浅草で飴細工が体験できる「浅草 飴細工 アメシン」オープン

20.May.2018 | SPOT

手塚工藝株式会社は、2018 年6 月17 日(日)「浅草 飴細工 アメシン 花川戸店」を新規オープンする。

浅草 飴細工 アメシン 花川戸店1

最近では、国内外で体験型旅行のニーズが増加しつつある。そこで「浅草 飴細工 アメシン」は、これまでの台東区今戸の「浅草本店工房」で飴細工体験教室を拡大し「花川戸店」をオープンした。

※飴細工とは砂糖を熱し、飴状になったものを用いて造形物を作り出す製菓技術のこと。

浅草 飴細工 アメシン 花川戸店2

「花川戸店」では体験教室だけでなく飴細工やアメシンオリジナル飴製品の購入も可能。また新店舗は旧店舗より浅草駅に近くなり、旅行者のアクセスが改善される。スペースも大幅に拡大し、団体旅行・修学旅行でも使用できるようになっている。

浅草 飴細工 アメシン 花川戸店

また、これまで体験教室と飴細工の展示を行っていた「浅草本店工房」(台東区今戸)は店舗としての機能は終え、本社兼工場となる。

 

日本独自の文化である飴細工を浅草で体験してみては?

 

■Information

浅草 飴細工 アメシン 花川戸店

住所:東京都台東区花川戸2-9-1 堀ビル1F

オープン日:2018 年6 月17 日(日)

営業時間:営業時間:10:00~18:00

定休日:毎週木曜日( 臨時休業有り)

アクセス:各線の浅草駅より徒歩約5 分

(つくばエクスプレス浅草駅からは徒歩約10 分)

TEL:075-354-8511

URL:http://www.ame-shin.com

 

RELATED ENTRIES

  • 本格抹茶を堪能!浅草のお濃茶スイーツ専門店「雷一茶」が新店舗オープン

    23.October.2020 | FOOD

    浅草のお濃茶スイーツ専門店「雷一茶(かみなりいっさ)」は、3店舗目となる伝法院通り店を2020年10月2日にオープンした。新店舗は浅草駅徒歩3分、雷門から徒歩2分と他2店舗を上回るアクセスの良さがポイント。

    「雷一茶」の看板メニューは「お濃茶わらびラテ」や「お濃茶ジェラート」。上質な抹茶を贅沢に使用した“お濃茶スイーツ”を提供している。お濃茶ラテや抹茶ビールのドリンクメニュー、パフェやアイス、ダックワーズにチョコレート、あんこ珠など 抹茶好きにはたまらないラインアップが目白押し!

    さらに3号店には全製品がずらり並び、イートインスペースやフォトスポット、茶葉の展示もあるなど抹茶づくしの店舗となっている。

    看板メニューの「お濃茶わらびラテ」と「和紅茶黒糖わらびラテ」は自宅で楽しめる手作りキットも発売しており、“巣ごもりグルメ”や“おうち時間を楽しむアイテム”としても人気が高い。

     

    浅草観光で日本の文化に触れたあとは、日本ならではの抹茶スイーツで観光の疲れを癒やしてみては。

  • 浅草東武ホテルに、“和”で演出したオリジナルデザインの「ハローキティルーム」誕生

    16.August.2020 | ANIME&GAME / SPOT

    株式会社東武ホテルマネジメントが2020年10月8日(木)に開業予定の浅草東武ホテルは、東京都23区内で唯一となる「ハローキティルーム」をオープンする。

    「ハローキティルーム」は「桜天女」と「和モダン」の2タイプを3部屋ずつ、計6室で展開。どちらの部屋も日本を代表するキャラクター・ハローキティを、浅草ならではの「和」な雰囲気で演出した。キティちゃんファンはもちろん、ファミリーなど幅広い層が楽しめる、浅草東武ホテルオリジナルデザインのフォースルームとなっている。

    日本を代表するイメージのひとつである”桜”が舞うなか、キュートな天女に扮したハローキティがゲストを迎える「桜天女」は、パステルピンクを基調にガーリーな可愛さを演出しながらも、一部に座敷風のスペースを設けることで日本らしさを取り入れた。

