instax“チェキ”シリーズ新TVCMにテイラー・スウィフト初出演!

26.August.2018 | SPOT

撮ったその場ですぐにプリントが楽しめる富士フイルムのインスタントカメラ instax(インスタックス)“チェキ”シリーズ。テイラー・スウィフトが出演する新 TVCM『Now or never.』篇が2018年8月25日(土)より全国にて放映される。

TVCM には、instaxのグローバルパートナーであるテイラー・スウィフトが出演。日頃からinstaxを愛用しているテイラー・スウィフトが、ツアーのバックステージや日常の中で instax の撮影を楽しんでいるシーンを描いたCMは、かけがえのない瞬間をその場でプリントに残せる instax ならではの価値を『Now or never.』 (今、この瞬間を)というメッセージとともに伝える内容となっている。

 

『Now or never.』篇 TVCM 30 秒

 

CM 撮影についてのテイラーからのコメント

 

見どころは、テイラー・スウィフトが自宅でマグカップを片手に思い出のつまったチェキプリントを眺めて想いを馳せているシーン。世界的スーパースターであるテイラー・スウィフトの普段見ることのできない素顔が垣間見えるシーンから始まっている。

さらに、テイラー・スウィフトのプロモーションに関する Web サイトが公開。TVCM をはじめ、テイラー・スウィフトを instax で撮影した作品や各種キャンペーン情報も公開されるので随時チェックしよう。

 

また、テイラー・スウィフト自らがデザイン・監修したスクエアフォーマットに対応したインスタントカメラ「instax SQUARE SQ6」と、スクエアフィルム「instax SQUARE Film」の Taylor Swift Edition が 2018 年 10 月 20 日 に発売される。

 

「SQ6 Taylor Swift Edition」は、ブラックを基調としたスタイリッシュなボディに、テイラー・スウィフトの最新アル バム『reputation』の CD ジャケットに用いられている英字新聞のようなパターンをゴールドカラーでデザイン。レンズ周りのリング部分も同様に、ゴールドに合うメタリックを採用し高級感のあるデザインに仕上げられている。ボディ背面にはテイラー・スウィフト自筆のサインを忠実に再現してプリント。カメラ本体と同じブラックのフレー ムにテイラー・スウィフトのサインをあしらったオリジナルフィルムも同時に発売される。

 

テイラー・スウィフトとinstaxのコラボ情報に更に注目が高まる!

 

■Information

富士フイルム instax“チェキ”シリーズ TVCM 『Now or never.』篇(15 秒・30 秒)

放送地域:全国

出演:テイラー・スウィフト

放映開始日:2018年8月25日(土)

 

RELATED ENTRIES

  • 六本木・東京ミッドタウンにて“チェキ”を使ったテイラー・スウィフトの写真展開催

    12.October.2018 | SPOT

    六本木・東京ミッドタウン内にあるFUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)にて、2018年10月12日(金)から10月25日(木)まで、「Now or never. instax Gallery」テイラー・スウィフト写真展 A Taylor Swift Photo Collectionを開催する。

    世界的なシンガーソングライター、ミュージシャン兼プロデューサーであるテイラー・スウィフトはinstax(インスタックス)“チェキ”シリーズのグローバルパートナー。

    写真展では、日頃からinstaxを愛用しているテイラー・スウィフト本人が撮影したセルフィーショットをはじめ、「TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR」のバックステージ・愛猫・instaxCM撮影のオフショットなど、貴重なinstaxプリントを展示する。

     

    世界に一枚しかないテイラー・スウィフト本人のチェキで撮影されたinstaxプリントは、普段見ることのできない「Now or never.」な瞬間をとらえた、貴重な素顔を垣間見ることができる。

    11月20日(火)、21日(水)に「TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR」日本公演が開催されるが、写真展会場では来場者限定でハッシュタグキャンペーンを実施。会場内で撮影した写真に「#TSinstax #instaxgallery」を添えて投稿した人の中から抽選で、上記テイラー・スウィフト日本公演に4組8名を招待する。

  • ゆりっぱの趣味を探す旅 #5 フィルム写真生活スタート編パート2 初MYフィルムカメラで撮った写真を現像・プリントする!

