET JAPAN, AGAIN」と題し “BONSAIアート”と、「あてやか」をテーマにした全16アイテムを館内に展示する。

     

    平尾成志_BONSAIアート_02

    ファッションアイテムと“BONSAIアート”を融合させ、独自の世界観を創り出す平尾成志により、春の東急プラザ銀座が、特別な時間と体験を提供してくれる。

     

    平尾成志_BONSAIアート_03

    東急プラザ銀座の「あてやかモノガタリ。」に是非足を運んでみよう。

     

     

    ■Information

    あてやかモノガタリ。

    場所:東急プラザ銀座 3階エスカレーター横/4階エスカレーター横/6階エスカレーター横/6階KIRIKO LOUNGE横エントランス(※4月29日(日・祝)のライブ後)

    期間:4月23日(月)~5月13日(日)

    時間:11:00~21:00

     

    「東急プラザ銀座 Premium LIVE -あてやか-」

    場所:KIRIKOLOUNGE

    開催日:4月29日(日・祝)

    時間:16:30~19:00

    ※一部事前招待制となります。ご応募詳細は、TOKYO FM特設ページをご覧ください(4月22日(日)締切)。

    ※当日無料の立ち見スペースもございますが、お客様多数の場合、入場を制限する場合がございます。

    URL:http://www.tfm.co.jp/present/ateyaka/index.html

     

    「平尾成志盆栽ワークショップ」

    場所:KIRIKO LOUNGE

    日時:5月12日(土)12:00~18:00

    時間:12:00~18:00 ※随時受付

    ※参加費無料・予約不要・先着順となります。

    ※参加人数に限りがございます。

  • 日本の美を表現!原宿「鶴亀樓」の盆栽パフェ

    11.April.2018 | FOOD / SPOT

    国籍問わず全ての人に愛される「日本食」がコンセプトの「鶴亀樓(つるかめろう)」では、世界中で注目されている“盆栽”のような盛り付けをしたフォトジェニックなパフェを3種類(抹茶パフェ・ベリーバナナパフェ・チョコパフェ・各800円税抜)販売中。

     

    原宿「鶴亀樓」の盆栽パフェ

    抹茶パフェは、鯛焼きや小豆バーなど「和」を意識した甘味を盛れるだけ豪快に盛りつけており、見た目のインパクトにまず驚く、見た目も味も楽しめる商品だ。インスタ映え間違いなしの一品に。

     

    原宿「鶴亀樓」の盆栽パフェ2

    原宿「鶴亀樓」の盆栽パフェ3

    “盆栽”は鉢も含めて楽しむもの。盆栽パフェが提供される際、ひとつひとつ異なるアンティークの藍染めの器と皿の相性にも注目しよう。

     

    原宿「鶴亀樓」

    そのほかにも様々な和食を提供中。こちらも合わせてチェックしよう

    (https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/71274)

     

     

    ■Information

    盆栽パフェ(抹茶パフェ・ベリーバナナパフェ・チョコパフェ)

    価格:各800円(税抜)

     

    鶴亀樓

    住所:東京都渋谷区神宮前4-27-2

    営業時間:【平 日】12:00 – 16:00(L.O.15:30 )  17:30 – 23:00(L.O.22:00)

         【土日祝】12:00 – 23:00 (L.O.22:00)

    TEL:03-5413-3947

    アクセス:千代田線「明治神宮前」より徒歩5分「原宿」駅より徒歩7分

    URL:https://kiwa-group.co.jp/tsurukamerou_harajyuku/

     

  • 大阪・常光円満寺で巨大なお釈迦様と写真を撮ろう!

    08.April.2018 | SPOT

    1280年の歴史ある宗教法人 常光円満寺の境内に、2017年5月、涅槃堂が誕生した。4月8日のお釈迦さまのお誕生日に向け、そのご本尊である大きくて美しい「幸せの涅槃仏」から「幸せをもらおう」という企画がスタートした。

     

    img_152500_13

    「幸せをもらおう」というタイトルの通り、お釈迦さまと一緒に写真をとったり、願いごとを書いたおり紙で鶴をつくって奉納したり、お釈迦さまの悟りのえがかれた足(仏足)にふれたりと、楽しくお参りすることができる。

     

    img_152500_5

    お釈迦さまと一緒に写真をとろう

    悟りを開かれてから45年間、周りの幸せのために尽くされてきたお釈迦さま。

    お釈迦さまと一緒に写真をとることでご縁を結び、幸せをいただいてほしいという想いからスタートされた。

     

    大阪・常光円満寺 巨大お釈迦様

    鶴林の世界をつくろう

    涅槃像は、お釈迦さまの最後のお姿。弟子だけでなく、動物たちや虫たち、そして大自然までも悲しまれたと伝えられている。大自然の悲しんだ姿は、鶴林と呼ばれ、鶴に囲まれたような幻想的な世界だった。鶴林の世界をつくることでお釈迦さまをたたえることができる。

     

     

    大阪・常光円満寺 巨大お釈迦様

    仏足にふれよう

    仏足の紋章には、それぞれに大きな意味があるそう。家庭円満や長寿・健康など、願いに合わせたご利益があるよう、お釈迦さまの悟りにふれてみよう。

     

    大阪・常光円満寺 巨大お釈迦様

    これまでにない楽しいお参りを体験してよう!

