2018年度グッドデザイン賞を受賞 スマホ1つで日本旅行をバーチャル体験できるVRムービー

08.October.2018 | SPOT

日本政府観光局(以下JNTO)が展開する、ヨーロッパにおける訪日旅行の需要喚起プロモーションVR動画「[360°VR] JAPAN -Where tradition meets the future」が、2018年度グッドデザイン賞を受賞した。

本プロジェクトでは、JNTOの訪日外国人旅行者の増加を目的とした訪日プロモーション事業の一環として制作され、「伝統」「革新」「自然」が渾然一体となった日本の魅力を、360°VR動画で表現。日本の多種多様な文化をスマートフォンで360°見渡しながら、手軽に日本旅行をバーチャル体験することができる。

 

[360°VR] JAPAN – Where tradition meets the future | JNTO

同賞をPR映像が受賞することは珍しく、「VRコンテンツは数多く存在するが、本作はVRの独特な表現も内包しつつ、外国人から見た日本の魅力をよく捉えた演出とコンテンツ設計がなされており、最後まで飽きずに見ることができる。」という点が高く評価された。

 

JNTOではこれまでも様々な日本の魅力を伝える動画を制作。

欧州ではまだ知られていない、日本の地方の魅力を約3分に凝縮した動画。2016年11月に公開され、熊本県「御輿来海岸」、大分県「白水溜池堰堤水利施設一溝」、屋久島「千尋の滝」など日本国内でもあまり知られていない場所を中心に、大阪府「道頓堀商店街」、広島県「厳島神社」京都「伏見稲荷」などの有名観光地も併せて全29ヵ所紹介している。

さらに、興味のある観光スポットが見つかっても、限られた日程の中でどのようなルートで回るべきなのかがわからないという訪日外国人旅行者のために、122ヵ所のロケーションの中から10ヵ所を選ぶことで最適な旅行プランを提案してくれる旅行シミュレーター「TRAVELPLAN MAKER」を公開。訪日外国人旅行者だけではなく、日本在住の人にとっても日本の魅力を再発見できるツールに仕上がっている。

TRAVEL PLAN MAKER:https://visitjapan-europe.jnto.go.jp/en/plan/

 

最新技術によって作り出された、ブランディングムービーで日本観光気分を味わおう!

RECOMMENDED ENTRIES

  • トリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」を発表

    15.June.2018 | SPOT

    トリップアドバイザーは、ホテル等の旅行に関する口コミ・価格比較を中心とするウェブサイト・アプリ。今回、サイト上に投稿された外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」が発表された。定番の観光名所と言われる神社仏閣やお城から、日本人には馴染みがないニッチなスポットまでが選ばれたユニークなランキングとなった。

    本年で10回目となる当ランキングでは、「伏見稲荷大社」(京都府京都市)が5年連続で1位にランクイン。2018年6月現在、これまでに伏見稲荷大社に寄せられた口コミ数は20000件を超え、なんとそのうち7割近くが外国語の口コミ。25言語以上で口コミが寄せられており、世界中の旅行者が訪れる日本を代表する観光名所となったことが伺える。2位には昨年3位から順位を上げた「広島平和記念資料館」(広島県広島市)が、3位には「宮島(厳島神社)」(広島県廿日市市)がランクインした。

    ランキングに今年初登場したのは、10円玉の模様にある「鳳凰堂」が有名な京都の「平等院」。

    四季折々の美しい庭園が楽しめる「三千院」。

    そして数多くの国宝や重要文化財などを収蔵している東京の「根津美術館」の3ヶ所。昨年の初登場はエンターテイメント施設が中心だったが、今年のランキングでは一転して、緑豊かで癒されるスポットが外国人観光客から人気を得た。

    都道府県別にみると、京都府から7か所、東京都から6か所、広島県・奈良県・神奈川県からそれぞれ2か所、石川・和歌山県・兵庫県・千葉県・鹿児島県・栃木県・香川県・愛知県・岐阜県・富山県・長野県からそれぞれ 1か所のスポットが選ばれた。引続き地方都市にも外国人観光客の訪問地が広がっているのが伺える。

    ランキングを参考に、今年の夏の旅行の計画を立ててみてはいかが?

    外国人に人気の日本の観光スポット2018 トップ30

    ※カッコ内は昨年順位、「初」はランキング初登場
    1 位(1) 伏見稲荷大社/京都府京都市
    2 位(3) 広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)/広島県広島市
    3 位(4) 宮島 (厳島神社)/広島県廿日市市
    4 位(5) 東大寺/奈良県奈良市
    5 位(7) 新宿御苑/東京都新宿区
    6 位(14) 兼六園/石川県金沢市
    7 位(10) 高野山(奥之院)/和歌山県高野町
    8 位(8) 金閣寺/京都府京都市
    9 位(9) 箱根彫刻の森美術館/神奈川県箱根町
    10 位(13) 姫路城/兵庫県姫路市
    11 位(30) 三十三間堂/京都府京都市
    12 位(11) 奈良公園/奈良県奈良市
    13 位(26) 成田山 新勝寺/千葉県成田市
    14 位(-) サムライ ミュージアム/東京都新宿区
    15 位(-) 白谷雲水峡/鹿児島県屋久島町
    16 位(-) 浅草寺/東京都台東区
    17 位(-) 日光東照宮/栃木県日光市
    18 位(-) 栗林公園/香川県高松市
    19 位(25) 両国国技館/東京都墨田区
    20 位(12) 永観堂禅林寺/京都府京都市
    21 位(16) 長谷寺/神奈川県鎌倉市
    22 位(-) 東京都庁舎/東京都新宿区
    23 位(-) トヨタ産業技術記念館/愛知県名古屋市
    24 位(-) 白川郷合掌造り集落/岐阜県白川村
    25 位(29) 京都駅ビル/京都府京都市
    26 位(-) 立山黒部アルペンルート/富山県立山町
    27 位「初」 平等院/京都府宇治市
    28 位「初」 根津美術館/東京都港区
    29 位(-) 地獄谷野猿公苑/長野県山ノ内町
    30 位「初」 三千院/京都府京都市