    13.July.2018 | FASHION / FEATURES / SPOT

    モデルの菅沼ゆりが新たな趣味を開拓していく連載企画。今回のテーマは前回から引き続きフィルムカメラ。かねてよりフィルム写真に興味があったというゆりっぱですが、新宿の中古カメラ店で念願のMYフィルムカメラをゲット! しかし、フィルムカメラは現像をしてプリントやデータ化しなければ写真になりません。そこで今回は、大好きな街だという学芸大学駅にある写真店「monogram」さんで、愛用フィルムカメラで撮影した記念すべき1本目のフィルムを現像・プリントしてみました。こだわりの写真店として知られるmonogramさん。ゆりっぱはお気に入りの1枚を見つけることができたのでしょうか。

    写真店のイメージオシャレ! と盛り上がるゆりっぱ。先月購入したフィルムコンパクトカメラで撮ったフィルムを2本持ってきました。すぐにでも現像をしたかったところをグッとこらえて、この企画用に取っておいたそう。早速、現像を依頼してみましょう。

     monogramのスタッフさんに未現像のフィルムを渡します。すると、ゆりっぱにさまざまな質問が。プリントにするかCD-Rデータにするか、プリントサイズ、紙の種類をどうするか、そしてプリントに白フチを付けるか。「こんなにいろいろと聞いてもらえるんですね!」と驚くゆりっぱ。そう、monogramは現像注文時にさまざまな要望に応えてくださるのです! スマホにデータを保存したいし、プリントという「物」としても残したいゆりっぱは、プリント+CD-Rデータ化、マットペーパー、白フチあり、という注文をしました。

    そして、monogramで現像をしてもらうときの最大の特徴が、どんな色合いの写真にするかを選べることです。現像したネガをプリントやデータ化をするときの色の調整の素晴らしさがmonogram人気の理由。現像やプリントについての相談を難しい専門用語で伝える必要はないところも魅力! ゆりっぱは「色鮮やかなカリフォルニア風!」と注文しました。こちらがゆりっぱの要望を書き込んだオーダーシート。写真店では注文を聞いてからお渡しするまで、オーダーシートの内容がとても大事になります。さあ、どんなプリントが出来上がるかワクワクです。

    特別に現像をやっているところを見せていただきました。まず、フィルムを現像機にセットします。現像機の中には現像液をはじめさまざまな薬品が入っており、撮影済みのフィルムはさまざまな工程を経てネガとなり現像機から出てくるのです。

    ネガはスキャンされて印画紙にプリントされます。このときに「カリフォルニア風」になるわけです。monogramでは3名のスタッフがプリントを担当。それぞれ個性が異なるため、指名するお客さんもいるとか。まさに職人の世界ですね! 「おまかせ」と注文すると、写真の内容に合った色補正をしてくれます。

    プリントが完成するまでに時間を使い、次に愛用フィルムカメラに入れるフィルムを選びました。ゆりっぱが使っているカメラ「コニカ 現場監督」で使うフィルムは35mmフィルムというもの。最も見つけやすいメジャーなフィルム規格です。スタッフの方から「フィルムの箱に書いている100、400、800などの数字も気にするといいと思います。100は日中向き、400は日中も室内も使いやすいオールラウンダー、800は室内、曇りの日、夜などに向いています」というアドバイスがありました。つまり光を感じることができる度合いを数値化したISO感度です。ゆりっぱは常にカメラを持ち歩き日常を撮ることが多いためISO400のフィルムから選ぶことに。そして、アメリカっぽい、という理由からKodak ULTRAMAX400をお買い上げです!

