八芳園の日本庭園で紅葉をライトアップ「TOKYO RED GARDEN 2018」

29.October.2018 | SPOT

八芳園では、2018年11月1日(木)から12月6日(金)まで、庭園にある115本の紅葉をライトアップするイベント「HAPPO-EN TOKYO RED GARDEN 2018(八芳園 東京レッドガーデン)」を開催する。

週末にはポップアップバー「Red Bar」がオープン。八芳園の紅葉を見ながら、人気のSAKEカクテルなど楽しむことができる。夜の茶会やレストランでのDJ NIGHTなどのイベントも開催予定だ。

 

開催期間:2018年11月1日(木)から12月6日(木) 日没から22時まで

※レストランまたはイベント利用する方はライトアップを自由にお楽しみ頂けます。

 

2018年12月6日(木)には、「粋NIGHT-紅夜-」を開催。アーティスト沖野修也氏が登場し、紅葉をテーマにしたリミックスでTOKYO RED GARDENをさらに赤く染め上げる。会場には、世界中の一流レストランの寵愛を受けるフランスのシャンパーニュ「テタンジェ」を用意。上品で鮮烈な秋の夜をお届けする。

 

場所:スラッシュカフェ

日程:2018年12月6日(木)

時間:20時~22時

料金:入場料・ワンドリンク付;¥2,000(税サ込)/大人1名様

ご予約・お問い合わせ:03-3443-3105(10時~22時)

事前チケット購入はこちらから:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011cqyzwqqks.html

 

さらにスラッシュカフェ Farm to Tableでは、“燃え上がるように染まる紅葉”を一皿目に表現。メインには「ボウボウのポワレ」「合鴨肉と栗のリゾット」を提供。テラスからは、日本庭園も一望することができ、紅葉と共に食事を楽しむことができる。

 

期間:2018年11月1日(木)~30日(金)

時間:17時~22時

料金:コーススタイル 4,800円(税・サービス料抜)

ご予約・お問い合わせ:03-3443-3105(10時30分~22時)

※アラカルトメニューにて通常メニューもご提供しています

 

秋色に染まる季節を八芳園で満喫しよう。

RELATED ENTRIES

  • 銀座「Beauty Connection Ginza」フルーツサロンから柑橘を使った新メニュー登場

    10.January.2020 | FOOD / SPOT

    2019年11月、銀座に新しくオープンした「Beauty Connection Ginza (ビューティーコネクション銀座)」フルーツサロンから1月の旬なフルーツ“柑橘”をテーマとした新メニューが1月10日(金)に登場する。フレッシュでみずみずしいフルーツを存分に味わえるフルーツサロン。産地、品種を厳選、その時季に最もおいしいフルーツを使用した4品のフルーツスイーツのフルコースを提供する。

    「Beauty Connection Ginza 」は“ビューティーケア商品”、“フード・ドリンク”、“美容医療”、“ヘアスタイリング”の4つのフロアで構成される美の複合施設。いきいきと生命力に満ちた美しさの可能性「Vital Beauty(バイタルビューティー)」をテーマとして追求し、発信していく美の複合施設ブランドとなっている。

     

    今回紹介するのは、その中のフルーツサロンのコースメニュー。


    1st. plate 『テリーヌ』

    ライムと有機ショコラブランのクリームとレモングラスのジュレを重ねたテリーヌにデコポンや八朔・金柑のビネガーマリネを添えた一品。生姜の心地よい清涼感がアクセントに。



    2nd. plate 『柚子のクレープ』

    柚子を丸ごとを使ったグルテンフリーのクレープ生地にクレームフロマージュを合わせている。添えた伊予柑と苺のジャスミンコンポートはクレープに包んでもそのままでもお、好みで。



    3rd. plate 『パフェ』

    アールグレイと柑橘のジェラートを合わせたパフェ。晩白柚・ベルガモット・紅まどんな・レモンなどの柑橘の味と香りを様々なテクスチャーで楽しめる。


    4 th. plate『ドライフルーツ / ミニャルディーズ / 食後のドリンク』

    こだわりのドライフルーツと一口大の焼き菓子とともに、食後のドリンクは、丸山珈琲のオリジナルブレンドコーヒー、紅茶、ハーブティーから選ぶことができる。

     

     

    メニューは1コース/90分制 ¥4,400(税込)のみ。体に染み渡る季節の味わいを楽しんで。

  • 【サイサイじゃらんじゃらん #8】SILENT SIREN あいにゃん、ワインがわかる大人になる!門前仲町「深川ワイナリー東京」

    24.December.2019 | FEATURES / FOOD / SPOT

    人気ガールズバンドSILENT SIRENのメンバーがリレー形式で、東京のホットな場所やコトをサイサイ目線で紹介する連載企画。ベースのあいにゃんは、ビールやカクテルは飲むけど、ワインも嗜みたい!ということで、今回はワインをイチから学んできました。

    晴天!昼飲み日和です(笑)。

    お伺いしたのは、東京の下町、門前仲町にある深川ワイナリー東京。ワイン醸造を身近に見て・知って・体験できるそうなので、楽しみです!

