TK from 凛として時雨、TVアニメ東京喰種OPテーマ「katharsis」のMV公開

21.November.2018 | ANIME&GAME / MUSIC

TOKYO MXほかにて現在放送中のTVアニメ「東京喰種トーキョーグール:re」、”最終章”。そのOPテーマとなっているTK from 凛として時雨の新曲「katharsis」(カタルシス)のMVが公開された。

すでに先行配信となっていたダウンロードでは、iTunes Store単曲総合ランキングで最高3位を獲得。サブスクリプションサービスではTV editのみ先行配信されており、。Spotifyでは国内外合わせてすでに120万再生を突破するなど話題の新曲であるが、遂に11月21日CDシングルとしてリリースした。

 

TK from 凛として時雨 『katharsis』 / “東京喰種トーキョーグール:re” 最終章OP

同時に同曲のミュージックビデオフルバージョンの公開と共に、フル音源のサブスクリプション配信もスタート。本作では、新たにサポートメンバーとして、ベースに吉田一郎不可触世界、キーボードに世武裕子という面々を起用。ドラムBOBO、ヴァイオリン佐藤帆乃佳というかつて無いスーパーバンドとも言える編成での演奏が実現した。これにより、変則的に展開していく楽曲の果てに、ドラマチックな高揚を迎える作品となっている。アニメの放送も”最終章”の後半戦に入っていくこのタイミング。この映像でさらに両者の世界観を堪能してほしい。

bicolor t-shirtnude×white, navy×black) ¥9,000
swallow-tailed shirt ¥33,000
 
また、「katharsis」のリリースを記念し、本日よりTK × suzuki takayukiによるコラボレーションアイテムの販売も決定した。

 

TKとスズキタカユキは、「suzuki takayuki」の音楽と洋服の融合を意図したインスタレーションの楽曲制作から交流が始まり、ライブ・撮影等への衣装協力など、数々のやり取りの中で、親交を深めてきた。今回、そんな対話の中から生まれたイメージが、コラボレーションアイテムの制作という形で実現。今作は「katharsis」のジャケットやミュージックビデオでTK自身も着用している。互いに独自の美しさを表現し続けるTKとsuzuki takayukiの、貴重なコラボレーションも合わせてチェックしたい。

RELATED ENTRIES

  • TK from 凛として時雨、東名阪ツアースタート!新曲「melt」も初披露

    07.October.2019 | MUSIC

    10月3日、TK from 凛として時雨がツアー「Bi-Phase Brain“L side”」の東京公演を新木場STUDIO COASTで開催した。この日はともにTVアニメ「東京喰種」の主題歌を担当した縁のあるösterreich(オストライヒ)がゲストアクトとして出演。2013年に解散したthe cabsの高橋國光のソロプロジェクトであるösterreichにとっては、記念すべき初ライブとなった。

    österreichのサポートには、ボーカルに 飯田瑞規(cinema staff)と鎌野愛、ピアノに Gecko&Tokage Paradeの佐藤航、ベースに三島想平 (cinema staff/peelingwards)、ドラムにDALLJUB STEP CLUBのGOTO、 ヴァイオリンに須原杏という豪華な顔触れが集結。まず飯田を除くメンバーが立ち位置に着くと、ステージ前方上手の高橋が一人でギターをかき鳴らし、“贅沢な骨”でライブがスタート。複雑な拍子・展開の楽曲をメンバーが高い演奏能力で再現していく中、誰よりもエモーショナルに、体全体を揺らしながら演奏する高橋の姿が何とも印象的だ。アニメ「東京喰種」第2期のオープニングテーマとして、2015年に発表されたösterreichのはじまりの曲“無能”、さらには“映画”と、前半は鎌野ボーカルの曲が続き、高橋は一曲が終わるごとに「ありがとう」と感謝を伝える。

