話題のドラマ「おっさんずラブ」が展覧会に!渋谷 GALLERY X BY PARCOにて開催

21.August.2018 | SPOT

GALLERY X BY PARCO(ギャラリーエックスバイバルコ)にて、2018年9月6日(木)から25日(火)まで「おっさんずラブ展~君に会えてよかった。~」が開催される。

 

「おっさんずラブ」は今年日本で話題となったテレビドラマ。女好きだがモテないおっさん33歳・春田創一が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”と、同居しているイケメンでドSな後輩から告白されたことをきっかけに始まるラブストーリー。

ドラマは放送当初からSNSを通じて大きな話題となり、Twitter世界トレンドで1位になるなど、数々の社会現象を巻き起こした。

本展覧会は、人気ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系列 4~6月放送)初となる公式展覧会。 実際にドラマの撮影で使用された小道具、数々の名シーンの場面写真の展示など、ドラマの世界観とその熱量を存分に味わえる空間になっている。

 

さらに、会場には展覧会ならではの限定オリジナルグッズも多数登場。

 

■Information

おっさんずラブ展 ~君に会えてよかった。~

会期:2018年9月6日(木)~25日(火)

営業時間:11:00~20:00 ※会期中無休

入場料:800円(特典付き)

前売り券:8/23(木)12:00 ローソンチケットにて発売

URL: http://l-tike.com/ossanslove

※当日券一部販売予定

 

おっさんずラブ展特設サイト

URL:ossansloveexhibition.com

RELATED ENTRIES

  • ハローキティの45年間を振り返ろう!そごう千葉店で”ハローキティコレクション展”開催

    07.August.2019 | SPOT

    そごう千葉店では、「45th Anniversary Hello Kitty Collection展(45th アニバーサリー ハローキティ コレクション展)」を8月15日まで開催中。

     

    カワイイ文化を振り返る展示のほか、フォトスポット、ぬいぐるみウォール、映像にタッチして遊べるデジタルコンテンツなど体感しながら「カワイイ」世界を楽しんでいただけるイベント。物販コーナーでは、ハローキティコレクション展限定品やそごう千葉店限定先行販売品など約850アイテムが勢ぞろい。素焼きのキティに色を付けができるワークショップ、ハローキティと一緒に写真が撮れる撮影会も開催し、大人から子どもまで楽しめる。

    カワイイクロニクル キティデザインミュージアム

    各時代のグッズや商品化されていないレアなデザインを展示。ハローキティのカワイイ文化の歴史をひもとき、時代に合わせて変化していった様子を見ることができる。

    デジタルコンテンツ ぬいぐるみウォール

    壁に投影されるキティの映像にタッチして遊べる今展初登場のデジタルコンテンツと、もふもふ&ふかふかのぬいぐるみウォール、フォトスポットで”カワイイ”を全身で体感しよう。

    ハローキティ撮影会

    着物姿のキティと記念撮影をしよう。各回とも開始30分前から会場にて整理券が配られる。

    日時:8月12日(月・祝振)午前11時/午後1時/午後3時

    会場:6階=催事場

    定員:各回先着20組さま

    ワークショップ

    素焼きのキティに絵具で色つけして自分だけのキティが作れる。世界にひとつしかないキティを作っちゃおう♡

    会期:8月7日(水)~15日(木)

    時間:午前11時~午後4時

    定員:各日先着30名さま

    参加費(材料費込):1,296円(1回)

     

    ハローキティのカワイイマーケット
    ぬいぐるみ、文具、インテリアアイテムなど約850アイテムが大集合!Hello Kitty Collection展の限定商品が販売される。

    マスコットホルダー 1,728円[限定400点、お一人さま1点限り]、アクリルキーホルダー 648円、マグカップ 1,080円、ハンドタオル 756円

    レプリカクラシカルドール 17,280円、ミニマスコットブローチ(全20種)各1,080円※お一人さま各種1点限り、クリアファイル(A4サイズ、2枚入)486円

     