    ワイナリーの見学は、土日祝日の14時と16時に実施されています。

    深川ワイナリー東京は、2016年に気軽にワイン醸造を見て・知って・体験できるワイナリーとして、人や美味しい食べ物が集まっている“東京”でオープンしました。近年は流通が発達し、東京でも全国の産地のぶどうを使うことが可能ということで、各地のぶどうを調和させてワインづくりをしています。

    お伺いした日は、スタッフの方が瓶詰めの作業をされていました。深川ワイナリー東京では、年間約3万本のワインが出荷されています。

    コルクには、深川ワイナリー東京のキャラクター「ワインマン」が描かれています。あいにゃんもお気に入り!

    いよいよ、ワイナリーを見学させていただきます!

    ワイナリー内に入ると、ふわっとぶどうのいい香りがしました。

    深川ワイナリー東京醸造責任者である上野浩輔さんに案内していただきました。ワインの醸造過程を教えていただいたり、どんなぶどうを使っているか、どういう道具を使っているかなどを実際に見ながら教えていただきました。

    「この機械は、プロペラがまわることで、ぶどうの実と茎を分けて取り出してくれるんですよ。150年ほど前から、この技術が使われています。」と上野さん。

    こちらの機械を使ってぶどうの実を分ける作業を体験できる日もあるそう。体験は8月中旬~11月ぐらいまで行われるそうなので、詳細は深川ワイナリーのSNSをチェックしてください!

    「わぁ〜!すっごい、いい香り〜!」

    カベルネ・ソーヴィニヨンが発酵している桶を見せていただきました。こうして皮までまるごとぶどうを入れ、ぶどうについた天然酵母で発酵させます。甘いぶどうのいい香りがあたりに漂って、ワインを飲みたい気持ちがそそられます。

    ここからは、あいにゃんお待ちかねの試飲タイム!!醸造過程もわかったので、ワインの味の違いを比べていきましょう。

    深川ワイナリー東京では、17時まで試飲(有料700円で3種)ができます。試飲して気に入ったワインは直接購入もできるので、じっくり吟味して選べるのが嬉しい!

    「まずは、これを飲んでみてください。ワインなんですが、レモンサワーみたいですよ。」と上野さんがおすすめしてくれたのは、「山梨デラウェアスパークリング」。

    まずは香りを感じて、少量口に含ませます。

    「うーん、いい香り。この酸っぱさは、本当にレモンサワーみたい!なんでだろう!?」

     

    実はこのワインは、早熟なぶどうを使用しているので酸味が出るのだそう。ワインの酸味がレモンの役割をするので、揚げ物や鶏肉料理とのマリアージュは考えただけでも最高。

    2杯目は、「山形デラウェア無ろ過」。完熟した山形デラウェアでつくった無濾過ワイン。

    無濾過というのは、絞ったまま、オリなどを取り除くための濾過をしていないことを言います。そのため、見た目は少し濁っていて、味はワインとジュースの間のような絶妙な美味しさがあります。

    左から、無濾過・山形デラウェア、濾過・山形デラウェア

    3杯目は、濾過した山形デラウェアを出していただき、違いを比べてみました。こうして、濾過と無濾過をくらべると一目瞭然。

    「濾過の方は、バランスが良くてすっきり感がある。無濾過は、まろやかでジューシーな感じ。どっちも美味しいけど、無濾過の方が好き!」とあいにゃん。

    4杯目は、無濾過の赤ワイン「イーストベイ アッサンブラージュ レッド B」。

    ぶどうは北海道・長野・青森のものが使用され、調和されています。まさに、アッサンブラージュ!

    「赤ワインでも種類によって、こんなに味や色が違うんですね!この濃い赤ワインは、普段のんでるワインに近い!」とあいにゃん幸せそうな笑顔。

    結果、10杯近く試飲をして、あいにゃんは2本ワインを購入!「深川ワイナリー東京でワインを飲み比べて、ひとつひとつの全く違う味わいに驚きました。無濾過で自然派ワインの魅力にだんだんハマりそう。」とご満悦!

     

    12月は、クリスマスや忘年会などワインを飲む機会も多くなる季節。みなさんも東京発・深川ワイナリー東京でワインを見て・知って・自分のお気に入りを見つけてみてくださいね!

     

     

    Writer:Yuki Yokoo

    Photographer:Kayo Sekiguchi

     

    SILENT SIREN(サイレントサイレン)

    Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。

    2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。 通称「サイサイ」として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウント の登録者数は現在54万人を超える。

    2015年にガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催し、2016年には横浜アリーナ単独公演も成功させ、5カ国6都市を回るワールドツアーも同年に敢行。

    2016年年末、ユニバーサルミュージック/ EMI Recordsへの移籍を発表。同時にバンドロゴ、バン ド名表記を全大文字へと一新。2017年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる武道館2Days公演を成功させる。

    2018年、バンド史上最多となる33公演の全国ツアー「天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~”Girls will be Bears”TOUR~」を完走。その後も大型フェス、イベントに多数出演するなどライブを中心に精力的に活動し年末恒例のワンマンライブを横浜文化体育館で開催。