    場内から「おかえり!」という声も飛び交う中、「今日のために新曲を作ってきました」と言って始まったライブ後半戦からは飯田も加わり、アッパーな新曲、鎌野とのツインボーカルを生かした新曲と続く。複雑な構成の曲であることに変わりはないが、それでも前半の曲に比べればリズムがストレートで、メロディーが立ち、この数年での高橋の変化を感じさせる。「誘ってくれたTKさん、どうもありがとう。すべてのきっかけを作ってくれた、石田くんにもありがとう」と、「東京喰種」の原作者である石田スイに感謝を伝えると、最後にアニメ「東京喰種」最終章のエンディングを飾った“楽園の君”を披露。強烈なインパクトを残して、österreichとしての初ライブを終えた。

    TK from 凛として時雨のステージは“kalei de scope”からスタート。ドラムのBOBO、ベースの吉田一郎不可触世界、ピアノの大古晴菜、ヴァイオリンの佐藤帆乃佳という強固なサポートメンバーとともに奏でられるアンサンブルはもはや鉄壁で、映像演出も加わり、聴覚と視覚の両面で張りつめた世界観を展開していく。中盤ではアコギを用いた“haze”や、バラードの“memento”などを挟みつつ、イントロから大歓声の起きた“Fantastic Magic”や、印象的なピアノのループとカオティックな展開が折り重なる“Shandy”ではアグレッシヴに攻めたりと、緩急を生かしたステージ構成で盛り上げた。

    「初めてやる曲を。僕一人ではできないので、助けを借ります」と言って、österreichに続いての参加となる鎌野愛が迎えられ、披露されたのは“moving on”。音源ではsalyuが参加していたパートを鎌野が担当し、TKらしいトランシーな楽曲の高揚感をサビのハイトーンが加速させていく。さらには、前日に配信リリースされたばかりの最新曲“melt”でも、ヨルシカのsuisに代わって、鎌野がボーカルを担当。音源はギター以外打ち込みだったが、ライブでは同期も用いつつ生演奏に置き換えられ、実写とCGを織り交ぜたミュージックビデオとともにドラマチックなサウンドスケープを広げて行く。“moving on”といい“melt”といい、女性ボーカリストからの刺激を受けつつ、最近のTKはメロディーメーカーとしての才能も際立っているように感じられる。ラストは“melt”から一転、最初期曲であるプログレッシヴな大作“film a moment”で締め括られた。

    アンコールでは「國光くんが来てくれるか心配だったけど、安心しました」と笑いながら感謝を伝え、アニメ「東京喰種」第1期のオープニングテーマだった“unravel”が始まると、フロアの盛り上がりは一気に沸点へ。さらに、“P.S. RED I”を畳み掛けると、クライマックスが何度も押し寄せるような怒涛の展開でピークタイムを更新し、ライブが終了。異才同士が正面からぶつかり合った、貴重な一夜が幕を閉じた。

    なお、「Bi-Phase Brain “L side”」は10月8日に名古屋DIAMOND HALL、10月9日になんばHatchで開催され、この2日間にはゲストアクトとしてCö shu Nieが出演する。

     

     

    Photoクレジット

    TK from 凛として時雨→ 岡田貴之

    österreich→ Kana Tarumi

  • TK from 凛として時雨、ゲストボーカルにsuis(ヨルシカ)を迎えた新曲「melt」MV公開&配信スタート

    02.October.2019 | MUSIC

    明日10月3日よりいよいよ東名阪ツアーがスタートするTK from 凛として時雨。

    このツアー直前となる本日10月2日に、すでにアナウンスされていたsuis(ヨルシカ)をゲストボーカルに迎えての配信限定シングル「melt (with suis from ヨルシカ)」の配信が遂にスタートとなった!

