上野の歴史的建造物「旧博物館動物園駅」を一般公開

25.October.2018 | SPOT

東京都選定歴史建造物に選定されている「旧博物館動物園駅」の一般公開に合わせ、社会包摂をテーマにしたプロジェクト「UENOYES(ウエノイエス)」の一環で、新作インスタレーション作品が公開されることが決定した。

「UENOYES(ウエノイエス)」とは、上野公園とその周辺地域を舞台に様々な文化芸術事業を世界に向けて発信するプロジェクト。

今回は京成電鉄株式会社と東京藝術大学との協働により、「旧博物館動物園駅」駅舎の一部を公開し、上野における歴史的建築物の魅力を発信。この作品展示をきっかけに、旧博物館動物園駅は人々が交流できる文化のプラットフォームに生まれ変わる。

本作は上野でのリサーチを基にした物語を読み解きながら鑑賞するインスタレーション。演出家の羊屋白玉は、国立科学博物館・恩賜上野動物園・京成電鉄株式会社の社員などの声を集めてオリジナルストーリーを書き下ろし、舞台美術を手がけるサカタアキコが空間を構成した。

会期中の駅舎内では、地上と地下を交差する音楽が響きわたる中、案内人が来場者を迎える。

 

また、本作で展示される国立科学博物館研究員・森健人が手がけた動物の骨格標本3Dプリントレプリカは、展示に触れて体感できる仕様。「UENOYES」ならではの空間構成と演出を体験することができる。

 

UENOYESが発信する、新たな上野の魅力を感じてみて。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US