都心からのアクセス抜群!信州・小諸で紅葉を楽しむ「小諸城址 懐古園 紅葉まつり」

17.October.2018 | SPOT

都内から電車で1時間半の距離にある長野県小諸。小諸の観光地として有名な小諸城址 懐古園にて、2018年10月20日(土)~11月18日(日)にかけて「懐古園紅葉(もみじ)まつり」が開催される。

高原のまち小諸市は首都圏より早く紅葉が始まる。また、標高2,000mから標高600mまで1,400mもの高低差をもつため、長期間にわたって楽しむことができるのも特徴だ。

小諸の代表的な観光名所である「小諸城址 懐古園」では、例年10月下旬~11月下旬にかけて、モミジ、イチョウ、ケヤキ、カエデなどが次々と色づき見頃を迎える。日本100名城や、日本の歴史公園100選にも選ばれた「小諸城址 懐古園」は、城郭が城下町より低い位置に配された日本で唯一の”穴城”としても有名。首都圏の紅葉をさきどる小諸市は、東京から車で約2時間半、電車で約1時間半とアクセス抜群。近隣の軽井沢からは車で30分という近さで人気のスポット。紅葉シーズンには、例年、県外からも多くの観光客が訪れている。

10月下旬~11月下旬にかけては、「小諸城址 懐古園」のみならず、市内各地が赤や黄に彩られる小諸。なかでも、山々を黄金色に染めあげるカラマツ林は息をのむような美しさだ。2018年8月30日に登山規制が緩和され、山頂まで登れるようになった浅間山(前掛山)は「黄金のカラマツ林」の名所。浅間山(前掛山)登頂後には、こもろ観光局が発行している「浅間山(前掛山)登頂証明書」を入手して、登頂の思い出として楽しむことができる。

こもろ観光局では、紅葉シーズンの小諸を多角的に味わってもらおうと、2種の観光マップを無料配布。「八つの源泉・十の温泉~小諸温泉山まっぷ」では、市内にある温泉の数々を「温泉山」に見立て、これを「湯覇」してもらうことをコンセプトに8つの源泉と10の温泉を紹介。

「小諸 獲れるよ 山まっぷ」に掲載された農園では、紅葉とともに真っ赤に熟したりんごの摘みたて食べ放題が体験できる。

また、小諸の各蕎麦店舗では、一年で最も美味しいとされる秋に収穫された「新そば」を味わうことができる。

 

楽しいイベントが盛りだくさんの「小諸城址 懐古園 紅葉まつり」で贅沢なひと時を味わおう。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US