    写真店なのに雑貨も豊富。クールなシルバーのハンドストラップなどがありました。「これを付けるたけで、さらにオシャレにカメラが見える! それにしても、現場監督のために作られたのではというくらい似合う!」

    シルバーのレザーハンドストラップはmonogram10周年記念の限定品。2,000円+税。

    さあ、プリントが仕上がったそうです! 完全プライベートショットのため、プリントを隠しながらきゃあきゃあ見ているゆりっぱ。お気に入りをセレクトして見せてくれました。「マットの質感いい! いやあ、オシャレだなあ。こういうことやったなとか、こういう場所行ったなというのが鮮明になりますね。たしかにデータ化は便利ですが、手元にプリントとして残るのはいいですよね。友だちにプリントをあげたくなります。それにしても、自分で撮ったのかな? というくらい良い写真ばかり(笑)」

    最後に本日の感想をゆりっぱに聞きました。「最初、現像ってレーザーとかを照射して完成すると思っていたんですよ。まさか現像液とかにくぐらせているなんて。フィルム写真については知らないことが多すぎて、新しく学べることがたくさん存在することも楽しいです。趣味と呼べるものがないからスタートした企画ですが、写真は間違いなく趣味としてやっていくと思います!」

    <ショップ紹介>
    monogram
    住所:東京都目黒区鷹番2-19-13
    電話:03-3760-5852
    営業時間;12:00〜20:00(水曜定休)
    アクセス:東急東横線「学芸大学」東口より徒歩約1分
    URL:http://monogram.co.jp

     

    TALENT PROFILE

    菅沼ゆり

    豊かなファッションセンス持ち、様々な雑誌でとりあげられているモデル。 「ゆりっぱ」の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集めており、SNS発信は非常に高い影響力を持つ。 最近ではモデルの分野を越え、TV撮影やMV出演など、マルチな才能を発揮中。メイクの技術も非常に高く、コスメの開発に携わるなど幅広く活動している。

  • ゆりっぱの趣味を探す旅 #4 念願のフィルムカメラを探しに!新宿の中古カメラ店へ

    30.May.2018 | SPOT

    モデルの菅沼ゆりが新たな趣味を開拓していく連載企画。今回のテーマはフィルムカメラ。かねてよりフィルム写真に興味があったというゆりっぱ。だけど、どこでどんなフィルムカメラを買っていいのかがわからない!ということで、自分にぴったりのフィルムカメラを探すために新宿の中古カメラ店「ラッキーカメラ店」「中古カメラBOX」へ。念願のマイカメラをゲットすることはできたのでしょうか?

    ちなみに、今回の取材写真はすべてフィルムカメラで撮影。みなさんもフィルムの世界を存分にお楽しみください。

    中古カメラ 新宿 yurippa_film01

    1軒目におじゃましたのは「ラッキーカメラ店」。伊勢丹新宿店のそばにあるどこか外国風の雰囲気が漂う中古カメラ店です。ゆりっぱは赤が印象的なお店の外観にひと目惚れ。いざ、店内へ!

    中古カメラ 新宿yurippa_film03

    日本、ドイツ、アメリカなど、フィルムカメラはさまざまな国で製造されてきました。ラッキーカメラ店は海外製の「舶来カメラ」と全てが機械仕掛けで整備さえすれば使い続けられる「機械式カメラ」に力を入れているお店。有名な「ライカ」などがたくさん陳列されています。

    中古カメラ 新宿yurippa_film04

    ライカはボディもレンズも10万円以上の高価なものばかり!

    中古カメラ 新宿yurippa_film05

    ショーケースの中にある気になるカメラを見せていただきました。左はオリンパスの一眼レフ「OM-1」、右はバルナックライカ。いまもフィルムの主流である35mmフィルムを初めて採用した歴史的シリーズのうちの1台です。どちらもコンパクトなサイズ感。