    2019年、デビュー7年目、バンド結成10年目に突入。平成最後の“サイサイの日に”6枚目のアルバム「31313」をリリース後、「SILENT SIREN LIVE TOUR 2019 『31313』 ~サイサイ、結成10年目だってよ~ supported by 天下一品」で全国をサーキットし、夏フェス、イベントに多数出演。

    年末12月30日(月)には毎年恒例の自主企画ライブ「SILENT SIREN 年末スペシャルライブ 2019 『HERO』」を横浜文化体育館で開催する。

    そして2020年、バンド結成10周年を記念して9月20日(日)山中湖交流プラザ きらら シアターひびきにて「サイサイ結成10周年LIVE 2020.9.20 in 山中湖」の開催を発表している。

     

    SILENT SIREN オフィシャルサイト:https://silent-siren.com/

     

     

  • にっぽん土産紀行:東京 いちごのパッケージが目印!「東京いちごホイップラング」

    21.November.2019 | FEATURES / FOOD

    どこかへ旅行をしたとき、大切な人にちょっとだけ旅の楽しさをおすそ分けできる、お土産。たくさんの商品から、どれがおいしいかな、あの人はどんなものが好きかな、と選ぶ時間の楽しさは、旅の醍醐味のひとつです。

     

    そんな旅の醍醐味を記事にしたのがこの企画、「にっぽん土産紀行」。

    MOSHI MOSHI NIPPON編集部が実際に食べた、実際に見つけたお土産をレポートします。

     

    東京 いちご ホイップラング 6枚入 650円(税込)

    今回紹介するのは東京土産「東京いちごホイップラング」。

    ホイップしたショコラがサンドされたラングドシャ、絶対においしいですこれは。

    かわいらしいパッケージは女性に喜ばれそう。中を開けるとこんな感じです。

    箱を開けた感じも可愛いですね。

    個包装されているので、何人かに配布する用のお土産にもぴったりです。

    中はこんな風にピンク色のホイップショコラがラングドシャにサンドされていました。

    さっそく食べてみます。

    ラングドシャはバターの風味を感じる上品なお味。

    たっぷり入った中のホイップショコラは軽い口当たりで、いちごの甘さと酸味を感じます。

    薄く焼かれた繊細なラングドシャとホイップショコラの柔らかく優しい味わいは相性抜群!いちごの美味しさが口いっぱいに広がります。

     

    今回は6枚入りを紹介しましたが、12枚(1080円)・18枚(1620円)のサイズもあるので、用途に合わせてサイズが選べるのも嬉しい!また、日持ち目安が30日と長めなので、帰宅まで時間がかかる場合も気兼ねなく選ぶことができます。

     

    いちご好きにもってこいなお土産「東京いちごホイップラング」。東京土産で迷った時は、ぜひチェックしてみてくださいね。

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON編集部)

  • 東京・大阪・名古屋・福岡・北海道・京都で順次オープン!「アナと雪の女王2」OH MY CAFE を徹底レポート

    15.November.2019 | FOOD / MOVIE

    2019年11月22日(金)から日米同時公開されるディズニー映画『アナと雪の女王2』の公開を記念して、11月15日(金)から東京・表参道、11月16日(土)から大阪・名古屋、11月21日(木)から北海道、11月29日(金)から東京・二子玉川、12月5日(木)から福岡、12月6日(金)から京都にて「アナと雪の女王2」OH MY CAFE が順次、期間限定でオープンします。

     

    MOSHI MOSHI NIPPON編集部は一足先に東京・表参道の「アナと雪の女王2」OH MY CAFE に遊びに行ってきました。店内の様子や、オリジナルメニュー・オリジナルグッズの内容を紹介します♪

    秋を感じるカフェの入口。中に入っていくと出迎えてくれるのはアナ!凛とした表情ですっと立つアナは可愛いというよりかっこいい・・・!等身大サイズのアナとは写真撮影することも可能です。

    もう少し店内を進んでいくと、一番に目に入るのは等身大エルサ。店内の中央で雪をイメージした装飾や、紅葉を描いた壁の真ん中で、遠くを見つめるエルサがいます。笑顔ではなくなにかに立ち向かうような、少し強い表情なのが気になるところ。映画の場面を表現しているのでしょうか・・・?

     

    フードメニューは5種類。それぞれのキャラクターをイメージした可愛らしいオリジナルメニューとなっています。

    〈アナ〉欲張りサンドウィッチ&トマトスーププレート 2,390円/スープボウル付:3,990円

    アナの好物であるサンドウィッチ(チーズ&チーズ)と、冷えた身体をほっと温めてくれるトマトスープのセット。アナをイメージさせるパープルを基調としたプレートです。

    〈エルサ〉マフィンサンドとスープパスタのマジカルプレート〜不思議な歌声に誘われて〜 2,390円/スープボウル付:3,990円

    生ハムと白いオムレツを挟んだマフィンサンドと、きのこがたっぷりはいったスープパスタ。プレートは、エルサや雪の結晶で彩られています。

    〈オラフ〉楽しいころころミートボールプレート 2,190円

    ご飯がオラフに型どられた、見た目もとっても楽しいミートボールプレート。たっぷり野菜も入っています。ミートボールにかかった、ブルーベリージャムがプレートのアクセントに♪

