目黒川・隅田川をクルージング!「お花見CHANDON2019目黒川・隅田川」販売

10.February.2019 | SPOT

オーダーメイドの貸し切りクルージング「アニバーサリークルーズ」を運営するSPICE SERVE(スパイスサーブ)は、2015年からこれまで約3000人が参加した「お花見CHANDON2019目黒川・隅田川」の販売を、2019年2月8日(金)より開始した。

目黒川プランではシャンドン ロゼが飲み放題に!

さらに東京湾最大級のポンツーンボート、プレミアム・フローティングラウンジ「クエスト号」が登場し、ラグジュアリーなクルーザーで特別なお花見を演出し盛り上げる。

隅田川クルーズでは虎ノ門に昨年末オープンした人気店「TORA DELI」の特製お花見弁当を新たに用意。スイーツプランでは昨年に引き続きパティスリーSAKURAから本企画限定の特別なスイーツを提供する。

昨年より進化した「お花見CHANDONクルーズ」を大切な人と楽しもう。

RELATED ENTRIES

  • 少人数で楽しむ「エア花見」をおふろcafe bijinyuで開催中

    28.March.2021 | SPOT

    おふろcafe bijinyuでは、コロナ禍でもお花見が楽しめる「エア花見」を開催中。おふろcafe®は、コーヒーや雑誌・コミック、マッサージチェア、PCレンタルなどのサービスが無料。まるで家に友達を招いたかのように、ゆったり・だらだらくつろげる空間だ。

     

    期間中、高さ3メートルの桜シンボルツリーを店内に設置して室内でお花見会場を提供している。店内のお花見の他にも、お土産コーナーには桜をモチーフとした商品を用意し、おうち時間でもお花見気分が味わえる。

     

    大人数での宴会をともなう花見が自粛となる中、おふろcafé各店では感染リスクを抑えながらお花見を楽しめるサービスを模索している。おふろcafe bijinyuは、従来より2〜3名で来る若い客が多く、少人数で各々自分の楽しみ方で店舗を利用している。桜を眺めながら読書をしたり、ボードゲームをしたりと、静かなお花見気分を楽しめる企画だ。

     

    おふろcafe bijinyuでリラックスしながらお花見を楽しもう!

  • 春の訪れを感じる「江戸 桜まつり」を日本橋三越本店で開催

    15.March.2021 | FASHION / FOOD / SPOT

    日本橋三越本店では、2021年3月17日(水)から4月13日(火)まで、「江戸 桜まつり」を開催する。

     

    日本気象協会の発表によると今年の桜の開花は平年より早く、東京都心では、今月中旬に開花が予想されている。日本橋には、「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」など桜の名所が多く存在し、古くから桜を愛でる文化が根づいている。満開の桜を眺めながら、親しい人たちと麗らかな季節の訪れを喜び宴を楽しむ。そんな当たり前だった春の醍醐味が難しくなっているこの春、日本橋三越本店では、桜の色や形をモチーフとした品々を取り揃えて、自宅で楽しむ「インドア花見」を提案する。

     

    屋外で楽しむお花見と同じような心持ちで、部屋に飾ったり、お花見弁当や総菜、桜スイーツを味わったり、装いや暮らしに桜を取り入れれば、家の雰囲気も、気分も一気に春めく。本館・新館各階に華やぎの季節へと誘ってくれる旬の彩りをバラエティ豊かに取り揃える。

     

    また、日本橋の街では、3月19日(金)より、「SAKURA FES NIHONBASHI 2021」が開催される。日本橋の約150店舗が「春・桜」をテーマとしたテイクアウトフードを揃え、「ご自宅でも楽しめるお花見体験」を提供し、日本橋三越本店も参加する。

     

     

    内容 一部紹介(全て税込)

     

    桜の盆栽でおうちで本格的なお花見

    桜盆栽各種 4,400円/桜色の盆栽鉢 3,520円~

     

