日向坂46 待望のデビューシングル「キュン」のミュージックビデオ解禁

05.March.2019 | MUSIC

2019年2月11日(月・祝)にけやき坂46から改名し、デビューシングルの発売が発表された日向坂46。2019年3月4日(月)にキービジュアルが解禁され、待望のデビューシングル「キュン」のミュージックビデオが遂に解禁となった。

 

日向坂46 「キュン」Full Ver.

URL:https://www.hinatazaka46.com/kyun_mv/

ミュージックビデオでは日向坂46メンバーの前向きで明るいポジティブなパワーをダンスで表現している。最初は廊下や教室、さまざまな場所でメンバーが踊り、やがてそのポジティブなパワーは周りにも伝染していく。廊下で踊っているメンバーにつられて、エキストラの生徒たちも踊ってしまうというもの。

最後のダンスシーンは、日向坂のポジティブパワーがどんどん拡大し、やがて、それは学校全員の生徒を巻き込んでの大団円ダンスへ。ロケ当日の午後から快晴となり、まさにグループカラーの“空色”が広がる中、約100名のエキストラダンサーを従えてのダンスシーンは圧巻!

今回、日本で初めて使用されたRadCamX(カメラ搭載のラジコンカー)で撮影された部分は、視線の低い迫力満点の疾走感ある映像も見どころの一つ。スケール感と青春感にあふれたミュージックビデオが完成した。サビのキャッチーなダンスは、自然と「キュンキュンダンス」と呼ばれ、メンバーもお気に入り。世代を問わず人気の1曲になりそうだ。

RELATED ENTRIES

  • 日向坂46、初のさいたまスーパーアリーナ単独公演に2万人集結

    27.September.2019 | MUSIC

    日向坂46によるワンマンライブが、9月26日にさいたまスーパーアリーナにて開催された。

     

    この公演は、グループが10月2日に3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」をリリースすることを記念して行われたもの。今年2月にけやき坂46から日向坂46に生まれ変わり、3月にデビューシングル「キュン」、7月に2ndシングル「ドレミソラシド」をリリースと躍進を続ける彼女たちの久々のワンマンライブを目撃しようと、会場にはおよそ2万人が集結。さらに映画館でのライブビューイングも行われ、全国の“おひさま”(日向坂46ファンの総称)にライブの模様が届けられた。

    「OVERTURE」が流れると同時に、場内は一面水色のペンライトで埋め尽くされる。期待が高まる中、メインステージ上段に現れたメンバーは「ドレミソラシド」でライブをスタート。銀テープが勢いよく噴射され、きらびやかな幕開けとなった。

     

    序盤から大盛り上がりの観客を前に、キャプテンの佐々木久美は「さいたまスーパーアリーナにやってきました! 皆さんすごいですね、盛り上がりが!」と驚きつつ笑顔を見せる。

     

    凛々しい表情で「ときめき草」を歌唱したあとは、けやき坂46時代の代表曲の1つでもある「期待していない自分」をパフォーマンス。

    上品なワンピース衣装に着替えた一期生による「My god」を経て、一期生の加藤史帆、二期生の渡邉美穂、三期生の上村ひなのが「やさしさが邪魔をする」を可憐に披露し観客を魅了する。東村芽依、金村美玖、河田陽菜、丹生明里による「Cage」では、同曲のMVにも登場する大きな鳥籠がステージに。籠から飛び出した4人は、力強いダンスでクールな一面を披露してみせた。

    その後、スクリーンには小坂菜緒が出演するスペシャル映像が放映された。雨の中、海辺の公衆電話で思いを寄せる相手に電話をかけていた小坂だが、その思いを振り切ろうと葛藤する様子にファンの視線はくぎ付けに。小坂がカメラ目線で「好きです。あなたのことが大好きです」と切なく訴えると、大きな歓声が上がった。そのまま映像が終わると、MVと同じ衣装に着替えた彼女たちは3rdシングルの表題曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」をライブ初披露。一途な思いを歌った壮大なラブソングを情感たっぷりに歌い上げ、深い余韻を残した。この楽曲について高瀬愛奈は「今までとは違って大人っぽい雰囲気で。実は今日はMVと同じ衣装で、セットも同じ世界観なんです」と語る。

