女子高生シンガーみゆな、アニメ「ブラッククローバー」OP・EDテーマを担当

03.October.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

音楽活動を志す多くの才能が集まる、人気インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」。そこで突如現れ、ギター一本で弾き語ったデモ曲が1位を獲得した、宮崎県在住の女子高生シンガー「みゆな」がテレビアニメ「ブラッククローバー」のオープニング&エンディングテーマを担当する。

みゆな は若干16歳で高校一年生になったばかり。地元・宮崎や福岡、東京のライブハウスへの遠征など今夏から本格的に活動をはじめた彼女はギターと曲作りをはじめてまだ8ヶ月足らずだ。

 

未完成で荒々しく初期衝動だけで歌われたデモ曲を、EggsにアップしSNSを通じて音楽ファンとリアルタイムでコミュニケーションをとりながら一曲を完成させていく。リスナーへ、完成形しか発表することがなかったこれまでの音楽の届け方に対する業界常識を覆す方法が、楽曲ランキング・アーティストランキング共に、週間1位を獲得するという形でリスナーに支持されている。

彼女の圧倒的な歌声は、ライヴを始めた初夏からすぐに音楽関係者の目に止まり話題が広まるのに多くの時間はかからなかった。そこで10月2日からスタートするテレビアニメ「ブラッククローバー」のオープニング&エンディングテーマに決定、16歳女の子が突然の大役を努めることとなった。

10月2日より早速、話題のオープニング曲「ガムシャラ」が主要音楽配信サイトにて配信スタート。オープニングテーマ楽曲「ガムシャラ」は、16歳ならではの心の葛藤と衝動を純粋に表した疾走感溢れるナンバー。自身の境遇と「ブラッククローバー」のストーリーが重なることから、歌詞やメロディーにも彼女にしか表現できないエネルギッシュさやパワフルさがあり、2年目に突入するテレビアニメをさらに盛り上げる楽曲となっている。

みゆなコメント

「今回、主題歌という大役を任せていただいて、ありがとうございます。主人公のアスタとユノは小さな村から大都会へ旅立ち、「魔法帝になる!」という大きな夢を目指して頑張っています。

そして私は、宮崎県から歌手になるという夢を目指して頑張っています。

何があってもくじけずに、夢に向かって突き進んでいる2人の姿は私にも大きな夢や希望を与えてくれています。

また、ブラッククローバーの登場人物にはそれぞれに深い物語があります。その悩みや影の部分にも自分が重なり、仲間と協力することで限界を超えていく姿にもまた勇気を貰っています!

その物語を盛り上げる大事な曲、私も精一杯力を込めて、皆さんの心に届けます!」

 

エンディングテーマとなった「天上天下」も、アニメ放送で完成形の楽曲が初解禁となるのでぜひお聴き逃しなく。

RELATED ENTRIES

  • TREASURE、TVアニメ「ブラッククローバー」新EDテーマが初O.A

    09.January.2021 | ANIME&GAME / MUSIC

    BIGBANGやBLACKPINKなどが所属するYG ENTERTAINMENTから4年ぶりとなる期待の大型新人ボーイズグループ”TREASURE”。2020年8月・9月・11月に連続でリリースされたシングル『THE FIRST STEP』シリーズは全世界合計で70万枚以上のCDセールスを記録し、昨年末の授賞式「2020 Asia Artist Awards」「Korea First Brand Awards」で新人賞を獲得した。


    そんな彼らが日本デビューを前に、週刊少年ジャンプ人気連載中作品「ブラッククローバー」テレビアニメの新エンディングテーマに決定した初の日本オリジナル楽曲「BEAUTIFUL」が2021年1月5日(火)に初O.Aされた。O.A直後には「日本語での曲が本当にきれいだった」「日本語曲爽やかでめちゃいい曲」「良すぎて泣いた鳥肌たった」など世界のTREASUREファンから50万件を超える歓喜のツイートが拡散。ハッシュタグ『#BlackClover_with_TREASURE』が世界のリアルタイムトレンドのトップになるなど、グローバルアーティストとしての影響を知らしめている。

     