    おうち時間が増えた新しい日常の中、身近で楽しめる趣味として、人気が高まりつつある盆栽。この春は、自宅で本格的なお花見が楽しめる桜の盆栽を提案する。本館屋上「盆栽 清香園」では、桜の盆栽のほか、花が散った後の葉桜が映える桜色の鉢も販売。きちんと手入れをすれば、また来年も可憐な花を咲かせる。盆栽を自身で作ってみたいという人には、ワークショップも実施する。(2,200円/苗代・鉢代別)

     

    場所:盆栽 清香園

     

     

    自宅で楽しむ旬の味覚で口福な春を

    お花見御膳 はるうらら 1,944円

     

    ちらし寿司と筍ご飯に多彩なおかずが盛り込まれた豪華な二段重。ピンクと白の折箱で見た目にも春らしい一折だ。自宅にいながら少し贅沢な外食気分に。

    場所:なだ万厨房

    販売期間:4月10日(土)まで

     

    さくらマカロン 270円

     

    お茶会用として使用される選りぐりの抹茶をガナッシュにし、桜香る見た目にも鮮やかなマカロンでサンドした。

    場所:日本橋 和の茶 伊藤園

    販売期間:3月30日(火)まで

     

    自宅に春を呼び込もう~身の回りに桜モチーフを

    桜文様天開タンブラーペア 19,800円

     

    熟練の職人技で美しい桜柄のカットを施した、ブルーとピンクの色合いが鮮やかな一対。木箱入りでギフトにもおすすめだ。(10点限り)

    場所:江戸切子 彩鳳

     

    桜・さくら 13,200円

     

    鋳物のまち・富山県高岡市に受け継がれる伝統技術をもとに桜の花を造形。日本的で美しい風情が食卓を華やかに演出する。

    場所:能作

     

    日本橋三越本店で開催される「江戸 桜まつり」で春を存分に味わおう!

  • 星野リゾート「界」全国14施設で桜を楽しむ「乙な花見旅」

    24.February.2020 | FOOD / SPOT

    星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」が2020年3月15日(日)〜5月31日(日)の間、全国14施設にて花と一緒にご当地の歴史や風習を体験できる「乙な花見旅」を提案。

    「乙な花見旅」とは、花を愛出るだけで終わらない、ご当地の歴史や風習を体感できる新しい花見。その昔、旅に携帯していた行李にちなみ、お花見を盛り上げる「花見行李」を用意している。今回はMOSHI MOSHI NIPPON編集部が気になる地域の「花見行李」をご紹介。

     

    界 津軽(青森)

    南津軽・大鰐に位置する青森県の温泉旅館「界 津軽」では、「しだれ桜独り占め滞在」を実施。広い庭を有する離れの客室に泊まり、庭に咲く7本のしだれ桜を独り占め気分で愛でることができる。また、アップルパイ、シードルを堪能できる他、桜の木下でスタッフのレクチャーを受けながら津軽三味線の演奏体験ができる。

     

    しだれ桜独り占め滞在

    期間:2020年5月1日(金)〜7日(木)

    料金:1名5,000円

    定員:1日1組(2名〜4名)

    予約:界予約センター(0570-073-011)

    備考:津軽三味線の演奏体験15:30〜16:30

     

    界 川治(栃木)


    日の出とともに目覚め、朝早くから働き始める里山の暮らしにならって、朝のひと仕事として水車小屋で野草茶を作る。すり鉢や焙烙(ほうろく)など昔ながらの道具を使って、春の野草をお茶に仕上げ、自分で作った野草茶を持ってお花見スタート。早朝の静かな食事処で窓辺に咲き誇るソメイヨシノを眺め、里山の春の芽吹きを感じる野草茶を味わうことで、里山の春の訪れを満喫できる。
    開催期間:2020年4月18日~25日

     

    界 出雲(島根)

    島根の玉造温泉に佇む全室露天風呂付きの温泉旅館「界 出雲」では、「さくら行楽」を開催。島根県・松江発祥の割子蕎麦を桜並木も下で堪能できる。

     

    さくら行楽

    期間:2020年4月1日(木)〜4月20日(月)

    時間:15:00〜19:00

    料金:花見行李1セット(2名分)500円 ※1日5セット限定

    予約:当日フロントにて受付

    備考:人力車は4月1日(木)〜7日(火)1名3,000円(乗車時間30分)1日5組(1組1〜2名)