    モダンな着物でおめかしをしたハローキティと一緒に寛げる、浅草らしいハイカラな世界観の「和モダン」は、伝統的な”和”の要素を取り入れつつ、インテリアでスタイリッシュさを表現。幅広いゲストが楽しめるよう、工夫を凝らした一部屋に。
    *部屋の画像はどちらもイメージです。

     

    ハローキティルームの予約は、8月24日(月)午前10時より公式ホームページにてスタート。東武浅草ホテルの「ハローキティルーム」でキティちゃんと最高なひとときを過ごそう。

  • 浅草「雷一茶」の本格抹茶かき氷を家で楽しむ!「お濃茶かき氷キット」

    02.August.2020 | FOOD

    浅草に2店舗を構える お濃茶スイーツ専門店「雷一茶(かみなりいっさ)」は、宇治産の一番茶を使用した抹茶を贅沢に使ったかき氷シロップを自分で作れる「自家製お濃茶かき氷キット」を2020年7月29日に発売しました。自慢の上質な抹茶に、専用の砂糖・抹茶わらび・白玉・小豆がついたキット。公式WEBサイトにて、店頭価格の20%OFFで購入することができる。

    自家製お濃茶かき氷キット 3キット 2,880円(税込)

    用意するのは氷だけ、お店みたいな本格的かき氷を自分でつくることができるのが商品の魅力。シロップ用のお抹茶粉と洗双糖・希少糖に、抹茶わらび餅3ヶ、白玉2ヶ、小豆35gがパウチに入った冷凍キット。
お抹茶粉を洗双糖シロップと希少糖と混ぜてつくった「お濃茶シロップ」を、削った氷にかけてトッピングを盛り付けるだけ!氷とシロップを交互にかけるとより抹茶の深みを味わうことができる。
京都・宇治産の良質な一番茶を使用しているため、濃厚なのに苦みはほとんどなく、深いグリーンが見た目にも鮮やか。抹茶ラテなどの「ドリンク」とはまた違った、ひんやりシャリシャリ食感と本格お濃茶のハーモニーに満たされる。

    かき氷シロップ 宇治抹茶(600g)2,419円/いちご(1kg)3,564円/ずんだ(1kg)4,234円/アルフォンソマンゴー(1kg) 3,564円(すべて税込)

    また、もっと気軽に楽しみたい方には、あらかじめ黄金比で配合された「かき氷シロップ」の販売も。フレーバーは宇治抹茶、いちご、ずんだ、アルフォンソマンゴーの4種類。削った氷にかけるだけで風味豊かなワンランク上のかき氷が味わうことができる。シロップは、牛乳で割ってラテとしても使用可能。

     

    家で手軽に楽しめる本格かき氷で夏のおうち時間をリフレッシュしよう!

  • 浅草にミッフィーのドリンクスタンド「フラワーミッフィーjuice garden」オープン

    22.July.2020 | FOOD

    ミッフィーのお花屋さん「フラワーミッフィー」がプロデュースするドリンクスタンド、「フラワーミッフィー juice garden(ジュースガーデン)」をフラワーミッフィー浅草店に併設し、2020年7月21日(火)よりオープンする。

    ガーベラ/チューリップ/ヒマワリ/ラベンダー

    カラフルゼリーソーダ 全4種類/各580円(税別)

    「フラワーミッフィーjuice garden」オープンに伴い、新メニューを4種類提供。
    カラフルなゼリーがたっぷり入った爽やかソーダに、花からつくられた ”エルダーフラワーシロップ” を入れ、プルプルしたゼリーをたっぷり3種類楽しめる、まるで色とりどりの花束のような「カラフルゼリーソーダ」が登場する。

    ミッフィークリームソーダ 各680円(税別)

    また、8月1日(土)からはカラフルゼリーソーダにバニラアイスを浮かべて、ミッフィーモナカとお花のチョコレートをのせた「ミッフィークリームソーダ」も登場予定。

    レモネード 480円(税別)


    アップルジュース 480円(税別)

    さらに、瀬戸内レモンを使用した甘酸っぱい「レモネード」や果汁100%の「アップルジュース」など素材のシンプルなおいしさを楽しめるメニューも用意。かわいらしい色合いとスイートな味で心が弾むようなオリジナルのドリンクを堪能することができる。

     

    さわやか、おいしい、かわいいが詰まったドリンクを、ぜひフラワーミッフィーjuice garden 浅草店で味わおう。

  • アートストレージとホテルの複合施設「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」 浅草にオープン