    「ブラッククローバー」は、田畠裕基による同名マンガを原作にした人気アニメ。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す物語が描かれる。
    今回のタイアップについてTREASUREは「日本デビューを前に、TREASUREにとって初の日本オリジナル楽曲をエンディングテーマに起用頂き、とても光栄です。この楽曲はアニメのテーマでもある前向きで、夢に向かって諦めない気持ちを表現しました。アニメと共に楽しんで聴いていただけるとうれしいです。」とコメントを寄せている。

    そしていよいよ来週、昨年からリリースしてきた『THE FIRST STEP』シリーズの完結編となる1st ALBUM「THE FIRST STEP:TREASURE EFFECT」が1月11日(月)にデジタル、1月12日(火)にパッケージでリリースされる。タイトル曲「MY TREASURE」について、YG ENTERTAINMENTは「この世界の誰もがたったひとつだけの宝石のような存在という意味を込めた歌詞」「『厳しい時期に皆で力を出そう。明日は再び明るい陽が昇るはず』という希望のメッセージを込めた楽曲だ」と紹介している。「THE FIRST STEP:TREASURE EFFECT」という最初のゴールにたどり着いた彼らの温かくポジティブな作品に期待したい。

     

    ©︎ 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

  • Snow Man、TVアニメ「ブラッククローバー」OPテーマのスペシャルアニメMVを公開

    21.December.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2020年12月20日に開催されたジャンプフェスタ2021 ONLINEのジャンプスーパーステージ「ブラッククローバーステージ」にて、テレビアニメ「ブラッククローバー」から4つのニュースが解禁となった。

     

    1) 新OPテーマSnow Man 「Grandeur」のスペシャルアニメMV公開

    テレビアニメ「ブラッククローバー」にて、1月から放送となる「ハート王国共闘編」の新オープニングテーマSnow Man「Grandeur」に映像をのせたスペシャルアニメMVが公開となった。 Grandeurの雄大なメロディに載せて、アスタ・ユノ・魔法騎士団“黒の暴牛”の、これまでの戦いと絆を振り返ることが出来る内容となっており、「限界を超えて」「想像を超えた世界をこの手に」など楽曲の歌詞と本作のつながりをより強く感じられる内容となっている。ブラッククローバーファンだけでなくSnow Manファンも必見の本MVは週刊少年ジャンプ公式YouTubeチャンネルでも公開中なので是非チェックしてみて。

     

    Snow Man「Grandeur」スペシャルアニメMV

    2) 梶原岳人がEDテーマ「A Walk」を生配信歌唱

    梶原岳人(アスタ役)が、現在エンディングテーマとして放送中の、自身のデビューシングル「A Walk」をステージ上にて生配信歌唱を行った。梶原は心地の良い歌声で視聴者を魅了。初めての大舞台での歌唱とあり本人は「感覚ピエロさんの歌った、ブラクロの1回目のジャンフェスステージを見ていて、4年の月日を経て、今度は、それを自分がやる事になったと思うと、本当に感慨深かったです!」と、初めて声優キャストとしてジャンプフェスタのステージに出演したときの事を振り返った。

     

    3) 「ハート王国共闘編」の新メインビジュアル解禁

    新メインビジュアルが解禁された。公開となったメインビジュアルは、アスタ&ヤミVSダンテ、ユノVSゼノン、ノエルVSヴァニカとクローバー王国とスペード王国が対峙する内容になっており、スペード王国との壮絶な戦いを予感させるものとなっている。

     

    4) ゼノン役に鈴木達央、ヴァニカ役に小倉唯が決定

    ビジュアルにも登場しているゼノン役に鈴木達央、ヴァニカ役に小倉唯が決定。今回の発表に2人からは「皆さんを気持ちよく恐怖の沼に引き摺り込めるよう、最善を尽くしたいと思います。(鈴木)」 「自分の中に眠っている享楽的な感情を掘り起こしてアフレコに臨もうと思っています。皆さんをゾクゾクさせられるよう頑張ります…!(小倉)」と魅惑的なコメントが到着。鈴木、小倉が本作でどのような演技をみせるのか注目しよう。

     

    メインビジュアルも解禁となり、1月から放送となる「ハート王国共闘編」に向けて、ますます盛り上がるテレビアニメ「ブラッククローバー」に期待が高まる!

