日本家屋をリノベーションした「スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店」京都景観賞受賞

24.November.2018 | FOOD / SPOT

京都市が50年後,100年後にも評価される景観の形成を目指し,伝統文化の継承と新たな創造が調和する創意工夫にあふれた景観づくりを表彰する、平成30年度京都景観賞の屋外広告物部門。この名誉ある賞の市長賞を「スターバックスコーヒー京都二寧坂ヤサカ茶屋店」が受賞した。同店舗の袖看板、軒燈籠、銅板の表札を含む意匠が目新しく味わい深いものでありながら、地域への配慮が伺える景観に調和した点が評価されたとのこと。

 

「スターバックス コーヒー 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」は、2017年6月、京都市東山区の二寧坂にオープンした築100年を超える2階建ての伝統的な日本家屋の店舗。彌榮(やさか)自動車株式会社所有のこの建物は、二寧坂にある産寧坂伝統的建造物群保存地区保存計画の「伝統的建造物」として主屋と大塀が保存されている。この歴史ある日本家屋や地域への敬意を込めて、京都の文化や伝統とスターバックスのコーヒー文化を融合させた空間が作られた。

店舗の外観は、まち並みとの調和を考慮して2階壁面には木製サインを使用。軒燈籠にはスターバックスの1971年創業当時のサイレン(ロゴの中央に描かれている人魚)を施している。さらに入口には表札として銅板にロゴを入れたものを設置し、世界初となる暖簾を掛け、景観に調和した佇まいに。暖簾を潜った先の店内には、京都・東山花灯路の行燈に見立てたカウンターで、バリスタが利用客を出迎える。2階には、畳の上で靴を脱いでくつろげる座敷を用意し、いつもとは異なる空間でお気に入りのコーヒーを楽しむことができる。

 

スターバックスのブランドプロミスは「Moments of Connection -つながりの瞬間-」。京都二寧坂ヤサカ茶屋店で、京都の街の歴史を感じながら、ホッと一息つける暖かな時間を過ごしてみは?

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US