    中古カメラ 新宿yurippa_film06

    オリンパスOM-1のファインダーを覗いて感動するゆりっぱ。「見やすくて、ファインダーを通して見た方がキレイに見えるくらい!」

    中古カメラ 新宿yurippa_film07

    続いてバルナックライカも試してみました。触るのにちょっと緊張感が走る高価なカメラです。静かなシャッター音に驚いていると、店員さんが「これはOM-1のような一眼レフとは違い、ミラーが入っていないのでシャッター音が静かなんです」と解説。カメラの仕組みの違いや種類の多さを知り、その奥の深さに触れたゆりっぱでした。

     

    ■Information

    ラッキーカメラ店

    住所:東京都新宿区新宿3-3-9 伍名館ビル1F

    電話:03-3354-7898

    営業時間:10:00〜20:00

    アクセス:JR「新宿駅」から徒歩5分/地下鉄「新宿三丁目駅」から徒歩1分

    URL:http://lucky-camera.com/

     

     

    中古カメラ 新宿yurippa_film08

    2軒目に訪れたのは「中古カメラBOX」。新宿電気街にある中古カメラ店で、店内にはショーケースが所狭しと並び、その中にはカメラがぎっしり。まるで秘密基地のような雰囲気です。

    中古カメラ 新宿yurippa_film10

    「小さくて簡単に使えるカメラがいいな。パッと取り出せてすぐに撮れれば絶対楽しい!」と、真剣にカメラを探すゆりっぱ。

    中古カメラ 新宿yurippa_film11

    この言葉を受け、オートフォーカスのフィルムコンパクトを中心に捜索続行。そして見つけました、気になる1台!手にしているのはコニカの「現場監督」というカメラ。シャッターを押すだけで撮ることができる、オートフォーカス、フラッシュ、フィルム自動巻き上げが付いたカメラです。「ちょっと大きいけれど、価格も手ごろだし、簡単に使えそう!」

    中古カメラ 新宿yurippa_film12中古カメラ 新宿yurippa_film13

    中古カメラBOXは親切な店員さん&常連さんがたくさんいることでも有名。「現場監督」がかつて工事現場の記録用に使われていたこと、濡れてもOK&落としてもOKという頑丈さや、とても優秀なレンズが付いていることなどを教わりました。そしてついにお買い上げです!

     

    ■Information

    中古カメラBOX

    住所:東京都新宿区西新宿1-13-7 大和家ビルB1F

    電話:03-5339-2701

    営業時間;10:00〜20:30

    アクセス:「新宿駅」から徒歩2分

    URL:http://camerabox.web.fc2.com

     

     

    中古カメラ 新宿yurippa_film14

    購入した現場監督にさっそくフィルムを装填してみましょう。使うフィルムは35mmフィルム。フィルムの先端部を引っ張り出して裏ブタを閉じるだけでオーケー。フィルムカメラは難しそう、というイメージがありますが、このように簡単に使えるものもあるんです!

    中古カメラ 新宿yurippa_film15

    念願のフィルムカメラを手に入れてご満悦のゆりっぱ。次回の連載では、現場監督で撮った写真を写真店で現像・プリントをしていきます。みなさんもフィルム生活を始めてみましょう!

     

    <プロフィール>

    Model:Yuri Suganuma @yurippa93

    yuri_profile

    豊かなファッションセンス持ち、様々な雑誌でとりあげられているモデル。

    「ゆりっぱ」の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集めており、SNS発信は非常に高い影響力を持つ。最近ではモデルの分野を越え、TV撮影やMV出演など、マルチな才能を発揮している。

    メイクの技術も非常に高く、コスメの開発に携わるなど幅広く活動中。

     

    Photographer & Writer:Haruka Yamamoto

     

    TALENT PROFILE

    菅沼ゆり

    豊かなファッションセンス持ち、様々な雑誌でとりあげられているモデル。 「ゆりっぱ」の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集めており、SNS発信は非常に高い影響力を持つ。 最近ではモデルの分野を越え、TV撮影やMV出演など、マルチな才能を発揮中。メイクの技術も非常に高く、コスメの開発に携わるなど幅広く活動している。