     

    ©田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

  • TVアニメ「ブラッククローバー」OPテーマはSnow Man、EDテーマはTREASUREに決定

    16.December.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    テレビ東京系にて人気放送中のテレビアニメ「ブラッククローバー」にて、1月より放送となる新オープニングテーマにSnow Man、エンディングテーマにTREASUREが決定し、各グループからのコメントが到着。さらにジャンプフェスタ2021 ONLINEにてSnow Manによる新オープニングテーマを使用したスペシャルアニメMVの公開や梶原岳人による生配信LIVEが決定した。

    週刊少年ジャンプにて絶賛連載中の「ブラッククローバー」(著:田畠裕基)は、シリーズ累計1,100万部を超える人気作品。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作だ。 2017年にアニメ化されて以来、ド迫力の魔法バトルシーンや個性的なキャラクターたちが繰り広げる群像劇が少年アニメの王道として注目され、2021年1月の放送からは、ハート王国と協力して、スペード王国の悪魔に立ち向かう原作でも人気のシリーズ「ハート王国共闘編」へ突入する。

     

    そんな2021年1月5日(火)からの新オープニングテーマにSnow Manの「Grandeur」が決定した。Snow Manが本作のオープニングテーマを担当するのは2020年4月クールから2度目。前回のタイアップ曲「Stories」が収録された2ndシングルはミリオンヒットを記録したほか、メンバーの佐久間大介が声優に初挑戦し、自身がモデルとなったキャラクター「マクサ」がアニメ・原作にも登場するなど、大きな話題となった。

     

    同じく、エンディングテーマには、韓国のサバイバルオーディション番組から生まれた12人組のボーイズグループTREASUREの初の日本オリジナル楽曲「BEAUTIFUL」が決定している。

     

    さらに、12月20日(日) 11:30から開催となるジャンプフェスタ2021 ONLINE内のジャンプスーパーステージ「ブラッククローバーステージ」で、Snow Manの新オープニングテーマ「Grandeur」を使用したスペシャルアニメMVの公開が決定。そして、現在エンディングテーマを担当している梶原岳人による生配信LIVEも発表となった。ブラッククローバーファンだけでなくSnow Manファン、音楽ファン注目の内容となっているので、自宅からジャンプフェスタに参加しよう!

     

    ますます盛り上がるテレビアニメ「ブラッククローバー」に引き続き注目しよう!

     

    Snow Man コメント

    再びブラッククローバーのオープニングテーマソングが出来ること、本当に嬉しく思っています。
    Grandeurはフランス語で壮大。という意味があります。歌詞の中には、運命さえ超えた夢を掴みに行こう。想像超えた世界をこの手に。など仲間と共に更なる世界に向け突き進む!!という気持ちが込められています。僕達Snow Manが歌うGrandeurを聞きながら、最高なブラッククローバーの世界を堪能してください。

     

    TREASURE コメント

    TREASUREにとって日本デビューを前に、初の日本オリジナル楽曲をエンディングテーマに起用頂き、とても光栄です。
    この楽曲はアニメのテーマでもある前向きで、夢に向かって諦めない気持ちを表現しました。アニメと共に楽しんで聴いていただけるとうれしいです。

     

    ©田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

  • みゆな 新曲「ソレイユ」配信スタート&リリックビデオ公開

    01.June.2020 | MUSIC

    高校生にして【缶ビールを買って】と歌った楽曲「缶ビール」がYouTubeにて150万回再生超え。新たな一歩を自らの選択で踏み出そうとする若者を音楽の力で応援するリクルート「Follow Your Heart」への参加、ファンからのコメントを元に歌詞を書き、アレンジの過程も公開しながら楽曲を作りあげる企画「みゆなの部屋」を実施するみゆな。

     