    ※2017年4月〜2018年3月の1年間にトリップアドバイザー上の日本の観光スポットに投稿された外国語の口コミの評価、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計しています。

     

    ■Information
    「外国人に人気の観光スポット 2018」
    URL:http://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/トリップアドバイザーギャラリー:http://tg.tripadvisor.jp/news/

     

  • 今回は、東京から1時間で行くことができる観光地をピックアップ!移動時間が少ないので日帰り旅行にもぴったりですよ。最安の移動ルートも合わせて紹介します。

     

     

    日光東照宮
    日光(栃木県)
    世界文化遺産にも登録されている日光東照宮が有名な人気観光地。
    浅草とのアクセスも良いので、神社巡りをするのもオススメ。

     

    オススメスポットはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/tag/日光

     

    ■JR東京駅(JR宇都宮線)→宇都宮駅(JR日光線)→日光駅→徒歩3分→東武日光駅
    所要時間:2時間30分
    料金:1,300円

    ■浅草駅(東武日光線)→東武日光駅
    所要時間:2時間10分
    料金:1,360円

     

    富士山

    富士山(静岡県・山梨県)
    2013年に世界遺産に登録された富士山。優美な風貌が、国内外で日本の象徴として広く知られています。
    最寄り駅は「富士山駅」ではなく「河口湖駅」なのでご注意を!バスタ新宿から直通バスも出ています。

     

    オススメスポットはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/87601

     

    ■東京駅(JR中央・青梅・五日市線)→三鷹(JR特急かいじ)→大月(富士急行)
    所要時間:2時間33分
    料金:3,560円

    ■バスタ新宿(高速バス)→河口湖駅
    所要時間:2時間
    料金:1,750円

     

    鎌倉
    鎌倉(神奈川県)
    古き良き街並みや神社が有名な鎌倉。江ノ島などの観光地も近く、何度行っても楽しむことができます。
    旅行好きからも人気が高い江ノ電に乗って向かうのもオススメ。

     

    オススメスポットはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/tag/%E9%8E%8C%E5%80%89

     

    ■東京駅(JR東海道本線)→戸塚駅(JR横須賀線)→鎌倉
    所要時間:57分
    料金:918円

    ■新宿駅(小田急線)→藤沢駅(江ノ島電鉄)→鎌倉
    所要時間:1時間31分
    料金:886円

     

    箱根

    箱根(神奈川県)
    日本屈指の温泉地・箱根。芦ノ湖のほとりに立つ赤い鳥居で知られる箱根神社も人気です。駅の近くに多数の温泉旅館・施設が並んでいるので、はしごするのも◎
    新宿駅から箱根駅まで直通のロマンスカーもあります。

    オススメスポットはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/tag/%E7%AE%B1%E6%A0%B9

     

    ■新宿駅(特急ロマンスカー・スーパーはこね)→箱根湯本駅
    所要時間:1時間25分
    料金:2,080円

    ■新宿駅(小田急線)→小田原駅(小田急・箱根登山線)
    所要時間:1時間45分
    料金:1,190円

     

    自然

    秩父(埼玉県)
    豊かな自然が魅力の秩父は、特にアウトドア好きにオススメ。また、アニメ「あの日見た花の名前を僕達は知らない。」の舞台となった場所でもあるので、アニメ好きにも人気です。聖地巡礼マップやキャラクターのお土産も用意されています。

    ■池袋(西武池袋線)→飯能駅(西武秩父線)→西武秩父駅
    所要時間:1時間48分
    料金:770円

     

    いかがでしたか?東京では味わえない新しい日本の風景をぜひ現地で確認してみてくださいね。

  • トリップアドバイザー、旅行好きが選ぶ日本の無料観光スポット2017を発表

    12.November.2017 | SPOT

    トリップアドバイザー株式会社が、サイト上に投稿された過去1年間の口コミ評価をもとに、「旅好きが選ぶ!無料観光スポット2017」を発表した。「えっ、ここが無料なの!?」と訪れた人々が驚く、見応え十分の施設20か所がランクインしている。

    d1853-487-606615-0

    今年の無料観光スポットランキングでは、『東京都庁舎』が1位を獲得。「展望室が無料という良さもあり、観光客がたくさん訪れるようになりました。数年前はエレベーター前に並ぶこともなかったのですが、今回行ったときには平日の昼前でしたが、展望エレベーターの順番待ちの列が50m近くあり驚いてしまいました。」と、その賑わいぶりを示す口コミが投稿された。

    d1853-487-850513-3

    さらに注目すべき点として、ビール醸造所関連施設が、北海道・静岡・愛知・京都・大阪の5ヵ所でランクイン。アサヒビールの北海道・吹田(大阪)・名古屋(愛知)工場と、静岡『ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺』、京都『サントリー京都ビール工場』がランクイン、いずれも工場見学を無料で楽しむことができる。アサヒビールの3施設と『サントリー京都ビール工場』では、工場見学の後にできたての生ビール3杯まで無料で試飲することができるため、試飲目当てに訪れる人も多いよう。『ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺』は2014年に誕生した新しい施設。土日祝日に無料の工場見学が開催されており、試飲にはお金がかかりますが、自然の中でベアードビールを楽しめるビアガーデンがあり、おつまみの持ち込みは自由!

    d1853-487-421958-2

    ランキング初登場の「野沢温泉外湯」は、温泉街に点在している13の外湯が、村の人たちの共有財産として提供されている。天然温泉100%かけ流しというのも嬉しい。地元の人たちと触れ合って色々と話をするのも旅の醍醐味。「13もの外湯が楽しめます。泉源が複数あるので、それも有難いです。また外湯の風情がそれぞれ異なるので、一つ一つ楽しめます。かなり熱めのお湯ですが、これぞ温泉!」というコメントが紹介された。

    d1853-487-224256-1

    こちらもランキング初登場、水まわりの歴史が分かる「TOTOミュージアム」。1917年に創立したTOTOが100周年の記念事業として2015年に福岡県北九州市の本社敷地内に開設した施設。水まわりの文化・歴史や、企業・ものづくりなどのテーマで展示が構成されていて、TOTOが築いた水まわり文化と企業の魅力が実感できる施設になっている。独自の進化を遂げている日本のトイレを紐解く鍵が隠されているかも?

