お台場のアートミュージアム「 チームラボ ボーダレス」に春限定の作品登場

09.February.2019 | SPOT

森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless 」は 、境界なくつながっていく世界 と、季節の移ろいを体験できるミュージアム。2019年3月上旬から5月下旬の期間は、季節とともに変化した春の作品を体験することができる。

 

『Borderless World』内の「花の精霊」には、沈丁花(ジンチョウゲ)や蓮華草(レンゲソウ)、「積層された空間 に咲く花々」には梅や牡丹等の春の花が咲き誇り、「地形の記憶」にも春の景色が広がる。 また、「呼応するランプの森」には、桜色一色でランプが輝く「呼応するランプの森 – ワンストローク、桜」のほか、5色の春の野山の色で輝く「呼応するランプの森 – ワンストローク、春の野山」も登場。

※期間中でも、時期によって見られる花の種類・作品が異なります

 

「呼応するランプの森 – ワンストローク、桜」ダイジェスト映像

 

「呼応するランプの森 – ワンストローク」

3月上旬~4月下旬

「呼応するランプの森 – ワンストローク」に春限定の 2 作品が追加。桜(さくら)の1色でランプが輝く、「呼応するランプの森 – ワンストローク、桜」と、山吹(やまぶき)、裏山吹(うらやまぶき) 、青山吹(あおやまぶき)、 花山吹(はなやまぶき)、桃(もも)の 5 色で輝く「呼応するランプの森 – ワンストローク、春の野山」が3 月から登場。 人がランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き音色を響かせる。そのランプの光は、最も近い二つのランプに伝播していき、伝播したランプの光は、それぞれ同じように強く輝き音色を響かせながら、最も近いランプに伝播。同じように連続していく。

 

「花の精霊」

3月上旬~4月下旬

一年間を通して、刻々と咲いていく花々が移り変わり、他の作品と影響し合う 「花の精霊」には、3月は沈丁花が、4月は蓮華草が登場。

 

 

「積層された空間に咲く花々」

2月9日(土)~5月下旬

「積層された空間に咲く花々」では、2月から3月までは梅が、4月から5月までは、牡丹の花が広がる。誕生と死滅を永遠に繰り返し続ける、無数の透明な像による花々は、来場者を作品の一部にしていく。

 

「地形の記憶」

3月上旬~5月下旬

分け入ることのできる高低差のある空間で、悠久な里山の景色を描く「地形の 記憶」には、3 月から春の景色が広がる。現実の時間の流れと共に移ろう作品世界の昆虫や花々は、人々の振舞の影響を受けて動きが変化。自然の景色がそうであるように、ほとんど変わらないが同じではない風景が、毎年、悠久に続いている。

 

最新技術と自然の神秘が融合した、全く新しい感動体験を味わおう!

RELATED ENTRIES

  • 水に入るミュージアム 豊洲「チームラボプラネッツ」の作品が期間限定で桜のアートに

    12.February.2020 | SPOT

    2018年7月の開館から1年で、世界106の国と地域から、 125万人以上が来館している豊洲「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」は、裸足になって超巨大な作品の中に身体ごと没入していく”水に入るミュージアム”。 そんな「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」では、ミュージアム内の2作品が、2020年3月1日(日)から 4月30日(木)まで期間限定で春の装いとなる。

    時間と共に刻々と変化しながら花々が咲き渡り、生命の宇宙が空間に広がる作品「Floating in the Falling Universe of Flowers」が、今の時期だけ桜の空間に。

    さらに、来場者が裸足になって水の中を歩く作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity」では、無限に広がる水面に鯉が泳ぎ、鯉は人々にぶつかると、桜に変化し散っていく。

     

    一年を通して咲く花々。季節とともに移り変わるその美しい様子をデジタルアートの世界で堪能しよう。

  • 触れると色が変化するツリー「チームラボ: 呼応する生命の樹」お台場ヴィーナスフォートに登場

    18.November.2019 | SPOT

    お台場ヴィーナスフォートは、2019年11月30日(土)より、昨年好評を博した「チームラボ: 呼応する生命の樹」をはじめ、様々なクリスマスコンテンツを展開する。

    <チームラボ: 呼応する生命の樹>teamLab, The Tree of Resonating Colors of Life, 2018, Interactive Installation, Endless, H: 8000 mm W: 6000 mm D: 6000 mm Sound: Hideaki Takahashi© teamLab

    館内オリーブ広場には、アート集団「チームラボ」が創り上げる「チームラボ: 呼応する生命の樹」を展示。光の球体が集まってできた、巨大でインタラクティブな光のツリーによって、今年もオリーブ広場が人々の存在によって変化するインタラクティブな光の空間へと姿を変える。