     

    界 加賀(石川)

    加賀の隠れたしだれ桜の名所にて、自身で立てたお茶を飲みながら花見を楽しむことができる。文化事業に造詣が深い前田家が推し進めた文化政策が、約400年に渡って浸透し続けている基盤のある石川県。このプランでは長年愛されてきた伝統工芸品と共に石川県で長年親しまれてきた文化を、地元の人に愛される場所でゆったりと堪能することができる。

    期間:2020年4月1日~30日

     

    界 阿蘇(熊本)

    阿蘇くじゅう国立公園に佇む温泉旅館「界 阿蘇」では「炭酸お花見」を実施。名水百選の水源で水を汲み、阿蘇五岳を背景とした美しい自然が満喫できる公園へ。公園では、汲んできた水を炭酸水にし、シロップを入れたり、好みのスタイルで堪能できる。また、花見行李には炭酸水にフルーツを漬け込んだシュワシュワとした「炭酸フルーツ」を用意。チューリップやネモフィラなど、色とりどりの花に囲まれて、阿蘇の恵みを感じながら、爽やかな花見を楽しむことができる。

     

    炭酸お花見

    期間:2020年4月20日(月)〜5月31日(日)

    料金:1名3,000円

    定員:1日3組(1組2名)

    予約:界予約センター(0570-073-011)

    備考:雨天中止

     

     

    星野リゾート”界” 14施設で桜を存分に堪能できる「乙な花見旅」をぜひ体験して。

  • 中目黒「スターバックス リザーブ®︎ ロースタリー東京」2020年のSAKURAシーズンがスタート

    14.February.2020 | FOOD

    東京の桜の名所である“目黒川”のほとりに建つ、中目黒「スターバックス リザーブ®︎ ロースタリー東京」から今年もSAKURAシーズンが登場。桜が魅せる様々な表情からインスパイアを受けデザインされたコレクションが2020年2月15日(土)より販売される。

    スターバックス  リザーブ®️ ロースタリー 東京の2020年SAKURA シリーズはグッズ・ビバレッジ・フードの3カテゴリーから新商品が登場。グッズはタンブラーやマグに加え、キーホルダーやハンカチなど幅広いカテゴリーの商品を全部で10商品が取り揃う。

    ストロベリー チア ウーロン 900円

    ポップン ティー さくら ジャスミン 950円

    フローティング ブロッサム  900円

    また、ティーのブランド TEAVANA™️からは、「さくら アリュール」という繊細でやわらかなチェリーとハイビスカスの香りと若草のような爽やかな風味の茶葉をベースとした美しい色合いも魅力的な6商品が昨年に続き再登場する。

    (左上から時計回りに)ビアンケッティ&さくら 880円/ミニ パトーネ さくら 680円/コルネッティ さくら 380円/マリトッツォ さくら 540円

    さらに、イタリアの食文化を届けるイタリアンベーカリー「プリンチ®︎」が、スターバックス  リザーブ®︎ ロースタリー 東京」へ日本初出店。「プリンチ®︎」ならではの“さくら”を味わえるメニューが新登場する。

     

    中目黒「スターバックス  リザーブ®︎ ロースタリー東京」で、ひと足早いSAKURA シーズンを味わってみては?

  • 星のや東京人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」開催

    08.February.2020 | SPOT

    日本旅館「星のや東京」は、2020年3月25日〜4月10日の期間、人力車と貸切舟から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」を開催する。

     

    隅田川から東京の夜景と桜を眺める舟あそび

    東京・夜桜舟あそびは、星のや東京から車で約5分の日本橋桟橋から出発し、日本橋川から隅田川に抜け、佃島沿岸や大横川沿いの桜の見所を貸切舟で巡る60分間のナイトクルーズ。春らしい淡い色合いの花見弁当とスパークリング日本酒を味わいながら、夕闇に浮かび上がる桜が都会の夜景とともに川の水面に映る、幻想的な景色を眺めることができる。

     

    江戸時代から続く”舟からの花見”