     

    ランキングはこちら(*初と記載があるのは、初登場の施設)
    1位 東京都庁舎(東京都新宿区)
    2位(初)国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 (広島県広島市)
    3位 修学院離宮(京都府京都市)
    4位 桂離宮(京都府京都市)
    5位 京都伝統産業ふれあい館(京都府京都市)
    6位 オキちゃん劇場(沖縄県本部町)
    7位 エアパーク(航空自衛隊 浜松広報館)(静岡県浜松市)
    8位 ホテルニューオータニ日本庭園(東京都千代田区)
    9位(初)ANA 機体工場見学(東京都大田区)
    10位(初)東京ジャーミイ トルコ文化センター(東京都渋谷区)
    11位 アサヒビール 北海道工場(北海道札幌市)
    12位 海上自衛隊呉史料館(広島県呉市)
    13位 (初)アサヒビール 吹田工場(大阪府吹田市)
    14位(初)野沢温泉外湯(長野県野沢温泉村)
    15位(初)ベアード・ブルワリーガーデン 修善寺(静岡県伊豆市)
    16位(初)文翔館(山形県山形市)
    17位 サントリー京都ビール工場(京都府長岡京市)
    18位 (初)TOTO ミュージアム(福岡県北九州市)
    19位(初)アサヒビール 名古屋工場(愛知県名古屋市)
    20位 JAL工場見学 Sky Museum(東京都大田区)

     

    都庁、TOTO、ビール工場の見学から温泉まで、次の旅行やお出かけの際の参考にしてみて。

     

    ■Information

    トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/

     

RELATED ENTRIES

  • 山口「星野リゾート 界 長門」が2020年開業!施設テーマは武家文化を生かした「御茶屋屋敷」

    09.October.2019 | FOOD / SPOT

    星野リゾートが、山口県・長門湯本温泉に「星野リゾート 界 長門」(以下、界 長門)を2020年3月12日に開業します。星野リゾートは、2016年1月に長門市より「長門湯本温泉マスタープラン」の策定を受託し、「界 長門」の進出を含め、”温泉街そぞろ歩き” をコンセプトに地域・民間・公共が連携、温泉街再生に向けた取り組みを進めてきました。

     

    今回この取り組みの1つとして「界 長門」に界ブランド初となる、宿泊者以外が利用できる「あけぼのカフェ」の併設が決定。このカフェでは、温泉街をそぞろ歩きする時に食べられるスイーツ「どらやき」を販売します。

     

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド。「王道なのに、あたらしい。」をテーマに、和の趣や伝統を生かしながら現代のニーズに合わせたおもてなしを追求しています。

    施設外観

    界ブランドの16施設目となる「界 長門」は、山口県北部の山に囲まれた川沿いの温泉地、長門湯本温泉の中心を流れる音信川(おとずれがわ)にかかる曙橋のたもとに位置します。山口県に古くから続く「御茶屋屋敷」をテーマとし、地域の豊かな文化をたっぷりと体験できる宿を目指しています。ロビーや客室は武家文化を生かした設えになる予定だそうです。

    ご当地部屋

    山口県の武家文化を生かした客室は、藩主が泊まる部屋をイメージして造られました。寝台は一段高くなっており、格子状の囲いは高貴な雰囲気が漂います。

    ベッドボード

    ベッドボードには室町時代より800年以上も続き、山口県の無形文化財に指定されている「徳地和紙」を使用。寝台が華やかになるような色合いに染めた和紙を設えました。

    萩焼 *現在制作中の為、仕上がりが変更になる可能性があり

    また、段違いになっている床の間には、古くは茶の湯で使うための陶器として使われていた焼き物「萩焼」を設置しています。

    食事は、プライベートが保てる半個室の食事処で、地域ならではの旬の素材をいかした会席料理を、意匠を凝らした器とともに楽しめます。イカの摂取量全国第二位を誇る山口県で、甘みが強く肉厚で柔らかい活イカを先付やお造りで提供します。

    また、酢の物・八寸・お造りを一緒に盛り合わせた華やかな宝楽盛りには、萩焼の器と桶を使い見た目でも楽しめる料理に仕上げます。

    「界 長門」は「長門湯本温泉観光まちづくり計画」が目指す魅力的な温泉街の一部になることを目指し、”温泉街そぞろ歩き” が楽しめるコンテンツの1つとして、界ブランドで初めて宿泊者以外の方も利用できるショップ「あけぼのカフェ」を併設。このカフェでは、山口県オリジナルの柑橘の一種「長門ゆずきち」や、海外から日本に持ち込まれ、山口県で最初に栽培されたと言われる「夏みかん」のジャムを使ったどらやき、カフェラテを販売します。甘さの中にほのかな酸味を感じる味わいのどらやきは山口県ならでは味わいです。

     

    山口県の地域の魅力がたっぷり詰まった「界 長門」で、長門湯本温泉の温泉街をそぞろ歩きで楽しもう。

  • 台湾発!カルチャーの発信基地「誠品生活」が東京・日本橋にオープン

    27.September.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    台湾にて書店として創業し、現在は読書とカルチャーを生み出すカルチャー体験型店舗「誠品生活」が2019年9月27日(金)日本橋にオープンします。

    中国圏外では初の出店となる「誠品生活 日本橋店」は”くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド”がコンセプト。日本橋の歴史や人々の暮らしの中で受け継がれてきた文化を「誠品生活」がキュレーションし、発信していきます。

