タイムアウト 英語版「渋谷でしかできない101のこと」ガイドマップ発行

01.May.2018 | SPOT

人気のガイドマップ「渋谷でしかできない101のこと」(英語版)のリニューアルバージョンが2018年4月27日(金)に発行された。レストラン・カフェ・バー・ショッピング・エンターテインメント・カルチャー・ナイトライフなど、多彩な分野からセレクトした101の「Things to do(=すべきこと)」が紹介されており、混沌とした渋谷の街を独自の切り口で案内する。

 

タイムアウト東京 渋谷

「タイムアウト」は、1968年にロンドンで創刊されたシティガイド。ロンドンを中心に、NY、モスクワ、上海、シドニーなど世界108都市39か国で展開し、グローバルメディアとしてその名を知られている。2012年夏季オリンピック・パラリンピックでは、公式ガイドブックとして採用された。

「タイムアウト東京」はそのTOKYO版。2009年の創刊以来「六本木でしかできない101のこと」や「新宿でしかできない101のこと」などを発表。東京のローカルエキスパートとして、外国人トラベラーや日本で生活する外国人に向け、アート・グルメ・音楽・イベントなどの街の情報を提供してきた。

 

タイムアウト東京 渋谷

そして「タイムアウト東京」ガイドマップシリーズのうち、最も高い人気を誇るのが渋谷エリア。第9版となる今回は、神泉町の「ターン テーブル」や2月にオープンしたばかりの「ホテル コエ トーキョー」、カプセルホテル「ザ・ミレニアルズ」といった話題の宿泊施設を取り上げている。

 

また、感度の高い若者が集まる恵比寿エリアからは、ユニークなレストラン「ダイトカイ」やダイニングバー「IGAO」、アートショップ「ナディッフ アパート」などを新たに掲載。渋谷、恵比寿エリアの今を伝えるラインナップとなっている。もちろん、原宿の観光案内所MOSHI MOSHI BOX でも無料配付中だ。

駅や観光案内所のほか主要ホテルでも無料配布されているので、興味のある方は是非手に取ってみて。

 

 

■Information
渋谷でしかできない101のこと(英語版)第9版
URL:https://bit.ly/2vNaEDt

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US