     

    TK from 凛として時雨 Digital Single「melt (with suis from ヨルシカ)」 Music Video

    同時に、ミュージックビデオも公開。最勝健太郎が監督を務め、美しい実写映像とCGを織り交ぜたリリックビデオとなっており、儚くも禁断の愛の輪郭を表現しているようにも受け取れ、TK独特の美しい旋律の中にsuisの新しい一面を引き出した本楽曲にふさわしいものとなっている。

  • TK from 凛として時雨、ゲストボーカルにsuis(ヨルシカ)を迎えた新曲のティザー映像公開

    04.September.2019 | MUSIC

    10月に東名阪ツアーを控えるTK from 凛として時雨が、ツアー直前となる10月2日に配信限定シングル「melt (with suis from ヨルシカ)」をリリースすることが明らかとなった。

    本楽曲では、TKのオファーによりヨルシカのボーカルであるsuisの参加が実現。凛として時雨のSNS(InstagramTwitter)では、リリースに先駆けこの新曲の一部が公開されており、「melt」と題されたこの楽曲は、儚くも禁断の愛の輪郭を表現しているようにも受け取れ、TK独特の美しい旋律の中にsuisの新しい一面を垣間見ることができる。

    suis from ヨルシカ コメント

    なぜ自分なのかわからないくらいの扇情的な楽曲にお誘いをいただけて大変光栄です。

    楽曲にかなり精神が引っ張られるタイプなので、レコーディングをした日からずっと胸が苦しいですし、音源を聴くたびに何か悪いことをしているような気持ちになり非常に困っています。

    聴いたかたにも同じ気持ちになってもらえたらいいなと思っています。

    ありがとうございました!

    TK(凛として時雨)コメント

    突如思い立って曲を作りました。

    映像のイメージ、言葉、メロディ、すべての要素を同時に混ぜて。

    そんな時に自分の中にないもの、イメージと遠くで鳴っているものが欲しくなりました。

    「melt」と名付けた曲の中で、suisさんの歌声がすっと近くで溶けていくような

    遠くへ離れていくような儚さをより一層濃くしてくれました。

    ヨルシカを聴いている方にもsuisさんの違う声色を聴いてもらえるのが楽しみです。

    新たな試みを取り入れた素晴らしい映像も併せて遠くまで届きます様に。

  • 映画「東京喰種【S】」月山の“カネキ愛”が止まらない!?主題歌スペシャル予告解禁

    18.July.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール【S】」が、明日7月19日(金)に全国公開を迎える。この度、「東京喰種 トーキョーグール【S】」×女王蜂 主題歌スペシャル予告が登場した。

    公開前に開催した東京、大阪、パリの3都市プレミアはいずれも大盛況、国内のみならず世界からも熱い注目を集めている本作。イベントでは、月山役の松田が度々「この映画は月山とカネキの恋愛映画」と公言し、「『カネキくんを喰べたい』と思って挑み、一目惚れから愛に変わるまでを演じた」と強い“カネキ愛”を語ったことでも話題に。

     

    この度解禁となった主題歌スペシャル予告ではそれを裏付けるかのように、月山とカネキの出会いから、カネキへの思いをぶつけるように激しい攻撃を繰り出す月山のバトルシーンまで、邂逅する二人の姿が映し出されている。紳士的にカネキに近づくも、うっかりケガを負ったカネキの血をふき取ったハンカチを、月山が人知れず興奮気味に嗅いでは恍惚の表情を浮かべる…という原作でもおなじみのシーンも、これまで以上に長尺で登場。公開前からハマり役と評判の松田演じる月山の変態っぷりに、本編への期待が高まる仕上がりとなっている。そして作詞作曲を手掛けた女王蜂のボーカル・アヴちゃんも「シンクロ率が異様に高い」と語る、主題歌「Introduction」とのコラボレーションもぜひ堪能してほしい。

    本作でメガホンをとった川崎拓也監督と平牧和彦監督も、原作人気も高い月山の描き方には強いこだわりを持っていたという。特にクライマックスのバトルでは、単純な戦いではなく「月山がカネキに思いを伝える場、カネキという素材を咀嚼する場」として描いたと語っている。一方、そんな月山に歪ながらも真っ直ぐな愛を注がれ、翻弄されてしまうカネキを演じた窪田は、とにかく「受け身の演技」を大切にしたという。月山のアプローチに戸惑ったり、バトルシーンでは圧倒的強さの前にボロボロになるまで痛めつけられたりと、前作以上にリアクションに重きを置いたカネキの姿も必見だ!