    江戸の町が物資や人を運ぶための高度な水運機能を持つ「水の都」として栄える中で、人々は水辺に多くの楽しみを見出していく。四季折々の豊かな水辺の風景を舟から眺めて楽しむ「舟あそび」がその一つだ。春には、江戸の徳川将軍家が隅田川沿いに植えた桜が咲き誇り、また、幕府が庶民の行楽を奨励したことから、人々は舟から花見を楽しんだと言われている。

    星のや東京では、江戸の風情を感じつつ、日常から離れて優雅で贅沢な春のひとときを過ごしてほしいという思いから、このアクティビティを開発した。

     

    1:舟の上から夜桜と東京の夜景を鑑賞

    貸切舟で日本橋川から隅田川へ向かい、佃島沿岸や大横川沿いなど、数ある桜の見所の中から、潮位や開花状況に合わせて、その日に見頃となっているスポットを舟で巡る。日が暮れるにつれて、川沿いの夜桜とともにライトアップされた永代橋や東京スカイツリーなど、観光名所の夜景が楽しめるのも嬉しい!また、舟を運航する「舟遊びみづは」のガイドが、橋や町の歴史など周囲の観光名所について紹介してくれる。

     

    2非日常感を味わう人力車からの花見

    往路は、星のや東京から日本橋桟橋まで人力車で移動。日本銀行などの歴史的建造物が建ち並ぶ「江戸桜通り」といった桜の見所を巡る片道約30分の道のりで、人力車の上から普段とは違った目線の高さで桜を眺めることができる。

     

    3: 老舗の花見弁当と花見酒

    夕食は、神田明神下に店を構える老舗料亭「新開花」の花見弁当。ほんのりと桜色をした鯛の昆布〆と、黒酢を使った酢飯の入った弁当の軽やかな味わいに合わせて、口当たりの良いスパークリング日本酒も提供される。さらに復路では、花見と共に点出しの抹茶とお茶菓子を楽しむことができる。

     

    オプション:春を彩る着物の貸出しと着付け

    さらに特別なひとときを楽しみたい人に向けて、正絹(しょうけん)着物一式の貸出しと着付けを実施する。事前に選んだ着物を星のや東京の館内で着付けし、ヘアメイクをしてもらうことができる。早めの時間から着付けをすれば、日中に着物で東京の桜の名所を訪ねることも!
    要予約/1名50,000円~ *着物によって料金が異なります。

     

    星のや東京で、特別な”桜の季節”を楽しんで。

  • AI(人工知能)が2020年桜の開花・満開を予想!開花一番乗りは東京の予想

    27.January.2020 | SPOT

    気象情報アプリ及びWebサイト「お天気JAPAN」が無料提供している、AI(人工知能)を用いた桜の開花・満開予想サービス「AIさくら予想」で、お花見スポット1006ヵ所を対象とした桜の開花・満開予想を発表した。「お天気JAPAN」では2018年から開花・満開予想にAIを導入しており、今シーズンは、昨年のAIの予想モデルから改良を行い、開花予想精度が9ポイント向上している。

    AIの予想によると、2020年は、九州~東海・北陸地方では桜の開花、満開ともに平年並みかやや遅めとなるところが多く、関東甲信~東北地方では、平年よりもやや早めとなるところが多い見込み。各地の開花は、東京が3月19日(平年より7日早い)、名古屋が3月27日(平年より1日遅い)、大阪が3月30日(平年より2日遅い)、京都が3月26日(平年より2日早い)で、最も開花が早いのは東京、最も開花が遅いのは青森の4月23日と予想している。

     

    「AIさくら予想」は、桜の開花や気象などに関するビッグデータをAIに学習させることで、「咲き始め(開花)」から「終わり」まで6段階の状態を予想するサービス。全国1,000会場から10年間にわたって収集された桜の開花状況に関するデータ約98万件、1998年以降に全国のアメダスから収集された約10万件の気象観測データなどを使用し、桜の「休眠」、「休眠解除」、「花芽発育」の各ステージと、気温をはじめとする気象の変化パターンの関係をAIに学習させることで独自の予想を行い、毎日最新のデータに更新される。

     

    「AIさくら予想」を使って、”桜の季節の旅行プラン”を立ててみてはいかが?