    その時の台湾のトレンドを知ることができる「誠品生活」は、私が台湾に行くと必ず訪れるお店。東京進出を聞いたときから、オープンする日を楽しみにしていました。誠品生活が「日本橋」という地で、どんな店やアイテムをピックアップするのか、ドキドキワクワクしながら足を踏み入れます。

    店内は4つのゾーンで展開。書籍「誠品書店」・文具「誠品文具」・セレクト物販、ワークショップゾーン・レストラン、食物販ゾーンに分かれており、書店には誠品ならではの選書による書籍が並びます。

    雑貨や食エリアには、世界中からセレクトした100ブランドが出店。半数は台湾のブランドとなっており、台湾で買うことができる雑貨を手にすることができます。

    空間のデザインは台湾を代表する建築家、クリス・ヤオ氏が担当。”古今が交わり、新旧が溶け合う”がコンセプトになっていて、スタイリッシュな中にも伝統的な和の雰囲気を感じる、居心地の良い空間が広がっていました。店先には藍色の暖簾が並び、オシャレながらも古き良き日本が表現されています。

    今回オープンする「誠品生活」には、日本初出店の店舗や、日本橋限定アイテムを販売している店舗も多いです。中でも気になる店舗4店舗を紹介します。

     

    グォウイェンイー(郭元益)

    台北・士林発の菓子店「グォウイェンイー(郭元益)」。何世代にも渡って伝承された技術で作り込まれたお菓子は、口にすると深い味わいが広がります。

    伝統を守っていく一方で、新興デザイナーとコラボレーションした商品等も生み出している同店。その美しい見た目と歴史ある味わいを、ぜひ体験してみて。

     

    猿田彦珈琲 誠品生活日本橋店

    以前MOSHI MOSHI NIPPONで取材をしたことがあるスペシャルティコーヒー専門店「猿田彦珈琲」。

    まず目を引くのが他店舗とは異なる内装。”コーヒーと言葉”をコンセプとした内装は、ブックディレクターの幅允孝(はばよしたか)氏が担当。本からピックアップした様々な言葉が店内にデザインされているほか、座席の下に本が収納されているスペースも。どこを切り取ってもオシャレな店内です。

    日本橋限定のスペシャルホットケーキとオジリナルブレンドも用意。ホットケーキはトップにモンブランがたっぷり乗っていて、とても濃厚な味わい。秋の味覚を楽しむことができます。どちらも11月14日までの期間限定メニューなので、気になる方は早めに足を運んでみて。

     

    ワンダーチュアン(王徳傳)

    日本初出店の老舗台湾茶荘「ワンダーチュアン(王徳傳)」。大地にやさしい茶葉の栽培を心がけており、大切に育てられた茶葉を丁寧に焙煎。

    いただいた台湾ウーロン茶は緑茶のような色合いでほんのり甘く、日本で飲むウーロン茶とは違うまろやかな味わいでした。お店ではウーロン茶を使ったカクテルなども販売しているほか、伝統的な茶芸の実演、今後は台湾茶のワークショップも開催予定となっています。

     

    フージンツリー(富錦樹台菜香檳)

    最後に紹介する「フージンツリー(富錦樹台菜香檳)」も日本初出店。私も大好きなお店なので、東京進出がとても嬉しい・・・!

    なかなかレストランでワインが飲めない台湾で、”洗練された台湾料理をシャンパンと共にスタイリッシュに楽しめるレストラン”として人気がある店舗です。

    新鮮な野菜とフルーツを取り入れた料理が多く、中でも人気なのは「花ニラとピータン 豚挽肉のピリ辛炒め」。お酒に合うようしっかりめの味つけになっていて、美味しいんです♡ご飯との相性も抜群。もちろん他の料理も美味しいですが、何を食べるか迷った時はぜひ候補に入れてみてください。

     

    日本と台湾の文化の架け橋となり、アジア文化の発信地を目指す「誠品生活 日本橋」。読書を軸に様々な文化を楽しむことができる体験型店舗へ、新しい日本橋の魅力を見つけに出かけよう。

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • 箱根七湯「そこくらの湯 つたや旅館」老舗旅館型のゲストハウスがオープン

    21.September.2019 | SPOT

    宿泊施設「そこらくの湯 つたや旅館」が、2019年11月26日(火)箱根町底倉に開業します。江戸時代から続く温泉の歴史を継承しつつ、古旅館をリニューアル。新しいカタチの老舗旅館型ゲストハウスとして営業します。

    都心から電車で90分、江戸時代より伝わる”箱根七湯”の一つでもある”底倉温泉”。源泉は効能の高さから、多くの武将たちに愛されたと言われています。創業当時は「蔦屋旅館」という屋号で、地元の人々はもちろん東京から来る人々にも重宝される旅館として有名でした。この歴史ある底倉温泉と蔦屋旅館が「そこくらの湯 つたや旅館」として11月26日に装い新たにオープンします。

    施設は築29年の古旅館をリノベーション。開業から29年の年月を経た旅館の風情を残しつつも、傷んだ部分を改修、ノスタルジックな老舗旅館型ゲストハウスとして蘇らせます。部屋は広めの旅館タイプ6室、コンパクトな籠床(かごどこ/ゲストハウス)46室。また、川を眺め、湯上りのひと時に想いを馳せるスペースや、出逢ったばかりの人々がテーブルを囲み交流ができるラウンジスペースも用意されています。露天風呂・内風呂は男女各一つずつ、長期滞在もできるよう自炊スペースやコインランドリーもバッチリついています。

     ”温泉で交流を楽しむ”をコンセプトにゲストが思い思いの時間を過ごせるレトロな空間。昔ながらの炬燵や棚など、日本の古具をリメイクしたオリジナルの家具が配置されます。日本文化を継承した懐かしさを残しつつも、現代アート作品が融合する空間になりました。

    老舗温泉旅館とゲストハウスの良さが融合されているので、外国からの旅行客にも快適に古き良き日本のカルチャーを楽しんでもらうことができる「そこくらの湯 つたや旅館」。

    都会の喧騒を離れて、箱根の温泉で日頃の疲れを癒やしてみては?