    〈クリストフ&スヴェン〉仲良し冒険仲間のベーグルサンド 2,190円

    子供の頃からいつも一緒のクリストフ&スヴェンはプレートでも一緒に登場♡スヴェンの大好物であるニンジンや、ゴロゴロ野菜がたっぷり入ったプレートです。

    〈サマランダー〉かけて楽しい!?真っ赤なトマトカレー 2,190円

    『アナと雪の女王2』に出てくる新キャラクター・サラマンダーにカレーをかけると何かが起こる・・・?!真っ赤なカレーは辛さ控えめなので、辛いものが苦手な人でも楽しむことができます。

     

    ドリンクメニューは4種類。こちらもキャラクターや映画の世界観をイメージして作られています。

    左:〈エルサ〉爽やかレモンスムージー 中央:〈アナ〉すっきりベリーベリーティー 

    右:〈アナと雪の女王2〉魔法のブルーマロウティー  各990円/コースター付:1,690円

    エルサのドレスをイメージしたキレイな色のスムージーと、キュートなアナをイメージした甘酸っぱいベリーのドリンクが登場。映画の世界観をイメージしたブルーマロウティーは、レモンをかけると魔法がかかるドリンク。何が変化するのかは、実際に注文して試してみて。

    〈アナと雪の女王2〉ほっこりチーズケーキミルクティー 990円/カップ付き:2,490円

    寒い時期にほっこりした気持ちになるホットドリンク。ミルクティーの表面にはアナ雪のキャラクターが勢揃いしていて、飲むのをためらってしまうほど可愛いです。

     

    食事を楽しんだ後はショッピング!店内ではOH MY CAFE 限定のオリジナルグッズも多数販売されているので、いくつかオススメのアイテムを紹介します。

    オーナメント(ランダム5種類) 950円

    アクリルマグネット(ランダム)5種類 500円

    購入する時は袋に入っていて中身がわからなくなっています。どのデザインが出てくるかは購入するまでのお楽しみ♡どのデザインもとってもかわいいので、全種類集めたくなってしまいそう・・・!

    絵本風ノート(全3種類)各950円

    形や表紙がまるで絵本のようなノート。中を開くと、ノートの右端にもアナ雪のキャラクターがデザインされています。

    クランチチョコ(全2種)各980円

    食べ終わった後の缶を使うことまで想定して購入したいクランチチョコ!楽しそうな表情のアナとエルサを見ると、ほっとするような、安心するような気持ちになります。

    デフォルメシリーズ

    アナとエルサがよりキャラクターちっくにデザインされたシリーズも登場。クッションカバーやスマホケースなど実用的なアイテムがたくさんあるので、ぜひチェックしてみて。

    また、特典として事前予約者(650円/1人)を利用するとランチョンマットを、カフェ限定グッズを3,000円以上(税別)購入した人にはボールペンを、1,000円以上(税別)購入した人には先着でショッパーをプレゼント。数に限りがあるようなので、必ずゲットしたい人は早めの来店をオススメします!

    さらに、オラフファン必見!12月20日からは、オラフにフィーチャーした冬休み期間限定の特別企画「オラフ in HOLIDAY」を開催。期間限定のノベルティやグッズ、メニューが登場する予定です。

     

    何度行っても楽しむことができる「アナと雪の女王2」OH MY CAFE で、映画『アナと雪の女王2』の世界観を体感しよう。

     

    ©Disney

     

    Writer:Sayuri Mizuno(MOSHI MOSHI NIPPON)

  • 秋に咲く桜と紅葉を堪能!愛知県豊田市「小原四季桜まつり」「香嵐渓もみじまつり」

    15.November.2019 | SPOT

    豊田市小原地区では、11月上旬から四季桜の花が咲き始め、中旬から下旬にかけて地区内で約1万本の四季桜が見頃を迎えます。

    ソメイヨシノなどの桜は春が見頃ですが、四季桜は春・秋の2度咲く珍しい桜です。中でも最も美しい時期は秋で、特に川見四季桜の里は、約千本の淡いピンクの四季桜と真っ赤な紅葉のコラボレーションが絶景を作り出します。

    また、11月1日(金)からは「豊田市 小原四季桜まつり」が開かれ、四季桜・賑わい共に最高潮を迎えます。

    小原の四季桜は寛政年間に親木が植えられ、地域の人たちの手によって日本随一の四季桜の名所として育てられてきました。1978年(昭和53年)には地区の樹木として制定され、地区内の各所で見ることができます。中には樹齢100年以上、県の天然記念物に指定されているものもあるのだとか。

    愛知県の近くにお住まいの方、旅行で訪れる方にはぜひ訪れてほしいスポットです。

     

    ▼小原四季桜

    見頃:11月中旬~

    場所:

    豊田市小原町上平441-1(小原ふれあい公園)

    豊田市川見町堂の洞(川見四季桜の里)

    アクセス:

    とよたおいでんバス 小原・豊田線「上仁木行き」約1時間「小原大草」or「上仁木」下車

    詳細はこちら: http://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/

     