    この他にも、かわいいグッズが盛りだくさん♡キティの新しい魅力を見つけにいこう。

  • “うんち“になってからだの中を冒険する「からだのふしぎ大冒険」京都で開催

    05.August.2019 | SPOT

    京都市にある東映太秦映画村は、巨大な人体に見立てた会場を回遊しながらからだの中のひみつについて学べる参加体験型の科学イベント「からだのふしぎ大冒険」を2019年9月14日~12月15日に開催する。

    イベントは、全米1,000万人の子供たちが熱狂したベストセラー絵本「グロッソロジー」がテーマ。日本語では、「きたないもの学」と翻訳されている。

    ゲップやオナラを出したり、体臭をかいでみたり・・・。気持ちわるいけど、気になってしまうそんな体のひみつを、「うんち流忍者・雲竹斎(うんちくさい)」というキャラクターと一緒に体験できる。

     

    会場内にはからだのひみつを体験できるアトラクションが全15種(一部有料)登場。

    くしゃみシューター

    ボールを異物に見立て、なぜくしゃみが出るのかを解説。大きな鼻の穴の中にボールを撃ち込んで、鼻をムズムズさせちゃおう。5個ボールが入ると鼻がくしゃみをして、ボールを噴出する。

    腎臓ゲーム

    腎臓で必要なものを血管に送るゲーム。尿素や糖分を左右に振り分けて腎臓の仕組みを理解しよう。

    うんち占い

    リアルな便器に座るとその日の運勢を表すうんちキャラがモニターに登場!きみのうんち具合はどうかな?

    うんちてんじ

    うんちについてのアレコレを勉強しよう。

    ゲップ少年

    ソーダを飲んだらどうしてゲップが出るの?

    巨大うんちと写真を撮ろう

    うんち視点で体の中を冒険したあとは、大きなおしりから大脱出!最後はみんな大好きキタナイもの代表・でっかいうんちと記念に写真を撮ろう。

     

    この他にも楽しいコンテンツが目白押し。みんなで楽しく”からだ”について学ぼう!

  • 大人気「うんこドリル」初の展覧会が池袋パルコで開催

    22.July.2019 | SPOT

    パルコは、 490万部を発行した大人気ドリル「うんこドリル」初となる展覧会「うんこ展 うんこ学園の夏合宿㏌池袋」を池袋パルコ本館7Fパルコミュージアムにて、2019年8月9日(金)~8月26日(月)の期間開催する。

    子どもたちにとって「うんこ」とは口にするだけで楽しくなる魔法の言葉。「うんこドリル」は、勉強を楽しいものに変えるべく「うんこ」という言葉の不思議な魅力をフル活用してつくったドリルで話題を呼んだ。

    会場内はうんこドリルの学校「うんこ学園」をイメージした空間になっており、朝会・国語・算数・理科・社会科見学・野外授業・美術・音楽・部活の9つのジャンルで構成されている。ドリル内に登場する問題や登場人物の世界を「見る・探す・聴く・書く・嗅ぐ・蹴る・覗く・撮る・覚える」ことでうんこドリルをリアル体験できる展覧会となっている。

    野外授業のコーナーでは、東山動植物園(名古屋市)が厳選した動物の本物のうんこの色・形・においの違いや、 うんこの仕組みについて学ぶことができる。

    会場内にはグッズ販売コーナーも併設しており、刊行中の全うんこドリルシリーズや関連グッズに加え、会場限定グッズも販売されるのでぜひチェックしたい。

  • 富士山で開催される”KAWSアートプロジェクト”にローラと水原希子ら参加!