     

    ©2019「東京喰種【S】」製作委員会  ©石田スイ/集英社

  • 女王蜂、映画「東京喰種【S】」主題歌「Introduction」のMV公開

    11.July.2019 | MOVIE / MUSIC

    女王蜂「Introduction(イントロダクション)」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

     

    「Introduction」は女王蜂が5月に発売したニューアルバム「十(ジュウ)」に収録され、7月19日(金)に公開される映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」の主題歌にもなっている楽曲。

     

    女王蜂 「Introduction」Official MV

    今回公開されたミュージックビデオは「HALF」「催眠術」「火炎」「聖戦」に続き、中根さや香監督とタッグを組んだ作品。ぜひチェックしてほしい。

     

    ©️2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©️石田スイ/集英社

  • 窪田正孝・松田翔太ら、フランスにて「東京喰種 トーキョーグール【S】」プレミア試写会開催

    09.July.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックス「東京喰種トーキョーグール:re」。2017年7月には実写映画「東京喰種 トーキョーグール」が世界29ヶ国で公開され、世界的な大ヒットを記録した。そんな本作が、新たなスタッフにより進化した実写映画続編「東京喰種 トーキョーグール【S】」として、2019年7月19日(金)に全国公開を迎える。

    先日、映画公開に先駆けて、7月7日(日)にフランス・パリで開催された第20回「Japan Expo」にて、プレミア試写会を実施。ファンたちとのQ&Aセッションと舞台挨拶に、主演の窪田正孝、松田翔太、山本舞香、永江智大プロデューサーが登場した。

    ステージにキャスト陣が登壇し、窪田と松田が「ボンジュール!」と挨拶すると、フランスのファンからは大歓声が!さっそくファンたちとのQ&Aセッションで本作の魅力を問われると、窪田は「皆さんは普段肉や野菜を食べますが、喰種は人しか喰べられません。喰べられる対象が自分に向けられたときに、人は狂気を感じます。一方で、それが本作の魅力でもあると思います」と【半喰種】のカネキ役らしくコメント。

    永江プロデューサーも、「世界のどこに行っても共通する普遍的なテーマが魅力の一つ。この作品では人間と喰種のさまざまなドラマが描かれますが、それは皆さんの身近な人にも当てはまる。ぜひ自分が喰種になったら、と置き換えて観てみてください」と、本作の深いテーマについて言及した。

    コミックスファンも多いJapan Expoで実施されたイベントらしく、「原作で好きなキャラクターは?」という質問には、窪田は映画には登場していない鈴屋什造(すずやじゅうぞう)、松田はカネキ、山本は自身が演じたトーカを挙げた。

    また、松田が「今回の映画では、月山が初めてカネキ君に会ってからカネキ君を喰べたいと思うまでを演じたので、もう彼以外には考えられないですね」と続けると、月山らしさ満点の回答に会場も大盛り上がり!

     

    続いて行われた映画上映前の舞台挨拶では、これからフランスで初めて上映される機会とあって、会場の盛り上がりはキャスト登壇前から最高潮に!満員の観客に悲鳴にも似た歓声でステージに迎えられると、キャスト陣も笑顔を見せた。これから映画を観るファンたちに注目してほしいポイントを問われると、窪田はずばり「松田翔太!」力強くコメントし、対する松田も「この映画は実は月山とカネキの恋愛映画だと思っているので、そこも楽しみにしてください」と答え、会場からは黄色い歓声が飛び交った。

     

    ©2019「東京喰種【S】」製作委員会  ©石田スイ/集英社

  • 銀座「喰種(グール)レストラン」延長決定!追加チケット販売

    07.July.2019 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    7月19日(金)に公開する「東京喰種 トーキョーグール【S】」を記念し、4万本の薔薇に包まれた深紅の空間で、血をテーマにした禁断の美食を楽しむイマーシブレストラン「喰種レストラン(グールレストラン)」がオープン。場所は銀座某所(場所非公開)。