    ▼豊田市小原四季桜まつり

    日時:2019年11月1日(金)~11月30日(土)

    場所:川見四季桜の里、小原ふれあい公園など地域内各所

    備考:まつりの期間は11月9日(土)以降の土日祝で無料巡回「くるりんバス」運行

    Official site:https://www.aichi-now.jp/spots/detail/132/

     

    また、同時期に矢作川支流の巴川がつくる渓谷、香嵐渓(こうらんけい)では、紅葉を楽しむことができます。約4千本の紅葉が絶景を生み出しており、11月上旬から下旬にかけて「香嵐渓もみじまつり」を開催。

    期間中は夜間(日没~午後9時)にライトアップされ、期間内は日中の色とりどりの山から一変し、幻想的な夜の紅葉を楽しむことができます。

     

    ▼香嵐渓

    見頃:11月中旬~

    場所: 愛知県豊田市足助町飯盛周辺

    アクセス:名鉄三河線「豊田市駅」下車後、名鉄バスに乗り換え「香嵐渓」下車。

    Official site: http://asuke.info/korankei/

     

    ▼第64回 香嵐渓もみじまつり

    期間:2019年11月1日(金)~11月30日(土)

    場所:愛知県豊田市足助飯盛周辺

    ライトアップ:日没〜21:00まで

    アクセス:猿投グリーンロードICから約20分/東海環状道豊田勘八ICから約20分

    Official site:http://asuke.info/event/nov/entry-705.html

     

    今の時期だけ楽しめる桜と紅葉スポット。秋シーズンの桜を堪能したい人は愛知県豊田市に遊びに行こう♪

  • 息をのむ美しさ!岡山県「旧閑谷(きゅうしずたに)学校」の紅葉が見頃に

    14.November.2019 | SPOT

    現存する世界最古の庶民のための公立学校、旧閑谷学校(きゅうしずたにがっこう)。シンボルの楷の木が、現在見頃を迎えています。

    寛文10年(1670年)に創設された閑谷学校は、現存する世界最古の庶民のための公立学校。平成27年(2015年)4月には「近世日本の教育遺産群」として日本遺産に認定されました。国宝の講堂をはじめ、聖廟や閑谷神社などほとんどの建造物が国の重要文化財に指定されており、樹々や花々が四季折々の彩りを見せ、訪れる人を楽しませてくれます。

    そして、この時期は、紅葉の名所としても有名です。

    漆塗りの講堂の床に映る3色の光は、まるでさざ波のよう。

    1対の楷の木は、赤色と黄色のコントラストが美しく、講堂の床に映し出される3色の光はこの時期だけの特別な光景です。

    楷の木の見頃は、11月20日頃までなので、岡山県に出かける際はぜひ足を運んでみて。

  • Instagram×東京都の共同キャンペーン「#MY TOKYO IS _____」ストーリーズで使える限定スタンプ登場

    12.November.2019 | SPOT

    Instagramは11月11日(月)、東京都との共同キャンペーン「#MY TOKYO IS _____(マイ トーキョー イズ)」を開始することを発表した。また、キャンペーンの開始を記念し、Instagram ストーリーズで使える限定スタンプ3種も登場した。

    本キャンペーンは、コミュニティ(Instagram 利用者)に“とっておきの東京の景色“を写真や動画、ストーリーズでシェアすることを呼びかけ、国内外の観光客に向けて東京の魅力を発信することを目的としている。

    定期的に旅行する人のうち半数近くが休暇の予定を立てる際に Instagram を使うと回答していることからも分かるように、観光においてInstagramが果たす役割は重要性を増している。このような背景から、Instagramを活用して東京の魅力を集め、国内外に発信し、多くの旅行者を迎える世界有数の国際観光都市としての取り組みに貢献するキャンペーンを共同で実施するはこびとなった。

    集まった投稿の一部は、来年3月下旬に銀座・蔦屋書店 GINZA ATRIUM で行われるエキシビションで展示するほか、ウェブサイトや2020年に東京を訪れる旅行者に配布する冊子でも紹介する予定。

    スタンプは東京都内にいる時のみトレイに表示される限定デザインで、スタンプをタップすると「 #MYTOKYOIS 」 の検索結果ページが表示され、他の利用者がキャンペーン用ハッシュタグを使って投稿した写真や動画を見ることができる。

     

    応募規約などの詳細はキャンペーンサイトをぜひチェックしてみて。

  • 床リフレクションから花手水まで!秋の京都 “紅葉 絶景スポット” 5選

    10.November.2019 | FEATURES / SPOT

    京都の秋といえば”紅葉”。今回は、秋ならではの京都絶景スポットを、まっちゃんさんがInstagramで公開しているフォトと共にご紹介。過去の写真を参考に、京都旅行でどこの紅葉を見に行くか参考にしてみてください。

     

    ノートルダム女学院中学高等学校 和中庵

    普段は非公開の和中庵ですが、秋は特別参拝が可能です。2019年の公開は2019年11月22日~12月1日までとなっています。広大な庭園には小川が流れ、緑に包まれた山裾の傾斜地を活かして、渡り廊下で繋がれた奥座敷「客殿」と洋館が並ぶ和中庵。