    20.July.2019 | SPOT

    KAWSの巨大アートプロジェクト「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が日本に上陸し、一般公開に先駆けて7月18日(木)にキックオフイベントとなるKAWS:HOLIDAY JAPAN Ceremonial Camp Day (カウズホリデイ ジャパン セレモ二アル キャンプ デイ)が、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱらキャンプ場」で開催された。

     

    「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」と題した本プロジェクトは、香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedとNYのコンテンポラリーアーティストのKAWSがタッグを組み、KAWSの代表的なキャラクターCOMPANION(コンパニオン)の巨大なアートワークが世界中を旅するというコンセプトで展開しており、ソウル・台北・香港に続いて日本が4都市目となった。

    当日はKAWS本人が来日し、クリエイティブディレクターをつとめるSK LAM氏とともに登場。さらに、ローラさんをゲストに招き、全⻑40メートルの巨大アートCOMPANIONの前でKAWSらとトークセッションを実施した。

    @arr.allrightsreserved

    雨模様の中でのトークセッションとなったが、ローラさんは「雨はロマンティックで素敵だよね、雨はチャンスだもん!」と笑顔で話し、KAWSさんは「私はエネルギーに満ちた素敵な雰囲気の日本が昔から好きで、自然美の象徴である富士山で行いたいと強く思っていた」と熱い想いを語った。

    ローラさんは活動の拠点であるL.Aから駆け付け「富士山とKAWSのコラボレーションは本当に最高な組み合わせ。自然いっぱいで落ち着くし、KAWSのキャッチーなキャラクターが大好き!」とリラックスした様子で語った。

    またイベントには水原希子さんをはじめ、様々なセレブリティが参加。水原希子さんは「KAWS のファンなのですごく今日が楽しみでした。」と嬉しそうに語り楽しんでいた。ぜひ実際に足を運んで、アート作品に触れてみてほしい。

  • 増田セバスチャンらアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展 大阪で開催

    17.July.2019 | SPOT

    日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」が2019年7月12日(金)から9月23日(月・祝)まで、大阪文化館・天保山にて開催される。

    「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」は、国内外で活躍するアーティストたちが作成した、誰も見たことのない「ドラえもん」、世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」を展示。いずれも、ジャンルを超えた独創性豊かな現代アートであるとともに、「ドラえもん」への想い溢れる作品が集まっている。

    開幕前日の7月11日(木)には、関係者及び報道各社を対象にした特別内覧会や開会式を開催し、大きな盛り上がりを見せた。

     

    記者発表会では、本展の参加アーティストである森村泰昌氏、増田セバスチャン氏も出席し挨拶や写真撮影を行った。

    森村泰昌氏は「いよいよ大阪にTHE ドラえもん展がやってきて、嬉しいです。」と感無量の様子で、作品については「今回は、紙を使って衣装を作るコイケジュンコさんとコラボして、ドラえもんの漫画を集めてドレスを作っていただきました。そして時間と空間を操る、タイムマシンとどこでもドアを組み合わせ、今回はあえてグレーの作品に仕上げました」と話した。また、展覧会については「会場全体がドラえもんのポケットのように、28組30名のアーティストのアイディアが詰まっており、とても楽しめます。関西の多くの方にご覧いただきたいです」と本展への来場を呼びかけた。

    増田セバスチャン氏は「実は僕はドラえもんと同じ年、そしてのび太と同じ誕生日です(笑)。生まれついてのドラえもん愛が染みついています」とドラえもんへの愛を語り、作品については「私の作品は、実は奈良(東大寺)の大仏ぐらい大きく作りたかったのですが、会場に入らなかったので、高さ2メートルにしました(笑)。世界中のマーケットからマテリアルを集めてきて、世界中の色を集めました」と話した。また、大阪の方へのメッセージとして「大阪の子ども達に作品を見ていただき、おっきいなあ、凄いなあ、と感じてもらえると嬉しいです」と語った。

     

    お気に入りのドラえもんを、ぜひ見つけてみてほしい。

  • 「鈴木敏夫とジブリ展」第二弾、長崎で開催!限定グッズ・メニュー登場

    10.July.2019 | SPOT

    長崎・ハウステンボスでは、2019年7月13日(土)から9月23日(月)まで、多くのジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫の“言葉”に注目した展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」を開催。今年4月に開催された東京で開催された「鈴木敏夫とジブリ展」の第二弾となる。

     

    東京で開催時のレポートはこちら:鈴木敏夫がジブリ映画を通して伝えたかった”言葉”とは? 言葉の魔法を紐解く展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」