    20.June.2020 | SPOT

    ローカルの新しい魅力をシェアするリノベーションホテル「THE SHARE HOTELS」は、8号店「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS(カイカ トウキョウ バイ ザ シェア ホテルズ)」を、都営浅草線「浅草駅」より徒歩8分、「本所吾妻橋駅」より徒歩9分、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩9分の場所に、2020年7月15日(水)グランドオープンする。

     

    KAIKA 東京は、1966年築の地下1階地上6階建ての倉庫ビルを再生した、アート作品を公開保管しておく「アートストレージ」(収蔵庫)とホテルが融合したコンテンポラリーアートの新しい拠点。

    KAIKA(カイカ)という施設名称には、見せる収蔵庫を意味する「開架」という意味に加え、日本のアート文化を広め「開化」させたい、さらに将来的にはアーティストの才能「開花」をサポートしたい、という想いが込められている。

     

    国内外の観光客に人気のアートや文化施設を持つ墨田区は幅広い文化芸術活動を促進しており、KAIKA 東京もその一翼を担える場となることを目指している。その一環として実施した、館内に収蔵・展示するアート作品の公募<KAIKA TOKYO AWARD>では、審査員を東京藝術大学大学美術館長・教授の秋元雄史氏とアーティストの舘鼻則孝氏が務め、受賞作品は館内共用部に収蔵・展示。また、本施設のグランドオープンを記念して、審査員を務めた舘鼻氏による企画展 “舘鼻則孝「FORM AND COLOR」”を、8月16日(日)まで開催する。

    宿泊者専用の地下ラウンジでは、隣接するアートストレージやKAIKA TOKYO AWARDの受賞作品を眺めながら寛ぐことができる。電子ケトル、電子レンジ、皿・カトラリー類、 ランドリー 、自動販売機を自由に使用できる。

    客室は、ストレージ空間の雰囲気を引き継ぎなら、落ち着きと心地良さを感じる素材や色で設計。個室タイプ10種類73室を用意。定員2名、4名の客室を中心に6名部屋まで様々なバリエーションの客室を提供する。

    1階のアートストレージ区画に隣接したバーラウンジは、夜は宿泊者以外の利用も可能。薫り高い日本茶カクテルやコーヒー、ジャパニーズフィンガーフードを楽しむことができる。コーヒーは地域のコミュニティカフェとして知られる「東向島珈琲店」(東京・墨田)がセレクトしたシングルオリジン豆を使用。朝は宿泊者限定で、メインメニューが選べる朝食を提供していく。
    営業時間:バータイム 19:00-24:00(Lo.23:30)

     

    浅草観光に行く際は、アートを発信するホテル「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」に宿泊してみては?

  • 涼やかな和柄がキュート♡「スチームクリーム」がコラボ缶を発売

    13.June.2020 | FASHION

    Sonotas 株式会社は、オートミールを主原料とする「スチームクリーム」ブランドより、江戸切子ブランド「華硝」・手ぬぐいブランド「戸田屋商店」とのコラボレーションデザインの全身用保湿クリーム「スチームクリーム」を2020年6月10日(水)から数量限定で発売する。

     

    スチームクリームはブランド誕生以来、化粧品パッケージという枠を超え、デザインにおけるアートの可能性をさらに追及し、新旧、洋の東西を問わず、さまざまなアーティストや企業とのコラボレーション企画・製品開発を展開。
    今回は、江戸切子ブランド「華硝」と手ぬぐいブランド「戸田屋商店」との新たなコラボレーションデザインを発売する。

     

    「華硝の切子文様」手ぬぐい

    創業70余年、江戸切子の製造直売専門店である「華硝」。高い技術により、国賓の贈呈品や洞爺湖サミットの記念品として選出されているブランドだ。「華硝の切子文様」手ぬぐい柄は、「華硝」が独自に考案した幾つかの切子文様を組み合わせた総柄。「華硝」で古くから使用されている普遍的文様を採用した。「華硝」の江戸切子は、独自性のあるカットデザインとして世に生み出されており、その各柄のバランスを考慮し戸田屋商店にて「切り継ぎ文様」調の図案に仕上げている。