  • 350本の藤の花と5000株のツツジが見頃!栃木県・あしかがフラワーパーク「ふじのはな物語」

    16.April.2019 | SPOT

    あしかがフラワーパークでは、2019年4月13日(土)より「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」を開催する。

     

    期間中は藤の花をはじめ沢山の花々が咲きそろい、百花繚乱の園内となる。特に大藤については1週間前後という限られた短い期間しか見れないので、一見の価値あり。

    樹齢150年におよぶ600畳敷きの藤棚を持つ大藤や、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤など350本以上の藤が咲き誇る。咲く藤色の順番としては、うす紅、紫、白、黄色の順番で約1ヶ月間。

    CNNより、映画アバターの魂の木の様な幻想的な光景が広がると称賛され「2014年 世界の夢の旅行先10ヶ所」に日本で唯一選ばれた。

    うす紅藤(さくら色の目映い藤)

    例年見頃:4月中旬~4月下旬頃

    大藤(栃木県指定天然記念物)

    例年見頃:4月下旬~5月上旬頃

    5,000株以上のツツジ

    例年見頃:4月中旬~5月上旬

    ツツジの仲間は世界中に分布し、園芸種も含めると1,000を超える品種が存在。明るい日差しの中、鮮やかな色彩の花が豊かに咲き誇る姿は眩しいほど。

    さらに、2018年4月にはあしかがフラワーパーク駅が開業し、あしかがフラワーパークまで徒歩3分と更に便利になった。

    連休中は、家族や友達と一緒に絶景を心ゆくまで楽しもう!

  • 2,600本の桜がお出迎え!青森県・弘前最大のまつり「弘前さくらまつり」

    02.April.2019 | SPOT

    青森県弘前市は「弘前さくらまつり」を2019年4月20日から5月6日まで開催する。毎年200万人以上の観光客で賑わう弘前最大のまつりで、会場となる弘前公園内には、52種類、約2,600本の桜が咲き誇る。

    開催期間中は、中濠観光舟や桜守による鑑賞ツアーなど桜にちなんだ特別な催しも開催される。

     

    弘前観桜会記念日提灯行列

    弘前観桜会が始まった5月3日を記念するパレードを開催。今年は新たな時代の幕開けを祝い、弘前らしい提灯行列を行う。

    実施日時:5月3日(金・祝) 10:00~

    実施コース:弘前公園内追手門~東内門付近

     

    和装で観桜会

    昨年も大好評だった和装で観桜会を今年も開催。さくらまつり期間中に和装で来園し、指定の場所で優待チケットを受取ると、本丸・弘前城植物園の入場が無料となる。

    実施期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

    チケット配付場所:さくらまつり本部(二の丸)、四の丸案内所

    弘前公園中濠観光舟

    普段見ることのできないお濠からの桜。和船と船頭によるお濠めぐりを楽しめる。

    運行期間:4月20日(土)~5月6日(月・休)

    運行時間:9:00~17:00※最終乗船は16:30まで (ただし、天候・乗船者の状況により変更あり)

     

    桜守による特別サクラ鑑賞ツアー

    桜守(樹木医)が、弘前公園のサクラの見所を案内、解説する。

    実施日:4月30日(火・祝)、5月2日(木・祝) 13:30~(90分程度)

    募集人員:1回40人(先着順)

    参加料:無料(ただし、園内有料区域への入場料が必要)

    花筏(はないかだ)

    満開を迎えたのち、桜が散り始めたお濠では、SNSで話題の花筏が楽しめる。大量の花びらが水面を覆いつくしてしまうため、桜のじゅうたんとも呼ばれている美しい景色が望める。

     

    お花見と合わせて、桜にちなんだイベントにもぜひ参加してみて。

  • アドベンチャーワールド ジャイアントパンダ”永明”とお花見イベント開催

    30.March.2019 | SPOT

    アドベンチャーワールドでは、2019年3月28日(木)~4月3日(水)までの期間限定で、春の特別イベント「ジャイアントパンダ「永明(えいめい)」とお花見」を開催する。

     

    「永明」が暮らすブリーディングセンター屋外運動場前にお花見観覧エリアを設置。あたたかな春の訪れを感じながら、「永明」とともにお花見を楽しむことができる。現在パーク内の桜は、つぼみが膨らみ始めている。パークの桜の満開予想は、3月30日頃。

    あたたかな春の日差しの中、愛くるしいパンダの姿ときれいな桜の景色に癒されてみてはいかが?