    ここからライブは後半戦へ。キツネのお面を付けたダンサーたちが和傘を使ったしなやかなパフォーマンスで観客を盛り上げると、パステルカラーの衣装に着替えたメンバーが登場。アッパーな「キツネ」でいたずらっぽい笑顔を振りまく。

     

    佐々木久美の「皆さんがいなければ私たちはここまで来られませんでした。今日は皆さんと一緒に、この会場に虹を作りたいです」という言葉から、本編最後に披露されたのは「JOYFUL LOVE」。彼女の言葉通り、客席は瞬く間に七色のサイリウムに染め上げられた。

    アンコールでは「ラストだぞ、ほんとにラストだぞ!そんなんでいいのか!」と観客を大いに煽り、ライブ定番曲の「誰よりも高く跳べ!」でパワフルに飛び跳ねる。

    佐々木久美が「私たち、本当に色々な夢があって。おひさまの皆さんの応援のおかげで、一つひとつ叶えることができています。本当にいつもありがとうございます」とファン一人ひとりに語りかけるように感謝を述べたあと、「続いての曲は私たちの夢を歌った曲です」と「約束の卵」を歌唱。ペンライトを振りながら花道へと進み、まっすぐな歌声を届けた。

     

    3rdシングル発売を前に、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブを大成功に導いた日向坂46。クリスマスライブの開催や来春のドラマ放送も決定し、目覚ましいスピードで躍進していく彼女たちの今後に期待が高まる。

  • 日向坂46 3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」MVが遂に解禁

    04.September.2019 | MUSIC

    日向坂46の3rdシングル表題曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」のミュージックビデオが解禁となった。

    今回のミュージックビデオでは、どこにでもいる女の子の「好き」という感情を表現しており、1stシングル「キュン」、2ndシングル「ドレミソラシド」とはまた雰囲気の異なる、エモーショナルで繊細な雰囲気を醸し出す作品に仕上がっている。ミュージックビデオの公開に先駆けて楽曲音源が公開された際には、検索サイトのトレンドに入るなど、公開前から話題となっていた中での解禁となった。

     

    日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」

    公開されたミュージックビデオは、上品な美しさが印象的な兵庫県公館と神戸国際会館こくさいホールの2か所で撮影された。多くの印象的なシーンがある中、特に神戸国際会館こくさいホールで、オーケストラをバックにパフォーマンスする彼女達をドローンを使って撮影しているシーンは必見。監督は欅坂46の「サイレントマジョリティー」、そして日向坂46の1stシングル「キュン」収録の「JOYFUL LOVE」、「ときめき草」のMusic Videoも手掛けた池田一真氏で、メンバーの魅力をしっかりと把握した監督ならではの完成度の高い作品に仕上がっている。

    今回センターを務めたのは1st、2ndシングルに続き2期生の小坂菜緒で、彼女に加え、1期生の齊藤京子と加藤史帆を合わせた3人が今作のフロントメンバーに選ばれた。そんな3人を中心に、メンバー各々が自分達のリアルなイメージを映し出している。ぜひチェックしてみてほしい。

  • 日向坂46、2ndシングル「ドレミソラシド」ジャケ写と最新アー写公開

    19.June.2019 | MUSIC

    2019年7月17日に2ndシングル「ドレミソラシド」をリリースする日向坂46のジャケット写真と最新アーティスト写真が公開となった。

    初回仕様限定盤TYPE-A

    ジャケット写真は真夏の日向をテーマに、夏を全力で楽しむ無邪気で飾らない自然なカットを撮影。

    通常盤

    フォトグラファーは、ファッション、ビューティ、広告の分野で活動する松田恭平氏を起用し、夏の太陽と熱帯植物の力強い緑をイメージした、生命力を感じる元気で明るいビジュアルが印象的だ。

    アーティスト写真は、夏の地中海の街並みを彷彿とさせるような漆喰の壁をバックに、太陽を感じる明るいライティングで撮影。フォトグラファーは、広告やファッション、CDジャケットなど各方面で活躍中の間仲宇氏が起用されている。

     