    また、噴水広場の天空から雪が舞い降りる、毎年人気の降雪イベント「SNOW WISH」を今年も開催。今回は「VenusFort Illumination 2019-2020 -Grateful Harmony-」とコラボレーションし、心温まる幻想的な演出でクリスマスムードを盛り上げる。

    さらに、豪華賞品が当たる「CHRISTMAS抽選会」や、大人数でクリスマスを楽しむのにぴったりな「VenusFort PARTY MENU」のほか、お得に買い物が楽しめる「VenusFort “BLACK FRIDAY”Market」なども開催。

     

    ここでしか体験できない、遊び心溢れるヴィーナスフォートならではのウィンターイベントを満喫しよう。

  • 福岡城跡が光のアート空間に!「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」

    07.November.2019 | SPOT

    2019年11月29日(金)から 2020年2月2日(日)まで、今年も「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が、開催されることが決定しました。2017年に続き、舞鶴公園の福岡城跡が、チームラボのインタラクティブな光のアート空間に包まれます。

    呼吸し呼応する石垣 – 石城跡 / Breathing Resonating Stone Wall – Fukuoka Castle Ruins
    teamLab, 2017, Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    福岡城は、1601年から7年の歳月をかけて築かれた、城の規模としては九州一の巨城です。本丸・二の丸・三の丸などの中心部は総石垣造りで、別名・石城とも呼ばれ、今も非常に美しい石垣が四層に分かれている、広大な史跡となっています。

    大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives in the Stone Wall – Fukuoka Castle Tower Ruins

    teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    今回の「チームラボ 福岡城跡 光の祭」は、チームラボのアートプロジェクト「Digitized City」によるもの。「Digitized City」は、街を物理的に変えることなく、非物質的であるデジタルテクノロジーによって”街が街のままアートになる”プロジェクトです。

     

    「チームラボ 福岡城跡 光の祭」では、美しい石垣のある福岡城跡の中心部約2万平米を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えていきます。

    石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡 / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as Well in the Stone Wall – Fukuoka Castle Tower Ruins
    teamLab, 2019, Digital Installation, 4 min 20 sec (loop), Sound: Hideaki Takahashi

    お絵かき黒田官兵衛 / Sketch Kuroda Kanbei, teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, Kenta Matsukuma, Jun Tanaka (Big Cats Creatives) 

    今回は、光で描かれた黒い八咫烏が大天守台跡の石垣を飛び回る「石垣の追われるカラス、追うカラスも追われるカラス – 石城大天守台跡」や、福岡の礎を築いた福岡藩の藩祖”黒田官兵衛”らを描く「お絵かき黒田官兵衛」など、新たな4作品を含む、計7作品が展示される予定です。

     

    福岡の夜を彩る「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」に参加して、インタラクティブなアート作品を体感しよう。

  • ”ドラえもん”オフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」ダイバーシティ東京プラザにオープン

    31.October.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    世代を超えて世界中から愛されている「ドラえもん」の世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」が2019年12月1日に東京お台場のダイバーシティ東京プラザにオープン!

     

    「ドラえもん未来デパート」は、物販だけでなく、作品に登場するひみつ道具を使用しているかのような感覚を味わうこともできる体験型店舗。店内は大きく3つのゾーンに分かれ、年齢や性別を問わず誰でも楽しめる。

    まずはエントランスでドラえもんがゲストをお出迎え。エントランスを抜けると、ひみつ道具の性能を体験できる!?アトラクションゾーン「ひみつ道具ラボ」が広がっている。

     

    ひみつ道具ラボの次は、世界に一つだけのオリジナルグッズを作ることのできる、カスタマイズゾーンへと続く。カスタマイズゾーンでは、自分だけのオリジナルアイテムが作れるので、家族や友人など、大切な人とのお揃いアイテムが楽しめる。

     

    そしてショップ(物販)ゾーンには、ここでしか手に入らない「ドラえもん未来デパート」限定商品を始め、数々のドラえもんグッズがズラリ!オリジナルグッズやひみつ道具ラボ、カスタマイズゾーンについては、追って詳細が知らされるとのこと。続報を楽しみに待とう!

  • チームラボ、アート作品「小人が住まう黒板」をスウェーデン・ストックホルムに常設展示

    15.August.2019 | SPOT

    チームラボが、アート作品「小人が住まう黒板」をスウェーデン・ストックホルムのMUJI ÅHLÉNS CITY STOCKHOLM 4階子供服売場に2019年8月16日(金)から常設展示している。

     

    小人が住まう黒板 / A blackboard where Little People Live

    「小人が住まう黒板」の中には、小人が住んでいる。黒板の中の小人やシャボン玉などにタッチしたり、線を引いたりすると、インタラクティブに世界が変化していく。自由なクリエイティビティを高める「共創の場」で、遊びを通して他者と関わり、黒板の中の世界を創造しよう。そこに、ゲームをクリアするような明確なゴールはない。ゴールすらも自分たちでみつけ、遊び方を自分たちで創造しながら、そこに居る人たちが共に創り上げていく。