  • 関西のお花見におすすめ「桜イベント」3選

    25.March.2019 | FEATURES / SPOT

    関西では桜が開花してきているところもちらほら。今年はどのようにお花見シーズンを満喫しようか考えている方もいるのでは?そこで今回は関西で開催されるおすすめの「桜イベント」をご紹介します。

     

    関東のおすすめ「桜イベント」まとめはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/183080

     

    京都府立植物園「桜ライトアップ2019」

    京都府立植物園では、2019年3月25日(月)~4月7日(日)に「桜ライトアップ2019」を、4月19日(金)~4月21日(日)に園職員による「桜散歩」を実施。京都府立植物園の桜の特長は、なんといっても長い期間にわたって桜の開花を楽しめるところ。多くの桜の名所で観賞されるソメイヨシノは4月初旬の1週間程度が見頃とされていますが、早咲き・遅咲きと多品種を保有していることで、3月中旬から4月下旬まで鑑賞を楽しむことができるのが嬉しいですね♩

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/163320

     

    ▶️桜ライトアップ2019

    日時:2019年3月25日(月)~4月7日(日)

    日没後(午後6時30分頃)~午後9時(入園は午後8時まで)

    ※通常午後5時までの開園時間を午後9時まで延長
    料金:通常の入園料のみ

     

    桜散歩

    日時:

    2019年4月19日(金)午後1時~1時45分

    2019年4月20日(土)午後1時~1時45分、午後5時~5時45分

    2019年4月21日(日)午後5時~5時45分

    ※4月8日(月)~5月19日(日)は春の開園時間延長のため、通常午後5時までの開園時間を午後6時30分まで延長(入園は午後6時まで)※参加希望者は午後1時または5時に植物園会館前に集合。
    料金:通常の入園料のみ

     

    京都府立植物園

    住所:京都市左京区下鴨半木町
    料金:一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
    TEL:075-701-0141

    京都府立植物園公式サイト:http://www.pref.kyoto.jp/plant/

    CAFETEL 京都三条 for Ladies「SAKURA ROOM」

    女性専用宿泊施設CAFETEL(カフェテル)京都三条for Ladiesにて、「SAKURA ROOM」の予約が開始されました。春の陽気をイメージした淡い色合いのリボンカーテンや、さくらのフレグランス、お花の冠などが揃えられており、思わず写真を撮りたくなるような空間が演出されています。お部屋からは、京都の景色を代表する鴨川を望むことができるので、お部屋の中でお花見が楽しめちゃいます!

     

    ▶️CAFETEL 京都三条 for Ladies SAKURA ROOM

    宿泊日:2019年3月10日(日)~4月30日(火)(予定)

    室数:各日限定1室

    料金:15,000円~・3名1室 ※税サ込。宿泊税は別途。料金はご宿泊日により異なります。

    URL:https://cafetel.jp/

    桜300本が楽しめる 大阪ひらかたパーク

    ひらかたパークでは3月下旬から4月上旬にかけ、園内の桜が見ごろを迎えます。桜の品種はソメイヨシノを中心に八重桜など約300本。中でも、観覧車「スカイウォーカー」へ続く坂道は桜並木となっており、満開の時期には桜のトンネルを、散り際には道に敷き詰められた桜のじゅうたんを楽しむことができます。アトラクションに乗りながら眺める桜は、まさに遊園地ならではの楽しみ方ですね!