    KIRIKO MONYOU(切子文様)75g 1,680円(税別) *数量限定販売

    江戸切子の「華硝」が独自に考案した文様と伝統紋様を組み合わせた「戸田屋商店」の手ぬぐいデザインを、スチームクリームの缶の素材であるアルミならではの表現を加え、新しいカタチで再現した。繊細な紋様と梨園染の藍色が生み出すそのデザインは、私たちに匠の技・日本の伝統美を感じさせてくれる。日本・伝統・涼の3拍子を1つのデザイン缶から感じられる、お土産にもピッタリの逸品。

    KINGYO NO MAI(金魚の舞)75g 1,680円(税別)

    今回のコラボレーションデザイン発売を記念し、過去の「戸田屋商店」とのコラボデザイン缶も限定復刻!日本の夏の涼を楽しもう。

    目新しく斬新なモノ・コトばかりに気を取られがちな一方、古き良きモノ・コトに対する魅力を再発見、再認識する取り組みや価値観が、広がりつつある。スチームクリームのデザインによって、日本が誇る伝統工芸品や技術をより身近に感じ、その美しさ・魅力を感じてほしい。

  • 職人による伝統技法のメイクブラシ熊野筆に「ペンギンクマノフデ」登場

    30.May.2020 | FASHION

    広島県熊野町で受け継がれる伝統技法のメイクブラシ「熊野筆」にて、イラストレーター坂崎千春の描く「ペンギン」をモチーフにしたフェイスブラシ「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」の発売がスタートする。2020年5月20日(水)より、オンラインストア「ヒキダシストア」 にて先行販売を開始。また、2020年7月下旬より伊勢丹新宿店で開催予定の展覧会「ペンギン百態IV -海と空の鳥たち-」会場にて店頭販売される予定。

     

    連綿と受け継がれてきた伝統技法を誇る日本一の筆産地・広島県熊野町の職人が、ひとつひとつ心を込めて丁寧に作り上げるメイクブラシ「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」。

    ペンギンクマノフデ(熊野筆) 5,500円(税別) 

    職人の手仕事により、黒と白の2色の原毛を、毛先を切らずに丁寧に整えていくことで、愛らしいペンギンの顔を毛先に描き出した。

    軸は、ペンギンをイメージして、マットブラックに着色した「桜の木」を使用。軸の底面には、毛先と同じくペンギンの顔を刻印により配している。
    緻密な手仕事により表現されるフェイスブラシは、熊野の職人の熟練した技術を要する、まさに工芸品とも呼ぶべき逸品となった。

    また、パッケージには、温かみのある「貼り箱」を採用。坂崎千春が本商品のために特別に描きおろした、クマノフデを手にするペンギンのイラストを箔押ししている。

     

    熊野の書筆は、1975年に経済産業大臣により「伝統的工芸品」の指定を受けた。伝統的な技術や技法、使用する原材料に至るまで細かく定め、熊野の地で筆づくりをおこなっていくことで、「熊野筆」はその高いブランド力を今も守り続けている。
    毛先を切らずに揃える、伝統の書筆の製法を今に受け継ぐ熊野の職人が、きめ細かく丁寧な手仕事により作り上げた、肌あたりやわらかな極上の化粧筆「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」。

    伝統的な工芸品を、毎日のメイクの愛用品として使用してみては?

     

    © Chiharu Sakazaki 

  • 「Relier81」と「UNITED TOKYO」がコラボ!着物の帯を再利用したサンダルを発売

    09.May.2020 | FASHION

    「Relier81」を代表するアイテム・デッドストックの帯を使用した「OBI(帯)スクエアサンダル」を、生地の色や柄を厳選した「UNITED TOKYO(ユナイテッド トウキョウ)」別注アイテムとして、2020年5月7日(木)よりUNITED TOKYO公式オンラインストアにて発売する。

     

    Relier81とは

    「Relier81」は京都を拠点に、日本の伝統や文化、職人の技術を永く大切に残していきたいという信念のもとアップサイクルに取り組むブランド。

    着物を着る機会が少なくなった現代では、使われることなく眠っている美しい着物や帯が溢れているが、時代の気分に合わせ「カタチ」を変えることでもっと身近に着物取り入れられるのではないかと考え、現在はレディースシューズをメインに商品を展開している。