    昨年リリースした「ユラレル」は中国大手音楽配信サービス「Netease Cloud Music(網易雲音楽)」J-POPアルバム1位を獲得、さらに楽器メーカー”ギブソン”によるギター・プレイヤー育成プラットフォーム”Gibson Generation Group(G3)” に日本から選出など、独創的な世界観と年齢とのギャップに国内外から注目を集め、同世代の背中を押すメッセージソングからファンク、R&Bなどジャンルを問わず活動の幅を広げている。

    彼女にとって17歳最後の作品となる「ソレイユ」が本日配信スタート。みゆなオフィシャルYouTubeチャンネルではリリックビデオとコメントが公開された。

     

    -Message from みゆな-

    大好きな故郷に帰ると

    すごく安心できる

    また頑張ろうと

    思わせてくれる

     

    私にとって宮崎は

    そんな存在です

     

    自分の故郷や好きな場所を

    思い返してみてください

    きっと心があたたかくなると思います

     

    そんな優しさと楽しさが溢れる歌です

     

    皆さんとこの歌で盛り上がれることを楽しみにしています

     

    是非、ドラマと一緒にお楽しみください

     

     

    本楽曲は宮崎県を舞台にした東村アキコ原作・平祐奈主演のテレビ宮崎開局50周年ドラマ「ひまわりっ~宮崎レジェンド~」の主題歌となっており、ドラマも本日よりオンエア。「ソレイユ」は舞台となる宮崎県在住のみゆながドラマの為に描き下ろした温かさと夏の訪れを感じさせる爽やかなナンバーとなっている。

    また、6月7日(日)にはみゆな18歳の誕生日当日にみゆなオフィシャルYouTubeチャンネルとTwitterアカウントにてライブ配信を開催することが発表された。

    「ソレイユ」のリリースを記念したライブに加え、新たな発表もあるとのこと。18歳初の演奏となるみゆなの姿をぜひチェックしてほしい。

  • AmPm、TVアニメ「フルーツバスケット」2ndシーズンOPテーマに決定!ボーカルは”みゆな”を起用

    30.March.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    2017年3月に現在3,300万回以上再生されているデビュー曲「Best Part Of Us feat. Michael Kaneko」をリリースして以降、世界各国のリスナーを幅広く獲得してきた日本人覆面ユニットAmPm(アムパム)が、海外でも人気のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd seasonオープニングテーマに決定した。

     

    今回オープニングテーマに決定したのはAmPmが2020年4月8日(水)にリリースする新曲「プリズム」( AmPm feat. みゆな)。ボーカルには昨年以降、各所から高い評価を獲得しファンを拡大中、歌声が異才と評される17歳のシンガー“みゆな”を起用し、AmPmとしても初となる全編日本語詞という特別な楽曲となっている。

    「フルーツバスケット」(原作・高屋奈月)は「花とゆめ」(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された大人気少女漫画。全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破するなど世界各国で人気の作品。2001年にテレビ東京系でTVアニメ化され(全26話放送)、2009年には舞台化を展開。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となり、テレビ東京ほかにて1st seasonが放送(2019年4月~9月)されるなど、連載が終了し15年以上経った今でも根強い人気を誇る作品だ。エンディング主題歌はTHE CHARM PARKが担当する。

     

    「プリズム」(AmPm feat. みゆな)は「フルーツバスケット」2nd seasonの初回となる4月6日オンエアにて解禁となるので、ぜひ番組でチェックして欲しい。

     

    ©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

  • ビッケブランカ、TVアニメ「ブラッククローバー」OP映像を使用した「Black Catcher」アニメMVを公開

    22.January.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ビッケブランカのテレビアニメ「ブラッククローバー」第10クールオープニングテーマ曲のために書き下ろされた新曲「Black Catcher」のアニメMVが公開された。

     

    ビッケブランカ / 「Black Catcher」(anime music video)

    これはアニメのオープニング映像を元に作成されたもの。「Black Catcher」は、ダークなサウンドスケープの中で溢れるように展開するメロディが印象的で、唸るようなベース、研ぎ澄まされたドラム、様式美のギター、不穏と精美が共存するピアノと共に、底知れぬ力が漲るような歌詞世界の、ファイティング・スピリット・ソングとなっているので是非チェックしてほしい。