    東京で初披露された、高さ3メートルにも及ぶ大迫力の超巨大“湯婆婆と銭婆”がハウステンボスにも登場!おみくじには、鈴木敏夫が書き下した言葉と、その言葉にまつわる解説付きで、自身からのメッセージとしても持ち帰ることができる。

    さらに「鈴木敏夫とジブリ展/ハウステンボス」の開催を記念して、展示会場に併設したオフィシャルショップのオープンが決定!ジブリの世界観がたっぷりと詰まったオフィシャルショップでは、まるで作品に迷い込んだような雰囲気が味わえる。ここでしか買えない限定商品やグッズも多数用意されている。

    うちわ¥702円(税込)

    表に描かれた鮮やかな色彩が印象的な湯婆婆のイラストも、裏に書かれた力強い書も、鈴木プロデューサーによるもの。インパクト大のうちわで、暑い夏を乗り切れるかも!?

    トートバッグ¥1,620円(税込)

    メインビジュアルである湯婆婆のイラストが入ったトートバッグはインパクト大!肩からかけられる大きめサイズなので日常遣いにも、荷物が多くなる日にもおすすめ。

    ふきん¥1,296円(税込)

    江戸から続く染め物の老舗「竺仙」コラボ商品。落ち着いた藍色で染められた湯婆婆のイラストが入ったふきんは、品質も確かで、見てよし、使ってよしの便利アイテム。お土産やギフトにいかが?

     

    さらに会期中、会場でもあるパレス ハウステンボス内の1Fティーサロンにて特別メニューを販売する。

    お風呂屋さんのデザート¥850円(税込)

    竹炭の黒いバニラアイスにチョコスプレーをまぶし、金平糖とお札クッキーを添えて。 冷たいとうもろこし茶とセットで堪能しよう。

    冒険好きな少年のパン¥650円(税込)

    ホテルベーカリーで焼き上げた、思わず冒険に出たくなるパン。これがあれば忙しい朝も大丈夫!? こちらも冷たいとうもろこし茶とセットで提供。

    ジブリファンにはたまらないイベントにぜひ足を運んでみてほしい。

     

    ©️TS ©️Studio Ghibli

  • アニメ化30周年!「ちびまる子ちゃん展」松屋銀座にて開催

    03.July.2019 | ANIME&GAME

    「ちびまる子ちゃん」がアニメ化30周年を迎えることを記念し、2019年8月8日(木)から8月26日(月)の期間、松屋銀座8階イベントスクエアにて「アニメ化30周年記念 ちびまる子ちゃん展」を開催します!

    1986年、少女マンガ雑誌「りぼん」で連載が開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えます。

    オープニング「うれしい予感」 セル画 1995年 ©さくらプロダクション/日本アニメーション

    明るくてユーモアがあるまるちゃんと仲間たちが繰り広げる日常を描き、放送時間帯である日曜夕方のお茶の間は笑いで包まれています。1990年、エンディング曲「おどるポンポコリン」はミリオンセールス、そして日本レコード大賞受賞、アニメ部門過去最高視聴率39.9%(1997年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなりました。

    ポーチ(まる子&コジコジ) 1,296円(税込) ©さくらももこ/ さくらプロダクション/ 日本アニメーション

    本展では、セル画・スケッチ画・絵コンテ・映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解きます。また、昨年8月に急逝された原作者のさくらももこ先生の直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、アニメへの想いや日々の暮らしに迫ります。

     

    まるちゃんと仲間たち、そしてさくら先生への愛があふれる会場で、アニメ化30周年をお祝いしましょう!