  • ガーベラの花手水と風鈴で夏の暑さを吹き飛ばす♡福岡県「春日神社」

    31.August.2019 | FEATURES / SPOT

    福岡は日本だけでなく、海外からも旅行客が多く訪れる人気観光地。特に中国や台湾、韓国の方が旅行をしているのをよく見かけます。

    買い物スポットや博多グルメはもちろんのこと、福岡には絶対に訪れたい!ステキな観光スポットがたくさんあるんです。

     

    今回は、九州の観光スポットをインスタグラムで紹介しているRieさんのPostからオススメの観光スポットを紹介します。今回ピックアップしたのは春日神社。ステキな写真と共に、アクセス方法や見どころをチェックしてみてくださいね。

    福岡県春日市にある春日神社は、福岡市内から車で30分、電車でJR春日駅を下車し、西鉄バスで「春日」を下車し徒歩7分の場所にあります。

    中大兄皇子が「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」を祀ったことが神社の起源と言われている、歴史ある神社。境内にあるクスノキは「春日の杜」と呼ばれ天然記念物に指定されており、神社で開催されるお祭り「春日の婿押し」は、国の重要無形民族文化財にも指定されています。

    そんな春日神社で最近話題になっているのが花手水。5月〜6月にかけて紫陽花の花手水を見た方は多いと思いますが、春日神社ではガーベラの花手水を実施しているんです♡

    開催期間は8月19日〜9月1日までとなっており、同じ期間に風鈴も飾ってあります。風鈴の涼やかな音色と、ガーベラの花手水で、まだまだ暑い夏を爽やかに過ごしてみてください。

    この他にもRieさんのインスタグラムでは九州地方の観光地がたくさん紹介されています。九州地方に旅行を考えている方は、ぜひ事前にアカウントをチェックしてみてくださいね!

     

    Photo by Rie

  • 日本の城ランキング 2019発表!4年連続1位はやっぱりあのお城…

    31.August.2019 | SPOT

    口コミとランキングで見つかる旅のプラットフォーム「TripAdvisor®(トリップアドバイザー)」は、投稿された口コミをもとに「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」を発表した。

    姫路城

    7回目の発表となる今回は、「姫路城」が4年連続で1位を獲得!

    松本城

    熊本城

    2位には、昨年の4位からランクアップした「松本城」が、3位には、昨年惜しくもランク外だった「熊本城」が選ばれた。地震から3年余り、秋からの特別公開に向けて再建が進む熊本城。まだ復旧には時間を要するものの、現在は天守閣を覆っていた囲いも取れ、その勇壮な姿を見る事ができる。口コミでは、「復興のシンボル!!修復中の今だから見に行くべきです!!」と確実に復旧が進んでいることを喜ぶ声が寄せられていた。

    弘前城

    4年ぶりに12位にランクインした「弘前城」。青森県弘前市にある、江戸時代から現存する名城として知られている。2015年から石垣工事のため本丸内部の仮天守台に曳家した天守閣の姿がとても珍しく、貴重だと言われている。口コミでも、「天守閣が低いところまで下ろされていて、ある意味ユニークな現状です。期間限定の姿なので、今は貴重です。」と寄せられている。また、桜や紅葉の美しさについて書かれた口コミも多く、城とともに四季折々の絶景が楽しめることがうかがえる。

    津山城

    17位には、「津山城」が初登場。鶴山公園内にある津山城は、本能寺の変で討死した森蘭丸の弟森忠政が築いた平山城で、かつて廃城令により建造物は取り壊されたものの、2005年に備中櫓が復元され現在の姿に。

    立派な石垣を登ると津山市を一望でき、春には桜のピンクが白い櫓に良く映える。口コミでは、「城跡が遠くからでも、よく目立ち、向かっている途中に見える、素晴らしい打ち込み接ぎの高石垣にワクワク感があります。」といった、迫力ある石垣や壮大さを評価する声が多く寄せられた。

     

    築城当時の姿を残すものから、かつての姿を想像させるものまで、一度は訪れてみたい城・城跡が多くランクイン。ぜひ、口コミの評価も参考に、行きたい城・城跡を探して、歴史を体感する旅の計画をしてみては?

  • 世界遺産 京都・下鴨神社で開催!デジタルアート展「糺の森の光の祭 Art by teamLab」

    31.August.2019 | FEATURES / SPOT

    京都の歴史的な建物と、現代のデジタルアートが融合した空間が話題になっているのをご存知ですか?お台場や豊洲でのデジタルアート展が話題のteamlab(チームラボ)が、京都の世界遺産・下鴨神社でデジタルアート展 「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ」を開催しています。

    今回はまっちゃんさんのInstagramで公開されているフォトと共に、イベントを紹介します。

     

    鴨川と高野山の間にある下鴨神社は世界文化遺産にも登録されている、京都の神社です。縁結びのご利益があるとされており、多くの観光客が国内外から訪れます。京都駅からは市バス205系統に乗車し、「下鴨神社前」もしくは「糺ノ森前」にて下車してください。京都駅からタクシーでも20分ほどなので、京都市内からのアクセスは抜群です。

     

    そんな歴史ある下鴨神社で毎年開催されているデジタルアートイベントが「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ」。今回で3回めの実施となる同展は、昨年までよりも規模を拡大し、2019年9月2日(月)まで開催されています。

    下鴨神社”楼門”の中の空間には、いくつもの光の球体が。球体は叩いたり人にぶつかった衝撃で色が変化し、色ごとの音色を奏でます。まわりの球体もそれに呼応し、光の色や音を響かせる幻想的な空間です。

    世界遺産である下鴨神社”糺の森”の参道には卵型の球体があり、木々たちを照らします。人がぶつかり球体が傾くと、色や音色を変え、その光は放射状に近くの卵型の球体に伝播し、光は球体だけでなく木々にも広がっていきます。