     

    詳しくはこちら:https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/185350

     

    ▶︎ひらかたパーク

    住所:大阪府枚方市枚方公園町1−1
    休園日:3月13日~6月26日の水曜日
    ※3月27日(水)・4月3日(水)・5月1日(水)は除く

    営業時間
    平日:10時~17時
    土日祝・3月25日(月)~4月5日(金)10時〜18時
    4月27日(土)~5月6日(月・休):10時~19時

    入園料金:おとな(中学生以上)1,400円、こども(2歳~小学生)800円

    URL:http://www.hirakatapark.co.jp/

     

    いかがでしたか?桜をさまざまな角度から楽しんでみてくださいね。

  • 「江戸ワンダーランド日光江戸村」で江戸時代のお花見体験

    23.March.2019 | SPOT

    風情ある商家街散策、粋な江戸人との心の触れ合い、百花繚乱の江戸文化体験 ――。江戸時代をまるごと体験できる「江戸ワンダーランド日光江戸村」が今、力を入れている新たな文化体験「食」。昨年より、江戸料理に精通する料理研究家・冬木れい氏を監修に迎え、四季に応じた本格的な江戸料理を期間限定で提供してきた。

    そして今春、咲き誇る桜を眺めながら豪華な江戸花見料理が味わえる、江戸ワンダーランドならではのイベントを開催。期間中は様々なシチュエーションでの江戸の花見を再現。

    青空の下、堀端で行楽花見弁当を食すもよし、料理屋で豪華花見膳を味わうもよし、蛤や筍など旬の食材をお供に花見酒に酔うもよし…、江戸時代さながらのお花見を体感することができる。

    また、江戸ワンダーランドには桜への深い想い入れも。

    江戸に本来あった風景を取り戻すことを目的とした「EDO-SATOYAMAプロジェクト」の一環として、昨年は環境保護活動家のC.W.ニコル氏の指導のもと、近隣の保育園児とともに桜苗木を植樹。今年も同氏が参加し、保育園児と肥料や水遣りなどの育樹を行い、地元の子供たちの成長とともに次世代に美しい里山を残すべく取り組んでいる。

    江戸ワンダーランドが目指すは“テーマ”パークならぬ“カルチャー”パーク。これまで培ってきた様々な江戸文化を背景に、本格的江戸料理と桜舞う春のイベント「春の宴 ~江戸の花見~」。

    和装に着替えて江戸人になりきり、情緒溢れる本格的な「お江戸の花見」体験をしてみては?

  • 世界遺産・二条城でプロジェクションマッピング!「二条城桜まつり2019」

    22.March.2019 | SPOT

    2019年3月21日(木・祝)〜4月14日(日)まで、世界遺産である元離宮二条城にて開催される「世界遺産登録25周年記念 二条城桜まつり2019」。昨春304,594人(日中・ライトアップ営業時間含む)が来城した二条城は、京都でも桜の名所の一つになっている。

    二条城内には、早咲きから遅咲きまで約50品種300本の桜があり、カンヒザクラを咲き始めとしてソメイヨシノ・山桜・枝垂桜・里桜と約1ヶ月もの間桜を楽しむことができる。

     

    そして桜まつりの夜間演出として、昨年、一昨年と2年連続で実施している唐門でのプロジェクションマッピング演出に加え、菜の花のイルミネーションなど、過去最大に演出エリアを拡張して開催。より楽しめるイベントにパワーアップした。

     

    唐門のプロジェクションマッピング

    「青い蝶」が唐門から飛び立ち、金色に変化して舞い上がりながら城内に春を運んでくる演出。

    桜の小みちと菜の花イルミネーション
    サトザクラが咲き誇る「桜の園」を通り抜ける桜の小みちの演出を、初実施。小みちを抜けた先にはフォトスポットとして写真を撮って楽しめる、菜の花を模したイルミネーションが登場する。

    清流園のライトアップ
    清流園では、スマートフォンの光を当てると照明が動き出す演出や、ベンチに座ると目の前の桜の木々が光るなど、来城者の動きによって光が変化する、桜の体験型ライトアップ演出を行う。

    この他にも生け花のライブパフォーマンスや、民間伝統芸能「伝楽」など、さまざまな催し物が実施される。

     

    伝統とデジタルアートが融合した桜イベントで、二条城ならではのお花見体験を楽しもう。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US