  • パパブブレ、世界的にも珍しい「キャンディアートミュージアム」銀座にオープン

    01.July.2019 | FOOD / SPOT

    “世界一おもしろいお菓子屋さん”「PAPABUBBLE/パパブブレ」は、2019年7月1日よりGINZA SIXの地下2階に「キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE」をオープンする。

     

    キャンディ製アート作品をメインとした店舗は、世界30都市以上で展開するパパブブレの店舗でも唯一の店舗。また、他ブランドを含めても、世界的にも珍しいコンセプトショップだ。

    ミュージアムでは、店舗内に20点ほどのスイーツ製オブジェを展示し希望者には販売。展示・販売する作品は人気の出た定番品を除き、毎月新しいものに変えていく予定だ。

    オープンの7月には、キャンディの質感や美しさを生かしたランプシェード、妖しく光るアートキャンディきのこ、そして古美術の壺そのもののバウムクーヘンなどを展示。

    更にオープン記念イベントとして、7月中にアート作品または商品5000円(税込)以上を購入した人に、ソフトグミ製のミニ脳みそ、またはミニ入れ歯をもれなくプレゼント。

    また、アートミュージアムオープンに伴い、銀座ならではの限定商品も展開。日本では珍しいロッキーロードやスノーシュガーといった、カラフルでフルーティーなチョコレートやソフトキャンディ菓子をとりそろえる。加えて、桐箱などの銀座らしいお土産も販売する。

     

    個性豊かな商品が揃うアートミュージアムに是非足を運んでみて!

  • 新たなスポーツ観戦の形を提案する展示会開催

    30.June.2019 | SPOT

    これまでの四角い画面に収まっていたスポーツ観戦を、テクノロジー・アート・デザインの総合力によってリイマジン(=再創造)し、さまざまな人のスポーツ観を拡張するとともに、障がい者も含め誰もが一緒に楽しむことができる未来のスポーツ観戦のかたちを提案する実験展示「スポーツ観戦の再創造展」が、日本化学未来館にて開催される。

    超高臨場感通信技術Kirari!をはじめ、動くディスプレイロボット(グランドボット)、音や触覚など視覚に頼らないインクルーシブな競技体感技術など、さまざまな新しいスポーツ観戦のかたちをぜひ体験してみてほしい。

  • 「進撃の巨人展FINAL」2019年秋”大阪ひらかたパーク”で開催

    25.June.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    大阪・ひらかたパークでは、「別冊少年マガジン」で連載中の大人気漫画「進撃の巨人」、最後にして最大の作品展「進撃の巨人展FINAL」が開催される。期間は2019年9月21日(土)~12月1日(日)まで。

    展覧会では様々なコンテンツで原作の世界に触れ、物語の核心に迫る衝撃を体験できる。同イベントは東京・森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて7月5日(金)から9月8日(日)まで開催し、ひらかたパークでも楽しめる巡回展となる。前売りチケットは7月1日(月)より発売開始。

     

    詳細については、公式サイトにて順次公開予定なのでお見逃しなく!

  • 「進撃の巨人展FINAL」原画展の全貌がついに明らかに!内容を一挙公開

    18.June.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    「別冊少年マガジン」で連載中の人気漫画「進撃の巨人」は2019年7月5日(金)~9月8日 (日)の期間、森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ森タワー52階)にて、5年ぶりとなる原画展「進撃の巨人展FINAL」を開催する。

    作中の巨人が大集合した原画展ポスタービジュアル第2弾が公開となった。

    今回の原画展の目玉となるのは、この場所で初公開される「最終話の音」展示。諫山創が構想している「進撃の巨人」の“最終話”の風景を音だけで再現する。その他、進撃の巨人の世界を1分の1で再現した大迫力のジオラマシアターなど、本原画展の全貌をご紹介。

     

    「人生」を選択して見る原画展

    本原画展では、入口で来場者に1つの選択を迫る。あなたが生まれるのは、壁の中か、外か。選んだ人生に応じて、冒頭では異なるルートを進んでいく。進撃の巨人の世界に生まれ、進撃の巨人の世界を生きる人生を体験しよう。

     

    進撃の巨人の世界を1分の1で再現したジオラマシアター

    実寸大のジオラマと20m超の超大型スクリーンにより、展示の一室が進撃の巨人の世界へと変貌を遂げる。一歩足を踏み入れれば、そこは巨人たちが戦い人々の悲鳴がこだまする戦場の中。自分の目で、この戦いの行方を見届けよう。

     

    初公開、「最終話の音」展示

    原作者・諫山創が現在構想中の「最終話」を、「音」だけで表現、展示。作者が見据えるラストシーンの一端を感じることで、これから来るクライマックスへの期待が一層高まる。