     

    ぜひアート作品に触れてみてほしい。

  • 豊洲「チームラボプラネッツ」に期間限定 ”向日葵” のデジタルアートが登場

    03.July.2019 | SPOT

    東京・豊洲の新しい観光スポットになっている水に入るミュージアム「チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com」が、2019年7月7日(日)をもってオープン1周年を迎えます。

    そこで7月7日から7月21日までの期間に、来場者が裸足になって水の中を歩く作品「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング -Infinity」では、水面を泳ぐ鯉が人々にぶつかると、鯉たちが向日葵に変化し散っていくデジタルアートを展開。

    また、ミュージアムに併設するレストラン「The Bowl Steakhouse」ではかき氷が、フードスタンド「Everything is in your hand」ではラップサンドが、夏の新メニューとして登場します。

    人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity

    Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity

    teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

     

    無限に広がる水面に鯉が泳いでいる。人々は水の中に入り歩く。

    鯉は、水の中の人々の存在に影響を受け、また他の鯉の影響を受けながら泳ぐ。

    そして、鯉は、人々にぶつかると、花となって散っていく。

    一年を通して、咲いていく花々は季節とともに移り変わっていく。

    人々の存在に影響を受けて泳ぐ鯉の軌跡によって、線が描かれていく。

    作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。

    チームラボプラネッツに併設するレストラン「The Bowl Steakhouse」から7月20日から発売されるかき氷3種類は、左から苺・抹茶あずき・マンゴー。具材たっぷりのかき氷にそれぞれの風味がついた滑らかな生クリームをのせた夏デザートです。

    チームラボプラネッツに併設するフードスタンド「Everything is in your hand」から7月13日から発売されるラップサンド5種。メキシコチリコンカン、サラダチキン、サーモン&クリームチーズ、アボカド&シュリンプ、ヴィーガンサラダが新たに追加となります。

     

    暑い夏は「水に入るミュージアム」で最新デジタルアートと爽やかなフードメニューを試してみて♪

  • 東京の夜景を独り占め♡お台場「東京トワイライトプールプラン2019」

    27.June.2019 | SPOT

    グランドニッコー東京 台場にて、お台場から見ることができる美しい東京の夜景とともに、ゴージャスな夜をプールで楽しめる夏限定の「東京トワイライトプールプラン 2019」が今年も登場。

    今年の「東京トワイライトプールプラン 2019」は、チキンと野菜のオーロラソースのミニドッグや、バーベキューソースのスペアリブなど、写真を撮りたい場面が増えそうな豪華なフードメニューと、高品質のシャンパーニュとして世界トップクラスの航空会社やホテルでも選ばれている「ジャカール」をフリーフローで楽しめる贅沢なプランです。

     

    お台場からだけ望むことができる東京の美しい夜景に包まれたテラスプールで、シャンパーニュや美味しくて映える華やかなフードとともに、お友達同士やカップルで贅沢なトワイライトタイムを楽しもう。

  • チームラボ、ワシントンD.C.で開催中「日本美術に見る動物の姿展」に作品展示

    14.June.2019 | SPOT

    チームラボは、米国ワシントンD.C.「ナショナル・ギャラリー・オブ・アート」で開催中の、動物表現に関連した大型の日本美術展「The Life of Animals in Japanese Art(日本美術に見る動物の姿)」にて、「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」を展示する。繊細な線で描かれた升目画の世界と、升目ごとに抽象化された世界とが、鑑賞者の存在により入り混じるインタラクティブな本作。2019年6月2日(日)から8月18日(日)まで展示予定だ。

     

    「日本美術に見る動物の姿」展は、5世紀の埴輪から現代にいたるまで動物表現に関連した日米の重要なコレクションから、選りすぐりの作品300点以上が一堂に集まるかつてない規模と内容の展覧会。「埴輪犬」から、康円「木造騎獅文殊菩薩及脇侍像」(重要文化財、東京国立博物館蔵)、「八相涅槃図」(名古屋市・西来寺蔵)、伊藤若冲「旭日松鶴図」(摘水軒記念文化振興財団蔵)、河鍋暁斎「惺々狂斎画帖(三)」(個人蔵)、草間彌生「SHO-CHAN」など、5・6世紀から現代美術にいたるまで表情豊かな動物が描かれた作品が展示される。

    世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う United, Fragmented, Repeated and Impermanent World
    teamLab, 2013, Interactive Digital Work, Endless, 8 channels, Sound: Hideaki Takahashi

    伊藤若冲は、近世日本の絵師の一人。江戸時代中期の京都にて活躍した。若冲は、画面全体を数万もの升の形に区切って升目ごとに彩色する、「升目画」という特異な表現方法を残している。本作品は「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフにしている。名画と最新テクノロジーが融合した新時代のアートをチェックしよう!