    また今回で2度目となる「ブラッククローバー」のオープニングテーマは、以前第3クールでも務めており、その時に起用されていた楽曲「Black Rover」は、Spotify”2019海外で最も再生された国内アーティストの楽曲”で15位にランクインし、現在Spotify上で1,500万回再生を超え、音楽ストリーミングサービスの総再生回数が2,000万回再生を記録するなど話題の楽曲。

     

    ビッケブランカ / 「Black Rover」(Audio Video)

    「Black Rover」のAudio Videoも同時に公開されているので、併せて注目したい。

     

    ©Y/STB

  • ビッケブランカ、アニメ「ブラッククローバー」OPテーマ「Black Catcher」のMV公開

    09.January.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ビッケブランカの新曲「Black Catcher(ブラック キャッチャー)」が1月8日(水)にデジタルリリースされ、また併せてミュージックビデオが公開された。

     

    ビッケブランカ / 『Black Catcher』(official music video)

     

    3ヶ月連続デジタルリリースの第2弾となる「Black Catcher」は、テレビアニメ「ブラッククローバー」第10クールのオープニングテーマ曲のために書き下ろされた新曲。ダークで疾走感のある楽曲に呼応するかのように、不穏と覚醒の交錯が織りなすストーリーと、いびつな桃源郷を彷彿させる色調で構成された今作のミュージックビデオは、”不気味”な仕上がりに。

    昨日から放送がスタートした「ブラッククローバー」のオープニング映像も、すでに話題となっており、2020年のファイティング・スピリット・ソングとして、好調な滑り出しが期待できる。

    -ビッケブランカ コメント

    ブラクロのOPを2回もやらせてもらえるなんて光栄の至りであります。

    MVは小さな自分が自分の身体を浄化するストーリーです。

    またなんかふざけてしまいましたが独特な色合いと世界観を少しでも感じてもらえたらと思います。

     

    なお、ビッケブランカは、2020年3月4日(水)にニューアルバム「Devil」をリリースする他、ツアー「Tour de Devil 2020」を開催。チケットは、各地イベンター先行受付中となっているので合わせてチェックしよう。

     

    ©Y/STB

  • ビッケブランカ 新曲「Black Catcher」アニメ「ブラッククローバー」第10クールOPテーマに決定

    07.January.2020 | ANIME&GAME / MUSIC

    ビッケブランカが、新曲「Black Catcher(ブラック キャッチャー)」を1月8日(水)にリリースする。今作は、3ヶ月連続デジタルリリース第2弾となっており、テレビアニメ「ブラッククローバー」第10クールオープニングテーマに決定した。

    ダークなサウンドスケープの中で溢れるように展開するメロディが印象的な今作は、唸るようなベース、研ぎ澄まされたドラム、様式美のギター、不穏と精美が共存するピアノと共に、底知れぬ力が漲るような歌詞世界のファイティング・スピリット・ソングに仕上がっている。

    また、ビッケブランカはテレビアニメ「ブラッククローバー」オープニングテーマを以前も務めており、その時に起用されていた楽曲「Black Rover」は、Spotify”2019海外で最も再生された国内アーティストの楽曲”で15位にランクインし、現在Spotify上で1,500万回再生を超え、音楽ストリーミングサービスの総再生回数が2,000万回再生を記録するなど話題の楽曲となっているため、今作も期待が高まる。

     

    ビッケブランカ コメント

    ブラクロのオープニングテーマを2回目をやらせてもらるとは、ジャンプファンとしては光栄の至りであります!

    ストーリーも進んでいって、より感情移入しやすく作ることができました。ダークであり疾走感もある曲です。

     

     

    なお、ビッケブランカは、2020年3月4日(水)にニューアルバム「Devil」をリリースする。今作は、1年4ヶ月ぶりの発売となるオリジナル3rdアルバムとなり、多幸感溢れる音楽性で聞き手を魅了した前作「wizard」から一転、タイトルはその名も「Devil」に。

     