    下鴨神社”御手洗池”の水面に立つ光の物体はゆっくりと呼吸するように明かりがついたり消えたりしています。こちらも人や風によって物体が傾くと色や音を変化させていきます。

     

    teamlabのアート展の魅力は、訪れた人がアート作品の一部になれるところ。見て楽しむだけでなく、アート作品に参加できる楽しさがあります。ぜひ下鴨神社にお出かけの際は、夜の神社で開催されるデジタルアート展「下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ」を体験してみてくださいね。

     

     

    まっちゃんさんのインスタグラムでは京都の観光スポットがたくさん紹介されています。京都旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

     

    Photo by まっちゃん

  • 原宿の街に泊まれるMOSHI MOSHI ROOMS 第2弾「ORIGAMI」が完成

    27.August.2019 | SPOT

    HARAJUKUカルチャーを世界に発信していくアソビシステム株式会社と、渋谷区を中心にユニークな民泊物件の運営を目指していく株式会社ロクヨンは、このたび、世界最大級の旅行コミュニティプラットフォームAirbnbを活用し、アソビシステムがプロデュースしたホームシェアリング施設 “MOSHI MOSHI ROOMS(もしもしルームス)”第2弾、「ORIGAMI(オリガミ)」 をオープンしました。

    MOSHI MOSHI ROOMS SAKURA 

    「MOSHI MOSHI ROOMS」は、既存のホテルやホームシェアリング施設には無いオリジナリティ溢れるコンセプトルームの宿泊サービスを提供します。昨年12月にオープンし、国内のみならず世界各国からの旅行者から高い評価を得ている「SAKURA」に続き、今回オープンした第2弾ルームのコンセプトは「ORIGAMI」。海外でも人気があり、日本文化の象徴の一つである折り紙をテーマに、日本文化を様々な視点で切り取った独創的なデザインを、部屋の各所に取り入れています。

     

    リビングルーム

    リビングルームには茶屋をイメージしたベンチや、スツールを設置。天井を見上げると、いくつもの和傘が空間を彩ります。カラフルな扇子や抹茶が点てられるセットなど、日本を象徴するアイテムも多数用意されています。

     

    ベッドルーム

    寝室の床は畳になっており、座椅子でゆったりとくつろぐことができます。提灯やカラフルな引き戸で部屋全体のワクワク感を演出。上段へ続く階段は「階段箪笥」になっており、荷物の収納も可能です。

    二段構造になっている上下に、横幅2.6メートルのベッドマットレスがそれぞれ設置されていて、合計6人まで宿泊可能。ベッドマットレスは西川㈱の商品を採用し、質の高い眠りにこだわっています。また、上下でマットレスの種類を変えており、異なる寝心地が体感できます。

     

    パウダールーム

    ゆったり座れるパウダールーム。テーブルも広々と使うことができます。綿棒・コットン・ゴムのアメニティも充実しています。

     

    シャワールーム

    シャワールームにはシャンプー・コンディショナー・ボディソープなどのアメニティを設置。洗面台は独立しており、トイレは温水洗浄式のトイレを導入しました。

     

    その他、アメニティ

    キッチン道具のほか、電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機など生活必需品を多数揃えています。

    宿泊者の方には着物の羽織を貸し出し。写真撮影に利用してみてください。

     

    4Fエントランス・階段

    3Fから4Fにかけての階段からORIGAMIルームが始まり、ORIGAMIの入口ドアには畳を使用するなど、細部にもこだわりました。

     

    ビルエントランス

    旅行者の方にもわかりやすいように1Fのエントランスには「もしもしにっぽん」のネオン管を設置。

     

    屋上

    ゲストが利用できる屋上は、原宿を一望できるスペースです。

    「SAKURA」と今回オープンした「ORIGAMI」はAirbnbでのみ予約可能。国内外からの旅行者の宿泊先としてはもちろん、ステイケーション(気軽に自宅や近場で休暇を過ごすこと)や女子会など、様々な目的に応じて、ぜひ利用してみてください。

  • 本場徳島の阿波おどり開幕!圧巻の総踊り

    14.August.2019 | SPOT

    阿波おどりの本場・徳島市の阿波おどりが2019年8月12日に開幕し、初日は38万人の来場者が本場徳島阿波おどりを楽しみました。

    令和元年の今年は新しい試みがいくつか導入され、特に注目されたのは、4つの有料演舞場での「総踊り」。総踊りとは、振興協会の所属連14連が合同で流し踊りを行う企画で、全長約100メートルの演舞場に1,000人を超える踊り子が次々と踊り込むさまは圧巻!

    初日の会場となったのは紺屋町演舞場。徳島きっての繁華街のなかにあり、見物客のアクセスもいい好立地の演舞場です。22時、超満員の観客が見守るなか、鳴り物がお囃子を奏でながら入場。鳴り物だけでも400人を超える大人数で、その大音量の迫力と一糸乱れぬ美しい演奏は圧巻です。鳴り物が演舞場の左右に分かれて配置につくと、いよいよ踊り子が入場。女踊りの踊り子を先頭に、男踊り、女ハッピ踊りがパートごとに一団となって踊り込みます。観客はひいきの連の踊り子や、知りあいを見つけると、大きな声援と拍手を送りました。

     

    有料演舞場のプレミアム化も新しい試みです。通常、演舞場では有名連のほか企業・職場連や学生連など、さまざまな連の踊りを見ることができますが、プレミアム公演は有名連の踊りだけが披露されます。

    プレミアム公演を見ることができるのは、市役所前演舞場の第2部。卓越した技量を持つ有名連の踊りをたっぷりと楽しめるとあって、客席には大勢の見物客が詰めかけました。


    期間中は「にわか連」もあるので、一般の人が踊りを楽しむことができます。初日は林家三平、国分佐智子、藤田朋子 、アンジャッシュ児嶋一哉、島崎和歌子をはじめ多くの芸能人も参加、大きな声援を受けて盛り上がりました。8月15日までの4日間、阿波おどり一色に染まる本場の踊り天国を存分に楽しんで。

  • 羽田空港初!機内持ち込みできるタピオカドリンク「XFLAG STORE + HANEDA」から発売

    13.August.2019 | FOOD

    2019年8月13日(火)より、羽田空港 第1旅客ターミナル内にある「XFLAG STORE + HANEDA(エックスフラッグストアプラスハネダ)」から、国内線への機内持ち込み可能なボトルドリンク3種「タピオカミルクティー」「タピオカほうじ茶ミルク」「タピオカ抹茶ミルク」が発売されます!