     

    31日間のチケットが3日間で売り切れるなど、大きな反響を得、8月18日(日)まで14日間期間を延長することが決定した。追加チケットに関しては、7月12日(金)昼12時から公式サイトにて販売を開始する。

     

    喰種レストラン詳細はこちら:場所は非公開!銀座「喰種(グール)レストラン」で4万本の薔薇に包まれて “血の美食” を楽しむ

     

    東京喰種ファンはもちろんのこと、食通からエンターテイメント好きまで楽しめる、新感覚のイマーシブレストランを堪能しよう!

  • 凛として時雨、映画”スパイダーマン”主題歌「Neighbormind」MV公開

    28.June.2019 | MOVIE / MUSIC

    7月3日に、ダブルAサイドシングル「Neighbormind / laser beamer(ネイバーマインド/レイザービーマー)」をリリースする凛として時雨。このシングルに収録の新曲「Neighbormind」が本日からダウンロード配信にて先行リリースとなった。

     

    この楽曲は、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(本日6月28日から日本で世界最速公開)の日本語吹替版主題歌となっている。

     

    凛として時雨「Neighbormind」Music Video

    同時に、フカツマサカズが監督を務めた「Neighbormind」のミュージックビデオも公開に。”スパイダーマン”を示唆する赤と青の2色が際立ったライティングとレーザーによるアートとも言えるような表現が印象的な映像に仕上がっている。ぜひチェックしてほしい。

  • 漫画「東京喰種:re」本格コラボカフェ、池袋・名古屋会場の会期延長決定!

    26.June.2019 | ANIME&GAME / FOOD / SPOT

    シリーズ累計発行部数3700万部を超える大人気漫画「東京喰種」の新章にあたる「東京喰種:re」の本格コラボレーションカフェが、パルコが運営する「THE GUEST café&diner」にて好評開催中。

     

    今回、池袋・名古屋会場での会期延長が決定した。前回開催時に大好評であった人気メニューが復刻、さらに漫画「東京喰種:re」の個性豊かなキャラクター達をイメージしたコラボレーションメニューを展開。

    【復刻】カネキの隻眼カレー ¥1,490(税抜)

    カネキの隻眼をイメージ。注文するとカネキのマスクをイメージした器にてノンアルコールスパークリングが楽しめる。

    「美食家」月山のローストビーフ ¥1,590(税抜)

    「美食家」として名を馳せている月山をイメージしたローストビーフ。目玉をイメージしたチーズ、耳たぶをイメージしたパスタも楽しめる。

    クインクス班の白玉おしるこ ¥1,390(税抜)

    クインクス班のメンバーをイメージしたお団子つき。ウリエがシラズからもらったおしるこにはいちごや栗、白玉が入っている。

    トルソーのミルクティ ¥790(税抜)

    トルソーをイメージしたミルクティ。下に溜まっているベリーソースをゆっくり混ぜて楽しんでみて。

    カフェを利用するとオリジナルランチョマットがプレゼントされる。

    また、ドリンクを注文するとオリジナルステッカー全12種がランダムで1枚プレゼント。

     

    さらに原作公式グッズも販売する。

    「東京喰種トーキョーグール:re」スライダーポーチ 各¥900(税抜)

    「東京喰種トーキョーグール:re」タペストリー 各¥2,500(税抜)

     

    この機会にぜひ足を運んでみてほしい。

     

    ©️石田スイ/集英社

  • 凛として時雨、映画”スパイダーマン”主題歌「Neighbormind」ワンマンライブで初披露

    25.June.2019 | MOVIE / MUSIC

    7月3日に、ダブルAサイドシングル「Neighbormind / laser beamer(ネイバーマインド/レイザービーマー)」をリリースする凛として時雨。6月22日に豊洲PITで行われたワンマンツアー”Tour 2019 Golden Fake Thinking”にて、新曲「Neighbormind」が初披露された。

