澤野弘之、SawanoHiroyuki[nZk]名義のアルバムでAimerと3年ぶりのコラボレーション

22.February.2019 | MUSIC

数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛ける人気劇伴作家・澤野弘之とAimerのコラボレーションが再び実現した。「機動戦士ガンダムUC」「甲鉄城のカバネリ」などのアニメ作品を通じて数々のヒット曲を輩出してきた澤野弘之とAimerだが、完全新作でのコラボレーションは2016年5月発表の「ninelie(ナインリィ)」以来となる。

「i-mage(イマージ)」と題された新曲は、澤野弘之のアーティスト活動となるSawanoHiroyuki[nZk](サワノヒロユキヌジーク)名義で2019年3月6日にリリースされる通算3枚目のオリジナルアルバム『R∃/MEMBER(リメンバー)』に収録される。SUGIZO、ポルノグラフィティ・岡野昭仁、スキマスイッチ、LiSA、西川貴教、Uru、さユりなど超豪華なゲスト陣の参加が発表されている中、最終ゲストとしてAimerが参加することとなった。2019年3月6日・7日にはアルバムタイトル「R∃/MEMBER」を掲げたSawanoHiroyuki[nZk]ワンマンライブもTOYOSU PITにて開催され、Aimerも出演を果たす。

 

Aimerコメント

わたしの“強さ”の原点を創ってくださった澤野さんと、こうして再びご一緒できてとても光栄です。今だから歌える歌で、この曲「i-mage」に臨みました。そしてこの曲は澤野さんへのリスペクトを込めて、ボーカル&アレンジを新たに、わたしのアルバム『Penny Rain』にも「i-mage <in/AR> 」として収録させていただきました。立ち止まらずに先へと、いつも音楽で鼓舞してくださる澤野さんに、感謝しています。ぜひ両方とも聴いて、どちらも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

澤野弘之コメント

[nZk]プロジェクトのスタートはAimerさんと制作した「UnChild」からでした。楽曲・ライブなどを通して色々な事に挑戦し進化し続けるボーカリスト、その姿勢に僕自身多くの事を教えて貰っています。

そんなAimerさんと再び楽曲制作でき、出会った頃とはまた違う可能性を感じさせて貰いました。スタジオで鳴り響くAimerさんの歌声は、楽曲の歌詞やメロディにより物語性を強く押し出してくれ、改めて彼女のヴォーカリストとしての凄さを体感する現場でした。

[nZk]始動の際に背中を押してくれたAimerさんに、再び背中を押して貰えたような楽曲「i-mage」、皆さんにも楽しんで頂けたら幸いです。

RELATED ENTRIES

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US