    綺麗に磨かれた和室の縁側と、洋館の床のリフレクションはこの時期だけ楽しめる京都の絶景スポットです。

     

    ノートルダム女学院中学高等学校 和中庵

    秋の特別公開:2019年11月22日(金)~12月1日(日)

    公開時間:10:00~16:00(16:00受付終了)

    住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷桜谷町110

    料金:大人600円(15名以上は1割引)/中学生以下無料

    アクセス:

    京都駅から市バス5系統「真如堂前」「錦林車庫前」下車徒歩約9分、又は100系統「宮ノ前町」下車徒歩約7分

    京阪電車「神宮丸太町」駅から市バス93・204系統「真如堂前」「錦林車庫前」下車徒歩約9分

    阪急電車「京都河原町」駅から市バス32系統「上宮ノ前町」下車徒歩約5分、または203系統「真如堂前」「錦林車庫前」下車徒歩約9分

    URL:https://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=2266

     

    柳谷観音

    京都長岡京の柳谷観音では、2019年11月2日~12月1日まで「柳谷観音 紅葉ウィーク」

    を開催中。上書院特別公開の他、限定御朱印授与やワークショップなども開催されます。また、“花手水”や、天皇家から下賜された寺宝展の展示も。

    紅葉や、秋の花が並ぶ花手水で、柳谷観音の自然の美しさに触れてみてください。

     

    柳谷観音 紅葉ウィーク

    住所:京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2

    開催期間:2019年11月2日~12月1日

    拝観料:300円 共通券(入山料+上書院・寺宝庫拝観料)1,000円 

    *共通券の販売は14:30まで

    *寺宝庫 天皇家下賜品特別展・上書院特別公開は15:00まで

    アクセス:

    「JR長岡京」よりタクシーで15分、「阪急西山天王山」よりタクシーで10分

    「阪急長岡天神」よりタクシーで15分

    Official site:https://yanagidani.jp/event/momiji2019/

     

    真如堂(真正極楽寺)

    紅葉の名所として有名な真如堂。11月中旬頃から、石畳の参道にかかる楓や銀杏が色づきはじめます。

    紅葉に囲まれた三重塔の美しさはこの時期だけの絶景です。本堂裏に散りもみじの絨毯が広がった頃が、紅葉の終盤。例年は12月初旬まで紅葉を楽しむことができます。

     

    真如堂(真正極楽寺)

    住所:京都府京都市左京区浄土寺真如町82

    拝観時間:9:00~16:00(受付時間 15:45まで)

    *11/10、12/8の庭園・書院の拝観に制限あり

    特別拝観料:大人・高校生1,000円/中学生900円

    *11/1~12/8まで特別拝観料となります

    *小学生以下は無料です

    アクセス:

    京都駅前から「市バス5・17・100系統 銀閣寺行き」に乗車し「錦林車庫前」で下車。徒歩8分

    Official site:https://shin-nyo-do.jp/

     

    金蔵寺

    小塩山の中腹にある山寺です。現在のお寺は江戸時代に再興されました。京都盆地を一望することができるのでハイキングスポットとしても人気ですが、紅葉の時期には多くの参拝客が訪れます。

    紅葉時期に楽しめる水のリフレクションは、ハッと息を飲む美しさ。道中は大変ですが、体力に自信のある方にはぜひオススメしたい絶景スポットです。

     

    金蔵寺

    住所:京都府京都市西京区大原野石作町1639

    志納料:200円

    アクセス:

    JR東海道線「向日町」・阪急電車「東向日」駅から阪急バス65系統にて約25分、終点「南春日町」下車、徒歩約60~70分

    阪急電車「桂」駅 東口前から京阪京都交通バスにて「大原野・長峰」行きに乗り
    終点「長峰」で下車、徒歩約50~60分

    URL:https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=7&tourism_id=508

     

    平等院

    世界遺産の平等院は、紅葉スポットしても人気があります。紅葉の時期、池越しに鳳凰堂を撮影するとこんな写真を撮ることができます。全体の見頃は11月下旬から12月上旬になる見込みです。

    オフィシャルサイトにて紅葉色づき情報が更新されているので、お出かけ前にチェックしてみてください。

     

    平等院

    住所:京都府宇治市宇治蓮華116

    拝観料:大人600円/中高生400円/小学生300円 *庭園+平等院ミュージアム鳳翔館

    アクセス:

    京都駅からJR奈良線に乗車し「宇治駅」で下車、徒歩10分

    祇園四条駅から京阪本線に乗車し「宇治駅」で下車、徒歩10分

    紅葉色づき情報:https://www.byodoin.or.jp/flower/

    Official site:https://www.byodoin.or.jp/

     

    まっちゃんのInstagramでは他にもたくさんの京都情報が発信されています。京都旅行の参考にしてみてください。

    Photo:まっちゃん

  • まだ間に合う!秋の京都で楽しめる紅葉スポットまとめ

    03.November.2019 | FEATURES / SPOT

    秋の京都の風物詩「紅葉」を京都各地で楽しめる様々なスポットをご紹介。特に今年は、昼の紅葉はもちろん、近年注目されている「ナイトライフ」に注目していつもと一味違った「夜紅葉」も楽しんでみては?