  • チームラボ「金沢21世紀美術館」で個展を開催

    05.June.2019 | ANIME&GAME / SPOT

    チームラボは、石川県・金沢市の現代美術館「金沢21世紀美術館」にて、個展「チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花」を2019年8月9日(金)から9月1日(日)まで開催する。

    永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども共に生きる
    Continuous Life and Death at the Now of Eternity, Cannot be Controlled but Live Together
    teamLab, 2019, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    反転無分別 – Black in White
    Reversible Rotation – Black in White
    teamLab, 2018, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

    本展は、一つの連続した波によるインスタレーション「Black Waves: 埋もれ失いそして生まれる」と、来場者のふるまいの影響を受けながら変容し続ける空間「永遠の今の中で連続する生と死、コントロールできないけれども共に生きる」を展示。そのほか、空間に書く書「空書」が作品空間の中を回転していく「反転無分別 – Black in White」、来場者が描いた花々が、壁に生まれ、群生し広がっていく「グラフィティ フラワーズ ボミング」なども展示する。

    グラフィティ フラワーズ ボミング
    Graffiti Flowers Bombing
    teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

    人々が他者と共にデジタルアート作品の一部となり、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変え、世界との境界のない新しい関係を模索する本展。最新技術を駆使した新しいアートの形を体感しよう!

  • お台場のデジタルアートミュージアム「チームラボ ボーダレス」から夜入場でお得な「ナイトパス」登場

    17.May.2019 | SPOT

    森ビルとチームラボが共同で運営する「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビルディング デジタルアートミュージアム エプソン チームラボボーダレス)」は、境界なくつながっていく世界と季節の移ろいを体験できる「地図のないミュージアム」。5月下旬まで、春限定のデジタルアートを体験できることも話題だ。

     

    そんな同ミュージアムが、2019 年 7 月 13 日(土)~9 月 1 日(日)の期間限定で、平日の開館時間を週末と同じ21:00まで延長することを決定した。また、同期間のみ18:00から入館できる「ナイトパス」が枚数限定で発売され、夜の時間帯にも文化・芸術をより身近に感じられる。

     

    この機会に、自らの身体を使って探索しながら他者と共に新しい体験を創り出していく“ボーダレス”な世界を体験しよう。

  • 「タマ&フレンズ」初のコンセプトカフェがアクアシティお台場にオープン

    15.April.2019 | FOOD / SPOT

    「タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?~」が誕生36年を迎え、初となるコンセプトカフェがオープンすることが決定した。カフェの名称は「タマ&フレンズ 3丁目カフェ」。4月25日(木)から2020年3月31日(火)までの期間限定でアクアシティお台場6階にオープンする。

    店内は親子で楽しめるキッズスペースの他に、フォトスポットやトリックアート、物販コーナーも用意される予定。充電設備のあるテラス席も用意しているので、大人の方でもゆっくりくつろぐことができる。

     

    ぜひ家族や友人と足を運んでみて♪

     

    (C)Sony Creative Products Inc. / Tama & Friends Project

  • 100種以上のプリン大集結!ご当地プリンフェス in DiverCity Tokyo Plaza 2019開催

    06.April.2019 | FOOD

    ダイバーシティ東京プラザでは、全国各地の大人気お取り寄せプリンが一堂に会するイベント「ご当地プリンフェス in DiverCity Tokyo Plaza 2019(以下、 ご当地プリンフェス)」を開催する。

     

    3回目の開催となる今回は、「お取り寄せプリンブース」に全国各地から集めた70種類以上のご当地プリンを用意。また、「ゲストプリンブース」にはお取り寄せの名店が出店。さらに、「プリン工房ブース」では、ダイバーシティ東京に行かなければ食べることの出来ないプリンフェスオリジナルメニューを楽しむことができる。今回は合計100種類以上のプリンを揃え、昨年よりも更にパワーアップして開催される。

     

    ふらの牛乳プリン

    ファン祖牛乳瓶入りプリン。

     

    黄金プリン

    卵黄の味わいと良質なミルクを感じる、とろける食感。

     

    蔵王プリン

    なめらかな食感に濃厚な味わい。

     

    名古屋コーチン卵レトロプリン

    日本三大地鶏「ナゴヤコーチン」の卵を使用。

     

    販売するプリンは、今まで累計2,000個以上のプリンを食し、現在も各地のプリンを探求する最強のプリン発掘隊「ご当地グルメ研究会」が選びぬいた商品で、普段は百貨店の催事やイベントでも食べられない貴重なプリンが登場。厳選されたプリンが一堂に会する絶好の機会をお見逃しなく!

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US