    OBI スクエアサンダル 29,700円(税込)1サイズ(23〜23.5cm)、2サイズ(24〜24.5cm)

    今回はそうしたブランドの信念への共感から、MADE IN JAPANに拘る「UNITED TOKYO」とのコラボレーションが実現した。「Relier81」を代表するアイテム「OBI(帯)サンダル」をベースに、「UNITED TOKYO」デザイナーがデッドストックの生地の中から帯を厳選し、別注アイテムとしてサンダルを発売する。OBIスクエアサンダルでは12種類の帯を使用しており、インソールには低反発素材を2種類使用。足への負担を軽減、疲れにくい履き心地を実現している。
    桐たんすで着物や帯を保管するという昔からの日本の文化にちなんで、商品は両ブランドのロゴの焼印が入った桐箱に入れて配送。細かい部分にもこだわりが詰まっている。

    商品の生産は全て日本で行っているが、職人の高齢化にともない後継者不足に悩む企業が多いというのが現状。生産背景にもフォーカスしてほしいという思いから一足の靴が出来上がるまでの工程を生産工場の協力のもと撮影し、「UNITED TOKYO」の公式オンラインストアにて公開する。

    今回のコラボレーションアイテムを通して日本の伝統産業に触れてみては?

  • ほんのり酔えるアイスクリーム「SAKEICE」がクラウドファンディングをスタート

    03.May.2020 | FEATURES / FOOD

    日本酒をアイスクリームに練り込んだ、ほんのり酔えるアイスクリーム「SAKEICE」は、2020年3月に実店舗を東京・浅草にオープン。世界中の多様な日本酒銘柄をアイスクリームとして楽しむ新しい体験を提供してきました。

     

    しかし現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響を受け実店舗は閉店中。そこで、外出自粛で心身が疲れている人々に少しでも楽しんでもらえるような体験を提案するべく、実店舗を一時休業にしている間に、予約販売形式で通販サイトを立ちあげることに。クラウドファンディングを活用し、浅草の本格的な日本酒アイスを全国に届けます。

     

    さっそくSAKEICEを試食!

    男山/日本酒アイス

    SAKEICEは日本酒をたっぷり混ぜ込んだアイスクリーム。今回はオリジナル日本酒アイス、男山アイスをいただきました。アルコール度数が約4%入っているアイスクリーム、一体どんな味わいなのでしょう・・・。

     

    SAKEICEオリジナルの「日本酒アイス」。アイスを口に入れた瞬間、まろやかな味わいと、鼻から芳醇な香りが抜けていきます。滑らかな舌触りですーっと溶けていく食感も好みでした♡ 日本酒「男山」を使用したアイスは、「日本酒アイス」と比べるとキリッとしていて、「男山」のキレのある味わいを感じることができます。クリーミーなアイスクリームですが後味がスッキリしているので、甘いものが苦手な人にもオススメです。どちらも食べている内に少し頬が熱くなり、ほろよい気分になりました。

    こちらのアイスクリームにはアルコールが含まれています。20歳未満の人、子供、妊婦、運転前の家族が間違って食べてしまわないように気をつけましょう。

     

    ノンアルコールのアイスクリームも

    もちろんノンアルコールのアイスクリームも取り扱っています。今回いただいたのは抹茶とさくら。

    抹茶味は、甘みの中にほんのり苦味があるクセになる味わい。濃厚な抹茶の深みも感じられます。 さくら味はうっすらピンク色でかわいい見た目。優しい甘さが口の中に広まります。アルコールが苦手な方はノンアルコールのアイスクリームもとっても美味しいのでぜひチェックしてみてください。

     

    SAKEICEでおうち時間にほろよい気分を味わってみては?