     

    慈徳院

    与謝野町にある「慈徳院」では、地域住民や檀家らによって約11年前から境内の大師山にもみじが植樹され、さらに“地域住民と交流の場になるように”という想いから住職ももみじを植樹したことで、毎年秋には裏山が鮮やかな紅葉に彩られ、近年では「紅葉寺」として知られるようになりました。日々コツコツと庭園づくりをしているため、毎年少しずつ風景が変っていくのも楽しみのひとつになっています。

    裏山一面を独占しているかのような昼の紅葉はもちろん、1週間限定のライトアップ期間には、夜空の下で一段と幻想的に彩られます♪

     

    ▼慈徳院

    ライトアップ期間:2019年11月9日(土)~16日(土)
    ライトアップ時間:17時~20時(通常拝観は9時~20時)
    紅葉の見頃:11月上旬~中旬
    住所:京都府与謝郡与謝野町明石2250
    協力金:300円

    URL:http://jitokuin.com

     

     

    成相寺

    宮津市の「成相寺」は、日本三景・天橋立を見下ろす山間に建つ古刹。聳え立つ立派な五重塔と、数百本にも及ぶ紅葉のコラボレーションは圧巻!

    昼には日本海や天橋立と一緒に紅葉を撮影することができ、11月9日(土)・10日(日)の夜は、2日間限定でライトアップされた幻想的な空間も楽しめます。

     

    ▼成相寺

    ライトアップ期間:2019年11月9日(土)・10日(日)
    ライトアップ時間:日没後~21時(通常拝観は8時~16時30分)
    紅葉の見頃:11月上旬~下旬
    住所:京都府宮津市成相寺339
    拝観料:入山料大人500円

    URL:http://www.nariaiji.jp/

     

     

    笠置山もみじ公園

    山頂に1300年の歴史をもつ笠置寺を構える笠置山では、辺り一面を紅葉に囲まれた幻想的な空間「笠置山もみじ公園」が楽しめます。

    11月は期間限定でライトアップされ、昼間とは違った空間を演出。また、山頂からは眼下に一面真っ赤に紅葉した公園や、木津川の流れを一望できます。

     

    笠置山もみじ公園

    ライトアップ期間:2019年11月1日(金)~30日(土)
    ライトアップ時間:17時~21時(通常拝観は9時~16時)
    紅葉の見頃:11月上旬~下旬
    住所:京都府相楽郡笠置町笠置笠置山
    拝観料:ライトアップ時間は無料 ※通常拝観は大人300円・小学生100円

    URL:https://www.kasagidera.or.jp

     

    上書院

    毎月17日に限定公開している上書院を、紅葉ウイーク期間中は毎日特別公開。上書院は天皇家・公家や限られた方のみが入れる特別な間です。戦前に古都百庭として選ばれた同所から眺める名勝庭園の紅葉は、その美しさから数多くのVIPに愛されました。

     

    ▼上書院 柳谷観音 紅葉ウイーク

    日程:2019年11月2日(土)~12月1日(日)
    時間:9時~16時(上書院は10時~15時)
    場所:柳谷観音楊谷寺(京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2)
    入山料:300円
    共通券:入山料+上書院+寺宝庫拝観 1,100円→1,000円

    URL:http://yanagidani.jp/

     

     

    いかがでしたか?紅葉が楽しめるこの季節にぜひ京都を訪れてみては?

  • SNSで大人気の”花手水”も!紅葉イベントが京都・柳谷観音にて開催

    30.October.2019 | SPOT

    眼病平癒の祈願所として、平安時代より天皇家・公家や眼病に悩む人々に信仰されてきた京都府長岡京市の柳谷観音では、11月2日(土)から12月1日(日)まで秋の紅葉イベントとして今年も「柳谷観音 紅葉ウイーク」を開催します。庭園のライトアップやSNSで大人気の花手水も実施されるので、秋の京都で絶対訪れたいスポットです!

     

    名勝浄土苑のライトアップ ※申込制

    昨年、人気だったライトアップを今年も開催。照明デザイナー小川ユウキ氏による、日程限定のライトアップイベントで、普段と一味違う幻想的な風景が楽しめます。

     

    開催日:11/8(金) 11/15(金) 11/22(金) 11/23(土)

    開催時間:17:30~18:30 ※17:00受付

    拝観料:2,500円(限定御朱印付き)

    定員:20名

    予約はこちら:https://yanagidani.jp/contact/

     

    「上書院」特別公開

    毎月17日に限定公開している上書院を、紅葉ウイーク期間中は毎日特別公開。上書院は天皇家・公家や限られた方のみが入れる特別な間です。戦前に古都百庭として選ばれた同所から眺める名勝庭園の紅葉は、その美しさから数多くのVIPに愛されました。

     