    さらに、4月29日(水・祝)大阪・大阪オリックス劇場、5月1日(金)愛知・日本特殊陶業会館フォレストホール、そしてファイナル公演の5月9日(土)東京・中野サンプラザと東名阪ホールツアーを含む全8公演となる「Tour de Devil 2020」を開催。チケットは、各地イベンター先行受付中となっているのでぜひチェックしてほしい。

     

    ©Y/STB

  • 安斉かれん、新曲「人生は戦場だ」がアニメ「ブラッククローバー」EDテーマに決定

    01.October.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    2019年5月1日に、サブスクリプション音楽配信サービス限定シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューし、「MTV」や「MUSIC ON! TV」をはじめ多くの主要音楽メディアでパワープレイを獲得した安斉かれん。さらには『ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代アイコンの一人として、M·A·Cの「女性ソロアーティスト初となる店頭コレクションビジュアル」や、デジタルとアナログを融合させた新たな形で話題を呼んでいる渋谷発のカルチャー・マガジン『POSTOKYO.JP』の表紙に創刊号から連続起用されるなど、サウンドとビジュアルの両面からも今大きな注目を集めている。

    そんな彼女が、10月1日(火)にサブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定でリリースした3rd SG「人生は戦場だ」が、週刊少年ジャンプで絶賛連載中のシリーズ累計900万部を超える人気作品のテレビアニメ「ブラッククローバー」の新EDテーマに決定!

    かねてより、原作のファンであったという彼女は次のようにコメントした。

    安斉かれん コメント

    「黒の暴牛のみんなの真っ直ぐな気持ち、仲間を信じる姿勢は、いつも私に勇気をくれます。そんな大好きな作品のエンディング曲を歌わせて頂き光栄です。

    今回の楽曲は、逆境に立ち向かう辛さや勇気を綴った、まるで、アスタそのもののような歌なので、物語に添えて流れた時に何か伝わることがあれば、嬉しいです!」

     

    さらに、「人生は戦場だ」のミュージックビデオも同時に解禁。

     

    安斉かれん / 人生は戦場だ(Music Video)

    既に “​Non-Music Video​” ​として、本編MVに先駆けて先行公開されていて、「すごい!映画かと思った!」「どんな歌詞なのか、この続きが楽しみ!」など、期待が高まっていた。

     

    MVは1st「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」、2nd「誰かの来世の夢でもいい」に続く、三部作の第3弾。高度なARが実現した近未来の『Immersive Society 3.0』を舞台に、仮想空間に再生されたバーチャルな存在と自分を見失いそうになる恐怖と未来への不安な気持ちとの戦いを描いている。世界的なテクノロジー企業らとタッグを組み、音楽業界では先駆けてVR/AR作品を世にインスパイアしてきた「2nd Function」が監修を務めたサイバーパンクな未来描写を、フューチャリスティックな映像で高い評価を得る「辻本祐希」監督を中心として、日本を代表するCG制作会社「Cafe Group」など日本屈指のSci-Fiクリエイターが集結することで、よりリアルでクレイジーなバーチャル・リアリティを生み出している。

     

    ファッション面でも、スタイリングには唯一無二のスタイルでストリートを牽引する「RISA“RIBBON”KATO」、ヘアメイクにはコラージュアーティストとしても活躍する「TORI.」など気鋭のトップクリエイターたちが集結し、サイバーパンクだけでなくヴェイパーウェイヴが見事に融合したアヴァンギャルドなビジュアライズは健在。

    またタワーレコードが「気になるあの子」をテーマに選ぶ、タワーレコード店舗とオンライン共通のメンバーシップサービス「タワーレコードメンバーズ」のコラボポスターに起用されており、全国タワーレコード店舗にて掲出中。ビジュアルは赤と黄色のタワーレコードカラーで仕上げたスタイリングで、話題のポスギャルメイクにも是非注目しよう。

    作品だけでなくビジュアル面でも注目を浴びてきている安斉かれん、今後の活躍が今から楽しみだ。

     

    © 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

  • GIRLFRIEND、アニメ「ブラッククローバー」OPテーマ「sky & blue」のMV公開

    06.August.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    平均年齢18歳ながら、全員がボーカルをこなし作詞/作曲も手掛ける新世代のガールズバンドGIRLFRIEND(ガールフレンド)。