     

     

    ■Information

    宗教法人 常光円満寺

    住所:大阪府吹田市元町28-13

    URL:http://www.enmanji.com/

  • 今までにない新しい盆栽のブランド「~非盆(HIBON)~」スタート

    05.April.2018 | FASHION

    今までに無い新しい盆栽のブランド「~非盆(HIBON)~」がスタートする。それに伴い、CIAO PANIC COUNTRY MALL(チャオパニック・カントリーモール)にて、 「非盆(HIBON)」のPOP-UPが4月1日より開催される。

    盆栽のブランド「~非盆(HIBON)~」

    非盆とは、「似て非なる盆栽」をテーマに作られた、 不思議な違和感を持つ新しいスタイルの盆栽で、盆栽という伝統の中にフレッシュな魅力を備えた注目の新作。

    主に、樹木は五葉松、黒松、木瓜、皐月、枝垂れ桜などがあり、器は抗菌効果やリラクゼーション効果のある高級木材のヒバの切れ端や廃材を再利用し作られている。また、今回、非盆の文字を水墨画で表現した水墨画アーティスト武内紀江のタペストリーも同時に展示される。

     

    盆栽のブランド「~非盆(HIBON)~」2

    第一弾は、 青森檜葉(あおもりひば)。 抗菌効果やリラクゼーション効果を持ち、 住宅やまな板に使われる高級木材「青森檜葉(アオモリヒバ)」 の 切れ端などの端材が、 盆栽の器に生まれ変わった。木に木を植えるという不思議な出で立ちで、 盆栽という伝統の中にフレッシュな魅力をプラスしている。

     

    さらに青森檜葉の器は、木材を加工する際に余りとして出てきた端材を使用。ひとつひとつ大きさも形も異なるため、ふたつとして同じデザインのものは存在しない。もちろん、そこに植える木も器と相性のいいものを選んで使用されている。

     

    また、虫や雑菌を寄せ付けない成分として知られるヒノキチオールは、 実はヒノキよりも青森檜葉に多く含まれている。心を落ち着かせ、ストレスを和らげる効果もあるとされ、住宅や食器に使う木材として重宝されてきた。

     

    これまでにない新しい盆栽スタイルを是非体験してみよう。

     

    ■Information

    非盆 展示発表会開催
    日時:4月1日(日)~4月30日(月) 11:00~20:00
    会場:CPCM(CIAO PANIC COUNTRY MALL)
    住所:東京都渋谷区神宮前6-12-22 1-2F
    TEL : 03-3406-1104 
    URL:http://cpcm-shop.com/news/010.html

     

  • 恋愛にご利益有り!「三寺まいり」岐阜県飛騨市で開催

    06.January.2018 | SPOT

    岐阜県飛騨市では、毎年1月15日、「三寺まいり」が行われる。

    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfb0RwVXJCelZpeC5KUEc

    「三寺まいり」は飛騨市に200年以上続く冬のまつり。この1日、古川町市街地は、たくさんの和ろうそくの光が照らし出す幻想的な雰囲気のなか、三寺(円光寺、真宗寺、本光寺)をめぐる人々で賑わう。

     

    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfQUh6WUlCUHBvdS5qcGc
    明治・大正の頃、野麦峠を越えて信州へ糸引きに行った娘たちが、正月の帰省時に晴れ着で瀬戸川べりを巡拝し男女の出会いの場ともなったことから、いつしか『恋愛成就のお参り』としても知られるようになった。

     

    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfSkpudVJtd01WTi5qcGc
    新春明けの15日、この地は雪も深く静かな時期だが、「三寺まいり」の日は、お参りに訪れる人で賑わい、和服姿の女性たちの華やぎと和ろうそくの幻想的な灯りが町を包む。

     

    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfY0Vkc0pod0tyZC5qcGc

    古川町市街地の各所に設置される高さ2mもの『大雪像ろうそく』、瀬戸川沿いに女性たちにより灯される恋愛成就を祈る『千本ろうそく』、そして、3つの寺に奉納された重さ13kgの和ろうそく。
    優しい灯りで町中を幻想的な雰囲気で包む和ろうそくは、市内の老舗『三嶋和ろうそく店』によるもの。
    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfSVRIU3JTcnpsUC5naWY のコピー
    日本でも10店あまりとなった和ろうそく店の中でもすべて手作りなのはここだけといわれる「三寺まいり」と共に伝統をつなぐ希少なろうそくだ。

     

    czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMxOTUxMjQjNTUxODlfYkhjSWp0WEhQUS5KUEc
    イベントのもう1つの醍醐味 食と特産品の屋台が並ぶ門前市も毎年大賑わい。
    岩魚の塩焼きや飛騨牛コロッケ、郷土食の五平餅や鶏ちゃんから揚げなど、飛騨色満載の屋台が並ぶ。今年は、米・食味分析鑑定コンクール国際大会で金賞を受賞したお米の試食ブースも設けられる。全国的にも評価されている飛騨地域産のお米を堪能しよう。

    さらに、女性の方には晴れ着のレンタルのサービスも。
    また、もう1つ今年初めての試みとして、飛騨市の特産物“えごま”を使ったメニューを市内の飲食店で展開する“えごまWEEK”も1月14日から21日まで開催される。
    飛騨の特産“えごま”は、脳の活性化やエイジング効果が高い、今注目の食材。参加店のオリジナルえごまメニューを堪能しよう。

    恋愛にご利益のある岐阜の「三寺まいり」に足を運んでみては?

    ◼︎Information

    三寺まいり
    会場:岐阜県飛騨市古川町市街地 (岐阜県飛騨市古川町)
    開催日:平成30年1月15日(月)
    TEL:0577-74-1192  
    URL:https://www.hida-kankou.jp/santera/

    門前市(まつり広場)12:00~21:00  

    賑わう『門前市』
    千本ろうそく(瀬戸川沿い)16:00~21:00
    雪像ろうそくの点灯(町目抜き通り)16:00~

    三嶋和ろうそく店
    住所:飛騨市古川町壱之町3-12 
    TEL;0577-73-4109

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US