TEMPURA KIDZ P→★の動物カフェ日記 #4 豆柴に癒される 原宿「原宿乃豆柴カフェ」

07.February.2019 | FEATURES / SPOT

動物が大好きなTEMPURA KIDZのP→★ちゃんが、都内の動物カフェを巡る連載企画。今回は、原宿竹下通りの「原宿乃豆柴カフェ」にお邪魔しました!

「原宿乃豆柴カフェ」は、東京初の豆柴カフェ。JR原宿駅から徒歩3分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩5分と、原宿観光のついでに立ち寄りやすい立地。同じビルの地下1階は系列店「原宿乃フクロウの森」もあります。

昭和歌謡が流れるレトロな店内で、風呂敷柄のバンダナをした豆柴たちがお客さんを待っています。畳敷きなので靴を脱いで店内へ。入場は店頭での当日券のみで、時間は30分制(大人880円)。チケットを購入したら、指定の時間に戻ってきます。売りきれてしまうこともあるので、早めに当日券を買いに行きましょう。

店内はワンドリンク制。好きな飲物を選んだら、畳に座って豆柴たちと遊びましょう。ノスタルジックな畳敷きの店内には、ちゃぶ台やレトロなテレビなどが置いてあります。自動販売機まで和ダンス柄!

豆柴たちは、朝はとっても活動的! 思い思いに自由に過ごしています。中でも、陽が入ってポカポカの窓際がお気に入りの様子。

お店ではだっこは禁止ですが、豆柴から抱きつかれることも! 元気いっぱいの豆柴と触れ合えます。

おもちゃを使ったり、おやつをあげたりして、好きなだけ豆柴たちと遊べます。

豆柴たちは、お昼が近づいてくるとお昼寝モード。寝っ転がる子が増えてきます。その分、一緒に写真を撮りやすくなるから、一緒に撮影したい人はお昼すぎに入るのがおすすめ! 豆柴たちは起きたりお昼寝を繰り返したりして、閉店時間まで自由に過ごしています。

店内では柴犬グッズも販売しています。「忠犬もちしば」や「柴田さん」など、人気の柴犬キャラがたくさん! 1番人気は「忠犬もちしばのねそべりキーホルダー」だそう。

P→★ちゃんは、「小さい頃におばあちゃん家に柴犬の赤ちゃんがいて、その子以来、柴犬に触れ合いました! チワワみたいに可愛らしい犬より、少し個性がある豆柴の方が好き。お店も和テイストで広くて落ち着くし、最高の時間でした!」と大満足の様子。

「原宿乃豆柴カフェ」は、ペットが飼えないマンション暮らしの人や外国人観光客で毎日大盛況。ウェブや電話では予約できないので、原宿観光の最初に立ち寄って当日券をゲットしてから、竹下通りで遊びましょう。原宿・竹下通りの真ん中で、可愛い豆柴に癒されてみては?

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US