    7月17日のリリースが益々楽しみとなるジャケット写真と最新アーティスト写真の公開に、ファンの日向坂に対する期待は高まるばかりだ。

  • 日向坂46の2ndシングル「ドレミソラシド」MV解禁

    12.June.2019 | MUSIC

    7月17日(水)にリリースされる日向坂46 の2ndシングル「ドレミソラシド」のミュージックビデオが解禁となった。

    MVの構成はソロシーンと全員ダンスシーンに分かれており、ソロシーンでは放課後の教室・部屋・街中・カフェ・屋上などで撮影。

    身振り手振りを使ってかわいらしさあふれる動きを披露している。

    メインとなる全員ダンスシーンは、大きな屋外プールの外周に空色のレースの布が張り巡らされ、夏っぽさと爽やかさ満載のシチュエーションで撮影された。

     

    爽やかなミュージックビデオをぜひチェックしてみて。

  • 日向坂46デビューシングル「キュン」収録の「JOYFUL LOVE」MV解禁

    12.March.2019 | MUSIC

    2019年2月11日(月・祝)にけやき坂46から改名し、2019年3月27日(水)にデビューシングル「キュン」を発売する日向坂46。その「キュン」に収録される「JOYFUL LOVE」のミュージックビデオが解禁された。

    この曲は2018年秋にファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」CMソングに起用され、CMスタートと同時に発売やミュージックビデオの解禁を待ち望む声が多くあり、ファンの間では既に知られた楽曲。年末の武道館や、先日の横浜アリーナでのライブでも披露されている。

     

    日向坂46 「JOYFUL LOVE」Short Ver.(YouTube)

    このミュージックビデオは「他人と自分・1人と複数人。人との繋がりとそれで生まれる障害と力を再発見する。」がテーマとなっており、岐阜県の広大な土地でロケが行われた。監督は欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」を手掛けた池田一真監督。

    壮大なスケールのロケーションもさることながら、メンバーのカラフルな衣装が印象的なミュージックをチェックしてみて。

  • けやき坂46デビューシングル発売決定!グループ名は「日向坂46」に

    13.February.2019 | MUSIC

    けやき坂46は2019年2月11日(月・祝)、動画配信アプリ「SHOWROOM」にて「ひらがなからのおしらせ」として、今後の活動における重要な発表を行った。

    まずはメンバーの柿崎芽実からひとつめ「3月27日に単独シングルデビュー決定」が発表された。

    メンバーが喜ぶ中、続いて2つ目を加藤史帆から「デビューシングルのタイアップ決定」が発表。欅坂46もデビュー曲「サイレントマジョリティー」で起用されたファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」のCMソングに決定。2018年秋にけやき坂46の楽曲「JOYFUL LOVE」が大抜擢され、このデビューシングルの表題曲でも起用されることが決まった。欅坂46のデビュータイミングを彷彿とさせるスタートを切ることになる。

     

    そして齊藤京子から3つ目、「デビューカウントダウンライブ開催決定」が発表される。
    2019年3月5日(火)、3月6日(水)の2DAYS。場所は単独公演としては初めての横浜アリーナでグループ史上最大級の会場となる。

    4つ目は佐々木美玲からグループとして「単独のオフィシャルサイト」のオープンが告げられた。オフィシャルサイトと合わせて翌日12日(火)正午よりファンクラブもオープンになる。

    5つ目は小坂菜緒から、オフィシャルサイト・ファンクラブオープンに伴い、「デビューカウントダウンライブのチケット先行予約決定!!」が発表された。

    盛り沢山の発表が行われたあと、そろそろSHOWROOMも終盤へ。そんな中スタッフより1通の手紙がメンバーに手渡されると、メンバーも知らされていなかった6つ目の発表が記されており、メンバーが「何?何?怖い!!」と息を飲んで見守る中、準備されたサプライズ動画でグループ名の改名が発表された。けやき坂46は日向坂46に生まれ変わることとなり、会場のメンバーからはあまりの驚きに悲鳴が上がったが、メンバーの齊藤京子は、「(日向坂46という名前が)めっちゃ良い!!めっちゃ良い!!」と喜びを爆発させた。

    更に、その後の囲み取材で日向坂46としての意気込みを聞かれると、キャプテンの佐々木久美は、「日向坂46と言う名前を聞いた時は暖かいイメージを感じました。すごく可愛い名前だし、グループカラーも空色で、空まで高く跳べるようにと言う意味も込められているそうで、考えて下さった方への感謝を持ちながら、その名前にふさわしいグループになれるように頑張りたいです。」と喜びとこれからの意気込みを口にした。

RANKING

  • DAILY
  • MONTHLY

FOLLOW US