銀座で花火を楽しむ!銀座「三愛ドリームセンター」にプロジェクションマッピングの花火が登場

13.August.2018 | SPOT

2018年8月10日(金)より、銀座4丁目交差点にある三愛ドリームセンターにて、リコー製超短焦点プロジェクター80台を活用したプロジェクションマッピングによる新作投影が開始となる。

今回は、夏の風物詩でもある「花火」をテーマにした作品を投影。光り輝く銀座の夜景に立体感と彩りを兼ね備えた花火が打ち上げられる幻想的な世界観が創り出された。

 

様々な文化を発信してきた東京・銀座に訪れる人々により楽しんでもらいたいという思いから、2017年12月から本取り組みはスタート。

三愛ドリームセンターは、1963年1月にオープンして以来、銀座のランドマークになっている。今回のプロジェクションマッピングは、全面ガラス張りという象徴的な三愛ドリームセンターの窓ガラスを利用して実施。

世界的に活躍するデジタル映像アーティスト集団であるWOWが制作し、独特な形状のビルのデザイン性を最大限に活かした映像演出を行った。

 

都会の夜空に打ち上がる花火で夏を感じよう。

 

■Information

投影期間:2018年8月10日(金)~2018年9月16日(日)

投影時間:19:00 ~ 23:30  1回7分程度 30分毎に投影
実施エリア:東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンタービル(銀座4丁目交差点)

アクセス:銀座駅[A2](0分)、 東銀座[A1](2分)、 有楽町[A0(東側)](4分)

公式HP:http://jp.ricoh.com/company/advertisement/dreamcenter/

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US