    龍の花手水(はなちょうず)がSNSで大人気

    3年前から「はなちょうず」と名付け公開している季節の花で手水舎を彩った「花手水」がSNSで大人気に。全国の寺院でも製作されるようになり、当山は花手水ブームの先駆けとなっています。季節に合わせて花などを選び、境内や庭園の手水鉢にモミジやアジサイを彩ります。SNSに公開されると、多いときには8万人を超える国内外の方からの反響がありました。

     

    ガラシャまつり御朱印など限定授与

    毎回すぐに限定数の授与が終了してしまう限定御朱印。紅葉ウイークの期間中は、オリジナルの・ガラシャまつり御朱印、御即位記念御朱印、押し花朱印、なないろ手水御朱印などを授与します。

    1枚 500円〜、枚数限定。

    そのほかにも、紅葉ウイークの期間中にしか体験できないイベントが盛りだくさん。ぜひ柳谷観音で美しい秋を満喫してくださいね。

  • 秋の京都で楽しみたい!慈徳院・五重塔など「紅葉ライトアップ」おすすめスポットをご紹介

    17.October.2019 | SPOT

    「古都」と呼ばれる京都府は、”日本文化発祥の地”とも言われており、その1,200年の歴史とともに培ってきた様々な魅力が存在する。

     

    今回は京都府の地域情報発信サイト「KYOTO SIDE」の中から、秋の京都の風物詩「紅葉」を京都各地で楽しめる様々なスポットをご紹介。特に今年は、昼の紅葉はもちろん、近年注目されている「ナイトライフ」に注目していつもと一味違った「夜紅葉」を楽しんでみては?

     

    住職と地元住民が創った憩いの場「慈徳院」

    与謝野町にある「慈徳院」では、地域住民や檀家らによって約11年前から境内の大師山にもみじが植樹され、さらに“地域住民と交流の場になるように”という想いから住職ももみじを植樹したことで、毎年秋には裏山が鮮やかな紅葉に彩られ、近年では「紅葉寺」として知られるようになった。日々コツコツと庭園づくりをしているため、毎年少しずつ風景が変っていくのも楽しみのひとつ。

    裏山一面を独占しているかのような昼の紅葉はもちろん、1週間限定のライトアップ期間には、夜空の下で一段と幻想的に彩られる。

     

    ライトアップ期間:2019年11月9日(土)~16日(土)

    ライトアップ時間:17時~20時(通常拝観は9時~20時)

    紅葉の見頃:11月上旬~中旬

    住所:京都府与謝郡与謝野町明石2250

    協力金:300円

    URL:http://jitokuin.com

     

    五重塔×紅葉のコラボレーション「成相寺」

    宮津市の「成相寺」は、日本三景・天橋立を見下ろす山間に建つ古刹。聳え立つ立派な五重塔と、数百本にも及ぶ紅葉のコラボレーションは圧巻!

    昼には日本海や天橋立と一緒に紅葉を撮影することができ、11月9日(土)・10日(日)の夜は、2日間限定でライトアップされた幻想的な空間も楽しめる。

     

    ライトアップ期間:2019年11月9日(土)・10日(日)

    ライトアップ時間:日没後~21時(通常拝観は8時~16時30分)

    紅葉の見頃:11月上旬~下旬

    住所:京都府宮津市成相寺339

    拝観料:入山料大人500円

    URL:http://www.nariaiji.jp/

     

    山頂から眺める一面真っ赤な「笠置山もみじ公園」

    山頂に1300年の歴史をもつ笠置寺を構える笠置山では、辺り一面を紅葉に囲まれた幻想的な空間「笠置山もみじ公園」が楽しめる。

    11月は期間限定でライトアップされ、昼間とは違った空間を演出。また、山頂からは眼下に一面真っ赤に紅葉した公園や、木津川の流れを一望できる。

     

    ライトアップ期間:2019年11月1日(金)~30日(土)

    ライトアップ時間:17時~21時(通常拝観は9時~16時)

    紅葉の見頃:11月上旬~下旬

    住所:京都府相楽郡笠置町笠置笠置山

    拝観料:ライトアップ時間は無料 ※通常拝観は大人300円・小学生100円

    URL:https://www.kasagidera.or.jp

     

     

    ライトアップされた紅葉を、京都で満喫してみて。

  • 桜約2,600本・楓約1,000本の紅葉を青森県・弘前城で楽しむ!「弘前城 菊と紅葉まつり」

    13.October.2019 | SPOT

    青森県弘前市では、弘前の四季を彩る祭りのひとつ「弘前城 菊と紅葉(もみじ)まつり」を、2019年10月18日〜11月10日まで開催する。

     

    「弘前城 菊と紅葉まつり」は、1962年から秋の祭りとして開催。弘前公園内を鮮やかに染め上げる約1,000本の楓と、春にはピンクに染まった約2,600本の桜が織りなす紅葉は、秋の弘前の風物詩となっている。

    「弘前城 菊と紅葉まつり」開催期間中の日没後、弘前城天守や城門など、弘前公園内各所をライトアップ。ライトアップにより木々や城跡の景観が映えるのはもちろん、濠の水面に映る姿も深みを増し、弘前公園の美しさをより一層際立たせる。

     

    さくらの名所・弘前城で秋ならではの魅力を楽しんでみて。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US