【ライブレポート】あいみょん 全国ツアーファイナル公演をZepp Tokyoにて開催

18.December.2018 | MUSIC

2018年12月17日、あいみょんが「AIMYON TOUR 2018 -HONEY LADY BABY-」のツアーファイナルを東京・Zepp Tokyoで開催した。あいみょんにとって過去最大規模となる今回のツアーは、10都市11公演が即日ソールドアウト。年末には「NHK紅白歌合戦」への初出場も控える中、アンコール含め全21曲を熱唱し、会場を埋め尽くしたオーディエンスを魅了した。

バンドメンバーと共にあいみょんがステージに登場し、大歓声が送られる中、ライブは“満月の夜なら”からスタート。「東京ファイナル!よろしくお願いします!」と叫ぶと、軽快なカントリー調の人気曲“ふたりの世界”では〈まだ眠たくないのセックス〉という歌詞でコール&レスポンスをし、“ジェニファー”では凛とした歌声でボーカリストとしての魅力を伝えていく。

「本日ファイナルです。最後の最後、全力を出し切って終わらせたいと思います」と話すと、「あいみょん」の名付け親である大事な友人に贈った“○○ちゃん”、あいみょん流の応援歌“プレゼント”を続けて演奏。「みなさん、元気ですか?」と呼びかけて始まったアップテンポの“RING DING”ではステージ前方まで出て行ってオーディエンスを煽り、ドラマ主題歌として、人気をさらに後押しした“今夜このまま”では、会場中が手拍子で包まれた。

ここでバンドメンバーが一度ステージから下りると、アコギ一本の弾き語りで“風のささやき”を歌い、シンガーソングライターとしての真骨頂を見せつける。続くMCでは、ツアー中に太陽の塔を見学したことを話し、以前から「いつか太陽の塔の下で歌いたい」という目標を掲げていることを伝えると、「実現したら、また今日みたいに集まってください」と、トーキングブルース調の“tower of the sun”をハーモニカを吹きながら披露した。

あいみょんらしいフォーキーな男目線ラブソング“君がいない夜を越えられやしない”、オルガンのイントロに導かれて始まった“青春と青春と青春”に続いては、バンドメンバーとともにツアーを振り返り、各地でやってきたという「ご当地クイズ」を、この日は「時事ネタクイズ」として開催。紅白話も交え、アットホームな雰囲気のまま“あなたのために”が演奏されると、続いては一転、マイナー調の“マトリョーシカ”へ。印象的なピアノのイントロから始まる“生きていたんだよな”では赤を基調とした照明の演出も加わり、シリアスな顔も覗かせた。

「新曲のミュージックビデオの撮影をします」と伝えられ、会場中がざわつく中で始まったのは疾走感のあるパンクナンバー“夢追いベンガル”。ここまでで一番の盛り上がりを見せると、後半ではあいみょんがハンドマイクで熱唱し、さらなる熱狂が生まれる。「ここから休みなく進みます!」と始まった“愛を伝えたいだとか”では一転、客席がダンスフロアに様変わり。オーディエンスの大合唱が印象的だった“君はロックを聴かない”に続いて、イントロから手拍子が巻き起こった“貴方解剖純愛歌〜死ね〜”ではバンドメンバーとともにテンション高いパフォーマンスを披露し、場内はますますヒートアップ。この曲調の幅広さも、あいみょんならではだ。

「太陽の塔を観に行ったら、周りに見覚えのある花がたくさん咲いてて、運命だと思いました。今年はマリーゴールドという花がいろんなものを運んできてくれたので、最後はその曲で終わろうと思います」と話すと、“マリーゴールド”を大事に歌い上げて、本編が終了した。

自然と巻き起こった「あいみょんコール」に応える形で再びステージに姿を現すと、映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」に提供し、吉岡里帆演じるストリートミュージシャン・ふうかが歌った主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」を、映画さながらの熱量でセルフカバー。最後のMCでは「2018年はいろんなことがあり過ぎたので、来年はみんなに感謝を返したいです」と話し、涙で言葉が詰まる場面も。「言いたいことまとまらないけど、みんなのことが大好きだっていうことは言いたいです。自分の音楽生活に絶望は見えへんって自覚しました。出会ってくれてありがとうございました。とてもいい夜でした」と感謝を伝え、この夜の締め括りとして“GOOD NIGHT BABY”が演奏された。

最後に一人ステージに残ったあいみょんが「お知らせがあります」と告げると、2月13日にニューアルバムをリリースすること、さらに、2月18日に初の日本武道館での弾き語りワンマンが決定したことを発表。悲鳴のような大歓声に再びあいみょんが涙ぐみ、感動的な瞬間となった。「初めての武道館は弾き語りでやりたかったんで、嬉しいです」という力強い言葉を残して、2018年の集大成となるツアーファイナルが幕を閉じた。

 

文:金子厚武

撮影:永峰拓也

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US