    同商品は、「XFLAG STORE + HANEDA」限定販売で、空港を訪れる方に旅を楽しいものにしてもらうことをコンセプトに登場したドリンクです。

    ふた付きのボトル入りなので、かばんに入れての持ち運びや国内線機内への持ち込みが可能!“空の上で飲めるタピオカドリンク”です。機内持ち込みに適したボトル入りのタピオカドリンクは羽田空港内の店舗ではこれが初めて。

    ※国内線の機内には、飲料など液体物の持ち込みが可能です。詳しいルールは各航空会社の公式サイトでご確認ください。

     

    “空の上で飲めるタピオカドリンク”の発売を記念し、8月13日(火)より、抽選でAmazonギフト券10,000円分が当たる「#旅タピ Instagramキャンペーン」が開催中。

    XFLAG STORE + HANEDA」で購入したタピオカドリンクと一緒に、「旅とタピオカ」をテーマにした写真を撮影し、ハッシュタグ「#旅タピ」「#タピオカ」「#空の上で飲めるタピオカドリンク」の3つをつけて、Instagramに投稿すると抽選で4人にアマゾンギフトカード10000円分が当たります。

     

    夏の旅行は飛行機の中でもタピオカを楽しもう♡

  • 夏の風物詩!京都で楽しむ花火大会4選

    10.August.2019 | SPOT

    「古都」と呼ばれる京都府は、「日本文化発祥の地」とも言われており、その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な魅力が存在します。

    そこで今回は京都で楽しめる花火大会を紹介します!

     

    バラエティ豊かな花火が満載 「亀岡平和祭保津川市民花火大会」

    世界の恒久平和と「ふるさと亀岡」の平和を祈念して開催された花火大会では、花火という伝統文化財の育成を目的として設立された「日本煙火芸術協会」の特選玉が打ち上がります。
    他にもスターマインの一斉打上げや大会オリジナルの「かめまる花火」など、バラエティに富んだ8,000 発の華麗な花火が夜空を彩ります。

    ▼亀岡平和祭保津川市民花火大会

    開催日:2019年8月11日(日・祝)19時半~
    開催場所:保津橋上流右岸
    HP:http://kameoka-hanabi.jp/

     

    大迫力の特大スターマイン!「京都南丹市花火大会」

    河川敷で開催される花火大会は、川を挟んだ目の前の対岸で打ち上げられるため、花火が空一面から
    降り注ぐような大迫力を堪能できます。フィナーレの特大スターマインは圧巻であり、空と川に花火が広がります。また、お盆行事の一環として行われる大会のため、当日は灯籠が大堰川に流され一帯が幽玄な空気に包まれます。

    ▼京都南丹市花火大会

    開催日:2019年8月14日(水)19時半~
    開催場所:大堰川河川敷
    HP:http://www.yagi-hanabi.com/

     

    400年続く燈籠流しと花火「宮津燈籠流し花火大会」

    宮津湾に「精霊船」と燈籠が浮かび、夜空に鮮やかな花火が開花する宮津最大のイベントです。宮津の「燈籠流し」は約400年前に始まり、今では日本三大燈籠流しの一つにも数えられています。

    当日は、初盆の家から送り出された「精霊船」と、約10,000個の燈籠が宮津湾を漂い、会場は美しくも厳かな雰囲気に包まれます。そして夜空には約3,000発の色鮮やかな花火が開花し、海と空の両方で美しい光の祭典を楽しむことができます。

    ▼宮津燈籠流し花火大会

    開催日:2019年8月16日(金)19時半~
    開催場所:島崎公園
    HP:https://www.kyo.or.jp/miyazu/hanabi/

     

    伊根湾を花火が覆いつくす!「伊根花火」

    伊根湾を覆い尽くす花火が打ち上がり、その輝きと舟屋の町並みが波穏やかな海面に浮かび上がるほか、舟屋群を御神燈(提灯)でライトアップするなどのイベントが催されます。海面に映 るのは約 1,200 発の花火に浮かび上がる舟屋の町並み。御神燈 による舟屋群のライトアップも見られます。

    ▼伊根花火

    開催日:2019年8月24日(土)20時15分~
    開催場所:与謝郡伊根町七面山駐車場周辺
    HP:http://www.ine-kankou.jp/inehanabi/

     

    いかがでしたか?京都らしい伝統的な花火大会から8000発もの花火からなる大規模な花火大会まで様々な花火を楽しむことができますね!

    夏の風物詩、京都の花火大会で夜の京都を楽しもう。

  • 夏の京都を涼しく過ごす、おすすめ新緑スポット4選

    09.August.2019 | FEATURES / SPOT

    京都といえば紅葉された自然を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は夏の京都も涼しげでとっても素敵です。夏休みは緑豊かな京都の新緑スポットでゆったり過ごしてみませんか。

    今回はまっちゃんさんがInstagramで公開している新緑フォトと共に観光名所をご案内します。

     

    祇王寺

    祇王寺は竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵です。アクセスは京都駅からJR嵯峨野線に乗り、嵯峨嵐山駅でおりて徒歩20分となります。「平家物語」で、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られています。

    若竹が流れる音やひぐらしの鳴き声など、五感で夏を体感することができるスポットです。

     

    祇王寺
    住所:京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
    URL:http://www.giouji.or.jp/

     

    あだしの 念仏寺

    あだしの 念仏寺は1200年の歴史があるお寺です。最寄り駅は祇王寺と同じく嵯峨嵐山駅です。夏には念仏寺境内の西院の河原にまつられている数千体の無縁仏にろうそくを灯し、供養する宗教行事の千灯供養が8月23日・24日に開催されます。千灯供養とともに行われる「愛宕古道街道灯し」(あたごふるみちかいどうともし)では大小さまざまな行灯が街道沿いに並び、古き良き街並みをやさしい灯りがつつみ込みます。

     

    あだしの 念仏寺

    住所:616-8436 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

    URL:http://www.nenbutsuji.jp/index.html

     

    伏見港公園

    伏見港公園は体育館や相撲場もある大きな公園で、ハイキングコースもあります。アクセスは京阪中書島駅南改札より徒歩3分の場所にあります。海はありませんが、かつて運河があり、その船の港があったことから「伏見港」と呼ばれています。自然もたくさんあるのでゆったり公園をお散歩するのも楽しそうですね!