    新曲「sky & blue」が、テレビ東京系にて放送中のテレビアニメ「ブラッククローバー」の第8クールオープニングテーマとして8月6日(火)より放送スタート。そして同時に8月28日発売シングルとなる「sky & blue」のミュージックビデオ・新ビジュアル・ジャケット写真が公開された。

     

    GIRLFRIEND「sky & blue」 Music Video (Short ver.)

    https://www.youtube.com/watch?v=SGJ37P4QNXA

     

    今回のミュージックビデオは監督・松永つぐみ氏のディレクションによる、どこかノスタルジックな淡い世界観の映像や描写、イメージシーンの中でGIRLFRIENDの力強さも感じさせる印象的な演奏シーンが展開される仕上がりとなっているので、ぜひ注目してほしい。

    新ビジュアル、CDジャケットの写真は松永つぐみ氏がフィルムにて撮影を行い、今までのGIRLFRIENDのアーティスト写真・CDジャケットには無かった柔らかく淡い雰囲気、独特な質感を感じさせる仕上がりになっている。

    そして「sky & blue (TVアニメサイズver.)」がCDリリースに先駆け、8月7日(水)より先行配信スタート。今作の楽曲は前作シングルに引き続きmiwaなどを手掛けるNAOKI-T氏のサウンドプロデュースによるブラッククローバーの世界観にあった疾走感もあり、GIRLFRIENDの新たな魅力が引き出された楽曲となっている。

     

    (C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

  • みゆな、TVアニメ「FAIRY TAIL」のEDテーマ「僕と君のララバイ」MV公開

    28.April.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    インディーズシーンで注目の女性シンガー・みゆなが、2019年4月14日より配信中の「僕と君のララバイ」ミュージックビデオを公開した。

    同曲は現在放送中のTVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ第3クール新エンディングテーマに起用されている、切ない思いを抱えながら、でも前を向いていくそんな思いが込められたバラードだ。

     

    ミュージックビデオは月を舞台に見立てた、ファンタジー要素溢れる映像作品。パジャマのまま部屋ごと月に飛ばされてしまうという非現実的な世界観を、曲のテーマでもある別れや孤独感、自身との葛藤を内包させ、ノスタルジックに描いている。


    また本楽曲が起用されている「FAIRY TAIL」の新エンディング映像に「僕と君のララバイ」のリリックを乗せたオリジナル映像も公開されているのでこちらの映像も要チェックだ。


    みゆな コメント

    是非、自分に重ね合わせて観て欲しいです。悲しみ、苦しみ、寂しさ、孤独感、その思いが詰まっています。

     

    新保拓人監督 コメント

    部屋に1人でいる時、世界中で自分だけしかいないような孤独な瞬間。まるで別の惑星に一人ぼっちになったような感覚。そんな感覚を軸に、みゆなさんとたくさん話し合いをして、彼女の世界観を落とし込みました。

     

    ©真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京

  • インディーズシンガーみゆな、アニメ「FAIRY TAIL」新EDテーマ配信スタート

    16.April.2019 | ANIME&GAME / MUSIC

    インディーズシーンで注目の女性シンガー・みゆなが、4月14日より放送開始のTVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ第3クール新エンディングテーマ「僕と君のララバイ」の配信を開始した。

    「僕と君のララバイ」は、切ない思いを抱えながら、でも前を向いていくそんな思いが込められたバラード。

    今回配信ジャケットのアートワークは日本配信ジャケットと世界配信ジャケットの二種での展開。ララバイ(子守唄)のイメージである月の写真にみゆな自身がイラストを施した、ノスタルジー溢れるオリジナルデザインである日本配信ジャケットと、「FAIRY TAIL」キービジュアルをあしらった世界配信ジャケットの二種となる。

     

    また「FAIRY TAIL」の新エンディング映像に「僕と君のララバイ」のリリックを乗せたオリジナル映像も公開に。

    アニメエンディング映像とも見事にマッチングを果たしているこちらの映像も要チェックだ。

     

    今後も大活躍間違いなしのみゆなの活動をお見逃しなく!

     

    ©真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US