実写版「聖☆おにいさん」公開&予告編の映像を公開

14.October.2018 | ANIME&GAME

中村光による累計発行部数1,600万部を超える大人気コミック「聖☆おにいさん」。俳優・山田孝之が製作総指揮を執り、監督・脚本を福田雄一が務め、イエス役に松山ケンイチ、ブッダ役に染谷将太が起用された、奇跡の実写化プロジェクト「聖☆おにいさん」が2018年10月12日より公開される。

今回公開された本予告の映像では、ブッダとイエスの聖人コンビが、六畳一間のアパートでバカンスを繰り広げる模様を、ベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章「歓喜の歌」に合わせ、何やらただ事ではない日々の幕開けを予感させる仕上がりに。

ブッダは、ノンアルコールのビールを飲み干し、「この一杯のために苦行している」と天界の仕事から解放された安堵の表情を見せ、かたやイエスは(女子高生から)「超ジョニーデップに似てる」と言われ、下界ならではの出来事に嬉しそうな微笑みを見せるなど、東京・立川で過ごす時間を満喫している。

 

 

福田雄一監督は、イエス役の松山ケンイチ、ブッダ役の染谷将太ふたりの演技に対し「意気込んでいなかった」と評すと、山田孝之製作総指揮が自ら「意気込む作品ではないですよね」と言わしめるほどで、一体どれぼど脱力感に溢れているのかぜひ本作をチェックしてみてほしい。

ブッダの後光や涅槃など、原作コミックに登場する名シーンも忠実に再現されており、ますます期待が高まる。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US