     

    伏見港公園

    住所:京都市伏見区葭島金井戸町
    URL:http://www.kyoto-park.or.jp/fushimi/

     

    閑院宮邸跡

    1710年に東山天皇の皇子直仁親王を始祖として創立された、閑院宮家の屋敷として使われていた建物です。アクセスは地下鉄「丸太町駅」下車3分となっています。明治10年の東京遷都まで閑院宮家が実際に住んでいましたが戦後に公園として解放され、現在は写真や絵などの展示を行なっています。桃林があり、桃の名所としても知られており、春の人気スポットですが夏の閑院宮邸跡も緑が豊かで静かな時を過ごせます。こんなに立派なお庭を見れて入場料は無料!あまり人に教えたくない名所です。

     

    閑院宮邸跡

    住所:京都府京都市上京区京都御苑3

    URL:https://www.env.go.jp/garden/kyotogyoen/index.html

     

    まっちゃんさんのインスタグラムでは他にも様々な京都のスポットが写真で切り取られています。ぜひ京都観光の前にチェックしてみて。

     

    Photo:@macchan358

  • 夜の京都観光!夜ならではの絶景が楽しめるスポット 5選

    05.August.2019 | FEATURES / SPOT

    国内外の観光客から人気の高い京都ですが、実は盆地なので夏はとっても暑いです。そんな夏の京都観光にオススメしたいのが夜の町めぐり。

     

    京都の観光スポットをインスタグラムで紹介しているTakaさんの写真から、夜ならではの京都観光スポット5選をお届けします。

     

    京都駅&京都タワー

    古都・京都のイメージとは間逆な、近代的な建物な京都駅。大きな駅ビルの中には、京都の街を見下ろすことができるスポットがたくさんあるのですが、夜に注目したいのは鏡面仕様の窓。鏡になった京都駅の壁には、真向かいにある京都タワーが映し出されます。もちろん昼間にも見られる光景ですが、夜の京都タワーはライトアップされ、幻想的な雰囲気。

     

    ▼京都駅

    住所:京都府京都市下京区東塩小路釜殿町

    京都駅ビルOfficial site:https://www.kyoto-station-building.co.jp/

     

    ▼京都タワー

    住所:京都府京都市下京区東塩小路町721-1

    営業時間:9:00〜21:00(最終入場20:40)

    ※営業時間を予告なく変更することがございます。

    Official site:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/

     

     

    八坂神社

    京阪祇園四条駅から徒歩5分という好立地にある観光スポット「八坂神社」。縁結びにご利益があるといわれるパワースポットです。国内外から多くの人が観光に訪れる八坂神社は、24時間参拝可能。

    夜間参拝に訪れると、いつもとは違う八坂神社の表情を楽しむことができます。四条通で食事をした後に、夜の八坂神社を訪れてみてはいかが?

     

    ▼八坂神社

    住所:京都府京都市東山区祇園町北側625

    Official site:http://www.yasaka-jinja.or.jp/

     

     

    京都四條 南座

    国の登録有形文化財でもある「京都四條 南座」は日本最古の劇場と言われています。八坂神社と同じく、最寄り駅は京阪電鉄 衹園四条駅。6番出口を出てすぐの場所にあります。

    歴史ある南座ですが、2019年5月にはプロジェクションマッピングや、アーティストきゃりーぱみゅぱみゅのライブ「きゃりーかぶきかぶき」を開催。歴史と最新テクノロジーを掛け合わせ、今までにない新感覚なイベントを実施しました。夜になるとライトアップされる外観は新たな観光スポットになっており、午後10:00まで全点灯、それ以降は屋根など一部分が点灯されます。

     

    ▼京都四條 南座

    住所:京都府京都市東山区 大和大路西入る中之町 198四条通

    Official site:https://www.shochiku.co.jp/play/theater/minamiza/

     

     

    二寧坂

    清水寺に続く参道として有名な観光スポットでもある「二寧坂(二年坂)」。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。日中は京都のお土産ショップが並び賑わいを見せていますが、夜の二寧坂も雰囲気があってステキなんです。観光客が減った夜は街並みを独り占め!夜の街灯に照らされた二寧坂をゆっくり撮影することができます。

     

    ▼二寧坂

    住所:京都府京都市東山区桝屋町清水2丁目

    サイト:http://www.2nenzaka.ne.jp/

     

     

    清水寺

    京阪電鉄清水五条駅から徒歩25分の場所にある「清水寺」。ユネスコの世界遺産にも登録されており、人気の観光スポットとして国内外から多くの観光客が訪れています。夕方に清水寺へ行く方にぜひチェックしてもらいたいのが、清水寺から見るサンセット。夕日に染まる京都の街並みを眺めることができます。

     

    ▼清水寺

    住所:京都府東山区清水1丁目294

    参拝時間:https://www.kiyomizudera.or.jp/access.php

    Official site:https://www.kiyomizudera.or.jp/

     

    Takaさんのインスタグラムでは他にも様々な京都の観光スポットが紹介されています。京都旅行の前にぜひチェックしてみてくださいね。

     

    Photo:Taka

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US