  • 「パンとエスプレッソと」の人気メニュー ”ムー” 専門店「むうや」が浅草ミズマチにオープン

    25.March.2020 | FOOD

    表参道のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」をはじめ、国内に17店舗展開する株式会社日と々とは、パンとエスプレッソとで一番人気のオリジナル食パン「ムー」をメインとした「むうや」を2020年4月17日(金)に浅草ミズマチにオープンする。

    パンとエスプレッソと:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/254754

    東京、浅草のミズマチでオープンする初のムー専門店、「むうや」。東京スカイツリータウンのソラマチに続く、新しい商業施設ミズマチの中にあり、雷門とスカイツリーの間に位置している。

     

    ムー

    ムーとは、バターをふんだんに使ったリッチなオリジナル食パン。フランス語で“”柔らかい“”の意味があり、手でちぎるとバターの甘い香りが広がるほか、ふんわりしっとりした食感を楽しむことができる。

     

    店内

    食パン「ムー」の形はキューブ型になので、店内もキューブを意識したものになっている。

    客席はキューブが積み重なったようなテーブルと椅子が入り組んだ形で、今までにない新しいスタイル。

     

    フレンチトースト

    パンとエスプレッソとでも人気の「ムー」をメインに、数種類の食パンやサンドイッチ、フレンチトースト、ムーを使ったパフェなどを用意。

     

    浅草に出かけた際は、ふんわり優しい甘さの「ムー」を食べに出かけてみて。

  • 浅草に日本茶クレープ専門店「OCHABA(オチャバ)」オープン

    01.March.2020 | FOOD / SPOT

    新宿の人気店・日本初の日本茶ミルクティ専門店OCHABAが、浅草に2号店をオープンする。今回新たに発売されるのは、日本茶を使用したクレープ。日本茶や抹茶を使用したもちもちの生地に、マスカルポーネと生クリームを合わせた、特製のティラミスクレープとなっている。

    ティラミスプレーン600円

    焦がしほうじ茶ブリュレ650円

    いちご大福730円

     

    店舗ではOCHABA名物の「わらび餅入り日本茶ミルクティー」も販売。創業70年の歴史を持つ静岡丸善製茶より厳選された日本茶ミルクティーを楽しむことだできる。

     

    「OCHABA」の日本茶スイーツで、まだ味わったことのない日本茶の魅力を感じてみて。

  • “和”イメージの空間で回転寿司を楽しむ!グローバル旗艦店の1号店「くら寿司 浅草ROX店」

    23.January.2020 | FOOD / SPOT

    回転寿司チェーン「無添くら寿司」は2020年1月22日(水)に、業界初の「ジャパンカルチャー発信型」店舗である、グローバル旗艦店の1号店「くら寿司 浅草ROX店」をオープン。改めて回転寿司のすばらしさを日本のみならず海外にも更に広める改革として、国内有数の観光地である浅草にグローバル旗艦店が開店されました。

    店内には浮世絵や提灯などが飾られており、日本の江戸時代のような「和」をイメージさせる空間が楽しめます。食事スペースにもこだわっており、白木を使用したフラットテーブルや、畳を使用した椅子は上品さと落ち着いた空間を演出します。

    新店舗では、店内装飾の提灯や、食器類、スタッフのユニフォームにクリエイティブデザイナーの佐藤可士和氏がデザインしたロゴが使われています。今後グローバルでのブランド確立の為に刷新され、日本の各店舗、及び海外(アメリカ、台湾)でも共通してこのロゴが使用されていく予定になっています。

    さらに、「射的」や「輪投げ」ができる「縁日スペース」を併設。ビッくらポン!のカプセルの中には、景品と共に利用券が封入されているものがあり、そちらと引き換えで利用することができます。「射的」や「輪投げ」の賞品として、子ども向けのおもちゃも用意されています。

    また、外国語対応できるスタッフが一目でわかるように、プレートで明示。注文用のタッチパネルは4カ国語に対応しています。

    あわせて、円滑な接客のために音声翻訳機「Langogo Genesis」を導入。世界104言語に対応し「話す/訳す/伝える」それぞれに最適のAI言語サーバとつながることで、高速・高精度に翻訳が可能なデバイスです。

    グローバル旗艦店では、「自動案内システム」と「自動会計」を導入。「自動案内システム」は店頭のタッチパネルを操作しチェックイン。空席状況に合わせて、自動で座席が案内されます。自動会計は座席ごとに取り付けられたカメラとお皿についたQRコードを活用しAIで管理。取ったお皿の分だけ、自動で枚数をカウント。座席で精算を待つことなく、そのままレジに向かうことができます。スマートフォンを使って、事前予約やタッチパネル代わりに注文できる、「スマホdeくら」と合わせて、便利に利用することができます。

    安くて美味しい日本古来のファーストフードであるお寿司本来の魅力を、「くら寿司 浅草ROX店」で体験してみてくださいね。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US