  • “チェキ”で親しまれている”Instax” テイラー・スウィフトとパートナーシップ契約締結

    10.May.2018 | FASHION / MUSIC

    富士フイルム株式会社はグラミー賞10度受賞を誇るアーティスト、テイラー・スウィフトとグローバルパートナーシップ契約を締結した。2018年夏からワールドワイドで大々的にプロモーションを展開する予定だ。

     

    スマホが普及した昨今、instaxはその場ですぐにリアルなプリントが得られることが新鮮に受けとめられ10代~20代の若年層を中心に世界的に人気を集めている。“チェキ”の愛称で親しまれている日本をはじめ世界100カ国以上の国や地域で大きく販売を伸ばし、累計出荷台数は3,000万台を突破した。

     

    テイラー・スウィフト instax

    発売20周年を迎える今年、さらなる販売拡大を目指し若年層を中心に絶大な影響力のあるテイラー・スウィフトを起用した大型プロモーションをグローバルで展開する。

     

    また、5月8日米国アリゾナ州グレンデールから始まるテイラー・スウィフトの世界ツアー「TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR」。ツアー会場ではinstaxの体験ブースや、デジタルプロモーションが展開される。

     

    さらに11月20日、21日に開催される日本ツアーは、富士フイルムが冠スポンサーとなり、『TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR in Japan presented by FUJIFILM instax』として東京で開催されることが決定した。

     

    テイラー・スウィフト instax

    追加の公演情報やプロモーション活動に関する情報は下記公式ホームページにて今後発表される予定なので、是非チェックしてみて。

     

     

    ■Information
    ワールドツアー『TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR』
    開始日:2018 年5 月8 日

     

    日本ツアー『TAYLOR SWIFT reputation STADIUM TOUR in Japan presented by FUJIFILM instax』(スポンサー・富士フィルム)
    日程:11 月20 日、21 日

     

    テイラー・スウィフト公式ホームページ:TaylorSwift.com

  • 日本の町並みがテイラー・スウィフトの最新MVに登場?!

    17.January.2018 | MUSIC

    世界中が恋するシンガーソングライター、テイラー・スウィフト。

     

    テイラー・スウィフト レヒ゜ュ_____

    最新アルバム『レピュテーション』が全米アルバム・チャート3週連続1位を記録。今年に入ってからも全米1位に返り咲き、通算4週1位を記録するなど、2017年を代表する作品となっている。

     

    End Game 2

    そんな話題のアルバム『レピュテーション』より、最新シングルとなる「エンド・ゲーム feat.エド・シーラン&フューチャー」のミュージック・ビデオが公開。ロンドン、マイアミ、そして東京が舞台となった。

     

    「エンド・ゲーム feat.エド・シーラン&フューチャー」ミュージックビデオ

     

    東京のシーンではカラオケやゲームセンターを楽しむテイラーの姿、東京の街を歩くシーンでは”すごい噂”や”あなたの一軍でいたいの“というネオンサイン、そしてテイラーが飼っている猫の名前のネオンサインまでもが登場する。

     

    End Game screengrab

    ファンの間では「日本で撮影したのかな?」「つい日本語に目が行ってしまう」「カタカナが海外へ広まって嬉しい」と、既に話題だ。

     

     

    極秘来日で撮影されたのかどうか、MVで真相をチェックしよう!

     

     

    ◼︎Information

    「エンド・ゲーム feat.エド・シーラン&フューチャー」音楽試聴リンク
    https://taylor.lnk.to/TS_eg

    テイラー・スウィフト最新アルバム情報
    『レピュテーション』発売中
    ジャパン・スペシャル・エディション:CD+DVD/3,200円+税/POCS-24906/初回生産限定盤/日本独自仕様
    レピュテーション:CDのみ/2,500円+税/POCS-24013 
    URL:https://taylor.lnk.to/TS_rptPR

    テイラー・スウィフト公式サイト他
    日本公式サイト:http://www.universal-music.co.jp/taylor-swift/
    海外公式サイト:https://taylorswift.com/

     

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US