    この楽曲は、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(6月28日に日本で世界最速公開)の日本語吹替版主題歌となっており、映画公開の同日には先行ダウンロード配信も決定している注目の新曲。

    「舞台PSYCHO-PASSサイコパスVirtue and Vice」主題歌として起用された「laser beamer」もライブでは披露され、映画公開とリリースへと着実に期待が高まる中、この2曲のハイレゾ先行試聴企画“Far From Low-Resolution in Sony Store”が、全5都市のソニーストアでも6月21日から始まっているのでそちらもチェックを。

    凛として時雨のこの全国ツアー”Tour 2019 Golden Fake Thinking”は、来週6月30日にツアーファイナルとなるZepp Osaka Bayside公演が行われる。

     

    ライブ写真クレジット:河本悠貴

  • 映画「東京喰種【S】」TVアニメ版で月山を演じた宮野真守が予告編ナレーションを担当

    17.June.2019 | ANIME&GAME / MOVIE

    2019年7月19日(金)に全国公開される実写映画続編「東京喰種【S】」。2019年6月11日(火)にはTOKYOプレミアを開催し、初めて一般客の前で行われた試写会も大盛況だった本作。プレミアでは、女王蜂の「Introduction」が主題歌に決定したことが発表され、同時に主題歌予告映像も解禁となった。

     

    そしてSNSを中心に盛り上がっているのが、主題歌予告のナレーション。ラストの「東京喰種 トーキョーグール【S】」というタイトルコールを担当するのは、なんとTVアニメ版で月山を演じた人気声優の宮野真守!すでにファンの間では、「タイトル言ってるのマモじゃん!」「予告のマモ最高過ぎ」「Sの言い方w」と、一言ながら抜群の存在感を示している。本作で実写版を演じる松田と、TVアニメ版の声優を務める宮野、ダブル月山の“共演”に大きな注目が集まっている。

     

    「東京喰種 トーキョーグール【S】」主題歌予告90秒

    宮野真守さんコメント

    「東京喰種」は、そして「月山習」は僕にとっても、かけがえのない存在なので、この度このような形で関われた事、心より光栄に感じております。

    僕のナレーションに、スタッフの皆さんが沸き立ってくださったのがとても嬉しかったです(笑)

    そして何より、松田翔太さんの月山習が素晴らし過ぎて、感動いたしました!

    予告だけでも溢れ出るセクシーさにドキドキしたので、早く本編が観たいです!

    是非皆様も、公開を楽しみにしていてください!

     

    ©2019「東京喰種【S】」製作委員会 ©石田スイ/集英社

  • 凛として時雨、映画「スパイダーマン」主題歌のハイレゾ音源がソニーストアで先行試聴可能

    14.June.2019 | MOVIE / MUSIC

    7月3日に、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(6月28日に日本で世界最速公開)の日本語吹替版主題歌となる「Neighbormind(ネイバーマインド)」と、「舞台PSYCHO-PASSサイコパスVirtue and Vice」主題歌として起用された「laser beamer(レイザービーマー)」の2曲を収録したダブルAサイドシングルをリリースする凛として時雨

     

    映画公開とリリースへと着実に期待が高まる中、この2曲のハイレゾ先行試聴企画“Far From Low-Resolution in Sony Store”が、全5都市のソニーストアで開催決定した。「Neighbormind」は、Royal BloodやPixiesなどを手がける、ロンドンのTom Dalgetyがエンジニアを、「laser beamer」はTKがエンジニアを務めており、2曲のエンジニアリングの違いを、それぞれNeighbormind=96k/24bit、laser beamer=48k/24bitの高音質で音源を楽しむことができる。

     

    スタートは映画公開及びダウンロード配信が始まる6月28日(金)の1週間前となる、6月21日(金)から。リリースに先駆け、高音質で楽曲を体験できるチャンスとなるので、ぜひチェックしよう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US