池袋から70分!自然を近くに感じられるホテル「休暇村奥武蔵」オープン

10.July.2018 | SPOT

全国に37か所あるリゾート「休暇村」のひとつ、休暇村奥武蔵は、2018年7月10日(火)に新館「にしかわ館」をグランドオープンする。

休暇村奥武蔵は、2013年7月に開業以来85%以上の高い客室稼働率を維持しているが、より地域の魅力を発信すべく2018年7日10日に「にしかわ館」を新設し、グランドオープンする。客室は、地元木材「西川材」の肌触りを楽しめるコンセプトルームや、里山の風景の中で過ごすアウトドアリビング付ルームなど、自然を近くに感じられるのが特徴。

 

屋上階では天体望遠鏡を使った星空パーティーを開催。徒歩2分の清流、高麗川(こまがわ)では川遊びや川カフェ、投網漁など、自然の中で遊ぶ体験が用意されている。ホテルという「ウチ」の施設でありながら、「ソト」へと利用者を誘う仕掛けのあるホテルへとして生まれ変わる。宿泊料金は1泊2食14,500円から(にしかわ館)。

 

「西川材」×「天童木工」のコンセプトルーム 和モダン「森(もり)」

天童木工(日本で唯一厚密加工と成形合板技術により家具つくりができる家具メーカー)がつくり出したコンセプトルーム。地元西川材の森から、目利きが選んだ杉材を使用。窓から西川材の森を眺めながら、木の肌触りを楽しめる。

1階 和モダン「遊(ゆう)」

部屋とほぼ同じ広さのアウトドアリビングは部屋ごとにハンモックや、木陰のベンチなど設えが異なる。ガラス越しには庭園と川沿いの森が望める。

最上階客室 和モダン「宙(そら)」

寝ころんで星が見えるようにオープンルーフのバルコニーを採用した客室。

さらに屋上の「月と星のテラス」に上がれば、天体望遠鏡を使った星空パーティーを開催できる。

樹齢200年のヒノキが香る 露天風呂

樹齢200年のヒノキを使ったひとり用露天風呂が誕生。館内の至るところに使われた西川材を使用している。

素材の味を活かした 森のダイニング「彩(さい)」

ホテル横を流れる清流、高麗川で捕れた鮎や契約畑のじゃが芋など、埼玉の自然が育んだ食材を使用した和食ビュッフェ。テーブルやイスは地元西川材を使い、木のぬくもりを感じることができる。

 

プチ里山体験

西川材の出荷で木を流したと言われる高麗川で投網体験や、現役猟師の語り部など里山で暮らすプチ体験。西川材を使ったカラコロ木琴作りや、猟師が捕った鹿角キーホルダー作り等のクラフトも用意されている。

オープンカフェは川の中

清流、高麗川(こまがわ)にひんやり足をつけて、オープンカフェ。川遊びも楽しめる。

ワンコと泊まる 川沿いログハウスでBBQ

カワセミが飛ぶ清流沿いのコテージでBBQが楽しめる。グランドオープンに伴い、1棟はペット宿泊も可能に。

 

大自然を満喫しながら、豪華なホテルを体験しよう!

 

■Information休暇村公式サイト

URL:http://www.qkamura.or.jp/

 

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US