     

    前期、後期合計で180点以上の原画展示

    単行本未収録の最新の原画*を含む、10年分の原稿を一挙に公開。諫山曰く、「印刷には写らない部分も見て欲しい。ホワイトを重ねて修正したり、原稿はある意味立体物のようなものだと思っている。」とのこと。
    *開催日時点

     

    総勢13名が登場する、声優による豪華音声ガイド

    館内の展示をより深く楽しめるよう、アニメ版「進撃の巨人」の声優陣録り下しの音声ガイドを用意。出演は、エレン、ミカサ、アルミン、エルヴィン、ハンジ、リヴァイなど総勢13人。人気のキャラクターと一緒に展示を回遊するような感覚が味わえる、マニア必携のガイドだ。

     

    進撃の巨人展FINALの公式グッズショップ「リーブス商会ロッポンギ直営店」では、この原画展のための限定グッズを150点以上用意。その中からまずは、第一弾のグッズ情報を公式サイトにて7月上旬に発表予定。

     

    また、館内の来場者プレゼントとして、初公開となるネーム*を曜日替わりでプレゼント。前期・後期でも内容が変わるこのネーム、配布されるのは進撃の巨人公式ファンサイト「みん撃」での投票上位3枚を含む全14種類。完成原稿とは異なる構図や台詞など、ここでしか見られない作品の一端楽しもう。

    *ネーム=漫画原稿を執筆する前の下描き
    **配布するネームの内容は、公式サイトにて発表いたします。

     

    詳細に関しては、「進撃の巨人展FINAL」公式サイトを確認しよう!

     

    (C)諫山創・講談社/進撃の巨人展FINAL製作委員会
    (C)HK/AOTFE

  • ホテル雅叙園東京、文化財のアート展「和のあかり×百段階段 2019」開催

    12.June.2019 | SPOT

    2018年12月に、創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテル・ホテル雅叙園東京では、2019年7月6日(土)から 9月1日(日)まで、館内に有する東京都指定有形文 化財「百段階段」にて夏の人気企画「和のあかり×百段階段 2019」を開催。第5回目となる今回は、北は青森から南は鹿児島まで40にも及ぶ個人・団体が集結し、新たな展示構成で楽しめる。

    竹あかり作家 NITTAKE 氏による竹のアート作品(イメージ)

    今回は初登場となる、宮崎県日南市在住の竹あかり作家 NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションをはじめ、絢爛豪華な「漁樵の間」と百万人の集客を誇る「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーションを見ることができる。

    サンドアートデュオ emullenuett(イメージ)

    そして、気鋭のサンドアートデュオemullenuetは、本展のために制作された作品を、欄間をはじめとする会場内で映写する新たな試みを実施する。

    江戸風鈴(イメージ)

    江戸職人によって生み出される東京の「伝統工芸品」の匠の技と、現代デザイナーがコラボレーションし、後世にその技術と文化を継承することを目的とした東京都がバックアップする「東京手仕事」をはじめとする、漆工芸・ガラス工 芸・彫金など様々な工芸品をドラマチックに展示。さらに夏の風物詩である江戸風鈴が彩りと音色を添える。また、手漉き和紙とあかりが織り成す現代作家の作品も展示し、昭和初期に立てられた文化財のしつらえとあわせてみることができる。

    青森ねぶた(イメージ)

    これまでの展示で特に人気の高かったレジェンド級のあかりアートも展示。絢爛豪華な螺鈿らでんの大型エレベーターを降りると、圧倒的な存在感を誇るウエルカムねぶたが登場する。

    石巻こけし(イメージ)

    会場内では、愛らしい表情の山口県柳井市の金魚ちょうちん、ほおずきや葉・貝など自然の素材を使用した造形作家川村忠晴氏による草木のあかり、かんざし作家榮の幻想的な作品、こけし作家林貴俊氏による表情豊かな石巻こけしなど、人気の作品も。体感と記憶に残るひとときを過ごそう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US